スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セスクのスペイン、攻撃的フットボールで頂点に輝く 

Cesc hails 'beautiful football' - Sky Sports

ユーロチャンピオンとなったセスクのコメント。アタッキングフットボールの勝利を宣言しています。

「僕の人生最高の日だ。44年振りにやり遂げたんだ。手に入る最高のトロフィーの一つだし、夢の一つだよね。」

「これだけのクオリティがあって、ボールを回そうとしていて、美しいフットボールをしているチームが栄光を手にするまでには長い時間がかかったね。これで僕達がやり遂げた。それに僕達は若いし、2年かけてワールドカップへ挑戦できるよ。」


Fabregas eager for Arsenal glory - Sky Sports

そして次はアーセナルだ。

「これで来年はアーセナルでトロフィーを勝ち取りたい、これが僕の目標だ。若い時に集大成を成し遂げられた、スペインでこれができるなんて思ってもみなかったよ。今はアーセナルで同じ事をしたいね。」

「アーセナルでは試合に対して多かれ少なかれ(スペインと)同じクオリティを持ってるから、アーセナルでのフットボールがどんどんよくなっていくといいね。」

ヴェンゲルもアーセナルの若いチームが次こそ輝く事を期待しています。

「頂点を極めるには我慢強さが必要な時もある。28歳や29歳になるまで勝利を経験できない選手もいるが、我々の多くの選手がまだ25にも満たないという事を忘れないでもらいたい。」

「私は我々がここで特別な事を成し遂げられると信じている。試合に対するビジョン、クラブに対するビジョン、そしてドレッシングルームでの団結力を以てね。」

「今シーズンは何かを勝ち取るのに値するという気持ちもあったかもしれないし、それに対する報いを受けられなかった。だが勝者なら必ず復活するものだよ。」

そのためにはしっかりとした補強を・・・。


Cesc in Euro 2008 Team of the Tournament - Arsenal.com

ユーロの最優秀選手はシャヴィ・エルナンデスに決まり、得点王は同じくスペインのダヴィド・ヴィジャでしたが、セスクはトルコのハミト・アルティントップと並んでアシスト王になりました。また11人じゃないんですが、チーム・オブ・ザ・トーナメントに選ばれています。以下がフルリスト。

ゴールキーパー:
ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)、イケル・カシージャス(スペイン)、エドウィン・ファン・デル・サール(オランダ)

ディフェンダー:
ボジングワ(ポルトガル)、フィリップ・ラーム(ドイツ)、カルロス・マルチェナ(スペイン)、ペペ(ポルトガル)、カルレス・プジョル(スペイン)、ユーリ・ジルコフ(ロシア)

ミッドフィールダー:
ハミト・アルティントップ(トルコ)、ルカ・モドリッチ(クロアチア)、マルコス・セナ(スペイン)、シャヴィ・エルナンデス(スペイン)、コンスタンティン・ズイリャノフ(ロシア)、ミハエル・バラック(ドイツ)、セスク・ファブレガス(スペイン)、アンドレス・イニエスタ(スペイン)、ルーカス・ポドルスキー(ドイツ)、ヴェズレイ・スナイデル(オランダ)

フォワード
アンドレイ・アルシャフィン(ロシア)、ロマン・パヴリュチェンコ(ロシア)、フェルナンド・トーレス(スペイン)、ダヴィド・ヴィジャ(スペイン)

ポドルスキーがMF扱い・・・確かに今大会ではストライカーとしてはあまりプレーしてませんが。疑問はラームが入ってる事と、シルヴァが入ってない事ですかね。トーレスも微妙ですが・・・やっぱり決勝戦で決勝ゴールっていうのは充分な理由かも。

ともかくこれを見てもわかるのは、MFの大会だったって事ですね。ヴィジャと最後のトーレス以外にあまり目立った活躍をしたストライカーがいませんでした。ファン・ニステルローイなんかはよくやっていた方で、ちょっとチームに足を引っ張られてしまったかなという部分もありますし、アンリやズラタンはコンディションがイマイチ。それ以前の問題だというのもありますけど・・・。そしてトーニは最低でした。準優勝であるドイツのストライカーが軒並み低調だったのも原因かもしれません。


Clichy is second in Player of the Season poll - Arsenal.com

オフィシャルの年間最優秀選手、2位は先日契約を延長したクリシー。何となく全体的なパフォーマンスは昨シーズンの方がよかった気もするんですが、最初の方はいませんでしたしね。フラミニがちょっと可哀想な気もしますが、サニャが4位なら確かにクリシーの方が上に行かないとおかしいかも。1位はセスクでしょうね。



もうすでに記事内でサラッと書いてますが、ドイツ対スペインはトーレスの決勝ゴールでスペインが競り勝ち、44年振りに戴冠しました。まさかトーレスとは。最初はチーム全体の動きが重くて、トーレスもこれまでのように雰囲気を感じさせるところまですら行かない状態でしたが、イニエスタが左サイドを突破してメッツェルダーが危うくオウンゴールしそうになったところから、スペインもトーレスも流れを掴みましたね。

まず右サイドを駆け上がったセスクがクロスコースを消されてると見るや、冷静に後ろに折り返し、セルヒオ・ラモスのクロスにトーレスがヘディング、これがクロスを叩くわけですが、この辺りからちょっとずつ気配が。そして得点シーンはちょっと信じられませんでした。完全にラームの方が先にコースに入っていて、レーマンも出てきてるのに、同じフェルナンドでもアロンソと見紛うようなクロスライン、そしてアウトからのオーバーテイク。レーマンが追い付く寸前でボールを触りつつ浮かし、枠に飛ばすという・・・非常にトーレスらしいゴールでしたが、まさかユーロの決勝でやるとはね。こりゃさすがにもうヘタレ呼ばわりはできませんね。

ちょっと名前も出てきてますが、セスクは先発出場。トーレス1トップでクアトロ・フゴーネスを並べた布陣でしたが、セスクは後半途中にシャビ・アロンソと交代しています。明らかに不満そうでした・・・爺さんのやる事は良くも悪くも理解に苦しむ事が多いので、これでバランスが崩れなきゃいいと思ってたんですが、リードしている事もあってか、こういう状況でも自分達を見失わないスペインチームの成長が垣間見えましたね。セスクのパフォーマンス自体は平凡なものでした、決して目立ってはいませんでしたが別に悪くもなかったですね。らしさは出てたと思います。

対してドイツはトルコ戦が嘘みたいに序盤から快調でしたが、やっぱり決め手を欠いてましたね。力負けという印象です。こうなると高さか決定力で凌駕するしかないんですが、スペインはハイボールにも何とか対処していましたし、自慢の決定力も・・・唯一枠に飛んだシュートはカシージャスの真正面。カウンターを喰らうと脆かったオランダと違い、うまくリトリートしながらスペースを消していくスペインの守備は今回も光ってました。最初にラモスがやらかした時はヒヤッとしましたけど・・・。

レーマンの出来もトルコ戦とは大違いでした。メッツェルダーのオウンゴールを鋭い反応で防ぎましたし、人と人の間を抜けてきたセスクのグラウンダーのミドルをがっちりキャッチしたり。唯一悔やまれるのはトーレスのゴールシーンですが、あれは決めたトーレスを褒めるべきでしょうし、ドイツ側に非があるとすればラームの方かな。どうせレーマンが捕るからと、全力で抑えてはなかったでしょうからね。何にせよあれはトーレスの身体能力と技術、執念が生んだゴールでしたね。

総じて点の取り合いにはなりませんでしたが、面白い勝負でした。クオリティも最高だったとは言えないかもしれませんが、決勝戦らしい緊迫感がいい意味で溢れていた試合だったと思います。その中でしっかりと実力を発揮して勝利したスペインは、ドイツ側も認める通り、真のチャンピオンでしたね。それでもやっぱり、スペインの優勝セレモニーを見つめるレーマンやシュヴァインシュタイガーの恨めしそうな顔は忘れられません。レーマンにとっては本当に残念でした・・・。

一方で試合後にセルヒオ・ラモスが来てたTシャツなんですが、プエルタに捧げるものだったんですね。これで国歌が流れてる時に彼が上を向いていた理由がはっきりしました。最初から最後までプエルタのために戦ってたんですね、彼は。それはなおさら優勝できてよかったですね、本来ならばこの場にプエルタがいてもおかしくなかったわけですし・・・。

そういやこの大会、結局オウンゴールは生まれませんでした。メッツェルダーは下手すると最初で最後のオウンゴーラーになっていた可能性があります。また直接FKで決まったのもバラックのゴールのみでした。ん?でもあれって蹴る前にボール動かしてましたっけ?

この試合に限らず大会を通じてそうでしたが、審判のクオリティの低さは目立ちましたねぇ・・・。今回一番謎だったのは、カシージャスに出たイエローカードかな。あれはカシージャスはキレるプジョルを差し置いて、キャプテンだからこそあの場に入ってきたはず。まあその時に何かマズイ事を言った可能性もありますが、そうでなければあそこでカシージャスにカードを出すのは荒れる原因になるだけです。オフサイドとか、どっちボールだとかっていうのは人間には難しい場合も間々ありますけど、ファールの基準がメチャクチャなのはどうにかしてもらいたいですね。

それから制度についてなんですが、累積警告を準決勝で取り消すのはこの前も書いた通りよかったと思うんですが、グループステージの勝点の次に当該チーム同士の対戦成績が来るのは何とかなりませんかね。あれによって2試合目で全グループの首位通過が決まってしまいました。通過が決まるのは別に普通なんでいいですけど、1位まで決まっちゃうというのはどうもね・・・。得失点差の優先順位を上げればこんな事にはならない上、計算も楽になるんですが、次回から変えてくれませんかね。

ともかくこれでお祭りは終わりです。ここからは移籍期間が公式に、そして本格的にスタートします。今年は不安だらけですが・・・ヴェンゲルがユーロで得た収穫は。何より現有戦力の維持はいかに。かなり不安の方が大きいですね・・・。



さて、ユーロも終わって月も変わるので、ここで表記の変更のお知らせ。2選手について、以下のように変えます。

トマシュ・ロシツキー→トマーシュ・ロシツキー
ウーカシュ・ファブヤンスキ→ウーカシュ・ファビャンスキ

後者は実はプロフィールの方にだいぶ前から反映されてるのでお気づきになった方もいるかもしれません。今更ですが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

更新お疲れ様です。やっと決勝の試合見る事ができました。今更感想もどうかなと思いますが、とにかくセスクおめでとう!ですかね。あとはアーセナルでタイトルを取ってもらいたいです。あと今更ですがやっぱり生で決勝見たかったです(泣)
アデバに関しては大丈夫かなと思ってたんですけどね~。個人的には干す位なら売った方がいいかなと。新契約をするなら活躍できなかったら減俸とかのオプション付けれませんかね~。一年活躍した位で調子に乗るなと言いたいですし、周りのサポートあっての活躍というのを理解して欲しいです。もし出すならベルバトフが欲しいですね。彼ならアデバ以上にやってくれると思うんですけどね。あとナスリ早く決まって~(泣)最後にアウマリ・ビショフという選手と大筋で合意ってあったんですけど、どういう選手なんですかね~。昨シーズンは怪我してあまり出てないみたいですけど、怪我しやすいんだとちょっと不安ですね。長々駄文すいません。お体に気をつけてこれからも頑張って下さい。

コメント

毎日の更新お疲れ様です。

いよいよ移籍期間が本格的に始まりますね。私にとっても今年も不安だらけのスタートですね。とりあえずナスリの正式決定の報を聞きたい所ですね。

某サイトではバルサがアデバ獲得に失敗したらシェフチェンコのレンタルを狙うとの報道を見ました。チェルシーも容認していて後はバルサの新監督の許可待ちの状態だとか・・・

デコのロンドン行きも決まったようですしフレブ関連に動きがあるかもしれないですね。


優秀な審判とは!

セスクは今大会で初めてア-セナルで見せる、視野の広いコンダクターをスペイン代表で見られました!
彼の素晴らしさをアーセナルサポーター以外に示せた大会になったようです。
審判は陸さんの言うように生身の人間ではもう限界なのかもしれませんね?
今思うと賛否両論はあるでようが、やっぱりコッリーナは優秀な人でしたね。
判定の正確さについては完璧ではなかった印象ですが、なにより一番大事なワビサビがありましたよ。
私の意見がが正しいのかどうか解りませんが、フットボールも観客やテレビ視聴者があって成り立つ世界だと思っています。
むやみにレッドカードを連発して試合をぶち壊したり、さも公平な判定で何が悪い的な審判が多いのは嘆かわしいものです。
本当に悪質なファールや明らかに侮辱的な行為は当然罰せられるべきですが、試合も一つのエンターテイメントです。
優秀で洒落の効いた判定が出来る本当の意味でのプロフエッショナルな審判が必要ですね。

アデバヨールの評価が一様にフレブより低いのは、1年間試合を見ていれば理解できますね。
ボールを上手く納めたりコントロールするのは凄く巧みなのですが、如何せんフィニッシュが下手糞。
シーズン前半は、妙に良かったのですが、短髪にした当りから去年までの低タラク振りが復活!
ゴール前で慌てる素振りは、まだまだストライカーとして大成した訳でもありません。
この際、スカっと金が取れる時に放り出した方が言いと思います。

お疲れさまです

昨日のにコメント送ったら陸さんのコメントが既に…(苦笑)
Take care your お腹です(笑)


ユーロ→
セスク、おめでとうっ◎これが良いモチベーションになって、チームを牽引して(GL最下位敗退のギャラスも励ましながら)頑張って欲しいですね!
ていうか、セスク引っ込めるなんてアラ爺はよく解りません。アラ爺の胴上げですが、セスクも背中を持ったり、皆喜び爆発してるのに慎重に胴上げしてるのが微笑ましく笑えました。降りた後のアラ爺はパンツを上げることに必死で、喜び合いたい選手はいなしてた(笑)
Sラモスが一人天を仰いでたのはパレルタを思ってだったんですね…。イイ奴ですね。。。
大好物のアタッキング・サッカーの勝利ですか!リアクション・サッカーとか大嫌いなんで、嬉しいです。アラ爺の後任が気になります…。


長文失礼しました、陸さんもお体お大事に…。

はじめまして

はじめまして、いつも拝見させていただいています。

皆さん干すのも一つの方法だとおっしゃっていますが、干してよい点はあるのでしょうか?
僕には悪い点しか思い浮かばないのですが・・・

僕的にアデバは干すくらいなら売って、補強費に回してほしいです。残るなら残るでいいですが、他にもストライカーはいますしね。

でも、フレブは替えが利きませんし、絶対に出してはいけないと思います。
  • [2008/07/01 19:07]
  • URL |
  • Go for it Gunners!!!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

たさんと同意見で、アデバ、この際売ってもいいのではと思います。
正直、簡単なとこを外すと言うイメージがなんか強いんですよね。。
アデバ、移籍したら、アデバ自身が後々後悔しそうだけど。

アウマリ・ビショフって人はフラミニの代わりですかね?なんか中盤はどこでも出来るみたいなことを聞いたんで、楽しみです!

後、ベテランがほしい。。。


 アデバには、失望しました。まぁアフリカ人は調子乗りやすいところがありますけど、それにしても。ぼく自身も頭に来てるので、陸さんのおっしゃるように干しちゃってもいいと思います。
 まぁ、まずはフラミニも後任ですよね。フリンクスなら理想、じゃなくてもバリーかノーブルかヴェローゾでも、納得できる補強を望むのみです。まさか、デニウソンの成長に期待する、とかないだろうな。ヴェンゲルだとあり得なくもないのが怖いですね。

スペインの勝利はとても素晴らしかったですね。大会総じて、攻撃的フットボールが席巻しているような印象でした。4年前の守備的なフットボールが大旋風を巻き起こしたのと全く逆の結果だと思います。アーセナルも攻撃的フットボールでタイトルを獲ってほしいですね。陸さんも仰るように的確な補強をお願いしたいです・・・。
アデバ消えたら誰が来るんですかね?不謹慎ですが、そっちのが楽しみになってきました(笑)ビジョフ移籍をブレーメン側が発表したそうです。なんだかんだMF補強しましたね。どっちかっていうとセナに注目してたんですが、あれほど活躍されると高騰してますよね・・・。というか最近噂が上がってる選手ってMFばっかりですね。やっぱりDFは獲らないみたいですね・・・。

>レギュレーション

当該対戦優先のほうがいい場合もあるんですけどね。これはサウジあたりが出るWCにこそ適用して欲しいです。カードの適用は第3戦で休ませる不公平さをなくすために適用しているのかと思いましたが、あまり意味はなかったようで。

スペインはドイツよりも明らかに上でしたが、ドイツの諦めのよさは気になりました。らしくない。ロングボールは有効だと思ったんですが、唯一正確に蹴ることが出来るDFラームが前半で退いて可能性は下がりましたし、そもそもそんなプランはなかった感じです(最後はDFも上げて行いましたが、もっと早くやればと)。

チェルシーにデコが来ましたね。いやらしい選手ですが、もともと3センターは脅威だったので、人数1人が増えただけです。ポルトガルの試合を観て思ったのですが、彼のタイミングは前線の動き出しを無駄にすることがあるので、プレミアでどうなか見物です。好きな選手ですが、アーセナルのシステムにはまらないでしょうね。

やっぱDF(CB)補強して欲しいね

ユーロ面白かったですね。
なんかユーロで6月があっと言う間に終った気がします。
身内で賭けてたのもありますが毎日楽しみでした。

面白かったのはトルコ・ロシア。
期待はずれはポルトガル。
予想通りダメだったか・・はフランス。
気になった選手は、やっぱアルシャーヒン&シルバ。
スペインは前途遥々&セスクの謙虚な姿勢に感心しました。
チームから怪我人が出なかった事がホントに良かった。

ユーロも終って開幕まで後1ヶ月弱。
これから移籍本番な訳ですがユーロ始まるまでフレブが祭り状態だったのに今やアデバが祭り状態ですね。
他にも声掛かってますがなんともアーセナルモテモテですな。
ある意味、DF(CB)もモテモテだといいのですがねorz

>ゆうとさん

観戦おめでとうございます、って日本語変ですね(笑) 思ったより静かでしたが、いい試合でした。生で観れなかった方は残念です。

活躍できなかったら減俸のオプションはいいかもしれませんね。後釜の事を考えると売りたいですが、ゴネ得とは思わせたくないので、そう簡単には出したくないですね。ベルバトフはいいですが、相手がスパーズっていうのが厄介。候補はいくらでもいるでしょうけど、本当に合いそうな選手を見つけてくるのは意外と難しいかも。

ナスリはぱったりと話が途絶えてますが、どうなってんでしょうか。このまま決まりそうにないんならシルヴァに乗り換えるのも手かも・・・。

ビショフはどうもCMFっぽいですが、このポジション、あんまり若い選手は逆にいらないんですよね。若い選手に有望なのは揃ってますから、確実にフラミニの穴埋めをできる選手でないと。どうもヴェンゲルの補強方針は理解に苦しむ事が多いです・・・。


>NO NAMEさん

結局トーレスはヘタレなところもスーパーなところも見せられてるので、信用はできませんね。このまま最後までこういう選手のままかもしれません。他にヴィジャみたいに確実に活躍してくれる選手がいるならばトーレスのような選手がいてもいいとは思うんですが、大黒柱にはしたくないですね。

ブッフォン、ツェフはカシージャスと比べてそれほど守備範囲が広くない事が僕の中で評価を落としてるんですよね。単純に僕が守備範囲の広いキーパーが好みっていうのもあるかもしれません。カーンみたいなキーパーは好きじゃないです。ツェフは頭をケガしてから安定感を欠いてますからね、とっくに世界屈指のキーパーの座からは陥落してると思います。今大会で言えばやはりベストに選ばれたカシージャス、ブッフォン、ファン・デル・サールが群を抜いていたと思います。

グイサのゴールをアシストしたセスクのフライスルーは意外とよくやってますよ。今回と同じくダイレクトが基本になるので精度の問題もあったりして、あまりうまく決まったところを見た事がないんですけどね。基本的に僕はセスクはオシャレな選手だとは思ってません。たまにそういうプレーも出しますけど、やはり彼の武器は視野の広さと、それを活かす安定した組み立て能力、戦術眼ですからね。誰と組もうとそれは変わらないかと。だからこそどうしてもシャヴィの方が目立っちゃうんですけどね・・・。

アデの残留はあの発言が捏造でない限りもう勘弁です。フレブには残って欲しいですし、補強もしっかりしてもらいたいですが、ビショフ獲得決定の噂が出てくる辺り、全滅になりそうな気配です・・・。


>tomoさん

ありがとうございます。

ナスリはどうしてるんでしょうね。ユーロが終わったと思ったらバカンスに行っちゃって話がつかないとか?まだラムジーしか決まってないのにもう7月になっちゃったんですが・・・やる気あるんですかね。

アデを売ってシェフチェンコレンタルならそれもいいかも・・・エドゥアルドが意外と早く戻ってくるので、ストライカーを獲ってもダブつくだけかなと思ってたんですが、基本若手を使いつつベテランにも頼れる、いいバランスになりそうな感じはします。若手が伸び悩むとすごく貧弱な布陣にもなりかねないですけどね・・・。

そういえばデコ決まりましたね。チェルシーの事は全然追ってなかったので、僕としては突然決まったような感じがあるんですが(もちろん前々から話は聞いてましたけど)、どうなんでしょう。モウリーニョはこれで二度、デコに失恋してますね(笑) フレブにはおとなしくしておいてもらいたいです。バルサの事なんか知らん。


>たさん

セスクはそろそろアーセナルの殻を破りつつありますね。このままアーセナルのセスクと同時にスペインのセスクとしての存在感も確立していってもらいたいですね。

先日国際試合から・・・いや完全でしたっけ?引退したマルクス・メルクはコリーナの後継者とか言われてましたけど、僕は彼をあまりいい審判だと思った事はないんですよね。理由はたさんの仰るような事かもしれません。同じような話をこの前友人ともしてたんですが、本当に試合をうまくコントロールできる、一つ一つの判定だけではなくてそういった大きな視点から評価できる審判が本当にいなくなったなという感じがします。コンラッド・プラウツはあの神経質な態度と笛の吹き方さえ直れば、かなりそれに近づけると思うんですが・・・。イングランドの審判は論外ですね。

僕はフィニッシュが下手なのはトーレスも同じだと思うんですよね。それが決めるべきところで「普段そんなシュート撃てないだろ」っていうようなシュートを撃つのがトーレスですけど、アデバヨールはどちらかというとクライフェルト寄り、簡単なのを外して難しいのを決めるオランダ人っぽい感じでしょうか。これは直らない選手は本当に直らないですが、アデバヨールに関しては直る見込みがあると思うんで、結構アデバヨールに対する評価が低いのは意外だったりします。まあ今となってはそれ以前の問題なんで、処遇を決めないといけませんけどね。


>こぐまさん

あ、入れ違いでしたか。お気遣いありがとうございます、調子はまだ悪いです・・・こりゃ梅雨が明けるまでダメかもしれません(笑)

セスクは直接倒したチームメイトがレーマンだけで、そのレーマンももういないので気兼ねなく喜べますね(笑) ギャラスは気の毒でしたが、占い師を監督に選んだ自国のサッカー協会を恨んで欲しいです。

爺さんがセスクを引っ込めた時は僕も嫌な予感だしたんですが、杞憂に終わりました。アロンソが無難にこなしたのもあるでしょうが、柔軟に対応したスペインチーム全体が素晴らしかったんでしょう。あれこそ勝者のプレーだったと思います。アーセナルのみならず、みんながあああって欲しいなと思えるお手本のような内容でした。爺さんの胴上げは岡ちゃんが身を案じてましたが、僕も全く同じでしたね。試合中、何もないところでポックリ逝ってそうな気配すらありますからね・・・フェネルバフチェに行くんでしたっけ、クラブ監督なんてやって大丈夫なのかと無意味に心配にもなります。

守備に重点を置いたチームでも、4年前のギリシャのプレーには機能美を感じました。ジャイアント・キリングという面以外にはまるで面白みがないんですけど、実力で劣るチームが完璧な守備と決定力で勝ち上がっていくのはある意味楽しかったですね。でもやっぱり普通に魅力的なプレーをするチームが一番面白いですし。今回のスペインの優勝は嬉しいです。ちなみに爺さんの後任はやはりヴィセンテ・デル・ボスケで決まりのようですよ。


>Go for it Gunners!!!さん

初めまして、コメントありがとうございます。

干すのはデメリットの方が大きいような気はするんですが、メリットというか、結局見せしめにしたいんですよね。活躍すればいつでも給料を上げられると思うな、いつでも望みのクラブに移籍できると思うなという。もちろんやりすぎは逆に選手からの信用を失ってしまうのでよくないですが、キャンベルの契約をわざわざ解除したりしてる辺り、ヴェンゲルはちょっとお人好しすぎる気がするので、ここらで厳しくやるのもいいのではないかと思うわけです。

差し当たってネックになるのは後任問題ですね。アデが抜けたら、ストライカーの補強なしでは厳しいでしょう。しっかりしたセンターフォワードが一枚欲しいですね。ベントナーは2トップでは1.5列目の方が活きると思うので・・・。ウォルコットがそのままストライカーとして開花するのであれば不要な気もしますが、やはりベントナー以外にもう一枚、高さのある選手が欲しいです。シェフチェンコは高さはそこまであるわけではないですが、セットプレーではヘディングから点も決めますし、センターフォワードらしいセンターフォワードという事で悪くなさそうですね。シェフチェンコはハマると思うんだけどなぁ・・・獲ってくれないかな。

ナスリがもう1年早く来てればフレブを手放してもよかったかもしれませんけどね。このタイミングでは出せませんよね。やっぱりアタッキングミッドフィールダーの補強を怠ったツケは大きいです、フレブが残留してくれれば何も問題ないのですが・・・。


>okaさん

アデバヨールは逆に考えると、簡単なところを外してもなお24ゴール決められるんですから、この先もっと成長して決定力がついてくるとどうなっちゃうんだというのがあると思うんですよ。課題の多さは裏を返せばそれだけ伸びる要素があるって事ですから。なので僕個人に関してはクオリティ面でアデに不満はありません。今はそれ以前の問題です。

ビショフ、フラミニと後釜としては若すぎる気もするんですが、ギリギリ使える事もありそうな、かなり微妙な年齢ですよね・・・それならデニウソンでいいじゃないかとも思わされます。見た事はありませんが、どんな選手であれはっきり言っていらないですね、もうちょっと考えて補強しろよと思います。ただでさえ金がないって言ってんだから・・・本当にうんざりさせられます。

ベテランで固めるならフリンクス、シェフチェンコの2人がいいと僕は思います。CMFは下の世代がひしめいている事を考えると、フラミニと同じかちょっと上ぐらいの選手を連れてくるより、思い切ってベテランを連れてくるのもいいと思うんですよね。ストライカーも同じかな。逆にCBはちょっと若くてもいいと思いますね。


>熊谷からさん

アデバヨールの場合は調子に乗りやすい部分が顕著なんですよね。本当宇宙人です、もう振り回されたくはないので、出すなり干すなりしちゃって欲しいです。本当に失望しました。

デニウソンの成長に期待するのはいいんですが、それならばキャリアの終盤に差し掛かってるベテランを獲ってくるべきじゃないでしょうかね。まだ終盤ってほどではないかもしれませんが、フリンクスは将来の事を考えても妥当な案でしょう。即戦力且つ長い目で見たいならヴェローゾやインレルかな。ノーブルはちょっと嫌ですね・・・バリーも噂すら出てこないので、なさそう。レフトバックもできる彼は貴重なのですが、無駄に高くつく可能性もありますね。


>laylaさん

オランダがベスト8で消えてしまったのは残念ですけど、大会を通じて守備的なチームは結果を出せずに終わりましたね。すごくいい事だと思いますし、スペインの優勝によってこのトレンドが末永く続いて欲しいと思います。スペインができたのならアーセナルも・・・と思うわけですが、それにはやはり選手層が足りないですね。

僕はもうアデ消えてシェヴァでもグイサでもゴメスでも何でもいいやって感じになってきました(笑) でもシェヴァが一番欲しいですね、アーセナルならウクライナの矢はもう一度輝けると思います。ビショフってすごく微妙な立場の選手ですよね、まあ使えればいいんですけど・・・本当にデニウソンとかディアビーをどうしたいのか、全然見えてきません。いい加減ヴェンゲルにはうんざりです・・・。


>さとさん

これを言っちゃおしまいですが、そもそもアジアでスポーツをやろうっていうのが間違ってる気も・・・まあそれはアフリカなんかでも一緒か。確かにワールドカップ予選なんかは直接対決の成績重視の方がよさそうですね。ハンドボールみたいな事にはなって欲しくありません。カードの準決勝での取り消しは、決勝でできるだけサスペンションを出さないのが第一目的でしょう。確かUEFAのサイトにも書いてありました。

ラームの交代は謎でしたね、確かにゲルマン魂はちょっと物足りなかったかも。ロングボールってプランは完全になさそうでした、そればっか多用するのは当然つまらないですが、あれだけ空中戦に強いストライカーが揃ってるんだから、オプションに入れておいてもよかったのではとは思いますね。

デコが来てもちょっと今更な感じです。もちろん嫌な選手には変わりないですけど、仰る通りチェルシーの3センター自体脅威ですしね。僕もアーセナルには合わないと思いますし、来て欲しいと思った事もないです。ポルトガルなら断然ヴェローゾが欲しいですね。


>maetelさん

友人はユーロつまらないと言ってましたが、僕も楽しめました。本当6月はあっという間でしたよ、最後にスペインが勝ったのも最高です。

トルコとロシアは魅せてくれましたね、どっちかが優勝とかなっちゃうと微妙ですが、3決は見たかった。今からでも遅くないんでやってくれませんかね?(笑) ポルトガルはあまり意識してませんでしたが、そう考えると期待外れかも。低調だったとはいえ、ドイツと当たっちゃったのが不運かな。

アルシャフィンはアーセナルで使いどころがない気がするんで、僕はどうでもいいのですが、面白い選手ですし魅せてはくれましたね。とにかくスペインですよ、今後最低でも2年はこの調子を維持して、ワールドカップも獲りに行ってもらいたいものです。その頃にはセスクが中心になってるといいですね。

開幕まで1ヶ月弱・・・いやもうちょいありますね。加えて8月31日までは補強ができるので、ギャラスとかディアラみたいにギリギリで入ってくる選手もいるでしょう。それまでには基盤を固めておきたいですけどね。ナスリ、ウィンガー、CMF、CBと・・・。アデを売るならストライカー、フレブを売るならその後釜・・・本来そうドラスティックな変化は求めてないんですが、モテたくはないものです(笑)

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/918-a6e226f7

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。