スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルゲンラント戦 マッチリポート 

ブルゲンラント・イレブン 2-10 アーセナル

プレシーズンフレンドリー
ソネンセーシュタディオン
2008年7月28日(月)
キックオフ:午後5時30分

入場者数:3200人


ブルゲンラント・イレブン   2
   フォリツ 73分
   マルトナ 90分
アーセナル   10
   ウィルシャー 1、65分(PK)
   ベントナー 14、19、30、37分
   ヴェラ 25、33、52分
   ウォルコット 69分


 ARSENAL
   アルムニア→マノーネ(45分)
   ジャスティン・ホイト
   ギャヴィン・ホイト
   クリシー→ランドール(45分)
   サニャ
   トラオレ→ランズベリー(40分)
   デニウソン→ウォルコット(45分)
   ウィルシャー
   ラムジー
   ヴェラ
   ベントナー→シンプソン(45分)



ハーフタイムで7-0、フルタイムで10-2。前半見てる時はもうハーフタイムで終わりでいいじゃないかっていうような展開でしたが、最終的に一矢どころか二矢報いる事ができた点で、相手も満足しているのかも。10点取ってから2点返された辺り、あまりいい終わり方とは言えませんでしたが、ベントナー、ウィルシャー、ヴェラ、ウォルコットの4-2-3-1が見れて満足ですね。ちなみにアーセナルの親善試合の記録は26-1とかいうのがあるそうです。

今回はコクランが外れた以外は前回と同じメンツ。純粋に交代枠が一つ減りました。スタメンは若干の変更があり、ウォルコットではなくトラオレが先発。従ってウィルシャーは右でプレーしています。

ゴールはあまりにも多すぎて思い出せないのですが・・・ハイライトを見ながらざっと(笑)

1点目:トラオレが左サイドを深くえぐり、グラウンダーのクロス。真ん中で合わせようとしたラムジーが潰れ、その外にいたウィルシャーがチップキックでキーパーをかわします。巧い!と思うのですが勢いがなく、ライン上でクリアされるかと思いきやうまくいかず、天井に突き刺さりました。これが開始16秒(笑)

2点目:それまでボールコントロールが乱れまくり、今日はダメかと思われたベントナーがボックス手前で相手のインターセプトミスを拾うと、持ち込んで右斜め45度からシュート、ニアを突き破ります。ものすごく重たそうなシュートでした。

3点目:右サイド、ハーフラインをちょっと越えた辺りでボールをもらったウィルシャーがそのままドリブルで持ち込みます。大外を駆け上がっていくサニャの方に首を向けますが、スルーパスを出した相手はボックス内、ニアサイドに陣取っていたベントナー。角度がありましたが、ダイレクトで正確にファーサイドに流し込み、2得点。

4点目:ギャヴィン・ホイト(多分。実況もジャスティンをギャヴィンと間違えて解説のヘイズに「ありゃ兄の方だよ」って突っ込まれてた事がありましたが、遠目だと意外と見分けがつきません)から出されたスルーパスに抜け出したヴェラがそのまま右サイドから持ち込み、深くえぐったところで左脚でキーパーの股を抜くシュート。中には完全にベントナーがフリーでいたんですが、ベントナーはもう2点取ってましたし、これでいいかと。

5点目:デニウソンからのスルーパスに反応して左に流れるベントナー。パスがやや短く、相手のタックルに捕まるかと思われましたが、うまくステップを踏んでかわすとキーパーと1対1。アンリが得意とする、そしてアデバヨールがよく失敗するファーに流し込むシュートでゴール。スピードはかなり落ちてたので、身体能力がなくてもあれはできますね。とにかく落ち着いてました。これでハットトリック。

6点目:サニャからのスルーパスに今度は右サイドでベントナーが抜け出します。ゴールライン際からグラウンダーで折り返すと、ニアにウィルシャーが走り込んでいたんですがキーパーが出てきていたのでジャンプで回避。ウィルシャーとキーパーを抜けたボールはディフェンダーに当たりますが、ほとんどコースが変わる事なく、真ん中で待っていたヴェラに。正面にディフェンダーがいたので、ヴェラはダイレクトでは叩かず一度ボールを引いてタイミングを外してから至近距離からぶち込みました。

7点目:ヴェラ、ウィルシャーと立て続けにチャンスを阻む相手キーパー。この後ボールはクリアされますが、ギャヴィンからデニウソン、ラムジーとつないでウィルシャーが大外を抜け出すと、そこにラムジーがパス。ボックスの中まで持ち込んだウィルシャーはタイミングを外しつつ左脚でクロス。中にはヴェラとベントナーが待っていましたが、ベントナーが外に流れつつ右脚を大きく上げてトラップすると、飛び出してきたキーパーを尻目にゴールファーサイドにパス。これで4点目。

8点目:ウォルコットがハーフライン付近から中央を独走。ボックス手前で潰れながら左サイドで待っていたヴェラに預けると、フリーのヴェラはそこからシュートは撃たず、キーパーがもう反応できない位置までうまく切り込んでニアに軽くシュート。これでハットトリック達成。どうでもいいですがこの2人、何も知らずに兄弟だと言われたら多分信じますね。

9点目:右サイドで1人かわしてボックス内に侵入したウィルシャー、2人目を外に向かってかわそうとしたところで引っかけられてPK。これを自ら蹴ったウィルシャー、左脚でゴール右隅に貫禄のシュート。

10点目:ピッチ中央を突破してきたウォルコットからボックス手前で左に流れつつボールを受けたシンプソン、ダイレクトでウィルシャーに絶妙のスルーパス。ウィルシャーはそのままシュートも撃てる位置でしたが中のウォルコットに折り返し。2人に挟まれていた上に体が流れ気味でしたが、うまく左脚でニアに流し込んでゴール。

この他に3つ4つPKだろと思えるシーンがありましたが、結局ウィルシャーのしか取ってもらえませんでした。まあ親善試合ですし、あんまりPKばっかなのもどうかと思うんですが、ベントナーはちょっとお怒りの様子でした。キーパーに倒された時は「いい加減取れよこの野郎」って感じのジェスチャーをしてましたし。他にもファールを流さずにいちいち笛を吹く事が多く、ブルゲンラントの選手も怒ってましたが、実況の人によればローカルの審判だという事で、しょうがないですね。トップレベルと言われる人達でも散々ですから・・・。

その後の2つの失点ですが、1つ目はコーナーキック。実況が「ここは集中しないと」「集中しないとって言った矢先にこれだよ!」となっておりました。中央のラムジーにボールが来たんですが、これを空振り。ファーにいた相手に渡り、DF達やマノーネの頭上を越えるシュートを決められてしまいました。でもマノーネ、あれは防げたと思います。なぜか上半身が後ろに流れて弾ききれなかった感じ。彼ももう長く下積みでやってるので頑張って欲しいですが、本当に第3キーパーで大丈夫なんでしょうか・・・不安になってきます。

2つ目は中盤の底にいたウィルシャーが何でもないパスをカットされると、相手のストライカーにボールが入りサニャ、ギャヴィンとの1対2に。サイドに1人相手が余っていたので、サニャがギャヴィンに注意するようコーチングするんですが、その隙を突いたマルトナが大胆にもサニャとギャヴィンの間を割っていき、持ち込んで浮き球のシュート。飛び出してきたマノーネは何とか触りますが、コースを変えきる事はできずにゴールイン。キーパーによっては止めてたでしょうが、これはマノーネのせいにしてしまうのは可哀想です。ボールを失ったウィルシャーと隙を与えたサニャのミスかな。ギャヴィンが怒ってましたが、多分ウィルシャーに対してでしょうね。

今回はラムジーが積極的で、前線でセスクがよくやるような位置取りをしていて、かなり期待が持てる内容でした。ただ中盤で最終ラインから受けたボールの配球役をしていたのはデニウソンで、まさしく彼が中心になっていたと思います。目立ちませんでしたけどね。ラムジーは逆に消えてる事も多かった印象。失点直後は何とかミスを取り返そうと頑張ってました。結局実りませんでしたがそういう意欲とか、楽しそうにプレーするところはなかなか好印象です。一歩間違うとヘラヘラしているとか言われそうですが・・・。

そしてやはり目立っていたウィルシャー。Arsenal TVのMCは試合後、メッシを連想させると言ってましたが、僕はかなりセスクに近いと思います。特にボールの持ち方や首の振り方が似てるんですよね。変に誘うような持ち方をせず、タックルを受けない絶妙なボールの置き方や相手との間合いに取り方、その中でいかに視野を確保するかといったセンスが抜群にいい。シュートの駆け引きはまだまだだなって部分もありましたが、PKはものすごく落ち着いて決めてました。

ただ最後はバテちゃった感じで、2失点目は彼の気の抜けたパスをカットされたのが起点になりました。これはちょっとしょうがないですかね、初めてのフル出場でしたし。2ゴール3アシストはとんでもない成績です。

反対サイドのトラオレもかなり効いていましたね。相手に背を向けた状態でボールを納め、落ち着いて空いている味方に返すようなプレーはエブエではなかなかできないので、やはりエブエを使うならトラオレの方がよさそう。クリシーとのコンビはやはりよく、左サイドで何度もフリーになっては質のいいクロスを供給してました。結果的にアシストらしいアシストが付かなかったのはベントナーのせい(笑)

前半のみの出場で4ゴールのベントナー、外したチャンスも多かったですがやはり頼りになります。開始直後はボールタッチがひどく、本当にプロかと思えるぐらい乱れてましたが、突然ゴールを奪うとそこからはショーの始まりでした。結構簡単なゴールが多かったですが、それだけ相手の隙を突き、なおかつ味方からボールをもらえる位置にいるって事ですね。ちなみに4ゴールでも笑顔ゼロ。ベルカンプ以上のアイスマンです。ラムジーとはかなり対照的。

パートナーのヴェラはアーセナルでの初ゴールでハットトリック。前回は空回りしていて散々でしたが、今回は落ち着いてました。足元がしっかりしていて、飛び出しもうまいですね。この調子でゴールを決めていってもらいたいです。

ちょっと可哀想だったのがシンプソンとランズベリー。シンプソンは合計4度のチャンスがあったんですが、いずれも決められませんでした。1つ目は完全に自分のミスでしたが、2つ目はバー、残りはキーパーの好セーブに阻まれました。どれか1つぐらい決まっても・・・。ランズベリーは後半、サイドバックをやらされてたんですよね。ワンサイドゲームなので攻め上がりも自由でしたけど、常時上がりっぱなしというわけにはいかないし、ちょっと見せ場を奪われた感じでした。

あとランドールになかなか見せ場が来ないのが気がかりですね。今回に至ってはどのポジションをやっていたのかもよくわかりませんでした。最初は真ん中、途中からウィルシャーが真ん中にいる事が多くなったので多分左に行っていたと思うんですが、決定的な場面にはほとんど絡まず。ウィルシャーがこれだけ輝いてるので余計に心配になります。

フォーメーション。最初に書いたように前回からの変更は1枚。キャプテンは引き続きクリシー。

        アルムニア
     G.ホイト  J.ホイト
サニャ              クリシー
    デニウソン  ラムジー
ウィルシャー           トラオレ

    ベントナー  ヴェラ


前半40分という妙な時間にトラオレがランズベリーと交代、ランズベリーは右に、ウィルシャーが左に。トラオレはケガですかね・・・心配です。ヴェンゲルはハーフタイムに残りのカードを全て切り、アルムニア、クリシー、デニウソン、ベントナーが下がってマノーネ、ランドール、ウォルコット、シンプソンが入りました。クリシーが下がって、キャプテンマークはサニャへ。

今回もサニャがセンターバック、ライトバックにはランズベリー、なぜかジャスティンをわざわざ左に。トップはヴェラとシンプソンでしたが、シンプソンと右のウォルコットはたまにポジションチェンジしてました。ウィルシャーは左にいたように見えたんですが、もしかすると最初から真ん中だったのかも。とにかくランドールが全然映ってないし、10点目のシーンでなぜウィルシャーが左にいたのかよくわかりません。ランドールが本来いるべきところにジャスティンがいたりするし。一体何やってたんでしょうか・・・。

        アルムニア
     G.ホイト  サニャ
ランズベリー           J.ホイト
     ラムジー  ウィルシャー
ウォルコット          ランドール

    シンプソン  ヴェラ


余談ですが、多分ブルゲンラント側のチャントだと思うんですが、ハクソーみたいに聞こえました。もしかしたらどっかに角材を持った人がいたのかも・・・。スタジアムも周りに何にもないところで、MCが「アーセナルファンはよく見つけられたよね」とか言ってましたが、実況の方は「典型的なヨーロッパのスタジアムでいい雰囲気だ」と言ってました。カメラがピッチに近くて見やすかったですね、ちょっとハイベリーを思い出しましたよ。それでも規模は全然違いますが。

次は2日後、シュツットガルト戦です。レーマンと対峙する事になるんでしょうかね。レギュラー陣がこの試合から復帰しますが、ここまでプレーしてきた選手の扱いがどうなるかにも注目。クリシーやサニャなんかは結構出ずっぱりですしね。


Wenger - Toure will be ready - Sky Sports

選手のコメントが多すぎて何から紹介していいやらと思うわけですが、最初はトゥーレの情報から。マラリアに感染したトゥーレですけど、かなり早く回復しているそうです。ヴェンゲルの話ではもう2週間ほどで復帰できるとか。

「コロは練習を再開している、とてもいいニュースだね。プレーするにはもう2週間かかるだろうが、プレミアリーグの開幕戦には間に合うだろう。」

「アフリカではほとんどの人が血液中にそれ(マラリア)を持っているんだ。彼の場合はアフリカで感染して少しそれが表れてしまったという事だ。彼らの場合はそこから回復が早い。2日後には問題なくなっていたよ。」

いやそれにしても病気からの回復に関しても鉄人かと思ってしまうわけですが・・・ともかくいいニュースですね。一安心です。


Wenger to play waiting game with Wilshere - Arsenal.com

続いてプレシーズンの映像を見た人なら誰もが気になっているであろう、ウィルシャーについてなんですが。ヴェンゲルのコメントなんですが、「ウィルシャーは今回もよかったですね?」と聞かれて以下のような返答をしていたと記憶しているので、当たり障りのない回答になってます。

「彼は16歳だが、ここにいる多くの若手選手と同じクオリティを持っている。チームはいいプレーをしたし、特定の選手を取り上げるような事はしたくないんだ。だがジャックが我々と共にいる(オーストリア合宿に参加できた)という事は、私が彼を高く評価しているという事を示している。私が連れてきた唯一の16歳だからね。」

これからレギュラー陣が試合に出てくるわけですが、果たしてウィルシャーはどれほど使われるのか。シーズンが開幕したら?とても気になります。最低でもカーリングカップのメンバーには入ると思うんですけどね。


Gallas - I'll be a different captain this season - Arsenal.com

まだわかりませんが、このまま引き続きキャプテンをやっていきそうな気配のギャラス。昨シーズンに犯したミスを認め、今シーズンはやり方を変えるところもあると話しています。

「僕が多くの事を学んだのは確かだ。最高のキャプテンになって選手達にいいアドバイスを与える事が望まれるわけだけど、ミスをする時だってあるさ。今シーズンやるべき事はわかってるし、選手達への話し方も変えていくつもりだ。」

今シーズンのチームの目標は、言うまでもなくタイトル。

「僕がいつも同じ事を考えてるのはわかってると思う。何かを勝ち取らないといけないんだけど、それはシーズンが終わった時、トロフィーが一番重要だからだよ。昨シーズンはもう少しで優勝するところまで行ったんだし、今シーズンはまた違った結果になる事を願ってる。でも何をしなければいけないかはみんなわかってるし、準備はできてるよ。」


Van Persie - I just want to be injury-free this season - Arsenal.com

もう2年連続で大きなケガに見舞われているファン・ペルシは、今シーズンこそケガなくプレーしたいと語っています。

「昨シーズンはあまりにもたくさんの試合を欠場してしまって、未だに残念に思ってるんだ。でもそういう事もある。それがフットボールだし、起こり得る事さ。それは受け入れる。」

「今回は新しい年、新しいチャンスがあるんだ。今シーズンはケガがない事を祈ってる。昨シーズンは16試合に出場して7ゴール、ほとんど2試合に1点だからね。そんなに悪くない。」

「今シーズンはもうちょっとたくさんの試合で同じ結果を得たいね。」

ファンも同じ事を願ってます。


Fabregas - People are trying to make mischief - Arsenal.com

再びレアルへの移籍話が出てきたセスクですが、どこのインタビューも受けていないと話しています。

「僕はどのメディアにも話はしていない。だから僕が将来について話をしたとかっていう引用記事を見るのは腹が立つね。夏は家族や友人、恋人とリラックスして過ごした。そして明日アーセナルのトレーニングに戻るんだ。」

「もういった迷惑行為をする人間はいつも同じだと思うんだけど、彼らの意図ははっきしりしている。僕はここアーセナルでハッピーだし、僕の将来はアーセナルと共にある。プライオリティはアーセナルで成功を収め、トロフィーを獲得する事だ。」

これ、マルカに語ったとかいうコメントの事かなと思ったんですが、それも否定コメントのようです。スポーツナビにちょっと載ってました。Sky Sportsにも同様の内容が載ってますね。ソースが同じだから当たり前でしょうが(笑)


Diaby hoping to take centre stage this season - Arsenal.com

昨シーズンはほとんど左サイドでプレーしたディアビーですが、フラミニとジウベルトがいなくなって手薄になったセントラルミッドフィールドに戻れる事を期待しています。真ん中の方がいいっていうのは昨シーズンにも話していましたね。

「そうなるといいね。僕は左や右より真ん中の方が好きなんだ。真ん中でプレーするっていう可能性はある。でもまだわからないね。」

「監督は僕がセントラルミッドフィールドの方が好きだって事はわかってるんだ。後は僕がそこでプレーするために頑張ってあらゆる面で結果を出し、仕事をうまくこなす事だね。」

それ以前にケガをしない事が重要ですね。ところで、ディアビーはシュツットガルト戦にちゃんと出てくるんでしょうかね。ケガをしていないのならここまでの3試合、どっかで使って欲しかったです。何か事情があるんでしょうけどね。


Djourou - I feel like I'm starting a fresh career - Arsenal.com

昨シーズンは冬にバーミンガムから復帰した直後にケガに見舞われてしまい、終盤になるまでプレーしていなかったジュルーですが、あれはキャリアの仕切り直しだったと話しています。

「そう思うね、その通りだ。バーミンガムでそういう機会もあったけど、その前のシーズンは30試合に出場していたんだ。これでまたフレッシュな状態で再スタートして、状況を見守りたいね。」

「昨シーズンは辛かったよ。バーミンガムへのローン中はよかった、たくさん出場できたからね。不運な事にしばらくケガをしてしまった。あれはフラストレーションが溜まったよ、戻ってプレーしたかった。今はいい気分だし、それにも満足してる。これでまた再スタートを切りたいからね。」


Denilson ready to step up - Sky Sports

デニウソンは今シーズン、アーセナルのスタメンに入る事とセレソンに呼ばれる事を目標にしていると語っています。ソースはサンなんですが、たまには信じていいんでしょうかね(笑)

「今シーズンは2つ目標があるんだ。アーセナルのスターティングイレブンに入る事、そしてブラジル代表の最初のキャップを記録する事だ。」

「完全にフィットしてるし、準備はできてる。僕達はいいチームで、クオリティのある選手がたくさんいる。スキルがあるけど、チームにはもう少し経験が必要だね。」

「僕は自分達のチームを信じてるし、アーセナルは今シーズン最強の一角を占め、タイトルを獲るって確信してるよ。」


Gallas admits 'mistakes' - Sky Sports

ギャラスのコメントは上で紹介したと同じものなので省略するとして、記事下半分のソングのコメント。彼は北京オリンピックに出場するため、アーセナルとは合流していませんが、ちゃんと監督の了解は得ていると話しています。

「監督には祖国が僕にプレーをして欲しがっていると話した。彼は行きたいのなら行きなさい、アーセナルに戻ってきたら自分に何ができるのかを見せてみなさいと言ってくれた。」

「アーセナルは若いチームで、とてもいい選手が何人かいる。戻った時にはフィットを保ち、ファーストチームでプレーするチャンスを得るために全てを出す必要があるね。」


Rosicky - Don't write us off - Sky Sports

9月復帰見込みのロシツキーがチェコのメディアに語ったコメント。下馬評が低いのは昨シーズンと同じだと楽観しています。

「昨シーズンと似てるね、みんなが僕達を弱いと思ってる。でも一緒だろう。いなくなった選手もいるけど、これに関しては僕は監督を信頼してるよ。彼は自分のしている事をわかっている。個人的には自分の意欲が少なくなったわけではないし、これはチームの他の選手も同じだと思う。」

「素晴らしい中盤になっていたのは間違いないし、せっかく同じ波長でやれていたのに、一緒に残れなかったのは残念だよ。でも一方で出て行きたがった選手については、彼らの決断だという事以外の何物でもないんだ。」

フラミニとジウベルトがいなくなって明らかに手薄のCMFですが、ロシツキーはディアビーを絶賛。ヴェンゲルがこのポジションの補強をするかどうかはわからないと話しています。

「監督が誰かを獲るのかどうかはわからないね。僕はディアビーがフラミニのポジションでプレーする大きな機会を得ると思う。彼は僕がケガをしている時、左でプレーしていたけど、彼はパトリック・ヴィエラと同じタイプの、もっとセントラルミッドフィールダー寄りの選手だ。」

「トレーニングで彼と対峙するのが難しいのは知ってるから、彼にはすごく期待してるよ。脚が長いし、ヴィエラに本当によく似てるんだ。僕は彼ならとてもうまくやると思うね。」

本当、ケガさえなければね・・・。ロシツキーにも同じ事が言えますが。それにディアビーは昨シーズンはあまり中央をやっていないという面での不安もあります。


Inler's Gunners link rejected - Sky Sports

ユーロでのプレーを見て個人的に是非欲しいと思ったインレルについて、アーセナルがオファーを出したという報道があったようですが、ウディネーゼの幹部がこれを否定。だいぶ前にニューカッスルで決まりかみたいな報道もありましたが、このまま動かないんでしょうか。と思いきや、ウディネに来てまだ1年か・・・。


Arsenal in Austria - latest pictures from training camp - Arsenal.com

オーストリアからのトレーニング風景がまた届いています。トゥーレもちゃんとトレーニングしていますね。今月いっぱいで去る事になっているルウィンと一緒に別メニューのようですけど。髪型が・・・。


Cesc Fabregas returns to training - exclusive pictures - Arsenal.com

上の写真記事に加え、セスクが合流してトレーニングしている様子が。まだトゥーレと一緒に別メニュー調整ですね。しかしこの髪型とヒゲ、やめてくれ・・・。


Lewin given rousing send-off by Arsenal squad - Arsenal.com

2つ上の写真記事に写っているフィジオのギャリー・ルウィンの送別会が行われました。彼は8月1日からイングランド代表での職に専念する事になっています。彼がいなくなってケガ人が増えたりしないといいんですけどね・・・。
スポンサーサイト

コメント

ウィルシャー

更新お疲れ様ですm(__)mトゥレ、開幕に間に合うようで何よりです。彼が居ないと崩壊しかねませんからね(笑)最近、人気急上昇中のウィルシャーですが、暗い話題が多い中で彼の活躍はいいニュースですね。でもやっぱり新戦力欲しいですね…僕の中でベストはヴェローゾかデ・ラ・レッドなんですけど、厳しいかな。数も質も足りてないのでとりあえず誰かとって欲しいです。今稲本とかとったら面白いんですけどね。

リ~ゼント?

セスクの新しい髪形はリーゼントなのでしょうか?
一瞬横顔がカッサーノに見えました。
かっこ悪い・・・。

故障だけは勘弁!

今シーズンは兎に角主力選手の故障がないことを祈ります。
ディアビの評価が低いと思うのは私も同じです。
確かにひ弱な面はありますが、怪我がなく順調に使えれば覚醒してくれると思っています。
ボールタッチが上手くスピードもあり、ミドルシュートも打てるのでビエラの後継者になり得る逸材だと感じますね。
判断の遅さは試合をこなすことで、改善されて行くと思いますので!

ところでアルゼンチンの五輪代表はレベルが高いですね。
日本に到着して間がないにも係わらず、レベルの違いを見せていました。
ディマリアのゴールもシュートに至る一連のプレーも素晴らしいスキルを発揮していましたし、メッシが加われば優勝は堅いのではないかと。
アルゼンチン五輪代表を北京で見るのが凄く楽しみになりました。

 随分点取りましたね。ベントナーは昨季どうももたもたしてる印象があったのですが、よかったですね。CMFの補強としては、マンUのフレッチャーをとってほしいと思っています。ばかげた案ですが。ほかには、アスレティック・ビルバオの19歳、ハビエル・マルティネスがいいと思ってます

更新お疲れさまです☆

私は観れなかったのですが、陸さんのレポート解りやすかったです。ゲームからコメントを起こすのは大変な作業だと思いますが、いつも楽しみにしてます☆


16歳にしてウィルシャーがセスクに酷似してたとのこと、末恐ろしいというか、久々に小躍りして喜びたい気分ですね(^^)まだまだこれからのところも多いでしょうけど、順調に成長していってほしいと祈る気持ちです…。

ベラはテオとプレーが似てるんですか?何やらイイコンビになれたらいいですね☆

ベントナーのプレーのムラは気になってましたが、頑張りましたね。アイスマンな所だけじゃなく、人格的にも、秀逸なプレーヤーとしてもベルカンプを目指して欲しいですね!

こんにちは。

プレシーズンはyou tubeで少し観たのですが文字が小さくて
0―10は何かの間違いだと思っていました。
やっぱり正しかったんですね(笑)

とはいえ、やはり気になったのは最後続けざまの失点です。
失点自体というよりとられ方が良く無かったですね。

さすがに10点差だと気が抜けるのはわかりますが
若手主体だっただけにそこはもっと貪欲に無失点を
達成して欲しかったですね。

まだ詳しく見ていないためウィルシャーなど話題の選手は
これから確認します。

とりあえず、トゥーレ、早くに復帰できそうで一安心です、彼がいるのといないとでは、大違いですから(笑)。

ギャラス、キャプテン続行みたいですね、出て行くという話も本人の口から聞かないですし、とりあえず今年はアーセナルでがんばる、ということでしょう、昨シーズン叩かれたのは本人も分かっているでしょうから、レーマン&ジウベルトなき今、彼がどっしりと構えてくれることを期待したいです。

インレル獲得の噂がありましたが、ウディネーゼは移籍の話を完全否定していますね、まぁこれはまだまだわからないでしょう、移籍金を吊り上げたい思惑もあるでしょうし・・・。
ディアビーはいい選手だとは思うんですが、ファンが皆感じていることでしょうが、怪我が多い上に怪我するタイミングも悪い、さらに昨シーズン終盤おろかなファールで退場もしましたし、いまいち信用しきれないのはそこらへんでしょうね、もちろん今年こそ違ったディアビーが見れたら、嬉しい限りですが、フラミニも昨シーズンいきなりブレイクしたみたいなもんですし、ディアビーにもいい意味で予想を裏切る活躍を期待したいです。

シュットガルトは、なかなか面白い相手ですね、マリオ・ゴメスもいますし(出場するのかどうかは分からないですが)、選手を見定めるのに、いい試金石になるのではないでしょうか。
  • [2008/07/30 14:10]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

お久しぶりです。

プレシーズンマッチ見てましたが、ウィルシャーは只者じゃないですね。
あの落着きと視野の広さ、しょちゅうルックアップしてキョロキョロするとこなんか、本当にセスクを思わせますね。

ラムジーも結構フィットしてますね。
裏を狙うフライパスが好きなのか、結構使ってますが、味方と合ってない事が多いのが笑えます。
現時点では僕個人はランドールを越しちゃったかなと思ってしまいます。

いずれにしても(将来は)楽しみですが、今シーズンは不安いっぱいです。

ところで教えていただきたい事があるのですが、つたない英語力でATVOに月契約で加入したのですが、解約の仕方がわからなくて困っています。
よろしければ、教えていただければ助かります。
もしかして、放っておけば期限が切れれば自動解約になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

最後に、僕はこのブログとても楽しみに読ませていただいてます。
もちろん、意見が合うことも合わないこともありますが、それがブログを読むことの楽しみだと思います。
陸さんの文章には何か惹きつけられるものがあるんですよね。

色々大変だと思いますが、これからも
頑張ってください。

長々とすみません。

レベルが違いすぎましたね。それでも、2失点とはいただけませんね・・・。昨季のリーグでも無用な失点が目立ちましたし、この点は今季の大きな課題だと思っています。まぁまだトップチームのメンバーが揃ってないので、何とも言えないのですが、シュツットガルト戦では無失点で勝って欲しいです。
ウィルシャーはもしかしたらトップチーム入り有り得るかもしれませんね。フィジカルレベルさえ上がれば、いけるんじゃないかと思ってしまいます。
トゥーレが間に合いそうなのは本当に朗報ですね。やはり彼が居るのと居ないとでは大きな違いがありますしね。パートナーのギャラスもキャプテンというものに対する意識が変わってきたみたいで、期待できるかもしれませんね。
ロビンはケガさえなければ、シーズン30ゴール決められる選手だと思います。アデバが覚醒した今でも、エースはロビンだと思っています。今季こそは彼のゴールラッシュが見たいものです。
難しい話かもしれませんが、セスクにはマルディーニのような選手になって欲しいです。向こうで言うバンディエラってやつです。いつかはスペインに帰りたいと言っていますが、アーセナルで現役を終えて欲しいです。
お忙しい中、いつもどおり長文で申し訳ありません。お体に気をつけてお仕事と更新頑張ってください。

>まさノリさん

ありがとうございます。

センデロスは数試合だけなら割と信用できるんですけど、やはりトゥーレが出遅れるのは避けたいですね。

ウィルシャーは素晴らしいです、このままいけばイングランドでも最大級のスター選手になるかも。ただまだ16歳、過剰な期待は禁物ですし、フィジカル面で厳しいでしょうから、今シーズンの戦力として考えるのはちょっと無理がありますね。特にフラミニの後釜になりそうな選手は新規獲得が必要だと思います。ジウベルトがいなくなったので、やはりフリンクスが妥当だと思うんですけどね・・・ヴェローゾとかインレルならそれでもいいかと。稲本はちょっと使えないと思います(笑) 僕は遠藤の方が好きですね。


>しいたけさん

遠目とか角度によってはリーゼントに見えますよね・・・。まあシーズンが始まるまでにはさっぱりしてくれると期待してます(笑) そういや最近のカッサーノってどんな髪型でしたっけ・・・。


>たさん

ケガは毎年ですからね、少なからず出ると思います。ただファン・ペルシやエドゥアルドのような長期離脱は勘弁して欲しいですね。本当に運でしょうけど・・・。

ディアビーは差し当たって課題と思える部分については、ある程度継続して試合に出る事で解消されると思うんですよね。でもいつもケガでその機会を奪われてます。このままケガがちなのが改善しないようだと、単にケガが多くて戦力として計算できないというだけでなく、成長もしなくなってしまうので、何とかケガに強い体を作らないといけませんね。

僕はオリンピック自体まるで見る気がなく、従ってオリンピック代表もノーチェックだったんですが、アルゼンチンはやはり強いですか。ディ・マリアはワールドユースで見て結構気に入ってたんですよね、一時噂になった事もありますし・・・やっぱシュートがうまい選手欲しいです。しかしメッシは来るんですかね?かなり揉めてますが・・・。参加しなくていいなら全部参加させない、参加させないといけないのなら例外なく参加させる、どっちかにしてもらいたいです。ソングだって本当は出したくないわけですしね。


>ロングボトムさん

ベントナーは要するにプレミアのスピードとフィジカルについていけてないんでしょう。余裕があれば彼はこんなもんです。今シーズンは適応してくれるものと期待してるんですけどね。

フレッチャーは悪くないでしょうが、まず実現しないでしょうね・・・。両クラブの長い歴史の中でも、直接選手のやり取りをした例はものすごく限られますし。ビルバオは見る機会がないのでよくわかりません・・・。即戦力で使えれば若手でもいいですが、やはりジウベルトが抜けてる事を考えるとこのポジションは経験豊富な選手が欲しいです。


>こぐまさん

ありがとうございます。

基本的に僕のリポートは試合を追って書いてるわけではないので、見てないとわかりにくい部分もかなりあるかと思うんですが、とりあえずゴールシーンだけでも出来事を書いてみました。お役に立てたのなら幸いです。

ウィルシャーはもう3試合見てますが、どの試合でも堂々としていて、落ち着いていて、しかも活躍してます。相手のレベルもあるので何とも言えない部分はありますが、プレーについて注文をつけたいのはシュートぐらいです。フィジカル面ではまだまだこれからでしょうけど、カーリングカップのメンバーでは充分主力になり得る逸材ですね。すごく楽しみです。

ウォルコットとヴェラはプレーではなく顔が似てるんですよね。ウォルコットの顔をもっとラテン系の、もうちょっと濃い顔にするとヴェラになる感じです(笑) まあウォルコットもジャマイカ系なんですが・・・。

ベントナーはそれでもムラはあります、結構簡単なのを外してますしね。ただアデよりはマシです。これを高いレベルでもできるようになると、本当にすごいストライカーになるでしょうね。人格面では・・・よくわからないヤツです(笑) Arsenal TVでインタビューがありましたけど、聞いてませんでした・・・。動画だとテキストと違って表情や口調からある程度素が読み取れるところもあるので、貴重なんですけどね。


>やおきんさん

こんにちは。

野球とか他のスポーツみたいなスコアになりましたよね(笑) いくら親善試合といっても、信じられないスコアなのは間違いないです。前半だけで7-0ですからね・・・。

2つの失点は本当によくない取られ方でした。相手の決定力も随分高かったですが、それにしてもあっさりやられすぎですね。親善試合とはいえ、今シーズンもこの傾向は変わらないだろうなと思わされます。1点目はラムジー、2点目はウィルシャー、サニャ、ギャヴィンが集中を欠いた結果でしたから、こういうのはよくないですね。

ウィルシャーは7番背負った小柄の選手です、要注目ですよ。意識してなくても目立ちますけどね(笑)


>サッカー小僧!さん

トゥーレは大きいですね。本来もう1人計算できるCBが欲しいところですが、それでも彼が核である事は変わりありませんし。

ギャラスはこうなったらキャプテンとして成長してもらうしかないですね。30を過ぎれば選手として成長する事は難しいでしょうが、人間としてはまだまだ成長していけますし、チーム同様ミスから学んでもらえば。本来ならトゥーレかセスクにでも渡したいところですが、こうチームがバタバタしていては無用なリスクを冒してる場合じゃないですからね・・・。

ウディネは移籍金をそれなりに積まれれば出すんじゃないかなと勝手に思ってます。別にインレルに拘る必要はないと思いますが、選択肢には入れておきたいですね。ディアビーはケガさえしなければかなり期待できると思うんですが、そのケガさえしなければってとこがかなり怪しいんですよね・・・。まあ大きいケガをした後は故障がちで、それを過ぎれば丈夫になるって選手もいますから、そのパターンを期待したいです。クリシーもそうでしたね。

ゴメスは出てくるんですかね?クラブの許可なく勝手に代表に合流したとか言ってませんでしたっけ?それは別の選手?よくわからなくなってますが、シュツットガルトは今シーズン初めてのしっかりとした相手ですし、レギュラー組も復帰しますから、これまでとは違う意味で楽しみな試合です。


>ktさん

お久しぶりです。

ウィルシャーは昨シーズンの終盤にちょっと評判を耳にしましたが、ここまでとは想像してませんでした。フィジカル面でかなり頼りなさそうではありますが、たまに使う分なら問題なさそうな感じがしますね。それこそセスクみたいに思い切ってチャンスを与えてもいいかも。

ラムジーもなかなかですね。さすがにフラミニの後釜としてシーズン通してコンスタントな活躍ができるとは思えませんし、そもそもパサータイプだよなっていうのはありますが、セスクの控えとしては悪くないかもしれません。僕もランドールよりいいんじゃないかと思います・・・。

言われて気付きましたが、僕もATVOの解約方法知りません(笑) FAQを見てみたら、何とメールしないといけないようです・・・。

「arsenaltvonline@level3.com」に

・ユーザーネーム
・氏名
・アカウントナンバー(わかればでいいそうです)
・解約の理由

以上を書いて送れとの事です。サービス向上のための意見を書いてくれともありますが、まあこれはいいと思います(笑)

注意点として、放っておいても自動解約にはならず、自動継続になります。解約されたければ必ず上記を実行してください。

励ましのお言葉、ありがとうございます。僕の文章は合う人合わない人は当然あるでしょうね。意見についてはともかく、そういった書き方の面で多くの方に受け入れて支えてきていただきましたが、どうにも合わない方はいるようです。ニュースを扱ってる以上、「気に入らなければ見に来るな」とはなかなか言えないのが現状なんですよね・・・。何だか面倒になってきたので、進退を考えているところです。


>laylaさん

さっさと2点取れたのがかなり大きかったでしょうね。ソンバタイはかなり引いてましたが、今回は相手も出て来ざるを得ませんでしたし。でも本当に無用な失点は気がかりです。昨シーズンはコンスタントに1失点するパターンが多くて少なからず勢いを鈍らせてましたが、あれはプレシーズンからそうだったんですよね。となると今シーズンもかと・・・。そういう点はメンバーが変わってもあんまり関係ないのかも。

ウィルシャーは本当にあとフィジカルだけですね。セスクと同じように16歳17歳から使っていってもよさそうな感じです。

トゥーレ、間に合うのはいいんですけどぶっつけなのはちょっと心配かも。それでもセンデロスより全然いいでしょうけどね。ギャラスには何とか成長してもらうしかないです。

ロビンは30はわかりませんが、20は確実に決められるでしょうね。本当にケガさえなければ・・・。それにアシストやFKにも期待できますし。本当に今シーズンこそはケガなくやってもらわないと。

僕もセスクには最後までいてもらいたいですが、まだ21ですからね。先の事は本人にもわからないでしょう。それでもできる限り長くいてもらって、アンリを超えるレジェンドになってもらいたいですね。

最後にお気遣いありがとうございます。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/952-0a337710

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。