スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エドゥアルドが退院 

Eduardo released from hospital after injury - Arsenal.com

エドゥアルドが退院したとクラブから発表がありました。ここからはクロアチアに帰って、治療とリハビリって事になるのかな?昨日紹介したDavid Busst氏は、12日で10回の手術を受けたって言ってましたから、一昨日クラブから発表があったように、9ヶ月ぐらいでちゃんと復帰して、現役続行できると思っていいんでしょうかね。

クラブのオフィシャルサイトではエドゥアルドへの応援メッセージを受け付けていますが、1日1万件弱のメッセージが届いているようです。エドゥアルドはそれらの応援メッセージへの感謝を改めて口にしているそうです。

ちょっと今更感がありますが、エドゥアルド本人の情報や、クロアチア代表の面々のコメントは、クロアチア・サッカーニュースさんに詳しく書かれています。リンクした次の記事にもまたいろいろな事が書かれていて、エドゥアルド自身、ディナモ・ザグレブ時代に、練習中に誤ってチームメイトの腓骨を折ってしまった事があるのだそうです。これは知らなかった。テイラーを責めるような話が出て来ないのは、もちろん彼の性格というものが第一にあるのでしょうが、こういう経験があってのものというのもあるのかもしれませんね。

しかしこの話、GIGAZINEで取り上げられるとは意外でした。たまにサッカー関連の話も出てくるんですが、以前ブラッドフォードのスタジアム火災の映像を、特に何の説明もなくアクシデント動画として掲載していた事があったので、あまり詳しくないというか、興味のない分野だと思ってたんですよね。普段サッカーに興味のない人が話題にするとしたら、せいぜい日本代表や、ドイツワールドカップのジダンの頭突きとか、そういうものだけだと思いますし。


Croatian FA visit Eduardo - Sky Sports

クロアチアFA会長のマルコヴィッチがエドゥアルドを訪問するため、ロンドン?に来ています。

「選手としてだけでなく人間としても、彼は我々の心にいる。彼がクロアチアに来たのは、まだ14歳の時だった。彼について尋ねるメッセージが、何千、何万と届いているよ。」

「クロアチア代表にとってはとても辛い時だ。彼はユーロ2008予選で、最もゴールを決めていたんだ。我々の試合は全て彼を基準に構築されている。しかしこれで彼は出場できない事がわかったんだ。」

また同じくクロアチアFAの理事?日本語で何と言うのかよくわかりませんが、とにかくスレビッチという人が、エドゥアルドの様子を見て、クラブが発表した9ヶ月という離脱期間がもっと短くなる事を期待していると話しています。

「6ヶ月か7ヶ月ぐらいになって欲しいと思う。エドゥアルドと話したが、彼は楽観的だった。彼は我々のチームにとってとても重要な選手だ。我々のスーパーマンなんだ。」


Cesc - I'll give everything - Sky Sports

アーセナルマガジンのセスクのインタビューからの抜粋、その2。以前はちょっと個人的なプレーをしていたが、今は完全にチームのためにプレーしているんだと主張しています。

「アーセナルに来てから大きく成長した、特に昨シーズンはそうだね。守備的にも、責任がかなり大きくなったと思ってるんだ。以前はもっと自分のためにプレーしていた、周りが僕の話をしてくれるかどうかを確かめるために、少し個人プレーをしていた、それは事実だ。多分僕は自分の力をもっと示したかったんだと思う。でも今はそんな事は想わない。完全に変わったんだ。」

「今はよりチームのためにプレーしていると感じてるよ。マン・オブ・ザ・マッチや月間最優秀選手に選ばれなくても気にならない。それ以上にチームのためにいい事をしてるんだと思ってるし、今ではそれが一番楽しいんだよ。」

「もう何か素敵な事をしてやろうっていうセスクを見る事はないと思うよ。もし90分チームのために守らなければならないのなら、僕はそうする。」

「それで名声が得られなくても全く気にしないよ。今の僕の望みはシーズンの最後にタイトルを勝ち取り、チームメイトとそれを祝いたいという事だけなんだ。」

「トレーニングで何人かの選手と話をしたり、彼らのハングリーさを見て、学んだ事があってね。自分のように本当に何かを勝ち取りたい人がいるというのは、より糧になるんだ。何もかもが一つになるんだよ。それに監督も僕にもっと多くを期待してると言ってる、僕はクラブのために全てを出し尽くしたいんだ。」


Almunia - Maintaining home form will be vital in title race - Arsenal.com

バーミンガムとはアウェーで引き分け・・・というかホームでも引き分けでしたが、アルムニアはタイトルを獲得するにはホームでの全勝が必須だと語っています。

「どのチームに対してももちろん敬意を持ってるし、誰と対戦するかなんて気にしてないよ。誰が自分達の前に立ちはだかっていようが、とにかく勝点3を奪う事が重要なんだ。」

「ホームでの試合は全て勝たなければならないね。ここでは僕達はとても強いし、それはタイトルを勝ち取る上で助けになるだろう。二度と起こってはならないのは、バーミンガム戦のように、ここでのリーグ戦で勝点2を落としたりする事だ。」

「僕達のフィジカル面での状態はいいし、僕達はみんなが好調の若いチームだと思うね。メンタル面では、こういった若い選手というのは、頭の中に多くの幻想を抱き、それをピッチで体現するんだ。」

「ドレッシングルームやフットボール外でもいい感じを持ってるしね。それが僕達がみんなで自分達のやりたい事にかけている秘密であり、集中力なんだ。それが全てさ。」


Walcott - Why Agbonlahor will be a major threat for Villa - Arsenal.com

ヴィラにいるガブリエル・アグボンラホール、U-21でチームメイトであるウォルコットが彼について語っています。仲良さそうですね。

「ヴィラの若い選手全てが、本当にずば抜けてる。彼らのうち、どれだけたくさんの選手がイングランドのシニア代表や、U-21代表に選出されてるかに注目するべきだよ。」

「でもガビーは本当によくやってるし、イングランド代表に呼ばれたのにケガをしてしまったのはとにかく残念だね。招集は相応しいものだったし、それはアシュリー・ヤングにも言える。彼はとてもハードワークをしてきたんだ。安定感もあるし、毎試合いい出来だよね。」

「ガビーがいれば、パスが長くても追い付いてくれるんだ。スピードがとんでもないんだ、ジョークだよあれは。スピードのある選手と一緒にプレーするのは好きだね。彼はクレバーな選手だし、いいフィニッシュも持ってる。それが助けになるんだ。」

「どちらが勝つか、僕にはちょっと思いつかないなぁ。僕はナイキのイベントで、誰がボールに向かって速く走れるかというのがあるんだ。まだやってないんだけど、ガビーはもうやってるから、僕もトライして、彼のタイムを破る必要があるね。」

「それはさておき、彼とは土曜日の試合前に会って、少し話をする予定なんだ。僕達が結果を得られるといいね。そうしたらまたその後で、いい気分で彼と話せるからね。」


Usmanov plans blocking stake - Sky Sports

また最近出だした臼の話です。先日また株を買い増して、ついにクラブの筆頭株主になった臼ですが、このまま25パーセントまで増やしたいとの事。ただクラブ経営に関わる気はないそうで・・・何がしたいんだか。



コメントの返信なのですが、とりあえず最初の記事・・・2/23の記事のみ、短いですが返信いたします。それ以降はまた明日以降・・・遅くなって本当に申し訳ありません。
スポンサーサイト

コメント

とりあえずエドゥアルドが退院できてよかった。9ヶ月・・・長いですけどアーセナルにいないタイプのストライカーとして必要な選手なんで、しっかり治して復帰してほしいです。

セスクは長くプレーしてるように見えるんですけど、20歳ですよね。まだまだ成長していけるはずなんで期待してます。

臼は不気味だ・・・

今も?

陸さんって2ちゃんねらーだったんですね・・・・。

パトはこの前の試合で一点入れたそうです。一・一のドローでしたが、怖いですね、パト。
カカは、アーセナル戦出場できるそうです。セカンドレグ楽しみ。

>suouさん

エドゥアルドはまさにこういう選手が欲しかったんだ!って感じの選手ですからね。ヴェンゲルが獲ってきた時には驚きました。せっかくフィットしてきたのに・・・。再来シーズン辺りにはゴールを量産してくれる事を期待します。まずは復帰、それから来シーズンいっぱいはフィットネスを取り戻す事に集中してもらえれば。

Sky Sports でデータが出てましたけど、セスクはプレミアで2番目に若く100試合出場を果たした選手だそうです。ちなみに1番はルーニー。どちらも実年齢に対してすっかりベテランになってきましたよね。

臼は最近大人しくしてたんですけどね、何なんでしょう。いい加減消えてもらいたいのですが。


>ぬふさん

今は海外サッカー板には全く行ってませんね。報告系のスレにたまに行ってますが、完全にROM専です。あとたまにゲームの攻略情報とか見に行ったりもしてますね。

パト、決めてましたね。試合は見てません、っていうか放送あったんですかね?この前はケガ明けでしたが、今回はさらに調子を上げてるはずなので、要注意ですね。フレブ同様、カカもいつもいつも削られるとミランは怒ってますね。ファールで止めるしかないとはよく言いますが、こういうので偉大な選手が潰れてしまうのは勘弁ですね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/830-0fbbb8cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。