スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラミニは復帰まで3週間 

Flamini ruled out for three weeks with ankle injury - Arsenal.com

フラミニのケガの具合が判明、復帰まで3週間だそうです。ただでさえセスクが疲労困憊の中、これは大きな痛手。ジウベルトがリヴァプール戦でいいプレーをしていた事は救いですが・・・。またユナイテッド戦での復帰もあり得るとされていたサニャも間に合いませんでしたが、ファン・ペルシの状態は問題ないようです。ヴェンゲルの話。

「マチューは3週間の離脱になると思っている。大きな痛手だが、ジウベルトは大きなクオリティと経験を持っている。彼が入る事になるね。チームの立ち直りと集中に貢献してくれるだろう。」

「それ以外に火曜日からケガ人はいない。打撲や打ち身を負った選手も多いが、特別問題のある事はないよ。ロビン・ファン・ペルシも出られる。昨日と今日とで2つ、いいセッションをこなしたよ。問題はないようだし、ここからどこまで行けるか確認する。だがバカリ・サニャは無理だったね。」


Frojdfeldt stands by pen call - Sky Sports

PKの判定でリヴァプールが準決勝進出を決める上で最高の立役者となったペーター・フレイフェルトが、あのジャッジは正当だったと主張しています。

「疑いなくあれはPKだった。彼(トゥーレ)は彼(バベル)のシャツを引っ張っており、不満を言っていたのはアーセナルの選手だけだった。トゥーレに対してね。」

「とてもハイテンポで、フェアな試合だった。雰囲気は最高だったね。私と、アシスタント達の仕事には満足しているよ。」

こういう発言はビデオを見てからにしろ。トゥーレが一体いつバベルのシャツを引っ張ったというのか。この仕事で満足しているというのなら、引退する事を強くお勧めします。いや違うな、仕事っていうのは多分、リヴァプールを勝たせるという仕事でしょうね。それなら理解できます。それこそ永久追放されるべきですがね。


Team-mates hail Walcott after Anfield assist - Arsenal.com

リヴァプール戦で脅威の3人(4人とカウントすべき?)抜きを披露したウォルコットについて、彼のアシストを受けたアデバヨールが賞賛しています。

「ここ数ヶ月、テオはノッてるよね。とてもスピードがあって、いいフットボールをしてる。彼と一緒に前線でプレーするのは最高だね。」

同じくトゥーレも。トゥーレは前からウォルコットの事を買ってるコメントを何度かしていますね。

「彼はいい選手だし、毎回成長していってるね。イングランドでも最高の選手の一人になると思うよ。」


Angry Lehmann hits out - Sky Sports

久々にレーマンが出場機会がない事にキレてます。いつもいつも言い方が悪いんだよな・・・。

「30歳になるまでロクに先発してなかったヤツに代わってベンチに座ってるのなんて、何にも面白い事じゃない。とても腹が立つね。」

「俺が残ったのはチャンピオンズリーグを優勝するためで、出場するいいチャンスがあると思っていたんだ。そうならなかったという事実には本当に腹が立った。シーズン前に何が起こるかトレーナーに言われてたら、ベンチに座っていたいかどうか決められたんだけどね。」

それを言ったら、開幕戦の開始1分であんなミスをするなんて事は最初に言っておいてよって話ですね。自分の不調とケガが招いた事態であって、38歳になる人間の言う事ではないかと。


Fabianski - Why I'm happy with life in London - Arsenal.com

移籍してきた当初は最初からファーストチョイスを狙っていくと話していたファブヤンスキですが、現在はアルムニア、レーマンに次ぐ3番手に甘んじています。今はリザーブの試合には出場しており、とりあえずはそちらで満足だとの事。

「プレーできていて嬉しいと言っておきたいんだ。今はサードチョイスだし、出場機会もあまり多くない。だからチャンスがあれば嬉しいね。」

「それに(月曜日の)プレー内容にも満足だ。やるべき事はたくさんあった、シュートを止める事だけでなく、クロスに対処したり、キックもそうだ。キーパーにとって、90分プレーして試合勘を得るのは大事な事なんだ。」

「(最初のシーズンは)問題なかったと思う、悪くないよ。プレーできた時は、そういう出場機会を得られた事にとてもハッピーだった。若手キーパーとして、新たな国での最初の1年はいい経験だったし、これからのシーズンもどんどんよくなっていくといいね。」

「僕のように本当に大きな意欲を持ってれば、常にもっと多くを期待するものさ。でもマヌエルとイェンスが残している本当に優れた結果については尊敬してるよ。彼らはキーパーとして、僕よりずっと多くの経験を持ってるし、選考に関しては我慢強く待つ必要があるね。出場機会を得た時やトレーニングでは全力を尽くしてるよ。」

「来シーズンは僕のポジションもよくなってるといいね。でももちろんここにいるのはハッピーだよ。」

さすがにレーマンが出て行くと思うので、その後釜に即戦力クラスが来なければセカンドチョイスに昇格はできるでしょうね。そこからはアルムニア次第か。


Adebayor expects changes - Sky Sports

アデバヨールがシーズンが終わった時のメンツの変化について話しているのですが、こういう話が出てくるって事は、やはり移籍を決めてる選手が何人かいるんですかね。レーマンやジウベルトは濃厚ですが・・・。

「シーズンの終わりには、どのクラブでも多くの変化が生まれるものだ。ここもそうだろうね。誰が残って誰がクラブを去るのか、決めるのは監督だけどね。」

「僕はここで楽しんでるし、多くの選手がここでハッピーなんだ。でもシーズンの最初まで集中を保ち、前へ進み続けなければならないんだ。」

「今シーズンは多くの事を学んだね。敗戦は痛みを伴うものだけど、ここから学べたらいいと思うよ。」

最後は昨日紹介したのと被ってました。

後半はギャラス。経験不足だったと話していますが・・・。

「僕達は経験不足だったんだ。同点の30秒後にPKを献上してちゃいけない。ここから立ち直るのは難しいだろう。士気が下がってしまっている。」

「シーズンの最初には誰も僕達に多くを期待していなかったし、成功しすぎたね。でもここまで来れた以上、やっぱり痛いね。」

やっぱりこういう事を公の場で言う人間はキャプテンには相応しくない気がします。来シーズンは替えた方がいいと思うんですが、ヴェンゲルはやらないだろうな。


Sunu signs pro terms with Arsenal - Arsenal.com

先月の終わりに17歳になったジル・スヌがプロ契約にサイン。今シーズンはケガに泣かされているようですが、ヴェンゲルは彼に期待を寄せています。

「ジルはハードワークをしているし、とてもフィジカルなストライカーだ。彼をスカウトした時はずば抜けた才能を見せつけられたね。今シーズンは少しケガが多かったが、来シーズンは彼のベストが見られるといいね。」

「彼を連れてきたのは去年の夏だったが、ここでポテンシャルを発揮できたらいいと思っている。我々は彼を、アーセナル・フットボールクラブの未来のファーストチームを担う存在だと思っているよ。」


Sunu - I'm happy I joined Arsenal - Arsenal.com

スヌ本人のコメント。

「生活はとてもいい感じだよ。ロンドンでは退屈する事もないし、ナセル・バラジーテやルイ・フォンテ、アルマン・トラオレのような連中がいれば生活に慣れるのも簡単さ。彼らには本当に助けてもらってるね。選手全員がすごく世話を焼いてくれて、何もかもうまくいってるね。」

「もちろんアーセナルに来る事を決めて、とても、とても満足してるよ。今シーズンはケガで難しくはあったけど、来シーズンはずっとよくなると思うんだ。楽しみだし、後悔なんてないよ。」

「膝をケガしてしまって難しかったね。最近まで痛みが残ってたんだ。でももう大丈夫だよ。アカデミーやリザーブでコンスタントに出場する事はそれほど難しい事じゃないし、究極的にはそれが僕の成長を助けてくれるだろうね。」

「ここでは大きく成長したと思うし、ストライカーとしても、ワイドな選手としてももっとよくなれると思う。まだまだ成長の余地は大きいし、それが楽しみなんだ。」

「もっとリザーブの方で出たいね。FAユースカップで優勝かな、それがここの選手達の現実的な目標なんだ。それはできると思ってる。それにもっとファーストチームとトレーニングできたらいいかもしれないなって思うんだ。」


Van Basten offers Bergkamp trainee post - Arsenal.com

来シーズンからアヤックスの監督就任が決まっているファン・バステンが、ベルカンプに練習生のコーチをやってみないかという話を持ちかけたそうです。

「数週間前にデニスに連絡したんだ。彼が何をしているのか知りたかったし、どんな大きさであれ、アヤックスで働く気があるかどうかを確かめたかった。」

「アヤックスで仕事をする上で、できる限りクオリティのある人と仕事をする事が重要だ。デニスにそれがあるのは間違いない。話の中で、デニスはコーチングの講習を受けるためにオランダへ戻るかもしれないと言っていたよ。」

「その講習の一環として実習があるんだ。私は彼にトレイニーのポストを差し出したんだが、彼はとても興味を示していたね。これがアヤックスとデニスにとっていい事になると思いたいし、期待しているんだ。」

「彼は選手を育てる事ができると思う。彼がいる事はチームにインパクトを与えるだろうからね。何よりアヤックスにとって、デニスという人間が参加してくれるのはいい事でもある。アヤックスで、デニスはまた違った仕事でピッチに入るのがいかに気に入るかを発見する事もあるだろう。」

引退前後には監督をやる気はないと言ってましたね。将来どこかのトップチームの監督をやるのは見たい気はするんですが、やっぱり性格的に向いてない気がするんですよね・・・。何より飛行機に乗れない監督なんて・・・。育成ならまだできそうではありますね、ガーデニングを趣味とするデニスなら・・・。
スポンサーサイト

コメント

誤審PKファール何回も見ました。トゥレにカード出した後、主審が引っ張るポーズしてたんで、まさかと思ったんですが…「ユニホーム引っ張った」と言ってるんですね。あの白髪の老眼じいちゃんは少年サッカーの審判もしない方が良いですね。週末、赤悪魔の、親善試合を仮病で休んで元気な奴に負けてほしくない。そんな奴らには「いんがおうほう」で、何か起こるかもしれませんよ。週末は粕谷じゃなくて、川勝さん&西岡さんだ!やっと勝てます笑!

フレイフェルト氏と1stLeg主審のフィンク氏で、お互いのジャッジを検討する対談してもらいたいです…。

更新お疲れ様です。

リバプール戦前半最初いい形で攻めてたんですけどね。1点、予想外の人が点を決めたまではよかったんですけどね。セットプレーで簡単な失点。センデロスはいくらなんでも軽すぎましたね。それでちょっと向こうに流れが行って、悪くなりました。しかし、1-1ならミラン戦と同じ展開で、先に点を取れれば有利だと思ってました。

後半になって、動きがなかったのですが、週末のリーグ戦と同じように、ロングボールから簡単に入れられてしまいました。センデロスは確かにトーレスを離しすぎだったんですけど、今シーズンはあんな感じで簡単に入れられるってシーンが多いですから、チームとして問題かなと思いました。確実に集中が切れてる。

で、ウォルコットの突破からアデバヨールが決めて、勝てるかなと思ったんですけど、PKで勝ち越されました。てかあのジャッジが正当とか言ってる審判は引退したほうがいいです。引っ張ってるとか平気で言ってるなんて最悪ですね。

ただ自分も審判のせいだけで負けたとは思いません。点を決めるチャンスはありましたし、何よりあまりにも簡単に点を取られすぎってのもあると思います。しかし、それでも勝てた試合を審判につぶされたって思いは消えないですね。こんなに悔しいのは今年だけですね。いままでは負けたときは相手のほうが上だったというのがほとんどでしたから、結構納得できたんですけど、今回はちょっと…。

ただ、仕方ないですけど終わったことなので、リーグ戦に集中してもらいたいです。

最後にギャラス、成功しすぎたって、あほか、全然成功してないっつーの。シーズン序盤のよかった内容も、今シーズン無冠に終わればほとんど意味ないだろうに。士気が下がってるって、それを上げるんのがキャプテンじゃないのか?公の場で言うことではないですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トゥーレが引っ張ってたって・・・リプレイを何回も見たのか?
どうみても見てないよな・・・
最悪な審判だ
やはりリバプールがばいsy(ry

お久しぶりです

 CL準々決勝2leg…妥当な判定とは確かに言い難いです。ですが、素晴らしい試合だった、と今は思っています。 様々な意見が飛び交っていますけど、今日の負けが明日の勝利に繋がるよう僕らファンも、選手達もこれからまた闘っていくだけだということしか、今は何も言えません。

 更新ありがとうございます。

 あの2ndレグが良い試合だったと云えるだけの精神力を、残念ながらわたしは持っていません。ただただ、悔しいという思いが蟠っていて、その思いが何かの映像によってその都度甦る、あれからはそんな日々です。

 ネガティブですみません。ただ、いかに負けようとウォルコットの突破、あの輝きは明るさを失っていません。C.ロナウドやロナウジーニョのような醜いものではなく、かれのドリブルはとにかく美しかった・・・。しなやかな身のこなしと、つねに先をいくボールコントロールは知性を感じさせました。オールド・トラッフォードでの発揮も期待です。

 最近になって、アーセナルの選手たちが何人もクラブを去るのでは、というようなことがメディアで言及されていますが、どうなんでしょうか。非常に心配です。

>suouさん

すみません、記事に書いておいて何なんですが、ギャラスの「成功しすぎた」という訳は正しくないです。意味としては「予想を上回った」という事になり、この事に関してギャラスは批判的な事を言ってるわけではありません。最終的には、「予想を上回る結果を出してここまで来たのに、全部失う事になるのは辛い」という事が言いたいんだと思います。

ベルカンプはベンゲルの元でコーチングの講習を受けるみたいですね。
さっきfootでやってました。

>陸さん

そういう意味だったんですね。原文を読まずにコメントしてしまったのは、まずかったと思います。今後は選手の言ったことに対してコメントするときは原文を読むようにします。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/863-2403fb4c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。