スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティズンズ戦、ロシツキーは欠場 

Wenger - Squad unchanged for trip to Manchester City - Arsenal.com

シティ戦に向けてケガ人情報。新たな故障者はいませんが、復帰者もいません。つまりロシツキーは出られません。ヴェンゲルの話。

「ロシツキーは今週末はまだ無理だね。ブラックバーン戦を目標にしているよ。ヨハン・ジュルーはもう3週間かかる。それ以外の、火曜日に出た選手は全員出られるはずだ。同じメンバーになるね。」

「ロビンについては、全てうまくいっている。前回のケガから、彼を急がせず、時間を与える事にしたんだ。期限は設けたくない。そうしてしまうと、もしその時に間に合わなかった場合、彼を急かそうとしてしまうかもしれないからね。」


Internationals: Clichy earns first France call-up - Arsenal.com

クリシーがついにフランスA代表に呼ばれました。来週行われるDRコンゴ、スペインとの親善試合に向けた36人という大所帯ですが、ステップアップなのは間違いないです。他、アーセナルからはギャラス、フラミニ、サニャ、ディアビーと、ファーストチームのフランス人はみんな呼ばれてます。


Walcott - There's no reason to go on loan - Arsenal.com
Walcott rules out loan exit - Sky Sports

ウォルコットは他のクラブにローンに出て出場機会を得るより、アーセナルでクオリティの高い選手と共に練習する方が有益だと主張しています。

「僕がローンで出る理由はないと思うんだ。ここアーセナルで毎日自分を高めたいと思ってるし、できる限りファーストチームに入りたい。そしてメンバーに入ったら、いいプレーがしたいね。」

「他のクラブを軽く見てるわけじゃないけど、僕はここで世界最高の選手達と一緒にトレーニングしてるわけで、そんな事は他では経験できないんだ。」

「こういった選手達に囲まれてる事で、間違いなく僕の試合は向上していく。それにアーセナルはこれほどファンタスティックなクラブだというのがまずあるね。僕がここで何をできるのか、みんなに見せたいと思ってるよ。」

それからオフィシャルでは触れられてませんが、サイドではなくトップでプレーしたいとも話しています。

「最前線でプレーできないのは不満だったよ。僕はストライカーに落ち着く事になると思ってるしね。監督もそう思ってると思う。」

ヴェンゲルは何度となくテオは将来ストライカーになると言ってますから、本人もそれをわかってないはずはないでしょう。今言える事はまだ早いって事ですね。


Arsenal midfield duo agree loan switches - Arsenal.com

一方で今シーズンいっぱいのローン移籍が決まった選手が2人。マーク・ランドールがバーンリーへ、キーラン・ギブズがノリッジへ行きました。バーンリーはご存知FAカップ3回戦での対戦相手。ヴェンゲルや選手達が絶賛してたチームですね。ノリッジのグレン・ローダーはアーセナルの若手を獲りたいと話していましたが、ギブズの事でしたか。これは結構期待しちゃいますね。


Cesc - We will be disappointed if we don’t win the title - Arsenal.com

リヴァプールはウェストハムに敗れ、未消化分を3ポイントと計算しても14ポイント差、もう終わりました。ここまではアーセナルとユナイテッドのデッドヒートが続いてますが、何気に中心選手を大量に欠いても勝ち続けているチェルシーに対し、セスクは警戒感を露わにしています。

「僕達は若いといっても、何ができるのかは見せてきた。優勝できなければ当然ガッカリだよ。間違いなく、間違いなくね。」

「どちらもメインライバルだよ。マン・ユナイテッドだけじゃない。チェルシーはいいポジションにいると言える。誰も彼らの話をしないけど、彼らはプレーして勝ってるんだ。どうなるかはわからないけど、最後まで付いてくるのは間違いないね。」

「僕達の話をすれば、安定が必要だ。いいプレーができない時もあるだろう。今シーズンも何回かあったけど、勝点は取り続けてるしね。とても難しい事だよ。」

「チェルシーは今までのようなプレーをしていないかもしれない。それでも1-0や2-1で勝ってる。これがシーズンの最後に違いを生むんだ。マン・ユナイテッドはとても強いチームだ。彼らが負けないのはわかってるから、僕達も最後まで強くあらないといけないね。」


Gallas in Chelsea warning - Sky Sports

ギャラスも古巣、チェルシーを警戒しています。

「誰もがチェルシーを忘れているが、僕は違う。彼らの戦い振りは知ってるからね。彼らはとても早く立ち直る事ができるし、そうしてマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルにプレッシャーを与える事ができる。彼らは危険だ、注意しないとね。」

派手に逃げるユナイテッド、しぶとく追ってくるチェルシーに挟まれてるアーセナルですが、ギャラスはこの緊張感がたまらないんだと話しています。

「毎試合、ある程度のプレッシャーがあって、毎回勝ちに行くっていうのは本当に楽しいものだね。マン・ユナイテッドとチェルシーの両者にプレッシャーを与えたいよ。」

そしてエースに成長したアデバヨールについて。

「マヌはチームにとってとても重要だ。今の彼は調子もいいし、いいプレーをしてる。僕達はみんな彼に満足してるし、毎試合ゴールを決めて欲しいと思ってるんだ。ストライカーにとってそういう気持ちを持つ事は重要なんだ。今シーズン、アーセナルで何かを勝ち取るためにはね。」

「彼はここから維持していかなければならない。僕は彼はビッグストライカーになれると思ってるんだ。でも僕達も助けになるよ。何もかも彼に押しつけるような事はしたくない、それでは彼の負担が大きすぎる。」

「ニューカッスル戦ではフラミニとセスクもゴールを決めた。ストライカーだけでなく、ミッドフィールダーもゴールが決められるんだってみんなに見せつける事は重要だね。」


Africa Cup of Nations: Cameroon 3-0 Sudan - Arsenal.com

ANCで、カメルーンがスーダンを3-0で破り、グループ2位通過を決めました。アレックス・ソングは今回もフル出場しています。どのポジションかわかりませんが、ケガ人が出たのか、それとも実力か、どちらにしてもレギュラーに定着しつつあるようですね。
スポンサーサイト

コメント

ロシ無理

残念・・・。

大きな怪我はしないけどちょこちょこしますね。

まぁ、スケジュール的に全試合は無理なワケですからしょうがないですね。

CLも始まりますし、ベンゲルも視野に入れての選手休養ってとこ?でしょうか。

熱いプレーヤーって意味では
たしかにみんな淡々としていると審判に舐められますから少しはフラミニみたいな選手は必要なのかな。

ただ、無駄なカードはもらっちゃこまるけど。

でも理屈抜きでロシツキー見たかったなぁ。

はやく戻ってきてくれ。

はじめまして。
僕も去年からずっと陸さんのブログを見させていただいてたのですが、コメントを書く勇気がなかったので書けませんでしたが、この度勇気を出して書こうと思いました!!笑
まだ学生なので、試合が見れないので陸さんのブログで内容を確かめる感じなので、とても頼りにしています!!

ロシツキー出られないんですね。
調子が良かったので残念で仕方ありません・・・
こうなりゃディアビーに頑張って欲しいですね。
陸さんの話だとだいぶ、手こずってるみたいですけど。笑
僕もロナウド壊れないかなって不謹慎なこと考えてしまいます。
直接対決ではクリシーが削りまくってくれることに期待してます。
チェルシーも相変わらずこけませんしね・・・
それにしてもランズベリーなどのローン選手が大きくなって帰って来て欲しいですね!!
これからも更新頑張ってください!!

チェルシー、・・・確かにランパード、テリーがいるほうが当然強いと思いますし、対戦相手としては嫌ですが、皮肉にも、チームの大黒柱の二人がいないことが、逆にこのチームの結束力を高めている気がしますね。
特に、バラックは明らかにランパードと波長が合っていなかったので、いなくなったことで、自由にプレーできる気がします、点も決めていますね。
ランパードがいなくなる可能性を考えると(ユーベかバルサか、という噂がありますが)、来シーズンのチェルシーのモデルは今の形がベースになるのかもしれませんし、そう考えると、手強いのは来シーズンかも・・・、逆に言うと、今年は是が非でもチェルシーに、アーセナル強し!のイメージを植えつけておきたいところです。
  • [2008/02/01 10:53]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ギブス バック スーン

今マンCは、自分達を見失いつつある状況にあると思います。

チームの連帯感、勝ち方、攻め方、組織としての纏まりに陰りが見え始めているといった印象を持ちました。FA Cupとリーグでのハマーズ戦なんかを見ていると…。

確かに個人技に秀でた選手が何人かいるので、油断は出来ない相手であることに違いはありません。

でも、現状では、ムシロこちらよりもマンCの方が、ホームで今季初敗退!まさか又アウェイのチェルシー戦(6-0)のように大差でやられてしまうんでないかと!? ビクビクしてるじゃないですくぁ!?

MUのC.ロナウドのド肝を抜いた奇想天外な生涯最高のゴール!と自負するFKを見ましたが、心が天になるほど凄かった!でもその後がねぇ…(14/25)GOAL打っといてたったの2得点ってのが、なんだかねえ~と思いました。



PS: 痴話喧嘩の後、ニューカッスル戦2連勝でズルズル負けは免れたせいか、陸さんのコメント&アナライズにも、いつもの様な冷静沈着で公平、それでいてユーモアー性もあり、的を得た指摘にも、どこかエスプリの利いたトーンが戻って来たような感じが致しました。毎回愉しみにしています…。

まぁ

ロシツキはでないかなぁ~と思ってましたから、あぁやっぱりかという感じです。
ただシティズンズに対してはディアビなのかテオなのか…ここも微妙なラインですね。
テオはトップでやりたいっていってるけど…
 
ローン選手はもうそのチームのエースになる勢いで行ってもらいたいですねo(^-^)o
ヴェラとかメリダみたくコンスタンスに試合にでて、自分のスタイルを確立させてから帰ってきてください!!
FA、マンチェスターは主力温存はかたいでしょう…
この場合、アーセナルの若手なら勝てる確率がグッと上がりますね(≧ω≦)b
そうなることを期待しときます~
 
次節、マンチェスターはスパーズです!!
なんだかんだ冬でちゃっかり補強したみたいですし、ハートレーンということもあり、多少は期待できるかな!?
ただ新加入選手はチームに馴染むには時間が少ないですかね…
 
ベッカムの話になりますが、やっぱりクリシーのクロス精度向上の背景にはベッカムらしいです!!
ありがとうベッカム!!!!

>トマスさん

全試合出場はさすがに無理ですけど、ヴェンゲルにとっては想定外のはずです。最近のカップ戦では一切使わずに休ませてるわけですから、セスクやフレブに比べて稼働率が低いロシツキーを、これ以上休ませる理由はないわけで。幸い中盤には他にケガ人はいないですし、ANCで抜けてるのもエブエだけなんで、頭数が足りないって事にはならないですけど、さすがにこうケガが多いと困ります。

審判にナメられるって事はないと思いますけど・・・相手にはナメられるかもしれませんね。勝ってる時なら余裕として捉えられるかもしれませんけど、負けてる時や苦しい時に気迫を出せないと、相手に驚異を与えられませんからね。フラミニは単に気持ちを表に出すというだけでなく、自分のプレーでチームを鼓舞する事もできる貴重な選手です。特にセスクやフレブ辺りはうまくいかないと下を向いちゃうようなところがありますしね。カードはもうちょっと気をつけてもらいたいと思うんですが。昔はポジションの割にカードが少ない選手だったんですけどね。


>laylaさん

初めまして。どうもコメントありがとうございます。僕のリポートは基本的に試合を観てる事を前提に書いてるんですけど、伝わってますかね?試合経過を詳細に書いてる他のブログさんと見比べると、よりわかってもらえるかと思います。

ロシツキーの離脱は痛いです。それ以上にアデバヨールが好調なので、中盤がうまく回らなくても何とかなっちゃうようなところはありますけど。ディアビーはもう一歩ってところですね、多分もっとコンスタントに出場しないと、その一歩がなかなか踏み出せずに終わると思います。あと逆サイドが同じようにボールを持ちたがるフレブっていうのもキツイですね。これがロシツキーだったら、もうちょっとバランスはよくなった気はします。

そういえばFAカップですが、ユナイテッドとの直接対決がありますね。でもクリシーは出るんだろうか。さすがに相手がユナイテッドとなれば、ヴェンゲルもフルメンバーをぶつけますかね。キーパーがレーマンなのは確定ですが。チェルシーにはいい加減うんざりしてきましたが(笑)、リーグ的には2強争いより3強争いのが面白くていいっていう面もありますね。

ランズベリーはローンには出てませんよ。多分。ギブズやランドールにはかなり期待してます。特にランドールが使える目処が立てば、セスクに何かあった時に慌てないで済みますからね。あと来シーズン合流予定のヴェラですね、彼らが台頭してくると、今シーズン必須と思われた選手がジウベルトのような事になっちゃうって事も考えられます。そうなると可哀想ではあるんですが、ファンとしてはそれも一つの楽しみだったりしますね。


>サッカー小僧!さん

Sky Sports のコラムに載ってたんですが、チェルシーはプレミア20チーム中、現在のチーム内得点ランキング上位2人に依存してる割合が最も低いそうです。その上テリーやカルヴァーリョ、エシアン辺りを欠いててもそうそう失点しなくて(ヴィラにはホームで4点取られてますけど)、また毎試合きっちり1点ぐらいは決めると。こりゃ手堅いです、特にディフェンスの安定は驚異ですね。

ランパードって、ある程度以上攻撃的な選手との相性が絶望的に悪いですよね。それでもチームの大黒柱だったわけですし、そのランパードが外れても勝てるとは・・・。バラックは復帰して以降いいプレーをしてるようですが、果たして本物なんでしょうかね。僕は来た当初はシェフチェンコよりバラックの方がフィットする可能性は低いだろうなと思ってたんですけど。

ただ、あくまで個人的な印象ですが、今のチェルシーは綱渡りを続けてると思います。守備の安定は眉唾ではないのかもしれませんが、例えばバラックの好調が一過性のものだったとして、ドログバがいなくなったりしたら、頼りはアネルカだけという事になりかねません。それだけで勝ち続けられるほどプレミアは甘くないでしょう。一歩間違えば、今のリヴァプールのようになってしまう可能性は充分あると思うんですよね。まあトーレスよりアネルカの方が上なのは間違いないですが・・・。


>quai44さん

最近のシティを見てると、シーズン序盤の守備の強固さが見られないなっていう印象がありますね。ダンやリチャーズの、強い上にいい加減にしろってぐらいのしつこいディフェンスがなかなか見られなくなってる感じがします。ガリードなんかはメッキが剥がれた感じがしますし、ジョンソンとエラーノのブームも終了かって感じで・・・。まあ彼らはいずれまた上がってくると思ってるんですけど。

ビアンキはいなくなりましたが、エラーノのFKやミドルシュートは要警戒ですね。ただ何か起こしそうといったら、僕はマルティン・ペトロフだと思います。個人的に結構好きな選手です。とはいえ、鍵になるのはやはりいかに点を取るかって事だと思いますね。昨シーズンだか一昨シーズンの、攻めながらもなぜか点が取れず、PK一発で沈むなんてのは勘弁です。

ル・ティシエが2-1アーセナルと予想してますけど、僕も同じスコアを予想してます。でも6-0いいですね、チェルシーにやれてアーセナルにやれないはずが(笑)

ロナウドの生涯最高のゴール?ポーツマス戦の2点目ですか?あれってディフレクションでしたよね?どこにも当たらずあの軌道だったら、そりゃ生涯最高でしょうね。何かもう物理法則を無視してるような感じさえします。ロナウド好きじゃないけど、あのゴールは永久保存ものかも・・・って録画してないです(笑) シュートはそんなに撃ってたんですね、今回アーセナルはその半分程度で3点取ってますね。まあそういう事もあるでしょう。うちとしては助かりました。

エスプリの利いたトーンとか言われると何やらお恥ずかしいですが、とにかくありがとうございます。一つ言い訳をさせていただきますと、最近リポートが適当な感じになってたのは、ハイライトでしか見れないのであまり詳細が書けないためです(笑) ハイライトだとチャンスシーンかピンチシーンしかないので、そこへ至る過程という一番重要な部分がわからないものですから。やっぱりハイライトとフルとでは、全然書ける内容が違うんですよねぇ。


>ペコさん

僕もロシツキーはちょっと無理だろうなと思ってました。例え出れても、あんまり無理して欲しくはないですしね。ウォルコットは現状FWとしては5番手でしょう。今回は出してもいい気はします。ただし右サイドで、ですが。

ギブズやランドールなら、チャンピオンシップでは主力になれそうな感じはするんですよね。ただそのまま完全移籍しちゃう選手が多いのが困りものですが。

ユナイテッドはFAカップはほぼフルで来ると思います。彼らも再びトレブル狙ってるでしょうし。大体ホームで主力温存してアーセナル相手に敗退したら、サポーターに示しがつきませんしね。スパーズには・・・正直何も期待しません(笑) 格上相手にはすんなり負ける連中ですからね。リヴァプール相手には粘りましたが、リヴァプールだし・・・。

やっぱりクリシーのクロスはベッカムのお陰ですか、できればソースが知りたいんですけど、ご存知ですか?そのうち記事で出てくるかなぁ。今月のアーセナルマガジンとかでも。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/807-d8ad4b03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。