スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリシーとエブエは復帰もナスリ、シルヴェストルは間に合わず 

Wenger names squad for FC Dynamo Kyiv - Arsenal.com

ディナモ・キエフ戦の遠征メンバーが発表されました。欠場が危ぶまれたクリシーとエブエはフィットしすでに遠征に帯同している一方、ナスリとシルヴェストルは間に合わず。シルヴェストルは水曜日には絶対間に合うって言ってなかったっけ・・・?

マヌエル・アルムニア
バカリ・サニャ
セスク・ファブレガス
コロ・トゥーレ
ヴィリアム・ギャラス
ロビン・ファン・ペルシ
カルロス・ヴェラ
テオ・ウォルコット
デニウソン
アーロン・ラムジー
アレックス・ソング
ジャック・ウィルシャー
ヨハン・ジュルー
ウーカシュ・ファビャンスキ
ガエル・クリシー
エマニュエル・アデバヨール
ニクラス・ベントナー
エマニュエル・エブエ

以上18名。先発はいじってくるのか、全くブラックバーン戦と同じで行くのか・・・戦術的な面よりも疲労と相談でしょうかね。


Wenger - A draw in Kyiv would be a good start - Arsenal.com

多くの方がディナモ・キエフ戦では勝って欲しいが引き分けでも充分と思っている事と思いますが、ヴェンゲルも同じように考えています。

「アウェーで戦うには厳しい所だ。もっと早くプレーできれば少しはよかったのかもしれないが、それでも大きなチャレンジになると思っている。我々は試合に勝ちに行くつもりだが、勝点1でもいいスタートになるだろうね。」

「ディナモ・キエフはスパルタク・モスクワに4-1、4-1で勝ってきている。スパルタク・モスクワと今のロシアリーグがどれほど強いかを知っていれば、タフなドローだと言える。スパルタク・モスクワとディナモ・キエフの1戦目を見たが、本当に印象的だった。」

「我々のグループでは、4チームともチャンピオンズリーグでの経験がある。フェネルバフチェ、ポルト、ディナモ、そして我々だ。どこがどの相手に勝点を奪ってもおかしくないし、だからこそ私はこの試合でいいスタートを切るのはとても重要だと捉えているんだ。」

つまりスパルタクにアグリゲート8-2で勝ってるって事ですか。その上若干未知数なところがありますからね・・・特にケガ人や疲労もなく万全の状態ならばアウェーだろうが充分勝てる相手でしょうが、重要な選手が欠けてる上にコンディション的にちょっとトリッキーなところがあるので、やはり引き分けでもよしとしなければならないかも。


Cole urges Walcott patience - Sky Sports

ちょっと間が空きましたが、ジョー・コールがクロアチア戦でのウォルコットの活躍をべた褒めしています。大舞台での度胸、冷静さ、スピード、シュート精度がとんでもないと。記事のタイトルとか、冒頭ではまだあまりプレッシャーをかけてやるなよと言ってるんですが、その後でこれだけべた褒めでは無意味では・・・。

「彼がまだ19歳だという事を忘れてはならないし、彼にプレッシャーをかけすぎてはいけないよ。彼はイングランドにとって大きな存在になるだろうが、1人の選手の肩にだけかかるのはおかしいからね。」

「ヴェンゲルとカペッロという、世界で最も経験があり、尊敬される2人の監督と一緒に仕事をしているわけだから、彼らは選手として成熟する助けになってくれるだろう。」

「ただ正直に言って、恐らくヨーロッパで最も難しい場所であるマクシミル・スタジアムでクロアチア相手に3得点するというのは、彼はもう恐れを知らない選手になってるって事だろうね。」

「素晴らしいタッチとファンタスティックなボールコントロールを持っているし、フットボールピッチでは当然必要不可欠なスキルの2つだ。だから能力は間違いなくあるって事さ。」

「テオの特別なところは、ウィングに下がってお膳立てをする事で、これから決めるゴール数と同じぐらいのゴールをアシストできるポテンシャルを持ってる事なんだ。アーセナルは素晴らしいパスフットボールをプレーしてるし、彼は素晴らしい場所で仕事を覚えてるって事だね。」

「クロアチア戦での彼はゴール前での落ち着きを見せた。さっきも言ったように、マクシミルのようなスタジアムでプレーする事がどれだけ大変かはわからないだろう。だから彼の肩にかかるものには冷静な頭が必要だったって事さ。」

「彼がどれだけ速いかはみんな見てきたよね。しかもそれは短距離だけの話じゃない。ピッチの端から端までそれをできるんだ。スピードというのはどんな選手でも恐れを抱くものさ、それが国際レベルのトップの選手達でもね。」

「守るのは難しいし、ディフェンダーは常にファールを警戒するだろう。彼には近づけないんだ。そしてボックスに入ってしまえば、彼はもうディフェンダーにとって悪夢なんだ。」

「クロアチアでは彼のシュートがどれだけいいかって事はもう見たよね。3ゴールのうちどれ1つ簡単なものなんてなかった、でも彼はすごくうまくやって、簡単なように見せていたんだ。」

「彼はまだ19歳だし、あの3ゴールは大きな自信になるだろう。将来的にもっとシュートを撃つようになるかもしれない。アーセナルでチャンスをもらえれば、今シーズンはとてもたくさんのゴールを決めるだろうね。彼のシュート精度は僕が見てきた中でベストに近いよ。」



どうしてもパッと見レーマンと読んでしまうリーマン・ブラザーズの破綻で大騒ぎになってますが、AIGも数日と経たずに終了じゃないかって話もありますね。これを聞いた時、マンチェスター・ユナイテッドは大丈夫なのか?とかくだらない事を考えてしまいました・・・。でもフットボール界もサブプライムローン問題に端を発する一連の騒動とは無関係ではないでしょうね。現にニューカッスルのスポンサー、ノーザンロックが取り付け騒ぎになってましたし。エミレーツは石油が枯渇するまでは安泰かもしれませんが・・・。


ちょっと多忙な上に体調が優れないので当分コメント返信は控えさせていただきます。更新も途切れがちになるかもしれませんが、ケガ人情報などは優先的にアップします。とりあえず木金土は更新がない事を今からお知らせしておきます。
スポンサーサイト

コメント

陸さん、いつもありがとうございます。季節の変わり目ですから、大切にしてください。

ウィルシャーデビューして欲しいですね。クリシーになにかあればギャラスに託すつもりでしょうか。戦い方としては4-5-1で守ることも必要かもしれません。ローマはクルージュに負けたんですね。ビックリ

とりあえずエブエやクリシが直っただけでよしとしますか。てかエブエは完全に自滅では・・・(ワラ

個人的にはヴェラがでてほしいですね。まぁアウェーなんで気は抜けないと思いますが、先発・・・で出せないかなぁ~

お大事に。

>キエフ前半

決定機で外しすぎ。特にアデバは枠に持っていって欲しいところ。開始早々のロビンが決まっていれば展開も違ったんでしょうがね。あとパスが幾分雑でした。

決めるべき箇所で決めることが出来なかったアデバとロビン(特にアデバはあれが枠に行かないか)は反省して欲しいですが、メディナ・カナタレーホは国際舞台・リーガであれだけやらかしているのに、なぜいまだにCLで笛を吹いているのでしょうか?普通の世界なら考えれない。何より試合をとめすぎ。そのくせ、ロスタイムはいい加減。

キエフでの引き分けは悪くないともいえますが、決定機は多かっただけに悔やまれます。それに、もつれるとリーグとの兼ね合いが厳しい日程ですしね。

そして、ギジェ・フランコ惜しかった。出来ればピレスのゴールで勝ってくれたらと思っていましたが、ホーム戦に期待します。。

更新お疲れ様です!体調が優れないようですが、大丈夫ですか?あまり無理をなさらないでくださいね、健康第一ですから。。
  • [2008/09/18 20:10]
  • URL |
  • まいけるじょんそん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ゆっくりしてください!

更新は体調を見て、決めてください。
アーセナルは最近、ヘボ審判に取り付かれているようで、辛いですね。
サニャの悲しそうな顔が印象的でした!
結果として、最後に追いついての引き分けは悪くないですし、ホームでキッチリ結果を残せば良いと思います。
それにしてもロシツキーが心配ですね、本当に復帰できるのか?
仮に出来たとしても、長続きするようにも思えないので、補強が必要ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

陸さん

陸さんのコメントを読めなくて正直、寂しいやら悲しいやら。このサイトが私の生活の中での最高の楽しみで在りましたから。毎日、更新されてないかなっていつも確認しちゃってるのですよね。早く良くなって下さい。そして、また元気な姿で会えるのを楽しみにしていますね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/997-6dc97353

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。