スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セスクがPFA年間最優秀若手選手に 

Fabregas is PFA Young Player of the Year - Arsenal.com

PFAの年間最優秀選手は2年連続クリスティアーノ・ロナウドが受賞。昨シーズンは僕はドログバを推したんですけどね、今シーズンは文句なしです。で、昨シーズンは若手部門の方もロナウドに奪われてしまったわけですが、今シーズンはセスクが受賞しました。次はシニアの方、そしてその次にバロンドール・・・是非目指してもらいたいですね。

またPFAの選ぶベストイレブンも同時に発表され、アーセナルからはセスクの他、アデバヨール、サニャ、クリシーの合計4人が選ばれてます。その他は後ろから順にポーツマスのデイヴィッド・ジェイムズ、ユナイテッドのリオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチのCBコンビ、セスクの横にリヴァプールのスティーヴン・ジェラード、両翼にユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドとヴィラのアシュリー・ヤング、アデとコンビを組むのはリヴァプールのフェルナンド・トーレスとなっております。Sky Sports が画像を用意してくれてるので、これを見ると一目瞭然ですね。

個人的にはフラミニが選ばれてないのが残念ですが、ジェラードに負けたかな・・・。


Cesc dedicates award to fans - Sky Sports

ではセスクの喜びのコメントを。

「常に自己満足を感じるし、とても誇りに思う。でも今シーズンはチーム全体が本当にハードワークをしていたから、最後は残念だったよ。まあ少なくとも個人で勝ち取れたものはあったって事だね。」

「でもこれはチーム全体、ファンみんなのものだ。最終的に何も獲れなかったけど、みんなでいいシーズンを送ってきたんだからね。それにこれはみんなへの感謝でもあるんだ。」


Fabregas - We will win trophies - Sky Sports

もう一つセスクのコメント。上でもちょっと言ってますが、やはりタイトルを獲らなかった事を気にしています。

「最終的にモノを言うのはトロフィーなんだよね。今シーズンは1つも獲れなかったけど、来シーズンは獲ってやろうって気持ちになってるよ。何かは勝ち取れると思う、もちろんね。」

続いてヴェンゲルについて。

「彼が僕やこのクラブにしてくれた事、今でもしてくれてる事に感謝してるっていうのはいつも言ってきたよね。彼には世界中に素晴らしいスカウトがいて、彼にも選手を見極める直感がある。誰がとても優れた選手、とても優れた人間になるかっていう嗅覚を持ってるんだ。」

最後にキャプテンについて。ギャラスの立場がどうなるのか不明確だと言われていて、セスクも次期候補に挙がっているわけですが、本人はコメントを拒否。代わりにギャラスはよくやっていると話しています。

「わからないね。今は僕の手にあるものじゃないし、監督が決める事だ。ヴィリアムがフットボールにしてきた事、今している事には敬意を払わないといけないし、僕は彼はよくやってると思うよ。」

「僕にとって一番重要なのはピッチで全力を尽くす事だ、それが本当に興味のある事なんだ。」


Wenger reacts to Clichy and Sagna praise - Arsenal.com

またサニャとクリシーの両サイドバックがベストイレブンに選ばれた事について、ヴェンゲルのコメント。

「我々の2人のフルバックは素晴らしかったと思う。数字的にも2人ともとてもよかったよ。」

「アーセナルファンにクリシーとサニャについてどう思うかと聞いてみれば、例外なく賛辞が聞かれると思うね。」

シーズン終盤にちょっと不安定なところがあったとはいえ、キャッシュリーの穴を見事に埋めているクリシーはまあ当然として、ファーストシーズンのサニャはすごいですよね。選手達にリーグ最高のライトバックだと認められたわけですから。それはそうと、アデバヨールへのコメントがないのは何でだ・・・?


Man United display could see Clichy capped - Arsenal.com

ベストイレブンに選ばれる前の話だと思うんですが、ヴェンゲルがクリシーを称えるコメントをしています。いいプレーをする事は織り込み済み、それよりも1シーズン通して安定してプレーできた事が嬉しいと語っています。

「彼は代表チームにとても、とても近づいていると思う。私は呼ばれるべきだと思っているよ。パトリス・エヴラやエリック・アビダルと競うべきだ。」

「だが彼らにはとてもたくさんの選手がいるから、選ぶのは難しいね。彼はその中でも最も若い、7月に23歳になるところだからね。それにしばらくケガをしていた事も忘れないでもらいたい。」

「だが今の彼は、この前のオールド・トラッフォードでのプレーで(フランスの)多くの人を納得させた。トップクラスのパフォーマンスだった。フットボール面だけでなく、キャラクター面でもね。彼は2-1で負けている時でも、負けを認めない気持ちを見せたんだ。彼のお陰で、我々は本当に前へ進む事ができた。」

「それにまだまだこれからというところもある。私はガエルについてとてもポジティブに思っているんだ。彼は試合を愛しているし、毎日トレーニング後、うまくなろうと練習してるんだよ。」

「ガエルが1シーズン保つのかという疑問があった時期もあった。中足骨の手術を3回受けていたし、ヘルニアの手術の経験もあった。そういったギリギリの状況で、これだけたくさんの試合を消化しきれるのかという不安はあった。だが彼は他の誰よりも多くの試合に出ている。」

「私にとって今シーズンの大きな勝利は彼がいいプレーをした事ではない。彼がいいプレーをするのは予想通りだ。そうではなく、彼が休む事なく、トップレベルでシーズンを完遂した事なんだ。」

05/06はボロボロで、06/07も最初の方はいませんでしたが、その後は最小限のケガでやってきてますからね。確かに2年前は不安はありましたが、スペランカーではなく、単に大きいケガが続いただけという事でよかったです。ファン・ペルシもこのパターンだといいんですが・・・。


Hleb focused on Gunners - Sky Sports

では移籍の話について。インテルとの噂が話題になっているフレブですが、本人のコメントが出ました。サンデー・タイムズに掲載されたコメントで、今のところ移籍の意思がない事を話しています。

「何が起こるかなんて誰にもわからないだろ?僕に言えるのはここでの試合、アーセナルでのプレーを楽しんでるって事だ。このチームからも、僕からももっと多くのものを望めるよ。」

一方で、美しさに拘るよりも勝利を優先させなければならない時もあると主張しています。これは僕も同意見。

「勝利というのは常に美しいわけではないって事を受け入れる必要があるね。美しい試合をするだけじゃなく、勝つためにプレーする事を覚える必要がある。」

「勝利というのは美しさよりも重要なものだし、僕は美しいプレーをする事はトロフィーを勝ち取れない事の対価にはならないと思う。」

ですが、そう思うのならもっとシュートを撃とうねって感じですね。「美しさに拘って勝つためのプレーをしない事」というのと、「パスに拘って自分ではシュートを撃たない事」っていうのは似てる気がします。


Milan join Flamini race - Sky Sports

ミランもフラミニ獲得競争に参加って話ですが、前から出ていた事で今更ですねぇ。今回はアンチェロッティが興味を語っているわけですが。しかし今ミランに必要なのはフラミニじゃないんじゃないのか・・・?


Wenger urges Flamini to stay - Sky Sports

ヴェンゲルはお金より信じるものがあるだろうって事でフラミニに残るように言ってますが、何言ってるんだかよくわかりません・・・。

「このチームには他でもらえるいくらかの金よりも強いものがあるんだ。本当に重要なのは、このチームが"俺達のポテンシャルを極限まで引き出そう、どんな理由だろうと降りるのはなしだ"という事で、私はそこに彼らの強さが示される事を期待しているし、共に何を成し遂げられるかに感心を持つところだ。」

「もはや我々は他のクラブでもう100ポンドもらえるから、どれで人生が決まるという時期にはない。フラミニはフリートランスファーである以上、他なら間違いなくもっともらえるだろう。だが彼はここに残るために、どれだけのものを捧げる準備があるんだ?」

次に無冠で終わった事について。ヴェンゲルは自分でいい仕事をしたという確信があったようですが、それでタイトルに手が届かなかったのがなかなか理解できないようです。

「もちろん私は自分自身を見つめたよ。初めての事だ。今シーズンはこれまでにないほどのハードワークをしたんだ。」

「私に燃えたぎるものや欲求があるのかというのは問題ではない。何がこれほど飲み込みづらいかといえば、これだけのハードワークをしながら手ぶらで終えたしまった事だ。」

「私はミスを犯さなかったなどと言うほど自惚れてはいない。だが3敗しかしていないのに優勝争いに絡めないんだ。」

ヴェンゲルは最近よく言いますよね、3敗しかしていないって。でもそれで優勝争いできないって事は、つまり引き分けが多い。勝ちきれない。大事なのは仕事の量ではなく、リーグ全体のレベルが上がる中、これまでと同等、それ以上の成績を残しているユナイテッドやチェルシーを追い越すためには、これまでにやってきた事の延長ではなくプラスアルファが必要だって事ですよね。報われなかったのが悔しいというのは正直わかりません。

いや共感や同情はできるのですが、ヴェンゲルがどれだけ苦労してきたかというのを僕は肌で感じてないし、何だか「頑張った」の一言で片付けられないような気がするからです。それについて僕が「努力が足りない」などという資格はないでしょうから。ただ強くなっていくライバル達と争うには、努力の量の問題じゃないって気がするんですよね。そこをわかっていてくれないと、ヴェンゲルはこの先二度とタイトルを獲れないんじゃないかって不安になります。ライバルの成績を気にせずに優勝するには全勝でもしないといけませんからね、ある程度は絶対的ではなく、相対的に考えないと。


Gallas - Failure not on me - Sky Sports

タイトルはギャラスが自分のせいじゃないと言ってるように見えますが、コメントの内容はちょっと違います。恐らくバーミンガム戦の件、最後に追い付かれた事なのかギャラスが職場放棄した事なのかはわかりませんが、とにかくあの引き分けでシーズンが終わったわけじゃないんだと言っています。

「言いたい事を言えばいいさ。僕はそれでいちいち落ち込んだりしない。僕はそんな事よりも強いんだ。」

「(バーミンガム戦の件)は僕達の問題だと思ってないんだよ、だから頭にくるね。バーミンガムでの件からどう僕達にシーズンを総括できるっていうんだ?それで試合に勝てなくなったわけじゃない。」

内情はどうあれ、結果的にあそこから結果が出なくなってますからね。そう言われても仕方がない、というかそうとしか思えない。それよりギャラスはバーミンガム戦の職場放棄について、いい加減反省してるんでしょうか。


Fabianski is over White Hart Lane nightmare - Arsenal.com

何か今更ですが、カーリングカップでスパーズに喰らった5失点について、ファブヤンスキはかなりショックを受けていたようです。しかしヴェンゲルはもう乗り越えたと話しています。

「彼に与えた影響は大きかったね。ウーカシュは知的で敏感な男だが、この2つが時として悪い方に働く事がある。だが彼は乗り越えたよ。トップレベルの選手なら誰もが通る道だ。私はキャリアというものは常に、試合の底辺にどう対処するかだと思っている。」



なかなかフェラーリが強いですね。結構な事です。あとコヴァライネンはケガがなかったようで何よりです。あのクラッシュはやばいです・・・。
スポンサーサイト

コメント

PFAの入賞者+ノミネートされた選手等の顔ぶれを見ていると、4大リーグを限定にした、各国リーグ選抜PFAオールスタープラティニウムカップなる豪華絢爛スター選手による夢の競演、スーパーフットボールゲームなんぞを見てみたくなっちゃいますよね~。

①イングランド、②スペイン、③イタリア、④___は?、フランスかドイツ?、いやいやエールデヴィジのオランダか?、それともポルトガル?、はた又スコットランドがよろしいだろうか? 正直どこの国のリーグが相応しいのか私にはわ~かりません。ですからして、4大リーグ改め3大リーグ選抜PFAオールスターギャラクダシェーカップにしときますかっ?あらアレッ? まぁ、何でもいいっすよね!そんなの…。

 何はともあれ、セスク受賞おめでとう~。

おはようございます。腰痛が響き、目が覚めたらBSでアーセナル戦やってて思わず見てしまいました。おかしな「怪我の功名」ってやつです。

ダービーはこのアーセナル戦で36戦1勝という結果になったわけですがなんとなく分かりますね。前半終盤から足は止まっているし、後半の入らなかったけどウォルコットがベントナーのパスで抜け出したシーンなんか追おうとしないですしね。ただアーンショウはそんな中でも存在感ありましたね。あとふと思ったのですがガリって一度アーセナル加入の噂のあったガリですよね?正直全然気づきませんでした(笑)

試合はあと3,4点は獲れたボーナスステージのように感じました。それでも6点と獲れたのはダービーのおかげと言うか・・・。ゴールエリア付近でパスをまわすけどシュートをなかなか打たないアーセナルと縦パス1本でアーンショウが抜け出した失点シーンが対照的に見えまして・・・。まぁ最後のアデバヨールとかは距離は違うけど同じような感じでしたけど。やっぱ決めるところは決めてほしいなと思いました。

後半途中からベントナーは存在が消えてましたね・・・。収まりが悪かったり、パスが雑だったりとしょうがないとは思うんですがもちっと頑張らないと来期も厳しいんですかね。1点目は良いシュートだったんですけどね。左のクロスがあさっての方向に行ったときはちょっとかわいそうですが笑っちゃいました。

ウォルコットの点はアンリを完じました。抜ききらずに右で浮かして決める。あーいうのを今後も見せてほしいっす。ベントナーからのスルーや、右からのクロスをフリーでもらったときは決めてほしかったですけど。

アデバヨールはダービー戦2試合ともにハットはなかなかですね。2点目はどうしてもオフサイドに見えるんですが(笑)あ、アーンショウもです。ただアーンショウはクリシーよりは後ろだったという判断なんですかね?そして決まらなかったけどエブエの右でもらったやつはオフサイドにはどうしても見えないです。線審めちゃめちゃですね(笑)

まぁ色々素人なりに感じた試合でしたがいっぱい点が入って楽しめました。エブエの満面の笑みダンスは逆にイラっとしましたが(笑)2位を目指すにゃ残り2戦を勝って、チェルシーが落とさないとダメですが最後まであきらめずに狙ってほしい。アデバも25点越えはしてほしいですね。

ソング、デニウソンは良かったと思います。来期も戦力で数えられそうですね。ジュルーの右サイドバックは謎ですが・・・。

朝っぱらから失礼しました。

あ、アンリのアーセナル愛発言ですが個人的には嬉しかったです。ボスのコメントも含めて。でもやはり彼は一度でた身。ここまで来たら可能性は薄いですがバルサでかっちりビッグイヤーを掲げてもらいたいです。今は戻ってきちゃいかん!と心の中で思ってます。彼やピレスのラストシーズンがアーセナルであればすごく嬉しいですが・・・。

それではまた♪

連続すいません。勝ち点間違えてました。まだ一応逆転優勝狙えるんですね。厳しいとは思いますが、あきらめずに期待したいです!失礼しました。

オハヨウございます。

最近コメの流れが速く、タイミングを逃すと乗り遅れることしばし。
そろそろ忘れられないように(笑)

前節のレディング戦といい、やはりタイトルがかかってないと全体的にゆるく感じてしまいますね。
いや、それが悪いということではなく、選手が気楽に楽しんでやれるなら大いに結構です。
観ている方にとっても楽ですし、ここで怪我されたら困るので。
ただ、頂上決戦の後半半ばから視聴したのですが、いいなぁ~というのが正直な感想。
その一方でエブエとアデバは楽しみ過ぎだろう(笑)
FUJIWARA原西のポクチンやってるのかと思った。

実際、またらしいフットボールが戻ってきているよう見受けられました。
まぁ相手がダービーと、こんなに弱かったっけ?と思わせるレディング相手だったってのもありますが。
次節、uefa圏内目指すエヴァートン戦は見ものですね。

レディング戦、優勢にもかかわらず前線からタイトに体を寄せ、相手CKで易々とマークを外したベントナーを怒ってる(ま、ありゃ誰でも怒るわな)セスクを見て、君は十分やっているから少しくらい手を抜いてもいいのにと思うとともに、キャプテンいけるなとも思いました。
しかし陸さんのセスクがキャプテンになると、一蓮托生になる恐れもあるというのを見て、なるほどそういう考えもあるかと思いました。

いずれにせよ最適任はフラミニに同意なのですが、残る・・・のか。
加えてギャラスの処遇ですね。
流石に一年だとほぼ降格人事と見られますからね、難しいところ。
あとはフレンチのキャプテンが続くとまたなんか言われそうな。

最近のフレブの悪い子っぷりはびっくりでしたね。
彼が笑うと最近は「何を企んでる・・・」と穿ってました(笑)
以前、フレブがやたら審判につっかかるのを見て、どなたかがもうイタリアに行く気だから(審判の心証なぞ)関係ないんじゃない云々言ってたときは「それはないだろう」とタカを括ってましたが、あの平手打ちは「まさか・・・」と不安にさせました。
が、今回のコメントを見て、取り敢えずは安心しました。

ただ、フラミニにせよ、フレブにせよ、まずは居なくなるものと考えていた方がいいですね。

ディフェンス

ダービー相手に2失点。
なんかDFに気を引き締める選手ほしいですね。
ウッドゲイトかレスコットをギャラスとCB組ませてほしいです。
なにかとアーセナルスタイルにあいそうな選手、トッテナムやエバートンに
いっちゃうんですよね。
レノン、モドリッチ、ベイル、ウッドゲイト、レスコット、ピーナールなんか獲得してくれればなーと思うこのごろです。

お久しぶりです。
確かにアデとエブエは楽しみすぎですね。あのダンスは… こんな試合も悪くないかなと思います。 できれば優勝したあとに見たいものですけどね。 


補強はバックはいらないと思います。ジュルーがいますし。やはりサイドとセンターのMFでしょう。プレイスタイル上、怪我はしょうがないかと思うので、セスクやロシの代役可能な選手が欲しいですな。ま、そんな選手いないので得点力ある人を。

CLはどうなりますかね。敗退して興味ない方もいるとは思いますが、個人的にはバルサ対リバプールが見たいです。はまればいい試合が見れそう


コバライネンは無事で何よりです。去年のクビサもものすごいクラッシュしてましたが、彼のように何事もなく復帰して欲しいと思います。

最下位相手に2失点というのは痛いですが、それを帳消しに出来るくらいの6得点。
アデバの調子も戻ってきたし何よりもここの所輝きを放っていたウォルコットが決めたのがものすごく嬉しいです。これからもコンスタントに決めてくれるといいんですが・・・。
フラミニどうなっちゃうんでしょうね。今の状況には何も文句ないはずなんですが・・・。いなくなってもらっては困るのでとっととサインして欲しいです。
フレブに関しては昔、コーチか誰かに「とりあえずパス回せ!!」って言われてたらしいですね。その名残で今もシュートが少ないんでしょうね・・・。いい加減忘れろよって話ですが。

まぁしかしなんですねぇ。
あんな勝てない時期もあったのに勝ち点差4しか離れてないんですねぇ。

「勝ち点差4しか離れてない」→「勝ち点差4しかない」

はずかしい。

フラミニ<ジェラードですか。今季のベストだったらフラミニでしょうね。セスクもアデバも途中で波があったけど、彼だけはコンスタントにGJでした。気付けばもう4/29、リミットが近付いてきました。。。
ダービーですが、お粗末にも程がありますよ。アデバが後半だけでハットしても、あの相手では何も驚きはありません(笑)次節は相手もUEFAが懸かってるから、好ゲームが期待出来そうですね。今季の集大成にすべくエヴァートンを返り討ちにしたい所です。
ところでファビアンスキがパントキックを殆ど蹴らなかったのはどうしてでしょうね、苦手なのかしら…

コヴァライネン、ホント無事で何よりでした。あの衝突シーンは確かにやばすぎでしたね。

スコアだけみると快勝ですが、見ていて結構ストレス溜まりました。全体的に緊張感の無い試合に感じました。優勝争いに絡んでいる訳でもないのでモチベーション維持が難しいとは思いますが来期に向けて残り試合締まった試合が見たかったです。得点シーンが6回もありその点だけはよかったですが決定機の回数を考えると10点位入れてもよかったのでは・・・と思ってしまいました。決めれるチャンスにどれだけきちんと精度高く決める事ができるか、この点を突き詰めていかないと来期も苦しみそうな気がします。
まあそうは言っても勝ってくれたのは嬉しいです。あとはマンUとチェルシーが2連敗してくれるのを祈ってます!(笑)

最下位相手とはいえ

う~ん、得点後5分程度の間に失点をする、二月頃からの悪い癖?が直ってないのが気がかりです。集中力が切れている?といった感じでもなく、二月頃もなんで?と思っていたのですが。なぜなんですかねぇ。こういったジンクスは来期も引きずりそうなので、何らかの手を打って欲しいですね。

久々に気楽に観れました。2失点はダメだけど;
でもあんなCBならアデだけで5点位決めれたと思うなぁ…やっぱり1対1の時は決めて欲しいです。まぁペルシよりはマシですが。
あとまたウォルコット活躍してたから来季は先発増えそうですね。

コメント

もうユーヴェやらミランやらいろいろ言われてますがもう放出は避けられそうにないですね。わずかな残留の可能性にかけてみたいですが。

セスクの個人タイトル獲得にはおめでとうと言っておきたいです。これからももっと成長していくと思うのでバロンドールなどもいつか獲得してほしいです。そのためにはまずアーセナルにタイトルを!

ダービー戦は向こうが早い時間帯にバテたのでポンポン点が入りましたが2失点したのも事実。華麗な攻撃サッカーができても失点しまくってたら意味ないですね。まぁそれ以上に点を取ればいい話なんですが・・・。

モドリッチがスパーズに移籍したらしいですがなかなか厄介な存在になりそうですね。移籍の決め手はファン・デ・ラモスのファンだったってことらしいですが・・・。

イタリアチームの補強

イタリア国内ではミラン、インテルの早期敗退で即戦力とベテラン重視しすぎて失敗したことでイングランドのように生え抜きの若手や若手外国人にも眼を向けるようになったのはいい傾向ですね。あのインテルもバロテッリといった生え抜きの若手を育てようとしてるくらいですから。
※正直レアルも自前選手育てろよといいたくなります。
レアルもグティ、ラウール以来生え抜きの選手がいない状況だし。。。。
そういう意味だとアーセナルはDFのノルトベイトが来シーズントップチームに昇格することを期待してます。



フラミニ、明日か。

一応まだ可能性はあるのに、解説も実況も「来季を見据えて」という感じでしたね。まあヴェンゲルの選んだメンバー構成からして、アーセナル自身もそういう感じでしたけど。上に2チームいるという状況では仕方ないか。

下がって受けたがる2トップの組み合わせな上、その下がって受けてからの展開が雑すぎてペースを握ることもままならない。それでも相手がダービーのためか得点は出来ましたが、後半アデバヨールが入ってほっとしました。後半はデニウソンのボール奪取が印象的でした。失点の仕方はこのチームの課題ですね。

FWを自認するなら、アデバもテオもまず強いシュートを心がけてほしい。あとハーフのエブエは状況判断がくそ過ぎます。彼が賢かったらもっと得点できていたでしょう。そして陸さんがよく書かれているように、クリシーは簡単にプレーするべき箇所で持ちすぎですね。ソングやデニウソンは課題を持って試合に臨んでいると感じました。

そしてセスク、相手がどこであれもう見事。疲労の心配はありますが、EUROで鬱憤を晴らしてほしいものです。代表はイタリアが多少好きなくらいですが、今回はスペインを応援しようかと思います。



>quai44さん

いいですね、それ。見てみたいです。20人ずつぐらい選抜して、最優秀監督でチームを作る。ベストイレブン+落選したノミニー+キーパーもう一人ぐらいでいいか。別に3大リーグでも総当たりにすればいいんじゃないですか?5大リーグで抽選でシートでもいいし。結果は重視されないので、どういう組み合わせになって最終的にどこが得をしてどこが損をするとかもあんまり関係ないですし、見られればいいでしょう。見てはみたいですが、現実的には試合数の都合とか諸々で無理ですねぇ、せいぜいウイイレでやるとかそんなんですか・・・。


>Henryさん

今回BSでやってたんですね、変な日程なのでBSではやらないかと思ってました。J SPORTS ですら危ういと思ってましたし・・・そういや最終日はどうするんだろう。何にしても見れてよかったですね。

ダービーはとにかくみんなボールに行ってしまうんですよね。なので一見プレスが激しいように見えても、そこを突破すれば逆サイドががら空きとか。シーズン通してずっとこんな感じでした。決定力もないので、その守備で大量失点をすれば、もう負けるしかないという・・・。ガリはスパーズにいたホッサム・ガリで間違いないようです。僕も気付きませんでした(笑) 一応ローンのようですね。

外した決定機もありましたが、まあ6点取れればいいんじゃないでしょうか。アデバヨールは選択肢が複数あるとダメなようですね。もうここの撃つしかないというのが決まってればちゃんと決めてくれるんですが、根が優柔不断なのかも。

ベントナーはらしさが出てたと思いますよ。まだプレーが安定しないところはありますが、年齢や経験を考えると仕方のないところでしょう。最近電柱タイプで定着しつつありますが、実際には引いて受けてラストパスを出すのがうまい選手ですし、それが今回はよく出てたと思います。確かに後半途中から消えちゃいましたけどね。

ウォルコットはゴールはよかったですが、全体的には空回り気味でしたね。ベントナーからのパスで抜け出した時は、外すと思わなかったんですがねぇ。あれ外して、その後また別の形で決めるかと。ある意味大物らしい不可解さがあります(笑)

副審はどちらもひどかったですね。前半のベントナー、後半のエブエはオフサイドじゃないですし、仰る通りアデバヨールの2点目、アーンショウのゴールはオフサイドだったと思います。展開が速かったりパスの出所が遠かったりすると大変なのはわかるんですが、それにしても今回の副審は能力が低いと言わざるを得ないですね。

得失点差の都合で、チェルシーが2分以下、ユナイテッドが1分1敗以下の成績でアーセナルが2勝すれば優勝できます。ユナイテッドが2分の場合は、12ある得失点差をひっくり返さないといけない、というか少なくとも並ばないといけません。日程の都合で、チェルシーはどう頑張っても1勝はするでしょうから、優勝はやっぱり難しいですね。ユナイテッドの方は実現は可能とは思いますが、こちらも難しい・・・何とかしてどちらかだけでも引きずり下ろしたいところですが。加えてアデバヨールがロナウドを引きずり下ろせば文句なしです(笑)

ソングは何とかしてCBとして育てたいですね。デニウソンは90分見たかった・・・普通に走ってましたが、ケガ?ジュルーのライトバックは前からやってますよ、単にやらされてるだけですけど。

僕もアンリの発言は嬉しかったです。まあ当然とも思ってるんですけどね。ただ戻ってきてもらいたいかは別の話。今シーズンはユナイテッドがそろそろやばい事になってきたので、少なくとも決勝進出のチャンスは見えてきたんじゃないでしょうか。リーグではまた滑ってますが、もう気持ちはCLに向いてるんじゃないですかね。このまま彼らが優勝してくれればと思うのですが・・・。


>gerdさん

Henryさんは変則的なのでどの時間でも驚きませんが、gerdさんも早いですね。お仕事でしたか?

この前のは荒らしのせいで伸びただけであって、最近はコメント数もちょっと落ち着いてました。

ここ2試合は確かに緊張感はないですが、ちゃんと動けていますし、ユナイテッドに負けた時点で後は楽しくやって勝ってくれればそれでいいやと思ってるので、僕も満足してます。まあとっととシーズン終わっていた昨シーズンに比べたら進歩ですからね、来シーズンはこの時期にすでにタイトルを決めて、こういう消化試合をやりたいものです。

エヴァートンはヴィラとの直接対決で引き分けた事で、だいぶUEFA圏内が近づきましたが、まだ確定はしてないですからね。それ以前に調子が悪いので普通に勝てるものだと思ってますが、ダービーやレディングとの試合のようにはいかないでしょうね。ここでも楽しんでやる事ができるでしょうかね。

レディング戦では実はファン・ペルシもベントナーに怒ってたりもします(笑) なのでセスクが特別そういうキャラクターってわけじゃないでしょうし、生まれついてのキャプテンかといったら、そうではないと思うんですよね。そしてプレー面では文字通りチームの中心ですし、そこでキャプテンまで任せてしまうと、いい時は何をやってもうまくいくかもしれませんが、逆にセスクが潰れたり、抜けたりすると芯がなくなってしまう危険もあるわけで。なのでギャンブルだろうなと。

フラミニの去就はもう週末になるまでわからなさそうです。週末って、もう5月入ってますけどね。何人だろうと、相応しい人がキャプテンやってくれれば少なくともファンは何も言わないでしょうし、是非残って、キャプテンになってもらいたいです。

フレブは完全にダークサイドに墜ちてますね・・・。悪い子なのはわかってましたけど、ピッチ上で問題を起こした事は今までになかったので、僕ももうイングランドじゃ何やっても関係ないと思ってんのかなと考えてしまいました。実際どうなのかわかりませんけどね。僕もいなくなるものとして、アクションは起こしておくべきだと思います。


>popoさん

まあ今の試合内容はアテにならないと考えた方がいいです。補強は必要ですが、補強すれば全てうまくいくわけではないという事も忘れないでください。

僕はCBはトゥーレがトップだと思ってます。シーズン終盤は不安定でしたが、アーセナルではギャラスより上。むしろギャラスの方に頼りなさを感じるんですよね。ウッドゲイトは欲しかったですが、ケガが多いので頼りになる控えって感じか。モドリッチはスパーズ決定、ピーナールは完全移籍がまとまってるのでないでしょう。ベイルはプレースキッカーとしては魅力ですが、ポジション的ちょっと不要かなとも思えますし・・・レノンよりはアグボンラホールかな、何となくですけど。何にしてもイングランド人が一人ぐらい欲しいですね、徐々に増やしていかないと。

イタリアのビッグクラブは今まで若手を使って育てる度胸がなかったんじゃないですかね。金はあるんで、完成した選手を獲ってくれば何とかなると。一方で下位には若手を育てて売るクラブがあったり。別に僕はそれでまあまあうまく回ってたと思うんですよね。インテルは大舞台の弱さが問題であって力で劣る感じはしないですし、ミランは完全に世代交代のタイミングを失敗したっていうのであって。仮に若手であっても、これまでと同じように金にモノ言わせて獲りまくってたら、結局何も変わらないんじゃないかって気がするんですが、どうでしょうかね。

今思えばレアルにラウルやカシージャス、グティが出てきたのって奇跡に近い感じですね・・・。一応期待の若手も前からいるんですけど、ことごとく失敗してますし。でもあそこはサポーターのせいもあるんだろうな。

ノルドヴェイトのプレーは見た事ないですが、CBはなかなか出てきてくれないので、期待したいですね。ヴェンゲルの話だとまだフィジカルがって事らしいんで、その点で成長してからでも遅くはないと思います。


>freemanさん

そうですね、優勝した後の消化試合だったら何の文句もないんですけどね。まあ残りの試合楽しんでやってもらいたいという僕の願いは実現してますし、いいんですけどね。ちょっと気になるのが、アデの2点目と3点目の後、他の選手が祝福に来なかった事。周りが入りにくくなってしまうのなら、ダンスはやらない方がいいんじゃないかって気がします。

CBは数は足りてるんですが、質の問題がありますね。特別失敗の許されないポジションですし、若手をうまく育てて・・・といった悠長な事が言ってられないところなので、即戦力か、少なくともすぐに控えに入れるクラスの選手は必要だと思います。ジュルー自身伸び悩んでる感じがしますし。

CLはもはや面白い試合がどうとかいうより、どこに勝って欲しくないかって話になってきてる気がするんですが、僕とごく一部の人だけでしょうかね(笑) リヴァプールは何か負けそうな感じになってきてる気がしますが、一方でバルサはまだ可能性があるかと。チェルシーには優勝してほしくないですね。

コヴァのクラッシュはクビサのあれに比べたら派手さはないですけど、同じぐらいやばかったですね。振り回されてないだけまだマシと言えるかもしれませんが・・・。しかし今のF1は頑丈です。どんなに頑丈でもGだけはどうにもならないのが辛いところですがね。


>laylaさん

ヴェンゲルがずっとウォルコットはいいフィニッシャーだと言ってましたが、バーミンガム戦の辺りからその片鱗は見せてましたからね。今回は残念な外しはありましたが、1点重要なゴールを決めてくれたんでまあいいかってところでしょうか。内容はイマイチでしたが・・・。

フラミニは今週末までに結論を出せって事になってるようですね。デッドラインなので、まあそういう事なんですけど。残留してもらいたいですね、週末が遠いな・・・。

フレブはそんな事情もあったんですか。前に自分で言ってたのは、自分はとにかくパサーだから自分よりいい位置に味方がいたらパスを出すって話でした。でも今シーズンは二桁決めるとも言ってたんですよね。代理人にももっと撃てと言われたと話してましたし(笑) その辺はやっぱり本能的な部分でしょうね、せめて心掛けとか、反復で何とかするしかないかもしれません。


>アホーンさん

普通に意味は通じてますよ。チェルシーとは元々の差がちょっと大きかったですし、ユナイテッドはここのところ勝ててませんからね。だから妙に可能性が残っちゃって、信じるべきなのかどうしていいのやらっていう微妙な状況に置かれちゃってるわけです。僕はさすがにそんな奇跡はないと思ってるのですが・・・。


>shokpさん

何だかんだでジェラードはリヴァプールの中心ですし、CLでも活躍してるので、アーセナルから両方入れちゃうってわけにはいかなかったんじゃないでしょうかね。なのでフラミニを入れるとしたらセスクを外さないといけないでしょう。そのセスクは年間最優秀若手なわけで・・・難しいですね。セスクはもういいプレーをして当たり前になってますし、彼がダメな時にチームに与える影響が大きいので、そこは単体のパフォーマンスからはある程度差し引いて考えてあげる必要があると思います。

ダービーはお粗末でしたが、立ち上がりは思いの外苦戦しましたね。そういやユナイテッドも主力を使わなかったとはいえ、妙に苦しんでました。結局後半はほとんど一方的な展開で、2失点したとはいえ大勝できて一安心ですけどね。エヴァートンは最近あまり結果が出ていないので、無難に勝利したいと思っています。向こうとしてはここで負けると、UEFA争いが一気にわからなくなりますけどね。

パントキックを蹴らなかったのは、何かキックに自信ないような感じもありましたが、危険がなければ近くの味方に渡してつないだ方がいいからじゃないでしょうかね。大体キーパーがどっかん蹴ると敵にボールが渡りますし。

コヴァライネンは外傷はなかったって事でF1マシンの頑丈さに驚かされるわけですが、まだ脊椎の亀裂骨折の可能性とかはないのかなぁと疑問に思います。まあでも大ケガがなくて本当によかったですよ、時速260km出てたらしいですからね。原因はホイールの構造にあるらしいですが、改善が必要じゃないでしょうかね。


>K-AZさん

僕は今必要なのは、自分達のプレーを思い出して、楽しむ事じゃないかと思ってるんですよね。だから選手達が楽しくやって、勝てればそれで充分じゃないかと。決定機を外しまくったのには僕もちょっとイライラしましたが。特にファン・ペルシ、ウォルコット、アデバヨール、トゥーレね。

まあ何も懸かってない状況で課題がどうのと言っても、多分実にならないでしょうからね。若手が得点感覚を養うっていうのは大事だと思いますが、その意味では点を決めたベントナーもウォルコットも及第点と言えるんじゃないでしょうか。

ユナイテッドとチェルシーが揃って連敗して逆転優勝したら、恐らく88/89シーズン以上の奇跡じゃないですかね。


>イチさん

ジンクスも何も、状況的に試合のいいも悪いももはやアテにならないので、あまり気にする事はないと思います。もちろん真剣にやっていた時の延長線上にある事でしょうから無関係とは言いませんけど、この状況で課題を修正しようと言っても無理な話じゃないかと。セットプレーは今でも修正の必要はあると思いますが、集中力に関してはどうにもならないと思います。今週末、ユナイテッドが負けるような事があればさすがに目の色変わるでしょうけど・・・。


>けらずんさん

キャロルに当てた時のアデバヨールは思い切りが悪かったですね。フリーすぎるとダメなんでしょう。ある意味わかりやすいですけどね。ファン・ペルシのやつは決まったと思いました、あの後追い付かれたので、やっぱ決めとかないとダメだよなぁとまたこの繰り返し。今回は力でねじ伏せられる相手だったんで、問題なかったですけどね。

ウォルコットは新戦力次第かなって気もします。彼がシーズン通して戦力として計算できれば、ベナルファだのペデルセンだのってのはいらなくなるでしょうしね。ロシツキーの代わりは必要ですけど。


>Warpさん

スポーツナビにフラミニはミラン移籍が確実とか書いてありましたが、ユーヴェはどうなったんだと思いましたよ。本当イタリアソースの適当な話ばっか書いて・・・。まあ実際どうなるのかわかりませんが。

セスクはバロンドールを獲るにはちょっと派手さがないとも思うのですが、不可能ではないと思います。そのためにはアーセナルをタイトルに導くのと同時に、代表でも活躍しないといけませんね。まだ20歳ですし、充分期待はできますね。

セットプレーの守備は元々の課題ですが、今回は中盤のプレッシングがよくなかったと思います。メンバーも変わってるんで、僕はあまり深刻に考えなくてもいいんじゃないかと思ってます。

スパーズはキャリックを放出してから、やっぱりパサーがいなくてまとまりの悪さを露呈してましたが、これでモドリッチが来ると厄介ですね。さすがに来シーズンはCL圏内を狙ってくるんじゃないかなって感じはします。


>さとさん

いくら何でもここから逆転優勝ってのは、5パーセントあるかないかの奇跡じゃないでしょうかね。もう話が来季に移ってもそれは仕方がないと思います。

ヴェンゲルも言ってますが、アデバヨールはいい時に入ったと思います。後半がああいった展開になったのは、僕はアデバヨールが入ったからではなく、前半終盤に攻勢をかけた流れを引き継いだからだと思ってます。まあベントナーにとってファン・ペルシが少々邪魔だったのは否めませんけどね。この場合はファン・ペルシが前で張るべきでしょうね。今のクオリティだけで言えば逆の方がいいんでしょうけど、ファン・ペルシはファーストでもセカンドでもやれますが、ベントナーはセカンドだと思うので。

アデバヨールもウォルコットもアンリの影響を受けてるんでしょうね。ウォルコットは巻く技術を持ってるので別にそれでもいいと思うんですが、アデはそろそろアンリの真似はやめるべきだと僕も思います。ベントナーもよくありますね。中盤のエブエにはもはや何も期待してません・・・(笑)

セスクは見ていてもういいだろと思ってしまいました。でもあそこで手を抜く選手は伸びないんだろうな。もう30過ぎのおっさんならともかく。スペイン、今度こそ優勝してくれないだろうか。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/875-8c07a837

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。