スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなケガ人はなし 

Wenger reports no new injuries for the trip to Chelsea - Arsenal.com

ヴェンゲルがケガ人の情報を発表しました。新たな故障者はいませんが、戻ってくる選手もいないそうです。つまりディアビー、ロシツキー、そしてエドゥアルドですね。

「現段階で戻ってきた選手はいない。先週から新しいケガ人もいないがね。ディアビーはまだチームに戻ってない、別メニューを行っている。そしてトマシュについては、今は具体的な事を言うのはとても難しい。」

ロシツキーはエドゥアルドより後に戻ってくるんじゃないかなぁ・・・。


Gunners wait on Flamini answer - Sky Sports

いい加減フラミニの契約延長が決まって欲しいわけですが、まだ話はまとまらないようです。ヒル-ウッド会長はまだ返答待ちだと話しています。

「彼にオファーはしてある。代理人から話はもらっているが、彼らはまだ返答してきていない。」

どうなってんでしょうね・・・。


Walcott celebrates birthday with England nod - Arsenal.com

ミッドウィークに代表戦が行われますが、フランス戦に向け、ウォルコットがドイツワールドカップ後、初のA代表招集を受けました。

「日曜日は僕の19回目の誕生日だったんだ。だから招集を受けたのは素晴らしい誕生日プレゼントになったよ。週末の試合の後、みんなに会うのが楽しみだよ。」

そういやボロ戦はピアースが見に来てましたが、ウォルコットはA代表の方に行っちゃったか。浮かれる事なく、チェルシー戦で結果を出してもらいたいですね。


Clichy - Chelsea's surge doesn't surprise me - Arsenal.com

ずっと勝ってきてしつこく優勝争いについてきたチェルシー、モウリーニョがいなくなって随分地味な印象になってしまいましたが、クリシーは彼らがここまで来たのは何の驚きでもないと話しています。

「彼らが相手にされていなかったとは思わない。チェルシーはあれだけすごいチームなんだ、選手がみんな戻れば、最後にはそこに加わってくるといつも思ってたよ。」

「彼らは偉大な選手を揃えた偉大なクラブだ、リーグで2度優勝しているし、唯一欠けてるのはチャンピオンズリーグだけだしね。もちろん今シーズン彼らの成功を祈ろうなんて気はないよ、僕達だってまだ争ってるんだからね。」

「チェルシーはプレミアリーグですぐ背後にいる、だから楽にはいかないよ。追い付くためには勝ち続けていかなければいけないんだからね。でも3位にいれば、1位のチームと同じような目で見られる事はない。」

「僕達は首位を走り続けてきて経験があるし、プレッシャーもあった。首位にいるのはいい事だ、それでクオリティがあるって事の証明になる。でも2位や3位でも我有為ものじゃない。シーズンの最後は面白くなるよ、僕達が1位で終われるといいね。」


Djourou - Future looks good at Arsenal - Arsenal.com

バーミンガムから戻ってチャンスがあったのに、ケガで完全に棒に振ってしまったジュルーですが、水曜日に行われたリザーブのポーツマス戦に出ていました。結果は2-0で勝利でしたが、若手達の成長で、アーセナルの未来は明るいと話しています。

「彼らの成長は大きかったね。毎日トレーニンググラウンドで見てるし、ニール・バンフィールドやスティーヴ・ボールドと一緒にやってるところも見てる。毎回、もしくは彼らがファーストチームに加わってきた時、その成長が見えるんだ。アーセナルの将来はとてもいいものだよ。」

「アーセナルでは若い選手達であっても、同じ考えをしてるんだ。僕達はみんなが同じようにプレーしたいと思ってるし、それが監督の望んでいるスタイルでもある。今日の2点差勝利でもそれは示されていたよ。」

「もちろんこういう選手達の中に入ってやるのは簡単だよ。彼らには能力があるし、一緒にプレーした時は、才能ある選手に囲まれてるなって思うんだ。彼らはハードワークをするし、みんなが成功したいと思ってる。だから彼らと一緒にやれるのは楽しいよ。」


Fifa make new Taylor request - Sky Sports

FAが出場停止の追加をしない事を決定し、月曜日のニューカッスル戦をもってそれが明けたバーミンガムのマーティン・テイラーの件ですが、FIFAがFAに考え直せと言ってるのだとか。そんな事を要求してくる暇があったら、意図はどうあれ悪質なタックルをいかに減らすかを議論してくれ。エドゥアルドの件以降も、見ていて危険なタックルは減らず、主審ばっか過敏になってる感じがしますし、その主審についても、CLなんか見ててもコントロールどころか、率先して試合を荒らすようなやつばっかじゃないか。でもこの連中、特にブラッターなんかが真剣に出てきたら、そのうちタックル禁止とか言い出しそうですよね・・・。
スポンサーサイト

コメント

嘘だといってよロシツキー。今週には戻ってくると思ってました。具体的なことを言うのは難しいって、今シーズン戻ってくるのでしょうか、いないと厳しいのですが…

お忙しい中更新ご苦労様です。
ロシツキー、ブルーズ戦出られないんですね・・・。それまでに戻ってくると信じてたので残念でなりません。不安要素が続きますね。
首位も奪われちゃいましたし・・・。本当に勝つしかないですね・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>suouさん

本人もいつ復帰できるかまるでわからないと言ってますね。どちらにしろまだトレーニングもしてないって話ですし、当分は戻れそうにないでしょう。ディアビーがケガせずにコンスタントに出れていれば、今頃だいぶフィットしてきてたんでしょうけどね・・・。


>laylaさん

すみません、何とか返信復活しました。

ロシツキーはもはやアテにできませんね、選手が揃ってないわけではないですし、今いるメンバーで結果を出していかないと。大一番での底力に期待するしかないですね。ミラン戦のごとく・・・。


>さとさん

問題のシーンは見てませんが、何やらやらかしたようですね。チェルシーは本当に複数で審判を囲みますよね、ああいう事するから試合より何よりまず審判を守ろうっていう方向に行っちゃうんですよね・・・。ハットンが許してくれてるのがキャッシュリーにとっては唯一の救いですかね。まあヤツの事はどうでもいいです、ああいう出て行き方をした以上、何が起ころうがざまあみろとしか思えません。

投稿禁止用語は設定しています、いかがわしいスパムコメントが定期的についていたので、それへの対処です。一つだけちょっと一般的に使うなって言葉が含まれてますので、そのせいかもしれません。もしどうにも投稿できない時は、お手数ですがコメント内容をメールしていただければ、僕の方で掲載するなり、ここがダメだよっていうのをお教えできるんですが、そこまでしたくないですよね(笑) ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご了承願いします。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/847-bb9cf12f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。