スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リツィング、ユトレヒト戦 

24日に行われたプレシーズンマッチ・リツィング戦は5-2でアーセナルの勝利に終わりました。スコアラーはベルカンプ(10分)、アンリ(17分)、レジェス(35分、PK)、フレブ(79分)、ラーション(90分)。キーパー以外はほぼレギュラークラスが揃っており、負傷していたレジェスとクリスタンヴァルも復帰しています。フレブはまたもゴール決めていい感じです。

スターティングラインナップはハワード、ローレン、クリスタンヴァル、トゥーレ、ホイト、リュングベリ、ソング、フラミニ、レジェス、ベルカンプ、アンリ。後半からマノーネ、センデロス、シガン、フレブ、ベントリー、ピレスが、それぞれハワード、ローレン、トゥーレ、リュングベリ、ベルカンプ、アンリに替わって登場。また62分にはフラミニに替わりラーションが登場、ロスタイムにはゴールも決めました。フォメは

        ハワード
   クリスタンヴァル トゥーレ
ローレン             ホイト
     フラミニ   ソング
リュングベリ           レジェス
      ベルカンプ
           アンリ

かな。最終的に

        マノーネ
     センデロス シガン
クリスタンヴァル         ホイト
      ピレス   ソング
フレブ              ラーション
      ベントリー
           レジェス

って感じでしょうか。難しすぎる・・・。この試合は8月1日放送のアーセナルTVで放送されます。今回は初回放送が月曜日なので、お見逃しなく。


そして26日に行われたユトレヒト戦は、3-0での勝利。相変わらずコンフェデとワールドユース組は合流してません。練習には参加してるようですが。アルムニアは怪我してるようですね。キャンベルも負傷中で、開幕には間に合わないようです。最近本当に怪我多いですね、心配です・・・。スコアラーはピレス(13分、PK)、レジェス(54分)、アンリ(77分)です。

スタメンはハワード、ローレン、センデロス、シガン、コール、リュングベリ、ソング、フレブ、ピレス、ベルカンプ、アンリ。

        ハワード
     センデロス シガン
ローレン             コール
     ソング   ピレス
フレブ             リュングベリ
      ベルカンプ
           アンリ

ってとこかな。後半からローレン→エブエ、センデロス→クリスタンヴァル、リュングベリ→ベントリー、ベルカンプ→レジェスで、76分にフレブ→ホイト。マノーネはベンチから出る事はありませんでした。

        ハワード
   クリスタンヴァル シガン
ホイト              コール
      ソング   ピレス
エブエ              レジェス
      ベントリー
           アンリ

こんな感じでしょうか。何かピレスがセンターやってる率が高い気がするんですが、ヴェンゲルはセンターで使わないって言ってたのになぁ。まあジウベルトとセスクがいないし、今回フラミニがいなかったのでしょうがないですね。フラミニは怪我でしょうか。

開幕が近くなってきた事もあってか、あまり若い選手を使わなくなってきました。キーパーがいない以上ハワードの起用はしょうがないですが、ソングはずっと使われ続けてますね。ヴェンゲルは本格的に獲得を考えてるかもしれません。クリスタンヴァルの去就も気になります。もういい加減シガンはいらないんですが、今回フル出場ですし・・・クリスタンヴァルも大差ない気がしますが、今は少しでも駒が欲しいですね。信用できるCB獲ってよ・・・。

また最も得点が期待されるアンリ、レジェスが得点を重ねているのもいい流れです。ベルカンプも結構決めてますし。ピレスの得点がない事がずっと気になっていて、今回もPKでの得点ですが、センターでは今まで以上にゲームメイクが求められるでしょうし、周りが慣れない若手や新加入選手等で、彼等を引っ張らなくてはいけない以上、得点力が落ちるのは致し方ないといったところでしょうか。本人はセンターでプレーするのは好きなようなので、これでやり甲斐を感じて残留してくれると非常にありがたいです。

キャンベルが開幕に間に合いそうにないと上で書きましたが、ヴェンゲルはキャンベルを信頼しており、放出するつもりはないと語っています。そしてキャンベルに続き、ジウベルトはコミュニティシールドには出場しない予定。こちらは怪我ではなく、合流が遅くなった事での調整不足って事らしいです。また婦女暴行容疑で逮捕され、現在は釈放されているファン・ペルシですが、彼の捜査は9月まで続くとの事。これは現在ヴェンゲルがクレームをつけているところです。

そして以前まともな補強をしないのならば出て行くと言っていたリュングベリですが、4年の契約延長間近だと言われています。ピレスと共に今のアーセナルには欠かせない存在ですから、是が非でも延長してもらいたいですね。


最後に、アス紙のレジェスのインタビューを要約したもの。彼はヴィエラの放出に危機感を持ってはおらず、ヴェンゲルの若手を育てるその手腕の信奉者のようです。

レジェスは、ヴィエラがアーセナルの指導者の教えなしにベストフォームを取り戻せず苦しむだろうと考えており、またアーセナルは彼の離脱をカバーするだけの強さを既に持っていると感じている。

「ヴィエラは元々注目されていた選手じゃなかった、アンリも同じだ。二人はヴェンゲルの元で花開き、そしてそれは他の若い選手達にも起こらないはずがない。」

ヴェンゲルについては「本当に信じられない人だ」と言っています。

「彼は常に僕達の事を見ていて、完璧な雰囲気を作り出してくれる。」

また2011年までの長期契約を結んだ事について、

「フットボールの世界では、こんなに長期の契約を提示してくれるなんてそうない事だ。だからアーセナルがこのオファーを提示してくれた時、二度はないと思った。」

ってわけでこの長期契約が提示された時、迷わずサインしたそうです。レアルからの接触の件については、

「確かにあった、それは認めるよ。でもアーセナルから長期契約が提示されて、すぐにイエスと答えた。マドリーが興味を示してくれた事より、僕はここに残りたかったんだ。」

最後に、チェルシーについて、無敵とはほど遠いとバッサリ。

「確かにいいチームだ。でも昨シーズンは僕らと二度対戦し、どちらも引き分けに終わった。彼らには運もあったしね。チェルシーが偉大なチームを作り上げた事は認めなきゃならない、でも僕らにも僕らの武器があるのさ。」

何かとっておきの切り札がある事を匂わせてるんですが・・・彼はヴェンゲルの考えてる事を全部わかってるかのような口ぶりです。いつの間にこんなヴェンゲルマンセーになったんだろう。でもここまで言うって事は、一時期ホームシックになったと噂されていた時に、ヴェンゲルの指導があったんでしょうね。まあ何にしてもいい事です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/82-5ee88c90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。