スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディング戦 マッチリポート2 

アーセナル 2-0 レディング

バークレーズプレミアシップ
エミレーツスタジアム
2008年4月19日(土)
キックオフ:午前12時45分

主審:ピーター・ウォルトン
入場者数:60109人


アーセナル   2
   アデバヨール 30分
   ジウベルト 38分
レディング   0


 ARSENAL
   レーマン
   クリシー
   トゥーレ→エブエ(60分)
   ギャラス
   ファブレガス
   ソング
   ジウベルト
   ウォルコット
   フレブ→デニウソン(74分)
   アデバヨール→ベントナー(74分)
   ファン・ペルシ
 SUBS NOT USED
   マノーネ
   センデロス

 READING
   ハーネマン
   ソンコ→デュベリー(74分)
   ビケイ
   インギマルション
   カリファ・シセ
   ロシーニア
   コンヴィー
   ハーパー→ファエ(74分)
   マーティ
   キトソン
   ケベ→マテヨフスキー(79分)
 SUBS NOT USED
   フェデリシ
   ドイル



もう2、3点取れたなというのはありますが、ようやくの快勝にまあ満足です。もちろん相手が本当に残留争いしてるのかってぐらい悪かったというのもありますが、自分達のプレーをして勝てたっていうのが大きいですね。そんな感じで結構満足しちゃってるので、あんまり書く事もないです。

それと個人的には久々にいいジウベルトを見られたのが嬉しかったですね。リヴァプール戦の2ndレグはよかったですし、その後のユナイテッド戦も悪くなかったですが、このレディング戦が今シーズンのベストゲームだった気がします。シュート数はファン・ペルシが最も撃ってましたが、彼はFK2本があったので、それを除くとジウベルト、ウォルコットが並ぶんですよね。しかもジウベルトは3本全部枠内。ゴールはコースが変わってラッキーではありましたが、他にも最前線まで飛び出していくプレーが何度かあり、1点に終わったのが不思議なぐらいでした。

試合は前半、得点するまではボールこそ支配しているものの、なかなか決定機を作るところまで行かず、こりゃいつ先制できるやらと思わされる展開。セットプレーではセスクとファン・ペルシのコンビプレーが効いていて可能性はあったんですが、アデバヨールが絶好機を外しましたし、ソングもいいところにいながら競り負けました。やっぱレディングは空中戦強いです。それでも1点ぐらいは決めたかったところ。

先制点はある種何でもないところからで、トゥーレの浮き球のパス・・・まああれはフライスルーと言って差し支えないですかね。あのパスも見事でしたが、それ以上にアデバヨールのコントロールが見事で、その後のシュートも落ち着いていました。久々にらしいゴールを見た感じですね。

ジウベルトの追加点もいい時間に決まって、これで後半にもう1点決め、且つ守備が集中を失うような事がなければベストだったんですがねぇ。今回は相手がレディングという事もあって失点せずに済んだ感じでしたが、集中が90分続かずに痛い目に遭うパターンはこれまでに何度もあったので、いい加減学習して欲しいところです。70分ぐらいの間、相手が撃ったのはシュートとも言えないようなヘディング1本のみだったのに、最後の20分で立て続けに3、4本撃たれましたからね。ソングがセーフティを意識せずに変に残してピンチになるというのもありましたが、クリシーがバテちゃったのも大きいかな。次はトラオレを出してもいいかも。

ソングは全体的にはよくやっていたと思う、というかあまり判断材料がなかったというのもありますね。CBとしてうまく育ってくれれば、充分使っていけそうな気配は見せてました。ギャラスも特筆すべき部分はなし、どっかで1点ぐらいは取れそうだった気もしますが。トゥーレはだいぶよかったですね、むしろエブエが入ってから右サイドは悪くなったように思えたぐらい。

セスクはBBCでMVPに選ばれてましたが、今シーズンはもうベストコンディションに戻る事はなさそうだなって感じを受けました。序盤にうまくスルーパスに反応して抜け出した場面がありましたが、元々そうスピードもフィジカルもあるわけではない上に、慢性的な疲労があるなっていうような潰れ方をしてましたし、全体的にプレーが重そうな印象がありましたからね。それでも効いてましたし、得点できなかったのもアンラッキーでしたが。

どう評価していいかわからないのがウォルコット。足元でボールを受けた時のコントロールがよくないし、相変わらずドリブル中にボールを置き去りにしてしまう事もありましたが、一方でワンタッチで相手を置き去りにするようなプレーも多々見られました。それと全体的にパスやシュートの精度が向上してるなって部分もありましたね。つまらないパスミスは減ってますし、スルーパスもいい。シュートはバーに当たったものの、左脚にしてはまともなのも撃ってましたしね。というか、ウォルコットは結構両脚で撃てる感じはありますね。

フレブは前半に決定機を作れずにいる時は唯一違いを生み出せる存在でしたが、後半はちょっと消えちゃった感じがありました。でも今回は左サイドながらサイドを深くえぐっていくドリブルも見られましたし、全体的にはいい内容だったと思います。いい内容ではありましたが、シュートがやはりないというのと・・・あの平手打ちね。結局お咎めなしだったのでよかったものの、あの展開で何であれが出るのか、理解不能です。今回何もなくてもロシツキーがいない以上、あんなつまらない事でサスペンションにでもなったらどうするんだと。ユナイテッド戦のエブエ並のひどい行為でした、猛省を促したいです。で、今のところ何も話が出てきませんが、本当にお咎めないの・・・?

ファン・ペルシはなかなか左脚をケアされてシュートが撃てなかったり、クロスを入れようにも一番近いところにアデバヨールがいたりと、活躍できる機会をいろいろ奪われてた感はありましたが、だいぶキックの感覚は戻ってきましたね。序盤こそ大外しがあったものの、その後のFKやCKではいいキックを連発。特にバーとポストに当たったあのFKは入らなかったのが不思議なぐらい・・・。次のダービー戦では決めてくれると信じています。

アデバヨールは特別よくもなく、悪くもなくといったところか。ちょっとサイドに開きすぎだろっていうのはありましたかね。ファン・ペルシが開いた時に一番側にいたりして、お前がそこにいたらクロス入れらんねーだろうがってところがよくありました。かといってサイドでボールを受けてもドリブルで抜けるわけでもなく、受けに行くのはいいんですが、もうちょっとストライカーらしく振る舞えよって言いたくもなりましたね。とりあえずゴールが戻ってきたのは朗報なんですけどね。

レーマンは全体的に暇そうでしたが、終盤にちょっと慌てさせられました。それもきっちり抑えて無失点、いいプレーだったと思います。ずっと暇でも集中が切れないのはこの人の強みですね。

エブエは特になし。トゥーレはケガでもしたんでしょうかね、よくわからない交代でした。デニウソンも右サイドではね・・・シュート意識が高めなのはいいですが、やはり球離れをもう少し早く。ベントナーも特別いいところはなかったですし、CKの守備では中途半端な事をして怒られてました。リヴァプール戦1stレグのシュートブロックといい、お前は一体どっちの味方なんだってプレーが多いですねぇ・・・。

フォーメーション。センデロスはベンチで引き続きソングが先発。RBもトゥーレのまま。でもウォルコットが先発なんですよね、普通にエブエでもいい気がするんですが、どちらでもいいか。他はユナイテッド戦と変わりなしですが、今回はフレブが左の4-4-2です。あとなぜかマノーネがベンチで、ファブヤンスキがいませんでした。

        レーマン
     ソング   ギャラス
トゥーレ             クリシー
     セスク   ジウベルト
ウォルコット           フレブ

  ファン・ペルシ  アデバヨール


後半15分というところでなぜかトゥーレがアウトでエブエ。もちろん同じポジションでの交代です。最後にベントナーと久々のデニウソン。下がったのはアデバヨールとフレブで、デニウソンは右に入り、ウォルコットが左へ。

        レーマン
     ソング   ギャラス
エブエ              クリシー
     セスク   ジウベルト
デニウソン           ウォルコット

  ファン・ペルシ  ベントナー


チェルシーは木曜日に試合を終えており、エヴァートンに勝っています。その前の試合が月曜日だったのに、テレビ放送の都合で木曜日に試合を移され、そのせいかグラントが試合後のインタビューにまともに答えないという事件が。ほとんどの質問に一言二言のみ、しかもそのほとんどが「わからない」。でも試合を移したSkyのせいかと聞かれたらそうじゃないと言うし、何のこっちゃ。ユナイテッドはローヴァーズと引き分けてますが、もう遅いですね。テヴェスの同点ゴールがなければ、もう少し可能性はあったでしょうが・・・。

次回はアウェーのダービー戦。もちろん何点取れるかって試合です。チェルシーとユナイテッドは直接対決。ブリッジでの試合ですが、ユナイテッドを応援すべきでしょうかね。

あと残留争いが過熱してます。今回アーセナルがレディングを倒した事で、彼らもピンチになってきました。フラムはリヴァプールに敗れてもはや決定的、一方でボルトンが勝った事で降格圏からの脱出に成功、レディングと並んでいます。代わりに落ちたのがセカンドシティダービーで敗れたバーミンガム。とはいえボルトン、レディングとは1ポイント差なので、まだまだわかりません。15位サンダーランドは4ポイント差があるので、だいぶ安全ですね。となるとボルトン、レディング、バーミンガムのどこか1つ、という事になるでしょうか。


Wenger: 'We want to win but with our own style' - Arsenal.com

ではヴェンゲルの試合後コメント。もうレーマンの放出は決定的とも取れるようなコメントが・・・。

復活について
「そうだね、大きな、大きな、大きな失望からよく立ち直った。とてもよく立ち直ったよ、先週の土曜日からシーズンをどう終えられたかという事について心配だったと言っておかなければならないし、失望が本当に大きくて、しっかり立ち直る事ができるかどうかよくわからなかったから、そこからとてもよくやったよ。」

「全体的には、チーム内にはやりたい試合のクオリティを出すだけの強い絆があったと思う。シーズンの最後まで落ち込んでいられないというある種のプライドやメンタルの強さを見せたが、とても重要な事だ。」

「これで次のシーズンが始まるし、できる限りのフィニッシュをしたいと思う。どうなるかはわからないしね。最大83ポイントになるわけだが、それなら残念なものではないだろう。依然可能なものだよ。」

ウォルコットの最近のパフォーマンスについて
「そうだね、彼はここ2ヶ月で大きな成長を遂げた。突然より・・・試合の中で男になった感じだ。シーズンの最初はそれでも多少幼く見えたものだが、今は戦いの中に自信を持っているし、より決意のある姿勢を発揮し、チャレンジに耐えなければいけない時のパワーも身についた。少年が男になる中で、普通にある成長過程だよ。」

レーマンがゴールマウスに留まっている事について
「まだわからない、最後はファブヤンスキを出したいと思うかもしれない、1つはファブヤンスキを出す。今日はレーマンを出したかったんだ、とりわけホームではね。彼は我々にとって、本当に偉大なキーパーだった。残りの試合でやりたい事については、これから決めないとね。」

スタイリッシュな内容について
「そうだね、コレクティブでテクニカルな内容は、ここ12年でやってきた中で最高なものだと思う。それを目指してはいるのだが、なかなかそうはいかなかった。少し距離を取って振り返ってみると、シーズンの最初は失うものなど何もなかったと言えるかもしれない。3月にプレッシャーに晒された時は少しアンラッキーな事もあり、いくつか勝点を落とした。向き合わなければならない全ての問題に対して、多少成熟が足りなかったわけだからね。だが希望は大きいよ。今日の試合を見れば、我々にできるクオリティフットボールがどんなものであれ、勝利し、人々を完全に納得させるために、このチームは団結していかなければならないと思うんだ。勝ちたいとは思うが、それにスタイルが伴っていないとね。」

レディングの残留争いについて
「彼らはまだ降格から3ポイントのところにいると思っている、残り3ポイントでね。トットナムとのホームゲームが1つあるのなら、彼らはホームで勝たないといけないと思う。3ポイントが必要だ、それで残留できるだろう。ホームでトットナムに勝てなければ、危なくなるかもしれないね。」


Wenger - Why I rested Senderos last Sunday - Arsenal.com

レディング戦前の話ですが、ユナイテッド戦でセンデロスを外した事について、ヴェンゲルの口から説明されてました。父親がオフをもらったんだという事を話していましたが、その通りでした。

「センデロスは誠実で、献身的な男だ。当然リヴァプール戦での自分のパフォーマンスにひどくがっかりしていたが、それを癒す事ができるのは時間だけだよ。」

「彼は精神的にとても強いわけだが、リヴァプール戦では最初のミスが2つ目に大きな影響をもたらした。誰もが自信を持った選手であるし、若ければ若いほどそうだ。彼らは拠り所にすべき経験が少ないわけだからね。」

「彼は充分な経験を持っているのだが、それもとても激しいものだった。批判は多く受けてきたよ。ミラン戦ではホーム、アウェーと2つ素晴らしい試合をして、日曜日は何に対してもいいところがなかった。そうあるべきではないのだが、それが我々の仕事なんだ。」

「ミスをしても気にしていなければ、また別の扱い方がある。だが彼はミスをし、それをとても気にしていたんだ。」

「(センデロスをそのまま先発させるかどうかは)わからない。精神的にリフレッシュし、必要以上に大きなプレッシャーがかからないようにするのに時間が必要な事もある。すでに大きな詮索を受けていて、もう1試合欠場するとなると、もっと傷つけられる事にもなる。」

「リフレッシュする事でまた立ち直り、プレーできるようになる時もあるんだ。だから彼をマンチェスターで外したんだ。」

結局レディング戦ではソングが先発してましたね。次はどうするんだろうか。


Wenger to mull over Gallas' role as skipper - Arsenal.com

来シーズンに向けて補強以外の面で最も気になるのが、ギャラスが引き続きキャプテンをやる事になるのかどうかって事ですが、これについてヴェンゲルはまだ答えられないと話しています。

「現時点ではその質問に答える事はできない。シーズンが終わった後に分析したいと思っている。現時点では彼はシーズンが終わるまでキャプテンであり続けるよ。」

「彼は今シーズン、多くを学んだと思っているし、成功したいという決意や意欲はずば抜けているという事しか言う事ができないね。他については、今は個人的な分析というところまでは踏み込みたくないんだ。」

「私がその決断をしたのだし、それに対しては我慢が必要だし、今はチームと個人を守る必要もある。彼らは批判されているが、恐らく今はその批判もしょうがないのだろう。」

「だが全体的に、チームは今シーズン、よく成長しているし、今一番重要な事はいい終わり方をする事だよ。」

答えられないという事は、検討はするという事ですね。果たしてどうなるでしょうか。


Wenger - End of April is deadline for Flamini - Arsenal.com

ヴェンゲルは契約延長が決まらないフラミニについて、今月いっぱいがデッドラインだと話しています。

「イエスかノーかというところまでもうすぐだ。彼は残りたいと言っているし、私は彼を信じている。だがサインしない限りは彼はどことサインしようが自由なんだ。どちらに向くかという結論を出すまでのターゲットとして、我々は4月末を見ている。」

「それが完全なデッドラインだ。それからはマーケットで動くかどうかを決める必要があるからね。そこから残っている時間は多くはないんだ。」

そして給料面での序列は崩したくないという話をしています。ただそれがウェブスター条項に代表される新たなルールによって、どんどん難しくなっていっていると愚痴を言っています。

「私の最初の目標は今のチームをキープする事だよ。もちろん、私が完全にコントロールできる話ではない。だが給料の序列については維持していきたいと思っている、とても重要な事だと思うからね。」

「ウェブスター条項によって不明確な事が増えている。毎回新しいルールによってインフレと不安定さが多少生まれているんだ。選手達はもっと早く、素早く移籍する事はできるわけだからね。」

「(最低ラインは)28歳だったが、それも長くは続かないと思っている。そのうち、26歳の選手が法廷に行って、年齢差別だと言い出すだろう。なぜ28歳は2年でよくて、26歳はダメなのかと。だからまた大きな話になっていくんだ。それはまたインフレの要因となり、クラブ内の安定という面に大きな問題となるんだ。」

ウェブスター条項とは、3年以上クラブに在籍している選手は、残りの契約を自分で買い取って自由に移籍できるってルールです。28歳以上の選手は在籍2年でいいという例外もあります。また条件として、シーズン最後の公式戦から15日以内に退団を決める事、同じ国内での移籍はできないというのもあるそうです。フラミニは昨シーズン、これを利用して移籍しようとしていました。

ヴェンゲルがこの話を持ち出した事でわかったのは、やはり給料の問題で話が進まないって事ですね。最近のアーセナルではあまりなかったパターンです、厄介だ・・・。


Wenger - I am not in the market for David Villa - Arsenal.com

ヴィジャの獲得について盛り上がっていますが、ヴェンゲルは否定しています。というか、現時点での移籍市場での動きを全て否定している感じですね。

「我々はダヴィド・ヴィジャの獲得に動いてはいないよ。彼は我々について、賞賛のコメントをしていたが、我々としてはとても名誉な事だね。私は彼の事を選手として高く評価しているが、今は誰についても正確な査定はしない。」

それにそもそもストライカーが必要ないという部分もやはりあるようです。

「前線ではウォルコットとベントナーに時間を与える事が必要だと思っている。彼らは今シーズン、大きく成長したと思っているからね。テオは台頭してきているから、彼らに時間を与える必要があるし、そうでなければ彼らは終わってしまう。」

「我々はチェルシー、リヴァプール、マン・ユナイテッドとの試合でリードしていたし、リヴァプールとのホームゲームでもリードしていた。だから点は決められるんだ。止められなかったのは大きな試合での失点だよ。」

「大きな試合では先制した方が10回中9回勝っているんだ。だが我々はリードしていた試合で負けている。チームとしては攻撃面より、守備面で苦労したんだよ。」

助っ人一人ぐらい欲しいですけどねぇ・・・。そうなるとやはりアマウーリの話はガセか?



とりあえず今日はここまで。残りの記事、できればコメント返信は明日。
スポンサーサイト

コメント

レディング戦

個人的には、満足ですね。ここ一、二ヶ月は不運、自滅、疲労などにより勝ちきれませんでしたから。久々の無失点(絶不調のレディング相手ですが)も好材料ですね。陸さんが仰るように、ジウベルトの好調もプラス材料ですね。移籍して欲しくないなー。
そんな中、気になったのが途中出場組です。久々のデニウソンは、セスクとの差を感じましたし、ベントナーはちょっと浮いてました。あと、エブエ、センデロスの降格は、放出を匂わせます。
レーマン退団は決定的みたいですね。口は悪いですけど、最近出た試合は結果を残してますから残念です。個人的には、ノイアーを後継者に獲得ってのもいいと思うんですけど、ファビヤンスキがいますからねー。

最後に、張り手をくらわした直後のフレブの笑顔はダークでしたね。本当にお咎めないんでしょうか。

俺もご機嫌ホイホイさんのような事考えてしまいます。
ベンゲル、最後まで諦めないでくれー

久しぶりに早い時間で2点差になったので比較的楽に試合を運ぶことができたと思います。今シーズン、よく試合終盤の得点が多いということを聞いていたのですが、終盤の得点が多いということは勝負を決める得点を早めに取れてないってことになるような気がするんですよね。最後の追加点が試合終盤なので、楽に試合を運ぶことができない。点を取れるときにとっておくのは来シーズンの課題でしょうね。

フラミニ、そんなに給料安いのか?アーセナルの選手で給料がどうとかいってたのはキャシュリーぐらいですかね。ちょっとやっかいですけど、なんとか延長してほしいです。

現状の移籍市場の話は、ほとんど噂話程度でしょう。ベンゲルは結構予想外の選手とりますからね。フレブとかロシツキーとか、少なくとも自分はノーマークでした。契約確定まで、話半分に聞いておけばいいかなと。

フラミニは移籍金無しで獲得出来るんで、獲得を狙ってるチームは移籍金分を給料に使えますし…他のチームからすごい額の年俸提示されてるんじゃないでしょうか…
代理人(£∇£)。 10億円をフラミニに出しても移籍金より安く済みますし…。カカをあれだけ止めれば、セリエAのチームは狙いますよね。移籍金無しは痛いですね。フラミニ戦力外から急成長…ヴェンゲルも予想外だったでしょうね。
キャンベルも移籍金無しで年俸プレミアNo1でした。

後…アーセナル、マンUよりリーグで80~90本シュート少ないみたいです…撃て撃つんだ…。

Radiohead来日公演

埼玉だけなんでしょうかねー?
今チケットぴあで抽選申込中ですが、私は参戦できません……シュン。
陸さんは行かれますか?

フラミニの給料決めるのって、ヴェンゲルじゃないですよね。アーセナルはケチなんでしょうか?でも、他の選手は別に文句言ってないようですし……はて

フラミニ

フラミニはチームと長期契約の更新したはいいがチームが新加入選手をとってしまい、レギュラーからはじきだされるのを心配してるんですかね。
なんか
せっかくレギュラーを勝ち取ったのにチームが大物外国人をとってまたサブに逆戻りの状況に陥るグティのような心境なんでしょうかね。


フラミニは代理人に問題がありそう。昨季残ったのに今季去るなんて、普通では考えられない。昨季だった彼をほしいチームはあったというのに。

>優勝

私もローヴァーズが追いつかれるまでは少しだけ期待していました。土曜日大勝出来なかったですし、同じポイントでは無理でしょうからね。

ファン・ペルシがエリア内でこねている姿を久々に見れたのは満足です。より小さいモーションであれが出るようになると本調子なんでしょうが。

残りの試合で出来れば2位を狙いつつ、ソングのMFやファブアンスキを観たいですね。

>ご機嫌ホイホイさん

ユナイテッドが厳しい日程なのは知ってますが、得失点差を考えると、2敗1分してもらわなければ厳しいですね。チェルシーが勝ってしまうと、仮にユナイテッドを抜けてもチェルシーを抜けないって事もありそうですし、何よりユナイテッドがそんなヘマをやらかすチームだとは到底思えません。ライバルである以上、そこは買っています。

チェルシーもニューカッスルやボルトンに負けるとは思えない・・・って事で、やっぱりユナイテッドに勝ってもらって、ニューカッスルかボルトンのどっちかと引き分けてもらう事を祈る方が現実的じゃないでしょうか。

でもそこに可能性があるのは事実ですし、信じる人がいてもいいとは思います。僕はちょっとそんな気にはなれないですね・・・残念ながら。


>PRIDEさん

無失点で終われたのは相手が・・・ってとこでしたが、まあうまく肩の力を抜いて勝てたって意味で、満足すべき内容じゃなかったかと思います。ジウベルトは好材料というか、単純に嬉しかったんですよね。今シーズンは何度「もうダメか」と思わされた事か。昨シーズンまでは地味でしたけど、やっぱりチームを支えてきたベテランですから。ただ彼が残るべきなのかどうかは、正直言ってよくわかりません。

デニウソンは僕はよくわからなかったのですが、ベントナーは浮いてましたね。最近空回りしているような・・・今シーズン中にある程度結果が出せるといいのですが。エブエはどうしたんでしょうね、彼をベンチに置いてまでトゥーレをサイドバックで使うとは。今更粛正したとも思えない。ヴェンゲルが何を考えてるのかよくわかりませんねぇ。

レーマンはどのみち年齢的な問題がありますし、アルムニアがこれだけのプレーができるなら、放出もしょうがないかなと思います。基本的にレーマンはドイツのキーパーとしては希有な存在だと思うので、次はもうドイツ人じゃなくてもいいかなって気もしますね。

フレブはねぇ・・・性格的に反省しないだろうな。本当、何でお咎めなしなんでしょうか。僕は処分した方がいいと思うんですが、話題にすらなりませんね。


>シンプルさん

それはそれでいいと思います。実際実現したらすごいですしね。ただ僕はちょっと賛同できません・・・。


>suouさん

正確には、確か今シーズンのアーセナルは早い時間帯での得点と遅い時間帯での得点が多かったような気がします。前者の方はあまり印象にないですが、そういう統計があったような。やっぱり試合を決めきれない、または守りきれないってとこで引き分けが多くなってるんでしょうね。試合巧者とは程遠いですね。

フラミニは給料安そうですねぇ。でも新契約ではそれなりに提示されてそうなんですが、まだ不満なんでしょうか。

フレブもロシツキーも話はあった気がします。一番ノーマークだったのはエドゥアルドですね。まあアーセナルに限らず、この時期の移籍の話は本当に噂程度のものが多いですし、話のネタぐらいにでも思っとくのがいいんでしょうね。


>のむさん

そうですね、ボスマンになっちゃうとそれがあるんですよね・・・。移籍金なしっていうのでも相当痛いですが、それ以前に彼の代わりはそうそう見つかりそうにないので、是が非でも延長してもらわないと。個人的には2位に入るより重要な話ですよ。フレブの残留もね。そういえばキャンベルはすごい高給取りでしたね。キャッシュリーの不満もそれが一因ではあったのかな。

大体1試合で3本ぐらい少ないって事ですか。スタイルの違いを考えると、あまり重要なデータではない気はしますが、要は撃つべきところで撃ってない事が多いんですよね。フレブが1試合に1本撃つだけでもだいぶ違うと思うんですが・・・。


>Keenさん

大阪でもやりますよ。平日ですけどね。僕はそちらの先行に申し込みました。それでも抽選なんですけどね。埼玉の方はもう先行終わりましたか、あちらは片方は抽選じゃなかったと思うんですが・・・。確実に獲りたければ、有料会員になっておくのがベストのようですね。

最終的に給料を決めるのもヴェンゲルじゃないでしょうかね。エデルマンとかフライアーとの話し合いは相当あるでしょうけど。ケチというか、序列をちゃんとしとかないと後々不満が出るので、そこのコントロールに四苦八苦してるんじゃないでしょうかね。ケチなのもあるでしょうけど(笑)


>popoさん

フラミニは今のパフォーマンスに自信は持ってると思います。そういう心配をするのなら、ビッグクラブではどこへ行ってもダメでしょう。単純に給料の話じゃないかなと僕は思ってます。


>さとさん

代理人だけが悪いのなら、そういう話が出てくると思うんですよね。なのでフラミニも金が欲しいというのがあるんでしょう。それだけ今のパフォーマンスに自信があるのだと思います。

今更ユナイテッドと得失点差で競うのは無理でしょうから、できる限り勝点を落としてもらうしかないですかね。チェルシーと引き分けで残り2敗、チェルシーも同じくってなると優勝できます。奇跡というか、もはや八百長レベルな気がしますが(笑)

ファン・ペルシはまだボールの置き所というところでも本調子ではない感じですね。確実にシュートを撃てるところにボールを持っていくのは本当うまいですからねぇ。

ソングのMFは今シーズン中にあるんでしょうかね・・・。ファブヤンスキは最後辺りに出しそうです。もしまた優勝の芽が出てきちゃったらそれも叶わないでしょうけど、まずないだろうな・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/869-d1039135

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。