スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユナイテッド戦ベンチ組はOK、サニャやテオらも復帰 

Wenger gets six-strong fitness boost ahead of Milan tie - Arsenal.com

ケガ人情報。ユナイテッド戦でベンチだったアデバヨール、フラミニ、クリシーは全て出場OK。またサニャが戻り、デニウソンとウォルコットも復帰しています。ロシツキーは戻れませんが、これでできる限りベストに近いメンバーが組めますね。一方アルムニアはまだ万全でなく、キーパーはレーマンっていうのが最大の懸念材料か。ヴェンゲルの話。

「バカリ・サニャが戻ってきた。ガエル・クリシー、マチュー・フラミニ、エマニュエル・アデバヨールもね。マヌエル・アルムニアはまだプレーするには万全の状態にない。だが彼もメンバーに入れているし、もう少しだ。イェンス・レーマンが先発するよ。」

「デニウソンはチームに戻っているし、テオ・ウォルコットもね。だがヨハン・ジュルー、ロビン・ファン・ペルシ、アブ・ディアビー、トマシュ・ロシツキーは皆出られない。」


No FA action for Gallas - Sky Sports

ユナイテッド戦にナニに蹴りを入れながら、カードも何ももらわなかったギャラスですが、FAは検証の結果、特に問題は見当たらなかったとして、ギャラスに対する処分はしない事を発表しました。映像で蹴りを入れてるところがはっきり映ってたんですが、よく見ると当たってなかったとか・・・?

記事ではギャラスを退場にすべきだったと語るサー・アレックスのコメントが載ってますが、これはFAの決定を受けてのものではなく、試合直後のもののようです。この決定を受けてのコメントはこちら。曰く、「他のクラブにも影響を与える」「アーセナルは3、4枚レッドカードが出ていたかもしれなかった」と話してるんですが、大袈裟すぎ。特に後者は絶対にない。むしろフレッチャーには前半イエローが出ているべきでした。それで後半、2枚目で退場です。アーセナルに対しても主審に対しても挑戦的で、危険なプレーを繰り返してましたからね。そうやって何でもかんでも誇張するから本当に主張したい事が通らないんじゃないですかね。まるでどこかの半島人みたいだ。


Wenger - Milan are the favourites to go through - Arsenal.com

ヴェンゲルは対ミランでは、自分達の方が格下だと話しています。

「我々の方が格下だ。少しね。相手は経験を持っているし、昨シーズン優勝している。我々は売り出し中のチームだし、タイトルホルダーへの大きなチャレンジだ。」

「個人的には、我々はイングランド勢で最も辛い対戦になってしまったと思っている。そしてこの試合が、我々がチャンピオンズリーグを獲れるかどうかを教えてくれるだろう。」

「一方で2年前、我々はレアル・マドリーと対戦し、突破している。昨シーズンはアイントホーフェン相手で、敗退した。だから何が起こるかを予測するのはとても難しいんだ。」

「唯一わかっているのは、ミラン相手にベストで戦えなければ、敗退が待っているという事だ。」

そりゃ現状はどうあれ、5度(6度だっけ?)の優勝を誇る現チャンピオン相手ですから、アーセナルの方が格下ですね。何にしてもそう思っていた方がやりやすいです。どうも本命と見られるのは慣れませんし、多分選手達もそうじゃないかなと。常にチャレンジャーでいたいですね。でもそれはどっかの無敵艦隊みたく、万年優勝候補って意味じゃないです(笑)


Wenger - Milan will provide 'the ultimate test' - Arsenal.com

上と同じようなヴェンゲルのコメント。

「最大の試練だよ。明日はチャレンジャーの立場で臨む事になる。ミランはチャンピオンズリーグのタイトルホルダーだからね。彼らにはクオリティと経験があるが、我々も彼らの挑戦でき、そして倒す事のできるチームだ。ともかく、彼らを倒すためにベストの状態にしたい。」

「目の前の目標は大きなものだ、だがすぐ目の前にあるんだ。とてもいい位置にいる。後はクオリティの問題だ。」


Wenger - Big targets ensure we look forward - Arsenal.com

懸念されるのがユナイテッド戦敗戦の影響ですが、ヴェンゲルはポジティブでいる事の重要性を説き、試合の大きさが失望を忘れさせてくれるだろうと話しています。

「あんなふうに敗退して傷つかない人がいるかね?我々にとって一番大事なのは、ポジティブになる事であり、どうしたいのか、チームとしてどういうプレーをしたいのかを目に見える形で表す事だ。」

「大きな失望を味わった時には、自分の優れたところを忘れてしまう事がある。我々はできる限りベストの状態でいたいが、あの時はオフィスでは悪い日だったし、そういう事もある。」

「一番重要な事は、大きな目標を目の前に見据える事だ。これほど大きな試合、これほど大きな仕事、それで土曜日の事は忘れられる。」


Fabregas - Milan midfield can 'kill us in a minute' - Arsenal.com

今回プレマッチカンファレンスにヴェンゲルと共に出席したのはセスクだったようですね。ウィンターブレーク明けに早速勝利を手にし、その後ポロッと負けたと思ったらまた勝ち出し、そう思ったら今度は2試合連続引き分けと、リーグ戦では不安定な成績のミランですが、セスクは決して侮るべきでないと警告しています。

「その通り彼らは長い間一緒にプレーしてるし、僕達よりも経験を積んでる。でも僕達にはクオリティがあるし、本当に成し遂げたいと思ってるからね。それは同時にとても重要な事だ。彼らの経験には注意しないといけない。1秒で決められかねないからね。」

「正直言ってピルロの事は本当に好きだ。偉大な選手だし、とても知的で、素晴らしいパサーだ。常にベストソリューションを見ているんだ。カカもいる、昨シーズンは素晴らしい年だったね。彼には気をつけるよ。」

「この2人だけじゃなく、彼らにはいろいろな強みがある。チームにとってハードワークをする選手が揃ってるし、ヨーロッパでも屈指の中盤を備えている。」

「でも僕達はこの数シーズン、ミランのようなクラブと当たってきた。ユヴェントス、レアル・マドリー・・・そして僕達にはできるという事もわかっている。それでも、ベストである必要はあるね。」


Cesc relishing Milan test - Sky Sports

もう一つセスクのコメント。現時点で2位ユナイテッドと5ポイント差ではありますが、ミランを倒すにはまだ足りないんだと言っています。

「ミランと対戦するのに、特別なモチベーションは必要ない。僕達は立ち直り、これまでになく強くなる必要がある。僕達はパーフェクトじゃない、成長する、もっとよくなる必要があるんだって事を理解する必要があるんだ。」

「集中していかないといけないし、100パーセントを尽くさないと。これがチャンピオンってものだ。シーズンを通してやってきたものを出さないとね。」

「個人的には、みんながトライして、もっとよくなる必要があると考えている。それがチームとして反映されるんだよ。」

「僕達は何物も恐れない。彼らには大きな敬意を抱いてるよ。偉大な選手が揃い、ほとんど全てを勝ち取ったチームだ。でも僕達が最終的に目指すところはそこなんだ。この試合では、僕達はそのチャレンジをする準備ができてるって事を示す最初の機会になり得るよ。」


Wenger - 'Flattuso' controls tempo of our game - Arsenal.com

トゥーレがフラミニをジェンナーロ・ガットゥーゾに例えて以来、何度かガットゥーゾが引き合いに出されてるのを見ましたが、今ではチーム内でフラットゥーゾと呼ばれてるそうで、ヴェンゲルも認めています。さすがにヴェンゲルは使ってないでしょうけど(笑)

「ああ、そう呼ばれてるね。フラミニはガットゥーゾと似たスタイルを持っている。身体の大きさとか、いつも気持ちが入っているという意味でね。」

「マチューはメンタルが強いし、勝者だ。決して諦めない選手は常に成長していく。彼は我々の試合のテンポを担っている存在で、水曜日はキーとなるね。」

守備面での働きは確かに同じようなタイプなんですけど、ボールの扱いはフラミニの方がうまいと思うんですよね。ガットゥーゾも一時期ミドルをいくつか決めてた時期がありましたけど、その後サッパリな事から、あの時がおかしかったという事が証明されてますし。単に守備的な選手では今のアーセナルは回らない事は、不本意ながらジウベルトが証明してくれてます。


Fabregas reveals Eto'o wish - Sky Sports

ものすごく今更ですが、セスクがエトーがアーセナルに来たら嬉しいと語っています。僕もそう思ってましたが、エドゥアルドを獲って、使える目処も立ってきたので、この先ベントナーが伸び悩んだり、出ていくって事にならなければ、ストライカーの補強は必要ないかと。

「アーセナルで見たい選手は誰かって聞かれたら、サミュエル・エトーかな。エトーはとんでもないストライカーだよ。意欲的だし、よく走る。チームのために働き、ゴールもたくさん決めてくれる。何より本物の勝者だよね。彼がチームにいたら嬉しいね。」

エトーについて、NumberWebのコラムで、ANCでのプレー内容がよくなかった事が書かれています。ゴールは結構決めてたんですが、ファイナリストであるカメルーンのトップストライカーのはずなのに、大会ベストイレブンに名前が入ってないのが変だなと思ってたので、これを読んでちょっと納得しました。簡単に言えばアドリアーノ化してるって事ですかね。そんな選手ならいらないなぁ。環境が変わればまた復活するかもしれませんけどね。


Hatters starlet in demand - Sky Sports

アーセナルとスパーズがストックポートのトミー・ラウって選手を狙ってますよって話です。この前のロザラム戦でハットトリックを決めたようで、ポジションはウイング。19歳だったら即戦力として考える事もできそうですね。



全然関係ないですが、この記事。待て、竹島は韓国の領土じゃない。はてなユーザー含め、なぜそこにツッコまない・・・。
スポンサーサイト

コメント

サニャが出場できるのはほんと朗報ですね、これで注目は右MFに誰を使うか、というところぐらいでしょうか、・・・やっぱエブエ使うんでしょうかね、個人的に、やっぱもういらねー、という気持ちは変わらないですが、それでも在籍している間は活躍してもらわないと困りますし、彼がこの前の試合の汚名挽回をすべく、期待を裏切る活躍をしてほしいものです。

ミランの怖さを軽減すべくカカとセードルフをなるべくゴールから遠ざけるには、やはりサイドでの攻防で優勢に立たないと厳しいと思います、サイドを制して、ガットゥーゾ、アンブロジーニ?も引っ張られることで、彼らへのボールの供給を減らす、となると、サニャとの連携が一応確立しているエブエの選択になるのかな・・・と、ウォルコットは、連携面はまだまださっぱりな感じが受けます(彼が一人でミランDFを突破できたら、たいしたものですが)。

レーマンは、まぁ何だかんだ言いながら、無難にこなすんじゃないでしょうか、もっともレーマンが活躍しない試合の流れになれば、一番好ましいんですが。
自分は、むしろ相手GKが凋落著しいジダじゃないのが残念ですね、でもまぁ控えでもGKが狙い目であるのは間違いないですから、セスク、フラミニ、フレブには、遠目から積極的に狙っていってほしいです。
  • [2008/02/20 10:20]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ベンゲルとファーガソンのやり取り見てると思うのは、もうちょっと冷静に話してほしいですね。選手に悪影響がないといいなぁと毎回思ってます。

サニャ、クリシーが戻ってくるのは朗報だと思います。今の両SBの控えではミラン相手には正直厳しいと思うので。フラミニの復帰も大きいですね。ホームでは勝っておきたいところで、今シーズンのジウベルトでは、特に攻撃面で不安が残るのと思うので。後は選手全員のコンディションがいいことを願います。

今のFWの数を考えると確かにエトーは必要ないと思います。必要なのはとにかく中盤の攻撃的な選手ですね。エブエは正直SBとしてしかみれない・・・。今シーズンはよくわからんプレーも多いし、誰かとってほしいですね。

お久しぶりです。

先ず、ご心配頂いたようなので、私事ですが(我が家の)スカパーについて。
結論から言うとどうやらチューナーがイカレていたようです。
買い替えという予想外の出費に・・・。

それ以上に、その為に今日の大一番が見れないのが一番痛い・・・。
いや、全く見る「方法」がないわけではないようですが。
グレーかな。

マンU戦でレギュラー両SBの重要性を再認識したので、復帰は心強いですね。
特にサニャは新加入であることを忘れるくらい、あまりにもフィットしていたので、離脱されると痛かった。
それ以上にあの試合はホイトが悪かったとも言えますが。

今季初FAカップ観戦で、惨々たる結果を目の当たりにしてしまったわけですが、選手には是非とも切り替えて頑張っていただきたい。
まぁ私は、この結果による影響、その点は楽観しています。
相手はあの(腐っても?)ミランだと気を引き締めていると期待してます。

竹島については指摘があったようですね。追記がなされてます。
これらの場所には、一度は住んでみたいですが、一年くらいで十分ですね(笑)
それ以前に竹島は住めるようにしないとね。

しかし観たい・・・うがが。

お久しぶりです。

いよいよですね、心配だった怪我人も大方戻ってきてくれたので一安心です。それにしても久々の大一番だけあって見る側も緊張してしまいます。今朝の腹痛はそのせいかな(笑)

フォーメーションなんですが…陸さんが昨日、紹介してくださったヴェンゲルのコメント(ジウベルトを使う云々)を考慮すると、右にフレブ、左にエドゥアルド、ワントップにアデバヨールを置く4-1-4-1を採用するのではないでしょうか?
あまり機能していないフォーメーションだけに是非とも止めてほしいのですが、どうも気になります。

アルムニアは微妙なようですね。彼はキック以外は安定しているし、そのキックもレーマンよりはいい。ただ、レーマンが2ndいてくれるのは頼もしいですが。

>経験

ミラン以上の経験を持つクラブがないので、まあ気にしないと。それよりも彼らのコメントの多くが、経験の強みに偏っているのは、「強さそのものに確固たる自信がないんだ」と思って臨んでほしいですね。経験もあるけど、デポルに捲くられたり、PSVに2-0から詰められたりと脆さもあるチームです。

カラッツはミドルを危ない位置にはじいたり、クロスをうまくキャッチできずに多々こぼしていましたので狙い目かと。「ミドルを撃てて、逆サイドから詰めてくれる」ロシツキの欠場は本当に痛い。すぐ直るという話が、結局長引いていますね。ミラン戦には間に合うと思っていたのですが。

後はサイドのマルディーニ。昨シーズンのUEFAの最優秀DFに、決勝の出来がよく選ばれていますが、準々決勝・準決勝は往年を知るものとしては目を覆いたくなる出来でした。ここをエブエ・サニャのコンビで崩してくれればなと。

相手はクリスマスツリーが予想されていますが、私は「4-4-1-1」でくるんじゃないかなあと思っています。リバプールは劇的な勝利を収めましたが、明らかなテクニック不足でインテルを崩すことが後半40分までできませんでした。アーセナルも同じような展開になると思いますが、正確なテクニックとポジショニングでぜひ失点ゼロで勝ってほしいですね。

そして、ヴィエラの衰え方はショックでしたわ。まあ病み上がりではあるのですが、「彼が入らなかったら0-0で終えられた」と思ってしまう試合でした。

ついにCLですね!!
まだ学生なので試合見れないのがとても辛いです・・・。
本当にロシツキー間に合わないのは痛いですよね・・・せめてロビンがいてくれれば・・・。
ミランについてですが、カカ、セードルフを止めるのはもちろんですがピルロを止めれればある程度落ちていくと思うんですよね。その顕著な例が昨シーズン序盤の失速だと思います。彼らの攻撃のアクションの大体がピルロを経由してますから。まぁ大事なのは、そういったキープレーヤーを自由にさせないことですが、やはりカカの突破力は驚異的ですよね・・・。とはいうものの、スタメン組がちょいちょい復帰してくれてるんで、期待は持てます。ぜひオッサン軍団に目にもの見せてやりたいですね。

余談なんですが、アーセナルって意外と収入すごいんですね・・・。まさかトップ5にランク入りしてるとは・・・。やっぱエミレーツが大きいんですね?

>サッカー小僧!さん

ミランのLBは誰ですかね。やっぱりおっさんかな?サニャにはアップダウンを繰り返して相手をバテさせて欲しいものですが、セネガルに帰ってたかもしれない事を考えると、あまりコンディションはよくなさそうです。フランスだったらいいんですけどね。まあでも守備面は問題ないかな。本当、後は中盤の右ですよ。多分エブエだと思います。で大体叩いた後の彼はいいプレーをします(笑) 期待したいような、したくないような、複雑な気持ちですけど・・・。あと、汚名はへ(ry

僕も鍵はサイドにあると思います。4-4-2にしろ、クリスマスツリーにしろ、ミランのサイド攻撃はSBに頼る部分が大きいですし、両SBを自陣に釘付けにできれば、後はカカのカウンターとかピルロのFKとか、そういうのに注意すればいいだけですしね。ピルロも孤立させられます。ウォルコットは最近、連携云々以前に独りよがりなプレーが多いですからねぇ。個人的にはエブエ先発で、相手が疲れた頃にウォルコット投入というのが、一番嫌らしい気がします(笑) ただ勝ってるのが前提ですね。スペースがないと役に立たないので。カウンターならスラヴィア戦の再現も可能でしょう。

ユナイテッド戦のレーマンはよかったので、あの調子で臨んでもらいたいですね。ただキックミスはちょっとシャレにならんので、修正が必要です。ジダはどちらにしろ最近控えで、カラチが出てました。それでカラチが壊れたとなれば、もうジダでもフィオーリでも一緒な気がします。というかこの3人、誰が出ても一緒な気がします(笑) ミドル撃たなくても、クロスをボンボン入れるだけでも違うかもしれませんね。アデバヨールはキーパーにも競り勝ちますし。


>suouさん

ヴェンゲルもサーも大人しくなった方じゃないですかね。モウリーニョがいなくなって、余計に。選手も慣れてると思います。

サニャ、クリシーがいればサイドは万全ですね。後は硬くならなければ。ジウベルトは正直守備面でも不安です。つまらないキープミス、パスミスからカウンター食らう事も少なくないですし、なぜか今シーズンは無理矢理ボールを奪いに行こうとするので、ピルロに余計なFKを与えてしまう事が予想されますからね。フラミニが出れなかったらかなりシャレにならなかったと思います。コンディションは・・・あまり期待できないですね。ブラックバーン戦はひどかったですし・・・。

アタッキングミッドフィールダー、欲しいですね。もう一年以上言ってる気がします。ウォルコットもいずれストライカーで使う事になるわけですし、ロシツキーは見ての通りのスペランカーなので、クオリティ云々以前に枚数足りないですよね。リベリもバベルもマルダも獲らなかったし・・・よさそうな選手いますかね。今度こそペデルセン?


>gerdさん

お久しぶりです。結局チューナーでしたか。奇遇ですね、僕も最近おかしくなって、昨日注文かけたところです。今日は友人宅で見ます。ちなみにどこのチューナー使ってて、どこのを買いました?僕はHUMAX→SONYにしました。安かったですし(笑)

今のところ、グレーですね。周りにいないんでしょうか?しかし見ないわけには、ね・・・。ああ、そういえばUEFAのオフィシャルサイトで金払って観戦できますよ。ライブは確か10ユーロでした。

ホイトの劣化振りがひどかったですね、あれではエブエが重宝されるのも仕方ないです。というか、不要な補強だと思っていたサニャがなくてはならない存在になるとか、既存の選手は何やってんだって話なのですが、言ってもしょうがないか。ってわけでサニャに注目が集まってますが、僕は最近またクロスの精度がなくなってるクリシーが今回はやってくれる事を期待します。

今シーズンは手痛い敗戦を喫しても、うまく乗り越えてきてますからね、僕もその点は心配ないと思います。むしろ通り過ぎて硬くなってしまう事を心配してますね。

追記、確認しました。それにしてもあんなところにわざわざ基地作ってまで不法占拠とか、ものすごい盗人根性ですね。さすがとしか・・・。僕は一年も耐えられません(笑)


>てるあきさん

お久しぶりです。

緊張しますよ、特に僕にとってはミランっていうのは大きいです。しかし腹痛って嫌ですね、数年前にインテルと当たった時、僕も試合前から腹痛を起こしました。結果ホームで3-0完敗しました・・・。嫌な思い出です。

最近エドゥアルドがサイドでも使えるようになってきたので、4-5-1もアリだと思うんですが、アデバヨールが孤立気味になりますからね。最近そのシステムは使う頻度が減ってきてるので、多分ないと思うんですけど、CL、しかも相手が中盤を厚くしてくる可能性が高いとなると、ヴェンゲルも合わせていくかもしれません。今回はどちらがいいとは特に言えない気がするんですが、セスクが高めのポジションを取れるのであれば、中盤の数的不利を鑑みても4-4-2の方が攻撃は機能しそうですね。


>さとさん

いくらGKは動かないと言っても、体調が悪ければいろいろ鈍るでしょうから、無理する事はないでしょうね。しかしアルムニアがこういう事になるのであれば、確かにレーマンが残ってくれて助かったと言えますね。

僕も相手がずっと経験、経験と言ってるのが気になるんですよね。実際昨シーズンは経験だけで勝っちゃったようなところがあるので、わからなくもないんですが、今シーズンのアーセナルならそれを凌駕する事は可能かと思います。というか昨シーズンも、ユナイテッドにあれだけケガ人が出ればわからなかったと思いますしね。今のミランは守備は基本的に脆いと思います。あとなまじベテランが多いせいで、楽勝ムードが漂うと手を抜き出すクセもありますね。そういった悪いところが出れば簡単に崩せそうですけど、そもそも相手に楽勝ムード与えちゃマズイですね。

僕もカラチは狙い目だと思います。多分出れないって事ですけどね。フィオーリにしても試合勘なんてないでしょうし、狙い目には変わりないです。後はそういう時に限って、やたら大当たりされる不運が出ない事かな。ロシツキー、最初ヴェンゲルは「数日の問題だ、週間じゃない」って言ってましたが、やっぱりこれか・・・。

やっぱりおっさんはサイドですかね。まあ今シーズン現役続行したのもクラブワールドカップのためですし、それほど苦労する相手ではないとは思います。基本的にね。たまに大当たりする事があるので、そこが不安ではありますね。これはピッポにも言えます。

4-4-1-1?セードルフが低めのポジションになるって事ですか?他の試合はまだ観てないんですが、リヴァプール、押し込んでいながら苦労したようですね。最終的に2-0勝ちなら、王手をかけたと言ってもいいと思いますけどね。さすがに後半40分まで0-0とか心臓に悪いので、早めに決めて欲しいな・・・。

ヴィエラが悪かったって話も聞きました。さすがにずっと離脱していて復帰したばかりですから、しょうがないと思うんですが、年々衰えてるのは事実ですね。今ではアーセナルを語る上でヴィエラの名前が出る事もなくなってしまいましたねぇ・・・完全にセスクの時代ですね。


>laylaさん

gerdさんへのレスでも書いてますが、UEFAのオフィシャルでも・・・って、確かカードがいるんでしたっけ。さすがに持ってないですよね・・・?

現状ではロビンよりロシツキーがいないのが痛いですね、とか言っててウォルコットが活躍したりしてくれるとありがたいんですがね。エドゥアルドは今日、結構狙い目だと思いますよ。どうしてもアデバヨールに注意が行くでしょうから。

ピルロを止めればいいというのは正論です。サイドをうまく攻めて、ガットゥやアンブロを開かせれば、ピルロを囲みやすくなると思います。チームとして硬くなってなければ、ホームならこれぐらいの事はできると思うんで、僕はそれよりカカのカウンターとか、ピッポの一発とかに注意してもらいたいかなと。それ以前に主導権を握れないというのであれば、相当苦しい戦いを強いられるでしょうね。主導権を握って、パスをどんどん回せば、おっさん達はバテるの早いでしょう。

ハイベリー時代からトップ10に入るぐらいの収入は得てますが、5位まで上がったのは明らかにエミレーツのお陰です。ただ昨シーズンはCLをベスト16で敗退してるため、その部分でのディスアドバンテージっていうのはありますね。これで今シーズン優勝すれば、またランクアップすると思います。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/823-19a94ac5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。