スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディアビー、ウォルコットが負傷 

Walcott and Diaby injured ahead of Wigan trip - Arsenal.com

ディアビーとウォルコットが再びケガをし、ウィガン戦を欠場します。ディアビーはミラン戦でふくらはぎを、ウォルコットは木曜日に非公開で行われたコロラド・ラピッズとの試合で太腿を痛めました。2人共今がチャンスなのに、またか・・・。待望のロシツキーは2週間以内に復帰予定、トゥーレとソングは早ければこのウィガン戦でメンバー入りできそうとの事。あとヴェンゲルはまだファン・ペルシに関しては慎重です。

「火曜日の夜からはアブ・ディアビーを失っている。彼は逆のふくらはぎに問題を抱えている。今日はテオ・ウォルコットを失ってしまった。彼はコロラド・ラピッズ戦に出場し、少し太腿を痛めてしまった。」

「ロビンは一時間プレーして、問題ないようだね。だがまだ早いと思う。今日はとても疲れた状態で試合を終えていたから、その分析をしないといけない。コロがメンバーに戻る可能性が少しあり、ソングが戻る可能性は少し、ほんの少しだ。」

「トマシュ・ロシツキーについては難しいね。10日か12日以内に戻ってくるといいのだが。」


Wenger - I vigorously deny Eduardo rumours - Arsenal.com

出所はどこだか知りませんが、エドゥアルドについて2つの噂が出ており、ヴェンゲルがそれを否定しています。1つは彼がケガをした日、二度の手術を受けたという噂。もう1つは、アーセナルがアクシデント発生時のバーミンガムのサポートに不満を持っているという噂です。

「いや、二度目の手術は必要なかった。どこからそういう話が出てきたのか知らないが、完全に間違いだ。」

「そしてバーミンガムに受けたサポートには完全に満足していたよ。その話も嘘だ。彼らは素晴らしかった。そういった噂は全くの誤りだ。とにかく私にできる事は、心からそれを否定する事だね。とにかく嘘だ。」

エドゥアルドの状況については、各所からポジティブな情報が出ていますが、ヴェンゲルも今のところうまくいっているようだと話しています。

「彼はできる限りをやっている。メディカルスタッフから、彼は問題ないと聞かされている。まず彼がやらなければならないのは、感染症の危険を乗り越える事で、それはうまくいっているね。だから彼が離脱し、プレーできないという明らかに大きな失望を除けば特に問題はないよ。」


Wenger - Eduardo can follow Diaby example - Arsenal.com

具体的に復帰まで、最短でも9ヶ月はかかるとヴェンゲルは見ています。ディアビーと全く同じパターンならって事でしょうけどね。

「彼がまたプレーできるようになるまで、最短で9ヶ月だと思っている。3ヶ月はほとんど歩けないが、次の6ヶ月は思いっきり練習するんだ。ディアビーと同じようにね。」


Wengel gunning for double - Sky Sports

サン・シーロでの完勝を受け、ヴェンゲルは当然ダブルを目指すと話していますが、どちらかというとリーグの方が辛そうだと見ています。

「我々にはできると信じているよ。どちらもとてもタフな競争になる事はわかっている。恐らく辛いのは国内の方だろう。」

「以前言ったが、このチームはまだ真価を発揮していないと思っている。ああいう試合は安心と自信を強めてくれる。その自信を、もっと強くなる方向に使う事ができるし、それが私がこのチームにやってもらいたい事なんだ。」

フラミニの契約延長は進展なし。

「今でも彼は残りたいと思っているし、私も彼に残って欲しいと思っている。いいスタートだよ。彼の代理人と合意を取り付けたいと思っているし、すぐにでもそれが達成される事を祈っているよ。」

今シーズンのセスクとフラミニのコンビの良さは誰もが認めるところでしょうが、ヴェンゲルも彼らを褒め称えています。

「彼らはいいコンビだね。とてもよくお互いを補い合っているし、理解もある。我々はカカ、パト、インザーギにボールが渡るのを阻止する事ができたが、それは中盤がとてもハードワークをしてくれたからだ。」


Wenger calls for Wigan show - Sky Sports

ウィガンは現在14位ですが、降格圏からは2ポイントしか離れておらず、失敗が続けば一気に転落する可能性を秘めています。欧州王者の後に国内の降格候補と戦う、全く逆の試合になるわけですが、ヴェンゲルはこういう試合こそ勝たなければならないんだと主張しています。

「イングランドでチャンピオンになろうと思ったら、ミラノからウィガンへと勝利をつなげなければならないし、それもいいと思うんだ。全く違う試合だからね。直面しているものに対して、反応できなければならないんだ。」

「大きな試金石になるだろうね。彼らは降格しないために戦っているんだ。我々がトップにいるように、彼らはプレッシャーの中にあるんだよ。降格してはならないというプレッシャーがあるし、ピッチはエミレーツとは違うとも聞いている。」


Wenger - Trophies are not everything to me - Arsenal.com

ヴェンゲルはトロフィーが全てではないと語りますが・・・。

「できるだけの仕事をしようと思う。それで充分でなければ周りがそう言うさ。今シーズンは他のどのシーズンよりもトロフィーを獲らなければいけないというプレッシャーはないがね。」

「トロフィーを勝ち取った人々の事は知っているが、彼らの事は全く評価していない。オリンピックの100m走でメダルを獲って、実は反則していたなんて例もある。フットボールでも全く同じ事をやってきた人々の事を知っている、フットボールの歴史を見ればね。」

「私にとって重要なのは、フェアなやり方、人々が楽しむやり方をする事だ。もちろんトロフィーは一つの形を示すものだが、その他の事はトロフィーだけではない。プレーの仕方、振る舞い方だ。」

「勝利が全てにはなり得ない。そして相手を破壊するような事が全てにもなり得ない。相手を壊そうという連中の事が理解できないよ。人生とはそうあるべきではない。なぜ生き延びるためにいつも他の人間を殺す必要がある?それをやってしまったら、自分は強くないと認めているという事だ。」

「まるであらゆる相手を蹴り飛ばし、シーズンの最後にトロフィーを勝ち取ると言っているようなものだ。トロフィーは重要だが、スポーツはそれだけではない。」

正直あまり説得力がない。昨シーズンのカーリングカップ決勝の後、モウリーニョの言った事こそ真理だと思います。トロフィーが全てではないですけど、トロフィーを獲る気がなければ、スポーツをやっている意味がない。大体、自分達自身、決して清廉潔白な振る舞いをしているわけではないですしね。言ってる事はわかりますが、「負けたらご飯が喉を通らない」っていうヴェンゲルが言う事じゃないような気がします、どうかしたんですかね?


Wenger - English clubs set to dominate Champions League - Arsenal.com

来週のインテル戦でリヴァプールが2点のリードをひっくり返されなければ、CLベスト8の半分をイングランド勢が占める事になります。当然今シーズンはイングランドのクラブが優勝するという期待が高まるわけですが、ヴェンゲルもそう考えています。

「私はそう思っている。それはプレミアリーグがこれほどハードだという事に尽きるだろう。多くの名選手が今やイングランドでプレーしているが、試合の速さは変わっていないんだ。だからフィジカル的な要求水準はとても高く、だからこそ今シーズンもイングランドのクラブが決勝まで行くと思うわけだ。」

「もちろん確かな事は言えないが、私はそう信じているよ。(ベスト8の)8チーム中、4チームになる可能性が高いわけだしね。4クラブがお互い当たってしまうような事がなければ、今回も決勝にイングランドのクラブが残るチャンスは大きいよ。」

しかし一方でヴェンゲルは、今の成功にあぐらをかくべきでないとも警告しています。

「他の国がもっと速く成長してくれば、それもすぐ変わってしまいかねない。それに決断面でのクオリティも移り変わりは速いからね。15年前、フランスが少し席巻していたが、イタリアはその上を行き、その後フランス、スペインと来て、今はイングランドだ。変化は速いものだよ。」

「スペインから電話があり、レアル・マドリーが4年連続で準々決勝進出を逃したと聞かされた。そしてその間、彼らは5億7500万ユーロを費やしているんだ。だから保証なんてどこにもないし、お金だけではない。いい判断というのが必要になるんだよ。」


Wenger - We would prefer a European team - Arsenal.com

で次はどこがいいのか。ヴェンゲルはやはりイングランド勢は嫌だと言っていますね。

「どのイングランド勢も、彼らが正直ならの話だが、海外のチームがいいと言うだろうね。その方が多少ヨーロッパらしいだろう?」

「地元のチームと当たると、国内カップ戦のようになってしまうからね。海外のチームと当たるのが理想だが、イングランド勢を乗り越えなければいけないというのならそうするさ。」


Adebayor - I owe Wenger - Sky Sports

モナコで荒んでいたアデバヨールは、そんな自分を拾ってくれたヴェンゲルにどう恩返しをしたらいいのかわからないと話しています。

「彼に恩返しするのはとても難しいだろうね。モナコ時代、6月から12月までの間の19試合で1ゴールしか取れなかった。どうしてアーセン・ヴェンゲルが来て、僕に注目したんだろう?」

「特別な事だよ。今日の僕になるチャンスを与えてくれたのは彼だ。自分自身が楽しんでいくのと同時に、彼の話に耳を傾けていきたいね。」

そしてミランに勝利を収めた今、目指すはタイトルだと言います。

「僕達はチームだ、クオリティがあるんだ。それは疑いようがない。試合毎に何かを吸収していかないとね。」

「これで準々決勝で、どこと当たるかわからない。でも一番大事なのは、楽しみ続ける事なんだ。」

「疑いなくね。トロフィーを獲りに行く。得点の事は気にしないよ、僕はここで何かを勝ち取るんだ。僕にとって一番大事なのは、どの試合でも100パーセントを出す事で、シーズンの終わりには自分達が成し遂げた事を噛みしめる事になるよ。」

「このチームは若い。僕達はここで一緒に何かを成し遂げるためにいるんだ。僕達には能力があるとわかってる。このまま進んで、ファンのために何かを勝ち取らないとね。」


Bentley heading for new deal - Sky Sports

ベントリーの契約延長話などどうでもいいので、記事後半。昨日の記事でウォルコットに対し、出番を得られないのなら移籍も考えろと助言していた事をお伝えしますが、ヴェンゲルがこれに反論しています。まるで競争から逃げたベントリーは強くなれないとでも言わんばかりです。

「ベントリーが何を言おうが自由だが、だからといって彼が正しいわけではない。選手が他の選手に対して、クラブを出ろと勧める理由がわからないね。それは彼の仕事ではない。」

「重要なのはその選手が本当はどうしたいのかだ。世界最高のクラブの一つに所属していれば、競争は受け入れる必要があるし、それを受け入れる事で強くなるんだ。」

「テオはここで名を上げる事ができる。18歳だが、この年齢で世界最高のクラブの一つで、レギュラーでプレーしようなどというのはとても難しい話だ。」

「ストライカーとして、彼には大きなクオリティがある。出てきた時は大きなインパクトをもたらしている。まだ先発するまでにはいかないが、それもそのうち解決するだろう。もうすぐ、先発した時でも同じインパクトをもたらしてくれるようになるよ。」


Grimandi tells of Arsenal policy - Sky Sports

今やアーセナルの有能なスカウトとしての地位をすっかり確立しているジル・グリマンディの話。アーセナルのスカウト方法について語っています。

「他のクラブと違って、我々は目標を絞り、本当にわずかな選手しか追わないんだ。彼らの事は16歳か17歳から見守り始め、必要なら20歳まで続く。3、4年追えば、いつか獲得する事になるだろうね。」

結局アーセナルではロクに出場機会を得る事ができず、ボロへ移籍してしまったアリアディエールについて。

「アリアディエールが成功ではなかったと聞くと、"全ての若手が彼と同じキャリアを歩むチャンスがあるとしたら、彼らはすぐにでも契約するだろう"と言いたくなるね。彼はまだ24歳だ、プレミアリーグでプレーし、ゴールも決めている。」


Wenger gives his blessing to Brady's Irish role - Arsenal.com

もうすぐアイルランド代表のアシスタント就任が決まると言われているブレイディについて、ヴェンゲルはいい経験になると話しています。またアーセナルでの仕事には影響はないという事も繰り返しています。

「リアムにとってはいいニュースだと思うよ。彼は国際フットボールで注目を集める事になるんだ。トラパットーニとはいい経験になるだろう、イタリアからよく知った間柄だからね。」

「ここでの仕事の妨げになる事はないよ、彼はピッチに入るわけじゃない。アカデミーでは組織的な仕事というより、決断面での仕事が多いんだ。デイヴィッド・コート、スティーヴ・ボールドと仕事をしているし、その仕事は変わらない。」


Race on for Havant youngster - Sky Sports

ハヴァント&ウォータールーヴィルのストライカー、ライアン・ゲイツをポーツマス、レディング、セインツが追っていて、アーセナルもその競争に加わったようだとの報道。40試合で95得点というメチャクチャな記録を作ってる選手だそうですが、まだ12歳なんですよね。すごい記録ですが、12歳じゃ先の事は全然わからん・・・。

ちなみに父のデラン・ゲイツは、今のところレディングが有力そうだと言っています。まだ12歳ですから、保護者として代理人みたいな事やってるんでしょう。
スポンサーサイト

コメント

これからって時に壊れてくれますね。(笑)まぁディアビーに関しては、「もうイイや」って感じがしてきました。ウォルコットは最近ちょっとずつですが、動きが良くなってるので、残念です。
やっとロシツキーの具体的な、復帰時期が出てきましたね・・・。彼には1日でも早く復帰してもらいたいです。
12歳ですか・・・。僕と4歳しか変わりませんよ。(笑)将来性抜群ですが、今とるべきは、バックアッパーにもなりうる人材では・・・。

いただき

最近移籍関連のニュースで、ついこないだ歴史的勝利をもぎ取ったばかりのミランが、何やらフレブかアデバヨールを欲しがっている言っているような類いの記事を見掛けました。

所詮、フザケタ噂に過ぎない類とは思いますが、もし仮にホントであるなら一口話に載らせて頂き、トレードというカタチでなら一考、交渉してみるのもいいかなあぁ~と思うとるんですよ…。

でも、勿論フレブやアデバそれにフラミニなどは論外で売る気などこれっぽっちもありませんし、あってはならないと思います。特に今現在のアーセナルフットボールを象徴している面子の移籍等は断じてお断り申し上げますですよ。折角コツコツと磨き築き上げて来たモノをオイソレと横取りやあらぬ表面的な噂などで一々騒がないで欲しいというのが本音であります。

では、誰と誰をトレードするんだいとなる訳でございますが、陸さんならもうお分かりですよね?

~そうです。エブエです!

エブエとホニャララという風になると思いますが、ここでやっと登場するんですよ!…グルキュフが…。まぁわたくしが個人的に好きな選手であること、この騒々しい移籍関連の噂を一蹴したいがために提案したに過ぎない一案なのですが、特にチームの事、両者の立場、特性、調和、リズムや流れと云ったものを考慮すると、ベストなチョイスではないかと勝手に思ってしまった次第であります。

一人で勝手に思っても仕方がないので、ここは陸さんのお力を借りて実施調査などをしたいと思います。題して~

⌘「あなたならどう思いますか?」

❖A.エブエOUT⇗=⇙INグルキュフ
  YES or NO
  ☞_______


❖B.アーセナルにエブエは必要か?

①なくてはならない選手の一人だ。
②チームの輪を乱す者はいらない。
③ミランのグルキュフとトレード。
④心を入れ替えると云うならOK。
⑤もう顔も見たくないので出てけ。

   ☞ _______


⌘A&B二つの質問をご用意しました。一つはエブエとグルキュフのトレードについて。もぅ一つはエブエについて選手としてどう思うか?を軸にした五択です。みなさんは如何お考えでしょうか?

また怪我人ですか…。しかも人がいない中盤のサイドの選手。困ったものです。早く復帰してほしいですね。ロシツキーは2週間以内ってことはチェルシー戦には間に合うみたいですね。よかったです。ファンペルシーは慎重ですね。ウィガン戦はピッチ状態が悪いので出さない可能性もありますね。

モウリーニョの言うとおり、トロフィーがすべてではないですけど、タイトルを取るためにやらないと意味がないですよね。シーズン頭から何かを取らなければ偉大なチームではないって選手が言ってるような気がするんですけど、ちょっとベンゲルの話はおかしいですね。

CLの抽選は一応シードがあるらしくて、アーセナルの対戦相手はローマ、フェネルバフチェ、シャルケ、インテル-リバプールの勝者になるみたいですね。スカパーのef-zoneで言ってました。リバプールは嫌だな。残りはどことあたっても面白いかと。

若い選手採るのはいいんですけど、即戦力を少し取ったほうがいいと、毎回思うんですけどねぇ。たまにはお金使ったらいいのに。

今回も2回見ました。
センデロスよかったですね。インザーギに渡った時もクリアできなかったからコースを変えようとしてああなってしまいました。シュートもカラチのありえないポジション取り、ど真ん中で突っ立ってたわけで、良いキーパーだったら1点入ってたと思います。英雄になり損ねました。運が悪いです。ただ、パドのシュートはよくコース塞ぎました。
移籍もやむなしかと囁かれてましたが、こうなってくると残りそうですね。
イングランドの読書週間では一人だけ経営の本を読んでました。6ヶ国語話すようですし、そういう選手は嫌いじゃないですね。フィーゴもそうですよね。こちらは単に金が好きなだけかもしれませんが。

それにしてもいい勝負でした。
前半の前半はミランペースで前半の後半はアーセナル、後半は若干アーセナルに感じましたが、いいゲームでした。私も今年はリーグ>CL>カーリングカップ>FAカップだと思ってましたが、やっぱりCLの勝ちは格別ですね。
セスクのゴールはユベントス戦を思い出しました。当時17くらいでしたかね。
いや~いい勝負だった。
ウォルコットもバーミンガム戦はゴールこそ決めましたが、ボールを貰う動きが悪く本来3、4点取れてたはずで、まだまだと思ってましたが、今回は攻守に活躍しました。時間が短いですけど大いに自信になったはずです。移籍はもとよりローンも必要ないと感じました。
最後にセスクはユニ脱いでたけどカカと交換し損ねたんですかね。ジウベルトあたりですか。カカの持ってたの。
ホントに面白かった。

抽選にグループリーグの結果を反映させるのは来シーズンからでしたっけ。今年からだったと思ってましたが、そうだとするとローマ、フェネ、シャルケ、リバorチェルシーじゃないですか。インテルは勝ち点15取ってますから。
ローマよりレアルの方がやり易いとは思ってましたが、特別怖くはないですね。チェルシー以外なら大丈夫だと思います。カーリングカップは若手主体でいってるわけだしチェルシーの戦い方もわかってきてると思うので、チェルシーでもいいんですけど。シャルケがここでも当りですよね。ジーコもありですけど。リバプールに負ける姿が想像できないけど、どうだろう。流石に本気出してくるだろうし。

猿孤児は嫌いです。相撲に知性を感じないと発言してます。多分にシラクへのあてつけでしょうが、社会のクズ発言もありますし、私も彼には知性を感じないんですよね。
シラクは良かったなー。日本に愛人いたみたいだし。
ミッテランも隠し子いたし、リヨン負けたの残念だなー。

MU

やっぱり、ベンゲルもMUの存在はかなり驚異と感じているんですね。(当たり前か)

リバプールはトーレスの存在ですか。
管理人さんはリバプール嫌いでしたっけ?
(もちろんアーセナル以外は敵だけど。ちなみにアーセナル以外で好きなチームとかあるんですか?自分はミラン・リヨン・バイエルンが好きなんですけどね。)

ロシツキー9日は間に合わないですね。
(はやく見たい。次のCLには出場できそうですね。)

CL組み合わせどうなりますかね。おそらくリバプールが負けるとは思えないので、やはり1試合はプレミア同士で当たる気がしますけど。
(MUとかはやめてほしい・・・)

CLは勝ててホッとしました。勝ちに相応しい内容だったと思います。
センターのフラミニ、セスク、フレブが抜群に良かったです。サイドのディアビはイマイチ、エブエは最低でした。今回もセンデロスは結構良かったと思います。でも、インザーギに渡ったクリアミスは頂けないと思いました。センデロスはたまに目測を誤ってしまう事がありますね。

JJBはピッチ酷いんで怪我人が出ない事を祈ります。エブエは今節も出場停止でしたっけ?
もしそうだとしたらどんなフォメになるんでしょうかね。ベントナーが出て2トップかな。

まんU、FAカップ負けました。リオファーデなんとPKキーパーやったみたいです…。

トロフィーが全てでない

ベンゲルの発言はフランス人らしい考え方で、自分は共感します。
その考えを引き継いでいるのがセスクであり、今季のアーセナルなのではないでしょうか。
美しさを放棄してトロフィーを求めた結果、何も得られなくなったレアルのようなチームにはなって欲しくないです。

フットボールに望むこと

プロスポーツである以上、やはりそこに関わる人々には、見ている人達の模範となるような行動を模索し、実行していく姿勢が求められると思います。

ただ、その理想には決して何か正解があるわけではないことも認めざるを得ません。


個人的には、結局大事なのは偏りすぎないためのバランスだと考えています。
競争力と、倫理感の間の、最適なバランス。
ピッチの内外問わず、それを実践していくことが、各クラブの義務ではないでしょうか。


僕としては、フットボール界の現状はやや、勝利至上主義に傾いているような気がします。


そういう意味で、ヴェンゲルの言うことは正しくはないかもしれませんが、必ずしも全てが的外れのようには思えないのです。





少々飛躍しすぎのような気もしますが、青田買い策によるサッカー難民の問題に代表されるように、今のフットボール界は問題が山積みです。

国境を越えたエンターテイメントとなりうるスポーツの場であるからこそ、全ての関係者、クラブ、特にアーセナルには、理想となる姿勢を追求してもらいたいものです。




きれいごとを並べただけのような長文、失礼いたしました。
では。

エブエは1stlegよかったんですけどね。
まぁ確かにいまいちだ。
ディアビはこれからって感じがします。
リーチは長いけど、動きがとろいですが・・・
センデロスはちょっとしたミスありましたが、コロトゥレいないときからどんどんよくなってる気がします。
これからも伸びるはず。と思いたい。
ウォルコット負傷となると、リーグ戦はやはりベントナーあたり使いそうですね。
さすがにフレブやフラミニは休ませそうな気がします。
CLは次シャルケかフェネだと楽かもっすね(^^;

>3連続ドロー

カークランドは時間稼ぎが毎度露骨なので大嫌いなのですが、そんな彼にゴールを見舞えず・・・押している時間帯に雑すぎました。

ジウベルトがもらってもターンできないのは仕方ないと思いますが、それ以上にエブエのおろかな退場が大きく響くここ数試合。サイドが壊滅していますね。フレブ以外は怪我大好き。そのフレブがあの状態ではね。個人的に、このスタメンなら「フラミニ右・セスクセンター」の方が期待できるんですが、どうでしょうか?

後イエローもらっていましたが、今日の出来ならベントナーを残してほしかった。ファン・ペルシとの組み合わせもあったと思うけど。

開始早々のアデバヨールがGKに当てたとき、「もしかして、またの展開か」と思っちゃいましたね。彼は1対1となると「外したらどうしよう」と思うタイプなのかな。今季のパターンとして「シュートを見せておいて、パスが効く」というのがありますが、最近はパスが多い。リーグはかなり厳しい状況だと思います。コンディションのひどさは4強一ですね。

日曜の深夜にこの手の試合やられると、肉体的にも精神的にもつらいです。

久々に90分フルで試合を見ました。

ウィガンは中盤からペナルティボックス内に飛び込んでくる選手へのケアが結構甘かったと思うのですが、そもそもサイドで基点を作れないのがキツかったです。
ボールホルダーを追い越す動きもほとんどありませんでしたし。
ウィガンもドン引きせずに中盤から厳しくプレスをかけてきたので、簡単に前を向けなかったんだと思います。
加えてあのピッチコンティション…

ビッグゲームの後で疲弊しているのは間違いないでしょうし、チームとしての運動量が少ないのはしょうがないのかなと。
ただ決めるべき時に決めないとこうなるよ、っていう…
何度語られているのかわからないこの課題がシーズン終盤のこの時期に発動してしまうと、正直リーグは苦しいと思いますね。
ジウベルトが下がってセスクとフラミニがいつもの配置になってからは多少可能性を感じたのですが、如何せんサイドの駒不足を痛感させられた試合だと思います。

それと以前ジウベルトのプレーを見てみたいと書いたのですが、正直お腹いっぱいです。
確かにセスクが中に入ってきてしまうので窮屈そうではあったのですがフラミニが攻守に奔走していたのも手伝ったのか、守備でも攻撃でも存在感が全く無い。
光明はファン・ペルシでしょうか。
倒れた時は相当血の気が引きましたが、ただ裏拳されただけでホッとしました(笑)
今後に期待します。


全然関係無いんですが、僕もOO見てます。
急に展開早過ぎなんじゃ…と思って見ていたらとりあえず3月で1クール終わりなんですね。
色々ツッコミどころ満載ですが、とりあえず残り全部見てみようかなと。

肉体的にいっぱいいっぱいであるのは明白で、次は一週間空くのでどーにかこの試合は乗り切ってほしかったところですが・・・、ミラン戦の余勢を勝って、といきたいところでしたが、厳しい結果になりましたね。
引き分け続きというよくない流れを、ここで断ち切っておきたかったんですが。

ウィガンは継続してしぶといサッカーをしてはいましたが、それでも1点さえ取れれば、勝てる試合だったと思うんですが、まぁ点が取れないと仕方ないですね。
もっとピッチをワイドに使いたいところでしたが、サイドチェンジのパスが少なく(というか逆サイに走りこんでいる機会も少なかった)トラップミスも多かった、やっぱ疲労でしょうね。
途中出場で効果的な動きを見せるウォルコットをこのタイミングで欠いたのも、残念です。

あとは、審判、・・・下手、というかおかしい、ベントナーの?なプレーにイエロー出しておいて、ヘスキーにはお咎めなし、後半のフラミニへの腕スパイクファールもお咎めなし、フレブのファールじゃないプレーにもファールを取る、開始から後半途中まで続いた(ように感じる)ウィガンびいきの判定にも、よくない流れをさらによどまされた、と思います。
ただ、優勝を目指すならもう勝たないといけませんね、次はホーム、確実に勝利したいところです。
  • [2008/03/10 12:38]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>laylaさん

僕はディアビーは見込みがあると思いますけどねぇ。どのみちJJBのピッチでは何もできなかったと思うので、そういう意味では今回はいいやと思えます。ウォルコットいないのは本当痛いですが・・・。ロシツキーがいないのも痛いですが、根本的にサイドの選手が少なすぎますね。

12歳の選手を獲るというのは、トップチームの補強とは切り離して考えるべきだと思います。結局その子を獲ろうが獲るまいが、補強すべきと思えばちゃんとするでしょうし、思わなければしないでしょう。ってわけで、そのゲイツ君がよっぽど有望なのならいいと思います。でもヴェンゲルも前に言ってましたが、そんな年齢じゃ将来どうなるかは全くわかりませんからね。無理に競争に参加する必要はないとも思います。


>quai44さん

ミランはシェフチェンコを復帰させる方向で固まってるなんて話を聞いてます。それ以外で、今一番若返りが必要なのは最終ラインだと思うんですがね。

>この騒々しい移籍関連の噂を一蹴したいがために提案したに過ぎない一案

グルキュフが欲しいだけだろというツッコミはさておき(笑)、アンケートに答えます。1の設問と2の選択肢が一部被ってる気がしますが・・・。

❖A.エブエOUT⇗=⇙INグルキュフ

 →Yes

❖B.アーセナルにエブエは必要か?

 →3.ミランのグルキュフとトレード。

Bについて少し話をしますと、まず彼がチームの和を乱しているとは思えないんですよね。むしろ陽気な彼はムードメーカー的存在ですから。そしてサイドバックとしての能力も買っています。ケガをしていたとはいえ、ラウレンを退団に追い込んだのは間違いなくこのエブエです。ただし時折見せるチート、苦しい時にラフプレーや自制心を失った行為でチームをさらに追い込むような精神面での未熟さがとにかく問題です。05/06のCL決勝のダイブでヴェンゲルにすら怒られて、それから2年経っても成長がないわけで、4の心を入れ替えるならっていうのはちょっと難しいかと。ってわけで、別にグルキュフとのトレードでなくてもいいですし、顔も見たくないという事もないんですが、3が一番近いかなと思い、選択しました。

この質問、他の方にもお答えいただきたいですね(笑)


>suouさん

ウィガン戦ではセスクが右をやってましたが、もうあれしかないよなぁっていうぐらいサイドいないですね。本当早くロシツキーに戻ってきてもらいたいですが、それ以前にちゃんと補強をしろとも思います。

結局、タイトルを獲らなければ何のために戦ってるんだって話になるんですよね。もちろん金がなくて現実的にそんなの無理だっていうんならしょうがないです、今できる中でのベストを目指すしかない。でもタイトルを獲れる力があるのなら、「獲れなくてもいい」なんて言うのはただの逃げだと思うんですよね。まあヴェンゲルも口ではああ言いながら、間違いなくタイトルは狙ってると思いますが・・・。

僕もCLのシードの話は聞きました、UEFAがガセ載せたって事か(笑) リヴァプールはバルサと当たりそうな気がするので、それ以外かな。いやリヴァプールが抜けてくればの話ですけど(笑)

laylaさんへのレスでも書きましたが、12歳の選手となると全く別の話でしょうね。今のところ僕はそれほど即戦力の必要性は感じませんが、とにかく中盤のサイドとCBを獲れと言いたいです。


>円高待望論さん

僕も再放送含め、何度か見ております。

センデロスはかなりミス減ってきましたからねぇ、元々イングランド人はああいう選手好きですし、かなり評価も上がってきてる事と思います。これが本物ならいいんですが、なかなか信用できないのも事実なんですよね・・・。もう見るからに化けたなっていうフラミニとはちょっと違います。しかし、経営ですか?(笑) そもそも6カ国語話せるっていうのも、生い立ちなんかの都合もあるんでしょうけど、相当頭よくないと無理ですよね。実はものすごいインテリなのかも・・・。

選手達のモチベーションは明らかにCL>リーグになっちゃってますね。単純に対戦相手を比べた場合、これはしょうがない気もします。リーグでも相手がユナイテッドとかチェルシーとかになれば、ああいう試合をしてくれるんでしょうけどね。セスクのユヴェントス戦でのゴールは、何か当たりそこねがブッフォンの裏をかいたようなゴールでしたけど、今回は完璧なコースでした。

ウォルコットは途中から入った時は結構いい働きをするんですよね。先発すると全然ダメで。なので今は途中出場で結果を出して、徐々に先発した時にも結果が出せるように経験を積んでいく事が必要なのかなと思います。同じ事はベントナーにも言えますね。

セスクがユニフォーム交換をしなかったのは、ファンにあげようとしたけど、ネットがあるのを忘れててあげられなかったと僕は勝手に想像しております(笑)

どうもインテルがグループ2入りなのは確定のようです。ってわけで、ユナイテッド、チェルシーとは当たらないんですよね。リヴァプールがバルサの因縁を引き受けてくれれば、ベスト4が全部プレミアっていうのも夢ではないでしょう。正直勘弁してほしいですけどね(笑) 準決勝と決勝がつまらなくなる・・・。僕はシャルケは嫌ですね、昨シーズンのPSV戦のような事になりそうで。ドイツ勢っていうのがちょっと安心材料ではあるんですが・・・やっぱりローマかフェネルがいいと思います。

僕もサルコジは嫌いですね、テュラムとかは「アイツが大統領辞めるまでフランスには戻らねぇ!」とか思ってたりして(笑) 僕もシラクの方がよかったと思いますが、日本に愛人いたっていうのは初耳です。


>トマスさん

僕はもうタイトル獲らなくていいなんてエクスキューズを出した時点で負けだと思いますけどね。これがマインドゲームだというのなら話は別ですが、そう考えるのはちょっと無理がある気が・・・。

リヴァプールの事は全然嫌いじゃないですよ。ただトーレスは嫌いです。どれだけ点取ろうがあいつはクソだと思ってます。アーセナル以外で好きなチームは特にないですね、最近のミランはクオリティ低くてヨーロッパで結果ばっか出すので、嫌いになってきました。なので今回粉砕できてホッとしてます。バイエルンは今見れないですからね、何とも言えないかな・・・。ってわけで他に好きなチームは特にないですが、その時台風の目になってるチームは結構応援しますね。今で言えばフェネルバフチェですが、監督がジーコなのであそこは応援する気になれません(笑)

ロシツキーはもうとっとと戻ってきて、最低でも今シーズン終了まではケガをしないようにしてもらわないと。

どうも情報によると、アーセナル、ユナイテッド、チェルシー間で当たる事はないようです。なのでリヴァプールがどことも当たらなければ、ベスト4をプレミア独占っていう可能性も出てきます。


>まんぷくさん

ディアビーもエブエもよくないなぁと思いつつ、なかなか替える選手がいないところに選手層の薄さが表れてましたね。でもウォルコットはこの大舞台で結果が出せてよかったです。ただ彼も将来的にはストライカー、サイドの選手じゃないんだよなぁ・・・。センデロスはいい試合をしてても、1つ2つは何かやらかしてる感じがしますね。最近致命的ミスっていうのはかなり減りましたし、それだけでも成長かなとは思いますけどね。

ウィガン戦は遂にベントナー先発してきました。でもロビンと交代。この日の出来だったらアデバヨールを下げるべきだと思ったんですがねぇ・・・。


>のむさん

どうしたんでしょうね、ユナイテッド。リヨン戦でも120%出す必要はなかったでしょうし、リーグも上り調子で、ついでにFAカップも狙えそうな感じだったのに。リオがキーパーって、交代枠使い切った後に退場かケガでもしたんですか?PKって事は、エドウィン退場ですかね。


>上々さん

選手達はタイトルタイトルって言ってますよ。今シーズンは獲れなくてもいいと言ってたのはファン・ペルシですが、それもシーズンの本当に序盤の事でしたので、今はどう思ってるんだかわかりませんし。

僕は何も美しさを放棄して勝ちに行けとは言いませんが、どれだけ内容がよくても勝てないなら、美しくなくても勝てる方がマシだと思いますね。あとちょっと話は逸れますが、レアルは美しさを放棄したとかいう以前に、短期間であれこれ変えすぎなのが原因かと・・・。要するに経営陣がバカ揃いなせいって事ですね。


>Revoさん

僕もバランスが大事なのだと思います。そして勝利至上主義に傾いてるっていうのも同意ですね。

しかし、そもそも勝利を望んでるのは誰なんでしょうか。ビジネスの話を抜きにすれば、それはファンじゃないかと思うんですよね。確かに内容のある試合をして結果が出なくても、数試合ならファンは許してくれます。ただ美しい試合に拘って、結果を出そうという意思がそこに見出せなければ、ついてきてくれるファンはあまりいないでしょう。何だかんだ言っても、ファンは贔屓にするチームが勝つところを見たいんですよ。その上で、ビッグクラブとなると、美しく戦ってさらに勝つ事が求められると。

ヴェンゲルの言う、チートがどうのっていう話は否定のしようがありません。ただ彼の話しぶりからすると、まるで100mでメダル獲った選手が全員チートをしてるように聞こえるんですよね。そうではなくて、そもそも真っ当な勝者の方が圧倒的多数のはずです。こういう例え話をしたばっかりに、「今シーズンうちがタイトル獲れなくても勘弁してよね」っていうエクスキューズのように聞こえてしまうんですよね。

勝利は戦った末に待つ最大の報酬です。そしてそれを求める意欲を失った者は、それ以上成長する事はないと思うんですよね。この辺りは完全な好みの差になるかもしれませんが、僕は「美しく戦いさえすれば勝たなくてもいい」というのと、「汚い手を使っても勝ちたいと思う」のであれば後者を選びます。ただそれは究極の選択なのであって、実際汚い手は使って欲しくありませんけどね。アデバヨールも言っていたように、これはスポーツなのであって戦争ではないのですから、余計にね。やはり「正々堂々と美しく戦って勝つ」、これが最高なのは誰もが同じじゃないかと思います。

まあそんなわけで、ヴェンゲルが何を言いたいのかイマイチよくわからないんですよね。エクスキューズであれば論外ですし、本気でタイトルを獲れなくてもいいと思ってるとは思えない。チートに対する問題提起なのであれば、タイトルを獲れなくてもいいなどと言う必要もない。結局何を思ってあんなコメントを出したのか、よくわかりません。


>ねむさん

やはりそこはマルディーニじゃないですかね、1stレグでやられていたお返しをしていたようにも見えました。僕もディアビーはこれからだと思います、ただどうにもケガが多くて、コンディションすら整えられないんですよね。時間かかりそうです。センデロスはトゥーレ不在を感じさせないほど安定してきてますね。

ベントナーは使ってきましたが、さすがに中盤の選手を休ませてる余裕はないですね・・・。せっかく戻ってきたソングを使ってもよかったと思うんですけどね。

フェネルは楽だと思います、が、楽だからこその不安というのが・・・。


>さとさん

せっかくいい形を作ったのに、何でそこでそういうプレーをするかなぁっていうのが多かったですね。そりゃピッチの影響もあるでしょうが、どちらかというと集中力の問題という気もしました。

あれだけフレブがダメで、サイドが崩せなければちょっとどうしようもないですね。多分セスクとフラミニが逆でも変わらなかった、というか几帳面に中盤でパスを回してる時点でもうダメだと思います。あのピッチコンディションはいくら何でも勝ち方に拘っていられる状態じゃありませんでした。

僕もベントナーを残すべきだと思いました。あの状況でアデバヨールを残しても何も期待できませんでしたからね。ベントナーも悪くなかったのに。

アデバヨールはとにかくプレーが考えなしなんじゃないんでしょうかね。そういえば最近ミドルがまたなくなってきましたね、それどころか撃っておけというところでも撃たない、昨シーズンまでの悪いところも目立ってきました。この辺がリーグで不調な原因の一つなのかも。

正直、この引き分けは想定内でした。どう考えてもフットボールやる環境じゃないですもん。ただここ2試合を引き分けてるだけにね・・・後はユナイテッドがコケるのを願うしかないです。


>judasさん

ウィガンの守備はボールを持ってる選手を潰せば何とかなるって感じのものでしたね。特にフレブがその餌食になってました。前を向けなくても、もうちょっとボールを落ち着かせる事ができれば、あの守備であればそれほど動かなくてもチャンスは作れたと思うんですよね。結局ボールを落ち着けるまでに時間がかかって、プレッシャーに耐えきれないパターンが続出したのがまずかったんでしょう。

しかし最近本当に決めきれないですね。いかにアデバヨールに得点力を依存してきたかがわかります。中盤が取れなくなってきた時期にアデバヨールが量産し出したのでうまくいってましたが、アデバヨールもダメとなるともう・・・。本当ロシツキーが恋しいです。サイドの選手っていう事でもそうだし、中盤の選手としては得点が期待できますからね。セスクもそこそこ取ってますが、やはりストライカーじゃない以上、過度の期待は禁物でしょうしね。

ジウベルトは最初のうちはなかなかうまくやってるなと思ったんですよね。特に守備面は一時よりよくなってきたと思います、無謀な突っ込みがなくなってきたので。ただボール持った時が本当頼りないですね、今までよくこのチームでやってこれたなと思うほどに・・・。ファン・ペルシは低調ながららしさを出してましたね、やはりコンディションさえ上がってこれば期待できそうです。

00は3バカの扱いひどかったですね、まだ何のために出てきたんだっていうんじゃない分、種よりマシでしたが・・・。3バカは冷遇される運命なのか。00は最初から2クールで、反響を見て2期目をやるかどうかを検討する事になってたようです。どこかで聞いた話だと、もう2期目決定してるそうですが、もうあのまま終わった方がまとまりがよさそうに思えてきました・・・。何か変なシステム出てきちゃって、あと2クールもどう持たせるんだよと(笑)


>サッカー小僧!さん

相手のクオリティの差もあるでしょうが、今回はヴィラ戦よりだいぶ可能性を感じた、というかあまりネガティブな空気というのがなかった感じがするんですが、引き分けは引き分けですからね。まあオールド・トラッフォードで勝てばいいんですけど、口で言うのは簡単ですよね・・・。

この時期フレッシュで降格争いもしてるようなチームと戦うのはなかなかキツイですね。でもホームだったらもっと余裕でチャンスはできていたはず。決めきれていたかどうかは別として・・・。サイドバック、疲労もあるんでしょうけど、やはり上がりどころを掴めなかったというのがサイドをうまく使えなかった原因だと思うんですよね。要するにフレブとセスクがしっかり仕事をできなかった。加えてクリシーはかなりヴァレンシアが気になっていたと思います。ロナウドが抑えられてヴァレンシアを抑えられないってどういう事かと・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/838-09868247

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。