スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスリを2000万ユーロで獲得、Sky Sports が報じる 

Nasri signs for Gunners - Sky Sports

オフィシャルでの発表はまだですが、ナスリ獲得が決まったようです。移籍金は2000万ユーロ、今のレートだと30億円は超えちゃってますが、まあ誤差の範囲内というか、ギリギリ許容範囲でしょうか。


Official first-team squad numbers announced - Arsenal.com

08/09シーズンの背番号が決定し、公表されています。変更があったのは2人だけ。アルムニアがレーマンの退団で空いた1番、マノーネがその後に来る形で24番を着けます。もうマノーネは第3GK確定ですね。ベントナーやウォルコットの変更はありませんでした。ウォルコットはもう32のまま行くのか、もっと大成してから14を背負うのか・・・。

ローンからの復帰というか、合流となるヴェラはラウレンが移籍して以来空いていた12を、新戦力のラムジーはフラミニの16を背負います。いきなりレギュラー番号与えられましたね・・・まさか見ての通りフラミニの後釜にするつもりか・・・?

空いてるのは8、14、18、23、あと一応28と29ですか。ナスリが来たらまず間違いなく8になるでしょうね。


Milan confirm Adebayor focus - Sky Sports

ミランのガッリアーニ副会長は、オフィシャルサイトでストライカーの補強はアデバヨールしか考えていない事を改めて明言しました。ただ現時点でアーセナル側には放出の意思はなく、かなり悲観的だとし、アデバヨール獲得が叶わなくても充分なストライカーはいるとファンやメディアに対して主張しています。だったらアデバヨールいらねぇだろって話ですが・・・。


Hleb in Wolfsburg link - Sky Sports

フレブに興味を示すクラブがまた新たに出現しました。ヴォルフスブルクのフェリックス・マガトがシュツットガルト時代の教え子と再び共に仕事をしたいと考えているとの事。普通に考えれば都落ちなんでないだろうと思うんですが、フレブは大都市は合わないと言ってましたから、あり得なくもないような。移籍金が払えればですけどね・・・。


Cesc tips unity to prevail - Sky Sports

PK戦の末、イタリアを降して準決勝進出を決めたスペイン。セスクは勝利を決める5人目のキッカーを務めたわけですが、それも含め、チームの勝利についてコメントしています。

「素晴らしい気分だったね。僕が決めた中で一番重要なゴールだったかもしれない。フットボーラーとして、またこういう気持ちを味わえるかどうかなんてわからないしね。」

「チームはここまで来るのに本当にハードワークをしてきた。少しアーセナルを思い出させるよ。チームの一体感や団結、試合のクオリティ、そして偉大な選手達という事がね。」

「僕達には何か特別な事ができると思うんだ。ロシアは偉大なチームだし、準決勝は難しくなるだろう。とてもコンペティティブで、若いチームだ。僕達もベストを尽くさないといけないだろう。」

それから改めてアーセナル残留を明言しています。

「もちろん残るよ、絶対にね。来シーズンの事はすごく楽しみにしてるんだ。僕竜はいいチームだけど、1試合1試合に集中していかないとね。」

「毎試合100パーセントを出せれば、何かを勝ち取る事はできるよ。」


Arshavin prefers Spain move - Sky Sports

アーセナルを含め多くのクラブが狙っているアルシャフィンですが、本人は今のところオファーはないがスペインが最終目的地だと話しています。ただアスのインタビューなんですけどね。チェルシー行きが濃厚なデコの後釜としてバルサが狙っているとかいう報道なんて、あからさま過ぎ。僕個人的にはあまり興味のない選手なんですけどね。

それからパヴリュチェンコを初め、多くのロシア人選手がこの大会で注目を集めるだろうとも語っています。


Podolski hits out at Bayern - Sky Sports

前にもどっかで言ってた気がするんですが、ポドルスキーはとにかく出場機会を求めており、バイエルンには代表で自分を抜擢してくれたクリンスマンが来たとはいえ、移籍する可能性が高いと話しています。特に昇格組のケルンを視野に入れてるのだとか。サイドもできる選手ですけど、基本ストライカーはいらないし・・・出場機会も保証できませんしね。狙いに行く必要はないかと。


Wenger impressed by Russia - Sky Sports

ユーロを「この選手アーセナルに来ないかなぁ」って目で見てる方は少なくないと思うんですが、ヴェンゲルはまさしくそうだと話しています。特に気になっているのがやはりロシアだとの事。

「誰がアーセナルを強くできるか、そんな事ばかり考えながら見ているよ。"この選手は自分のチームでプレーできるだろうか"という事は常々考えるものだし、それに知らなかったいい選手もいるかもしれないしね。」

「この大会での主な発見はロシア人選手だけだとは言える。それまで彼らのプレーはあまり馴染みがなかったからね。それ以外はみんな知っているだろう。」

トルコはCLでベスト8まで行ったフェネルバフチェの選手が多く、プレミアでプレーしている選手もいますし、ルーマニアもステアウアで結構見てますしね。ただイングランド人はロシアの事はよく見てるはず・・・。


Adebayor is third in Player of the Season poll - Arsenal.com

オフィシャルの年間最優秀選手、3位はアデバヨールでした。今週はアデバヨール特集が続きます。TV Online加入者じゃないと見れないコンテンツばっかなので、サニャの時、というか毎年ほとんど何も紹介してないんですけどね。しかしアデが3位か・・・1位は例によってセスクかもしれませんが、2位は?フラミニ?クリシー?フレブ?フラミニが対象になるんですかね。だとすると複雑な事になりそう・・・。


プレミアリーグ「アーセナル」公式携帯サイト、7月オープン - ITmedia +D Mobile

だそうです。僕は基本ケータイでネットしないんですが、これは登録しようかな。試合の映像ったってどうせハイライトだろうし、そんなに大きく綺麗には見れないでしょうけど。それよりオフィシャルサイトの日本語版作ってくれと思いますよね。

しかし動画とか落としまくってたらパケット代が・・・やっぱりiPhone買おうかなぁ。どうせ6000円のパケット定額入らなきゃいけないそうなんで、かえってちょうどいいかも。7月ならタイミング的にも悪くないです。この際番号も変えようかともちょっと思ってるんで、とりあえず2台目として持ってみて、よさそうならそのままiPhoneに絞るって手もありますね。その間金かかりますけど・・・。



■スペイン 0-0(PK 4-2) イタリア

ネームではこの準々決勝で最大のカードであるスペイン対イタリアは、PK戦を制したスペインが勝ち抜けました。イタリアもPKは弱い方でしょうが、特別PKに弱く、ベスト8のジンクスがあり、また魔の6月22日とデータ的に不利な要素が重なっていたはずのスペインは、各キッカーの落ち着きとカシージャスの活躍で歴史を塗り替えようとしています。

試合内容は・・・うん、何かもう最初からPK戦でよかったんじゃないかなぁって感じでした(笑) よく言えばイタリアの堅守が光ったわけですが、やっぱり相手の長所を消すようなプレーで、またスペインもそれに付き合っちゃってたので、シュートこそ何本も撃ってたものの、あんまり得点の気配がしないまま120分経過してますね。

スペインの方も守備はなかなかよかった、というかピルロのいないイタリアはとにかくトーニに当てる攻めばっかだったので、そこで納まればある程度のとこまで行くし、ダメなら全然ダメとひどくつまらないものでした。一度イタリアにはとても大きなチャンスがありましたが、カシージャスが素晴らしい反応で防いでます。これも含めてMVPは彼で間違いなしですね。

我らがセスクは後半15分ぐらいからシャヴィと交代で入ってます。今回アラゴネス爺さんはオーソドックスな4-4-2の布陣を敷いていたため、セスクはいつものポジションで少しやりやすそうでしたが、その分シャヴィは活きなかった感じですね。使い分ければいいのに。

セスクは入った当初、というか正規の時間の間はあまり存在感がありませんでしたが、時間の経過と共に際どいスルーパスやフリーランニングで怖さを発揮し出してました。それでも点が決まらなかったのは・・・きっとシュートを外しまくったシルヴァのせいですね(笑) あとシャヴィと同時に退いてますが、イニエスタがひどい出来だったので、それもあってスペインはいつもの速いパス回しができてなかった印象です。

ヴィジャとトーレスはまあ可もなく不可もなく。正直トーレスを下げてグイサってのは失敗でしたね。別のあのままトーレスを残しておいても何かやってくれたかっていうとすごく微妙ですが、グイサは当たってなかったですし、シルヴァを何とかしたかったです。トーレス→グイサが最後の交代枠でしたからね。ただシルヴァを下げると言っても、セルヒオ・ガルシア・・・ほぼぶっつけになっちゃいますけどね。

上でも書いてますが、PK戦でセスクは5人目のキッカーを務めてます。スペインは先攻、そこに至るまでイタリアはデ・ロッシとディ・ナターレが失敗、スペインはグイサが失敗。ここでセスクがきっちり決め、勝利を決定づけるキッカーとなったわけです。しかしまさか5人目に指名してくるとはね・・・。一番大事なのは1人目でしょうけど、後ろに行くほどプレッシャーも大きくなりますからね。一番のヒーローは当然2本を止めたカシージャスなんですけどね。


これでベスト4が出そろいました。準決勝までは2日空きます。ドイツ対トルコとロシア対スペイン。スペインはロシアに4-1で勝ってますが、今度はそうはいかないでしょう。オランダが屈した試練を乗り越えられるか、注目です。ってめっちゃスペイン贔屓ですけど(笑)

ちなみにドイツとスペインは出場停止はありません。ドイツは唯一フリンクスが肋骨にヒビが入ってて微妙な状態です。というか出れないんですかね。トルコはヴォルカン・デミレル、トゥンジャイ、エムレ・アシュク、アルダ・トゥランが出場停止の他、ニハトはもう大会絶望。他にもちらほらケガ人がいたような・・・。エムレ・ベロゾールの方がいい加減戻ってくるはずなんですが。ロシアはコロジンとトルビンスキーが出場停止です。



アニメスタジオが製作したサッカーのプロモーションムービー - GIGAZINE

番外編2つ。まずこちらは・・・タイトルの通りです(笑) ただEURO 2008のプロモーションムービーと書かれてますが、実際にはカシージャスとトーレスしか出てきません。彼らが変身していくのも面白いですが、フィールドプレーヤーのユニフォームを着てるカシージャスってかなりレアだと思います。しかもトーレスと違い、やってる事がフットボーラーというかアメリカンフットボーラーです(笑) っていうか・・・ユーロ関係なくね?


大きさも制作時間も圧倒的な超巨大レゴ作品の数々 - GIGAZINE

もう1つはレゴ。記事の下半分にアリアンツ・アレナが載ってます。これすごいですね、歓声が聞こえてきそう。欲しい・・・でも確実に置けない(笑)
スポンサーサイト

コメント

一連のフレブの移籍報道ですが、今回のヴォルクスブルグは一番信憑性ありそうですね。昨年末から長谷部やらを大量補強してて、今オフも既にバルザーリとザッカルド獲得完了と。しかも監督はマガト…目玉補強とか銘打たれて案外あっさり決まったりしないかと不安ですね。

ロシアですが、左サイドのジルコフなんてなかなか良い選手だと思いますよ。まだ24歳。
アルシャフィンは既に年俸400万ユーロ貰ってるみたいです。無理でしょう(笑)
他に欲しいと思ったのはスイスのインレルくらいですかね~。

五番目の幸福

 久方ぶりです。

『セスク、やりましたね!』

 「信頼」
まさにこれからのスペイン代表を背負って立つ為の信頼の証しと言えましょう。

 「塗替えられた歴史」
ガチガチに硬くも張り詰めた緊張感が120分も続いたスペインーイタリア戦。仰る通り始めからPK戦にしてくれてもいいんじゃない?と云えるほどの試合内容でしたね。面白かったですけど。アレを決勝までやられるとDVRに録画仕切れないのがたまにキズなのですが…。

 「ジンクス」
特に、QFの4試合、うち3試合があろうことか堂々1位通過のチームが見事に敗退していった。インターバルが長く休養万全だと裏目に出てしまうジンクス?それを成立させてしまうのか?う~む。ち~と不安も過りましが、スペインの場合GSから中3日だけだったので、気持ちが切れることは決してないだろうなと、思い直しました。そして、見事に彼等は覆してくれました。

 「正しい観方」
ユーロを観るベンゲル監督の視点。はははっ。笑えました。我等サポと同んじ…。フラミニの一件もあり、どうしても守備的MF&セスクと組ませて相性の良さそうな選手は誰か~という視点で観ちゃうんですよね。

 「よりどりミドリ」
特にグループステージで燃え尽きちゃったネザーランドの選手の面々。デ・ヨングか、エンヘラールがいい。いやいやデ・ゼーウの方が若くて良さそうだ。はたまたドイツのロシュフェルも面白いかな?でもやっぱり同郷のカルソラならガムシャラに縦横走りまくってくれそうだし…。ってな具合に観てしまうんですよね。っまあ贔屓のグルキュフはボルドーにローン移籍するのが決まっており、叶いそうもないのもあって、ユーロであれこれ選り取りミドリしてしまうんですがな。

 「ロシア」
もし、アーセナルが話題沸騰のロシア勢の誰かを獲ると云うんなら、活躍目覚ましいアルシャヒーンより、ふんわりバレリーナみたいな、踊るパヴリチェンコの方が好ましいいかなぁ。なんだか性格もプレイも、のほほーんとしている感じだし、控えに廻されても余り文句を言わなさそうだし、いざと云う時にゃ機械の様にきっちり仕事してくれそうですしね。でもまぁ、ファン・ベルシが厭がるかなぁ?

 「予想1」
おそらく、準決勝のロシアxスペインは(2-3)くらいの点の取合いでスペインが勝ち(Fトーレスの活躍で)、ドイツとの決勝に進むことでしょう!そして、レーマンxセスク対決が実現する。 独断ですが……。

 「予想2」
ロシアがいくら成長した別チームに生まれ変わったと云えど、天下のヒディングマジックを要し、アルシャフィーンも加わり本来のチームに戻ったとしても、プラス最強だったオランダを破ったチームとしても、それにグループステージと決勝トーナメントが異なるものと云っても、やはりどうしたって初戦での大敗は拭い難いし、「今度は勝つ」と意気込んだとて無意識に恐怖心を抱いてしまうと思う。エースのアルシャフィーンはスペインサッカー(特にバルサ)が大好きで憧れていると云う。初戦同様今度はチームではなく、そのエース自身が相手に対する要らぬリスペクトからか、本来の調子が出せず終いとなり、スペインに敗退するのではと予想する…。

 「予想3」
ヒディングのロシアチームは、今ユーロ大会の目標を「グループステージ突破」と詠っている。それはW杯よりもレベルが高く、一勝することさえ難しいものだと彼自身が知っていて、そこで何らかを証明するのは更に並大抵の事ではないのを熟知しているからこそのやや背伸びした目標だ。言い換えれば、ソ連時代以降の現ロシアサッカーの存在を欧州中に再認識させることが何より重要だと捉えたからだと言えないか。でも、もうそれは達成している。
 
 本当はスペインxオランダを観たかったです!!

  久々に長々失礼しました。

初めまして

こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。

ナスリのほぼ獲得決定はめでたいニュースですね。最近うんざりする話ばかりでしたから・・・

アデバをバルサが狙っている話は眉唾ですね。お立場が揺らいでいる会長の保身ではないですか?大体周囲を黙らせるためにアデバって・・・まだ彼はそれほどのビックネームではないはずです。ビジャなら理解できますが。


ミランは私に言わせれば本気でアデバを狙ってません。あくまで安価ならといった大前提があるはずです。
せっかく高い移籍金払って取ったんだからパトを使えよ!とも思います。

フレブは行き先ありますかね?レアルはC・ロナウドで予算切れでしょう。バルサもD・アウベスで恐らく予算切れのはずです。しかも新監督の頭にあるデコの後釜はイニエスタだと思います。フレブは貴重な控え扱いですよ。

ロビーやエトーを売却してもまずはその後釜が必要です。フレブに回す資金や労力はほとんどないでしょう。

アーセナルに残留すればナスリが来てもフレブはバリバリの主力です。
それでも移籍したいならどうぞドイツの中堅クラブに行って下さい。

更新お疲れ様です。

とりあえずナスリの獲得がほぼ決まりということで嬉しいです。結局ユーロでもほとんど出番がなく、移籍金が跳ね上がらなかったのはアーセナルにとってはいいことだったと思います。若いですし、将来性ありますからね。後は、フレブを出さないことですね。これはどうなるかわからないですけど、残留してほしいです。

ミランはしつこいですね。アデバヨールは放出する気はないって言ってるのに、まあアデバヨールは残留してくれるでしょう。

DFも補強してほしいんですが、前の記事でとらないっていってますからねぇ。あまり期待できませんね。必要だと思うのですが。

トルコは9人ぐらい欠場するみたいですね。こりゃドイツが決勝行くか。レーマン対セスク、見てみたいですね。

フランスGP、ハミルトンはあほですね。なんというかカナダでもミスしましたけど、自分の思い通りに行かないとあせってミスしますね。若いですね

祝ナスリ

いつも更新お疲れ様です。
ナスリ獲得は素直にうれしいですね。
後はフレブやアデバイヨールが残留してCH、DF誰かとってくれれば言うことなしなんですがね。

正直:個人的にはロシアの躍進はうれしいです。なんか東欧の古豪に魅力を感じてます。ハンガリーあたりも復活して10年ワールドカップに出てくれるとうれしいですね。

ロシア戦のファン・ペルシはブレーキでしたね。右SBにCBを使っている上、中に切れ込む彼のスタイルを考えれば、トップ下で使ってスナイデルをサイドに出した方がいいと思いました。それを考慮しても危ない失い方の連続。

>EURO

個人的に欲しい選手は、アルダ、パヴリチェンコ(アデバが去った場合)、ジルコフ(ウィングとして)、デ・ヨングですかね。ロシアのコロジンも印象的でした。初戦の4失点の印象また強いですが。アルシャヒンは凄くいい選手ですが、セカンドトップは要らないでしょう。フレブの代わりでもと思っていましたが、WSDによれば狭いスペースのプレーに難があるとか。そこがフレブの最大の魅力だと思っているので、リプレイスできないですね。

今、バルサはブラッターより鬱陶しい。お金ないくせにうるさい。ダニエウより旬のストライカーを安く買えると思うな。相当な額でなければ残せばいいです。そして3トップのセンターを、狭いスペースのプレーに難があるアデバに務まるのかをよく考えたほうがいいです。アーセナルのシステム・戦術輝いている選手は、セスクを除けばかなり特殊だと思ったほうがいいと思うのですがね。

>shokpさん

ヴォルフスブルクはそんなに動いてたんですか。長谷部も放出されてたんですね。一度も見てないし、全然知りませんでした。監督がマガトっていうのは、彼に対してフレブがどう思ってるかにもよるでしょうね。結構好き嫌いの分かれる監督ですし。仲が悪いとかって話は聞かないんですけどね。

ジルコフは元から評価高いですよね。選択肢に入れたい選手の1人ではあります。アーセナルに来たら確実に中盤ですけどね。でクリシーに何かあった時は後ろに下がると。トラオレをまだ信頼しないのならアリかもしれません。中盤固定でもいいですね。アルシャフィンは使いどころがなさそうなのでいいです。

インレルはユーロで見て一番欲しいと思った選手ですね。フラミニの後釜に是非。スイスがグループステージで消えてくれたお陰で、そこまで高騰もしないでしょうしね。


>quai44さん

お久しぶりです。

セスク、信頼するならスタメンで使ってやれよとも思いますね・・・シャヴィはもういらね。まあ酷使されたらそれはそれで困るわけですが(笑)

このスペイン対イタリアに限った事じゃないんですが、何かトーナメントが後に行くにつれ、試合のクオリティが落ちてる感じがします。その結果が4試合中3試合延長戦という事なのかなとも。まあクロアチア対トルコはあの120分あってのPK戦だったとは思うんですが、スペイン対イタリアは本当にPK戦だけでもよかったですね。延長まで行かれると見る側も辛いですし(笑) 僕のレコーダーは分割ができないので、普通の90分の試合でも最高画質ではアウトです。あらかじめ分けて録画しないとね。WOWOWは特に映像が綺麗なので、画質を落とすとノイズが目立ちます。

ポルトガル対ドイツはどっちかっていうとドイツの方が格上ですからしょうがないでしょうし、オランダはああいう展開になったらこうなるだろうなってパターンほぼそのままでしたからね。2位通過のチームで意外だったと言えるのはトルコぐらいじゃないかなと。やっぱりクロアチアは決定力不足が響いて、最後はトルコの底力に屈しちゃった感じでしょうかね。4試合、どの試合結果も印象ほど深い意味はない気がします。

ヴェンゲルは開幕前からチェックブックを持っていくとは言ってましたからね。彼の場合はそれ以上に純粋なフットボールファンとしての意味合いが大きそうです(笑) 仕事と称して現地観戦する大義名分があるわけですからね(笑)

何度も言ってますが、デ・ヨンは展開力の無さがちょっと・・・。それならしばらくはジウベルトでいいだろうとも思いますし。エンヘラールはファン・ペルシとのコンビはよかったですが、単体で見ると僕にはちょっと良さがわかりませんでした。デ・ゼーウ、カソルラ辺りはよさそうですね。カソルラはちょっと攻撃面で物足りないところはあるんですが、パーラーみたいな存在になれるかも。グルキュフは残念でしたね、決まってから全然quai44さんを見ないなぁと思ってました(笑)

パヴリュチェンコっていうのは地味にいいかもしれませんね。いやそう地味じゃないか。アルシャフィンよりは使いどころがあって、またフィットもしそうな感じがします。個人的にロシアで最も推したいのはジルコフですが、あまり高くつくようなら別に彼でなくてもいいかなと。あとコロジンの強烈なシュートには惚れました(笑) あれだけ見てるととてもセンターバックには見えないですね。

予想ですが・・・僕には無理です(笑) まあ初戦の大敗の反省を活かしてオランダ戦のような接戦に持ち込めばロシア、それすら跳ね返して自分達のプレーができればスペインってとこでしょうね。可能性としては前者の方が大きいと思ってます。イタリア戦ですでに自分達のプレーはできてませんでしたからね。

僕はオランダが最強だったとはどうしても思えないんですよね、負けるとしたらああいう負け方だろうなっていうのをフルタイム直前に追い付かれたとはいえ、ロシアが見事に表現したわけで、似たようなチームであるスペインに対しても同じ展開が臨めるわけですよ。加えて一度対戦しているというのもあります。若いチームなんで、仰るような堅さが出るか、ヒディンクがうまく誘導するかでかなり違ったロシアチームを目にする事になりそうですね。


>tomoさん

初めまして、コメントありがとうございます。

ナスリの件は誤報との事で、またきな臭くなってきました。そろそろ悠長な事は言ってられませんね・・・。

ビッグネームならシェフチェンコっていううってつけの人材がいると思うんですけどね(笑) まあうちにも欲しいですが。どうもバルサは落ち目になってから、やり方がレアルと同じになってきちゃっていけませんね。ただまあアデバヨールを狙ってくるというのは、やはりエトー放出が前提になってるんだと思います。同じように身体能力と得点能力の高いセンターフォワードが欲しいんでしょう。ヴィジャはその点で既存のやり方には合わないんでしょうね。グァルディオラがチームをどういじるのかわかりませんが。

ミランの主軸はあくまでパトですよ、それは誰もが思ってる事です。ただ層が薄いんですよね、あそこも。ジラは売っちゃったし、ピッポはフルタイムは無理だし、ロナウドも多分戻ってこないし。そうなるとパロスキとボリエッロしかいません。やはりもう一枚、即戦力で使える選手が欲しいところでしょうし、アデバヨール・オア・ナッシングっていうのはちょっと理解できないです。まあドログバかエトーを当たってくれって話なんですけどね。

レアルはロナウドを獲れればさすがに予算切れでしょうね。バルサは・・・金なくても欲しがるので(笑) それにそのためにも戦力外だというエトーやロナウジーニョを法外な額で売りつけようとしてるんですよね。それで売れなかったらバカですね。確かに普通に考えればデコの後釜はイニエスタなんですけど、単純にデコが抜けた分だけ戦力ダウンにはなっちゃうので、やはりそれを補わないといけないわけです。もしかしたらフレブの話がなかなかまとまらないのはそこだったりして。

僕はフレブを出すならやっぱり移籍金が高く取れるとこに行って欲しいと思います。ヴォルフスブルクにそんな金がありますかねぇ。たまにはどうしても安いとこに行きたがるのなら干すぐらいはしてもいいんじゃないかと思います。いつも選手の希望ばかり聞いてたら、そりゃゴネる選手も後を絶ちませんからね。


>suouさん

ありがとうございます。

ナスリに関しては、ヴェンゲルはとにかくその伸びしろを評価してますね。だからこそ最初はフィットしなくても問題ないと思えるわけで、逆に言えばフレブの後釜ではないです。ただでさえフラミニが抜けて変化を強いられてるんですから、ここでフレブが抜けると、下手すると最初はアデバヨール頼みなんて事もあり得ますね。

放出する気がないと言ってるのにしつこく狙ってくるのは、どうしてもその選手が欲しいか、何か掴めそうな糸口があるかのどっちかでしょうね。現時点ではどちらとも取れますし、よくわかりません。ミランも今の前線は貧弱ですからね・・・。これでパロスキが伸び悩んで、ボリエッロがやっぱりフィットしなかったらどうなるんだと。

DF不要宣言はブラフだと信じたいです。せっかく今大会は前の方に注目が集まってくれてるので、うまくやれば賢い買い物ができそうなんですよね。

トルコはグループステージの時からケガ人続出で、それでもここまで来てますからねぇ。ニハトの離脱はさすがに痛いでしょうし、その上トゥンジャイまでいなくなってどうすんだよと思うんですが、あんまり関係ないような不気味さもありますし・・・いやでも面白いです。僕も決勝にはドイツに行って欲しいですけどね。

ハミルトン、ミスをするのは別にいいと思うんですよ。若いんだし、むしろミスするべきでしょう。そこから学ぶ事もありますし。ただ今の彼の姿勢を見てると、学ぶ意欲が感じられないんですよね。カナダでの明らかなミスを「レースに赤信号なんておかしい」と言ってみたり。ショートカットで抜かしたらペナルティだって、F1に来る前に覚えてこなかったのかと。この辺、本当性格悪いなとも思わされます、親父やロンが甘やかしすぎなんでしょう。

ただシューマッハもそういう意味じゃ卑怯者で不誠実でしたからね。レーシングドライバーにはそれぐらいがちょうどいいのかも。まあまだ若いですし、これからですね。


>popoさん

ありがとうございます。

ナスリの件は皆さんぬか喜びさせちゃいましたね・・・しかしオフィシャルサイトが早とちりって。まさか本人が決まった気でいたんでしょうかね(笑) だとすると給料面の問題はもう解決したって事になるんでしょうが・・・。でも代理人はどの部分たりともまとまってないって言ってましたっけ。

以前東欧の選手を獲得して欲しいって仰ってた方がいましたが、popoさんでしたっけ?ロシアじゃなくてソ連ですけどユーロの初代王者ですし、ハンガリーも昔は無敵だったという時期があったそうですね。僕は知りませんし、今は信じられない事ですが・・・。ウクライナやベラルーシ(どちらも古豪じゃないですが)からはいい選手がちらほら出てきてますが、もうちょっと全体的に底上げされると面白そうです。


>さとさん

ルーマニア戦がそうでしたけど、僕もあの布陣ならファン・ペルシはトップ下の方がいいと思います。ただあそこにはスナイデルを置くのがベストだと思いますし、そうなるとファン・ペルシは活きるところがないのかなともちょっと思いますね。それ以上にやっぱり試合勘が戻ってなかったかなとも思いますし、とにかくよくなかったですね。

デ・ヨンはどうしてもアンカー以外の使い道がなさそうなのが気になります。ジルコフは本当中盤固定で獲ってもいいと思いますね。よっぽど緊急ならバックをやらせてもいいですし。コロジンのあのシュート力にも惹かれます、トゥーレと並べて代わる代わる撃たせたら面白い事になりそう・・・ある意味批判されそうですが(笑) アルシャフィンはプレースタイルから考えて、セカンドトップで使わなければCMFかなと思ってました。ちょっとサイドで使えそうな選手には見えませんね。高い割に使い道がなさそうなので、僕もちょっと不要だと思います。

狭いスペースで活きないのはアンリも一緒で・・・多分そこまで考えてないでしょうね。結局監督の望む補強ではなく、ベギリスタインやラポルタの欲しい選手を獲ってきてるから落ちていったんでしょう。グァルディオラはその辺ストイックそうなんですよね、ベギリスタインとぶつかりそうです。とりあえず金をしっかり払ってくれない事には相手できませんね。こちらは別に金が欲しいわけじゃないんですから、やっぱり売るならそれなりの付加価値を用意してもらいたいですね。

ありがとうございます。

パトを中心に考えるならやはりアデバを狙うのは疑問点がありますね。もう少し安価な選手を狙うと思うますよ。アデバもアーセナルであれだけの評価を得てわざわざ扱いのランクが落ちるところに普通移籍しますかね?バルサにもアンリがいますしね。アーセナルに残留すれば不動のエースですから。

フレブも状況は同じだと思います。レギュラーじゃないなら・・・と考える可能性は十分ありますね。

いずれにせよ遅くても来月中旬までには全てが決まるでしょうから推移を見守りたいと思います。

>tomoさん

いや普通に考えて頼れるストライカーは2人は必要でしょう。それもできれば全く違うタイプで。それならばアデバヨールという選択肢は至極妥当だと思います。もしもっと安い選手を連れてきて、その選手やパロスキ、ボリエッロが活躍したとしてもそれはラッキーぐらいに思っておくべきで、金を払ってでもなるべく不安要素は少なくしておきたいというのがビッグクラブの考え方だと思いますよ。あとミランはここ2年ぐらいまともな補強をしなかった結果ひどい事になったので、ここらでビッグネームを獲っておかないとファンも納得しないでしょうしね。ビッグネームばっか獲ってるバルサとはここが大きく違う点でしょう。

ミランはいくら名門とは言っても来シーズンはCLにも出れませんし、いくら給料がよくてもそっちにわざわざ行くか?というのは本当に思う事なんですが、マチュー・フラミニという男がいましてですね・・・後は、おわかりですね?(笑)

まあディアラなんかもそうでしたが、大体新天地に行く時に自分がレギュラーを獲れないと考えていく選手はあまりいないでしょう。もちろん中堅や弱小クラブからのステップアップであれば話は別として、ビッグクラブからビッグクラブへ行く場合なんかは。客観的に見て難しいと思えても、本人には自信があるんでしょうね。それにバルサは完成された選手にとっては墓場のようなところなので、そういう意味も含めてやめとけと言うんですが、みんな耳を貸さないんですよね・・・。

現時点で去就が不透明とされてる選手については、仰るように来月中旬ぐらいにははっきりしそうですね。その辺まで引っ張って出ていなかったらさすがに出て行かないんじゃないかと。ただもちろん、9月1日を迎えるまでは安心できないです・・・。

ありがとうございます。

ミランがFWを狙う気持ちは良く分かります。チーム最大の弱点ですし1人移籍しましたからね。だからこそ候補がなぜアデバだけなの?と思います。

ビックネームに絞ってもアデバより実績が上で移籍金に大差ない選手は結構いませんかね?

現チームから強硬な抵抗をされる事が分かりきっていながらなぜに彼だけに候補を絞るのか・・・私はその点でどうしても引っ掛かります。よっぽどアデバが気に入っているなら別ですが。

しかしながらアデバが移籍する可能性はゼロとはいえない雰囲気ですね。立派な前例もありますから。諦めの気持ちがないと言えば嘘になるでしょう。我慢して起用し続けてやっとこさ一人前になったというのに・・・

来季に向け前向きな話が出来ない現状がとても悲しいですね。



>tomoさん

なぜ候補がアデバヨールだけなのかは本当に不思議です。ただ実際はそんな事はなくて、何か思惑があるのはまず間違いないと思うんですけどね・・・。結局シェフチェンコが全部悪い(笑)

アデバヨールが実際に出て行くかどうかは、本人がどう思っているかによるでしょう。公には謙虚なコメントをしていますが、この1年で天狗になってしまっているのなら出すか干すかしか選択肢はなさそうですね。クライフェルトとかセードルフみたく、発言は優等生なのにまるで行動が伴わないという選手は実際にいますしね。今シーズンは活躍したとはいえ、まだまだ課題は多いので、世界を獲ったような気になっているとしたら彼はもう終わりでしょうね。こういうのって本当にもったいないんですよね・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/912-3551c4e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。