スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュツットガルト戦 マッチリポート 

Vfbシュツットガルト 1-3 アーセナル

プレシーズンフレンドリー
メルセデスベンツ・アレナ
2008年7月30日(水)
キックオフ:午後7時15分


シュツットガルト   1
   バシュトゥルク 51分
アーセナル   3
   ヴェラ 58分
   ベントナー 65分
   ウィルシャー 73分


 ARSENAL
   アルムニア→ファビャンスキ(45分)
   クリシー
   ジュルー→ジャスティン・ホイト(45分)
   ギャラス
   サニャ→ギャヴィン・ホイト(78分)
   ナスリ→ウィルシャー(61分)
   デニウソン→ランズベリー(85分)
   エブエ→ラムジー(61分)
   ウォルコット→ランドール(78分)
   ファン・ペルシ→ヴェラ(45分)→シンプソン(85分)
   アデバヨール→ベントナー(45分)

 VfB STUTTGART
   レーマン
   タスキ
   アルトゥール・ボカ
   ブラルーズ
   デルピエール
   ヒルバート
   ヒツルスペルガー→ルーディ(62分)
   パルド→バシュトゥルク(45分)
   シマク
   マリオ・ゴメス→モリス(62分)
   マリカ
 SUBS NOT USED
   リュボヤ
   トレシュ
   フィッシャー
   ケディラ
   ストルツ
   マニャン
   ラーニヒ
   シュスター



レーマン手強かったです。でもいい逆転勝利でした。相手はこれまでと違ってドイツのトップクラスのチームですし、仕上がり具合もほぼ同じでしょうから、まだ先ですが開幕に向けて弾みのつく勝利だったと思います。

レーマンは入場前のトンネルで、アルムニアを含むついこの間までのチームメイト1人1人に声をかけ、握手してました。なぜかギャラスには話しかけもしてませんでしたが、多分深い意味はないと思われます。試合後はなぜかすぐに画面が暗転してしまったので、よくわかりませんでした。何やら花火が上がってたので、照明を落としたのかも。

メンバーはジュルー、ギャラス、エブエ、ファン・ペルシ、アデバヨールが戻り、ナスリがデビュー。オフィシャルのメンバー表だとジャスティンが使われなかったようになってますが、実際はハーフタイムにジュルーと交代してCBとしてプレーしてます。まあそれが失点につながるわけですが・・・。あとシュツットガルトの方、少なくともリュボヤとマニャン、ラーニヒは出てます、姿を確認してます。というかラーニヒは先制ゴールのセットアッパーなんですが・・・。いつ誰と交代したのかまでは把握してません。

ゴールはヴェラ、ベントナー、ウィルシャーと前回好調だった3人がいずれも後半に決めてます。合流して最初の試合でまだ6、70パーセントの仕上がりであろうファン・ペルシやアデバヨールより、ヴェラやベントナーの方が現状期待できるのは間違いなかったですが、2人で2得点、しっかり期待に応えました。ウィルシャーはもう期待以上。

全体的にポゼッションはアーセナルが上回ってました。決定機は五分ぐらいでしたかね。それだけに後半に先制された時はどうなる事かと思いましたが、若い3人がもぎ取りました。親善試合とはわかっていながら、やはりシュツットガルトほどの相手になると見る側もちょっと力も入っちゃいますね。

前半はとにかくレーマンが堅かったですね。2つほどビッグセーブがありました。1つ目はオフサイドトラップを破ってレーマンと1対1になったファン・ペルシがループを狙いましたが、レーマンは両腕を伸ばしてしっかりキャッチ。完全にレーマンの方が上手でした。2つ目、ウォルコットからのスルーパスにファン・ペルシが右サイド深くに抜け出し、ターンしてフリーになったところにウォルコットが後ろから侵入。そこに落とすとウォルコットはうまくコントロールして至近距離からシュートを撃ちましたが、レーマンが片手でセーブ。あれは入ったと思ったんですが、止めるか・・・。

逆に守備面では元ヴィラのヒツルスペルガーから出てくるパスと、やはりゴメスが危険でしたが、アルムニアにセーブを強いるような場面は特になし。若干危なっかしいところもありましたが、ジュルーはよくやってたと思います。一つ危険だったのはマリカのシュート。ジュルーがパスの出し手にも受け手にもつけない中途半端な位置取りで、ギャラスは察知してマリカについていったんですが、ゴールの斜め45度ぐらいの角度、しかもゴールから遠ざかるコースで走っていたところからいきなりシュートを撃たれるというシーンが。幸いワイドで難を逃れましたが、あれはアルムニアもヒヤッとしたはず。

前半で気になったのはレーマン以外では、アデバヨールとウォルコットにかなりイライラさせられました。アデバヨールは相変わらずタッチが雑。でもコンディションが整ってないのは明らかでしょうから、現時点でとやかく言ってもしょうがないですね。逆にここまで仕上げてきているウォルコットはちょっと心配です。プレーが空回り気味。

昨シーズンに思い切って仕掛ける事の必要性を覚えたのはいいんですが、持ちすぎる傾向が強くなってきました。いくら突破に自信があっても3人に囲まれて抜ける状況はそうはありませんし、そうなる前にさっさとボールを出す選択も必要なんですが、今の彼はプレーがかなり独りよがりですね。これ、なるべく早いうちに改善しないとスランプになるかもしれません。

一方でなかなかよかったのがファン・ペルシ。上でヴェラとベントナーの方が期待できると書きましたが、ファン・ペルシもなかなかのものでした。特にしびれたのがセンターサークル付近で鬼キープから前を向き、ピッチの4分の1ほどの距離を抜くウォルコットへのスルーパスを出した場面。キープは危なっかしくてとっとと誰かに渡せよと思いましたが、その後のスルーパスは絶妙でとんでもないものでした。他にはレーマンに止められたループとか、遠めのFKでチップキックを使ってキーパーとディフェンスラインの間にボールを出すなんて技も見せてくれました。

あと特筆すべきはエブエですかね。今回CMFでした。アデとファン・ペルシがいて、ウォルコットとナスリとエブエをどう並べるんだろうと思っていたら、何とエブエ真ん中。それならナスリを真ん中に置くか、ラムジーでも使った方がいいだろうと思うのですが、意外にエブエのCMFは悪くなかったです。特にバックヒールを使ったターンやパスが結構いいアクセントになってましたね。一つ一つのパスは上手くなってるので、相手にプレッシャーをかけられた時のつなぎがジウベルト並でなければこのポジションでも使えそうです。でも無理だろうな・・・と個人的には思います。

気になるナスリ。やっぱり技術的には素晴らしいものを持ってます。ちょっとやそっとじゃ取られない。でもひとまず今回はそれだけかな。とりあえず持ちすぎるとか、早く出し過ぎるといった感は今のところないですが、もうちょっと試合の大事なところに入り込んでいくようになってからでないと、その部分については評価できそうにないです。少なくとも今回は全く悪い出来ではありませんでした。

では後半、失点シーンなのですが、連携ミスですね。右サイドからパスをつながれてボックス手前に迫られたんですが、ファーに1人、多分ゴメスだと思いますが余っていて、ギャラスはそちらをケアしていました。そしてギャラスとジャスティンの間にバシュトゥルクが入ってきて、その斜め後ろにボールを持ったラーニヒという構図。ここでジャスティンがボールホルダーのラーニヒに注意を引かれてしまい、ギャラスとの間の入ったバシュトゥルクに当然ボールが出ます。慌ててギャラスがシュートコースを塞ぎますが、バシュトゥルクは落ち着いてました。ファビャンスキからはギャラスが壁になってたでしょうし、バシュトゥルクにボールが入った時点でアウトですね。

幸いにも7分後には試合を振り出しに戻す事に成功するんですが、まずはベントナー→ヴェラ。右に開いたベントナーはボールを受けると、タッチラインに対してほぼ直角にドリブル。機を察知したヴェラが左サイドから右サイドへ斜めに走り込み、ベントナーがタイミングを見計らってアウトサイドでスルーパス。若干オフサイド気味でしたが、多分ギリギリオンサイドです。

ベントナーからのボールは浮いてしまいましたが、ヴェラはブラルーズのプレッシャーを受けながらも膝でボールを外に逃がし、レーマンは精一杯腕を伸ばすも届かず。正直ボールしか見ていなかったヴェラですが、右脚で無人のゴールにシュート。やっぱり右脚は苦手なみたいで浮いてしまいましたが、何とかバーに当たって入りました。今回はベントナーも笑顔でした(笑)

それからわずか7分後、今度はヴェラ→ベントナー。だから文字通り2人で2得点なのです。左サイドに下がってボールを受けたベントナーが持ち上がると、ヴェラが受けに降りてきます。ベントナーが預けるとヴェラはそのままワンツーでフライスルー。走り込んでいったベントナーは頭でコントロールすると体をうまくブラルーズの前に入れます。ブラルーズは足を伸ばしますが届かず、ベントナーは空中のボールをインサイドでゴール右隅へ。高さ、スピード、パワー、正確性を兼ね備えたゴールでした。今回もベントナーは笑顔(笑)

そのさらに8分後、3点目はウィルシャー。半分はクリシーのゴールですけどね。ベントナーからデニウソンを経由したサイドチェンジでクリシーにボールが渡ると、そのまま左サイドを持ち上がりますが、阻まれます。一度はルーズボールになりますが驚異的なスピードで追い付きます。腕もがっちり掴まれてどっちのファールかわからない状態になりますが、うまくノーファールで振りほどくとボックス内に侵入。

今度は2人に囲まれますが今回も粘った上、バックヒールで2人を置き去りにするとクロスを入れます。余裕がなかったのかとりあえず入れたというクロスで、中のベントナーやヴェラにはまるで合ってませんでしたが、逆サイドで余っていたウィルシャーが落ち着いて胸でコントロール、得意の左脚でハーフボレー。これはレーマンどうしようもない。

ウィルシャーの冷静なフィニッシュも光りましたが、サイドバックとは思えないキープ力を発揮したクリシーのプレーも見事でした。守備面、特に1対1でちょっと危うい場面が目立つのが気になるところではありますが・・・。

この後はあまり攻める気もなくなったのか、シュツットガルトの時間が続きますが、うまく対処してました。ただ終了間際にCKから危ういシーンが。競り負けてボールを落とされ、ゴール至近距離でリュボヤにフリーでシュートを撃たれるのですが、ものすごく力の抜けたシュートで、ファビャンスキがセーブ。弱いシュートだったとはいえ、あれはよく反応しました。反応しなくても恐らくポストに入ったクリシーが止めてはいたでしょうが、一つファビャンスキのいいところが見れた感じです。しかしあれは1点ものでした・・・。

後半から出場したファビャンスキなのですが、昨シーズンの終盤にリーグで出場した時と違い、かなり前に出てくるようになりました。勢い余って飛び出しすぎ、苦し紛れのヘディングが危うく相手への絶妙な落としになるところだったというシーンがありますが、それ以外は特に問題なし。この調子で行ってもらいたいです。

ウィルシャーは今回もゴールは決めましたが、それ以外はあまりいいとこなしでした。横向きにしっかりしたタッチのパスが出せるのは彼の最大の強みだと思うんですが、瞬発力はどうもなさそうですし、それを補うフィジカルもないので、ある程度相手への対処の仕方を知っていて、体格の大きい選手を相手にするとちょっと歯が立たないですね。

そしてとにかく心配なのがジャスティン。彼は本当に大丈夫なんでしょうか。ラウレンを追い出したのはエブエだけではなく、彼も含まれているというのに・・・3シーズン前の期待感が吹っ飛んじゃった感じです。しかもこのままだと弟に抜かれかねない。今回ギャヴィンはちょっとしか出てないので何とも言えませんが、ここまで見てきてもギャヴィンの方が上回ってると思います。

その他の選手は・・・取り立てて書く事がないです。ラムジーは無難にこなしてたと思います。全体的に画質が悪い上にカメラが遠いので、見慣れるまで誰が誰だかよくわかりませんでしたからね・・・見落としとかあるかも。

フォーメーション。上でも書いたようにエブエがCMF。バックフォーはトゥーレの代わりにジュルー、ここまでよく働いたサニャとクリシーは引き続き先発。中盤サイドは右がウォルコット、左ナスリです。センデロスとディアビーはどうしたんだ・・・。あと試合前にアルムニアがキャプテンという情報があったんですが、普通にギャラスです。Arsenal TVのリポーターはどっからガセネタ拾ってきたんでしょうか・・・。

        アルムニア
     ギャラス  ジュルー
サニャ              クリシー
      エブエ  デニウソン
ウォルコット           ナスリ

   ファン・ペルシ アデバヨール


ハーフタイムでの交代は4人。アルムニア、ジュルー、ファン・ペルシ、アデバヨールが下がってファビャンスキ、ジャスティン、ベントナー、ヴェラが入りました。ポジションはそのままの交代。続いて同点後にラムジーとウィルシャーが入ってます。これでエブエとナスリがお役ご免。今回はなぜかウォルコットを左に回してウィルシャーに右をやらせてました。

       ファビャンスキ
     ギャラス  J.ホイト
サニャ              クリシー
    デニウソン  ラムジー
ウィルシャー          ウォルコット

    ベントナー  ヴェラ


3-1となった後にサニャとウォルコットを下げてギャヴィンとランドール。ギャヴィンはそのままライトバック、ランドールもそのまま左サイドに入りました。最後にデニウソンと、途中出場のヴェラを下げてランズベリー、シンプソンを投入。ランズベリーはそのままセンター、ランドールは左のまま。シンプソンは当然トップです。

       ファビャンスキ
     ギャラス  J.ホイト
G.ホイト             クリシー
   ランズベリー  ラムジー
ウィルシャー           ランドール

    ベントナー  シンプソン


これでベンチ使い切り。トラオレはやっぱりケガでしょうかね、心配です。そして本当にセンデロスとディアビーはどうしたのか・・・特にディアビーはここまで使わないというのはやはり何かあるんでしょうか。とりあえずArsenal TVの情報がアテにならんという事はよくわかりました(笑)

いやしかしレーマンといきなり対戦するっていうのは変な感じです。試合には出ていなかったとはいえ、ついこの間までアーセナルの選手だったわけですからね。そしてアーセナルの事をよくわかってるなというプレーでした。ユーロでのパフォーマンスはあまりいいものではありませんでしたが、この調子を維持できればシュツットガルトでも活躍できるはずです。

次はいよいよエミレーツカップ、2日にユヴェントス、3日にレアル・マドリーと対戦します。今年はスカパーでの放送がなく、Arsenal TVでも録画になってしまうため、どこまでリポートできるかはちょっと未定です。とりあえず録画でもフルで見れるのか、実はよくわかってないんですよね。注意書きにはハイライトしかやらないよって書いてあるんですけど、放送スケジュールを見るとフルの時間が取られてるので。というかFAカップとかカーリングカップとかこのパターンで見れないのかと思うわけですが・・・。昨シーズンやっときゃよかったです。


Wenger lauds starlets - Sky Sports

試合後のヴェンゲルのコメントの一部です。まず2人で2点を取ったヴェラとベントナーについて。

「ヴェラは少しエドゥアルド・ダ・シルヴァに似ているね。ニクラスの事は昨シーズン終盤からもうわかっているだろう、とてもパワフルなストライカーだ。どちらもとてもよかったよ。」

続いてウィルシャーについて。彼を連れてきたのはあくまで経験を積ませるためだとの事。

「彼には才能があるし、こういう試合で経験を積み、多くの事を学んでいる。だが彼がここにいるのはそのためだ。」

そしてデビューとなったナスリについて。

「最初の試合としてはとてもポジティブなパフォーマンスだったね。このチームでいい選手になるための要素を全て持っているよ。」

2年後のウィルシャーが今いたら、ナスリの他にもう1人獲れなんて言わなくて済むんですけどね・・・。さすがに今すぐは厳しいか。


Wenger - My squad is fully stocked with strikers now - Arsenal.com

何やらストライカーが足りないんじゃないかって意見があるようですが、ヴェンゲルは否定しています。

「人々が思っているほど我々はストライカーに困っていないんだ。ヴェラはチームによく溶け込んでいるし、ベントナーは昨シーズン終盤の主力だった。彼は今シーズンもそれを再び示してくれるだろう。」

「トータルで全てのエリアを見回した時、恐らく1人欠けているね。だが前線は誰も必要ない。」

ストライカーは確かに困ってないですね。さすがに厳しいとは思いますが、ベントナーとヴェラがこの調子でシーズンやれて、ファン・ペルシがケガをしなければアデバヨールが抜けて補強をしなくても大丈夫かなと思えるぐらいです。経験あるストライカーなら例外的に欲しいですが・・・。問題は中盤とCBですね。1人で賄えるわけがない。今シーズンはやっぱりフレブとフラミニが抜けた分、純粋に戦力ダウンと考える他なさそうですね。


Wenger - Signing talented Bischoff is 'gamble' - Arsenal.com

昨日獲得が発表されたビショフについて、実はケガ明けの状態らしく、ヴェンゲルは実際ギャンブルであると認めています。

「アマウリは若く、約束された選手だ。彼は長期間離脱しており、我々はギャンブルをする事になった。彼をとてもいい(フィットネス)レベルに仕上げる必要があるね。」

「彼には才能があるが、コンペティティブな状態になるまでには2、3ヶ月待たなければいけないだろう。彼は鼠径部を2度手術しており、そのタレントに賭けたというわけだ。」

勘弁してくださいよ・・・そんな余裕がどこにあるのか。このビショフについて、タレントは恐らくヴェンゲルの言うように心配ないでしょう。ただケガが多いようなんですよね。ブレーメンで1試合しかファーストチームに出てないのはケガのせいみたいです。たまたまファン・ペルシみたいに長期のケガを負ったのか、それともロシツキーのように頻繁に小さなケガを繰り返しているのかはよくわかりませんが、何かケガに弱い選手ばっか集めてますね・・・。


Who could Arsenal face in the Third Qualifying Round? - Arsenal.com
Wenger reveals Euro fears - Sky Sports

CL予備予選3回戦の抽選が金曜日、日本時間の19時から行われます。まだ2回戦の2ndレグが終わってませんが、アーセナルはどこと当たるのか。バルサとかユーヴェとかはシードがあるので当たりませんが、シードのないチームで3回戦から参入してくるチームとは当たる可能性があります。

やっぱり最も当たる確率が高いのが2回戦から来てるチーム、中にはスパルタ・プラハ、ディナモ・ザグレブも含まれてます。他2回戦からの突破組で嫌な相手はディナモ・キエフとかラピド・ウィーンですね。もちろんこれらのチームが2回戦で消える可能性はあります。ちなみにパナシナイコスとは当たりません。

3回戦でシードがないチームはアトレティコ・マドリーとか、ガラタサライとか、レフスキ・ソフィアとか、ヴィトリアとか、スタンダルド・リエージュとか、トゥウェンテとか、スラヴィア・プラハになります。

ヴェンゲルはやはり避けたいチームはたくさんあると話していますね。

「避けたいチームはかなりたくさんあるよ。だから見ない方がいいんだ。引き当てたものを受け入れるだけだよ。今は2つのトーナメントを使って向上する時だ。フィジカル面で強く改善する必要がある。そして引き当てた相手と戦うんだ。」

アトレティコだけは勘弁してください・・・。むしろリヴァプールにあげます(笑)
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。夜遅くですいません。最近忙しくて(泣)
関係ないですね(笑)。それはそうと何はともあれ結果的に勝利したというのは良かったかなと。私自身はハイライトと得点シーンしか見ていませんけど、ヴェラとベントナーの仕上がり具合は良い感じですね。このままの調子でいってもらいたいです。エブエがCHとは、ボスも色々やってくれますね~。ただ私自身としては、あまり期待はしてませんけどね。ただ下位相手とかで、怪我人が多くてどうしようもないとかだったら試してもいいのかも。ウイルシャーに関しては、過度の期待は酷ですけど期待せずにはいられないといった感じですね。多分中央のポジションの方が彼にとっても良いのではと個人的に思ったんですけどどうなんでしょうね。ビショフに関しては、多分今年一杯は戦力として見ない方がいいかもしれないですね。シーズンの中盤以降からじゃないともしかしたら戦力として使えないのかな~と、あくまでも個人的な考えですけどね。それも含めてあと2人は取って欲しいです(それでも足りませんけど)とりあえず次がユーベとレアルですけど、ここで良い結果が出る事を期待します。私もアトレンティコは嫌です。あまり無理なさらずのんびりやって下さいね。長文駄文失礼しました。

シュツッドガルド

更新お疲れ様ですm(__)mシュツッドガルド、ドイツでは個人的に好きなクラブです。お金はそんなにないけどいい若手を送りだしてますからね。今はゴメスがいますし、フレブがいた頃なんてラームやらクラニーやら勢いが凄かったですしね。レーマンは本当にいい時は凄いですね(笑)なんだかんだ憎めないいいキャラクターしてます。さてアーセナルですが、ウィルシャー君がまた決めたそうで、期待値が上がりすぎて逆に心配です。とかいいつつ楽しみにしてしまう自分も…あとベラが調子上げてるみたいで何よりです!ドス・サントスと共にプレミアを盛り上げて欲しいです!最期に、僕はここに情報収集の為だけにお邪魔しているわけではありません。陸さんのスパイスのきいた批評や皆さんのコメントが楽しみでチェックさせてもらっています。なので、絶対やめて欲しくないです。でも決めるのは陸さんですので、強要は出来ませんが出来れば続けてほしいんです。情報だけのサイトは他にいくらでもあるので!長文失礼しましたm(__)m

お返事ありがとうございました。管理人さんが頑張ると仰ってくださり嬉しいです。ただ体調には気を付けて、無理せずに頑張ってください。

レーマンの活躍と聞いてホッとしました。今となっては別チームですが、昨シーズンまでは仲間だったんですから。エブエをCMFに使ったのは非常に驚きました。彼の頑張りをみれるのは嬉しいんですが、さすがにディアビーのほうが安定すると思うんで心配です…フラミニがいなくなった喪失感にいまになって襲われます。

ロシツキーをCMFで使うどうなるんですかね?セスクと共存できるのかっていう問題がありますよね?

長い駄文ですみませんでした。

なかなか見所のある試合でしたね。レーマンはよかった。ベントナーの成長ぶりには驚きました。ウィルシャーはまだ即戦力ではないですね。ところでメリダが見当たらないようなのですが?どうしたのでしょう。そういえば、ベントリーはよりによってスパーズですね。古巣をからかってんだろうかと思いました。やっぱり完全移籍させないほうがよかったんですかね

いくつかの新鮮な驚きがあったものの、懸念は尽きないといったところでしょうか。まあ勝てて良かったですけど。

頂けない失点をした(2-10)の練習試合から、指標と成る得るレベルの高い親善試合で(1-3)ですから、まぁ上昇気流に乗りつつあるけど、そのまま手繰り寄せられるかなぁ…。

新鮮な驚きとは、「今日はマケレレ・ロールでやっちゃうぞ!」と意気込んだエブエのCMF起用。確かに強さはあるのだが、でも正直ハッキリ言ってシーズン通しての起用はまず無理と考えた方が無難。周りにヒンシュクを買う一発レッド。いつも滑る軸脚クロス。やったらやりっぱなし。本人だけが良いと思っているオチャラケ役。コロ兄さんも気苦労耐えないことでしょう。絶対、この男信用するべからずです。

そして、本当の意味でバトンタッチ・ドラマとなったレーマンxアルムニアの守護神対決。「不実の友を持つよりも、より良き敵(ライバル)を持て」が信条のレーマンも、不自然なブロンドのアルムニアも、お互いに気持ち良くそれぞれの道へ旅立てることでしょう。陸さん、因みにレーマンとギャラスは入場する前、列を為しニコヤカに語り合っておりましたよ…。試合後は解りませんが…。

新鮮でない驚き。良さげなのはジュルーですが、試合から離れてましたからね。このまま試合に出場し続け馴して行ければ、一昨年カーリングカップのリバポ戦でファウラーに激しいスライディングタックルした時のように頑強なDFになってくれると思います。長いシーズン代えの利く守備陣として、一貫して気持ちを維持して貰いたい一人です。

 そうそう肝心な良さげでない方ですよ。明らかにチームの弱点となっているJ.ホイトのプレーですよ。アデバの足元の雑さが霞むほど心配でなりません。公式表記の間違いが訂正されてないことが、唯一の救いと言えます。ATVOであの赤いスパイクと顎の上がった動きを目にした時は「アレッ、やばいよ!」と鳥肌が立ちましたよ。して案の定、失点。同じ失敗の繰り返し…。早急にスポーツセラピストを付けてあげるとか、何か意識改革をさせるとかしない限りプレイは改善されないだろうと思う。可哀相ですが。

ジャックは今はあれでいいんじゃないでしょうか?瞬間的な鋭さと感覚的で優れたセンス、野生馬みたいな対応は、年齢と場数を考慮すれば相当なものを持ってると言えるんですからねぇ。保護者であるベンゲルの賞賛も大いに頷けるところのもの。今回3点目を獲った時のリプレイが、ちょうど彼の主観と重なっていたお蔭で、クリシのポワ~ンと飛んで来たクロスに対し、どこでバウンドを吸収し、どこにボールを置き討つのがベストか、予め決めて於いた狙い場所へゴールを決めるには、角度、コース、高さ、強さ、早さ、タイミング等、最も正しい選択と思えるプレイをペロッとやってのけてしまうんですからね。思わず自分もジャックと一緒になって左足でシュートしちゃいましたよ。周りを大人に見せる為にも、ファーストチームの新しき「子供」として、どんどん出場させてみては如何かなァと思います。ハラハラどきどきわくわく「24」のジャックのようにね。

最後に、エミレーツカップ放送ないんですね。残念です。今季を占う絶好な試合だと言うのに。アムステルダムもネットでかなぁ~。あと、ビショフは補強とは云えませんよね…。長々失礼致しました。

ギャンブル

>ビショフ
ギャンブルって・・。

>ベントナー
今シーズンは、アデを追い出すぐらいの活躍をして欲しいものです。一番の期待選手。ただ、活躍するとバルサやミランが目をつけそうです。

正直予備予選に関してはくじ運がない。結果的には楽だったですが、もっと楽なチームを引く確率は高いのに、3年連続曲者。やっぱプラティニに嫌われていますかね。

バルサが3次予選で散ったらと思っていましたが、楽な相手を引いたものです。

>ディアビ

怪我だったみたいですね。

>レーマン

私が観た放送では、入場前にギャラスとレーマンは仲良さげに話していましたよ。

さてフレブが去って失ったタメ・加速力をどう補うでしょうか?あの重心の低いドリブルは好きだったので残念。

インラーの噂が再度出ていますね。いい選手でアーセナルに合う気はしますが、スイス代表時は守備力はそこまでだった印象も。経験・セットプレー考えるとバリー強奪を期待しますが、キーン観て分かるように、英国人は割高なのは確かなんですよね。

>アデバヨールが抜けて補強をしなくても大丈夫かなと思えるぐらい・・・

やっぱり陸さんも、まだアデが抜けるかもと思っておられますか、自分もまだ疑っています(笑)。
ただ、残留するとしてもこれまで余計ない事をぺらぺらしゃべってくれたアデが、シーズン中にチームに水をさすようなことを言わないか心配です、チームが調子がいいうちは大丈夫でしょうが、不調に陥ったときが不安・・・、くれぐれも昨シーズンのような絶不調の時期がないことを祈りたいですね。
そして、どうせ彼は出て行くでしょうから、価値を落とさない程度に活躍して、アーセナルに多額の移籍金をもたらしてほしいですね。

CL・・・トゥエンテに決まりましたね、いかなる相手でも舐めるわけには行きませんが、さすがに思わず笑みが出てしまいます(笑)、一方、アトレティコはシャルケですか・・・、予選でこの組み合わせ、もったいない、リバプールはリエージュですね、昔のベルギー・リーグのレベルならなかなか手ごわい相手となったでしょうが、さすがに今の戦力では波乱はないでしょうかね・・・。
  • [2008/08/02 00:29]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

リバプールにもいりませんよ。

>ゆうとさん

お疲れ様です。返信する時は同じですから夜遅くだろうが真っ昼間だろうが大丈夫です(笑)

ヴェラはやはり加入したばかりという事で未知数な部分はありますけど、ベントナーはいかにコンスタントな活躍ができるかが問われてきそうですね。ポテンシャルはもう充分発揮してます。エブエのCMFは、形になるなら人がいない時はやらせても・・・って程度ですかね。

ウィルシャーは僕もセンターが向いてるというか、本来センターの選手じゃないかと思うのですが、どうも違うみたいですね。サイドの選手にはちょっと見えないんですけど・・・まあプレー可能なポジションが多ければそれだけチャンスも広がりますし、チームとしても助かりますね。

ビショフを最初から使っていくぐらいならもうデニウソンとかディアビーに任せてやれよと思います。どうしてこういう中途半端な事をするんでしょうかね・・・。補強もあと1人がいいとこでしょう。

ユーヴェとレアルは楽しみですね、どっちも仕上がりは悪いでしょうから、あまり参考にならないかもしれませんけどね。

プレシーズンは試合数が多いので下手すると一番大変な時期だという事がよくわかりました(笑) お忙しい中コメントありがとうございました。


>まさノリさん

ありがとうございます。

シュツットガルトも結構引き抜かれる側ですよね・・・。ブレーメンなんかもある意味そうでしょうし、だからドイツではバイエルン以外に強豪と言えるクラブが出て来ないのかも。レーマンは元々安定感のなさが最大の弱点でしたからね・・・実際に活躍できるかどうかはそこがキモになりそうです。

ウィルシャーはどのみちヴェンゲルはそうすぐには使わないと思います。カーリングカップには入れてくるでしょうけど、やはりまだ16歳でフィジカルもできあがってませんからね。来シーズンはかなり期待できそうです。ヴェラにはかなり期待できるかもしれません、正直予想以上でした。あとは本番でもこのままいってくれれば・・・。

励ましのお言葉ありがとうございます、そう言っていただけて嬉しいです。まさノリさんのご意見も参考にさせていただきます。これからもよろしくお願いします。


>のにぬにさん

のにぬにさんもありがとうございます。今シーズンはなるべくマイペースでいきたいと思います。

レーマンの活躍は僕も嬉しく思いましたが、正直焦りました(笑) このまま点取れないんじゃないかと・・・。エブエCMFは緊急時のみに留めてもらいたいですね。ただサイドやらせるよりはマシかなとも思います。それにしてもディアビーは何で出て来ないんでしょうね。

ロシツキーは真ん中でもできると思いますが、やはり守備面が不安です。彼は守備意識も高いし、守備自体もうまいですが、中央でそれをやるとなるとまた勝手が違うでしょう。それにただでさえサイドが駒不足ですからね・・・ロシツキーを真ん中に回す余裕はないかと。


>ロングボトムさん

一気に相手の格が上がりましたからね。レギュラーも復帰したし、エミレーツカップのいい前哨戦になりました。ウィルシャーはさすがに即戦力にはならないでしょうが、スポットで使ってもいいと思います。とりあえず経験以上にフィジカルを作る方が先ですが・・・。

メリダとギブズはU-19のユーロです。どちらもグループステージ敗退してますが、その分合流は遅くなるでしょう。エミレーツカップにも出て来ないんじゃないかと思います。

ベントリーはスパーズ移籍について何も気にしてないとか言ってますね。元々スパーズファンなのかも。最初に出したのも本人が出て行きたがった結果なので、今更言ってもしょうがないと思います。


>quai44さん

守備面に不安はありますが、少なくともベントナー、ヴェラ、ファン・ペルシは好調で、逆転勝利できたって事は大きいと思いますよ。ただコンディションは悪いであろう、ユヴェントスやレアル相手には内容も結果も求められますし、それが出ないとまずいかもしれませんね。

エブエはマケレレ・ロールではなかったと思います。どちらかというとデニウソンの方が後ろにいて、エブエが高めの位置でさばく事が多かったですからね。まあ僕も彼をあのポジションで固定して使う事は考えない方がいいと思います。何か最近のヴェンゲルのコンバートは無理矢理というか、チーム事情に従って仕方なくみたいなところを感じますね。

レーマンとギャラス、喋ってましたっけ?スタジアムの表に出てくる前はよく見てなかったのでわかりませんが、外の通路に整列してる時、レーマンが後ろから1人ずつ声をかけていって、前から2番目のアルムニアと握手したところでやめてたのを見ました。あれ、ギャラス無視?みたいに思ったんですが・・・。

ジュルーは最初出てきた時はセンデロスよりいいんじゃないかって期待したんですが、彼もジャスティン同様伸び悩みの気配があるんですよね。そういうわけで僕はまだ信用できません。でももちろん順調に成長して、シーズン通して戦力として計算できるようになってくれれば言う事ないですし、そうなればCBの補強も必要なかったと言えますね。

ジャスティン、オフィシャルの間違いはまだ直ってませんよね・・・。シュツットガルトとかハーフタイムで交代してない事になってますし。そもそも前回のブルゲンラント戦でも、実況のコールとオフィシャルのスコアシートでスコアラーの名前が全然違って、どうしていいやら迷いました。ハーフナーなんて選手いねーよなと・・・ハーフナー・マイクがオーストリアに行ったなんて話は聞いてないですし。

そんな事よりジャスティンですね、はい。もうCB起用を諦めた方がいいんじゃないかと思います。サイドバックでも不安なのは確かですよ、昨シーズンナニに手も足も出ませんでしたし。でもそっちの方がまだ可能性が・・・ああでも攻撃センスないんですよね。生え抜きは大事にしたいんですけどね・・・。

ウィルシャーは僕もあれでいいというか、もう充分です。ポテンシャルの高さは見せつけてもらいました。正直得点シーンのシュートや一連の動作は、これぐらいのレベルでやってるのであれば16歳の選手でも普通にできると思うんですよね。それが一応ファーストチームで、ヨーロッパの強豪相手というプレッシャーの中できるかどうかですが、親善試合というのがそのプレッシャーを軽減してるところも大きいでしょうし。ちなみに僕、24は一度も見た事がありません。プリズン・ブレイクとかトゥルー・コーリングはテレビで見た事があるんですけどね。

アムステルダムはスカパーで見れますよ。quai44さんはケーブルでしたっけ?

ビショフは何のために獲ってきたんだかわかりません。が、そう言われていたサニャが活躍したので、同じパターンである事を願うのみです。


>PRIDEさん

もういっそ補強はギャンブルで決めるのもいいかもしれませんね(笑)

アデをバルサに売って、ミランがブラジルトリオで安定してくれればベントナーが活躍しても問題なし・・・とはいきませんかね、やっぱり。ニステルの後継者を探すレアルとか、ズラタンがダメだったらインテルとか、トレゼゲが限界迎えたらユーヴェとか・・・いろいろありそうです。僕はベントナーはファーストトップじゃないと思うんですけども。


>さとさん

トゥウェンテってものすごく微妙というか、どちらかといったらかなり嫌な相手ですよね。監督がマクラーレンだから大丈夫だろうとか思ってますが(笑) バルサのくじ運の良さは何でしょうね・・・すごく腹立ちます。

ディアビーはケガでしたか。やっぱArsenal TVは信用ならんです。

ギャラスとレーマン、僕がたまたま見てなかったのかもしれませんね。入場前とかボーッとしてたりするので(笑)

今シーズンは悪い意味でリズムがフラットになりそうですね。これまで以上にロングボールが増えるかも。そうなるとやはり縦へ突破できるウィンガーが欲しくなります。中央突破に拘り、リズムも変えられない、シュートも撃たないで勝手に苦しむケースが増えそうですね・・・。

僕はインレルはクオリティ面で文句なしと考えています。守備の不安は言い出したらキリがないかも。やはりフラミニほど好守を高いレベルでこなせる選手はそうそういないでしょうし、若めの選手を連れてきて育てるしかないのかもしれません。ジウベルトが抜けた分の経験とかリーダーシップが不安ですけどね・・・。バリーはやっぱり獲りに行かなかったんでしょうかね。


>サッカー小僧!さん

いえ、実は僕はアデバヨールが抜ける確率はかなり低くなかったと思ってます。どうにもヴェンゲルは出す気なさそうですからね。なので「アデが抜けても」っていうのは本当に仮の話です。未だにいいオファーがあれば出せばいいとは思ってますけどね。残るにしても、僕も余計な事を喋らず、そこそこ活躍して来年それなりのお金を落としてどこかへ行ってもらえばと思います。本当に心を入れ替えたというのならそれはそれでよし。可能性は低いでしょうが・・・。

トゥウェンテは曲者、というかこの選択肢の中では完全にハズレだと思いますよ。マクラーレンが相手だと思えばいくらでもやりようはあるじゃないかと思えちゃうんですけどね(笑) アトレティコ対シャルケは、数年前のヴィジャレアル対エヴァートンを思い出しました。スペインでたまにCL出場権を得たクラブは組み合わせに恵まれないんでしょうか・・・。リヴァプールのリエージュもハズレ感がありますね。やっぱ3回戦参入同士で当たるのは嫌なものです。


>灘さん

あげますよ。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/954-b7fed843

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。