スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシツキーとエドゥアルドの復帰時期に目処 

今日はヴェラとウォルコットがトップ、両翼はランズベリーとウィルシャー、センターはランドールとラムジー、ジュルーが出るのでホイト・ブラザーズのどちらかがライトバック。多分弟の方ですね。レフトバックはギブズ。中盤で使って欲しいのに。バラジーテのスタメンはなしか・・・。


Wenger feeling positive on return of Rosicky and Eduardo - Arsenal.com

エドゥアルドがクリスマスまでには戻れるかなと語っていたコメントを先日紹介しましたが、ヴェンゲルはロシツキーは来月中、エドゥアルドは11月ぐらいには復帰できるのではないかと話しています。2人ともメンバーズデイと銘打った公開練習に参加したそうです。

「両選手の状況はポジティブなものだよ。トマシュは9月中には復帰できると考えているし、エドゥアルドは11月かな。」

「(メンバーズデイの)こういった空気の中に戻ってくるのも彼らにとってはいい事だった。選手達はあんなふうに楽しんでいたよ。」


Wenger - The issue around my decision to buy - Arsenal.com

補強についてヴェンゲルのコメントですが、今まで通りの発言ですね。とりあえずもう1人獲ろうっていう意思は結構あるみたいです。

「全員が揃っていて誰もケガをしなければという事だが、恐らくもう1人経験のある選手を加える事になるだろうね。」

誰もケガをしないなんて事は当然あり得ないばかりか、プレースタイルやメンバーがある程度固定化されてしまう事からケガも多いわけで、そういう時になるべく質を落とさないように選手を揃えるのも補強の重要な目的のはずなんですが・・・何でこう頑なに獲らないんでしょうね。不思議でしょうがないです。


Wenger gunning for double - Sky Sports

ヴェンゲルはプレミアとCLが目標だと語っています・・・。

「今シーズン何が成功なのかと定義づけるのはいつも難しい質問になる。だが我々が照準を合わせているのは2つのタイトルだというのは間違いない。プレミアリーグとチャンピオンズリーグだ。」

「その次がFAカップになるだろうが、カーリングカップを真剣に獲りに行く事はない。今シーズンもまたカーリングカップには同じ哲学で臨む事になるね。」

「プレミアリーグとチャンピオンズリーグの方が懸けて戦いたいタイトルなんだ。」

「アーセナルを若いチームだと呼ぶのは今でも間違っていないが、経験不足というのは間違っている。例えばセスク・ファブレガスはFAカップ決勝、チャンピオンズリーグ決勝、そしてユーロ決勝も経験しているし、彼が経験不足だと言う事はできない。」

「我々はサポーターに新しいシーズンに向けて希望と安心を与えたいと思っているし、いつもの試合を最大のクオリティをもって行うのがその唯一の方法だと思っている。」

だからこの選手層では奇跡でも起こらない限り無理。カーリングカップの方針を変えないのは支持しますが、昨シーズンより弱体化してる現状でどうやったらタイトルが獲れるんでしょう。


Theo tips Gunners for glory - Sky Sports

開幕を控えたシーズンに向けてウォルコットのコメント。

「全員が自分達に自信を持ち、チームに全幅の信頼を置く事ができれば何だってできると僕は思うんだ。僕達がやらなければいけないのはそこに意識を置くって事だけだよ。」

「大きなチームではない事を考えても、全員が一つにまとまる事ができるっていうのはすごくいい事だと思うし、自分達がどういうプレーをするのかはわかってる。2人だけ選手が入ってきてもすぐに馴染めるだろうね。」

「主な目標はシーズン最初の試合で先発する事、実際話はそこからだね。僕の判断基準はゴールとアシストだけになるだろうけど、100パーセントを尽くしたって思いながら試合を終える限りはそれが自分に課せる事になるね。」

今シーズンは自分よりさらに若いウィルシャーが台頭してこようとしていますが、ウォルコットは彼の活躍を確信していると話します。

「彼は素晴らしい若手、素晴らしい少年だ。今シーズン彼と一緒に仕事をできるのは嬉しいだろうね。彼が望めば僕も一緒にいるし、親しくしていくつもりだ。でも今シーズン、彼は何度か出番を得る事になると思ってるし、それは16歳の少年にとっては多くの自信になるだろう。試合に出てこれまでのパフォーマンスを繰り返し、世界最高のチームの一つで頭角を現すっていうのは難しい事だからね。」

「彼はカーリングカップで活躍するだろうし、出場すればプレミアリーグでもそうなると思ってるよ。」


Hoyte - I have to prove I'm as good as Sagna - Arsenal.com

ジャスティンは今シーズンを勝負の年と位置付け、サニャに匹敵するパフォーマンスを出さないといけないと語ってます。

「今シーズンは僕にとってとても重要なシーズンになる。昨シーズンはあまり出場機会がなかったし、すごく残念だった。だからできる限り多くの試合に出たいのは当然だし、それが叶う事を願うよ。」

「でもそれがとても難しい事はわかってる。バック(サニャ)が来て、ものすごくよくやってるからね。彼はすごい選手だ。トレーニングにとにかく集中して、全てを出し切らないといけない。」

「そしてチャンスをもらった時は、監督に僕がバックと同じくらい優れてるんだって事を示さなければいけないんだ。それで居場所を確保できる。」

エブエがいるって事を忘れてないか?場合によってはトゥーレもライバルになりますし。本当に、頼むから今シーズンは成功して欲しい。いっそ祈りを込めてユニフォームでも買おうか・・・。




え?フレディがハマーズ退団?しかも引退の可能性とか・・・。そんな事になるぐらいなら最後までアーセナルに残っててもらいたかったです・・・。
スポンサーサイト

コメント

エドゥワルド!ロシツキー!やっと!って感じです。昨シーズンの敗因はエドゥワルドの怪我とロシツキーの長期離脱がでかかったから…。ロシツキーがピッチにたつと攻撃のバリエーションが増えスペクタクル感が増すので見てて好きな選手です。彼には昨シーズンの分もがんばってもらいたいです。

ヴェンゲルはどーして自分のチーム層を考えてないような発言をしちゃうんでしょうか?でもボクたち日本のファンはそう言うヴェンゲルを信じるしかないのが悲しいです。

駄文失礼しました。

リュンベリ

更新お疲れ様ですm(__)mリュンベリ契約解除ですか…。僕がガナーズ好きになったのはピレスとの両サイドに魅せられたからです。とにかく引退には早すぎると思います。フリーですしアーセナルとってくれませんかね?確かに爆発的なスピードは衰えましたが、彼のメンタリティには若手の見習うべき所がありますし、ガナーズサポーターで彼が嫌いな人は居ないと思います!ピンクモヒカン時代が忘れられません…間違ってもセリエAとかにはいかないでほしいです!あとアルビオルいいですね。欲しいです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

更新、お疲れ様です。

>ロシツキー、エドゥアルド
ロシは慎重に、と思いますがフレブがいない現状を考えるとなんとも。ドゥドゥは、怪我の大きさを考えると奇跡的。後半戦の起爆剤になって欲しいです。

>ヴェンゲル
二冠を狙うなら補強して欲しいのですが・・・。あと継続的にタイトルを狙うなら、給料問題も解決しないと。

>余談
遅ればせながら、新ユニが届きました。背番号は4です。次はサニャかクリシーか。それともウィルシャー?となってほしいですが、過度な期待はいけませんね。

いっそのことフレディ戻ってきてくれないですかね。。
大幅な減棒を受け入れてくれるのであれば貴重なバックアッパーになると思うのですが。。。

まぁ、ベンゲルはやらないでしょうし、フレディもそれは受け入れないでしょうね。

ロシツキーは怪我が多いですね。本当に。こんどこそフルでやってほしいです。それにしてもライバルたちがつぎつぎ補強を施しているというのに、これじゃタイトルどころか、4位フィニッシュが精一杯です。今日もマグパイスがコロッチーニを獲得したとか。大丈夫なんでしょうか。ホイト兄弟とか、イングランド人にがんばって欲しいです

リュングベリは残念ですね。何とか引退せずに新天地を見つけて頑張って欲しいです。

私も陸さんのタイトル獲得には奇跡が必要とのご意見に賛同します。

なぜ昨年無冠に終わったのか?選手層の薄さが代表的な原因ではないでしょうか?そこを補強せずにタイトルを望む事は難しいでしょう。

優勝争いを演じる事と実際にタイトルを獲得する事では勝ち点差以上の差が存在すると私は考えます。その差を埋めるための手段をベンゲルは既存戦力の成長に依存しています。補強方法が新戦力獲得だけではない事は理解できますがバランスを考えて欲しいです。

アンカーは昨季のレギュラーが移籍を選択しました。その前のレギュラーも慰留しませんでした。それでも既存若手の成長に頼りますか?私には非常に危険な賭けの様に思えてなりません。

追伸

 アーセナルに空メール送ったら、トゥウェンテ戦の予告とかきたんですが、どのように対応すればよろしいでしょうか?

こんにちわ。

フレディ大好きな僕です。


契約解除は双方合意の元に成立したらしいですね。さらに本人は自身の進退に関する発言についての明言は避けていますが、引退の可能性は思いの外高いようで。
やはり長年鞭打ってきた身体がもう限界ということなんでしょうね。。。


りくさんのおっしゃる通り、僕もホントにアーセナルでもう少し頑張ってもらいたかったです。
ラストシーズン、この若手ばかりのアーセナルと格安契約して、ピッチ上ではなくトレーニンググラウンドで若手指南、なんて僕の幻想がどうにか実現しないものでしょうか。。。

プレーが見れずとも、もう一度アーセナルのユニフォームに袖を通す彼が見たいというのが本音です。
彼の場合、引退後は芸能界が待っていますし、コーチとして帰ってくるというガラでもないですしね。



重ね重ね、本当に1番思い入れの強い選手でした。デビュー数分でゴールを決めた彼を、まだ小学生の僕が偶然目にしたのは、今考えても強烈な引き合わせだったと感じます。

アーセナルの赤が最も似合っていたのは、アンリでもピレスでもベルカンプでもなく、フレディだと信じてやみません。このまま引退し、彼を目にできなくなるとすれば、僕にとっては非常に残念でならないです。



記事とは殆ど関係ないばかりか、なんとも返しづらいコメントになってしまい、申し訳ありませんでした。

バラツァイトはやりますね。
では。

今日も勝ったみたいですね。またもや先制されたみたいですけど・・・。
復帰時期に目処がたったのは朗報ですね。ロシツキー以外と早いですね。ケガ人を最小限に抑えられれば、タイトルの可能性もあるんですけどね・・・。今季は終盤に壊れる選手が少ないことを心から願ってます。
やはり往々にして、アーセナルから出ていった選手は他では、迷走しますね。フレディは特に好きな選手でもあったんで、難しかったんでしょうが、アーセナルで引退して欲しかったです。今後の幸運を祈りたいですね。

>フレディ

フレブと違ってロンドンが好きな選手ですからね。ヴェンゲルが一度出した選手を戻すことはないだろうから、故郷でしょうか?

>レジェス

1年前はマドリーの優勝を決める試合で大活躍したと言うのに・・・アーセナルを発展途上中に去ったのは彼にとってマイナスになると思いましたが、それ以上の下落。才能はあるので、本人次第ではいくらでも復活できると思うのですがね。

リーグとCLですか。私は片方なら可能と考える楽観者ですが、陸さんが以前書いたように、昨年のバイエルン並みに補強するくらいしないとシーズン通して戦うのは確かにきついと思います。自分たちの戦いが出来ないときに耐えるための選手(CB,CMF)とリズムを変えるウィングがいたらどれだけ楽になるか。

>パラジテ

プレミアのフィジカル考えたら「ウィルシャーより彼のほうが」と思うのですが、なぜ軽んじるんだろう?

お疲れ様です

昨日は返答をありがとうございました。ネックは中盤ならびに全体の選手層とチームバランスがどうなっていくのかなって感じですね。まだ一度もプレミア相手にしてないからホントまだわかりませんよね。補強ではインレルが残留宣言した事によりアロンソもしくはヴェローゾなんですかね?あと一枚宣言を撤回してこの想いが届いてほしいデスね。

リュンバーグ

オーフェルマルスを追い出したリュンベリ。リュンベリはアンリ、ピレスよりも「強いアーセナル」の象徴だったかもしれません。こぼれたところを押し込む、そういうプレーが泥臭さに近い「強さ」を感じさせていました。残念なのかどうか、今のアーセナルは超美しいフットボールを展開するので、リュンベリには合わない気がします。でも、昨季はいて欲しかった選手です。

皆さんやボリスタも今季のガナーズに期待できないと仰ってますが、僕は期待しています。いや、期待しないならファンなんかやめて、アーセナルなんて見なくていいんです。遠くロンドンのクラブは、日本人の人生にはほとんど関係ないんですから。
休暇は終わり、新シーズンは始まりました。いいじゃないですか、ベンゲルは解任されなかったのですから、ベンゲルが新しいシーズンの監督なんです。ネガティブな優勝予想は評論家に任せて、ボスの美しいフットボールを楽しみにしましょうよ。初戦WBA、今から楽しみです。
  • [2008/08/08 01:54]
  • URL |
  • オーファーマネスル
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

皆さんフレディについて思うところは同じのようですね。僕も全く同感です。


>のにぬにさん

昨シーズン、エドゥアルドはようやく調子の出てきたところでケガでしたし、ロシツキーの不在も大きかったですね。今シーズンはケガもそうですが、対をなすフレブがいなくなってどういう影響が出るのかという不安もありますが、一刻も早く復帰してもらいたいのは確かです。エドゥアルドはもうちょっと長い目で見る必要がありそうですけどね。心理的な影響がなければいいんですが・・・。

ヴェンゲルはやっぱり今のチームでタイトルを獲れると本気で思ってるんじゃないですか?実際は無理そうだと思ってても、ファンに配慮してそういう事を言わないとしたらそれは逆効果です。大体それでタイトル獲れなかったら「お前は無能だ」と言われちゃいますからね。さすがにこの3年の後では、僕はなかなかヴェンゲルの事を信じられなくなってきました。


>まさノリさん

ありがとうございます。

フレディはファンが多いですよね。ただケガが増えて、試合に出られる状態でもベンチが増えた事から、昨シーズン出て行くのはもうしょうがないかなとも思えたんです。それが1年で退団ですか・・・。僕も是非獲って欲しいと思います、経験豊富だし、キャプテンシーのある選手ですから、多少ケガが多くてもいてくれるだけでも得るものは大きいでしょう。そしてできればそのままアーセナルで引退してもらえれば・・・。何だかアメリカ行きとかも考えてるようですけど、引退しないなら戻ってきて欲しいですね。

アルビオルってジェイミー・キャラガーなんかと同様、やらせればアンカーもできそうな気がするんですよね。もちろん守備専門にはなるでしょうが、ジウベルトを失ってそういうオプションを失った以上1人は欲しいですし、DFとしての能力は間違いないですから、是非獲って欲しいです。ないでしょうけどね・・・。


>tollさん

前半はウィルシャー、後半はワットとバラジーテと、中盤の左サイドは激戦区ですから・・・フルバックもこなすギブズはいいように使われちゃってる感じですね。個人的にはランズベリーをハーフタイムで下げてもよかったんじゃないかと思います。それでバラジーテかワットを右に回してギブズを一つ上げるとか。ワットって何かトップでもできそうなんですよね。それはともかく、ギブズのフルバックは実際悪くないと思います。

エドゥアルドは復帰してもトップフォームに戻るのは時間がかかりそうですからね。早く戻ってきてくれればそれに越した事はないですね。もちろん万全の状態で復帰してもらわないと見てるこっちも心配ですが・・・。

ヴェローゾはCBもこなせるのが大きいんですが、いかんせん経験面がね・・・。そしてアロンソだと守備が不安です。結局バリーが最適だと思うんですけど、その気はないって言いますし、多分今名前が出てない選手になるんじゃないでしょうかね。そういうのはお得意ですし。

フレディ、契約解除の理由は別にケガじゃないと言ってますね。ウェストハムへ移った時、これだけケガが多い中どこまでやれるかってちょっと心配だったんですが、本当の理由はどうあれこうなっちゃいますか・・・。何でもいいからこうなったら戻ってきて欲しいです。フリーですし。


>PRIDEさん

ありがとうございます。

ロシツキーはどんなに慎重になろうと壊れる時は壊れるんじゃないかと思うんですよね。手術でスペ振りが治ってればいいんですが・・・。逆にナスリを思いっきり使えると思えば、ゆっくりしてもらっててもいいのかも。それだと不安の方が大きいですけどね。エドゥアルドはシーズン終盤に大きな武器になるでしょうね。シーズンがどういう展開になるにしろ、救世主になってくれる事を期待します。

継続的にタイトル狙うなら、給料問題もそうですがヴェンゲルやフロントの意識から改革してく事が必要じゃないですかね。給料関係なくても、重要な選手を割とあっさり手放す事が多いので。本当こう毎年毎年中心選手を放出してたらまるっきり中堅クラブですから・・・。

セスク買ったんですね。実は僕もCL仕様と代表しか持ってないのでプレミア仕様がちょっと欲しいです(笑) ウィルシャーは逆に55のままでいてくれた方が価値があったような・・・。未だに57番のセスクのユニフォームをスタジアムに持ってくる人っているじゃないですか。ああいうの見るとちょっと羨ましくなるんですよね。「こいつは絶対近い将来大物になる!」って確信したら、早めの購入をしておくと優越感に浸れるかもしれません(笑)


>こりきさん

本気で戻ってきて欲しいです。ニュースを見たヴェンゲルがすぐさまオファー、とかしてくれると最高だったんですけどね。水面下でやってくれてないかな・・・。今回のパターンだと意外と可能性ありそうな気がするんですが、どうなんでしょうかね。そのうちやっぱりヴェンゲルの否定コメントが出るんでしょうか。グーナーは絶対に復帰を望むでしょうから・・・。


>ロングボトムさん

ロシツキーのケガは今まで原因がよくわかってなかったのが、原因がはっきりして手術で治ったってパターンを期待したいですね。それならスペランカーの汚名も返上できるでしょう。どちらにしろフルシーズンはないだろうと思うんですけどね・・・。

個人的にマグパイズについては何とも思ってないんですが、一時のチェルシーかっていう金遣いをしてるスパーズが不気味だなとは思いますね。これまでのパターンを考えると大した事ないだろうとも思えるんですが、05/06とか本気で追い詰められましたし。そういう次元の争いがしたいわけじゃないんですがね・・・本当ヴェンゲルは何考えてるんだろう。これでリーグ優勝できれば大したもんです。

えっと追伸についてなんですが、すみませんがわけがわかりません。まずアーセナルっていうのはどこか。オフィシャル?それならばどの窓口?それとも携帯サイト?トゥウェンテ戦の予告が来て何かまずい事があるのか、対応とはどういう意味か。詳しくお教えください。


>Revoさん

とりあえずもうコンペティティブなシーンではやらないような雰囲気を醸し出してますね、フレディ・・・。僕も戻ってきてもらいたいんですよね。たまにしか出れなくてもいいから。僕も彼はいるだけで大きい選手だと思います、仰る通りコーチって感じじゃないですしね。別にこれがラストシーズンでなくても、納得いくまでいてもらえばいいですし。

しかしフレディは人気のある選手ですよね。見るからにベストを尽くす姿勢が支持されたんでしょう。今でこそ美しいが脆いみたいなチームになってますが、本来ガナーというのはああいう選手の事だったでしょうし。戻ってこないならどこに行ってもいいので、このまま引退はちょっと勘弁ですね。オーフェルマルスとかダイスラーとか、早すぎる引退はやっぱり寂しいですし・・・。


>laylaさん

先制されたのはアンラッキーな要素が大きかったですが、それ以上に決めきれなかったというのが痛いですね。相手も戦力落ちてたとはいえ、控え組で逆転勝利できたのは大きいと思います。

ケガ人が少ないなんて事自体が奇跡でも起きない限りないんじゃないかって思うんですよね・・・大体毎年大量にケガ人が出てれば、それを見越して補強するのが筋ってもんなのに。

フレディの場合、あのケガの多さではどこへ行ってももう難しいだろうなとは思ってました。同じ事はヴィエラやキャンベル、アンリにも言えるんですけどね。ただフレディは今からでも遅くないんで戻ってきて欲しいです。


>さとさん

さすがに今回は戻してもいいと思うんですよね、フレディ。フリーならばなおさら、彼を獲らない理由はないです。ヴィエラやアンリと違って、若いチームへの悪影響もそれほど懸念されませんしね。

つくづくレアルは何でレジェスをキープしなかったんでしょうね?それほど移籍金が高かったとも思えないんですが。シーズン通しての活躍で判断すればそれに見合った額かどうかは微妙ですが、結局アーセナルを離れてすぐそこは崖っぷちという状況だったのが、レアルに完全移籍できなかった事で突き落とされた感じですね。ほとんど自業自得ですし、同情はしませんが。彼も戻ってくればまた復活できるんじゃないのかと思います。今のチームにも問題なく合うでしょう。

CLはカップ戦ですからまだ運の要素も大きく、可能性があるとしたらこちらでしょうね。リーグはよほど周りがコケるか、こちらのケガ人がほとんど出ないとかいう状況にならないと無理だと思います。もしくはCLでグループステージ敗退とかね。それならば早い段階でリーグに集中できますし、可能性はありそうです。ただ2つのコンペティションを両立させるのは不可能でしょうね。

バラジーテの不遇ですが、もしかしたら6+5ルールを睨んでるのかもしれません。導入されるかは不透明ですが、導入された場合に備えて今のうちにイングランドの若手をしっかり育てておきたいんじゃないでしょうか。ギルバートが完全移籍せずローンを繰り返してるのもそういう事情があるのかも。


>comoさん

いえいえ、大した事ではありません。単なる僕個人の意見に過ぎませんしね。

今のところ選手層に満足感を感じているのは両サイドバックとストライカーだけですね。レフトバックはクリシーの控えがいないじゃないかとも思われますが、僕はトラオレで充分だと思ってます。中盤は・・・アタッキングミッドフィールダーに満足な選手層を持たないのは昔からなんですよね、ヴェンゲル。ピレスとリュングベリの控えがエドゥとパーラーだったり。この辺何か拘りがあるのかなぁとも思います。CMFはインレルでもヴェローゾでもアロンソでもない可能性が最も高いと思いますね。

さとさん仰るように、CMFとCBとウィンガーが欲しいです・・・。あと1枚はさすがにあり得ない。


>オーファーマネスルさん

美しいプレーの中で唯一泥臭いのがフレディの魅力だったんですよね。別にああいう選手はどこへ行っても合わないという事はないと思います。ある程度創造的な仕事もできますし、むしろ周りを引き込んで自分に合わせてしまうような力強さがありますからね。消えている事はあっても、浮いているフレディは見た事がありません。

遠く離れているからとか何とか、そういった価値観は人それぞれですから、別に期待しないなら応援しなくていいなんて言う権利は誰にもありませんよ。それに僕達は優勝予想がしたいわけでも、呑気に構えていたいわけでもありません。そもそもこのブログが辛口なのは、現状をなるべく現実的に、客観的に捉えて語ろうっていう意図があるからです。応援するだけの記事が書きたいわけでもないし、試合を楽しむだけの記事が書きたいわけでもないし、ニュース紹介だけがしたいわけでもない。別にヴェンゲルが解任されなかったからといって、彼のやる事なす事全て受け入れられるわけでもない。

かといってただ強いだけの、ドミネイティングなアーセナルが見たいのかと言われればそれも違う気もします。要はここが問題だと思えばそこを修正し、一歩一歩高みを目指していってもらいたい、そういう事なんじゃないでしょうかね。自分でも確信は持てませんが。間違っても毎年主力を放出し若返りをするだけの停滞クラブにはなってもらいたくないと思います。例え世界でずば抜けて美しいフットボールをしていたとしてもね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/960-603ceb90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。