スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリシーが契約延長 

Gael Clichy signs new long-term contract with Arsenal - Arsenal.com

ローマとユヴェントスが興味という報道のあったクリシーですが、契約を延長しました。いつも通り長期としか書かれてませんけどね。スパレッティやラニエリが「うちに来てくれたら嬉しい」と話していたようですが、ひとまず安心です。

スパレッティが「ガエル・クリシーがローマのシャツを着ている姿を見られたらもちろん嬉しいだろうね」と言えば、ラニエリは「彼はユヴェントスに来る事になるかもね」と話しているんですが、これ、やってる事はレアルと何も変わりませんよね。ただソースが不明です。クリシーは絶対目を付けるところが出てくるだろうなと思っていただけにやっぱりって感じですが、早々に契約延長してくれて助かりました。


Nasri 'agrees Arsenal contract' - BBC Sport

水曜日の事なのですが、BBCがアーセナルがナスリの獲得競争に勝ったと報じています。しかしそこから何の公式発表もないですし、Sky Sports でも報じられてません。詳細も全く書かれてませんしね。ナスリの契約には1350万ポンドでの契約買い取り条項が付いてるって事ぐらいです。実際はその額までいかない可能性もありますね。それ以前にたまにあるBBCの早とちりじゃなきゃいいんですが・・・。


Barca confirm Hleb talks - Sky Sports

バルセロナはフレブについて、アーセナルと交渉中であると明かしました。ここではバルサは2000万ユーロというアーセナル側の設定額を支払うつもりはないようだと書かれていますが、スポーツナビには2100万ユーロを提示し、蹴られたようだと逆の事が書かれてます。少なくとも前に出ていた、数日中に決まるだろうって話はガセだったみたいですね。

共通しているのは、もしフレブ獲得が叶わなかった場合、他の選択しも考えているって事ですね。グァルディオラはデコを戦力外としているため、放出して代わりを獲るのは必須でしょうけどね。


Galliani - Adebayor or nothing - Sky Sports

そしてスポーツナビではバルサがオファーかと書かれているアデバヨールについて。ミランのガッリアーニ副会長はドログバともエトーとも交渉は行われていないとし、アデバヨールを獲れなければストライカーの補強はしないと語っています。ただしアーセナル側からアデバヨール本人との交渉許可はもらっていないとも話しており、今のところアーセナルに放出の意思はなさそうですね。


Agent makes Adebayor claim - Sky Sports

と思いきや、スーパーエージェントとかいう触れ込みのブロンゼッティという男が、アーセナルはバルセロナにアデバヨールを売りたがっているが、ミランにもまだチャンスはあるとか言ってます。

「50パーセントのチャンスと言おうか、ここからは多分に選手の意向に左右されるだろう。アーセナルは彼をバルセロナに売りたがっている、彼らの意思でね。バルセロナは私に、選手との合意はすでにできていると言っている。」

「バルセロナの会長、ラポルタが疑念を払拭するため、ビッグネームのフォワードを獲ってみんなを黙らせたがっているという事しか私は知らないね。」

でミランがロナウジーニョやエトーについては交渉してないと明かした事について、戦略的な間違いだったと指摘。もっと待ってれば値段が下がると言ってるんですが、まあそれはどうでもいいですね。

これらの内容からわかるのは、恐らくこのブロンゼッティはアデバヨールの代理人ではないという事。記事内にミランの大型移籍を何度も実現させたと書いている事から、むしろミラン側の人間でしょう。でバルサはミランに諦めさせるために合意はできているという事をブロンゼッティに言った。これに対しブロンゼッティは、アーセナルがバルサに売りたがっていると公言する事で、ミランの存在を改めて示すと共にバルサにプレッシャーを与えていると。こう考えると筋が通ります。大体2年連続でエースストライカーをバルサに売りたがるなんて、どこの中堅クラブだよ・・・。


Wenger determined to keep stars - Sky Sports

ヴェンゲルは買い物もしようという事でユーロを見に来てるみたいですが、財布の中身に対して物価が高いと嘆いています。なので補強よりもアデバヨールやフレブといった現有戦力の引き留めにまずは集中するとの事。

「(ユーロ2008に)チェックブックを持ってきたんだが、その金額を見て、充分な額とは言えないなと思ったよ。ショーのクオリティには驚いていない。ファンタスティックな若い世代の選手が出てきているね。」

「だがまずは今いる選手の引き留めにお金を使う事になる。」

ちなみにロシアのアルシャフィンについて、1000万ポンドのオファーを準備しているとかって話ですが、それじゃ足りないでしょうね。まあ無理にユーロで活躍している選手を獲りに行く必要はないと思いますし、そもそもアルシャフィンを獲ってどこで使うんだろう・・・。

話は全く変わりますが、トーゴのスタンブーリ監督は、トーゴ代表には規律がなく、特にキャプテンに任命したアデバヨールはひどいと怒っています。

「我々のチームには規律がない。リーダーであるアデバヨールを見てみるといい。彼は我々のチームと充分な時間を共にしていないし、何人かのチームメイトは彼を真似て、抜け出して遊びに行くような事が何度もあった。」

「我々のキャプテンはチームに完全に集中しているわけではないようだ。彼には厳しく言っておいたし、これですぐにまともになってくれるといいんだがね。」

代表では相変わらずか・・・。キャプテンになったんだからもっと責任感持てよって話ですね。


Gunners' Albiol offer rubbished - Sky Sports

ヴァレンシアのDF、ラウル・アルビオルにアーセナルが500万ポンドぐらいのオファーを準備しているという報道があったそうですが、アルビオルの代理人はどこからもオファーも連絡も受けていないとし、否定しています。

アルビオルもよさそうですね、センターバックでもライトバックでもセントラルミッドフィールドでも使えますし、英語が喋れなくてもアルムニアとコミュニケーションは取れます。ヴァレンシアは簡単には売ってくれないでしょうが、話によると彼らの借金は700億近くあるそうで・・・。アルビオルの場合、30億とか取られる事はないと思うので、狙い目かもしれません。


Gunners fail with Diogo bid - Sky Sports

ブラジルのポルトゲーザというクラブに所属するストライカー、ディオゴにアーセナルがオファーを出し、蹴られたとポルトゲーザ側が明かしました。現時点ではイタリアから来ている900万ポンドのオファーが最高であり、実際には1200万ぐらいで放出を考えようかと話しています。

値段も値段ならアデバヨール放出が決まったわけでもないのにストライカーにオファーとか、もうやってる事メチャクチャですね。大丈夫なんだろうかこのクラブは・・・。



以下ユーロ。更新はしてませんでしたが、一応毎日書いてたので、今となってはちょっと古くなっちゃってる話もありますが、気にしないでください。


■フランス 0-2 イタリア

フランス対イタリア、さすがに両者追い詰められてるだけに面白い試合になるだろうと思ってたんですが、見事に期待を裏切ってくれました。チームとしてのクオリティの高さなんかカケラも見られませんでしたよ、占い師とイタリアを甘く見ていたようです。

結果は思った通りにフランスが消えましたが、イタリアが残りましたね。フンテラールとファン・ペルシがルーマニアの希望を打ち砕いてしまいました。フランスの占い師はオランダ戦で守備の崩壊について触れ、メンバーをいじってきましたが、あれは変えるべきではなかったでしょうね。アビダルは元々守備的なサイドバックで、彼をセンターバックで起用するのは悪くないんですが、連携も何もできあがってないこのタイミングでそれをやるのはあまりにもバカげていました。その上早い時間にリベリが負傷、退場者まで出てはそりゃ勝てないわな・・・。

アーセナルファンとしては気になるナスリなんですが、リベリの負傷で代わりに入ったものの、アビダル退場で再び下げられてしまいました。プレー時間は10分ぐらいでしょうかね、何もできませんでした。アビダル退場の時点でPKを取られ、1点先行されてるんだから下げなければいけないのは守備的な選手、つまりマケレレかトゥラランであるべきだったはず。状況も状況なら采配も采配、負けるべくして負けましたね。

ただアビダルの一発レッドはさすがにないだろうと思いました。決定機阻止ですからPKはPKでしょうが、あれで一発レッドは厳しすぎますね。そしてその前のリベリ負傷もあって、WOWOW解説陣はフランスの運の無さを挙げていましたが、そもそもここまで運がなかったのはイタリアの方ですからね。結局フランスがグループ最下位で敗退しなければならなくなったのは、それまでの2試合で運命を己の手に掴めなかったからでしょう。妥当な敗退だと思います。

それで、ヴィエラは一体何しにスイスまで来たんでしょうね。それならやはりフラミニに道を譲るべきでした。

そして勝ったイタリアの方なんですが、こちらもこちらで正直ひどい試合でした。1点先行して相手は1人少ない、こりゃ逆に危ないなと思いましたけど、本当にその通りでしたよ。1点先行してこちらが10人、ならイタリアは力を発揮するんでしょうが。トーニもボロボロですしね、今後もこの低調さは変わらないと思います。

一方でここで踏みとどまった事で、スロースターターのイタリアの怖さが出てくる事も考えられますね。内容は全然よくないが、なぜか勝ち上がっていくってパターンが想像できます。そういう意味ではやはりルーマニアに勝ち残ってもらった方がよかったんでしょうけど、ここでドナドーニが解任を恐らく免れただろうっていうのは喜ぶべき事じゃないですかね。彼はイタリアにしては攻撃的なスタイルを採ってますし、これでまたリッピが代表監督になったらカテナチオ復活ですよ。それは勘弁。


■オランダ 2-0 ルーマニア

ファン・ペルシは今回はフル出場。オランダの2点目を決め、MOMにも選ばれてます。CKを蹴る際セスクとよくやっていた、ちょんと出したボールを止めてもらい、角度を付けて蹴るっていうのをロッベンとやってましたが、オフサイドになってました。狙ってトラップをかけるのは難しいと思いますが、単純な対処法がありましたね(笑)

そんな話はまあいいとして、今回のファン・ペルシはウイングではなく、トップ下でプレー。フンテラールというセンターフォワードの後ろでのプレーとなったわけですが、そのフンテラールを追い越していくような動きもありましたし、ボールを引き出し、受け、出すといったつなぎのプレーで主に活躍。後半にはロングボールに抜け出し、トラップは後ろに流れたものの、相手を寄せ付けないようにうまくコントロールしつつ反転しながら右脚でシュートという妙技を見せてくれました。あれを止めたロボントには愕然としましたけどね。

続いてボックス前で受けた強めのパスを浮かせて横に流し、ボレーというプレーも見られました。ノースロンドンダービーでアデバヨールが決め、プレミアのゴールランキング1位に選ばれていたあれと似てましたが、ファン・ペルシのシュートは浮いてしまい、枠に行かず。

待望の得点シーンは44分、デ・ゼーウからの長めのボールをうまく引いてフリーで受け、コントロールは乱れたもののチェックに来た相手を吹き飛ばし、ゴールエリアの角から左脚で一閃。復帰直後であればまず観客席に飛んでいたであろうシュートでしたが、今回は強く、正確なファン・ペルシらしいシュートで〆てくれました。終了間際ではありましたが、トルコのような逆転劇を狙っていたルーマニアの戦意を完全に喪失させる、非常に重要なゴールだったと思います。今後も期待大。

これでオランダは得失点差8のグループ全勝という突出した破壊力を見せつけたわけですが、実はグループ全勝で優勝した例は過去に一度しかないそうです。やはりいくら一ヶ月の短い期間とはいえ、ある程度の浮き沈みがあって、早めに低調を経験しておかないと最後に息切れしてしまうって事なんでしょうか。代表に限らず、イタリアが昔から大舞台で強いのはこの辺が関係してそう。彼らはスロースターターですからね。ミランなんかはその典型。

敗れたルーマニアについてですが、やはり堅守を売りにしてきたチームだからか、攻撃はちょっとムトゥとニクラエに頼りすぎてるきらいがありますね。今回のようにビハインドを背負った時、攻め手が足りない印象です。となるとグループCは死のグループと言われるだけあってクオリティ面では最も高いはずなんですが、オランダ以外は全部外れだったと言っても言い過ぎではないかもしれません。2位通過のイタリアは準々決勝でスペインと対戦しますが、つまらない勝ち方はして欲しくないですね。オランダの相手はロシアです。

ちなみにオランダ、バベル負傷で滑り込みという形でメンバーに選ばれ、ここまで堅実なプレーでチームに貢献してきたブラルーズが、出産直後の娘さんを亡くしたとかで、精神的ショックが懸念されます。でも代表には引き続き残るとの事。凄まじい精神力ですが、無理はしないでもらいたいですね。


グループDの最終戦なんですが・・・録画ミスってました。ショックです・・・。結果ですが、スペインはギリシャに逆転勝ち、ロシア対スウェーデンはロシアが2-0で勝って2位通過を決めました。ここでスウェーデンが消えるのはショックですが、過去2戦もあんまりよくなかったですからね・・・。


■ポルトガル 2-3 ドイツ

準々決勝。ポルトガル対ドイツは、ドイツが2点決めた時点でもう終わったと思いましたよ。でもポルトガルが1点返した事で面白くなりましたね。その状況でファール気味ではありましたが、バラックの3点目は効きました。でもこの試合、面白かったけどあんまり書く事がないです(笑)

僕はポルトガルも優勝候補だと思ってたので、ドイツの勝ち抜けが順当とは言いませんが、それでも必要最低限求められるところまで来たなって感じです。


■クロアチア 1-1(PK 1-3) トルコ

クロアチア対トルコ、ネームは地味ですが好勝負を予感させた組み合わせは、ポルトガル対ドイツとはうって変わって点の入らない展開になりました。膠着した展開で、オリッチが絶好機でポストに当てた時はクロアチア、まずいなと思ったんですが・・・予感的中ですかね。特に今大会、決定機がないチームではなく決定機で決めきれないチームは負ける運命になってる感じがします。

それでも延長戦になって119分にクラスニッチが決めた時は、誰もがクロアチアが勝ったと思ったでしょう。いかにトルコであれ、残り1分、それも延長ではほとんどロスタイムは見込めないという事を考えると、追い付くには時間がなさすぎだろうと。しかしそれをやってのけるのがトルコなんですねぇ。同点ゴールが決まった瞬間は本当に信じられませんでしたよ。

そしてもうこうなるとクロアチアに勝ち目はないだろうなと思いました。トルコは自分達の形で運命をつないだのに対し、クロアチアは明らかにショックが大きかったですからね。そもそもクラスニッチが決めなければPK戦だったんだと気持ちを切り替えられればよかったんでしょうが、あの舞台ではそうもいかないでしょう。そして各キッカー自信満々のトルコに対し、クロアチアの選手はみんな逃げ出したそうな顔してましたし、キーパーの差も歴然。こういうところでモドリッチみたいな選手は逆に外すんですよね・・・だからといってDFからってわけにはいかないし。

クロアチアで可哀想だったのは、選手交代が認められなかった事でしょうね。どうせロスタイム取るんなら交代させてあげればいいのに、なぜか主審は認めず、結果トルコが追い付きました。ただCLでアーセナルがリヴァプールに敗れた時もそうですが、そもそも集中を欠いてたんでしょうね。悔いは残るでしょうが、自分達に責任がないとも言えないわけです。

トルコについて思うのは、05/06のボロを連想させるなって事ですね。UEFAカップの。お前ら追い詰められないと勝てないのかよと(笑) ボロの場合は1stレグでこりゃもう終わっただろうって負け方して、2ndレグでどういうわけか逆転って展開で決勝まで行き、セヴィージャに敗れました。今回トルコは1stレグとかなくて、全部一発勝負なので、ボロと同じく決勝で敗れるかというと・・・優勝しちゃうかもしれません。下手すると決勝はトルコ対ロシアとかになりますね。ある意味面白いけど、後から振り返ったら多分つまらないだろうな・・・。


■オランダ 1-3 ロシア

更新放ったらかしたせいで準決勝も3戦目まで来ちゃいました。オランダ対ロシア、ここでオランダ消えるか・・・。グループステージで懸念してたオランダの悪い点、未知数だった点が悪い方に出ちゃった感じですね。なかなか先制点が奪えない展開になった時、それどころか先制されてしまった時、オランダに果たして巻き返す力があるのか。フルタイム直前で同点に追い付いたものの、延長戦はまたロシアペースでしたし・・・守備もやっぱり緩かった。

でも今回一番ひどかったのはファン・バステンですね。スナイデルとファン・デル・ファールトの位置を入れ替えるというのが全くわかりませんでしたし、交代もイマイチ。カイトがあそこまで使えなかったのはちょっと想定外だったと思うんですけど、ファン・ペルシかロッベンのどちらかを先発起用すべきだったんじゃないのかなと。

それでハーフタイムにカイトとファン・ペルシを交代させるのはまあいいんですが、ブラルーズがケガか何かわかりませんが、コンディション不良って事でハイティンハと替えなければいけなかったのは痛かったですね。ここで無駄な交代枠を使った挙げ句に先制され、最後はエンヘラールを下げてグループステージで出来がいいとは言えなかったアフェライ投入ですからね。

まあスナイデルはここまでMVP級の活躍をしてますし、ファン・デル・ファールトのセットプレーは最も可能性を感じさせるものでしたから、どちらも下げられないのはわかります。でもあの状況ならロッベンを使いたいですよね。どうせなら中盤の三角形を逆にして、スナイデルとファン・デル・ファールトをトップ下に置くっていうのでもよかったと思うんですが・・・やっぱりファン・バステンもこの程度かと、ちょっとガッカリでした。

正直言ってロシアの方も中央の守備はかなり緩かったと思うんですが、オランダは決定力を欠いてましたね。この試合は珍しく両者に決定機がいくつもある展開で、どちらも外してたので、試合展開はロシアペースだけど最終的にどっちに転ぶかはわからないなと思いつつ見てましたが、延長戦でロシアはきっちり決めてきました。やはりアルシャフィンが目立ちましたね。個人的にはコロジンのロングシュートが脅威でしたが・・・。これで決勝のトルコ対ロシアが現実味を帯びてきました。


ところで、第3戦になって、累積警告が準々決勝まで持ち越され、準決勝で清算されるという話がしきりに出てますが、これはこうする事で準決勝で退場にならない限り、決勝でサスペンションになる選手が出ないからでしょうね。そもそも累積警告の清算制度って、警告が持つ本来の意味を考えるとあまりよろしくないと思うんですが、一方で大事な試合で重要な選手がサスペンションになっちゃうと、見る側としてもつまらないのは事実。かなり興行寄りの規定ではありますが、僕は賛成ですね。


Brazil 0-0 Argentina - BBC Sport

最後にユーロ以外の話題。ワールドカップの南米予選なんですが、ブラジルがアウェーでアルゼンチンと引き分け、4位浮上。そう、プレーオフに回れる4位なんですよね。その後チリが勝ったんで上回られてしまいましたけどね。正直ブラジルがどうなろうとどうでもいいんですが、この試合、ジウベルトはフル出場しています。言いたかったのはそれです(笑)

まあ何だかんだでブラジルは勝ち上がってくるでしょう。そして予選で苦戦した強豪ほど、逆に本大会で期待できたりもします。まああんまりブラジルにばっか勝たれても面白くないですけどね・・・。



追記。F1フランスGP、ライコネンにトラブルがあったものの、圧倒的な強さでイタリアの赤いチームが1-2。しかもイタリア人トゥルーリが3位表彰台。トゥルーリ、というかトヨタはどうでもいいとして、フェラーリ1-2はすごく嬉しいですが、頼むからフットボールでこの再現はしないでくれ・・・。

そしてハミルトンざまぁ(笑) 前回のライコネンに突っ込んだ後の態度が本当によろしくなくて、本国でもファンを敵に回してるようですね。いいドライバーですけど、ちょっと性格悪すぎるかも。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。更新お疲れ様です。クリシーの契約延長は嬉しい知らせですね。他のクラブが目をつけてきてたみたいなので、その前に決まって何よりです。それにしても前のポジションの選手の獲得の噂が多いですね~。とりあえずFWはいらないかなと。ただ個人的にはウイングタイプの選手は一人取ってもいいかなぁ~と思います。ナスリは縦に仕掛けていく感じじゃなさそうですし・・・アルビオルに関しては30億位までで獲得できるなら積極的に取りにいっていいと思うんですけどね。ユーロに関しては地上波であまりやってないのと夜勤が重なって全然見れません(泣)返信等忙しいでしょうが、お体だけにはお気をつけてこれからも無理せず頑張って下さい。長文駄文失礼しました。

セスク5人目を任されましたね。ディ・ナターレがストップされた時に1人喜びがなかったので、そうだと思いました。それに低い位置で使われてらしさは出ていたかと。アーセナルの時と違いあがったときにあまり使われないですが。

若干無謀とはいえ、積極的な采配をしたスペインに軍配があがりましたか。デル・ピエーロの投入が遅すぎだ。トニがあの状態な上、MFが追い越す動きが皆無では点は取れない。PKですが、カソルラは外す気配がただよっていたのですがよく決めましたね。イタリアのデ・ロッシはユナイテッド戦の印象があって外す気はしました。ディ・ナターレも表情が・・・結局スペシャリストのアレックスには回らず。

セスクとレーマンのファイナルが実現するでしょうか?

なんとか

スペインは勝ち上がってくれましたね。これでQ.Final止まりのジンクスも破れたわけですし、決勝までいって欲しいですね。調子のよいロシアは怖いですけど。しかし、カシージャスはあいかわらず神懸かるというか。
自分で書いておいてなんですが7.3では数が合っていませんね(苦)。最終的には5.6か6.5にする、その前に段階的にすすめていく、はじめは自国籍3人からだったと思います。もうちょっと確認しないといけないな・・・。
これ、せめて他国籍でもユースで5年育てたらそのクラブでは自国選手扱いに出来る、とか追加できませんかねぇ・・・。親までひっくるめて連れてきて、親がまず国籍とって貰うとかできるんであればよいかもしれませんが、(そういう意味ではイタリアやスペインは2重国籍とりやすいので有利か?)イングランドは労働許可が厳しいからなぁ。それが原因でプレミアが衰退しなければよいですけど。

更新復活、心待ちにしておりました。

>ユーロ
スペイン、勝ちましたね。PK戦ではありますが、セスクが決めてイタリアに勝つってのは気持ちのいいものです。

次は、ロシア戦。楽しみですね~。

>アデバ
移籍がありそうで恐いのですが・・・。噂では45億円ぐらいですけど、安すぎませんかねー。

>移籍
スペイン戦、ヴェンゲルが映ってましたが、誰を見ていたのか。試合に出てた選手はみんな高いですから、買うつもりは無いんでしょうけど。

ファーガソンはバカンスどころではなさそうですね。

延長戦の連続で、見る側はかなりつらいですが、更新がんばってください。
  • [2008/06/23 09:58]
  • URL |
  • 祝スペイン勝利
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

強者ロシア!

クリシーの契約更新は良いニュースですが、早くナスリの正式発表が欲しいものです。
準決勝に2チームもノーマークのチームが残りましたが、正直ロシアには驚いています。
スウェーデン戦を見た時に素晴らしい出来でしたし、スウェーデンは何も出来ず内容も完敗でしたから!
ヒディングマジックもあるのかもしれませんが、選手個々の能力も素晴らしいですし、ゼニトがバイエルンを破ってUEFAを取ったのが、今更ながら納得してます。
スペインはやっぱりと言うか攻めあぐねていましたが、何とかPKで勝てて喜んでいます。
スペイン代表でセスクが持ち味を生かせていたのを初めて見ました。
やはりシャビとイニエスタが居ない分、下がり気味でボールが持てるので、得意の捌きが生きていましたね。
最後のPKもプレツシャーに負けず、決めてくれて、頼もしい限りです。
ベンゲルも観戦に来ていましたね、それもジダンと一緒に、凄いツーショットでした w(゚o゚)w オオー!


いつぞや、マガジンのことで投稿させていただいた者です。その後、メールを出した結果、当該雑誌が送られてきました。宛名が手書きになっており、消印もいつものグラスゴーではなく、ワトフォードになっていました。行き違いに届いているようでしたらすみません。ご報告まで。

細かいようで大変恐縮ですが、ロッベンは試合前に怪我で出れないと監督からアナウンスがあったそうです。

今朝のセスク、5番目のキッカーで、それを冷静に決める。そんな星の元にあったことがとてつもなくうれしかったですね。

PK職人

職人ですね、ビジャは。
僕はなんだかんだ言って、PKは一人目がとても重要だと思っています。特に先行の場合。対イタリアEUROでの初勝利に向けて、ビジャにかかるプレッシャーは相当なものだったはず。平然と決めるあたり、さすがです。

あと、やっぱり背番号10で5人目を任され、きっちり決めるあたりファブレガスには脱帽です。
それにしても、トーレス…

ちなみに、インテリスタの友人はヴィエラはインテルの癌のひとつだと言ってました。
ホント、見てて哀れですし(今回は見ることすらできませんでしたが)。

更新お疲れ様です

なんか観ててイライラするような試合でしたが、スペイン勝利は嬉しいですね。とにかく両GKが素晴らしかった。というより今回は良いGKが全体的に多いんですかね?FKでの得点はバラックの1点だけのような…
それにしてもトニは不甲斐なさナンバーワンでした。周りが見えてないのか、焦っていたのかわかりませんがとりあえず残念。あとスペインの中盤はやっぱり利己的なプレーばかり…シルバやセナはまだしも、イニエスタは一体何本無駄にするんだよって思います。トーレスがまともに動けなかったってのもありますが、それでももう少し落ち着いても良かった気が。まぁ勝利は勝利だから嬉しいです。
クリシの契約更新は安心できるニュースですね。フランス敗退の賜物かな?笑

お忙しい中更新お疲れ様です。
スペイン勝利は良かったですね。ドイツ・スペイン両国共にダークホースと呼ばれる国に不覚をとること無く、決勝であたって欲しいです。
なんかやっぱりシルバ・ビジャは見ててアーセナル来て欲しいなぁ~と思ってしまいました。特にシルバは初めてちゃんとプレーを見たのですが、視野がとても広く、シュートの意識も高いのでいい選手だなと思いました。どちらか来てくれれば嬉しいんですが・・・。そういえばヴェンゲル試合見てましたね。何のためだったんでしょうか?唯一ガナーで決勝T残ったセスクを見に来たのか、それとも誰かの偵察か・・・?
なんかアデバまで出ていきそうな雰囲気ですね。毎年毎年エースストライカー出すんじゃセビージャやリヨンみたいなクラブに成り下がりますからね。それだけは避けてもらいたいです。アルシャビンへのオファーは間違いなく蹴られるでしょうね(笑)彼自身リーガ希望みたいですし。となると・・・ビジャですかね(笑)
クリシー延長はとても嬉しいです。なんかちょっとずつ明るいニュースが聞けてきてる感じがします。このまま主力流出阻止して、的確な補強をして、ロナウドがマドリーに行ってくれたら優勝がぐっと近くなる気がします。

>ゆうとさん

夜勤ですか、お疲れ様です。お互い体には気をつけましょう。

クリシーはワガママキャッシュリーの穴を埋めてくれてる選手ですからね、ここまで育ててきたわけですし、ずっと残っていてもらいたい選手の1人ですね。

ストライカーは毎年毎年話題だけは出てくるんですよね。今年はさすがにいらないと思います、前から言ってきたようにベテランなら話は別ですけどね。ウィンガーは欲しいですよ、レジェスもリュングベリもいなくなって縦への突破も馬力もなくなっちゃいましたし、ウォルコットを将来的にストライカーとして使うんならなおさらですね。このタイプならイングランド人にもいい選手はいますし。アルビオルに限らず、30億っていうのは一つのラインだと思いますね。これを超えちゃうと、どんな選手でもなかなか難しいです。

ユーロは本当に地上波でやってないようですね。オランダ対ロシアはたまたまハーフタイムにチャンネル回してたらやってたのがわかりました。あと3試合ですが、全部やるんでしょうか。どちらにしろ生で観れない人も少なくないでしょうし、そこは録画で(笑)

お気遣いありがとうございます。これでユーロが終わればまた平穏な日々ですね(笑)


>さとさん

セスクはいつ蹴るのか、1人また1人と出てくるたびにまだかまだかと思いつつ最後まで来ちゃいました。メンバー的にセスクかシルヴァだろうなと思ってましたが、シルヴァはシュートが外れてたからか、セスクを選んできましたね。内容的にも最初は影が薄かったですが、僕もらしさが出てたと思います。スペインは2トップが勝負所で仕掛けたがり、シルヴァやセナのシュート意識が高いので、セスクはアーセナルの時と違って囮ぐらいに思っておいた方がいいかもしれませんね。ロシア戦だったと思いますが、それでヴィジャのゴールも間接的にアシストしてますし。

正直グイサの投入は失敗でしたが、時間帯といい悪い采配じゃなかったと思います、爺さんは。イタリアは何でディ・ナターレを先発で使わないんだろうっていうのがちょっと不思議だったんですよね。デルピエーロもいないし、本当にトーニ頼み。仰る通りデルピエーロの投入は遅すぎたと思います。

PKのカソルラの表情は確かに微妙でしたね(笑) 僕はデ・ロッシが結構不敵な感じに見えたんですが、緊張でこわばってただけなんでしょうか。こりゃ決めるなと思えたのはセナとカモラネージぐらいで、他はみんな微妙だと思ったんですけどね・・・まさかスペインが勝つとは。

セスク対レーマン、是非見たいですね。トルコ対ロシアでも面白いんですけど、後から振り返ると絶対つまらないですし(笑)


>イチさん

結局いつも通りな感じだったオランダと違って、スペインは一つ壁を越えましたね。これは本格的に期待していいんだろうか。ロシアは調子は上がってきてますけど、守備に関してはスペインに4失点喰らった時から改善があまり見られないので、それと同じような展開になる可能性はないとは言えないですね。

最初は自国籍3人でしたっけ、ついこの間読んだんですけどすっかり忘れました(笑) でも今のアーセナルだと自国籍3人も厳しいですね・・・。今回のファーストチーム登録の中には2人しかいませんよ。ラムジーも勘定に入るといいんですが・・・。あとはアルムニアがイングランドを選んでくれれば。

この自国選手ルールには定義というか規定が2つありまして、本当に自国籍の選手と、自国籍クラブで一定年数以上在籍した事がある選手というのがあります。だから外国人選手をユースやアカデミーからそのまま育てるだけじゃ自国籍扱いになりませんね。ただ4年だか5年いればパスポートの取得は可能になるので、選手自身が望めば国籍を替えさせる、というかイングランド人扱いにする事は可能です。労働許可はどちらにしろEU圏内の選手は不要ですので、そこから連れてくる限りは気にしなくていいです。


>祝スペイン勝利さん

ありがとうございます。最初はこんなに休むつもりはなかったんですが・・・。

正直言ってセスクがゴールなりアシストするなりして勝てれば最高だと思ってたんですけど、PK戦で勝利を決めるキッカーってのもいいものですね。セスクのユニフォームを着て応援した甲斐がありました。

アデバヨールは噂されてる移籍金の額が下がってきてますね。40億行かなかったら干してでも残した方がいいでしょうね。

ヴェンゲルはスペインの選手には興味を持ってると思います。アルビオルとか?確かにヴィジャとかシルヴァとかになるとかなり高そうですが、後ろの方はそうでもないかも。イタリア人はいらないでしょうけどね(笑) それとも本命はジダンの選手を見抜く力を見極める事か。であわよくばスカウトに・・・。

こうも延長戦にばっか行かれると厳しいものがありますよね・・・。まああと3試合なんで、頑張って見ましょうか(笑)


>たさん

ナスリ決まりました。

ロシアは元々不気味な存在でしたからね、大穴がここまで来たかって事で、それほど意外な事ではないと思うんですけど、トルコは完全ノーマークでしたね。しかも勝ち方が劇的すぎる。これで優勝したら後世に語り継がれますよ。

イタリアの守備もあってかスペインは低調でしたが、そういう中でPKまで行っても勝てるっていうのは、今までの彼らにはなかった事ですね。そう考えるとやっぱり期待できるんでしょうか。今回のセスクはいつもより低めの、アーセナルに近い位置でしたし、邪魔なシャヴィもいないんでやりやすそうでしたね。ただアーセナルとは逆に周りのシュート意識が高すぎて、じっくり崩すところまでいかなかったのがちょっと残念でした。最後のPK、表情は明らかに緊張してましたが、あの落ち着きこそセスクですね。ギリギリの勝利でしたが、いいもん見れたって感じですね。

ヴェンゲルとジダンってあんまり接点なさそうなんですけどね・・・もちろん同じフランス人ではあるんですが。奇妙なツーショットでした(笑)


>awesome foursomeさん

わざわざご報告ありがとうございます。実は僕は忙しくて何もしておりません(笑) 今からでも間に合いますかね・・・もういいやって気がしてきてるんですが(笑) しかし宛名が手書きって事は、本当にリクエストのあった人にしか送ってないんでしょうね。じゃあawesome foursomeさんと僕に届かなかったのは、本当にたまたまって事なんでしょうかね。

ロッベン、やっぱりケガでしたか。実況・解説も誰も触れないし、おかしいなとは思ってたんですが、試合前の映像では普通にジャージを着て歩いてたんで・・・。そりゃファン・バステンには申し訳ない事をしました。

セスクのPKでスペインの突破が決まった事を喜んだアーセナルファンは多いでしょうね。みんなはカシージャスのところに行ってたのがちょっと複雑ではありましたが(笑)


>トゥティさん

僕も同感です、クロアチアは1人目のモドリッチが外したせいで、大きなプレッシャーがかかってしまいましたしね。本当にヴィジャのあの落ち着きは素晴らしかったと思いますし、PK戦ではカシージャスに次ぐ功労者だと思います。

スペインの10番ってどっちかっていうと外れというか、貧乏くじのような感すらあるんですが(笑)、5人目を任されて、ちゃんと決めましたねセスクは。スペインの突破を望んでいたのもそうですが、ファンとしてはあのシーンはヒヤヒヤものでした。トーレスがここまで思ったほど悪くないと思うんですが、結果でヴィジャに差をつけられちゃってますね。

ヴィエラ・・・インテルの癌というほどそもそも出てなくないですか?(笑) 何だかポーツマスが狙ってるとかって報道もありましたが、あの元アーセナルのすくつ・・・というと言い方悪いですね。ともかく元アーセナルのロートル集団に加わるのは、何か複雑な気分です。もうフランスに帰って、中堅どころでやればいいと思うんですけどね。マクーンの抜けたリールとか。


>けらずんさん

イタリアが関わるとピッチの中でも外でもロクな事にならない・・・とか言うと誰かに怒られますかね。ブッフォンもよかったですが、カシージャスは本当に神懸かりですね。キーパーが全体的にいいというか、評価の高い選手が順当に結果を出してるなと思います。ファン・デル・サールもよかったですし、例のミスまではツェフもよかったです。FKが決まらないのはボールのせいじゃないですかね。ミドルからのゴールも全然ないですし。

トーニは代表ではあんなもんでしょうね。ワールドサッカーダイジェストの特集号かなんかで世界最高のストライカーとか書かれてましたが、そんな事あるわけないです。スペインの中盤は仰る通りですね、結構イライラしました。セナのシュートは一つの武器で、可能性も感じさせるんでいいんですが、イニエスタは全体的にひどかった。シルヴァも微妙に枠を捉えてませんでしたね。

クリシーの延長は・・・まあ代表には呼ばれてないので、あまり関係ないと思います(笑) これで呼ばれて下手に活躍でもしてたら、また厄介な事になってたかもしれませんけどね。


>laylaさん

ありがとうございます。

スペインとドイツは言い方悪いですか残された希望の光ですね。前回がギリシャというあり得ないところが優勝しただけに、今回は地力を伴ったチームに勝ってもらいたいです。決勝でレーマンとセスクが当たれば尚良し。

僕はシルヴァにはちょっとイライラしましたね。確かに視野も広いしいい選手なんですが、状況判断がよくない気がします。正直プレミアでこれが欠けてるのは致命的じゃないでしょうかね。僕は昨日出てたメンバーならやっぱりセナがいいです。セナは個人的にヴィジャレアルに残って、引っ張ってもらいたいとも思うんですが・・・。

ヴェンゲルは実は隣にいたジダンを・・・ってのはまずないと思いますが(笑) アルビオルの偵察だったらいいですね。まあそれ以前に普通に観戦してただけって可能性もありますけど。残りの試合も全部見に来るんじゃないですか?

アデバヨールは本人がどうしても出て行くってゴネない限りは出さないでしょうね。彼に残る意思があるのなら、周りが勝手に騒いでるだけって事になりますし、実際にガッリアーニが難しいとも言ってます。それなら諦めて他を探せよって感じでもあるんで、何かしらあるのかもしれませんが・・・。アデを出さなければストライカーはいらないし、出したとしてヴィジャは割に合わない、アルシャフィンはセンターフォワードじゃないって事で、また全然別の選択肢が必要かと思います。

クリシーの契約延長で後ろの方は固まってきましたね。真ん中は補強が必要ですけど。やっぱり問題は中盤です。ナスリ獲得でやっぱりフレブはいなくなるのか。ロナウドについては・・・どちらかというと行って欲しくありません。そりゃユナイテッドからロナウドがいなくなればかなり楽ですが、それ以上にレアルを調子づかせないで欲しい。明日は我が身ですからね。

ナスリ移籍決定

http://www.skysports.com/story/0,19528,11670_3728160,00.html
4年33億ですか…結構高いですね。
来年期待通りに活躍してくれるといいんですが。

EUROですが、スペインがイタリアを倒しましたね。シャビに代わってセスク、WOWOWのひとはどうなの?って感じでしたがかなりよくやっていたと思います。いいスルーパスも何本か通してましたし。普通にシャビよりよかったと思います。しかも5人目のPKを任せられるとは。よく決めましたが、あれブッフォンの動き出しが早すぎませんでした?

オランダはロシアに敗れ敗退。ロシアは素晴らしかったですが、オランダもあまり良くなかったですね。特にファン・ペルシーはかなり悪く見えました。ファン・バステンの采配が不明で、ずっとファン・ペルシが右でやっていたのもあるかもしれません。まあスナイデルが右が苦手ならそれも分かるんですが、アフェライを入れたならそのまま右に入れてあげて、ファン・ペルシーを左にした方がよかったんじゃないでしょうか。スナイデルを中央に持ってきたのは良かったですが、左右が逆だったと思います。ですがそれ抜きにしてもファン・ペルシーは良くなかったですね。スナイデルのFKも蹴っちゃうし。

フランスはドメネクがだだこねて続投するかもとか…普通の監督ならこんな成績なら自分から辞任するもんですが、それも出来ないとは。

>Robinさん

早とちりでしたね、ナスリは。まあ決まるとしたらそれぐらいでしょうね。しかもすぐにはフィットしないだろうと思います。だからこそフレブの後釜にはなり得ないんですよね・・・。

信藤さんのセスクの評価は試合が終わりに近づくにつれて高くなってってませんでした?特にスルーパスに対して。僕もシャヴィよりよかったと思います、シャヴィがいる時は本当に何もありませんでしたからね。PKの事はセスク本人も言ってました、ブッフォンが左に飛んだから右に蹴ったと。ブッフォンは正直PKはそこまで得意じゃないですしね。

オランダはまるでダメでしたね、まあ展開によってはあんなもんだろうと思ってたんですが。イタリア戦、フランス戦は本当に展開がよかったですからね。ファン・ペルシはやっぱり流れに入れてなかったですが、僕は外で使うなら左より右の方がいいと思います。彼はクロッサーではなくシューターなので、左だとシュートが撃てないんですよね。特に今回のボール、アウト回転をかけると本当にあさっての方向に飛んでってしまう感じですし、左に置いたら本当に何もできず終わるでしょう。アーセナルでも左やってよかった事なんてありませんでしたしね。そもそもサイドに置くのが間違いかもしれません。

ドメネク、残りたがってますよね・・・勘弁して欲しいです。フランスサッカー協会の英断、ではなく妥当な判断を期待します。ドメネクにしてみれば、ワールドカップで準優勝に導いたっていうプライドはあるでしょうけどね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/911-e6174597

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。