スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボアハムウッド戦など 

10日にアーセナルXI名義で行われたボアハムウッドとのフレンドリーマッチは、6-2でアーセナルが勝利しました。両チーム合わせて3本のPKが取られた妙な試合です。スコアラーはファン・ペルシ(6分、14分)、レジェス(33分PK、45分、71分PK)、ピレス(39分)。レジェスは2本のPKを含めてハットトリックですね。

スタメンはトッププレーヤーが中心。今回はジョーダンがGKを務め、エブエ、ホイト、フラミニ、シガン、ジュルー、ピレス、ラーション、レジェス、フレブ、ファン・ペルシ。

        ジョーダン
      ジュルー  シガン
エブエ             ホイト
     フラミニ  ラーション
フレブ             ピレス
      ファン・ペルシ
           レジェス

が予想フォーメーション。後半からジュルー→コノリー、ラーション→クインシー。64分にエブエ→ケリー、68分にはピレス→ルポリ、フレブ→ムアンバ、ファン・ペルシ→クレッグ。今回はハワードがベンチでした。

        ジョーダン
      コノリー  シガン
ケリー             ホイト
      ムアンバ  ラーション
フラミニ            レジェス
       クレッグ
           ルポリ

ショーン・ケリー、パトリック・クレッグの事は全然知らないので、これで合ってる自信はないですが。何にしろ2失点はまずいですね。やっぱり今シーズンのガナーズは今まで以上に守備が不安です。どうにかしてよヴェンゲル・・・。


ようやくアレクサンドル・ソング・ビロングのトライアルの結果が出ました。このプレシーズン、フランスのバスティアからトライアリストとして試合に参加していた18歳のカメルーン人センターバック(プレシーズンマッチでは中盤でプレーしてましたが、本職はセンターバックのようです)ですが、結果はですね、失格ではないが合格でもない、です。記事のタイトルでは「獲得」と書きましたが、1年の期限付き移籍です。このローン移籍にあたり、アーセナルはバスティアに50万ユーロ(約7000万円)を支払うようですが、この辺はよくわかりません。またシーズン終了後に400万ユーロ(約5億4000万円)で完全移籍する事も可能だそうです。

今回ローンでの獲得となったわけですが、これにはプレシーズンのゆるいゲームでなく、リーグで様子を見たいというのと、どうしても腹が決まらず、とりあえず一年のお試し期間という意味合いがあると思います。僕は賛成です。アーセナルがローンで選手を獲得する事は最近なかったですが、こういう若い選手はまず一年様子を見るのが一番でしょう。ソングにとってはチャレンジの年となるでしょうし、アーセナルとしても足りないセントラルミッドフィールドの駒数を増やせるという意味でもいい事だと思います。活躍を祈りましょう。

またセスクが6年の契約延長に合意し、レジェスと同じく2011年までアーセナルに留まる事になりました。今シーズンは間違いなくチームの中核を担う存在になるでしょうから、コンディションに気を遣いつつも最大限の活躍を見せて欲しいところです。またアンリの契約延長の話し合いも近くもたれる事になっています。すぐにしないのは、「アンリは二人の娘がいて、休日は忙しい」からだそうです。


さて、これでようやくプレシーズンも終わり、シーズンが開幕します。まだ移籍市場は今月いっぱい開いてますが、とりあえずは現有戦力で開幕を迎える事になります。緒戦はホームでのニューカッスル戦。ニューカッスルはシアラーとギヴンが負傷、クライファートとベラミーを放出した事でストライカーがおらず、かなり楽に戦えそうです。ここで圧勝して幸先のいいスタートを切りたいですね。試合は14日の日曜日、午後9時半キックオフです。お見逃しなく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/89-28c16c31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。