スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァプール戦 マッチリポート2 

アーセナル 1-1 リヴァプール

バークレーズプレミアシップ
エミレーツスタジアム
2008年4月5日(土)
キックオフ:午前12時45分

主審:フィル・ダウド
入場者数:60111人


アーセナル   1
   ベントナー 54分
リヴァプール   1
   クラウチ 42分


 ARSENAL
   アルムニア
   トゥーレ
   ジャスティン・ホイト→アデバヨール(57分)
   トラオレ→クリシー(73分)
   ギャラス
   エブエ
   ジウベルト
   ファブレガス
   フラミニ→フレブ(81分)
   ウォルコット
   ベントナー
 SUBS NOT USED
   レーマン
   ソング

 LIVERPOOL
   プレシ
   レイナ
   フィナン
   キャラガー
   リーセ
   アルベロア
   シュクルテル
   ルーカス
   ベナユン→ヴォロニン(74分)
   ペナント→ジェラード(66分)
   クラウチ→トーレス(81分)
 SUBS NOT USED
   イタンジェ
   ヒーピア



勝てそうだったのに勝てなかった。今シーズンのリヴァプール戦はこればっかでしたね。3連続1-1。次も同じスコアだと、それはPK戦を意味するわけで。試合の方は前半こそだるそうだったものの、後半はスピードアップしてきて、両監督の采配合戦も加わり、傍から見ていて面白いものではありましたけどね。フレブ・・・。

チェルシーがアウェーでのシティ戦に勝ってさらに先へ行ってしまいましたが、大物食いのボロがやってくれました。もう少しで勝てただけに引き分けは惜しい結果ですが、ユナイテッドが追い付いた後もどっちに点が入ってもおかしくない展開でしたし、しょうがないかなと。それ以上に試合として面白かったです。

ユナイテッドが止まってくれたお陰でまだ望みはつながったようにも思えますが、試合数は減っていく一方ですからね。今週末の直接対決で決まるんじゃないかな。

リポート・・・にもなってませんが、以上。ちょっとリアルの方でゴタゴタしてまして、まともに更新する余力がありません。それでも簡易的に更新は続けていきますが、返信にまでは手が回りません。たくさんいただいてるのに申し訳ありません・・・。

フォーメーションは書いておきます。トゥーレがCBに戻り、両サイドバックはジャスティンとトラオレ。ジウベルトがアンカーの4-1-4-1で、ジウベルトの前にセスクとフラミニ、右にエブエ、左にウォルコット、ベントナーの1トップ。

       アルムニア
     トゥーレ  ギャラス
J.ホイト            トラオレ
       ジウベルト
     セスク   フラミニ
エブエ            ウォルコット
       ベントナー


勝ち越し点を追う展開の中、ヴェンゲルはアデバヨール、クリシー、フレブを順次投入。まずホイトが外れ、エブエがサイドバックに下がったわけですが、この辺りのフォーメーションはイマイチよくわかりませんでした。次にトラオレとクリシーを入れ替え、最後にフラミニを外してフレブ。この段階ではウォルコットが右、フレブ左の4-4-2。

       アルムニア
     トゥーレ  ギャラス
エブエ              クリシー
     セスク   ジウベルト
ウォルコット           フレブ

    ベントナー  アデバヨール


ヴェンゲルのセレクションには批判も多いでしょうが、これぐらいはやってもよかったんじゃないですかね。どのみちフルメンバー使っても結果は出なかった気がします。このメンバーでも勝てる試合でしたしね。ただどうせやるならセスクは休ませるべきだと思いました。どう見ても疲労が激しいです。


Wenger - Title's not over but we rely on others - Arsenal.com

試合後のコメントでヴェンゲルは、数字上可能性が残されている限りは諦めないと話しています。今回のメンバーを見ると内心どうだかって感じではありますが、もうやめたとは言えないでしょうからね。

あと休ませたアデバヨール、フレブ、クリシーに関しては、後者は疲れ、前者は足首の問題を挙げています。プレー内容を見ると特に問題があったようには見えないんですが、今回は休ませておいた方がよかったでしょうね。途中から出す分には構いませんが、結果が出なかったのは残念です。


Van Persie included in 18-man squad for Anfield clash - Arsenal.com

今シーズン最後のリヴァプール戦(さすがに4回もやったらしばらく顔も見たくない・・・)のメンバー18人が発表されました。ファン・ペルシが無事にメンバー入り、これで望みがつながる・・・。イエローカードはサスペンションリーチの選手です。

イェンス・レーマン
アブ・ディアビー
セスク・ファブレガス
コロ・トゥーレ
フィリップ・センデロス
ヴィリアム・ギャラス
ロビン・ファン・ペルシ
アレックス・フレブ
マチュー・フラミニ
アレックス・ソング
ジウベルト
ガエル・クリシー
マヌエル・アルムニア
エマニュエル・アデバヨール
ニクラス・ベントナー
エマニュエル・エブエ
ジャスティン・ホイト
テオ・ウォルコット

ロシツキーについては一つ下の記事で。


Rosicky out for the season - Sky Sports

チェコ代表のチームドクターの話によると、ロシツキーはすでに今シーズンの残り試合欠場を確定しており、ユーロも危うい状況だそうです。気になる方も多いと思われますので、ここはフルで紹介します。

「2週間で終わっていた問題かもしれないし、もう3ヶ月かかる事もあり得る。すでに2ヶ月離脱している事を考えると、トリッキーな状況だ。」

「カレル(・ブリュックナー代表監督)もとても心配している。トマシュは我々にとって大きな存在だし、大きな痛手になってしまうからね。」

「彼は現在でも走ったり、ジョギングする事はできるんだ。だがそれをある程度続けてやると痛み出すんだよ。」

「彼は今、全力疾走する事を恐れているようだ。それでフルトレーニングを再開できずにいる。ユーロ2008に向けて、リスクを冒す事はできない。すでにプレミアリーグの残りのシーズンは欠場が確定しているから、彼のプライオリティはユーロに移っているよ。」

せっかくの逸材なのにこうもケガに泣かされるとは、もったいないですね。しかしこんな状況が続くようでは、やはりクラブは真剣に補強を考えなければいけません。ある意味フレディ以上にひどい。


Ben Arfa in Gunners link - Sky Sports

上記のような事もあり、ヴェンゲルはベナルファの獲得を真剣に考えているようだとフランスで報じられています。その噂によれば、ヴェンゲルは24億円前後を払う準備があるとの事。これぐらいなら払えるでしょうが、果たしてそれで売ってくれるんだろうか。それにロシツキーの代わりというのはちょっと違いますしね。そもそもロシツキーはピレスの後継者として獲得したわけで、やっぱりフィットしてくれないと困ります。


Walcott admits frustration - Sky Sports

切り札的な起用が多いウォルコットは、もっと先発したいんだと不満を口にしており、ヴェンゲルと話し合ったそうです。一方で19歳という年齢でアーセナルのベンチにいるという事実についてもよく理解しており、単純にいい傾向と言えそうです。リヴァプール戦でも副審に食ってかかるようなところがありましたし、客観的には褒められた行為ではないのですが、彼の年齢ではそういうアグレッシブさもないと、小さくまとまってしまいそうですからね。

また来シーズンのトップ起用も視野に入れてるようですが、レギュラーで、それもトップ起用となると、前を塞がれて突破が活かせない時や、相手に詰められて苦しい状況でもちゃんとボールを納め、つなげられるようにならないと。それからヴェンゲルにもっとアグレッシブに行けと言われており、確かにそれはできているのですが、いつでもどこでも仕掛ければいいというわけではないという事も学習しないとね。


Arsene whinges - Sky Sports
The captain doesn't fit - Sky Sports

リヴァプールと引き分けた事でさらにリーグ優勝の可能性が小さくなり、CLにも暗雲が立ちこめているという事で、メディアのヴェンゲル批判が強まっています。

デイリー・スターのフルブルック氏はチームの経験不足を指摘。アンリ、ピレス、ベルカンプといった選手の穴を埋められていないとの意見で、冬に補強をすべきだったとの事。

デイリー・メールのカリー氏は、ヴェンゲルが泣き言を言い過ぎて選手達に影響を与えてしまったとの意見。そしてアーセナルはCLで敗退するだろうとの予測。

サンのカスティス氏の意見は別記事(2つあるリンクの下の方)で詳しく載っており、彼はギャラスをキャプテンにしたのが失敗だったんじゃないかとしています。理由としてはバーミンガム戦でのあの職場放棄がやはりあり、あれで一部の選手がギャラスを信用しなくなって、チームの結束が乱れたのではとの事。

そもそもギャラスをキャプテンにしたのは、彼が夏に出て行く事を仄めかしていたため、それを引き留めるためとカスティス氏は見ていますが、これは穿った見方かと。オーストリアキャンプからギャラスのコメントは目に見えて変わってましたし。

そして最後に、さすがに今シーズン無冠で終わるようだと、来シーズンはヴェンゲルへのプレッシャーが高まるのではないかと見ています。アーセナルファンはチームが「工事中」という事で許されるのは今シーズンまでだろうし、そもそもヴェンゲルは他に比べて、メディアからの批判が緩いと話しています。まあモウリーニョなんて1シーズンリーグを逃し、ちょっとスタート躓いただけで解任されましたし、ベニテスはターンオーバーだなんだでフルボッコされたりしてますからね。これには僕も同意。

ギャラスについては、ef Zoneで粕谷も指摘してましたね。このブログでは擁護されてる方も多かったですが、僕はやっぱりあれはやっちゃいけなかったと思います。せめてヴェンゲルは怒るべきでしたね。それでギャラスが出て行くとなったとしても、もうしょうがないです。でもギャラスをキャプテンにしたのが失敗だったとは思いません、シーズン前半は彼のお陰でチームがまとまっていたのもまた事実。ただ来シーズンは変えた方がいいかな、粕谷のセスク案は悪くなさそう。気質でいったらフラミニでしょうけど。

ところで、この人達はアーセナルが勝ち抜けた場合は何て言い出すんでしょうね。


Loan Watch: Merida nets winner for Sociedad - Arsenal.com

ローンウォッチは普通にやります。

レアル・ソシエダ 2-1 エルクレス・アリカンテ
相手の読み方わかんね。メリダはフルなのかサブなのかわかりませんが、決勝点となる勝ち越しゴールを決めています。移籍後初ゴールですね。

ミルウォール 1-1 ジリンガム
シンプソンは55分からの出場。

ノリッジ 2-0 バーンリー
アーセナル対決はギブズ、ランドール共にベンチで実現せず。

オサスナ 0-1 レクレアティーヴォ
ヴェラはサスペンションでした。


This summer's Emirates Cup to feature European giants - Arsenal.com

今年もやりますエミレーツカップ。メンバーも豪勢です。日程は以下。

8月2日
レアル・マドリー対ハンブルガーSV
アーセナル対ユヴェントス

8月3日
ユヴェントス対ハンブルガーSV
アーセナル対レアル・マドリー

ってわけで、今年も2日間、同日2試合開催となります。レアルとユーヴェとは豪華ですね。ハンブルクは同じスポンサーつながりで、今後も開催される限りは常連になりそうですね。リーグ戦、もうちょっとがんばってくれないかな。

ちなみにもう一つアーセナルにとっては恒例のアムステルダム・トーナメントについては、8月7日から9日に開催される事が決定しているそうですが、まだ参加チームが決まってません。たまに出ない事がありますが、今年はどうするんでしょうね。


Gunners consider Ajax link-up - Sky Sports

ヴェンゲルによると、ユーロ2008終了後にオランダ代表監督を辞任し、アヤックスの監督に就任する事が決定しているマルコ・ファン・バステンがロンドン・コルニーを訪れ、アーセナルとアヤックスの提携について話をしたそうです。ファン・バステンはアヤックスでヴェンゲルの例に倣いたいと考えており、その一環としてだか何だかわかりませんが、アーセナルから優先的に選手を貸し出してもらえないかという話をしたそうです。何気にアヤックスとは仲良しですね。
スポンサーサイト

コメント

プレミア断念

ロシツキーEUROも危ないのか。

不思議な状態なら、すぐに治る事もあるんだろうか。

彼が出場しないとEURO見る楽しみが半減してしまう。

WCではコレル・バロシュを欠いて、今度はロシツキーを欠くのか。

そりゃ、ブリュックナー監督も頭痛いですわ。

更新お疲れ様です

この試合はやっぱりサイド攻撃がなかった気がするんですよね。両SBがいつものメンバーではなかったってのもあるだろうし、フレブがいなかったのもあると思います。まあフレブがいてもサイドがないときもありますが、この試合はさらにひどかった。

今シーズンサイドの補強しなかったのは、ディアビー、エブエ、ウォルコットがある程度使えると判断したからでしょうか。しかし、思ったよりも伸びなかった気がします。それよりもロシツキーが怪我になりやすいのが痛いと。彼がベストですから欠場が多いと困ります。しかし今シーズンは無理ですか。痛いですね。

経験が足りないってのは毎シーズン言われている気がします。若いチームなんで仕方ないですけどね。キャプテンの交代は賛成です。やっぱりシーズンフルで戦える選手ということで、セスク、フラミニってのはいいですね。

リバプール戦にファンペルシーがでられそうなので、まだ突破の可能性があると思います。今シーズンのリバプール戦はほんとに勝てそうで勝てなかったので、最後に勝ってほしいです。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/860-a5aa7fdb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。