スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セスク、トゥーレ、センデロスが負傷者リスト入り、ナスリも間に合わず 

Arsène Wenger: 'We have a big squad at home' - Arsenal.com

「ホームには大きなチームがあるんだ。コロ・トゥーレ、フィリップ・センデロス、セスク・ファブレガス、サミル・ナスリ、アブ・ディアビー、トマーシュ・ロシツキー、エドゥアルドがいない。」

「コロは臀部の筋肉に問題がある。セスクはハムストリングだ。次の2試合を欠場する事になるだろう。」

「アブ・ディアビーはしばらく出れない、それはわかっていた事だね。フィリップ・センデロスはハムストリングの検査を受けた。彼は今日やってしまったんだ。ファブレガスは昨日だ。」

「サミル・ナスリは土曜日には間に合うだろうし、コロ・トゥーレもだ。アーロン・ラムジーにとっては先発するいいチャンスだね。」

ってわけで今回のメンバーは以下。

マヌエル・アルムニア
ウーカシュ・ファビャンスキ
バカリ・サニャ
ヴィリアム・ギャラス
ガエル・クリシー
ジャスティン・ホイト
ヨハン・ジュルー
アーロン・ラムジー
ジャック・ウィルシャー
キーラン・ギブズ
デニウソン
テオ・ウォルコット
エマニュエル・エブエ
マーク・ランドール
エマニュエル・アデバヨール
ロビン・ファン・ペルシ
ニクラス・ベントナー
カルロス・ヴェラ

開幕前からケガ人続出ですか・・・。中盤にクリエイティブな選手が1人もいません。こりゃアデやロビンにどうにかしてもらうしかなさそうですね・・・。

ちなみに放送なんですが、コメント欄にも書き込んでてくださる方がいるんですが、無事木曜日の午前3時40分に移ってます。つまり放送あり。よかったです。


Van Persie - We must get in Champions League - Arsenal.com

トゥウェンテは予備予選で戦うには厄介な相手ですが、ファン・ペルシは負けるわけにはいかないと話しています。

「アーセナルは常にチャンピオンズリーグに出場したいと思ってるわけだし、僕もアーセナルはチャンピオンズリーグに出なきゃいけないと思う。いい選手達がいて、大きなスタジアムがあるのなら、ヨーロッパの高いレベルでのプレーが必要だと思う。」

「でもこれはフットボールだ。この2つの試合で勝たなければ出場はできず、UEFAカップで戦う事になるんだ。」

当然オランダ人のファン・ペルシはトゥウェンテの事も知ってるわけですが、家ではオランダリーグも見てるようで、トゥウェンテの状況について語ってくれています。

「彼らの事はよく知ってる。家にはオランダの衛星テレビがあってね。彼らは昨シーズン素晴らしい年を過ごしたけど、最高の選手を2人失ってるんだ。カリム・エル・アフマディはフェイエノールトに行ったし、オルランド・エンヘラールはシャルケに行った。彼らはプレーメイカーだったんだ。でもフィテッセから1人いい選手を獲ってる。テオ・ヤンセンだ。だから彼らはいまだにいいチームで、いい状態を保ってる。」

「正直(プレーオフでアヤックスに勝ったのは)大きなショックだったよ。オランダではみんながアヤックスが勝つ事を期待してるんだ。でも最後はトゥウェンテの方がいいプレーをしたって事さ。彼らは2ついい試合をした。1つは確か4-2で勝ったと思ったね。だからショックだったのは確かだけど、フットボールではこういう事もあるんだ。」


Van Persie - Twente proud McClaren is boss - Arsenal.com

確か対スティーヴ・マクラーレンの最近の成績はハイベリーでの7-0。もちろんボロ時代の話です。あの試合には出場していなかったファン・ペルシは思い出すのに時間がかかったようです。

「そんな事あったっけ?7-0で勝ったって?ああ、思い出したよ。でも大体彼のチームを相手にする時は苦労したね。」

イングランド代表でユーロ2008の本戦出場を逃した事でイングランドではボロクソに言われた監督ですが、ファン・ペルシはトゥウェンテの選手達はすごく慕ってるんだと話しています。

「彼らは彼に本当に満足してるんだ。イングランド代表からトゥウェンテの監督になるなんて変な移籍だからね。でもオランダはとても誇り高い、特にトゥウェンテはね。彼らはみんな彼のコーチングスタイルが本当に気に入ってるんだって話してるよ。」

イングランドではちょっと信じられないような話ですが、ファン・ペルシは「よくある話だよね」で片付けてます。

「そういうものだと思うよ。代表監督としては突破できなかったら、批判的な人々が待ち構えてるわけだ。それはルイス・ファン・ハールにも起こった事だ。彼はトップマネージャーだったけど、2002年には(オランダ代表で)出場できなかった。あの年はアイルランドに負けたんだ、この仕事にはそういうリスクもあるんだよ。」


Boro bid for Hoyte - Sky Sports

サウスゲイトはノーコメントとしていたジャスティンへのオファーですが、遂にギブソン会長がオファーを出した事を明かしました。本人ももちろん、ヴェンゲルはどうするんでしょうね。生え抜きなんで失いたくないんですけど、このところの伸び悩みがね・・・。


Big guns join Annan chase - Sky Sports

アーセナルとユナイテッドがガーナ代表MF、アントニー・アナンに興味を持っているのだとか。アナンはノルウェー2部のStart所属で、現在はそこから同じノルウェーのStabaekというクラブにローンで行っているそうですが、彼のトライアルを行ったのがブラックバーンで、その結果イングランドで注目を集めたようです。アーセナルもトライアルをしたがってるそうですが、もうクラブに戻らなければいけないため、これ以上イングランドにいる時間はないのだとか。22歳でそこまで注目を集めるのなら即戦力にもなりそうですが、どうなんですかね・・・。


Wenger reveals ingredients - Sky Sports

青田買いが大好きなヴェンゲルは、セスクを例に、若手はこうでなければならないという事を筋道立てて語っています。頑なに若手ばかりを獲ってくる姿勢には大いに疑問を感じる事もあるわけですが、興味深い話です。

「この少年はとても若い。だがとても若い時にも大きな決断は必要なんだ。それがタレントを形成する。ある段階で、自分が何をしなければならないのかを理解する知性が必要になるんだよ。」

「16歳で彼は親元を離れ、アーセナル・フットボールクラブに移籍するという決断をしなければならなかった。彼にそれをさせたのは、偉大なフットボール選手になりたいという素晴らしい意欲なんだ。」

「成功を収めている人間から学べる事は、その人物が優れた存在になるためにどれだけの準備ができているかという事なんだ。朝起きた時、心地よい場所に留まるかベストになろうとするかで我々は常に迷う。自分自身に"最高を目指すんだ"と言い聞かせなければ。」

「多くの素晴らしい選手達と接してきたが、タレント、インテリジェンス、モチベーションの複合要素だといつも思うんだ。その3つのうち1つでも欠けていたら、素晴らしいキャリアは望めない。神は何人にも全てを与えたりはしない、人より多くを与える事もあるという事だ。」

「選手を育てるのは家を建てるようなものなんだよ。下地または基礎となるものは技術だ。それが身につくのは7歳から14歳の間。14歳になっても技術が皆無なら、忘れた方がいい。フットボール選手には決してなれない。」

「2つ目、一階に当たる部分はフィジカルの要素だ。それが決まるのは14歳から17歳の間だね。足が速いとか、身体が強いとかだ。3番目は二階部分、戦術的な要素だ。試合に対する理解があるか?味方がボールを持っている時、自分はどうすればいいか。どこに動けばいいのか。」

「最後の部分は18歳か19歳に決まる。どれだけ成功したいかだ。これが最終階、つまり屋根だ。屋根がなければ雨が入り込んで家は崩壊するわけだからね。」

中には大学から本格的に始めて、強豪国のエースストライカーに上り詰めちゃうような選手もいれば、エンジニアから転職してプロになるような選手もいるわけですけどね。そういうのは例外って事なんでしょう。技術面は才能さえあれば、後から叩き込める部分はかなりあると思うんですが、一方でストリートで磨いた技で最後まで周りとの違いを生み出すようなブラジル人とかいますしね。幼い頃に身体に染みついた技術は大事だって事か。

フィジカル面は二次性徴の結果ですからよくわかります。モチベーション面も、18歳19歳っていうのはプロとしての方向性が決まる大事な時期ですからよくわかります。ただ、ヴェンゲルのこの話だと経験というのはどこに入るのか。家に喩えると、時間の経過でよくなる部分は皆無ですからね。使い込まれた味とか風流とか美的感覚の話じゃなくて、機能面での話ですから。家具の配置を工夫して住みやすくするとか、そんなん?ヴェンゲルも経験を無視してるわけじゃないと思うのですが・・・。

あとは地震や台風が来なければってとこでしょうか。こればっかりはね・・・。元ユナイテッドの若手が悪質なタックルで引退を余儀なくされたとして起こした裁判で勝訴してましたが、やっぱりケガでキャリアを棒に振っちゃう事ほどつまらない事はないでしょうね。エドゥアルドがそうならなくて本当によかったです。


Vincent van den Berg joins FC Zwolle on loan - Arsenal.com

昨シーズンはゴー・アヘッド・イーグルスに行っていたファン・デン・ベルクが、今度もオランダ2部のズウォレにシーズンローンで出る事になりました。何か存在が忘れ去られてる感じがするんですが、大丈夫なんだろうか・・・。


Cole sees tight top four - Sky Sports

時間もないのでさらっと紹介。チェルシーのジョー・コールは今シーズンのタイトル争いはチェルシーとユナイテッドの2ホースレースにはならず、アーセナルとリヴァプールも加わってくるだろうと話しています。加えて彼はウォルコットはいずれワールドクラスの選手になるとも。代表では面倒見てやってください。


Jose expects two-horse race - Sky Sports

一方でジョー・コールのかつての師であるモウリーニョは全く逆の事を言ってるんですよね。アーセナルには経験がなさすぎると。僕は経験以上に選手層で苦しむと思ってますが。
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです・・・?(笑)

なんだか怪我人が多いですね・・・。例年以上に怪我人に悩まされることになりそうですね・・・。例年以上に選手層が薄いというのに・・・。もはやため息しか出てきません・・・。

ジョビンコが結構話題になっているようですね。動画を見ましたが、背丈なんかからもシルバに近いかなぁなんて思います。ドリブルのキープ力はフレブ顔負けでした。すばらしい選手になりそうですが、プレミアではちょっとフィジカルが物足りないかもしれませんね。あと、ただの持ちすぎ選手になる可能性も否定できません。パスのタイミングがなんだか全てにおいて遅いような・・・。

もう補強はないんでしょうか。ユーロの視察は本当になんだったんだ・・・。ウィンガーならシオンコ、ボランチならインレルとかいろいろいいと思ったんですけどねぇ。まぁこれだけ若手がいるんですから、昨シーズンのフラミニやアデバのような大ブレイクが一人や二人あるとは思いますが・・・。っていうかなかったらそれこそスパーズに絶対抜かれますよね。ベントリー、ゴメスと獲ってベルバトフも残留な感じですし・・・。期待できるのはウォルコット、デニウソン。後はギブスが攻撃的MFとして花開かないかなぁと期待してます。昨シーズンのエミレーツカップでのプレーは本当にすごかったんで。ベントナーはもうしばらくしてからかなぁなんて思います。陸さんのおっしゃってるとおり、どうもメンタル面がたよりない・・・。アンリを失い、エースストライカーとして大きなプレッシャーにさらされて開花したアデバと同じく、大きな期待を背負ったほうが力が出せるタイプなのかもしれません。エースである代表では活躍してるみたいですしね。

プレシーズンの様子だと、フラミニの後釜はデニウソンなんでしょうかね。僕はぜひソングをボランチで使ってみて欲しいんですが・・・。代表ではなかなかいいプレーを見せているようですし・・・。彼は今、オリンピックでしたっけ・・・?だとすると調整不足ですけど・・・。

駄文失礼しました。

怪我人多すぎじゃ?それにしても選手層薄いですね・・・。大丈夫でしょうか。マクラーレンはテレビでユーロの解説してたそうです。ある意味大物なんでしょうか。アンソニー・アナンはネーションズカップでエッシェンと好連携をみせ、評価を高めました。エッシェン自身がチェルシーの上層部に獲得を進言したらしいですよ。むこうにはミケルもいるんで、もうこれ以上いらないということなんでしょうか。モウリーニョはリヴァプールを優勝候補筆頭と見ているそうですが・・・。そういえばファーガソンは、C・ロナウドにバルサからオファーがくれば、レアルの半額でもOKだったそうです。レアルじゃなきゃいいということなんでしょうか。J・コールについてはリヴァプールがオファーを出した模様です。

昨季ほぼ戦力外的な扱いを受け、プレマッチでもいい箇所が見られないジャスティン・ホイトが普通にメンバー入りしてしまう所がこわい・・・

しかし、今季最初の大事な試合の前に
こんなに怪我人増えますか。アムステルダム・トーナメント出たことが裏目に出たんじゃないかと思ってしまいます。

「フラミニに8億なんてとんでもない」と今でも思いますが、アーセナルのスタイルに見合う中盤がいない以上、需給関係からして高額のお金を払うのは経済学的には妥当な気がします。給料体系を崩したくない、市場に選手がいない、その結果チーム力が落ちては何を目的に戦っているのか分からないです。

プレシーズンを見る限りでは、ヴェラは対戦相手によってはかなりの戦力になる、ラムジーはまだ無理です。セスクは確かに素晴らしいデビューでしたが、周囲が経験豊富だったことが成長を促した面もあると思うので、どうなることやら。

昨季は多くの主力がいい状態で予備予選で臨めましたが、今回は少し不安。モウリーニョが言うようにセカンドチームは子供ですからね。あの2試合が層の薄さを如実に語ってくれました。

更新お疲れさまです

お久しぶりです。猛暑の酷暑ですが、お変わりありませんか?

次々に負傷離脱。ほ~ら言わんこっちゃない…と言いたいです。
開幕前からこんな調子じゃ、先が思いやられますね。。。
中盤がすっからかんになってしまう前に、ホント忙しいとか言ってないで頼むから捕って欲しいです。
まだベンゲルは自分のお尻に火が点いてることに気がつかないのかな、もう真っ黒焦げになる前にガナーズをどうにかして欲しいものです。
スミマセン、ぶつくさと…。
もう開幕ダッシュも幻かと思うと、なりたくなくても悲観的になってしまう…。

お身体に気をつけて更新なさってください、応援してます(^-^)

トゥーレとセスクの離脱は痛いですね。特に今週は予備予選の他に開幕戦だってあるわけですから、そこで要である2人を失うのは厳しいですよね。ナスリに関しても、場数を多く踏んで1日でも早くフィットしてもらわなければなりませんからね。
スカッド見ると、「プレシーズンかよ」と勘違いする程の若手だらけですね。ここらでギブスとかが覚醒してくれれば面白くなりそうですけど、プレシーズンでの失点ぶりを見ると不安ですね。特にオランダのチームということなので、アグレッシブなプレーをしてくるでしょうし、どう抑えるかがカギになりそうですね。
アナンですか・・・。2部でのプレー経験があるってのはいいことなのかもしれませんが、「経験のある選手」とまでは言えない気がします。どうなるかは、来週にならなければ分かりませんし、ドキドキしながら待ちたいと思います。
J・コールがまったくリヴァプールに触れてないのが、何か面白いです。おそらく今季も2強になると思います。後は、うちがどこまで食い込めるかって感じになると思っています。願わくは、優勝争いに勝ってほしいですが、どうなるんでしょうかね・・・。

お願いだからきづいてくれ

正直、開幕前から故障者続出で昨シーズンと同じ過ちをおかしそうで怖いです。というかマンチェスターとの差は怪我人の長期離脱者を必要最低限に抑えられたことがポイントだったというのに。。。。。。。。。。。
頼むから補強してください。(泣)

何とかCLはアウェーで勝ちました。内容よりも結果が大事な試合でしたからよくぞ勝ったと評価できると私は思います。

補強に関しては諦めの気持ちが大きくなっています。開幕が近付き一刻も早く補強する必要があるのにベンゲルが忙し過ぎて獲得交渉が進まないなんて・・・獲得交渉自体はベンゲルなしでも出来ますよ。フロント全体に危機感が全くない証拠だと私には思えます。

このままで開幕を迎えれば更にタイトル獲得の可能性は低くなりますね。アンカーは選手層どころの騒ぎではなく完全な信頼を置けるレギュラーさえいません。私はライバルとの差は歴然だと思えます。

更新お疲れ様です。

予備予選ギャラスとアデバがなんとかしてくれましたね。映像はまだ見てないんですが、とにかく勝ってくれて良かったです。開幕前で怪我人続出って本当に今シーズン悲観的になります。1人取ったとしても、陸さんの言う通り奇跡でも起こらない限り優勝は無理ですよね。ベンゲルなんとかしてくれという感じです。

陸さん更新頑張ってください。長文で失礼しました。

よく勝てました・・・

陸さん、お疲れ様です。
チャンピオンズリーグ予備予選疲れました・・・。
前半は、見慣れていないユニフォームのせいか、ボールの周り具合のせいか、どっちがアーセナル?みたいな。
結果は出したんですが、中盤でのボール回しとディフェンスの悪さはヒヤヒヤでした。
ディフェンスラインがロングボール蹴りまくってましたね。
あれだけ中盤が悪けりゃそうなるかなあ。
ジュルが一生懸命、ドリブルで持って行ったのに、味方が誰も付いてきてなくて潰されたシーンなんて、今日の試合の象徴でした。(ジュル頑張ってましたね)

補強してほしかったシャビアロンソはCLで使われたんで、補強リストから外れるでしょうし、復帰してほしいソングは、カメルーンがオリンピックのグループを突破したんで、先延ばしになりそうだし、本当に来週誰か取ってくれるのかなあ・・・。

プレミアの初戦は相手に恵まれたと思っていたのですが、いきなり山場(溜息)・・・。

頼みの綱は、ボールが持てそうなナスリ・・・(いきなりかよ・・・勘弁してくれ~)。
とんでもない状況です。

土曜日は放送時間も早いですし、テレビの前で頑張って応援します。
陸さんも頑張ってモチベーション上げてくださいね。

対戦相手が相手だけに、引き分けたり、負けたりしたら凹みそうです・・・




いい加減ヴェンゲルさんは補強してくれませんかねぇ。中盤に去年のレギュラーがいないとこうも駄目になるのかと思いました。正直このままだとセスクはヴィエラみたいになってしまうんではないかと不安です。なんとしても補強して欲しい。せめてプレミア開幕までは中盤に一人かふたり獲ってほしい……このままだとまたスパーズとCL出場権をぎりぎりで争わなければなりそう。てかいい加減ヴェンゲルだけに補強を任せるのは辞めたほうがよいと思う。補強専門の部門でも作ってほしいと。 (もうあるのかはわかりませんが…)

こんにちわ。いつもお疲れ様です。そして本当にいつも更新ありがとうございます。このサイトを見るのが毎日の日課になってます(笑)

最近のアーセナルの動向を見てると、さすがに焦ってきました。もうベンゲルの選手獲得には期待しないで、スタメンの選手が怪我しないように祈るだけです。もうすでに怪我人いっぱいなんですけどね。。

ボランチの獲得は急務ですね。このままでは上位はきつい。なんか本当に思い知らされた試合でした。

ナスリの補欠、というか、キープできる選手としてウィルシャー今期途中ぐらいから使えそうですね。プレシーズン見ていると、ウィルシャーは今期結構使われそうなんで。ただ、ウィルシャーのプレースタイルいまいちまだわからないんですけどね。。

予備予選は内容はともかく勝ってくれて本当に助かりました。

最後に質問なんですが、ギブンはどんなプレーヤーなんでしょうか??
恥ずかしながら、ギブンが出ている試合をいつもなぜか見れないでいるので。

>kkkkkさん

少しお久しぶりです(笑)

この時期にしてはちょっとケガ人多すぎですが、常時何人も壊れてるのはいつもの事ですからね。その分選手層は厚めにしておきたいんですが・・・。

基本的にボールを持ちたがる選手はプレミアでは多かれ少なかれプレースタイルの変更を強いられますからね。その適応さえうまくできればどんな選手でも活躍できると思います。イタリア人で成功する選手が少ないのは、その適応がうまくできないって事でしょうかね。個人的にはジョヴィンコ獲るならクラニチャールをと思います。

ディアビーがケガしたせいか、補強はすると言ってますね。ユーロの視察は・・・視察名義の趣味観戦って感じじゃないでしょうか(笑) スパーズは戦力的には充実してますが、例年の浮き沈みからしてあまり本格的な脅威には思ってません。リヴァプールも同様。ただアーセナルの弱体化が著しいので、その点で下手すると4位には入れないかもなっていう危機感はあります。

個人的にはブレイクが期待できる若手の筆頭はベントナーだと思ってます。出場機会にもよりますけどね。次点がウォルコットかな。デニウソンはここまで見てる限り、順当な成長はしてもブレイクとまでは行かなさそう。ギブズはそもそも出番がそうもらえないんじゃないですかね・・・。彼よりはウィルシャーの方がよっぽど出番がありそうですし。プレシーズンでユーロに行ってなければもう少しチャンスがあったんでしょうけど。

ディアビーはケガ、ラムジーは新加入でまだ若いって事もあって、セスクの相棒は必然的にデニウソンですね。でも補強ポイントはまず間違いなくここだと思ってます。ソングはオリンピックですね。カメルーンは準々決勝進出で、ブラジルと対戦ですか。どちらにしろ戻ってきてもすぐには使えないでしょうから、しばらくお目に掛かる機会はなさそうです。僕は彼にはCBとして期待してるんですよね、CMFは誰か獲って、その間にデニウソンやラムジーに成長してもらうしかないかなと。もちろん必要に応じてソングもここで使えばいいんですけどね。


>ロングボトムさん

ケガ人多いですね。でもこれぐらいのケガ人の数は見慣れてるせいか、もう感覚が麻痺してきました・・・。それぐらい毎年大量にケガ人が出てるので、もうそれを言い訳にはできないんですよね。要はケガの対策がどれだけできているか、そういう話になります。

マクラーレンは基本度胸のある人だと思うんですが、ちょっと中途半端だなと思う事があります。途中まで自分のビジョンを貫いていって、結果が出なくなると変に周囲の声に屈してしまって、方向性がまるで見えなくなってしまうみたいな。最後まで間違った方向に突っ走ってもどうしようもないですし、いつどう転換するか、そもそもどうすれば間違わないのかっていうのはやはり手腕ですよね。

選手が上に獲得を進言して実現って例はそんなに多くは見た事がありません。確かシガンがヴィジャレアルに行ったのはピレスの進言があったからだそうですが、それはやっぱり例外的で、大体身内贔屓は無視されるって事でしょうかね。

モウリーニョは自分の仕事に集中しろと思います。開幕前からあちこちちょっかいかけてますが、あんな調子で大丈夫なんですかね。

ファーガソンにとってロナウドは金額の問題じゃないでしょうから、言ってるだけでしょう。というかレアルに対する嫌がらせのようなもんだと思います。


>さとさん

結局ジャスティンは本人さえ承認すればボロ行きとなるわけで、戦力的にどうでもいい選手がベンチに入ってるって事ですよね。後ろが足りてないというのはヴェンゲルも自覚してるようですが、じゃあ誰か獲れよと・・・。

一部レギュラー陣の故障はちょっと無理させすぎたようですね。ただアムステルダムに行かなければ試合までの間が変に空いてしまいますから、やっぱり必要だったんじゃないかと思います。2日目はレギュラーは使ってませんしね。

僕はその年の補強に使うための借金をちょっとするという程度ならいいと思うんですが、給与体系を下手に変えるのは断固反対です。フラミニに8億払ってそれがずっと頂点ならそれでもいいでしょうが、そんなはずはない。となると数年後には給与総額が今の3倍4倍になってたりしかねません。移籍金を払うための借金なら返せば終わりですが、給料を下手に上げれば一生返しきらない借金を背負うのと同じような事になりかねませんからね。バルサがあれだけの規模を持ちながら300億もの借金を抱えてるのも給料を払いすぎてるからでしょうし、ナチュラルリソースでそれができなければ中堅に留まるしかないって事でしょう。

ヴェラはあの調子だと、僕の中ではもうブレイクは当たり前みたいになってきました。なのでブレイク候補から敢えて外してるんですけどね。ラムジーはシーズン後半になればそれなりに使えるようになってるかもしれないと思います。ただ当分は無理ですね。頭の良さそうな選手ですし、単純に経験を積んでいけばすぐにそれなりのレベルにはなるんじゃないでしょうか。指南役がいて欲しいのは事実ですけどね・・・。

トゥウェンテ戦は内容が悪くて結果が出ましたが、悪い事ではないと思います。やっぱり不安は選手層。毎回こういうメンバーで戦って、内容悪くて勝てるかどうか。やはり中盤の選手層の薄さを痛感しましたね。


>こぐまさん

お久しぶりです。暑さについては大丈夫なんですが、試合数の多さに消耗気味です(笑)

ヴェンゲルはこれだけ負傷しても勝ったんだから選手層厚くね?と言っておりますが・・・本気で言ってるんだとしたらこりゃいよいよ末期ですね。でもそこまで言うんならいっそギブズやバラジーテもどんどん使ったらいいのにと思います。その辺の中途半端さに余計にイライラしますね。

僕は今シーズン、トータルでは弱体化したと思うのですが、仮にユナイテッドやチェルシーが弱体化したとしてもアーセナル黒こげエンドしか見えません。1年後が今から不安ですね・・・。

開幕ダッシュについてはそう悲観的になる必要はないと思うんです。今のチームでもクオリティがあるのは間違いないので、短期間なら流れさえ掴めば開幕5連勝とかも可能でしょう。ただ1シーズン通してとなるとこの選手層では無理だろうなと思うんですよね・・・。開幕ダッシュに失敗しなければ4位以内はさすがに大丈夫だと思うんですが。

応援ありがとうございます。しばらく縮小更新気味になってしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。


>laylaさん

プレシーズンから見ててジュルーはそんなに悪くないですね。特別よくもないですけど、少なくともトゥーレの穴は短期間だけなら埋められてたかなってとこです。セスクやナスリの穴はもうどうしようもありません。ここでナスリの調整不足も痛手ですよね・・・。

残念ながらギブズ辺りはやはり頭数合わせだったのかなって感じですね。彼はカーリング専門でしょうかね・・・。今はデニウソンやラムジーを使い倒して、半ば無理矢理にでも成長させていくしかないかなという状況です。開幕前から何でそんなに追い込まれてるんだよと思いますが、アンブロジーニがトップやってるミランなんかよりはマシか・・・。トゥウェンテは・・・良くも悪くもマクラーレンのチームだったなって感じですね。

これまで名前が出た中で、経験があると言えるCMFはバリー、アロンソ、フリンクスぐらいしかいませんね。インレルやヴェローゾ、ジョンソンもその点では全然もの足りません。実際に補強をするまではもう一週間前後はかかりそうですね。誰になるんでしょうね・・・。

一応ジョー・コールはリヴァプールの名前も挙げていますよ。具体的な事は一切語ってませんけどね。僕もリヴァプールがどれだけ補強をしようが優勝争いに最後まで絡む事はないと思うので、このままだと2強の争いになりそうです。うちは・・・4位確保できればいいやって感じですかね。今シーズンはリーグよりCLに本腰入れた方がよさそうです。


>popoさん

若手の成長が見込めるとはいえ、現時点で選手層は昨シーズン以下ですよね。長期離脱者に関してはかなり運の要素もあるでしょうから、試合で悪質なタックルを受けたファン・ペルシやエドゥアルドが、今回はそういう事がないようにと祈るしかないのかも。さすがに長期離脱者が何人も出るとどんなチームでも苦しいでしょうが、それにしてもこのチームは層が薄すぎですからね・・・でもやっぱりヴェンゲルに補強は期待できませんね。


>tomoさん

僕も予備予選はとにかく内容より結果だと思ってます。昨シーズンも1stレグはハイライトでしか見てませんが、内容はよくなかったというので、それ自体はあまり気にしなくてもいいでしょうね。

僕も補強に関しては諦めてます。ただこれに関してはフロントの責任がどうとかいうより、スタイルの問題だと思います。アーセナルでは現場の主導権は全部ヴェンゲルが握っており、内心はどうか知りませんがフロントはヴェンゲルに全幅の信頼を置くという形になっています。だからヴェンゲルが「この選手が欲しい」と言わない限りフロントが勝手に選手を獲ってくる事はあり得ませんし、そんな事をすればヴェンゲルはフロントに不信感を抱くだけです。ヴェンゲルのそのやり方が気に入らなくなれば彼を解任した方がいいでしょうし、ヴェンゲルに任せる限りは彼のやり方に合わせるべきだと僕は思いますね。

中盤4人のうち、試合に出れば確実に計算できるのがセスクとロシツキーのみ。ナスリ、ウォルコットはもう少し時間がかかりそうですし、デニウソンもこの分だといつになるやらって感じですね。このチームでは特に中盤が大事なはずなのに、中盤が一番手薄。トゥウェンテ戦では内容は気にしないとは言っても、中盤の選手層の薄さは本当に気になりました。ただカップ戦なら可能性はありますから、今シーズンはリーグはほどほどにしてCLを真剣に獲りに行った方がいいんじゃないかと・・・。


>eijiさん

ありがとうございます。

ギャラスとアデバヨールはただ決めただけですけどね。ただその決めただけが大きかったですね。ギャラスは守備面でも安定してましたし、MOMと言ってもいいのかも。

これでCL出場はほぼ決まりとして、リーグ戦は不安だらけですね。僕はそれでも奇跡は起こるものだと思ってますから、優勝の可能性が皆無だとは思いません。ただこの陣容なら先の事を考えると優勝しない方が逆にいいとさえ思いますし、でもそれだとさらに選手が流出しそうですし、やっぱりCL獲るのがベストなのかなと。ヴェンゲルは何とかする気はなさそうですし。

応援ありがとうございます。ちょっと縮小気味で申し訳ないですが、よろしくお願いします。


>とーさん

ありがとうございます。

内容悪くても勝っちゃうっていうのは大事な試合では重要な事ですね。僕は生では観れずに、先に結果だけ知ってたので(携帯のオフィシャルサイトがメールくれるんですよね)すごく客観的に見る事ができたんですが、生で観てたらかなりイライラしてたでしょうね。

僕は守備はよかったと思います。ちょっと引きすぎてましたし、ギャラスとジュルーとか、クリシーとデニウソンとかの連携ミスは多少ありましたが、あれだけボールを持たれてもあまり決定機を作られなかったというのは評価できるかと。結局この試合は中盤が悪いというのに尽きると思います。

ジュルーのドリブルは実はすごくいい目の付け所をしてるんですよね。センデロスもたまに同じような事をやる事がありますが、ジュルーのあれは相手ディフェンスの隙間をうまく突いたもので、こういうところで意外に戦術眼があるなというのがわかります。その後のパスがマイナスになってしまったり、前に走る選手がいない辺りは問題ですが、ジュルーのパフォーマンス自体はポジティブなものだったと思いますね。

アロンソはやっぱり守備面で不安があるんですよね・・・セスクにはなるべく守備の事は気にして欲しくないですし。カメルーンは何とかグループ突破しましたね、次はブラジルですか。このまま素直に負けて早く帰ってきてもらいたい気持ちもあれば、思う存分やってもらいたいという気持ちもあります。しかし最近ソングの株が急上昇してますね(笑)

ウェストブロム、前にプレミアにいた時はあまり相性がよくなかったんですよね。特にホーソンズは苦手。今回はエミレーツなんでまだマシですが、ちょっと嫌な相手なのは事実です。それでも昇格チーム相手に躓くわけにはいきませんけどね。

ナスリが頼みの綱っていうのは、フレブを出して他に誰も獲らなかった時点でもう確定してましたからね。21歳の若者には辛い状況になると思いますが、ファンはもう彼に期待するしかないんですよね・・・。せめてロシツキーがいてくれればね・・・。

そういえば土曜日はランチタイムでしたっけ。またこの時間も嫌ですね・・・。日本で見る人にとっては楽でいいんですけど。ああもうロンドンに飛んでいきたいです。でも今はモチベーション云々以前に、いろいろ忙しくて燃え尽き気味なんですよね・・・それでもリポート書かないのは何かプライドに関わるので、というか後で見て穴が開くのが嫌なので何とかやってます。そういう几帳面なO型です(笑)

僕はウェストブロムに勝てなかったら早速シーズン敗北宣言をする事になると思います・・・。今シーズンは予備予選での延期分がないので、それで見た目上のハンデを背負わずに済む分まだいいんですけどね。


>サトシさん

補強の話をさておくとすると、ファン・ペルシが好調ならだいぶ違うと思うんですよ。彼はもうトップ下と言っていいぐらいにポジションを下げてプレーしてましたが、ここでうまくボールが納まって、そこから展開できれば中盤が貧弱でももうちょっと見れたと思います。結局セスク、ロシツキー、ナスリを欠いていた上にファン・ペルシが不調だったので中盤があそこまで役立たずだったんでしょうね。それ以前に選手層で何とかしようよと思うわけですが・・・。セスクは今シーズン辺りいよいよ危ないかもしれません。ユーロでレギュラーでなかったのがまだ救いです。

僕も中盤は1人2人と言わず3人獲って欲しいわけですが、補強部門を作るのは反対なんですよね。余所でそれやって、監督とうまく折り合いつけてるのを見た事がないので。やはり補強権は全面的に現場の最高責任者である監督が持つべきだというのが僕の持論です。スペインの2強はそのせいで監督がただの中間管理職になってますし、モウリーニョとアブラモさんが仲違いしたのもそれでしょう。やっぱり監督はフロントの信頼を全面的に受けるべきなんですよ。その結果どうなろうがそれは監督の手腕。今ヴェンゲルに物足りないものがあると感じれば、それはヴェンゲルでは不足だって事でしょう。これまでの功績を考えるとあまり信じたくないですが・・・。


>okaさん

こんにちは、ありがとうございます。ちょっと最近縮小気味で申し訳ないです。何となく、せっかく休みなのにブログの更新に何時間も取られるのってどうなのと思い始めてしまいまして・・・これってモチベーションの低下なんですかね?チームに期待が持てないせい?ってこんな事聞かれてもわかりませんよね(笑) すみません。

僕は補強にも期待できなければ、ケガ人が出ない事にも期待できないんですよね。なのでその点での奇跡はないかなと。ただ03/04はケガとユナイテッド戦の揉め事でサスペンションが多く出たのに、結果無敗優勝でしたからね。当時僕は英国にいて、学校にユニフォーム着てったら先生に「アーセナルは出場停止がいっぱいいてやばいじゃないか」と言われて内心「うっせーバカ」とか思ってた記憶がありますが、ケガ人続出でも何とかなる・・・かもしれません。

それにしてもトゥウェンテ戦は中盤の層の薄さを痛感しましたね。センターだけじゃなくサイドもやばい。これはウォルコットがいくら成長しても根本的な解決にはならないだろうなと思います。クリエイティブな選手は壊れやすい事が多いですから、やはりロシツキーとナスリだけでは辛いですね。ウィルシャーが20歳ぐらいだったらね・・・。

ウィルシャーは実はアタッキングミッドフィールダーというより、レフティのセスクって感じなんですよね。ただなぜかサイドを主戦場にしてるせいか、サイドでのプレーの仕方をセスクよりもわかってるので、それでアタッキングミッドフィールダーでも通用するというか。彼はプレミアではフィジカル面で相当辛いと思います、ただそれすらいなしてキラーパスを出せるだけのタレントがあると思います。要所要所で使って経験を積ませてあげたいですね。何にせよ今シーズン中はあまり期待してもらいたくないです。今はプレッシャーで押し潰されない事が最優先だと思うので・・・。

予備予選は勝てればそれでいいです。中盤の構成は本当に不安だらけですが・・・。

ギブン?ニューカッスルのシェイ・ギヴンですか?それともアーセナルのキーラン・ギブズの事ですか?

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/965-7025d521

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。