スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックキャッツ戦、ギブズ、ランドールを起用か 

Wenger set to bring in another youngster for final game - Arsenal.com

サンダーランド戦に戻ってくる選手はなし。もう本当に何も懸かっていないという事もあって、ヴェンゲルはさらに若手にチャンスを与えるかもしれないと話しています。エヴァートン戦ではベンチにいた皆さん大好きなギブズであったり、ローンから復帰したランドールの名前が出ています。

「出られる選手のみといった状態だね。ケガから戻ってくる選手はいない。だが1人か2人、ユーロやアフリカ予選に向けて早めの休息を与える事になるかもしれない。」

「そこで先週末にベンチに入っていたキーラン・ギブズだったり、マーク・ランドールといったところを入れるかもしれない。だが実際はまだわからないといったところだね。」


Wenger - Don't make Gallas a scapegoat - Arsenal.com

ギャラスのキャプテンシーに対する疑問の声が多く出ていますが、ヴェンゲルは優勝を失った責任はチーム全体にあると主張しています。

「ギャラスが悪いキャプテンだという見方には共感しないね。彼はとても熱意のある、チームのためにハードワークをしようとするキャプテンだと思っている。」

「バーミンガム戦では激昂した事もあったが、今でも思うのは、仮にあれがミスだったとしても、それで優勝を失ったわけではなかったという事だ。言い訳にするのは簡単すぎる話だよ。他にもいろいろとあったんだ。安っぽい言い訳だろうね。」

「あの時は5ポイントリードしていて、誰もが彼のキャプテンシーを賞賛していた。我々全員がミスをしたと思っているし、集団としての団結を取り戻し、リーグ優勝を狙いにいかなければならなかった。」

「多くの新聞がその話を出しているが、私はまだ何も考えていないと言っておかなければならない。私はこのチームの団結を保つ事を優先にしている。そして来シーズンどこまでやれるかだ。」

何かヴェンゲル・・・老いたなって感じがしますね。元々確かに優しい監督ではあるのでしょうが、それにしても今シーズンは手綱が緩すぎる。確かに優勝できなかったのはチーム全体の責任かもしれませんが、細かい問題一つ一つにも目を付けて解決していかないとね。バーミンガム戦でのギャラスもそうだし、FAカップでのエブエもそうだし、レディング戦でのフレブもそう。もちろん公の場で選手を批判するのはよくないですが、裏ででもいいので然るべき処分はすべきでしょう。

ギャラスはキャプテンを任されて、彼なりにはよく頑張っていたと思います。ただ生まれついてのキャプテンではなかったように思います。あまりにも他に適任がいないならともかく、来シーズンはギャラスのキャプテン剥奪を切望しますね。


Wenger - Why I am happy with evolution, not revolution - Arsenal.com

「補強はするよ、恐らく守備の部分と、試合のクリエイティブな部分でね。何人かの選手、重要な選手を今シーズンは失っていたわけだからね。それにクリエイティブな部分に新しいタレントを加えたいとも思うんだ。」

「イングランドでの問題は補強が必要だと言われる事だね。だが今いる選手の成長の事も考えないといけないんだ。」

「お金の問題じゃないんだ、我々は何もない選手を連れてきてワールドスターにしている。スカウティングのクオリティの話でもあるし、トレーニングでのクオリティ、選手達の成長のクオリティの話でもあるんだ。」

「選手を成長させるのに賢い方法でやる事の方が大事だと思うね。」

「負けた時、得点がなければ"ヴェンゲルはセンターフォワードが必要だと"言われるし、誰かがミスをすればセントラルディフェンダーが欲しいと言われる。だがチームは成長できるものだという事を受け入れなければならない。」

「このチームは昨シーズン、68ポイントだったが、今シーズンは83だ。15ポイントの違いがあり、その間にティエリ・アンリがいなくなり、シーズンを通して多くの重要な選手を失った。だからチームが成長していないと言う事はできない。来シーズンの目標は90や92ポイントになるはずだからね。」

「この夏をどう過ごすかって?電話漬けさ。電話と、フットボールピッチだね。今はケンと共にとても忙しくしている。彼も今年の休日はこれまでになく短いものになると覚悟を決めているよ。数日はあるといいのだが、とにかくとても短いものになるだろうね。」

そりゃタイトルを獲っての発言なら説得力もあるんでしょうが、3年連続無冠の監督が言う事ではないと思いますね。特に来シーズンは選手の成長を待つなんて悠長な事を言っていられる状況にはないでしょう。そもそもユナイテッドやチェルシーに比べて明らかに選手層が薄くて、それもタイトルを失った一因だというのなら、補強しろと言われて当たり前です。

今いる選手を育てる事も重要ですが、本気でタイトルを狙いに行くなら、どんどん強くなるライバルとも肩を並べられる状況を作ってからの話になります。数年前は育てながらでも何とかなったんでしょうが、今のプレミアでそれをやるのは難しくなってきてますからね。もちろん、そこまでしてタイトルはいらないというのなら話は別ですが。


Wenger - The area in which we must improve - Arsenal.com

ヴェンゲルは崩されての失点やセットプレーからの失点は少なかったが、特にロングボールに対する弱さが目立ったと認めています。

「今シーズンの我々はトップクラスの攻撃力だったが、31失点は6つか7つ多いと言っておかなければならないね。リーグ優勝まではもう少しだった。」

「オープンプレーやセットプレーではリーグの他のどのチームよりも許した失点は少ないのだが、ダイレクトなプレー、空中戦や中央からのプレー、そしてほとんどの場合でセカンドボールに絡む失点が多かった。」

「セットプレーやオープンプレーではマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーにも引けを取らなかったね。数字は出せる。だがダイレクトボールに対するアプローチは修正が必要だね。ロングボール、ダイレクトボールを使ってくるだけのチーム相手には改善の必要がある。」

ロングボールに対してはずっと前からの課題ではありますが、これはしょうがないとは言いませんが、現状ではちょっと限界もあるかなってところですね。問題はセカンドボールからの失点じゃないかと。一度ゴール前まで押し込まれた時、何とか跳ね返してもその後の対応が悪い事が多いですからね。ボールを拾った相手に対して、シュートも含め自由な選択肢を与えすぎているんですが、これはあれだけ動いていたフラミニですらそうでした。一方でセンデロスやクリシーのように、突っ込みすぎてかわされたり。ここはチーム全体としての改善、成熟が必要なポイントだと思います。


Clichy - Gunners must unite - Sky Sports

クリシーは余所へ行ったところでタイトルの保証なんてないんだから、それは移籍の理由にはならないと話しています。何か監督みたいな言い回しです(笑)

「トロフィーのために出て行くなんて言う事は誰だってあり得ない。他のチームに行ったところで何が起こるかなんてわからないわけだからね。ティエリ・アンリが出て行ったのはラ・リーガやチャンピオンズリーグをバルセロナで勝ちたかったからかもしれない。でもそうはいかなかった。」

「アーセナルのチームを見て、もう間もなく偉大な事が達成されると僕は確信してるんだ。我慢しなければいけないなんて事は言いたくない。もう3年も待ったんだし、選手達を満足させ続けるためにも、トロフィー獲得は絶対だ。」

「とにかく僕が言ってるのは、アーセナルにいる誰もが団結する事ができれば、とても多くのものが達成できるって事さ。」

「僕にしてみれば、イングランドというのはフットボーラーにとっては最高の場所だよ。ずっとここにいられるというのならそうするだろうね。」

話は変わって、フラミニの退団が決まった事で、ジウベルトは残留に傾いてるようです。ただし自分のポジションの補強がどうなるかって事をまず見極めたいようです。

「クラブに残りたいね。アーセナルで楽しくやってるんだ。人間、雰囲気、フットボール、ここでの全てをね。」

「クラブがオファーを受けたとか、一人獲得して状況が変わるかって事はわからない。残りたいとは思うけど、確かな事は言えない。クラブがどう考えているかわからないからね。」

「監督は計画を立てるわけだけど、シーズンの最後には想定していなかった事が起こるものなんだ。」

CMFは獲らないわけにはいきませんからねぇ。ヴェンゲルがどう考えてるのかわかりませんが。今のままでは明らかに層が薄いですし、ジウベルトがレギュラーに返り咲ける保証はないと言えますね。もちろん残ってもらいたいですが・・・特に、本人が残りたいというのであればね。


Adebayor to lead Togo again - Sky Sports

何やらアデバヨールがトーゴ代表のキャプテンになりそうです。ずっとなのかどうかはわかりませんが、新たに監督に就任したアンリ・スタンブーリが指名しています。

「アデは偉大な選手で、国のためにプレーする事を愛しているんだ。私は彼を信頼しているし、その成熟を発揮してくれるだろうね。」

どんどん代表キャプテンが増えていきますね・・・。



しかし・・・これだけヴェンゲルに物足りなさを覚えている自分に愕然とします。今シーズンの無冠についてはそれほど悲観的には捉えていません。ヒル-ウッドの言う通り悪いシーズンではなかったと思います。とりわけアンリがいなくなった後で、チームとしてしっかり成長したところが見られました。ただヴェンゲルに対しては目に付く課題が明らかに多いんですよね。しかもずっと前から問題だ問題だと思っていた部分。まあ今解任したらそれこそ終わりだとは思うのですが、来シーズンも同じ事を繰り返すようであれば、さすがに我慢できない自信があります。日本語変ですけど(笑)
スポンサーサイト

コメント

キャプテン

一作日から、また投稿させていただきます。

キャプテンのことなんですが、ギャラスからの剥奪に、僕も賛成です。
賛成なんですが、他に変われる人がいない・・・。
ベテランを獲るようですが、その人に即日キャプテン渡すことはありえないですし、現メンバーをみてもジウベルトは引っ張っていくタイプじゃないし、ロシツキーも年間通していられるか怪しい。
フレブはカリカリしてて相手選手に張り手してシーズンOUTしてますし、そもそもキャプテンってキャラじゃない。
残る線はコロ・トゥレですが、なんか気性が穏やか過ぎて鼓舞できるような感じじゃないんですよね・・・。
1番最適かな?と思ってた16番さんもどっかいっちゃいましたし。
難しい判断ですね・・・。

長々すいません。

初めまして

いつも拝見してます。

ギャラスが最もキャプテンに相応しいかと問われれば疑問だけど、今剥奪するのは、ギャラスはもちろん、それ以外の選手たちが彼をかばっているコメントを見ても適切なタイミングではない気がする。
それに彼のこれまでの言動などを鑑みても、剥奪することが彼のプレイや今後の言動にいい影響を与えるとは思えない。
もちろんそれくらいでそうなってしまう選手ってのは問題だけど、今そうなってしまうのは結局チームとしてもマイナスのような気がする。

いくいくはセスクなんでしょうが、今これ以上責任を負わせたら潰れちゃいそうだし。

考えられる落としどころとしたら、ジウベウトでしょうか。
もちろんフラミニがいなくなったとはいえ、ずっと安定してスタメンをはれるのかという問題はありますが。
ただ彼ならアーセナルも長いし、今季も控えで複雑な気持ちだっただろうけど冷静に発言してたし、他の選手もギャラス自身も納得できるのでは。

もし変わらずにギャラスになったとしたら、今季を糧に成長した彼を私は期待したいです。
それでダメだったらそのときに、と思うのですが、甘いですかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そんなにタイトル欲しいですかねぇ。
自分はベンゲルに対して何の不満もないです。
例えばほかの監督が来てタイトルを穫ったとしても、やってるサッカーが変わってしまうならアーセナルを応援する理由がない。
ベンゲルは意図的に選手を増やさないようにしてるんじゃないですかね。アカデミーに出てきてる優秀なイングランド人選手たちを将来使うために。

タイトル

そりゃ欲しいでしょ。ていうか、それを目指して皆やってるんですから。
ただし、今のスタイルを崩してまで、今の方針を変更してまでと言うことになると、僕もアーセナル応援するのやめたいですね。

過去にPLを優勝した時、ピレスが松葉杖で来て選手の和に入った時、泣けたことも覚えています。今期もそれを期待してたけどかないませんでした。もう一度あの歓喜の瞬間を見たい。

ぜひタイトルを取ってもらいたい。もちろん、今のスタイル、方針、最小限の補強で。

タイトル取って欲しいかは人によるんですねえ。
自分も、見ていて楽しいかどうかの方がよっぽど重要。
死ぬほど面白かった試合は、いつまで経っても記憶が色褪せない。

楽しい試合が見れる可能性がより増える、という見地から、CL圏内に居れば充分。
そして、アカデミーのイングランド人も優遇する必要性も別に感じない。

スカパーの放送予定を見たんですけど、最終節アーセナル戦の放送予定ないみたいですね。ギブスとか若い選手見たかったのですが、来シーズンまで無理っぽいですね。

ベンゲルが何か問題を起こした選手に対してきっちり言っているのかは気になりますね。ギャラスやエブエ、フレブにしてもそうですが、レーマンも公でアルムニアに対して文句言っていたようなものだし。しかるべき処分はしてほしいなと思います。それとベンゲルはキャプテン選ぶのうまくないのか?今シーズンのギャラスはともかくとして、アンリのキャプテンは失敗だったし。

ベンゲルは基本、先発メンバーをほとんど固定して戦うので、選手一人一人の負担が大きい気がします。ベニテスのようにローテーションをやりすぎるのも問題だと思いますが、ファーガソンのようにときには休養を与えるようなことも必要だと思います。ただ今シーズンのアーセナルでは、単純に選手層が薄かったのでそれが難しかった。で結局シーズン終盤に疲労とかで失速したんですよね。タイトルを取りに行くならやはりある程度の即戦力が必要かなと思います。

クリシーの話は全面的に自分もそう思います。どこにいってもタイトルを確実に取れる保障はないはずですから、タイトルのための移籍ってのはあまり考えられないかなと。とするとフラミニはやっぱり金ですか。ミランですからね。CL、内容で完全に圧倒して勝ちましたから、タイトルの話とかではないし、金か。

自分も最近、確かに、それはないだろ、みたいなことをベンゲルに対して思うことが多くなった気はします。ただ解任とかそういう話となると、交代する監督を選ばないといけないんですよね。単純に後任がいないような気がします。まあ探せばいるかもしれませんけど。

ファンの人にとってはタイトルを取ってほしいかは人それぞれだと思います。ただ選手や監督としては絶対タイトルがほしいはずですし、やっぱり偉大なチームというのはタイトルをとって初めて認められるわけですから、自分としては何かタイトルを取ってほしいです。いい試合を見るのも重要なんですけど、タイトルを取ったときの喜びっていうのは、やっぱり別のレベルの感動がありますからね。後、クラブワールドカップが日本であるうちに日本に来てほしいなぁというのがあったり。

こんにちわ。こないだまでオカチと名乗ってたものです。
急に名前変えてすみません。。

確かにベンゲル選手に甘いですよね。。もうちょっと厳しくしろ!っておもうことが多々あります。

あと、選手を育てたいのはわかるのですが、やっぱり優勝するためには本当に戦力補強は欠かせないですよね。一人二人レギュラーが怪我したら、長期的に見て、もうマンUとかとまともに戦えなくなりますからね。

最後に、アデバ。今年自分の中で一番のサプライズでした。去年まで、決めろというところで全く決めないというイメージがかなりあったのですが、今シーズンきめまくりましたね。来シーズン、まだ前面に信頼してないんですが、てか、スランプとかに陥りそうなイメージがあるんですが、頑張ってほしいです。

あと1試合ですね

確かにベンゲル年とったなぁと感じますね。

いくらなんでもこの状態でたいした補強なしというのは残念というよりむしろ情けないです。


細かいですがnext matchの欄、恐らく13 日ではなく11日ではないでしょうか?
ふと気づいたのでご報告まで、いつも楽しく読ませてもらっています。

フレブ移籍濃厚

こんばんは。あるサイトにて、いよいよフレブの移籍が濃厚とゆう記事を発見してしまいました。フレブの代理人の話によると、どんな好条件を出されても移籍は免れないと・・・・どうして、こうなってしまったのか理解できません。昨年のリュンベリにしてもアーセナルの選手たちは、何らかの不満を抱えているのでしょうか。独自の経営スタイルによる金銭的なものなのでしょうか。今期世界一美しいと言われたフットボールに選手達は魅力を感じてないのか・・理解できません。

アーセナルって相当金ないんですかね…広島カープ状態ですね…。4強で外国資本じゃないのアーセナルだけですし、今シーズン、金万トッテナム、マンCに負けるんじゃないかと思ってました…。外国資本2トップと4ポイント差、補強費数百憶のリバポより上位ってヴェンゲルすごい思います。外国資本阻止したエデルマンが辞任したんでロシア資本になるんですかね…。去年ヴェンゲルが「欲しい選手はギリギリまで名前を出さない。出すと他のチームに巨額の移籍金でとらてしまうからね」と言ってましたし…やっぱ金が…。

こんばんは。
昨日は返信ありがとうございました。
陸さんの意見も大変わかります。
現実的に考えられてこその理想、バランスが大切ですね。
きっと私は皆さんのように長くアーセナルを見てきていないので、少しベンゲル監督に対して長い目で見れているのかなと思います。
タイトルに関して言えばもちろんいつか取って欲しいですが、セスクをはじめ魅了するサッカーが好きな選手が我慢して残ってくれるのであれば、あと5年はチームの成長を見ながらワクワクしながら応援しつつ待てるかなと思います。
サッカーが好きで見ているのですが、陸さんや皆さんのように理論的にサッカーを分析することができないので曖昧な精神論の話になってしまうかもしれませんが、私にはどうしても今期のアーセナルは不可解なレフェリングと、なによりエドゥアルドへの最悪なタックルで壊されてしまったという思いが拭いきれません。

もし私があの場でエドゥアルドの足と表情を見たらと考えたら、簡単に気持ちを切り替えて彼のために奮起するっていうのはどう考えても難しい気がして。
彼のために勝利とタイトルを捧げたいといっていた選手もいましたが、きっと心の深い所では恐怖心が勝ってしまうと思うのです。
粕谷さんが言っていた、「あの試合の後からアーセナルの選手の玉際の厳しさや、がむしゃらさが薄れたように思う」っていうのは私もまったく同じ感想でした。
私はあの怪我がなければ、あれからあんなにポイントを落とす事はなかったと思うし、少なくとも最終節までタイトル争いは出来たのではないかなと思っています。
また、その試合中もその後繰り返された悪質なチャージに対して警告がほとんど無かったことも含めて、今期の監督や選手達はレフェリーのジャッジに対してものすごく不信感がつのる試合が多かったようにも思います。
私の中では昨期から今期途中まで、淡々とプレーする印象があったフレブもレフェリーに対して感情的になるシーンがよく見られましたね。
語弊があるかもしれませんが、簡単に言えば「アーセナル戦ではテクニックでかわされてボールが簡単に取れないなら、つぶしてしまえばいい」みたいな風潮を監督も危惧していましたし。(もちろんアーセナルの選手のエブエやディアビー等のラフプレーは見ていて腹が立ちましたが。)
私としては今期、選手達は十分このサッカーに手ごたえを感じることが出来たシーズンだと思うし、このスタイルで近い将来タイトルを勝ち取れると思ったのではないかと思います。
ですので、もしフレブが移籍を望むのなら、きっとプレミアにおいてのアーセナルスタイルの立場とレフェリーの関係から来る、「壊される恐さ」と、「守られていない理不尽さ」っていうのは少なくない要因なのではないかなって思います。
最後に、今期タイトルは取れませんでしたが、先日のエヴァートン戦の冒頭で、おそらくアーセナルファンというわけではない倉敷さんが言った「私はアーセナルが今期世界で一番おもしろいサッカーをしていたと思います」という言葉がものすごく嬉しくて、応援してきて良かったなって思いました。(その試合は正直面白くなかったですが。。)

PS:差し支えなければ教えていただきたいのですが、陸さんは何がきっかけで、いつ頃からアーセナルのファンなのですか?それとなぜマンチェスターやレアル、バルサ等ではなく、アーセナルなのですか?
すみません、もしかしたら以前にこの様な話はされているのかもしれませんが、私はこのサイトと出会ってまだ間が無くて。。
差し支えなければで構いませんので ^^

みなさんの理想はデコ?

最近のベンゲルの補強ポイントでクリエイティブなMFがほしいとありました。みなさんの意見からすると即戦力でクリエイティブな特徴を持っていて優勝経験も豊富、今30なので第一線で活躍できるとしても1,2年なので若手を無理なくそだてられる、しかもバルサの大幅方針転換で移籍必須とみられて
います、しかもスタミナと運動量もあるのでセンターハーフもできるとなると?
経験や実績を対象からはずすとファンデルファールトやニコ、ヂエゴと選択肢は増えて予想が難しいんですけどね。

同じ轍は踏まぬ!!

前回コメント(ダービー戦後)は試合後すぐにしたので、朝方でした。
また間が空いて申し訳ありません。

フラミニ?誰それ?
というのは冗談として、その問題の移籍。
ユベンティーノという噂もありましたが、彼の世代の少年期は、丁度セリエA全盛時に当たりますよね。いつフットボールを始めたか知りませんが、リーグ自体に対する憧憬もあるのか。それと彼がイタリア系ってのも関係あったのか。
・・・つらつらと彼の移籍動機を推察してみましたが、年俸8億の前には主要因になりえないよなぁ。
まぁ仕事といえば仕事なので、金が動機と言うのは私も悪いとは思いません。が、あれだけ引き延ばした挙句高額年俸で移籍となると、やはり皆さんと同じく不快感を覚えました。フィレンツェ応援したくなりましたもん(笑)
彼のコメントを聞きたいですね。

んで、大事な補強。
私も名前を挙げたいのですが・・・ガナーズファンになる前、まだフットボールファンの頃は色々観ていたのですが、近年はほぼアーセナルの試合しか観てないので、積極的に推せる選手を知らない。(>snowさんの5/8コメント「皆さんへ」、私は無敗優勝時からファンです。好きな理由は見ていて一番楽しく美しいから、これに尽きます。あとはその一方で持つ脆弱さと、ベルカンプに度肝を抜かれたってのもあります)
この点、皆良く観てるなぁと感心します。
ただ、噂でしか知りませんが、フラミニが移籍した以上、競合多数でも評価の高いヴェローゾはある程度無理しても狙って欲しいなと思ってます。
この下手すりゃチーム解体の際、たとえ獲れなかったとしても、マンUあたりと移籍市場でも勝負することで、気概くらいは見せて欲しいですよね。現有戦力の慰留にも繋がるかもしれんし。
でもヴェンゲルはやらんだろうなぁ。
あとはラキティッチも良さそう。

結果と美しさ
これはホント人それぞれ、また現地のファンとも相違がありましょう。
ただどこかで結果を得ないとスタイルは維持できないと思いますよ。
そのスタイルを体現する選手達は結果が欲しいでしょうから、限られたキャリアの中、なかなか結果が伴わなければ、折角育てた若手も去っていくでしょう。まして外国人の多いクラブですし。
それと優遇しろとは勿論言いませんが、イングランド人の育成は今後大事になっていくと思います。

キャプテン
もしセンデロスがレギュラークラスだったら、キャプテン候補と思ってます。
鈍重かつヒヤヒヤする、けれども何だかんだで足元は改善してるし、何より気持ちがあって頑張れる奴(W杯の流血ヘッドは日本人として喝采を送りました)。
しかし、如何せんスタイルに合わない上、CLのミスは高くついたのか。
あのミスを乗り越えられれば大きくなれるはず、と期待していたので、もしこのまま見限られたら寂しいです。

皆大好きギブス、私も好きです(笑)エミレーツカップで観れた印象が大きいかな。
観たいなぁ~、来季ブレイクしないかな~。

すぐの監督解任はあり得ませんが、来季はヴェンゲルも真価を問われる。
というか仮に罷める場合、後任が難しい・・・アダムズはまだ早いだろうし、それよりフロントがいい人事出来るのか・・・

>rosickyさん

キャプテンやらせるとしたらトゥーレかセスクの二択になるんじゃないですかね。トゥーレは別に穏やかではないと思うのですが・・・。彼はしばらくキャンベルの横でプレーしていて、チームが若返っていく中でどんどん経験を積んでいったわけで、土壌は整ってると思いますね。ただ積極的にプッシュできる程かと言えば・・・。セスクはもう賭けです。慎重に行くならトゥーレ、冒険するならセスク、ですね。


>ダイさん

まさに仰る通りです。ですからギャラスからキャプテンの座を剥奪して問題が大きいようなら、ギャラスは放出すべきだと思います。チームにとってもギャラスにとってもその方が幸せなら、って事ですね。

僕はジウベルトを選ぶぐらいならギャラスのままにしといた方がいいと思いますね。ジウベルトはやっぱり副官が合ってるんじゃないでしょうか。先頭に立たせると、結構頼りなさが目立ちそうな気がするんですよね。それだったら空回りする事はあっても、まだチームを鼓舞できるギャラスの方が向いてるかなと。

ただギャラス、態度を見てるとあまり成長が見込めそうにはないんですよね・・・。例えばバーミンガム戦の非を認めて反省している、とかだったら改善されそうではあるんですが。まあ誰を任命するにしろ多かれ少なかれギャンブルの要素はありますから、ギャラス継続が無難かもしれません。ただ僕はもう1年経って振り返ってみて、「やっぱりあの時替えておけば・・・」と後悔するんじゃないかと思っちゃいます。


>semisさん

一理あると思います。というか多かれ少なかれあるでしょう。ただ僕個人の意見を言わせてもらうと、それは決して大きな理由ではないと思います。単にヴェンゲルは優れた潜在能力のある選手を連れてきて育てるのが好きなんじゃないですかね。タイトルを獲るのと同じぐらいに。実際、ヴェンゲルは負けず嫌いです。試合に負けた時はご飯も喉を通らないなんて話もあるぐらいですから。でも勝利を優先するより若手を育てようと思うのは、それがベストだと思っているのではなく、それ以上に好きだからじゃないでしょうかね。僕はそういうふうに見ています。


>はるさん

極めて個人的な事を言えば、僕は別に今のフットボールに拘りはないんですよね。言葉を変えると、美しいフットボールをしているからアーセナルが好きというわけじゃないんです。だからヴェンゲルに対する拘りもないです。今のスタイルが好きだからアーセナルを応援してるって人は少なくないと思いますが、その人達はヴェンゲルがいなくなって、スタイルも変わったらどこへ行くんでしょうね。人それぞれですから別に悪い事だとは全く思いませんが、その点でまず僕とは違います。

次に一般的な事を言えば、かろりさんも仰ってますが、そもそもタイトルを目指して戦ってるわけで、別に内容を競ってるわけじゃないんですよね。極端な話、結果そっちのけで内容を追求したプレーをしていても、それは違う土俵で戦ってるに等しい。その上他にその土俵で戦ってるチームがない以上、ただの自己満足で終わりかねません。

それに観光客は見ていて楽しい、また話題になるプレーを見にスタジアムへ来るかもしれませんが、多くのファンが望むのは勝利です。それに選手だって勝つためにプレーしているわけで、そもそも力がないならともかく、力があるのにタイトルを目指さないってのはモチベーションに関わります。でそのうち物好きな選手しか来てくれなくなるでしょう。

ちょっと話は変わるんですが、僕はマイクロソフトについて、不思議に思っていた事があります。彼らは主にヨーロッパで、独占禁止法違反であれこれ問題になったりしてるんですけど、あれだけの大企業が、何故そうまでしてまだ利益を追求するのか。これってつまり、成長を望む事をやめたら、そこに留まる事なんてできずに衰退していってしまうからじゃないでしょうかね。

まあこの場合は大きな勝利を手にした者が、次のどこへ向かうのかって話になるのでまたちょっと違うんですが、常に勝利を目指していなければ墜ちていく一方っていうのは一緒だと思います。それでもなお美しいプレーという拘りを持ち続けたとして、一体誰が認めてくれるのか。恐らく世界中見渡しても、ほんの一握りしかいないのではと思いますね。


>かろりさん

そうですね、厳しい練習も自己管理も、長距離の移動も全ては勝利を得るためのはずです。僕も今の方針は変えて欲しくないですが、ヴェンゲルが、あるいはその後の監督が本当に必要だと思って方針を変えるというのなら、それは受け入れます。はるさんへの返信でも書いてますが、僕が好きなのは必ずしも今のフットボールではなく、アーセナルそのものですからね。ここは本当に人によって違うでしょうね。

01/02の時ですね。あの時はヴェンゲルが手がけた第2世代チームが絶頂への階段を上り始めたって時でしたねぇ。まあ言葉は悪いですが半ば"自滅"だったピレスと、明らかに破壊されたエドゥアルドとでは周囲が受けるショックも違うんでしょうけど、あの時成し遂げられたチームと、成し遂げられなかった今のチーム。そういう不安はあります。でも今シーズンはむしろ02/03に近いかなって感じもしますし、来シーズンは無敗優勝チームと同等、それ以上のパフォーマンスを期待したいですよね。

で、僕はむしろ今のスタイルを貫くためにも補強が必要だと思います。若手育成は若干滞るかもしれませんが、別に捨てるわけじゃないですし、ピッチ上の話をすれば、これだけ運動量を求められるプレースタイルで、今の選手層では心許ないです。特に来シーズンはユーロ後になりますしね。


>ponyoさん

どれだけ楽しい試合をしていても何も勝ち取れなければ、「アーセナル?見てて面白いけど、勝てないよね」っていう記憶の残り方になりますよね。クラブとしてもっと小規模で、それが限界ならばしょうがないですが、勝利を狙える力があるのにそれをしないっていうのは僕にはどうにも受け入れられません。美しいプレーは人を惹き付けますが、そればかりが目的でクラブ愛を持たない人が増えた事は悲しく思います。

あとイングランド人育成の件は、現実的にUEFAかFIFAかどっちか忘れましたが、自国選手何人以上っていうルールがあるので、かなり大事です。下手するとまともなメンバー組めなくなりますから。


>suouさん

残念ながらアーセナルの放送はないようですね。若手見たいですね、TV Onlineでハイライトは観られますが・・・。まあ放送がないのはしょうがないにしても、僕はバーミンガムよりフラムの試合を放送してもらいたかったです。最近の彼らはすごいです。

ああ、そういえばレーマンの事を忘れてました。すっかりフェアウェルモードになってしまってましたよ。彼にしてもいくら練習をプロの態度でやってるとはいっても、それはそれ、これはこれ、ですよね。どうにもそういう詰めの甘さが気になります。キャプテンに関しては、アンリの事はちょっと神聖視しすぎたなっていうのはありましたが、ヴィエラは大成功でしたしね。ギャラスに関してはギャンブルに負けたようなものじゃないかなと思います。

仰る通りヴェンゲルは同じ選手を使い続ける事が多いですが、そうやって一部の選手に負担がかかりすぎてしまうって事は選手層が薄いって事ですし、逆にそういう時に若手をどんどん使ったとしても、結果を出せなければやはり選手層が薄いという事になり・・・結局薄いんですよね。まあ単に薄いのではなく、若手が成長してくる事を見込めるっていうのがあるので、何もかもがネガティブではないんですけども。

フラミニは金以外ないと思ってます。プレミアの優勝カップよりセリエの優勝カップがいいとかなら知りませんが。

ヴェンゲル後は不安ですねぇ。ただ悪い流れが続けば、それはどこかで断ち切らないといけない部分も出てくるでしょうし、ある意味賭けですね。でも勝利のためには賭けに出なければならない局面もあるのではないかと思います。

やっぱり選手は勝ちに来てるわけですからね、勝てるチームっていうのは、美しいチームよりも価値が大きいと考えるのが普通じゃないですかね。さすがにチェルシーみたいなチームを肯定する気にはなれませんが。

クラブワールドカップ、確かに来て欲しいですが、それ以上に疲労が心配になります・・・。


>okaさん

了解しました。ただあまり頻繁に変えるような事は控えてくださいね。

この選手が抜けたら大幅に戦力ダウンっていうのは、どんなチームにでもある事です。ただアーセナルの場合、その後に入ってくる選手のレベルの差がちょっと大きいですよね。成長が見込めるというのではあるんですが、その間に躓く事は許されないわけですし、そろそろ成長待ちとは言ってられませんね。

アデバヨールはもう大丈夫じゃないですかね。もちろん好不調はあるでしょうし、ゴール数で言ったら今シーズンを下回るかもしれません。ただ誤差の範囲内で収めてくれると思ってます。もちろん、ケガさえしなければ。アデバヨールも確かにサプライズでしたが、僕はフラミニ、サニャも同じぐらいのサプライズだったと思いますね。特にサニャは何度も言いますがファーストシーズンとは思えませんでした。


>zensenさん

ヴェンゲルは何か見立てが甘くなってるような感じがありますよね。ただユナイテッドがタイトルを獲れなくなってた時のファーガソンにも同じ事を感じたんで、ヴェンゲルも復活してくれないかなぁと。

next match欄のご指摘、ありがとうございます。普通に考えて4日の7日後なのに、あり得ないミスですね・・・修正しておきます。ここはたまに間違うんですが、金曜日までこの状態だった事からもおわかりのようにあまりご指摘いただけないんですよね(笑)


>ひろさん

ヴェンゲルは選手の流出を必死になって否定してます。フレブ代理人の話だと向こう2週間で決まるとの事なので、その間注目している必要がありますね。もし代理人の話が本当だとすると、僕も全く理解できません。金銭面でも別に低くはないはずです。フレブに関しては特別何考えてるかわからないので、そういう意味では理解できなくもないですが・・・。



すみませんが、これ以降の返信はまた明日・・・。

>のむさん

金がないというか、ヴェンゲルがなるべく使わないようにしてるんじゃないですかね。エミレーツスタジアム建設の借金があるので、まずはそれをできる限り早く返したいんじゃないでしょうか。補強をできる限り水面下で行って移籍金を抑える努力も、それがあると思います。リヴァプールが新スタジアムに移転した時、ラファがまだやっていたとして、同じペースで金を使い続けるのか。使い続けたらどうなるのか。非常に興味のあるところです。向こうは一応外国人オーナーがいるので、同じ条件ではないのでしょうけど。あとスパーズは何であんなに金があるんだか未だにわかりません。

エデルマンの件は気になりますね。なるべく有能な後任を連れてきてもらいたいもの。フライアーではどうにも不安です。


>snowさん

さすがに来シーズンタイトルが獲れないと、選手の方が我慢できないでしょう。なので次タイトルを獲らないと5年楽しむ事もできなくなる可能性が高いです。楽しい試合が見れればタイトルはいらないって人がちらほらいますが、楽しい試合をし続けるためにもタイトルは必要です。

バーミンガム戦の件・・・と言っても、エドゥアルドの事なのか最後の追い付かれた事なのかよくわかりませんが、一応選手も監督もあれがタイトルへの分岐点だったって見方は否定してますね。でも僕はエドゥアルドの件はそうだったと思いますし、レフェリングの件も仰る通りです。CLは特にわかりやすかったですね。

実際にエドゥアルドのケガによる他の選手への心理的影響は相当大きかったと思います。ただそれで結果的にタイトルを落としたとなれば、どうしてもヘタレだと見られてしまうんですよね。逆に言えば、そこを乗り越えられるかどうかもチームの強さの一つであって。実際にそこまで求めるのは酷ってものでしょうが、そこはどうしても結果で語られてしまう部分がありますからね。

ジャッジの件も同じです。バーミンガム戦以降の数試合はどう見たっておかしいだろうがってジャッジを連発されましたし、一方でチェルシーなんかは正当なジャッジを受けてたら、リヴァプールと競ってたぐらいのレベルだったでしょう。でもそんな事、終わったら誰も話題にしなくなりますよね。それどころか2008年に入って無敗なんて称えられ方をしてるぐらいですし、終わってみれば何もかも言い訳にしかならないと。

まあエドゥアルドのケガも不当なジャッジもそこにあった事実ですし、これがなければ僕もタイトルを獲れてたと思います。でもそれが全てではなかったですしね。フィニッシュの詰めの甘さだったり、一瞬の集中の欠如による失点だったりと、まずいところも多かったわけですし、これらは今後に向けてはっきりと課題として残ってるのも事実です。

でフレブが主審に守られてないからイングランドが嫌になったって話は、確かにありそうですね。というか、それなら頑なになるのも納得はいくかと。だいぶ前にファン・ペルシが危惧してた事で、ロナウドも同じような事を言ってました。だから本当にエドゥアルドのケガがあった時、テイラーのサスペンションが不十分かどうかなんて細かい事じゃなくて、タックルの質であったり、ジャッジの基準だったりっていうのを真剣に議論すべきだったんですよね。

ただ、セリエに行ってもそれは同じどころか、もっと露骨なんですけどね。カカを見てると本当にわかります。逆にイタリアに行ったら潰されないかと思うんですが。

誰がいつからどこのファンだといった話は正直どうでもいいのですが、一応。多分だいぶ前に少しお話ししたような気がするんですが、僕がファンとしてアーセナルを見てるのは03/04の頭からです。ちょうどその当時現地にいましたし、友人がユナイテッドファンだったので、じゃあアーセナルにしようかと、そんなきっかけです(笑) でも別に無敗優勝とか美しいプレーで虜になったってわけじゃないですね。

で、なぜ他のクラブではないのか。まずユナイテッドは元々好きではありませんでした。レアルは嫌いでした。バルサは眼中にありませんでした。セリエは当時は強かったですが、つまらないと思ってました。その前のシーズンのCL決勝、ミラン対ユヴェントスなんて、遅くまで起きて見た事を後悔しましたからね。


>popoさん

フレブが出て行くならデコはあり、出て行かなければもう少し若い選手の方がよさそうです。あと個人的にはあんまり好きじゃないです。

出すなって意味じゃないですが、個人的にあんまりあいつがいい、こいつがいいって話は好きじゃないので、僕はそろそろ抜けます。


>gerdさん

二の轍を踏む、カスヤンも言ってました(笑)

フラミニのコメントが「決まってハッピーだ。ありがとう。」って二言しか出て来ないんですよね。ミランのサイトでは出てたりするんでしょうか。確かあそこは日本語バージョンありましたよね・・・?わざわざ見に行くつもりもありませんが。

あんまり画一的な話は好きじゃないんですが、日本人って強者が時折見せる弱さに惹かれる人が多いですよね。F1でもセナとかハッキネンがそうでしたが。僕には全くではないですが、ちょっと理解できません(笑) 謙虚さに代表されるような、日本の美の感覚なんですかね・・・自分では別に日本人離れした感覚を持ってるとは思わないのですが。

ヴェンゲルのプライオリティはタイトルより何より、完済人(じゃなくてクラブか・・・)になる事のようですね。でもそろそろ無理しなきゃいけないところに来てると思います。逆にちょっとずつ無理してタイトル獲ってた方が、結果的にはうまかったかもしれません。ヴェンゲルは今の戦力でタイトルを獲れると踏んでたんでしょうが・・・。

タイトル獲れなきゃそのうち選手は出ていくでしょうし、ファンも離れてくでしょうからね。まず勝ちに行くという前提がなければ、スタイルは伴わないでしょうし。イングランド人はそろそろ優遇してもいい時期だと思います。自国選手ルールがあるので・・・あれもEUの規定に触れたりしないのかなぁとちょっと不思議ですが。

センデロスは間違いなくキャプテン向きだと僕も思います。ネジが飛んでるんじゃないかってぐらい恐れを知らないヤツですから、仮に何も言わなくても周りはついてきそうです。ただ出てきた当初からずっと言ってますが、スタイルが合わないよなと・・・。彼こそミランに行った方がいいんじゃないかと思うんですが、ミラニスタの友人には渋い顔をされます(笑)

ギブズはそのエミレーツカップでしか見てませんからねぇ、僕はどうしてもそこまで入れ込む気には・・・。でも来シーズンは出番も増えるかもしれませんね。本人も言うように序盤はローンに出てもいいと思いますけど。

ヴェンゲルの後任の話は絶対にどこかで出てくる事になるわけですが、本当に難しいですね。まずフロントに選べると思えないっていうのは僕もずっと思ってます。数年後とかならどうかはわかりませんが、来シーズン後となるとアダムズはまだ早いでしょう。っていうか、監督としてどうなの?っていう疑問がありますね。とりあえずファン・バステンがアヤックスでどこまでやるかが見物です。クラブ監督として有能だという事が証明されれば選択肢になりますね。ベルカンプとセットで・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/882-c35cc3ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。