スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファン・ペルシ復帰、トゥーレとロシツキーは間に合わず 

Wenger - Van Persie can play a part in Milan - Arsenal.com

明日のミラン戦のメンバー、18人が発表されました。トゥーレとロシツキーは間に合いませんでしたが、ファン・ペルシがメンバー入りしています。

イェンス・レーマン
アブ・ディアビー
バカリ・サニャ
セスク・ファブレガス
フィリップ・センデロス
ヴィリアム・ギャラス
ロビン・ファン・ペルシ
アレックス・フレブ
デニウソン
マチュー・フラミニ
ジウベルト
ガエル・クリシー
マヌエル・アルムニア
エマニュエル・アデバヨール
ニクラス・ベントナー
エマニュエル・エブエ
ジャスティン・ホイト
テオ・ウォルコット

ジュルーが入ってませんが、CB足りるのか?まあ他に外す選手も見当たりませんし、何かあった時はジウベルトで代用って事か。

ではヴェンゲルの話。ファン・ペルシのケガはもう完治しており、気になるのは試合勘の無さから無理をしてしまう事だという事です。なので先発はさせない、と。

「彼は5ヶ月もプレーしていないが、試合の一部ならプレーは可能だ。先発する準備はできてないが、医学的なリスクはない。試合に先発していつものペースを越えてしまうと、その時はリスクになるかもしれないね。」

トゥーレに関してももうすぐだそうです。

「彼は復帰までそう遠くないよ。」


Wenger - No issue with Bendtner and Adebayor - Arsenal.com

ファン・ペルシが戻ったとはいえ先発は無理。となるとアデバヨールと組むのはウォルコットかベントナーか、はたまた1トップなのか気になるところです。カーリングカップのスパーズ戦で衝突して以来、不仲が噂されるアデバヨールとベントナーですが、ヴェンゲルは問題ないと強調、ベントナーの先発起用を示唆しています。

「正直に言って、(2人がどう馴染むかは)わからない。大きな軋轢があるという確証はこれまでになかった。トットナム戦は一つアクシデントがあったが、それも解決済みだ。」

「彼らは普通の関係を築いていると思っているが、フットボールで一番重要な事は試合に対するリスペクトだ。試合が求める事をすればいいんだ。」

「偉大な選手というのは、常に試合が求める事をするものだ。私が勝ちたいと思い、勝つためには仲間にボールを預けるし、私が偉大な選手であれば、やはり仲間にボールを預けるものだよ。」

「彼らがお互いを好きかはわからないが、基本的に問題はない。一緒にいいプレーをするには、必ずしも友達同士である必要はないんだ。」

「ビッグプレーヤーについては、感情的な同調心というのは必須ではないと思っている。彼らは勝者であり、試合に対する大きなリスペクトがある。それは好きとか嫌いとか、そういったものを超越しているんだ。」

「どんなチームにもこういう問題はある。だが彼らはとてもうまくやっていると思うんだ。一度人々の頭に疑問がもたげれば、どんな動きでも逃さないようになる。そこに問題があろうと、存在しなかろうとね。だがここではそうではないと思うよ。」


Wenger - Saturday was a sensitive time for us - Arsenal.com

どうにも不安な内容だったヴィラ戦の話を続けます。まずヴェンゲルはバーミンガム戦でのエドゥアルドの負傷を、チームはずっと引きずっていたと話しています。ただしミラン戦では違う試合になると。ビッグゲームの緊張感がそれを忘れさせてくれるといいんですけどね。

「我々にとってはとてもデリケートな一日だった。一週間全体が簡単ではなかったよ。こういう状況に直面したのは初めてだったし、乗り越えるのに少し時間がかかるものだ。我々は人間なんだし、そもそも"俺がああなっていたかもしれなかった"と、誰もが考えるものだしね。」

「我々の気持ちは、少しリーグから離れてしまっていたんだ。火曜日、ミラノではいいプレーができると信じている。土曜日はベストではない一日だったが、火曜日は違う試合になる。」


Bendtner - Late goal shows our true character - Arsenal.com

ヴィラ戦ではまさかのロスタイム最終分にゴールを決め、チームを救ったベントナー。最後まで戦い続けた結果だと話しています。

「僕達は本当によくやったと思ったよ。戦い続けたしね。難しい試合だったけど、攻め続けた事で報われたんだ。」

「僕達はいつも最後まで戦いたいと思ってる。リーグを優勝するようなチームはそういうプレーをしたいと思うものだし、それが今シーズンの僕達がやりたい事なんだ。」

「悪い一日になるところだった。でも90分の試合では、僕達がやったように最後の1分で得点する事もあるんだ。それが本物のキャラクターと強さを示しているし、チームを突き動かしているんだ。」

「シーズンはとても長いし、またすぐにでも勝ち続けられるようになると思ってる。僕達はアンラッキーだったんだ。バーミンガム戦では勝てたし、ミラン戦でも勝つチャンスはあった。ヴィラ戦は難しい試合だったけど、追い付いたしね。」


Fabregas - There is no reason to feel down - Arsenal.com

セスクはヴィラ戦の引き分けについて、追い付いた事が大事なんだと話しています。今はそう思うしかないですね。

「落ち込む理由は何もないと思うんだ。4週間前、僕達はマンチェスター・ユナイテッドを2ポイント差で追っていた。その後、5ポイント差で前に出たんだ。今は1ポイントになってしまったけど、まだトップだしね。」

「それは悪い事ではないと思う。僕達は強くあらねばならないけど、少なくとも(ヴィラ戦では)最後まで戦って追い付いた。これは最も重要なサインだ。」

「これほど若くしてこのスピリットがなければ、何かを成し遂げるのはとても難しい。チームがメンタル的に弱ければ、こういうあらゆる事が裏目に出る試合で追い付く事はできないんだ。」

「確かに人生最良の試合とはいかなかったかもしれない、それでも追い付いて、勝点を得るんだ。それには何らかの意味があるんだよ。」

「僕達の失点の仕方はちょっとアンラッキーだった、オウンゴール、ミスだ。相手にパーフェクトな、素晴らしいゴールを決められたわけじゃない。そういう見方をすれば、残念に思う事もある。でも僕達はまだ首位なんだし、強くいなければならないんだ。」

「最後までそのポジションに留まるよう、がんばらないとね。」


Gary Lewin - Eduardo is well on the mend now - Arsenal.com

エドゥアルドの情報を。彼が恩人だと語るギャリー・ルウィンに、オフィシャルがインタビューしています。ケガをした時の事、その後の事、いろいろと克明に話してくれています。

── ギャリー、ケガの後遺症について教えてもらいませんか。あれを見た時、まず最初にもう一度ピッチに立てるのかと思うようなものだったので。

「そうだね、メディカルチーム全体、私にドクター・ビーズリー、そしてコリン・ルウィン。全員が訓練されている事ではあるが、決して見たくないものが残念ながら土曜日に起こってしまった。私はピッチに入った最初の人間で、コリンとドクターに緊急用の設備を全て持ってくるように無線で伝えたんだ。そして痛みを和らげるガスを使い、ジウベルトに通訳を頼んだ。彼の気を楽にしたら、脚を固定した。最も大事な事は、とにかく動かないように確実にする事だったからね。だから時間はかかったかもしれないが、うまくいったよ。これほどスムーズにいくのを手助けしてくれたみんなにはもう一度感謝したいね。彼らはあのひどい一日をやり過ごし、望み通りの事ができるよう手助けしてくれたよ。」

── アウェーでああいったケガが起こると、(ホームより)大変だったりするのですか?

「そうだな、難しくはなるね。我々はみんなエミレーツで、自分達の救急隊と一緒に仕事をするよう訓練されているんだ。だが世界中の医療に携わる人々は、こういう状況で何をすべきか、ちゃんとわかってるからね。ドクター・ビーズリーはファンタスティックだった、コリンも自分の仕事が何であるか正確にわかってたし、エドゥアルドがピッチを出た後、彼が医療行為を引き継いでくれ、そのまま病院へ連れていったんだ。試合中、また試合後も、彼は我々と連絡を取り続けていた。それに選手連絡のオフィサーであるポール・アーウィンも信じられないような仕事をしてくれたよ。彼はエドゥアルドの奥さんを連れてロンドンから飛んできて、彼の助けはかけがえのないものだった。週末を通して、私、ドクター、そしてポールは手術スタッフと連絡を取り合い、彼をロンドンへ移送したんだ。そこで我々が彼の面倒を引き継いだのさ。とにかく大きなチームとしての努力だった、多くの人間が関わったんだ。」

── 手術自体はどう行ったんでしょう?

「本当にいまくいったよ。セリー・オーク病院の教授は素晴らしい仕事をしてくれた、全てスムーズにいったんだ。エドゥアルドは日曜日に安定して、ロンドンへ移送された。我々の人間と月曜日に彼の検査を行い、水曜日まで病院に留まった。つまり手術は本当にうまくいったんだ。彼の容体はもう安定してるし、唯一懸念されたのが感染症だった。解放骨折だったからね。決定的なのは、これから2週間だ。その期間を感染症なしに切り抜けられれば、ここまでのサインは全てとてもいいという事になる。それからリハビリを始める事ができるようになるんだ。回復までの道のりは長いけどね。」

── 実際にケガの詳細は何だったんでしょう?新聞の報道ではいくつか混乱も見られましたが。

「腓骨の解放骨折と、足首の骨折だよ。どちらも手術で治療されてるし、今は成功したように思えるね。とてもひどいものだったが、もっと悪くなっていた可能性もあると言えるんだ。もちろんもっとよかった可能性もある、どれだけ悪かったかは時間が経ってみなければわからない。」

── これからのリハビリのスケジュールはどうなっているんでしょう?

「彼はイングランドに残るよ。今は松葉杖が必要だね。それから彼とリハビリのプログラムについて決める事になる。通常行うのは、選手をリハビリセンターに派遣する事だ。そうすればずっと同じ場所にいる事がなくて済むしね。例えばブラジル、以前何人かの選手が行った事があるんだ。リオ(・デ・ジャネイロ)には本当にいいリハビリセンターがあるんだよ。それとも(ヨーロッパ)大陸か、一緒に決める事になるね。」

── あなたは深刻なケガをいくつも見てきましたね。そういう状況で、エドゥアルドの心境はどうだと思いますか?

「彼はとてもよく堪えている。とても、とてもポジティブで、気合が入ってるよ。何があったのかはちゃんと理解してるし、将来何が起こるかも理解してる。その深刻さも理解してるけど、同時にこれまでに復帰した選手の事も知っているわけだからね。彼の元には、国中の他のプロ、医者、フィジオ達から、彼の無事を祈る信じられないような反響が届いた。選手の名前を挙げるつもりはないけど、これまでに経験のある選手から個別のメッセージももらってるんだ。彼らはエドゥアルドの事は知らなくても、この先どれだけ辛いかをわかってるし、それで連絡してくれたんだ。そういった反響は本当に、本当に素晴らしいものだし、彼の回復の手助けになってくれる事だろう。」

試合が続いていたので、ルウィンはセント・アンドリューズに留まったという事ですね。その間も多くの人が関わっていたと。エドゥアルドは彼ら全員に感謝する事でしょう。

これまで伝えられていなかったのは、感染症の恐れがまだ2週間あるって事ですね。まだ安心できないって事ですか・・・。実際にそれでキャリアを終えた選手もいますし、まだまだ注意深く見守っていく必要がありますね。


Wenger - News on Flamini deal expected soon - Arsenal.com

なかなかまとまらないフラミニの契約延長交渉ですが、特に進展なし。少なくともヴェンゲルの把握している限りでは。

「彼が言った、残りたいという事を繰り返す事ができるのみだね。3月にはもっと状況を知っておく必要があるだろう。」

もし4月に入っても状況が変わらないのであれば、それは懸念事項だとも言っているようです。何が障害になってるんでしょうね・・・。


Barca turn back on Cesc - Sky Sports

バルサの強化担当、チキ・ベギリスタインがセスクがとっととバルサでのキャリアを諦めてイングランドへ行った事を怒っており、ボヤンを見習えとか言ってます。知るか(笑) その上で将来的にセスクがバルサへ戻る事を許されないかもしれないような事を言ってますが、だったら散々出てくる噂をどうにかしてくれませんかって話ですね。そもそも、勝手な補強を進めてクラブ内で浮いてるとか言われてるベギリスタインの言葉はあまり信用ならないんですが。

あとライカールト解任説については否定してます。どうでもいいか。


Loan Watch: Gibbs and Simpson suffer defeat - Arsenal.com

ローニー情報。

ノリッジ 1-2 ブラックプール
ギブズはフル出場しましたが、チームは負けてしまいました。

ヴィジャレアル 0-0 オサスナ
ヴェラは残り15分のところで退きました。ピレス、シガンがいるヴィジャレアルは現在リーグ3位、オサスナにとって引き分けは上々の結果でしょうね。

ミルウォール 0-1 ブリストル
シンプソンはフル出場。結構オープンな試合だったようですが、アウェーサイドが唯一のゴールを決めてミルウォールは敗北・・・。

バーンリー 2-2 ワトフォード
ランドールは出番なし。ワトフォードはチャンピンシップ優勝を狙ってるようですが・・・。
スポンサーサイト

コメント

エドゥアルド

開放骨折 - 「複雑骨折」とも言う。 折れた骨が皮膚を突き破っている場合を指し、感染症の危険性がある。

うぅ~、怖や怖や。

でも、彼のコメント見ていると(あくまでコメントだけの感想)

ホントに前向きだし、良い"人となり"を感じます。

さぁ!ミラン戦2nd!
ここで結果が出なかったら我慢してきた意味がない。

ロシツキーは間に合いませんでしたが、彼の勇姿をCLで見たいので是非勝って欲しい!

ついに2ndレグですね!正直少なからず不安はありますが、ぜひ勝って欲しいですね!
ここに来て待望のロビン復帰・・・試合勘がないのは否めませんが、切り札になるのは間違いありませんね。
出来ればアデバのベントナー2トップで行って欲しいですね。最近のアデバは疲労感を感じますから、もう1人当てる人が欲しいと思います。
ミランの召集メンバーですが、なんだかんだセ-ドルフが召集されてるみたいです・・・。試合に出るかは微妙ですが・・・。また上手く押さえ込めるといいんですけどね。
1つお聞きしたいんですが、BSでプレミア見れますか?
ご教授お願い致します。

ファンペルシーが出場できそうなのはいいですね。短い時間でも何かやってくれそうな気がします。ただロシツキーが間に合わなかったのは痛いですね。それにしてもいつ戻ってくるんでしょうか。早く復帰してほしいです。

1トップにする場合中盤のサイドがディアビーとエブエになるんでしょうか。正直やめてほしいです。前節の中盤のできを考えると多分アデバヨールが孤立すると思います。それよりもベントナーとの2トップにして、状況によって、ウォルコットやファンペルシーを入れるほうが相手にとって嫌かと、ベントナーはヴィラ戦で点を決めてるので期待しています。今回は点を取らないと勝てないので、取りに行ってほしいですね。

エドゥアルドは完璧に安心できるというわけではないんですね。感染症の危険があるのか。無事に完治することを願ってます。

選手全員に疲労がたまっているのみたいですが、ミラン戦での奮起を期待しています。

独り言

2ndレグ楽しみです。
もちろんガナーズのファンです。
  • [2008/03/04 20:28]
  • URL |
  • ルーニーとロニー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>トマスさん

複雑骨折して、皮膚を突き破った場合に解放骨折というんでしょうね。せっかく前向きになってる彼に、サッカーの神様がこれ以上無用な罰を下さない事を祈りたいですね。

CLはここを突破すれば次は来月、さすがにロシツキーも戻ってるはず・・・。相手がミランとはいえ、ベスト16で消えるわけにはいきませんしね。必ずしも勝つ必要はないですが、何としてでも突破してもらいたいですね。いや、先の事を考えると、そろそろ勝たないとダメかな・・・。


>laylaさん

最近明らかに不調なので、1stレグより不安は大きいですが、始まる前から諦めててもしょうがないですしね。突然の復活に賭けましょう。

ミランは4-4-2で来ると言ってますから、敢えてこちらが4-5-1にする理由はないですね。ベントナーだと若干守備が不安ですが、やはり彼に納めさせた方がスムーズに行きそうな気がします。

アンチェロッティはセードルフについてはまず無理だろうと言ってますが、一方で何が起こるかはわからないとも言ってますね。これでもし先発してきたら、プロパガンダ確定ですね。

僕はスカパーに入ってるので、他の視聴方法はまるで気にしないんですが、ちょっと調べてみました。BSでは週に1、2試合を放送してるようです。今週末のウィガン戦はBS1で生中継されますが、翌週はアーセナル戦の放送はないようです。


>suouさん

理想的なのはファン・ペルシが出てくる前に試合が決まってる事ですね。いくら途中出場でも、あまり無理されると怖いですし。しかし大きな武器である事は間違いないですね。

サン・シーロはピッチコンディションがよくないので、ディアビーを出してもボロボロでしょうね。しかし1トップで行くならそれしかないでしょう。どのみち誰を出してもアデバヨールは孤立します、だから1トップというのは選択肢に入れるべきでないと思ってます。1点の重みが違う以上、ミランは攻めなくてはならないわけですが、一番嫌なのはボールキープされる事でしょうね。となると4-5-1も悪くなさそうですが、それならベントナーを下がり目にして、納めさせる方が理に適ってる気がします。

エドゥアルドの事は、ルウィンが適切に対処してくれたと思いたいですね。どんなに適切に対処しようが、かかる時はかかるんでしょうけど・・・そうはならないように祈りましょう。

よくある、疲れてると思ってたら次の試合で突然復活とか、そのパターンを期待したいですね。


>ルーニーとロニーさん

ユナイテッドファンではないんですか(笑) そういえば今シーズンもトップ4をプレミア勢が独占するという期待が高まってますが、そうなるといいですね。いやよくないか?(笑)

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/834-5dbdb352

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。