スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL準々決勝、対戦相手はリヴァプール 

Arsenal set to face Liverpool in Champions League - Arsenal.com

嘘だと言ってよバーニィ。CL準々決勝の相手はリヴァプールに決定です。ミラノ勢を倒した同士の対決。別に外れというほどの外れじゃないんですけど、何が嫌って、CLの2試合の間にリーグ戦が挟まって、3連戦になる事なんですよね。一体どういう冗談だこれ。リヴァプールとはこういう縁があるのか・・・さすがに今回ばかりはない、バルサが持っていってくれるだろうと思ってたんですがね。まあ、3連勝すればいいだけの話なんで、別にいいか。2試合はホームですしね。ホームは1stレグで4月2日の方、つまり2ndレグは8日にアンフィールドとなります。

そしてリヴァプールに勝って準決勝へ進出した場合、チェルシー×フェネルバフチェの勝者との対戦となります。まずチェルシーでしょうね。こいつらクジ運よすぎ。つまり決勝の相手はユナイテッド、ローマ、シャルケ、そしてバルサのどこか。だから順調に勝ち上がっても、イングランド勢を全て倒さなければならない可能性もありますし、バルサに決勝でリベンジする機会も得たというわけですね。ユナイテッドは再びローマ、バルサはシャルケと対戦します。こいつらも対戦相手に恵まれすぎ。

このドロー、僕はBBCで見てたんですが、キャロライン・チーズさんのだるそうなリポートが笑えます。

「ああ、チャンピオンズリーグアンセムの甘いサウンドが鳴ってる・・・始まります。」
「わかってたさ。彼らは派手に準備をしてたわけで、今我々はUEFAの事務総長、デイヴィッド・テイラーの与太話に付き合わなければならないんだ。」
「これまでに聞いた事もないような聞くに堪えない、乾いたスピーチが終わった。荘厳な音楽の中、帽子の中にチーム名が書かれたものが入れられていく。君達それ、いる?いるんなら(ベスト8のチーム名が列挙)。」
「まだデイヴが話している。わざとらしい大袈裟な動作だ。どうでもいいがチェルシーのチーフ・エグゼ、ピーター・ケニヨンは緊張しているようだ。」
「今我々は、今年の決勝の開催地、モスクワの短いビデオを見せられている。ルジニキスタジアムでの開催だ。とてもいい感じに見える。モスクワの大使、Rinat Dasaevが紹介された。きっともうすぐだ。間違いない。」

お前はもっと緊張しろと言いたくなります(笑)
ただ2つ目はすごく同意できるんですよね、21時からすぐ抽選が始まるとは思ってませんでしたし、実際その通りでした。

ところで、1stレグがホーム、2ndレグがアウェーっていうのはどうなんでしょうね。いつもならその方がいいわけですが、今回ばかりは前後の日程も考えて、2ndレグがホームの方がよかった気がします。まあでもアンフィールドは特別苦手というわけではないですし、どっちでもあんまり関係ないか。

この話題について、元リヴァプールのフィル・トンプソンと、元アーセナルの"There's only one" マーティン・キーオンがSky Sports で討論しています。トンプソンは2ndレグがアンフィールドって時点でリヴァプール有利、キーオンはここのところアーセナルがアンフィールドを苦手としてない事を主張しています。その後の議論は・・・明らかにリヴァプール贔屓とアーセナル贔屓で戦っちゃってますので、紹介するだけ無駄な気がします(笑)
ただちょっと思うのは、間に挟まってるリーグ戦でよりプライオリティが高いのがアーセナルの方、その点ではリヴァプール優位って事ですね。もちろんリヴァプールも4位入りを確実にするために、なるべく星は落としたくないところでしょうけど、それよりはCLの方を優先してくるでしょう。逆にそれによってリズムを崩す事も考えられますし、やっぱ何とも言えないか。


Triple injury boost for Middlesbrough game - Arsenal.com

ドローに対する各人の反応はちょっと後回しにして、ボロ戦のケガ人情報。ウォルコットはフィットネステストに合格、ファン・ペルシとトゥーレもほぼ全快しています。一方でロシツキーについて、ヴェンゲルはよくわからないと言っています。

「先週からは、テオ・ウォルコットがチームに戻ったね。先週のコロ・トゥーレとロビン・ファン・ペルシは完全にフィットはしていなかったんだ。今回はかなりよくなっているよ。」

「個人的には彼がいつ戻るのかわからない。もちろん彼が恋しいよ、ビッグプレーヤーだし、素晴らしいスピリットを持っている。我々には彼のタレントが欠けているんだ。彼のケガについては、実際にポジティブな情報は与えられないね。奇妙なケガだが、悪いものではないんだ。」

いや充分悪いだろ。王子、いい加減戻ってきてもらえませんか。もういっその事無理して悪化させた方がいいんじゃないのかって気がしてきます・・・。


Wenger - It is an interesting and challenging draw for us - Arsenal.com

CLの抽選結果について、ヴェンゲルのコメント。

「興味深く、チェレンジのしがいがあるドローだね。大きな相手だし、3度戦う事になる。どの大会を戦っているのかわからなくなってしまうだろうね。とにかくわかっているのは、相手がリヴァプールだという事だ。」

「彼らはチャンピオンズリーグで調子を上げている。我々は彼らを倒す事ができると思っているし、その日の調子で決まるだろうね。ベストの状態で臨めるよう、集中していくよ。」

相手がイングランド勢なのは問題かという質問。

「特別そうというわけではない。イングランドからは4クラブが準々決勝に出ているんだ、どこから1つ2つ当たるのは仕方がないだろう。決勝まで行って優勝したければ、突破するしかないんだ。」


Edelman wanted to avoid Reds - Sky Sports

続いてエデルマン。

「ヨーロッパの大会がいい、これがチャンピオンズリーグなんだ。リヴァプールはこの大会でファンタスティックなパフォーマンスを発揮している素晴らしいチームだ。」

「彼らとは一週間で3度戦う事になるわけだ、だから彼らの事をよく知る事になるのだろうね。毎試合、両監督はとても注意深く戦略を見られる事になるだろう。それによって、両クラブのファンは予想がし辛くなるかもしれないね。」

ミラン戦での素晴らしい勝利によって、チームはビッグゲームを戦い抜ける自信をつけたのだとも話しています。

「ACミラン戦は我々にとってとても重要なものだったと思う。ある種崇高なフットボールを疲労したんだ。1stレグでは0-0で引き分けたわけだが、チャンピオンであるACミランをサン・シーロで倒した事は、我々に今回もどうとでもなるという大きな希望と自信を与えたはずだよ。」

「今シーズンのチームのパフォーマンスは誰もが予想できなかった事で、ピッチの内外でとてもうまく事が運んでいるという事なのだと思うね。」


Wenger - I believe my team will win something - Arsenal.com

相変わらず意地の悪いメディアは、最近のリーグでの躓きが凋落の兆しではないかとヴェンゲルに問いかけたそうですが、それに対するヴェンゲルの言い訳。

「何が欲しいかを口にする事は誰にでもできる。だが言っておきたいのは、我々はミランを倒したばかりで、みんなから大きなプレッシャーを受けていた。我々が敗退すると言われていた中で、納得いく形で突破したんだ。」

「バーミンガム戦は特殊な状況だったと思う。そしていいチームであり、倒すのが難しい相手であるアストン・ヴィラと対戦し、そしてピッチが我々ではなく相手好みだったウィガン戦だ。」

「チームは大きな進歩を遂げていると思うし、それは何かを成し遂げた時にのみ認められるだろう。私はできると信じているよ。」

「この自信はシーズンの最初の日から持っているもので、選手達はそれが正しかったんだと証明してくれているよ。」

そもそもあの1stレグを見てどうして悲観できるのか不思議でならなかったですし、ミッドランズ勢との苦しい戦いの後で、ミラン戦でちゃんと力を発揮した事から、その時の調子に関係なくビッグゲームでは力を出せるんだという事は証明しているわけなんですが、相手がリヴァプールとなるとちょっと話は別かもしれませんね。ヨーロッパで戦ってる感じがしないというのが影響するかもしれません。それは相手も同じでしょうけどね。どちらがより入り込めるかで勝負が決まりそうです。


Wenger - I'm happy to play all the English teams - Arsenal.com

リヴァプールに勝ってもチェルシー、チェルシーに勝ってもユナイテッドと対戦する可能性がありますが、ヴェンゲルはそれもいいだろうと話しています。

「そうだね、それもいいだろう。それはつまり、毎回突破するという事になるのだからね。だがフットボールは予想がつかないものだ、だからこそ面白い。」

「理想はその方が(イングランド勢と当たらない事が)いい。だが選ぶ事はできないわけだし、我々は決勝間で行きたいんだ。そこへ行きたければ、それまでにイングランドのチームを倒す事も必要なんだよ。」


Bendtner eyes regular run - Sky Sports

なかなか先発の機会がないベントナーですが、もっと試合に出る事が自分には必要なんだと話しています。エドゥアルドが離脱、アデバヨールもお疲れですし、ボロ戦ではウィガン戦に続きチャンスを与えてあげて欲しいですね。

「当然もっと試合が必要だよ。レギュラーとして先発出場するほど多くを学び、チームを知る事ができるんだ。チーム内でいい働きができれば、僕に何ができるかをはっきり示す事ができると思ってるよ。」

ここ3試合を引き分け、タイトル争いが苦しくなってきましたが、ボロ戦には全力を尽くすと話しています。

「勝つべき多くの試合で引き分けてしまったね。トロフィーを勝ち取るにはミドゥルズブラを倒す事が必要だ、それはみんなわかってる。だからできる限りを尽くす事になるね。」



アーセナルとは全く関係ないFAカップの話なのですが、ベスト4にウェールズのクラブであるカーディフが残ってます。FAカップに優勝すれば当然UEFAカップへの出場権が得られるはずですが、実はFAの規定によって、イングランドベースでないクラブはヨーロッパの大会には出れないっていうのがあるそうで、それじゃかわいそうだって事で、FAが自らの規定の変更を検討しているようです。またUEFAのプラティニ会長は、「もしFAが何もしなかったとしても、自分達が動いてやる」と話しており、カーディフがUEFAカップに出られる可能性は高そうです。いい話のようにも聞こえますが、カーディフはウェールズ代表としてヨーロッパの大会に出る事ができないわけで、イングランドのクラブとしての扱いを受けるのは当然っちゃ当然ですね。むしろ何でそんな変な規定があるのか疑問。
スポンサーサイト

コメント

CL

あたっちゃいましたね…笑
でもうまくバラけた感じはしますね。

個人的にアーセナルは1legがホームのほうがいいんじゃないかと思うんですがどうでしょうか。まぁ最近は引いた相手からも点を取れるようになってきたとは思いますが…。特にリバプール、チェルシーは守りに入られるとやっかいですよね。

アーセナルかよっ

イングランド勢1組対戦するかなと思っていましたが、

アーセナルだったとは。

でも相性から考えればリバプールは対戦相手としては良い方かなと思います。

全体の組み合わせを見てもアーセナルからしたら良い方だと自分では思っていますが・・・。
(バルサとユナイテッドでつぶし合ってくれるし)

それにしてもロシツキー・・・
どーしたんでしょう?

奇妙な怪我って・・・。

UEFA参加枠

FA籍のウェールズのクラブにはWelsh Cupの参加資格(優勝チームはUEFAカップへ)があったので仕方がないといえば仕方がないですけどね。

どうも。お久しぶりです。

リヴァプールですか・・・。相性的には悪くないチームとはいえ、やはりカップ戦での強さは怖いですね・・・。一回戦でもここ数年はCLでの躍進ばかりが目立って、リーグではそれほど振るわないという同じようなチームであるミランとあたってますし・・・。なんだかすごいイバラの道を進んでますね・・・。
主観的な(ファンから見た希望)面ではシャルケ、客観的な(面白い試合になるだろうという組み合わせ)面ではローマを希望していた僕にとっては残念です。まぁユナイテッドとあたるよりはマシかなぁと思いますが・・・。それにしてもチェルシーはどんだけ楽なくじを引いているんだか・・・。まぁトルコは遠いんでその面では不利だと思いますけどね。

一体ロシツキーはいつ戻ってくるんだか・・・。獲得したときから、怪我での離脱は多くなるだろうなぁとは思ってましたけど・・・。ちょっとこれでは頼りなさすぎです・・・。




劇的な再会

モスクワでの決勝はバルサxアーセナルになるような気がしてなりません!

誰も望まなかった究極の対決になる…。

05/06のときと同じくアーセナルが一番最初に引かれたのを見て鳥肌立ちました。しかも1stホームが続くところも。

英国2チームを破って是非05/06の再現をしてもらいたい。そうすれば反対側からはおそらく最高の相手が来てくれる気がするので。

しかしCLでのリヴァプールは何か嫌ですね…。不気味だ。

前回コメントはどうも失礼しました(苦笑)

さて、ドローですが・・・なんぞこれ?
こうなったらローマ、バルサ、マンUと黄金カード連戦での制覇とか、四大リーグ全て打破もいいなぁなんて夢想してたら、一番当たりたくなかったリヴァプールとは。何と言うか逆に自分の中でノーマークでしたよ。
しかもプレミア対決三連戦の可能性て。

ただリヴァプール三連戦より、アーセナル三連戦と考えている人たちの方が嫌なんじゃないかとも勝手に思ってます。
最近調子がいいトーレスとの対戦は少ないですが、うちのバックスは彼を苦手にするとは思えないですし(こちらも最近調子がいいですが、センデロスよりはコロの方がいいか)、ジェラードにもあまりやられた記憶がありません。
(なんと言ったか)新加入選手がいますが、アッガーの今季アウトも好材料か。
うちとしてはクラウチ使われた方が苦労するかも(笑)

奴ら、いやジェラードにはミラクル発動という奥義もあるので、苦手意識はないとは言えど、やはり2ndレグのアンフィールドは微妙に嫌です。
故に、どの試合もそうといえばそうですが、この対戦は特に1stレグが大事ですね。
先ず失点しない、そして無失点で勝つと。
ここに来てリヴァプールには負けたくない。それならまだジーコに負けた方が・・・いや、それはもっとヤだな(笑)


さて今日の試合。
どうも7-0大虐殺のイメージがある一方、現に今季敗れている大物食いのイメージもあるボロ。
ホームであるに加え最近の相手(とピッチ)を考えれば余裕にも思えるし、かといってもう勝ち点を落とせないプレッシャー。
新加入のアフォンソ・アウベスは手ごわいのか。

そろそろリーグも少し一安心したいですね。

愚痴以外浮かびません

>ボロ

なんだこれ。今日の試合からなんらポジティブなものを見出せないです。勝ちたいんですよね。時間がないのにロスタイムにもめるし、コロも1-1で満足しないでくれ。最近受け手と出し手がずれすぎです。あと機械的なプレーばかり、臨機応変さの欠片もない。特にがっかりしたのはアデバ。彼がいい選手なのは知っています。でもダメなときは代えないと。今日も復帰直後とはいえ、プレーが正確なファン・ペルシのほうを残してほしかった。彼はシュートを第1選択肢に持ってこれるし。いくら調子落ちているとはいえ、ボロの現状を考えたらありえない。

能力のない審判に1点目を取り消されたとき嫌な予感はしました。ボロの先制点前のアデバはノーファール。パスの邪魔はしまくる。GKの時間稼ぎは見逃す。CKも蹴らせない。本当にアーセナルが嫌いなこと。

まあ、それ以上に後1点ほしい場面でシュートの選択肢を選べない選手のオンパレード。このチームはむしろDFのほうがシュートの意識が高い。5ポイント離したのはいつのことやら、優勝はかなり困難だし、2位も危ないかも。見事なまでの自滅です。4強対決をすべて制するくらいのことをしないと可能性はないでしょうし、それを期待します。

怪我が心配なクリシーのバーミンガム戦のミスがここまで高くつくとは・・・正直寝れないです。一番ほしいのはリーグ優勝なんですよねえ。

多少テクニックに劣っても、勝つために出来ることをする選手がほしい。あとフレブを右で使いたい。左にいても得点を期待できないし、それなら彼がやりやすく、SBをうまく使える右で。彼は視野の確保を考えると右の方が合っていると思います。左にいるとゴールへ突っかけるドリブルが見られなくなってしまう。そのためには左が安定しないといけないのでしょうが

CLはリバプールですか…イングランド勢は嫌だったのですがまあ仕方ないですよね。リーグ戦でアンフィールドでやったときの出来なら十分勝ちぬけのチャンスがあると思います。

ボロ戦は最悪でした。シュート数は最終的には18本になってたのに、明らかにミドルが少なかったと思います。今シーズンの最初はよくミドルを打ってたので多分ゴール前でパスがよく回ってたのだと思う。シュートがないから恐くなかった。

何回かフレブが中に入ってあいたスペースをファンペルシーがうまくつかっていたのに中に誰も入ってこなかった気がします。アデバヨールとかニアに全く入ってこない、フレブも入ってこない、つくづくロシツキーとエドゥアルドがいないのが痛いですね。

先週明らかにアデバよりベントナーのほうが流れに絡めてたので今回はベントナー先発もありかと思ったのですが、アデバ。しかも交代はボールをうまく受けてさばいて、シュートの意識も高かったファンペルシーだし、アデバヨールは休ませたほうがいいと思うのですが、アンリみたいに途中交代が嫌なのか?ちょっと理解できません。

ユナイテッドはテベス、リオを完全に休養させて勝ちました。思い切って試合を休ませることも必要だと思うのですが。また引き分け。自滅ですね。

審判もなんか変でしたね。

ここまで書いてきて、アンリというスター選手がいなくなって1年目だからこんなもんじゃないかとも思えてきたのですが、シーズン最初の非常によい戦い方ができなくなっているのが問題だと思えてきました。進歩しているなと思えたのに、最近悪くなっている。なんとかしてほしいですね。

クルシー!?

 ボロ戦終盤での出来事・・・。

担架に乗せられたクリシー、その手で覆った額からは血が滴っていたように思う…。

それを久々に仲間たちを応援&激励する為に(夫婦して?)スタジアムへとやって来たドゥドゥは、痛々しいクリシーの光景をどんな心境で見ていたのだろうか…?

直近の試合を考えると、万一クリシーがいないとなると、もうどうしても不安になりますよ。頭部のケガが大事に至ってなければいいんですけれど…。


しかしまぁナン何でしょうね~?
昨晩のドロドロ~ボロボロ戦は!

私は既にウィガン戦で怒り浸透通り越してしまいましたので、昨日のボロ戦ではもぉ余り期待していませんでしたね。

陸さんもとうとう堪忍袋の緒がビシバシッキレかかっていることでしょう!?

MUは今季序盤、CHLはモウリーニョ退団後ら辺、LIVは今年1月~2月頃、みなどこも泥沼ドロー続きか、1or2敗したりと負の連鎖の時期を乗り越えて来ました…。

我々ガ~ナに至っては、ここへ来てシーズン終盤のこの大事な時期にそのマイナスの連鎖が、善戦したCLを後目にしつつ、第24週27節のバーミンガム戦辺りから突如として襲って来た訳であります。

果たして、この冷たく重くマドロッコしいドロー沼から這い上がり抜け出せるのか?そして、念願のリーグタイトルをその手に収めることができるのでしょうか?

きつい時間帯の試合でしたが、勝ってくれればそんなことはどーでよかったんですがね・・・、おかげで、寝つきの悪い事悪い事・・・。
しかし、誰の目からも明らかですが今、リーグ戦でのアーセナルは流れが悪い、その悪い流れを持ち込まないかどうかを心配していたんですが、見事主審線審がその流れを後押ししてくれた、と感じで・・・、細かい判定も言いたい事はありますが、極めつけはアデのプレーでファールとられちゃあねぇ・・・、プレミアでは流すレベルだと思うんですが、失点のきっかけになったのもありますし、逆にチャンスだっただけに、余計に悔しいです。

まぁ、それでもやっぱり失点したのが悪いわけですし、それ以上に点を取れないのが悪い、ここんとこ引き分けたチームの戦い方は前線からのファール覚悟の激しいプレッシャー、ボール奪取後サイドの突破力のある選手に預ける、真ん中にグラウンダー、誰か飛び込む、もしくは、突破力のあるFWにほぼ全て任せる、のような明らかにカウンター一辺倒なので、それさえ気をつければ、失点の可能性はぐんと減ると思うんですがね、この試合も同じやり方で失点、あとはお決まりのごとく亀のように守る、この展開はきついです。
そして攻撃ですが、点を取るにはサイドを上手く活用するしかないですが、サイドのフレブがあの状態では・・・、まだ右の方がまし、ボロのCBコンビなら深くえぐってグラウンダーとか、それが無理なら無理で切り返してから低く早いボールを入れるのもよし、中に切れ込むのもよし、相手DFを押し上げるミドルも少ないし、ファン・ペルシがいるなら、ゴール付近でファールもらってFK狙い、でもいいじゃないか・・・、攻撃の工夫も足りなかったですね。

しかし、終ったことをいっても仕方ないので、ライバルは自分たちの手で蹴落とすしかない、という事でしょう、自分たちで自ら首を絞めたのですから、優勝したいのなら、勝つしかないですね。
チェルシーは守り固める事はしないでしょうから、自分たちのサッカーをいかに敢行できるか、そして、もう一度流れを取り戻す事が出来るか、ここで消えていくのか、それとも勝ってマンUとの争いに持っていけるのか、注目したい、と思います。
  • [2008/03/16 10:04]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ロシが恋しい……うう。

>マンソンさん

確かにバラけた感じはありますね。一番最悪なのが、イングランド対決2つにシャルケ対フェネルバフチェとか・・・バルサ対ローマしかまともなカードがないというのですかね。そう考えると、本当に強いところがベスト4に残る事になったという点ではよかったですね。


>アホーンさん

記事の中でも書いてますが、普段はホーム先の方がアーセナルには向いてます。が、日程を考えると今回はホーム後の方が若干楽だったんじゃないかなと思うんですよね。まあ、実際にはわかりません(笑) そもそも対戦相手がリヴァプールという事で、ホームもアウェーもないような感じはしますね。


>トマスさん

そうですね、イングランド同士で当たらない方が難しいですからね。リヴァプールはユナイテッドやチェルシーに比べてやりやすい相手なのは確かです。

僕はどうもイングランド勢を立て続けに倒さないといけないような抽選結果にちょっと不満を持ってます。あとどっかでローマとやらせろよと思ってたので。決勝・・・はやはりユナイテッドかバルサがいいでしょうしね。

マイナーなケガが治らないというのは、ハムストリングとか鼠径部にはよくありますね。ロシツキーの場合、最初から軽傷って言われてたんで、肉離れじゃなくて筋を伸ばしたとかそんな感じなんでしょう。それがなかなか治らないっていうのはわかるような気もしますが、いい加減戻ってきてもらいたいですね・・・。


>jsさん

それがウェールズリーグに参加しない事を選択したクラブは、ウェールズのカップ戦で優勝してもヨーロッパには出れないようです。FAの規定なのか、FAWなのか、はたまたUEFAなのかはわかりませんけどね。なのでFAに参加しているイングランド外のクラブはヨーロッパには出れないという事になってしまうので、プラティニはそれだったらイングランド代表として出るのが筋だろうと言ってるわけです。


>kkkkkさん

こんにちは、随分お久しぶりです。

リヴァプール、確かにCLでは上位に行ってる事が多いですが、果たして相手がイングランド勢となるとどうでしょうかね。単純にカップ戦として考えるなら、昨シーズンはFAカップでもカーリングカップでも、アンフィールドで彼らを破ってるわけで、正直言って負ける理由はどこにもないと思ってます。リーグでも現在1位と4位の関係、だからこそ負けたら恥だと思うんですよね。

僕はシャルケって何か嫌なんですよねぇ・・・フェネルバフチェかローマがよかったです。やはり攻撃的なチーム相手の方がやりやすいですし、ローマとの対戦は是非見てみたいんですがね。最悪がユナイテッドだというのは同意です。チェルシーって、ホームとアウェーどっちが先でしたっけ。まあ負ける事はないと思いますが、フェネルが慌てさせてくれると面白いですね。

ロシツキーはシーズン通しての戦力としては考えられなくなっちゃってますからね・・・この点ではフレディと何も変わらないわけで。その上このポジションは層が薄いので、余計に頼りなさが目立っちゃってますね。


>THEOさん

バルサと反対側に入ったのには少し運命を感じますね。でも誰も望まなかったって事はないと思いますよ(笑) バルサは相変わらず人気高いですし、アーセナルもミランに完勝して評価が上がってるはずですからね。


>kokoさん

05/06の時も最初でしたっけ?今回は準決勝に行ったとしてもホーム先、全部ホーム先ですね。CLハイライトの対戦表だとアーセナルは右側に入れられてましたが、決勝まで行ったとしてもまたアウェー扱いになってしまうんでしょうか。

反対側で決勝まで来るのはユナイテッドかバルサでしょうね。バルサにリベンジしたいですが、ユナイテッドと頂上対決っていうのも面白い気がします。そのためにも絶対に決勝までいかないとね。リヴァプールもチェルシーも、今シーズンの主役はお前らじゃないんだと(笑)

>gerdさん

遅くなってすみません、ドローがすっかり過去の話題になってしまいました(笑) アンフィールドでのリーグ戦を見て思ったのは、こちらが押し込んでいる限りトーレスもヴォロニンも気にならない。特に後者はそうですね。逆に前者はジェラードとのコンビによるカウンターが鋭さを増してるので、それさえ気をつければ、後はカイトやクラウチの方が怖かったり。正直クラウチがまた確変なんて事にならなければ、こちらの方が勝機は大きいと思ってます。昨シーズンのクラウチは手がつけられなかったですからね・・・。アッガーがシーズンアウトなのは間違いなく好材料ですよ。

僕は個人的にはアンフィールドを全く恐れてないんですが、1stレグが大事なのは間違いないですね。1-0でも何でもいいので、今回はきっちり勝っておきたいところです。僕はジーコに負ける方が嫌ですね(笑)

ボロですが、友人がいつ見てもアフォンソを見れないとボヤいてました。多分実際にはそこまで興味もないんでしょうけど(笑) ボロは基本大物食いだと思いますね。一方であっさり大敗したりもするので、読みにくいチームです。結局今シーズンは勝てませんでしたね・・・。


>さとさん

いくつかコメントをいただいてますが、1つずつ返していきます。

個人的には、受け手と出し手がズレてるのは、フレブに最大の原因があると思っています。全てがフレブが絡んでるわけではないんですけど、彼の作ったリズムがそうなってしまってるんじゃないかとね。ファン・ペルシはフルでは無理だったでしょうから、やはりベントナーとファン・ペルシスタメンで、アデを途中投入すべきだったんじゃないかと思ってます。結果は変わらなかったかもしれませんが、アデを少し休ませられるだけマシですし。

そういやアデのゴールを取り消したハルジーの言い訳について、ツッコミコメントが1つもなかったのが意外です。見てたんならあれをオフサイドにはできんだろう、というかアリアディエールのゴールも似たような理由でオフサイドにできるだろうっていうのが正直なところ。まあそっちはハルジーからは見えてなかったでしょうけど・・・。CKを蹴らせず笛を吹いたのはアホかと思いました、そりゃルール上は完全に合法で文句のつけようはないんですがね・・・やっぱ意図的に荒らすのが好きですね、ハルジーは。

エドゥアルドがいないのが結構響いてますね。ああいう選手は他にいないですから・・・。僕もフレブは右の方がいいと思います、どうせシュートは撃ってくれないし、左に置いた時はドリブルもなくなってしまうので、リズムが悪いとむしろ足を引っ張る存在です。しかし今更ウォルコットを左で使うのもね・・・やはりサイドバック3人をバレー式のローテーションで回すのがベストな気がします。


>suouさん

suouさんからも複数コメントをいただいていますね、1つずつ返していきます。

CLで突破するには、アンフィールドでのリーグ戦の内容+決定力が必要になりますね。あの試合も内容はよかったのに勝ちきれなかった典型ですし、今一番欠けてるのがそれなんで、再開までに突破口を見出さないと苦しくなりそうです。

体感的に、18本もシュート撃ってたか?って感じがしましたね。至近距離でブロックされたらそれはもはやシュートとは呼ばないでしょうし・・・。仰る通り、シーズン序盤はまずミドルで崩していたので、今は昨シーズンの状態に戻っちゃってますね。アデバヨールやフレブがもっと率先して狙えばまた違うのに。

アデバヨールはまず基本ファーっていうのがあると思います。ファン・ペルシはいないせいでずっとファーストチョイスでしたし、1トップも何度もやってたので、正直そうなってしまっても仕方ないと思うんですよね。なので重鎮アデバヨールはファーにしっかりいてもらって、ニアに入るには恐らく別の選手の仕事なんだろうと思います。そこがうまいのがやっぱりロシツキーなんですよね・・・エブエはやはりサイドバックだなぁという感じ。フレブはトップ下だとたまにいい飛び出しを見せるんですが・・・。

アデバヨールを休ませないのは、何だかんだで最終的に最も頼りになるとヴェンゲルが思ってるのが彼だからでしょう。大体ファンはもう何も起こらないとわかってるんですが、監督はこういう時に保守的になってしまうものなんですよね。下手な事して結果が出ないと、メディアに何言われるかわかったもんじゃないし。僕はアデはそもそも先発させるべきでなかったと思ってます。

安易に経験不足って言葉は使いたくないのですが、今はやはり点を取る事を焦ってるなという気がしますね。その割にシュートを撃たないのは、納得いくまで、というか最大限チャンスを作り上げてからという不安があるんでしょう。そもそも試合序盤にミドルを撃っておけば少し楽にもなりそうなものですが、ヴィラ戦もボロ戦も失点が早すぎました。守備は全体的によくやってると思いますが、不甲斐ない攻撃陣を援護するためにも、特に試合序盤は気を引き締めて欲しいですね。


>quai44さん

別記事のコメントは分けて返信します、ええ(笑)

そういやクリシーのケガはエドゥアルドの見ている前で起こったんですよね・・・そこまで考えてませんでした。本当、エドゥアルドはあれを見て何を思ったんでしょうね。

クリシーのケガは問題ないようです、まあこめかみの辺りを切っただけですからね。あのままピッチに残る事も可能だったでしょうけど、時間帯を考えて、10人になるくらいならと思い切って交代したんでしょう。

僕ですか?意外にそう怒ってません(笑) 戸惑っているといった方が正しいでしょうかね。バーミンガム戦のような状況にもう一度なったらさすがにブチギレでしょうけど、失点が早いので、イライラする事はあっても、爆発はしないといった感じです。

年末に一時期落ち込んだ時期があったじゃないですか。あの後エドゥアルドのゴールをきっかけにチームも復活して、それからどこまで駆け抜けられるかってとこだったんですけど、ちょっと息切れが早すぎるなと正直思います。チェルシー戦は再浮上のきっかけにするのは素晴らしい機会ですが、ハードルは高いですね。


>サッカー小僧!さん

最近主審に悪い流れをさらに厳しくされてる感じがどうにもするんですが、それで乱される方も乱される方だっていうのも事実ですね。しかしファギーがチームレフェリーのキース・ハケットは何があっても責任取らねーなってボヤいてましたが、本当その通りですね。FAや審判団のお役所体質はどうにかして欲しいですね。

失点は愚かでした。あれ以外にも、全体的にトゥーレはイマイチだなぁって感じでしたね。一応ゴール決めて帳消しにはしましたけど、トータルで見るとやっぱりマイナス・・・。それにしても、4試合続けて似たような光景ばっかでさすがに飽きてくるのも事実ですね。中盤のプレスがきつい割に引き気味とか・・・この点ではプレミアもつまらなくなってきたなと思います。サンダーランドみたいにしっかり前へ出てくるチームは結果が出ませんしね・・・。

ユナイテッドとの試合がアウェーっていうのは考えようによっては好材料かもしれません。今シーズンの連中は、アウェーだとどうも守備的に戦う傾向があるように思えますから、ホームなら前に出てきてくれるんじゃないかなと。まあホームの失点の方が圧倒的に少ないわけなんですけどね。チェルシーもスパーズが止めてくれたお陰で勝たなきゃって思いは強くなるかも。ドログバは点の取り合いにはならないって言ってますが、意外とそんな展開もあるんじゃないかと思ってます。何にしても勝たないとね。リヴァプールにも3連勝する必要があるでしょうね。


>Keenさん

ロシツキー、厄介な事になってますね。彼がいれば即解決できるっていうような話でもないでしょうが、そもそも他にまともな戦力がいませんし・・・フレブが左やってるのも何だかね。遅くともユナイテッド戦までには戻って欲しいですが、どうなるだろう。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/843-480aceb1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。