スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーリングカップ3回戦、相手はまたまたまたブレイズ 

Arsenal host Sheffield United in Carling Cup - Arsenal.com

すでに日程表には反映してありますが、9月の22か23日に開催予定のカーリングカップ3回戦はホームにシェフィールド・ユナイテッドを迎える事になりました。またかい・・・今回はホームですけど、本当によく当たりますね。正直言って苦手なチームなんでちょっと嫌ですが、今回結構プレミア対決が多いんで、それよりマシか。ホームならピッチコンディションは気にしなくてもいいですし、若手達が躍動してくれる事を期待します。


Randall and Gibbs sign new contracts - Arsenal.com

マーク・ランドールとキーラン・ギブズが新契約にサインしました。何年かは書かれてません。このままローンに出ずに残るんですかね、だったらもっと使ってあげて欲しい。特にサイドは手薄ですから、ギブズには機会があればどんどんチャンスを与えてもらいたいと思います。


'Improvement comes from a different attitude' - Arsenal.com

パフォーマンスについて
「パフォーマンスにはとても満足している、完璧なものだったよ。攻撃でも守備でもチーム内にはバランスがあったね。動きも素晴らしかったし、後半最初の10分は少し苦しめられたが、それ以外は常にコントロールしていた。愛するプレーができたし、どういうプレーをしたらいいかわかっていたし、もっと点も取れた。失点しなかった事には喜んでいるよ。」

ファン・ペルシについて
「中盤とストライカーの繋ぎができる選手だね。それが我々のやりたいプレーだ。彼の調子が戻ってきたのは見てわかったと思うし、彼がそうなればとても重要な選手になる。今はX線検査を受けているところで、足首の状態をチェックしているよ。どこも折れたりしていないといいが、まだわからない。」

選手達が世界中に散らばる事について
「どんな監督にとっても不満な事だ。違いと言えば、恐らくチャンピオンズリーグに参加していると、再招集の時間がない事だろう。選手達は遠くに出払っているわけだからね。戻ってきたらすぐにアウェー戦だ。」

フラム戦の結果からの立ち直りについて
「向上が見られたのは、完全に態度を改めたからだと思う。FCトゥウェンテ戦ではそれを見せたし、今回も見せた。フラム戦はシーズンの初めで、その前にタフな試合があった。(代表で)出て行った選手にとっては10日間で4試合目だったし、精神的にクレイヴン・コテイジでプレーする準備ができてなかったんだ。」

多くのチャンスについて
「もっと獲れたね、難しいところだが。最後にも我々が攻撃しようとしていたのはわかったし、ゴールのチャンスもあった。」

ナスリ対バートンについて
「なぜキーガンがナスリに腹を立てていたのかわからない。バートンとは事故があって、その結果彼は適切に警告を受けたじゃないか。」

補強の可能性について
「補強しようとはしているんだが、問題は獲得の可能性だ。今いる選手より優れているか、同程度の選手にしなければならないしね。」

バートンとかとっとと永久出場停止にしろ。何度も何度もチャンスをやるFAもニューカッスルも異常。フットボールの才能がなきゃただの犯罪者だろうに。


Inler is not Gunner leave - Sky Sports

インレルは結局ウディネーゼとの契約を延長しました。残念・・・。


Wenger - There's more to come from this team - Arsenal.com

ニューカッスル戦はギヴンから3点を取った時点で満足すべき結果だったと思いますが、ヴェンゲルはまだ改善の余地はあると話しています。それは間違いないですね。

「このチームにはもっと多くを望めると思うね。我々のプレーはムーブメントとパスに基づいたものだ。最初に25分は最後のところでもっとうまくやれたのではないかと思う。最後の20分でも、試合を決めきれていなかったわけだからね。」

「だからまだまだなんだ。だがそれは我々の試合への哲学をどれだけ完成させる事ができるかと、どれだけ才能を伸ばしたいと思うかというクオリティにかかっているね。」


Wenger - Nasri put in 'complete performance' - Arsenal.com

ナスリについて、ヴェンゲルのコメント。完璧なパフォーマンスだったとの評価です。

「彼は完璧なパフォーマンスを発揮したと思うよ。ボールのタッチは素晴らしかったし、いいビジョンとチーム統制を持っている。彼にボールを預ければいつでも何かをやってくれるというのはわかっているから、彼に集めたいね。ボールを持たせて楽しい選手になるね。」


Clichy no fan of Barton - Sky Sports

バートンが出てきたのはフルタイム直前でしたが、ナスリと一悶着ありました。クリシーは報復行為に出たと思われるナスリについて、誇りに思うとすら語っています。

「彼がどういう人間かは知ってるからね。復帰して最初の試合で何かやりたかったんだろうけど、僕はその話はしたくないし、サミルはよくやってくれたよ。彼を誇りに思うね。」

何やらナスリの行為はシティでバートンの犠牲になったウスマン・ダボの事が関係しているのではないかって話があるようですが、ヴェンゲルはそんな事は関係なく報復はやってはいけない事なんだと語っています。

「その話と関係があるのかどうかはわからないね。ただそれはいつも説明にはなっても、やっていい理由にはならない。コントロールは必要だよ。試合の中で何が正しいかという事にいつも集中していくべきだと思う。」

「選手達にはこのような事はして欲しくないね。挑発されたとしても自分をコントロールしなければならないんだ。」

どう考えても自分が喰らったタックルへの報復だと思うんですがね。クリシーの言う通りすっきりしたのは確かですが、こんな事で3試合出場停止なんてなってもつまらないので、控えてもらいたいと思います。

しかしこの犯罪者をいつまでも出し続けるFAとニューカッスルの責任は重いと思うのですが。次バートンが何かやらかしたら責任を取るべきでしょうね。


Wenger - Deadline day is like a poker game - Arsenal.com

ヴェンゲルは移籍期間の最終局面はポーカーのようなものだと話していますが、僕はよく意味がわかりませんでした・・・。

「最後はポーカーゲームになるね。どこが勝つか、予想はいつも難しい。だが私が読んだ話では違いを生むのは500万ポンドだとの事だ。そのレベル500万ポンドなど何の違いにもならないんだがね。31日にはみんな途中まで行き、勝ったと思って終わるわけだが・・・。」

動くのか動かないのか注目が集まるベルバトフですが、ヴェンゲルはアデバヨールの場合とは違うと話しています。

「違いはあるね。前にも言ったが、アデバヨールは最初からコミットしていたし、発言も変えなかった。選択権があるのなら残りたいと言っていたし、外側から、まあ私が読んだのは新聞だけだが、ベルバトフの件とは違うだろう。」

「彼は出て行きたいように思える。だから違う状況なんだ。選手がいつも出ていきたいと言っていて、実際に出て行かないという事になればそれは問題だ。もし彼が出て行かなければトットナムはその問題を考えないといけない。我々には問題があるのか、そうではないのかとね。」

移籍に関しては9月1日の24時が期限なので、明日にならないと最終結果はわかりませんね。


Clichy - We'll be fine even if we don't buy - Arsenal.com

クリシーは補強は監督次第であり、あってもなくても自分達には勝てるだけの力があると話しています。

「(ニューカッスル戦では)僕達にはクオリティがあるんだって事を示したけど、フラム戦ではそれがなかったんだ。新しい選手を獲ってくるかどうかは監督次第だね。彼は偉大な監督だって事をみんなに示してきたし、チームが1人か2人新しい選手を必要としていると思えば彼はそうするだろう。そうならなくても僕達には何かをやれるだけのクオリティがあると思うね。」

「僕に関して言えば、クラブのためにいい仕事をしないといけない、それだけだね。」

フィズマンが言っていたように補強によって若手のチャンスを奪ってしまう事になる可能性もあるわけですが、それも監督次第だとの事。

「何年か前、僕はチャンスを待つ若手選手だった。若手にとってチャンスをもらう事はいい事だし、チームにはそのクオリティがある。監督がもっと優れた若手が必要だと思えば獲ってくるだろう。そうでなければ今の戦力で成し遂げるさ。」


Vieira - Arsenal need 'leader' - Sky Sports

ニューカッスル戦、シルヴェストルの横で試合を観戦していたパトリック・ヴィエラがアーセナルには中盤のリーダーが必要だと話しています。

「今シーズン、彼らは中盤の選手を1人獲得する必要があるだろう。中央に構えるビッグリーダーをね。アーセンは何年にも渡っていい補強をしてきたし、彼がクラブにとって適切な人材を見つけてきてくれる事を願ってるよ。」

「ビッグゲームを勝たなければいけない時、シーズンの決定的な時期で苦しむ事になるかもしれない。クオリティとポテンシャルはあるが、あらゆるビッグゲームで競争力を保つには経験が少し不足している。」

シルヴェストルについては、社交辞令・・・じゃなきゃいいんですけど。

「ミカエル・シルヴェストルはアーセナルで成功できるんじゃないかな。プレッシャーに対処できるメンタルの強さとタレントを持っているからね。」


Loan watch: Traore helps Pompey to away win - Arsenal.com

ローンウォッチ。海外組は扱いが小さいです・・・。しかしオフィシャルよ、なぜスコアを書かなくなった・・・。

アルマン・トラオレ
エヴァートン 0-3 ポーツマス
トラオレは77分出場。この試合もチラチラ見てたんですが、ブラックバーンの方が面白そうだという事でそっちを優先して見てました。そのうち2-0になったのでこっちにチャンネルを変えましたが、こっちも2-0になったんで再びアップトンパークに。2-1になってたのでそれからずっとそちらを見てました。ってわけでトラオレはほとんど直に目にしておりません。まあライバルのフレイダルションより先行してるようなのでよかったです。試合に出れなきゃ意味ないですからね。

ナセル・バラジーテ
バーンズリー 2-0 ダービー
バラジーテは83分からの出場。この短い時間じゃね・・・。

ケリー・ギルバート
チェルテナム 0-4 レスター
ついに3部まで降格したレスター・・・。ギルバートはフル出場し、アウェーでの完勝に貢献。

国外の事は一番下にちょろっとだけ。ミランのセンデロスは出番なし。ミランはホームでボローニャに2-1で敗れてます。多分フラミニはフル出場してました。サラマンカのノルドヴェイトはアラヴェス戦で出番なし、っつかケガです。ズウォレのファン・デン・ベルクも出番なし。


Wenger asked about Kalou - Sky Sports

チェルシーのスコラーリが、この夏ヴェンゲルがサロモン・カルーを「センターフォワードとして」欲しがっていたと話しています。間違いなくアデバヨールの後釜としてでしょうね。スコラーリはヴェンゲルの見立てに敬意を表し、「カルーが9番の選手ならどこかで試さないといけないね」とも語っています。実際には他にフォワードがいるので難しいとも言ってますが、カルーのセンターはモウリーニョ時代からありましたよね。仕方なくって面が大きかったですが、そこそこやっていたように思います。



イタリアとスペインも開幕しましたが、何か強豪が揃ってコケてますね。バルサは妙に苦手な相手みたいですが、やっぱり一番の失望はホームで昇格チームのボローニャに負けたミランでしょうかね。他がコケてる以上はそう深刻にならなくていいっていうのもありますけどね。プレミアは優勝争いに関してはダークホースの出現なんて全く期待できないわけですが、強豪が順当に勝つのがいいのか、番狂わせがあった方がいいのか、どっちが面白いんでしょうね。適度にミックスされてるのがいいのかな。
スポンサーサイト

コメント

ブレイズですか。簡単ではないでしょうが、まあ勝てるでしょう。ガリー・スピードというボランチがレギュラーですが38歳です・・・。ユナイテッドはボロとですね。それにしてもバートン危ない。ナスリにタックルした後嬉しそうにニコニコしてましたよ。キーガンよ、殴られて目を覚ませ!補強に関してはヴィエラの言うとおりだと思いますがもう閉まっちゃいましたか。冬はどうするつもりなんでしょうね。レアルはこれで18年間デポルティーボのスタジアムで勝ってないそうです。バルサは監督の問題でしょうか。

移籍市場では惨敗ですね。

層を厚くするどころか、薄くしてしまった・・・ フラミニの代わりを獲らない理由がまったく分からないです。昨年のアンカー3枚は何だったのでしょうね。昨季は明らかにプレマッチでフラミニがフィットしているのにディアッラを獲り、今季はデニウソンに不安を感じながら何もなし。これでリーグを制することが出来たら、ヴェンゲルは本当に凄いと思う

しかし、優勝を狙うクラブが移籍市場で金銭収支をプラスにするような行動をしますでしょうか?元の資金+ベントリーの移籍に関する収入で、ヴェローゾくらいは買えたと思うのですが・・・

インラーは「代表にはクラブのレギュラーしか呼ばない」というヒッツフェルトの指針が影響した気がします。センデロスのローンも。

選手を集めて欲しいわけでなく、必要なポジションを埋めて欲しいだけなのに。それに対し、ユナイテッドもリバポーも足りない部分を最後埋めてきましたね。

アロンソ獲得を最後まで粘っていたという話もありますが、ベニテスはあの扱いをしてよく拒否するものだ。ロビーニョの行為は褒められたものではないですが、自分を物のように扱われる経験は屈辱だったでしょう。それなりに貢献したわけですし。それに対しバリーの件でのアロンソの態度は大人でしたが、結局CLでも使われてしまい価値は下がったと思います。大体マスケラーノがいるのならバリーよりアロンソだろうに。ジェラードの怪我なかったら移籍は実現していたんでしょうか?アロンソが強く希望していたら?

当初はアロンソよりもインラーやヴェローゾと思っていましたし、今でもそう思いますが、中盤のビルドアップ考えたらセスク1人では不安すぎます。普通のコーチなら、セスクの負担を駆るする努力をしますが、それを受け負っていたフレブやフラミニを出し、代役すらいない状況に。ロシツキの調子がよければセンターでもいける思いますが、そうするとサイドが・・・

陸さん、こんにちは。
丁寧な返信ありがとうございます。
確かにその通りなんですよね、私も一方でそういう多少無茶をしてでも。。っていう考え方も非常にわかるところがあって、そこがヤキモキするところなんですよね。
理想と現実、しかもその理想と現実のどちらも一歩間違うと未来に大きな代償を残しかねないのではないかっていう…。

話は変わりますが、quai44さんの文章っていい味だしてますねw
実は結構隠れファンです ^^
今回のお二人の会話を見て安心しました。
昨シーズンからこのサイトの皆さんとアーセナルを応援していくことが楽しみになった私としては、開幕前から最近までこのサイトの雰囲気の沈み方が正直心苦しくて。
課題はもちろんたくさんありますが、資金力というハンディを背負いながら、選手や監督も含め、優勝に向かってがんばっていない人達は私にはいないと思うんです。
やっぱりそういう挑戦するチームはなるべくポジティブに、現有戦力でどのようにすればタイトルを勝ち取れるだろうかという姿勢で応援していきたいと思って。
各試合での陸さんのするどい批評は大変好きで続けて欲しいのですが、最近はもしかしたらその批評の出発点がアーセナルに対しての諦めや、嫌いっていう感情からということになりつつあるのではないかと心配していました。
語弊があるかもしれませんが、このアーセナル好きが集まるサイトにおいてやっぱり応援団長が諦めてしまったら皆沈んでしまいますので ^^;

今期はあそこまで強力な戦力を持ったチェルシーでさえ早くもホームで取りこぼし、早々に全勝チームがいなくなるという波乱の幕開けですね。
面白いシーズンになると期待し、その前線で小童だらけの世界でも特殊なチームが昨シーズンのようなドラマを起こすと信じつつ応援していきたいです。
更新大変でしょうが、がんばってくださいね ^^

PS:どこかでシルベストルの移籍金の話が出ていたと思い、探してみたのですが、下記のサイトでは1億5000万円程度ってことですね。
非公開のはずなのですが、信憑性はどうなのでしょうね…?

http://www.guardian.co.uk/football/2008/aug/20/arsenal.manchesterunited?gusrc=rss&feed=networkfront

結局補強なしですね・・・あそこまで発言したからには最低でも一人は獲得すると思っていました。残念です。

これで今季のアーセナルはデニウソン次第でしょうね。彼が覚醒しない限りかなりの確率でCL出場権さえ危ないと私は思います。

もちろんセスクが大怪我をしたらその時点で終了ですけれど・・・

早く補強なしなかったという正式発表でもしてくれませんかね・・・諦めがつきます。

まさに…

がっつり勝つ気は感じませんな…
補強も先が見えましたし、現戦力もオールシーズンで考えると微妙ですし…
まぁ救いはナスリか…

それなりにデニウソンとかも頑張ってますけど、あくまでそれなりなんで、陸さんみたいなグーナーにとっては厳しい目になってしまうのは仕方ないでしょうね…
僕でさえ思いますから苦笑

個人的にはすでに来年にむけて若手ガンガン起用してもらっちゃってフラミニみたいに逃げられないようにマネージすれば、ランドールとかラムジーとか質が高い選手が多いので化けるかもしれませんね~

そうなりゃ面白いかも…(笑)

まぁ冬にインラー獲得を期待します。

はじめまして

はじめまして、Takuと申します。いつも楽しく拝見させてもらってます。
補強無しみたいですね。やはり残念です。
現有戦力でもマグ戦のような試合をできることは頼もしい限りですが、ボス自身が戦力が1枚欠けていると自覚し補強を明言していたにも関わらず、タイムアップを迎えたのは少し腹立たしいのですが…
半年間でCMFを3枚失い、獲得したのは若手のラムゼイ、怪我がちのビショフでは納得できないですよね。
お金はあると言われてるのですから本腰入れて獲得を目指せば絶対に誰かは獲れたでしょう。(もちろん誰でもいい、というわけではありませんが。)

それでもこうなってしまった以上はデニウソン、テオ、ヴェラに期待します。
ところでビショフってどんな選手で主戦場はどこなんでしょうか?また、戦列復帰はいつ頃になるんでしょう?ご存知でしたら教えてください。

長文失礼しました。
今後もコメントさせていただくと思いますが、よろしくお願いします!

移籍期限最終日でしたが、現状補強無しのまま終了のようです。シャビ・アロンソの移籍交渉を昨日していたなんて話もありますが、まとまらなかったということなんでしょうかね・・・。

あるいは10月半頃にビショフが復帰して、サイドとCHとして期待できるのか。ただ陸さんが常々おっしゃられているように選手層を考えると、ここで足りないとされていたCH(ヴェンゲルは必ずしも、そこだと言及してはいませんでしたがフラミニ、ジウベルトを放出した事を考えると・・・)の補強、最低でも補充が出来なかったのは痛いのかもしれません。

今日ヴェンゲルはリザーブを観に言っていたとの事ですが、メリダやコクランを上で使っていくということなんでしょうか。ともあれ、正確なコメントが欲しいところです。

ロビーニョがシティ、ベルバトフがユナイテッド、リバプールがリエラと補強が進んだだけに流石に補強がシルヴェストルだけというのは落胆しますね。スパーズはコルルカとパヴリチェンコ獲得しましたし。

若手の成長に期待していると常々書いてきた人間としては認めたくないんですが、それを待つ時間が少なくなっている。あるいはなくなってきているのかもしれません。

ディアラやギャラスの時のように、実は決まっていたなんて話があればいいんですが・・・。

ヴェンゲルは自分を苦境に追い込むのが好きなのかな…(笑)
「金はある」とか「一人獲る」とか言ってたけど結局獲得しなかったですし。
来年は「不運な怪我が多かった」などの言い訳が通じない状況を自ら作り出してしまいましたね。

情報サイトを何度も確認したのは私だけじゃないはず、こんばんは。

ニューカッスル戦は気分のいい試合でした。結果も知っていたこともあって、途中から余裕余裕。こうやって観れるのも(予備予選除けば)なにか久しぶりな感じがします。

デニウソンはまだまだ事足らないですけど、ボックスへの飛び出し等、前に出る回数なんかは以前より良くなった気が。
どうやら補強は無さそうなので、ある意味、今後はナスリ以上に期待がかかるかも。頼むから化けてくれと。

あとアデ。
得点が無いのは、そのうち獲るだろうと思いつつ多少心配ですが、確かさとさんが仰ってましたか、それ以上に私も中盤とのリンクのスムーズさに目がいきました。タイプは異なりますけど、最近のベントナーと比較しちゃうとやはり違いますね。
ただやはりナスリとの絡みはまだまだ?余裕を持って観戦しすぎて印象に無いだけかな。そもそも右に多く流れてましたか。
後はまた点を量産してもらい、シーズン前、悪影響を懸念して出すべきでは?と言った私の不明を愧じさせて欲しいです。

折角いい気分にはなれましたが、新規獲得は無しですか・・・。今年は期限が1日までというのを失念していて、二度がっかりさせられてしまいました。
私はヴェローゾを取って欲しかったんですけどねぇ。

余談。
私も松岡修造の現役時代知りません(多分その頃は昼休みとかに野球やってました(笑))が、彼がある試合中痙攣によって体が動かなくなってしまい、失格になってしまった事があったんですよ。当時、試合中の痙攣はinjury timeとして認められてなかったんですが、これを気に痙攣も治療できるよう改正されたそうです。
学生時代テニスやっていたので好きなんですが、私も見るほうはあまりしません。いや、観るのも面白いんですが、どうにも試合時間が長くて気力がもちません。90分って誰がどう決めたか知りませんけど、丁度いい時間ですよね。

>ロングボトムさん

スピードは今ブレイズにいたんですか。経験のある選手ですし、若い選手達にとっては厄介な相手だと思います。2回戦でいくつかプレミアのチームが下のチームにやられてるんで、気を引き締めていかないとね。

バートンはあの態度からして今までの悪行を一切反省してないのは明らかですし、それにも関わらずチャンスを与えるキーガンももはや同罪でしょうね。ナスリへのタックルについては現地実況も「ぶっちゃけ異常だ」って言ってました。

本気でシルヴェストルの後誰も獲らないとは思いませんでした。選手層どころか普通のパフォーマンスでも苦労する試合が今までより増えそうです・・・。冬はどうせロクの補強しないでしょうしね。

レアルもそんなに苦手なところでしたか、じゃあスペインの2強は開幕がいきなり鬼門だったわけですね。でもそういうスタートも面白いと思います、彼らのファンにしてみればたまったものじゃないでしょうけど。


>さとさん

惨敗どころか戦ってすらいませんよ。戦う気もなかったと。普段からバランスバランスと言う割にこの恐ろしく偏ったチームは何なんでしょうね。

収支がプラスかマイナスかなどというのは、その時点での戦力の充実度がまず関係しますから、そういった尺度で評価をするのは間違ってると思うんですが、今回は使えるだけ使えるべきだったのは言うまでもないですね。ベントリーのインセンティブなんて二束三文みたいなものだと思いますけど、ヴェローゾを獲得しようと思えばできる資金はあったはずです。

インレルは普通にアーセナルでもレギュラーになれたと思いますけどね・・・まあ今レギュラーである以上、リスクを冒して動く理由がないでしょうか。まだウディネに来て1年ですしね。

こんな調子だといくら若手が育っていっても、ライバルとの差は一向に埋まりませんね。ユナイテッドにはベルバトフが加わった事でさらに差を付けられた感すらあります。リヴァプールはどれだけ戦力を集めようと、結局ラファ次第だと思いますが・・・。

アロンソは確かにいいように使われてる感はありますが、決してひどい扱いをされてるってわけではないんじゃないでしょうかね。それで本人が積極的に出て行く意思を見せなかったのなら、残留しても不思議ではないかと。どちらにしろアーセナルに来ても控えでしょうし・・・。マスチェラーノとのバランスを考えると確かにアロンソでしょうが、ジェラードの代わりと考えるとむしろバリーの方が適任ではないかって部分もありますし、リーセを出した以上レフトバックとしても使えるバリーは是が非でも欲しかったんじゃないでしょうかね。

ロビーニョは本当にどうかと思いますが、ロナウドの釣り銭のような扱いだったっていうのには確かに同情します。しかしBBCの記事であったんですが、出て行きたい時にあんな形でゴネるのは彼の常套手段ですし、それに関しては全く関係ないセスクも批判する始末ですからね。レジェスのレアル行きの話があった時、バティスタよりロビーニョが欲しいと思いましたが、あんな子供だったら獲らなくてよかったのかも。バティスタには失望させられましたが、何とか自分を証明しようと頑張ってはいましたし、アーセナルやヴェンゲルを批判するような事はしませんでしたからね。

センターで使うならロシツキーよりナスリかなって感じがします。まあこなせるのならどっちでもいいんですけどね。どちらかがセンターもできるのだとしたら、ナスリやロシツキーのバックアッパーを獲る事でセスクのバックアッパー不在をカバーする事はできたでしょうね。何にしても中盤は全部駒不足ですね。こうなったら若手の成長に期待するしかないです。デニウソンやディアビーには総合的なCMFとして、ウォルコットやギブズにはウインガーとして、ランドールやメリダにはプレーメイカーとして、そしてウィルシャーにはアタッキングミッドフィールダーとしてってとこでしょうか。


>snowさん

こんにちは。

立場を考えると無理でもしなきゃいけないところなのに、無理するどころかまだまだ余力を残してるわけで、余裕を持って負ける事ほどカッコ悪い事はないかと。少なくとも今の立場だと若手の成長を阻害云々とかには目をつぶってでも戦力を充実させるべきだったのに、それをしなかったのは怠慢だと思いますし、勝利への意気込みがないと言われても仕方ないでしょう。大体一気に世代交代せず、勝てるチームを維持しつつやってくればそんな事にもならなかったわけですしね。同時に大量の若手を育てなきゃいけないという必要もどこにもないですし。

quai44さんの文章ってとてもユニークですよね、それこそブログやればいいのにと思います。別にアーセナルの話題でなくてもいいですしね。いやもちろんご本人にその気がなければ無理に勧めてもしょうがないんですけど(笑)

資金力がハンデだと仰いますけど、本当にそうでしょうか?そりゃ毎年100億も出すような資金力はないでしょうし、他の強豪とは比べるべくもありませんよ。それはわかってます。しかし安く獲ってきた才能ある若手が何人もいる中で、要所要所に適切な補強をしていけば充分勝てるチームになるはずですし、それぐらいの資金力はあるはずです。伊達に毎年クラブ長者番付の上位に入ってるわけじゃないですからね。大体この期に及んで若手の成長を阻害云々なんて話が出てくる時点で、タイトルよりも若手を育てる事の方が重要目的だと思わざるを得ません。

そして最初から諦めてそれっきりなら何も言わずブログなんてとっととやめますし、嫌いだなんて感情があろうはずもありません。それなら見てそれとわかるアンチ・アーセナルサイトと化してるはずです。ファンのフリをして何年も更新し続ける事は、例えどんなに時間が有り余ってようと、モチベーション面からして不可能です。

それにこれを言うとちょっとsnowさんを失望させてしまうかもしれませんが、僕はこのサイトを応援サイトとは捉えていません。じゃあ何かと言われてもちょっと答えに困るのも事実なんですけどね・・・。主旨はアーセナルのプレー振りを客観的に観察する事にあるので、それを見た人のモチベーションが上がったり下がったりする事は最初から考慮に入れてません。純粋に応援するのが目的ならあれがダメ、これがダメなんて書かずに素直に応援してます。そしてそんな事に大した意味はないとも思ってるんですよね。まあそういった要旨を明記してるわけでもないので、ネットに公開している以上そりゃ無責任じゃないのかと言われても仕方ないかもしれませんが・・・。

どんな強いチームでも(ってアーセナル女子チームは例外的ですけど・・・)低調な時はあるでしょうし、取りこぼしもするでしょう。要はそれが一番少なかった、簡単に言えば最も安定していたチームが最後に勝つわけで、このアーセナルチームにそういう安定は望めないと思います。シーズン通してほとんどケガ人がなければあるいはってぐらいでしょうかね。もちろん移籍市場が閉まった今、「選手層と経験値に不安を抱え、タイトル獲得は非現実的と思われたアーセナルが・・・」っていうのを期待するしかないですね。

シルヴェストルの移籍金は情報が欲しかったんですよ、ありがとうございます。移籍金は大抵非公開ですからね、どれも憶測に過ぎません。たまにどちらかのクラブがオフィシャルサイトで発表したりもしますけどね。シルヴェストルの場合、シティとも移籍金では合意してたので、そっちの線から追う事は可能だったかと思うんですが、しかし約750万ですか。まあこんなもんかなってとこですね。


>tomoさん

僕もさすがに誰か獲ると思ってました。獲らないならきっぱり獲らないって言っちゃう人ですしね。ガッカリです。

デニウソンはどちらにしろそれなりに成長してもらわないと苦しいですし、彼の事を考えてもそろそろ結果を出していかないと将来が危うくなってきますしね。それにしてもプレッシャーかかりすぎだなとは思います。どうせディアビーはケガだらけでほとんど出場できないでしょうし・・・。何とかロシツキーにはインジャリーフリーでやってもらって、セスクに何かあればナスリをセンターで使うしかないかなと。

そのうちヴェンゲルの釈明も出てくるでしょうね。今回ばかりは最終的にタイトル獲れたらそれでよしでは済まないと思います・・・。


>ペコさん

さっぱり未来が見えなくなってきちゃいましたね、このクラブ。このままタイトル獲れなかった時のダメージは大きいでしょう。

個人的に若手を育てるのはある程度楽な展開になったらどんどん試合に出し、使えるようになってきた辺りでケガ人が出るか疲労が溜まったらローテーション起用→ポジションを奪うって展開が理想かなと。もちろんそんな理想通りに行く事はそうそうないですけど、そもそもチームをしっかり強化しておけば楽な試合ができる可能性も高まりますからね。デニウソンなんかは使われる時と使われない時が極端すぎて、何か逆に可哀想になってきます。

せっかくポテンシャルの高い若手は揃ってるんですが、若手だらけになって勝てなくなると自信をつけるのにも苦労しますし、タイトル獲れなきゃ選手は流出していく一方なんで、今若手を集めても数年後安泰かと言ったら、そううまくはいかないと思うんですよ。だからタイトルタイトル言ってるわけですし、そのために補強補強言ってるわけです。極端な話、今シーズンタイトル獲れたら来シーズンはまた無冠でも構わないわけです。そのまた次にタイトル獲れる確信が持てるようなチームになってればね。

冬に主要な補強っていうのはこれまでのヴェンゲルからして考えづらいですね・・・。アデバヨールみたいに夏に獲得予定だったのが諸事情で延びたとか、レジェスみたいな逸材がちょうど売りに出されてたから買ったとか、そんなんならありそうですけど・・・。


>Takuさん

初めまして、コメントありがとうございます。

基本的にニューカッスル戦のようなパフォーマンスを出せるだけのポテンシャルは今のチームにもあるとは思うんです。たがリーグは38試合の積み重ねなので、いかにニューカッスル戦のような試合を多くしていくか、逆にフラム戦のような試合を少なくしていくかが重要なのであって、今の若くて選手層の薄いチームにはその部分が最も期待できないんですよね。なのに結局獲らなかったって事は、獲れなかった可能性もありますが、結局ヴェンゲルは現有戦力でいけると判断したって事じゃないでしょうかね。んなわけねーだろと思うわけですが・・・。ですがこうなった以上、今のチームでできる限りのところまで行ってくれる事を願う他ありません。

ビショフは僕もよくわからないんですが、どうも聞いた話をまとめるとフォワードとキーパー以外、つまり中盤とディフェンスならどこでもできる選手のようです。本職はちょっとわかりませんが、センターじゃないかなと。こうなったら彼がケガを克服し、活躍してくれる事を祈るしかないですね。

今度ともよろしくお願いします。


>tollさん

アロンソ1人だけ獲ってこられてもねぇっていうのが正直なところですね。もちろんセスクの控えにはなるでしょうし、攻撃的に行きたい時は頼りになるオプションですけど、最重要はフラミニの後釜だったはずで。どちらにしろ獲れてない以上何を言っても無駄ですけどね。せめて冬に獲れないかな・・・。今となってはバリーのリヴァプール行きが決まらなかったのが痛いかもしれませんね。

正直現時点では僕はビショフを全く戦力として計算してないんですが、考えてみれば彼もナスリと同じ年齢ですね。ナスリと同じように即戦力となってくれればまだ期待を持てる部分はあるかもしれません。正直言って非現実的だと思うのですが。後はデニウソンが着実に成長するか、ディアビーがケガしなくなってコンスタントに出場し、成長していくか。何にせよ運任せの要素が強すぎると思いますから、これでタイトル獲れたとしても素直に賞賛する気にはなれませんね。

メリダはそろそろ・・・っていうのはあると思いますが、コクランはまだリザーブレベルだと思うんですよね。今回はチェルシーにドログバが出てたので、特に守備面で若い選手達がどこまでやれるかを見るには格好の機会だったと思うのですが。どちらにしろヴェンゲルはリザーブの試合もちゃんとチェックはしてるはずです。

ロビーニョのシティ行きには正直驚きました。ベルバトフはダメでもロビーニョか・・・。そのベルバトフはきっちりユナイテッド移籍を果たしてますし、チェルシーはそもそもデコを加えるだけで充分といった具合。リヴァプールはフィナンを出したようですが、リエラ加入でまた層が厚みを増しましたね。スパーズもパヴリュチェンコとコルルカに加えてベルバトフを売る代わりにフレイザー・キャンベルを借りてますし、あれだけ補強が遅れていたエヴァートンも最後にどっと獲得しました。そんな中でアーセナルはどうしてこう悠長に構えてられるんでしょうか・・・。

若手の成長に期待するのは必ずしも悪い事ではないと思うんですが、ナスリといいデニウソンといい、ちょっとプレッシャーがかかりすぎてるなと思うんですよね。一方でウォルコットだけやたらと温室育ちみたいな扱いにされてたり。もちろん過酷な環境に放り込まれて成長するという部分もあるんですが、潰れた時の保険がなさすぎますし、だいいち選手が可哀想です。もちろんチャンスすらないのはもっての外ですけど、きっちり若手を育てられる余裕も欲しいところなんですよね・・・。

結局最後の駆け込み移籍はありませんでしたね。これで今シーズンは終わった気がします・・・。


>諭吉さん

ヴェンゲルはあれほどワーカホリックな時点で、仕事が好きとかいうだけでなくマゾの素養はあると思うんですが(笑) それはさておき、ここ数年のやつれ具合、老け具合は見ていて心配になるんですよね・・・。先日セスクのデビュー当初、04/05でしたか。その当時のヴェンゲルのインタビューを見ましたけど、だいぶ若く見えました。もちろん来た当初とは比べるべくもないです。かといって彼から仕事を取り上げたら、一気に燃え尽きて逆に早死にしそうですが・・・。

これでタイトル獲れなかったらヴェンゲルは何て言うんでしょうね。もちろんケガ人は出るでしょうから、その話はするでしょう。じゃあ「何でちゃんと補強しなかった」と問われて、単に「それでいけると思った」と返すんでしょうか。だとしたらやっぱりヴェンゲルはもう限界でしょうね。まあ今からそんな話をしていても虚しいだけなので、何とかタイトル獲ってくれないかと祈りましょうか・・・。CLなら可能性は充分あると思いますし。


>gerdさん

こんばんは。僕も起きてすぐに携帯オフィシャルを確認しました。あそこは夜中でも更新してるので、出てなかった時点でなかったんだなと・・・。Sky Sportsのアーセナルコーナーに至っちゃ今日は更新なしですよ。

ニューカッスル戦でやきもきしたのはロビンのPKが決まるまでで、その後も追加点取るまではちょっと不安でしたけど、後半なんかは完全にリラックスして見れましたね。全部あんなんだったらどんなにいいかと思う反面、それはそれでつまらないような気も・・・。

デニウソンは最初見た時、気持ちを前面に押し出してどんどん前へ出て行くプレーが好印象だったんですよね。何度も言ってますけど、06/07のホームでのチェルシー戦はそういったプレーをしていたデニウソンが負傷退場していまったのが本当に痛かったと思いましたし、またあの頃の心意気を取り戻して欲しいと思ってました。少なくともボックスに入ってくる動きに関してはコンサバなところが消えて、ちゃんと数字を出してるのは評価できると思います。ナスリはある意味肝が据わっていて安心しました・・・。

アデは右に流れるのはやめた方がいいでしょうね。左の方がまだいいです。大体決定機にも絡んでますが、やっぱりそろそろ心配になってくるんですよね。最近特に個での突破もできなくなってますし。PK取ったシーンはうまかったですけどね。でも僕はやっぱり売れる時に売っておけばよかったと思います・・・。後釜にもよりますけどね。つくづくシェフチェンコ欲しかったなぁと・・・。

すいません、移籍期限が1日までなのはだいぶ前から知ってたんですが、何も言いませんでした。移籍リストも31日のままにしてましたしね・・・。それはそうと、本当にガッカリですし、リーグはほぼ諦めてます。

松岡修造にはそんな秘密があったんですね。毛色は違いますが、ある意味テニス界のボスマンみたいなものって事でしょうか。テニスは観るなら1セットで充分ですし、大体やってる側からするとすごすぎて何の参考にもならないんですよね(笑) そりゃフットボールでも同じですけど、それにしてもテニスは観る方にはあんまり魅力を感じません。試合時間に関しても同感です、野球とかバレーは長すぎます。もっと軽く見たいならNBAなんかはすごく適当だと思うんですけど、本気で勝負にこだわるところも見たいですしね・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/984-5b354829

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。