スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスリ、ガナーになった喜びを語る 

Nasri hails 'immense club' - Sky Sports

ナスリがフランスフットボール誌に語ったコメント。アーセナルに来た喜びを語っています。この気持ちがずっと続いてくれると嬉しいんですけどね・・・。

「とても興奮している。新しいチームメイトを発見してるところなんだ。でも知らないところに来た感じは全くしない、フランス人みんなのお陰でね。今はガナーになれてとてもハッピーだ。」

「僕が来たのは素晴らしいものを達成するための全てを兼ね備えている、とんでもないクラブだ。この新しい冒険の一員になれて嬉しいよ。アーセナルは道しるべなんだ。」

前にも言っていましたが、アーセナルに来る上ではヴェンゲルの存在が大きかったとの事。

「彼の存在が決定的だったね。彼が求めるのは安定性と継続性だ。彼となら長期的な視点で仕事ができると思っている。彼はもう13年アーセナルにいると思うんだけど、それが全てを表してる。」

「僕はキャリアを向上させる中で、そういった類の保証を探していた。例え伝説的なクラブであっても、物事が一朝一夕で変わるようなクラブには行きたくなかったんだ。」

「アーセン・ヴェンゲルが僕の成長を手助けしてくれると思っている。彼は他のフランス人選手と大きな成功を収めている、特に若手に関しては開花を手助けしたわけだからね。」


Wenger - Ramsey faces fierce competition - Arsenal.com

獲得が決まってからずっと気になっていたラムジーの立ち位置について、ヴェンゲルが語りました。

「彼は私のプランに入っている。だが他の全ての選手と同様、パフォーマンスとクオリティ次第だ。(バーネット戦では)何人かの若手選手はファーストチームにとても近い位置にいるという事が見て取れたわけだしね。」

「彼が我々を選んだのは、若いうちからプレーするいい機会があると思ったからだ。準備ができていると判断されればチャンスを得るだろう。だが多くの競争がある事も彼は理解している。」


Wenger 'certain to make signing' - BBC Sport

続いてヴェンゲルがBBCに語ったコメント。アデバヨールと補強人数については昨日と同じですね。

「アデバヨールはアーセナルの選手だ。彼が残る事にとても自信を持っている。」

「最大2人だが、1人は間違いなく獲る。」

ラムジーについて。

「ラムジーはよくやった。とても頑張っていたから少し疲れていたようだ。当然彼にとってはビッグチャンスだよ。ともかく彼はよくやった。」

「2人出て行ったが、2人入った。だから数の上では並んでいる。」

ヴェラを人数に入れれば3人いなくなって3人入ってきたわけですけど、すぐ上のコメントでも言っているように、ラムジーはやはり即戦力ではない以上、計算に入れるのは間違ってますよね。500万かければ他に獲れただろうに。もしかしたらラムジーは将来のアーセナルを背負って立つ逸材なのかもしれませんけど、今はよりによって有望株がひしめくCMFなんか獲ってきやがってって気分です。大体元から選手層に不安抱えてるのに、出て行った数と入ってきた数が同じじゃ補強とは言わないし、慣れや成長具合を考えれば戦力的にはマイナスだろうに。


Rice - Why Austria is key to successful season - Arsenal.com

ビッグクラブといったらマーケティング目的でアジアや北米にツアーを組む事が多い、というかそれが普通になってきてますが、アーセナルは頑なに涼しいオーストリアでのトレーニングをやめようとしません。ライスはそのやり方の方が正しいんだと語っています。

「あそこへはいつ行っても一続きの9日ぐらいの日程が待っているんだ。もちろんいくつかの試合が何日かおきに組まれているわけだが、選手達に優れた、ハードなプレシーズントレーニングを提供できれば、彼らの助けになるし、シーズンを通していい状態でいられるという確信が持てる。シーズン序盤だけでなく、シーズンを通してね。」

「中にはそれ(長距離ツアー)も問題ないと考える監督もいるが、我々はそのルートを辿るクラブではない。」

「我々のオーストリア合宿は、これまでのシーズンでとても成功を収めたという事が証明されている。我々は常にトップ4に入っていたし、この準備の仕方が若手にとってもいいと思っている。」

ライスの選手時代にはトレーニング法などというものは確立されておらず、軍隊的な事をやらされていたようで、今とは別次元だと話しています。

「私が行ったプレシーズントレーニングとはまるで異なるタイプのものだね。私が少年としてここでキャリアを始めた時、ウォーキングをしていたのを覚えているよ。午後に路上に出てウォーキングをしたんだが、コーチの中に陸軍出身の人が何人かいてね。トレーニングといったら、そういう事をしていたんだ。」

「今はそこから何百万マイルも離れたところにいるね。選手に働きかける、核のしっかりしたやり方が多数用意されている。ランニングもあるが、我々が走っていたのとはまるで次元の異なる話だ。それにジムワークもたくさんあるし、強化メニューも続いている。そしてボールを使ったメニューもね。」

しかし昨シーズンはシーズン中に中東に遊びに行ったユナイテッドに負けたわけでねぇ・・・逆に選手層の薄いアーセナルが同じ事をやるともっとひどい事になるって事でしょうか。どちらにしても僕も今のやり方に賛成です。


Almunia - I can help the young players here - Arsenal.com

バーネット戦ではキャプテンマークを巻くかと思いきや、クリシーに奪われちゃってたアルムニアですが、ベテランの自分が若手を手助けするんだと語っています。

「今シーズン変わったのはシャツの背番号だけだよ。それは確かに変わったけど、状況は変わらない事を祈るし、アーセナルでたくさんの試合でゴールを守れるんだ。」

「僕のチームでの役割を予想するに、アーセナルを取り巻く人々のいい見本になる事だろうね。若手選手の模範になって、できる限り彼らを助けたいと思ってるよ。でも同時に、チームのためにプレーする事にも全力を尽くしたいね。」

「チームは疲れていたと思う、それは見てわかった。2週間の間本当にハードなトレーニングをこなしてきたからね。でもファンが試合を楽しんでくれてたらいいな。これがまず最初のテストだったし、個人的にも楽しかったよ。」

「フットボール選手っていうのはトレーニングだけじゃなくて試合にも出たいと思うものだ。だからフィールドに戻って来られて嬉しかったね。プレシーズンのスタートはいつもハードだ。午前中も午後も練習があるからね。」

「今のムードはいいよ、でもまだ戻ってきてない選手もたくさんいる。みんなが戻ってきて、いいシーズンに向けて備えをするのが楽しみだね。」

「ラムジーはとても優れたチャンスクリエイターだね。セスク・ファブレガスによく似ている。でもまだ彼はとても若いんだって事を忘れてはいけないし、セスクやアブ、ここに長くいる他の選手から学ばなければならないね。」


PSG admit Gallas interest - Sky Sports

昨シーズンはギリギリで降格を免れ、今季は新会長の下でマケレレやジュリを補強するなど、かなり意欲的な動きを見せているPSGが、今度はギャラスに興味を持っているそうです。あちらさんは無理っぽいだろうなとは思ってるようですし、ギャラスが行くとも思えませんけど・・・。

それにしてもキャプテン問題はどうなったんでしょうね。


Arshavin in limbo - Sky Sports

スパーズがオファーを出したとかっていうアルシャフィンですが、なかなかいい話が来ないのでこのままゼニトに残留する可能性が高くなってきたとの事。別にゼニトは売れなくてもいいわけですしね。こちらとしても3000万ユーロなんて払ってられないので、そのまま立ち消えになってくれればいいです。


Arsenal in Austria - exclusive pictures from training camp - Arsenal.com

オーストリアキャンプの風景。一部レギュラー組や新加入のナスリの姿もありますが、まだ戻ってきてない選手もいるっぽいですね。セスクの姿がないです。あとヴェラはきっちり練習しているので、今日の試合に出てくるかも。
スポンサーサイト

コメント

遅ればせながら…

ご無沙汰しております。

今頃ですが、フレブ行ってしまいましたね…
自分のマーキングのジンクスはやはり続いていました。正直笑えないです。
それを恐れて止めたフラミニも結局移籍してしまいましたし…

新ユニフォームどうしようって感じです。

はっきりいえば、いまの戦力では4位以内に残れないと思います。昨シーズンも選手層の薄さが過密日程に耐えられなかった原因。逆に薄くしてどうすんでしょうか?まだ選手が出ていくかもしれないというわけで、即戦力は2,3にん取っておく方がいいと思います

セスクの姿がないのはちょっと心配ですね…

更新お疲れ様です。ナスリには長くアーセナルに居て欲しいです。とりあえずなんだかんだでアデバは残りそうなので、昨シーズンのような活躍をして欲しいです。キャプテンは今年もギャラスでいくんじゃないでしょうか。自分的にはトゥーレとかでもいいのではとも思いますけど、どうなんですかね?ツアーなんかを今のアーセナルがしたらそれこそ怪我人増えそうで怖いですけどね。あと色々見て気になったのは、エドゥアルドが10月位の復帰なのとトゥーレのマラリアに感染?というの見たんですけど、心配です。あと二人は補強するみたいなので、せめてアンカーとDFの補強をして欲しいです。お体に気をつけてこれからも頑張って下さい。長文駄文失礼しました。

Fabregasは確か29日にチームに合流するって何かで見ました

プレシーズン第2戦、途中一部を除いてみていましたが、後半はオールサイドバックでしたね。プレマッチとはいえクリシーをCBで使うとは。

ゴール前のいざという時に雑でしたね。ヴェラは振り向くはやさや加速度はよかったですが、大切なときのトラップが大きくなっていました。ベントナーとウォルコットのコンビでの同点ゴールは見事。

ウィルシャーは1年後スタメンでも驚きません。おそろしく落ちついている。

>消えた分

大したことではないのでいいですよ。「アルムニアはFKを弾けたと思う」ということを書きました。昨季のベイルのFKといいあの角度は苦手なのかな。難しいとは思いますが、あれを弾けるGKは存在し、CLレベルではその辺が大事になってくると思うのでやや心配。基本的に私はアルムニアでOK派ですが、GKなんてスーパな選手を1人とって十年単位で安心したいものです。

陸さんのブログで陸さんのやり方に他人がケチつけるのはドメネクと同じくらい理解不能だと思いますが…
そんなに嫌なら来なければ良いのでは?
困ってるのは業者さんとあなただけなんですから

>雑念の神様さん

お久しぶりです。

ジンクス、本当に続いてしまいましたね・・・。フラミニまでというのは、もう買おうと思った時点でアウトって事なんでしょうか。もういっそ自分の名前を入れるとか(笑)

まあそんな事をいちいち気にしていてもしょうがないので、欲しいと思ったものを買えばいいと思います。


>ロングボトムさん

ヴェンゲルの言う2人っていうのはさすがにこれ以上誰も出て行かなかった時の話で、誰かいなくなればその分は獲ると思っていいと思うんですけどね。どちらにしても今のままでは本当に4位に入れるかどうかってところだと思います。ケガ人が増えたり日程が密になった時、今までみたいに既存の選手でポジションを変えてやりくりしようとせずに、積極的に若手を使うっていうんなら多少は選手層もマシになるかもしれませんけど、それで結果が出るとはなかなか思えませんね。


>あじさいさん

ユーロで決勝まで行きましたからね。


>ゆうとさん

先日はご迷惑をおかけしました。

最近選手の定着期間が短くなってきてる気がしますね。今いる選手も、これから来る選手もなるべく長くいてもらいたいものです。ただアデバヨールはね・・・プレーの質は期待できると思いますが、やはり彼が残るのは納得いかないところがあります。

キャプテンは僕もギャラスで行きそうな気がしてます。というか最初からまず変えないだろうなと思ってました。本来なら手堅くいくならトゥーレ、ギャンブルするならセスクの二択になると思うんですが、こんな状況だとキャプテン剥奪してギャラスが落ち込んだりチームから浮いてしまったりした場合の危険性の方が大きそうですね。

エドゥアルドはこのままだと10月ぐらいになりそうな感じですね。それでも充分早いと思います。トゥーレも開幕までには復帰できるそうですし、準備不足が心配ではありますが、この辺りは予定と大きく違ってしまうなんて事にはならないんじゃないかなと思ってます。

あと2人の補強だったら僕はCMFとAMFですね。こうなるとCBもできるヴェローゾはやっぱりポイント高いなとか思ったり・・・。とにかく中盤が心配です。ギブズやランズベリー、バラジーテ辺りによっぽど使える目処が立っているというのならAMFでなくCBでもいいかもしれませんけどね。

お気遣いありがとうございます、これからもよろしくお願いします。


>NO NAMEさん

もっともなご意見なのですが、今のところやめるつもりはありません。荒らしは基本的に同一人物による粘着ですし、禁止対象にするにも限界があります。極端な話ですが、今承認制をやめるぐらいならコメント欄を閉じるか、ブログをやめます。

それよりあなたはいちいち過去のコメントを全て削除し、再びNO NAMEという名前を変えているのは(今回は名無しですが)どういう事でしょうか。


>gdさん

29日ですか、具体的な日にちは知りませんでした。彼は今シーズンも忙しいですからね、ゆっくり休んでもらわないと・・・。


>さとさん

大変申し訳ありませんでした。laylaさんへの返信でもご説明しましたが、今後はなるべく一括承認で、ミスの可能性を減らすようにします。間違って「一括削除」を押そうものなら目も当てられませんけどね・・・。ともかく今後は気を付けます。

ソンバタイ戦の後半最初、トラオレとランズベリーが入ったのにウィルシャーがまだ左にいたので、一体トラオレはどこに入ったんだろうなと思って見てたんですが、どうも左にいるんでレフトバック。じゃあクリシーが下がったのかと思いきや、まだいるし。さらに右にジャスティンの姿、でもサニャもいる・・・目を疑いましたよ。すごく貴重なものを見た感じです。でもサニャはまだともかく、クリシーにCBは無理ですよね・・・。

ヴェラは見事なまでに空回りしてましたね。まあ最初はあんなもんかって事で、あまり気にしてません。今回はベントナーとウォルコットがちゃんと仕事しましたね。特にベントナーの方はドリブルが冴えていたのが印象的でした。

ウィルシャーは本当にすぐにでもトップチームに入ってきそうなほどの驚異的なパフォーマンスでしたね。今シーズンはカーリングカップ常連、来シーズンはコンスタントにベンチ入りといったパターンが現実的でしょうかね。

バーネット戦のFK、確かにもっと早く読んで反応していれば弾けたとは思います。でも壁の外を巻いて結構ポストに近いところを通って決まってるわけで、あれをキーパーに求めるのは酷ってもんじゃないでしょうか。元々アルムニアはたまにスーパーセーブをするがミスが多いタイプでしたが、今はその逆。ならば安定している方がキーパーとしては優秀だと思います。そもそもアーセナルにフィットするスーパーなキーパーなんて、カシージャスぐらいしかいないんじゃないですかね・・・。


>おったまさん

NO NAMEさんの仰る事にも一理あると思います。ただ、嫌とかそういう問題じゃないんじゃないですかね。

業者さんは実は相変わらずです(笑) ここに貼って何か意味があるんですかね・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/947-82deed5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。