スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/09プレミアリーグ 暫定日程が発表に 

2008/2009 - Draft Barclays Premier League Fixtures - Arsenal.com

08/09シーズンの暫定スケジュールが発表になりました。アーセナルは昇格組のウェストブロムとホームで開幕戦を行います。特筆すべきはホームで始まりホームで終わるって事と、CL予備予選で延期になる分がないって事ですね。その分最終戦が5月24日となっており、いつもより余裕を持った日程になってます。

しかしCLの後にユナイテッド戦やチェルシー戦があるのは相変わらずなんですね。5月なんてチェルシー、ユナイテッドと連戦なんですけど。こういう事をするとクオリティ面でよくないって事はついこの間証明されたばっかなんですが、特に4月5月はUEFAが日程を詰め込んでくるのでしょうがないのかも。FAカップを平日開催にすればもうちょっと余裕が出てくると思うんですが・・・そこは譲れないんですかね。

とはいえこの日程はあくまで暫定です。そもそも正式決定した後でも変更はあるので、暫定も何もないんですがね。


Rosicky may miss season start - Sky Sports

中途半端な状態で記事を上げてしまいました。どうもロシツキーは開幕には間に合わないかもしれないようです。

「復帰まではまだまだかかるだろうけど、新シーズンのスタート、8月のどこかではトレーニングが始められてるといいね。」

チェコの敗退について。

「スタンドやベンチから試合を眺めるっていうのはいつも難しいよ。こういうチャンスを無駄にした時はもっと最悪だ。こんな経験は初めてだよ。」

「もしかするとみんなの頭には負けるかもしれないっていうのがあったのかもしれない。でも残り15分のところで2-0で勝っているのなら、ただ最後まで戦って勝たなきゃいけないんだ。」

「最後は崩壊だった、彼らがプレーをやめていたかのようだったよ。とても悲しいね。」

「ペトル・ツェフは2点目のシーンでミスをしたけど、あれが決定的だったんだろう。3点目はオフサイドトラップをかけに行ったけど、こういう舞台でそんなリスクは冒してはいけないんだ。」


Sagna is fourth in Player of the Season poll - Arsenal.com

オフィシャルで年間最優秀選手の発表が始まっています。4位は新戦力のバカリ・サニャでした。PFAのベストイレブンにも選ばれましたが、いきなりきましたねぇ。今週はサニャ・ウィークとなり、サニャの特集が組まれます。



グループAの最終戦、すでに敗退の決まっていたホスト国スイスはヤキンの2ゴールでポルトガルに勝利し、クーン監督に花道を作りました。ポルトガルはメンバーを落としてきてたわけですが、クーン監督も悔やむようにこういう戦いができれば突破のチャンスもあったと思えるだけに、ちょっと残念ですね。PKは去りゆく者へ主審からのプレゼントだった感じですが・・・もう負け試合なんだし、抗議してカードをもらったペペはバカバカしかったですね、スコラーリも怒ってます。

センデロスは今回もフル出場し、ゴールまであと一歩と迫ってました。出来は3試合中最もよかったんじゃないですかね。最後のところで効いてました。ジュルーは出てくるかなと思えたんですが、結局1分たりとも出番がありませんでした。まあまだ若いですから、2010年を目指してもらいたいですね。

そして・・・チェコとトルコですよ。チェコがいい感じに加点していって2-0、決まるかなと思っていたら最後の15分で逆転を喰らいました。チェコのガッカリ感もそうなのですが、それよりトルコの底力が不気味です。スイス戦に続き、2試合連続で逆転勝利ですからね。彼らはクロアチアと準々決勝で対戦しますが、クロアチアは侮れませんね。

チェコの方は、ツェフがやっちゃいました。アーセナル戦でのギャラスのゴールもそうですが、またミスしたボールが都合よく相手のところに行くんですよね。このトルコ戦では1点を返されたところはさすがにしょうがないとしても、ミスをするまでは堅守を誇っていただけに、もうそう運命づけられていたとしか考えられない。

一方のトルコはヴォルカン・デミレルが最後にバカやって一発レッドをもらった事でケチがついたものの、ここまでゴールがなかったニハトが2ゴールって事で、このまま波に乗っていくと面白そうです。トルコはケガ人がちょっと気になるんですが、ちゃんと乗り切ってますからね。クロアチア戦も好勝負になりそうです。
スポンサーサイト

コメント

来シーズンはタイトル獲得が至上命題ですからね。特に終盤でのチェルシー、マンUとの戦いは絶対に落とせませんね。とにかく失速だけは避けてもらいたいです。もうあんな悲惨なアーセナルは見たくないです。そのためにも今夏は、十分な補強をしてほしいです。
マクーン獲られちゃいましたね。これで選択肢が1つ減ったってとこですかね。まぁ最右翼はヴェローゾなんでしょうが、陸さんも仰るようにポルトガル人においてはマンUのが分がありますからね。それでも今年は、ケチってる場合じゃないですし、粘って欲しいです。
イタリアvsフランス戦以外と楽しめそうな気がしてきました。もちろん占い師には消えていただかないと困るんですけどね(笑)ルーマニアがオランダ相手に大金星をあげてくれれば、面白くなるんですけどね・・・。期待して見たいと思います。

CESC FABREGAS SHOW

ようつべやニコで見られますね。両親まで出ています。ベントナーも出ていますが、私服姿を見ると実年齢に納得です。

>laylaさん

ヴェンゲルはタイトルを獲りに行くなんてもう口だけじゃないのかって気がしてきましたよ・・・まあ何だかんだ言いつつ、できるだけ安く抑えるために水面下で動いてるって事も考えられますけどね。

マクーンはどっか決まったんですか?ユーロの合間に移籍成立話もチラホラ入ってきてますが、マクーンの話は聞いてないですね。となると本当にヴェローゾを有力候補としたいんですけど、補強したいポジションが複数あるだけに、あまり1つのポジションに注ぎ込みすぎてもよくないと思うんですよね。それを考えると、40億はちょっと無理かなと。

イタリア対フランスはきっといい試合になりますよ。もうお互い負けないための戦いをしてる場合じゃないですからね。そこに閃きが見られるかどうかは別にしても、激闘が見られるはずです。オランダはまず間違いなくメンバーを落としてきますし、ルーマニアにしてみれば予選で勝ってる相手ですから充分にチャンスはあるでしょう。ファン・ペルシの先発予想が出てますが、ルーマニアを沈めたら・・・それはそれでよしとします。でもフランス突破は勘弁(笑)


>さとさん

そんなのがあるんですね、時間を作って見てみます。保存した方が好きな時に見れるか。ベントナーは結構歳相応の顔だと思うんですけどね。逆にセスクはいつまで経ってもあどけなさが抜けないなと思います。やっぱりそういう印象が残ってるからでしょうかね。

euro2008

久々にカキコします。

チェコ残念でした。
ロシツキーも開幕戦間に合わないのか?
結局なんだかんだでもっと長引きそうな気が・・・。

ブリュックナー政権は終わるのでしょうか?

戦術とかはよくわかりませんが、あのおじいちゃん好きだった。

彼の教え子が、バロシュ・ロシツキー・コラーetc・・・。

おじいちゃんを慕う孫みたいな感じでチェコ好きだったんですけど。

ロシツキー・ネドヴェドいないとダメなんかな~。

勢いで行くと、ポルトガル・オランダ・スペインって感じですねぇ。

やっぱロシア来ましたね。
不気味だ。

イタリアはトニがダメだ。
彼が当たれば一気に来そうですが。
ピルロいないスペイン戦を勝ち抜けるんですかね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/909-230be144

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。