スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンゲル:スタジアム観戦だけが前時代的だった 

ここまで、プレミア海外開催についていただいたコメントの中では、賛成1、反対8ってとこですか。前回記事に書いた事に加えて僕が憂慮してるのが、プレミアにCL優勝チームが出た場合。そう、クラブワールドカップです。いずれに持ち回り制になるようですが、今のところ日本開催ですし、例えばクラブワールドカップで日本に行って、またすぐ香港で試合なんて事もあり得るわけですよね。おまけにANCまで重なった時には一体何試合やるんだか。死人が出ない方がおかしいと思うんですが。


Wenger - A 'global game' is almost inevitable - Arsenal.com

ヴェンゲルがプレミアの海外遠征プランに肯定的なのは、これだけ世の中が便利になったのに、試合を見に行く事だけは昔と変わらないのでは、外国のファンが気の毒だからとの事です。

「ある意味では避けられない事なんだ。なぜか。コミュニケーションというのはどんどん速くなっていく。今では私がフィリップ・センデロスがケガをしたと言うと、同じ時間には中国でもうそれを読む事ができるんだ。20年前はそうではなかった。だからフットボールというのはもうテレビやメディアを通じてグローバルになっているんだ。」

「グローバルではないのは試合へのアクセスだ。今はテレビが世界で最高のアクセス方法となっている。そしてそうなると、ベスト対ベストへのプレッシャーというものが出てくるだろう。」

「となると問題なのが、ベスト対ベストというのは、イングランドにのみあるものかという事だ。そしてそれがプレミアリーグがやろうとしてる事なんだと思うね。国内でのベストというものは失わずに、それらを海外へ売り込み、イングランドにベストは留める。それが続くかって?私にはわからないね。」

「一試合の親善試合で金が入るというオファーはあった。だがそれはリーグ戦への準備をする上で正しい事だとは思わなかった。」

「チームにとって、世界を回るのであればフレンドリーより公式戦の方がいいだろう。フランス代表がオーストラリアへ飛んで、次の月にチリへ親善試合をしに飛んだ事があった。誰も理由はわからない。」

「だが本物の試合となれば、人々を騙す事はないしね。半分コンペティティブという試合では人々を満足させる事はできないんだ。彼らはテレビでいつもベストを見ているんだからね。今やフレンドリーでは彼らを満足させ続ける事はできないよ。」


Prem keen to prevent breakaway - Sky Sports

このプラン、スクーダモア氏は、一部のビッグクラブが勝手にやらないために提案したそうです。それなら全員でやって、一緒に儲けましょうよって話らしいです。だったら禁止すりゃいいじゃないと思うのですが・・・。あと昇格降格の廃止はないそうです。


Gilberto - I feel useless - Sky Sports

ジウベルトが控えに回されてる理由を聞かされてない、なぜなのかわからない、こんな調子ならもう出て行くと語っているのですが・・・ソースはサン。何か捏造くさい感じがします。

「ここまでこの変化についての説明を待っているところだ。実際には新聞で見たんだけどね。昨シーズンはいいシーズンだったと思うけど、何が起こったかはわからなかった。このまま出場できないのが続けば、アーセナルを去る事は避けられない。」

「ヴェンゲルが僕を完全に不要だって気持ちにさせてる以上、こんなのをもう1シーズンは続けられない。選手は笑っていられなければいけないんだ。ある悲しいブラジル人がよくない状態にある、特にピッチの上ではね。今は戦っていく事が本当に辛いんだ。」


Flamini hoping to stay - Sky Sports

一方でフラミニの契約延長話は進行中。早く決まらないかな。

「クラブとは話し合いが続いてるし、全てうまくいく事を祈ってる。ここでハッピーだからね。イングリッシュフットボールが好きだし、アーセナルを愛してるんだ。」

「ハードワークだね。それをクラブにいる3年半の間やってきたんだ。今はチームに居場所もできたし、どんどん自信もついてる。セントラルミッドフィールドでやれてるし、それは僕が全ての面で関係していくって事なんだ。それが僕のスタイルに合ってるんだよ。」


Wenger - Cesc can cure his own growing pains - Arsenal.com

昨シーズン、セスクがブラックバーンのヒューズ監督に暴言を吐いたなんて事がありましたが、ヴェンゲルは最近そういった面が落ち着いてきたと話しています。未だにちょっと危ういシーンはありますけど、明らかに問題を起こすという事は確かになくなりましたね。

「セスクは集中しているし、選手の勝つという姿勢を見るのはいつだっていい事だね。少し行き過ぎてしまう事もあるが、今シーズンのセスクの態度は特筆すべきものだ。一つのアクシデントも思い浮かばないね。」

「ある時期、大体半年ぐらいは、多少悪い行いをしていた事もあったかもしれない。だが彼はとてもいい形で正しい道を行った。特別私の指導なく、ね。彼はとても賢く、これが自分の辿りたい道ではないんだと悟ったんだよ。」

「選手が自分でそういう事ができないのならば、私が助けに入るだろう。だが彼の場合は必要なかった。(マーク・ヒューズ監督への暴言について)彼は謝ってきたし、それ以降は特に問題はなかったね。」

「メディアでの非礼が出たのかもしれないが、私が才能ある、素晴らしい選手というのは、自分のパフォーマンスや振る舞いに対して、フェアな基準を持っているものだと思うんだ。彼らは家に帰り、自問する。"今日はなぜ正しい事をした、今日はなぜ間違った事をした"とね。彼らは何が起こったかを分析し、その振る舞いに反映させて、姿勢を改善していくんだよ。」


Wenger happy to face questions over Bentley - Arsenal.com

ブラックバーンで活躍しているベントリーについて、ヴェンゲルは彼の放出は仕方のない事だったとし、また彼の活躍を喜んでいます。

「ベントリーはキャリアの中でいい進歩を遂げているし、彼にはとても満足しているよ。彼が出て行った時、私は"ダメだ、ここに残れ"という事はできた。だが彼の前にビッグプレーヤーがいたのをわかっていたし、彼はまだ経験が充分でなかった。選手が後で傷つく事になっても引き留める事がフェアなのかどうか、考えないといけないんだ。」

「"なぜ彼を出したんだ?"と言われていた事があったのは知っている。だが私がそういう決断をする時、後でこの質問をされるのが嬉しいんだ。それはつまり、彼が他のどこかで成功しているという事だからね。」

「もちろんそれで思い返して、ベントリーが今では素晴らしい選手だと思い知らされる事はあるだろう。彼が今ここでプレーしていて、レギュラーだったかどうかはわからない。だが彼にはクオリティがある。」

「タイミングの問題だとわかっている時に選手を放出するのは難しい事もある。だが最終的には全員をキープする事はできないんだ。45選手いて誰もプレーしないという事もあり得るんだよ。」


Africa Cup of Nations: Ivory Coast 2-4 Ghana - Arsenal.com
African Cup of Nations: Cameroon 0-1 Egypt - Arsenal.com

ANCの最終戦2試合の結果です。コートジボワールはガーナと3位決定戦、カメルーンはエジプトと決勝戦で対戦し、それぞれ4-2、1-0で敗れています。というわけでエジプトはグループステージに続いてカメルーンを破り、大会連覇を成し遂げました。

コートジボワールはある意味大事な試合だとは思うんですが、やはり最後という事か、これまで出番のなかった選手を起用。従って普段レギュラーであるトゥーレとエブエは出場しておりません。ソングは先発出場したんですが、元々コンディションがよくなかったようで、開始15分でやはりダメとなって交代しました。膝のケガのようです。チームも敗れて二重に残念な結果になっちゃいましたね。


Song acclaimed for Cameroon performances - Arsenal.com

残念な結果になっちゃったんですが、何とソング、叔父のリゴベルを差し置いて大会ベストイレブンに選ばれました。カメルーンからは他にジェレミが選ばれています。これはすごいですね、よくやりましたよ。今後クラブでもこのパフォーマンスを発揮してくれると嬉しいですね。


Loan Watch: Osasuna move clear of drop zone - Arsenal.com

続いてローニーの情報を。

オサスナ 1-0 サラゴサ
ヴェラは62分間の出場。唯一のゴールはチェコのプラシルが決めています。これでオサスナは15位浮上だそうです。

バーンリー 1-1 コルチェスター
ランドールは73分からの途中出場。バーンリーは今どの位置にいるんでしょうね。

レアル・ソシエダ 1-1 エル・エジード
メリダは後半ロスタイムに出場、ほとんど出てないに等しいですね・・・。最近勝てないソシエダですが、この引き分けで4位浮上だそうです。

ノッティンガム・フォレスト 2-0 ミルウォール
シンプソンはフル出場、しかしチームは連敗です。

カーディフ 1-2 ノリッジ
ギブズは今回も使われませんでした、だったら何で獲ったんだろう・・・。



シティ、君達は最高だ(笑) アーセナルにやられてくれて、おまけにユナイテッドにダブルを食らわせるとは。何だかんだでダービーなんだからと期待しつつ、ここ数年は順当に負けてたイメージですが、スヴェンが監督になった途端に勝利。まあイーストランズならそれもあるかと思っていましたが、オールド・トラッフォードでも勝っちゃうとはねぇ。リヴァプールもうまい事チェルシーを止めてくれましたし、ケガ人多いですけど、ブラックバーンに勝てばまた差を広げられますね。
スポンサーサイト

コメント

私は賛成です。
今プレミアを見てる人はプレミアに満足してるからプレミアを見てると思われます。なので、新提案にはネガティブなのだと思われます。ししかし、新しいファンを獲得することを怠ってはいけません。
選手のコンディションへの懸念は当然、即戦力の拡充という帰結に至るでしょう。さすれば、おこぼれに与るイングランド人選手も多いのではないでしょうか。

寧ろ上手いことやればとんでもないことになるかもしれません。CLくらいなら超えれるんじゃなかろうか。
大分楽観的ですが、上手くいかなきゃ止めればいいだけの話だと思うんですが。
そういうのジャパニーズは嫌いなんですよね。

1都市に20クラブが来るわけじゃないんですね。だとすると、トッテナムがトップ5ヅラして日本に興行に来る可能性もあるんですね。そう考えると実現しなくてもいいかな。

なんか愛ちゃんの声がかすれてませんでした。風邪ですかね。心配ですね。

それと、ぺこさん
サイトを教えてくださりありがとうございます。
なんか上手いこといきませんが、ユナイテッド戦までにはナントカしたいです。

FAカップの放送はテレ朝チャンネルで地上波ではないようですよ。

マンUの試合が地上波でやっていたので見たんですが、完璧に焦っている印象を受けました。
マンCが勝った時にはついつい叫んでしまいました。笑
何はともあれアーセナルが勝ったことで、勝ち点差が5になりましたね。
最高の気分です。笑
もちろん油断大敵ですが・・・。
なんか今年のアーセナルって勝負強さを感じますね。
ライバルがこけたときに取りこぼさないですもんね。
ホントに頼もしいです。
あとは、無駄な所で勝ち点取りこぼさないことと、直接対決で引き分け以上の結果を残してほしいですね。

はじめまして。スパーズのファンのゆーやといいます。ブログとても面白くて記事なども興味深いものが多くてよく見させてもらってます^^
リンクさせていただきましたので一応、ご報告を。これからもたびたびお邪魔するかも・・・ですが、よろしくです☆

 海外での開催はむしろ保守的な英国人が嫌いそうです。海外での開催云々よりも、「まずやるべきとをやれ」という人がここのサイトでは多いんじゃないでしょうか?雇用選手数を増やしても、結局日程の圧縮でしわ寄せは来ますし。FAは足元をおろそかにしすぎです。現地のファンがすべての試合を観れない状況はやはりおかしい。

>ローヴァーズ

何か悪いときのアーセナルが随所に見られましたが、代表明けの中よく勝ったと思います。ただ、センデロスのゴールがなかったらと思うと怖かったです。ベンチメンバーで攻撃のオプションがベントナーだけ。

ジウベルトのパスミスからのカウンターが一番怖かったですが、致命傷にはならず。後半はフレブが持ち直して、リズムを取り戻せたんじゃないでしょうか。

あとアデバヨール。考えの浅い雑な落としが何度かありましたが、それでもキープしてDFの呼吸を整えさせていたし、ダメ押し点。ミラン戦まで維持して欲しいものです。彼の「ひざつきパフォーマンス」にはヴェンゲルが注文をつけていましたが、それで変えたのでしょうか?あれはそれ以上に危ないパフォーマンスだった思います。



MOMはフレブ!

現地のファンがすべての試合を観れない状況はやはりおかしい。同感です!

・技術は進歩していますが、人間は進化してないですよ?

僕はロマニスタですが、最近プレミアを良く見るようになってます。リーグ全体としてはインテル独走もあってかセリエ・Aより面白いし、昔は食わず嫌いというか、偏見があってロングボールばっかと勘違いしてました。アーセナル、いいチームですね。スペクタクルという点ではローマには及びませんが(笑)(もちろんあくまで"主観"ですが)チャンピオンズ・リーグで当たるといいな。

ライバルが足踏みしてくれた結果を目の当たりにしての今日の試合、無難に終りましたね、ブラックバーンが主力を欠いて、しかも、らしさがなかったのも助かりました。
まぁそんなに絶賛する内容でもなかったですが、でも悪い内容でもなかったと思いますし、今日の試合に限っては、内容はそこそこでも、とりあえず勝ちたい、もちろん怪我人が出ずに、そしてできれば気持ちよく終われればと思っていたんで、自分は省エネで十分ではないか、と思ったりしています。
シュートも打っていましたし、フリーデルじゃなかったら、余裕で勝っていたんじゃないでしょうか、久しぶりのリーグ戦のジウベルトも、今シーズン自分が見る限りでは一番よかったように感じました。

MOMは難しいですが、やっぱ積極的に攻めて、エマートンを相手陣内からなかなか出さずにベントリーとの連携を分断したフレブですかね、後は先制点を取って無難に守備をこなしたセンデロス・・・、でも一番目だったのはフリーデルでしたね、2失点とも彼には何の責任もなかったように感じました。
  • [2008/02/13 00:10]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>円高待望論さん

主にここで言われているのは、新規ファンの獲得とかそれ以前の問題で、現実的に海外遠征は障害があり過ぎるって事です。今でさえ試合過多なわけですから。それを何とかしないと話にならないと思います。上手くいかなきゃやめればいいと言っても、死者が出てからでは遅いですし。逆にそれさえクリアできれば、非常に魅力的な話だと思いますし、対策がないなんて事もないわけですから、それを怠って、全て無視してメリットにばかり目を向けるなって事です。

開催は5都市ですね。今のところ候補は222ぐらいあるそうです。どこが来るかは完全にランダムでしょう。確かBBCの掲示板にあったと思うんですが、サンダーランド対ダービーなんて事も充分あり得ます。スパーズなんてまだ当たりな方じゃないでしょうか。まあ僕はアーセナルが来なければあまり興味はありませんね・・・。

FAカップ、地上波じゃないんですか?テレ朝のCSチャンネルだか何だか知りませんが、そっちは見れないな・・・。


>laylaさん

NHKですか?ユナイテッドはまだ結果しか見てませんが、2点リードされて、後半ロスタイムに何とか一矢報いたってとこのようですね。ユナイテッドは好調だと思ったらいきなり転んだりするので、よくわかりません。

アーセナルは本当勝負強くなりました。元々こういう時はお付き合いしちゃうようなイメージがあるんですけど、我が道を行ってますね。すでに1敗はしてますけど、やはり無敗優勝の時よりチームとして強いと思います。今後のバーミンガム戦はもちろん、3月はチェルシー戦以外は全勝しないといけないと思いますね。ヴィラが手強いですが、ホームですし。5差開いた以上、ユナイテッド、チェルシーとは引き分けで充分なはずですが、そろそろブリッジでの無敗記録を止めてやりたいですね。


>ゆーやさん

初めまして、スパーズファンの方とはこれまた珍しい。リンクの件、了解しました。こちらもリンクさせていただきます。アーセナルのサイトですから、スパーズに対して厳しい事言ってる事もありますが、どうかご容赦を。スパーズファンだからといって誹謗・中傷するような人はいませんから、安心して来てくださいね。


>さとさん

英国人が反対してるのが、果たして保守的だからなのかどうかはわかりませんが、彼らにとって何のメリットもないのは事実ですからね。キーンは「うちのサポーターならどこにでも来てくれる」って言ってますが。本当、やるなら今の試合過多をどうにかしてからにしないとね。できないわけでも何でもないし。日本企業もそうですけど、海外進出を考えると足元が見えなくなるんですかねぇ。

ローヴァーズ戦は苦しかったですね。でも代表戦の後ではしょうがないです。本当、センデロスのゴールがなければどうなってたでしょうね。現状ではベントナーを入れようと思ったら、やはりアデバヨールを下げるしかないですし・・・。ウォルコットはどうしたんだろうか。

ジウベルトはなかなかよかったと思います。やっぱり危なっかしいというのはありますが。フレブは時間の経過と共に目立ってましたね。シュートは2本とも惜しかったです。でも彼がドリブルで目立ってたという事は、やはりその分パスがうまく回せてないって事なんですよね。まあ、今回はしょうがないか。

アデバヨールは正直不満でした。プレーが安定しないなと。もうちょっと戦術理解度が高ければ、もっといい選手になれるのにっていうのもあります。でも最後の点はよかったですね、連続記録も保ちましたし。パフォーマンスにはヴェンゲルが文句言ってたんですか?僕はどうもゴールパフォーマンスっていうのをボーッとしてて見てないんですが、今回どんなのしてましたっけ(笑) カメラに向かって叫んでたのは見ましたが、あれは試合後でしたっけ。


>名無しさん

僕もそう思います。停滞していたチームを引っ張ってくれましたね。ゴールが決まってれば最高でした。


>ロマニスタさん

>技術は進歩していますが、人間は進化してないですよ?
どうすればいいんでしょうね。どこでもドアが発明されるか、バーチャル空間にダイブして、誰もがスタジアムの雰囲気を自宅で味わえるようになるとか?後者の方が現実的ですが、どっちにしても遠い未来の話になりそうです。

日本ではイタリアが人気ですけど、僕にはどうにも理解できないです。確かに伝統的なイングリッシュフットボールはつまらないですが、セリエもカテナチオとかいって守備的でつまらないですから。ローマは確かにスペクタクルな戦いをしてますね。どちらがスペクタクルかは、好みによるでしょう。チャンピオンズリーグで当たったら確かに面白そうです、準々決勝で当たりますか(笑)


>サッカー小僧!さん

ブラックバーン、やはりサヴェイジを出したのは間違いだったんじゃないかなって気がするんですよね。今回のようなああいう戦い方は向いてないと思うんですが。

僕はアーセナルの方はどちらかというと悪い内容だったと思うんですけど、身体が重くて動けないって感じだったので、叱責してもしょうがない気がします。果たして省エネになったのかどうかわかりませんが、無難に勝ててよかったですね。ああ、でも確かにフリーデルの好調がなければもっと楽でしたね。僕もジウベルトは今シーズン一番よかったと思います。

MOMはフレブでいいと思います。次点センデロスですかね。フリーデルはやはり好調でしたけど、敢えてケチをつけるとすると、アデバヨールに右サイドを抜かれた時、やや飛び出しが遅かったなと思いました。結局角度のなくなったアデバヨールがフリーデルに当ててしまって終わりましたけど、フリーデルはその前で止められたんじゃないかなと。少なくともレイナやギヴンだったら飛び出して止めていた気がします。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/815-6766a100

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。