スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンゲル、引き分けの責任を全て引き受ける 

Wenger - I take full responsibility for result - Arsenal.com

ホームで痛い星を落としてしまいましたが、ヴェンゲルは責任は自分にあると話しています。

「責任は全て私にある。観客はよかった、我々は悪かったし、私もその一人だ。ひどい試合をしている場合ではない、それでは目的は達成できない。我々はやろうとしたが、創造性、突破力、シャープさを欠いていた。こういう事もある。」

「こういう時の合理的な説明を考えるのは容易いが、それが正しいとは限らない。10日間プレーしていなかった選手が、それでも今日シャープではなかったというのは、フットボールの謎の一つだ。」

「試合中の我々は、簡単にいくだろうという気持ちがあったんだ。いい教訓になった。ゴールキーパーがこれほど仕事がなかったのに、勝点2を落としたなんて事はこれまでになかったかもしれない。」

「失うべきでないボールを失っていたし、コーナーでは充分シャープではなかった。それからはゴール前でクオリティを欠いていたし、それが共通の問題だった。」

「これが選手達のメンタリティに影響を与えるとは思っていない。シーズンの中では1つや2つ、ベストでないパフォーマンスがあるものだが、今日はセットプレーでミスが生まれたわけで、それが残念だった。」

「できるだけ多くの勝点を稼がなければならない。大きな2ポイントを失ってしまったのは残念だ。今シーズンの22試合では、そのうち21試合でいいプレーをしたわけだから、これが本当の我々ではないんだ。本当の自分達を取り戻したいね。」


Clichy - We have not had to question ourselves enough - Arsenal.com

クリシーも自分達が調子に乗っていた事を認めています。若いチームにはありがちですが、まだ何も成し遂げてないのに集中を切らしてしまうっていうのはちょっと信じられない。

「監督はシンプルにプレーしろと言ったんだけど、簡単な選択をせずに最後のところでいいボールが入れられなかった。」

「後半の最初にセットプレーから失点した時、それはオフからの準備ができてなかったって事になる。監督はハーフタイムにその事を警戒してたんだ。だから本当に残念だった。」

「これでまた集中を取り戻して、次の試合ではハードワークをしないといけない。まだ充分じゃなかったって事なんだからね。でもプレミアリーグの最初の試合からこれほどいいプレーをしてきて、毎回試合の後に反省をしないっていうのは危険な事だよ。」

「仕事を思い出そうじゃないか。集中を取り戻して、みんな、前へ進まないと。メンタリティがなくなってしまったとは思わない。タイトル争いには残ってるし、次のフラム戦ではそれを照明するよ。」

「マンチェスター・ユナイテッドは年を越す直前まで1差でトップだったんだ、だからまた同じ構図になったって事だよ。ただ最高の試合をしていかないといけないんだ。僕達には優勝できるクオリティがあると思ってるからね。」

「こんな形で2ポイントを失ったのは残念だけど、次の試合を楽しみにしていかないとね。」


Loan Watch: Defeat for Simpson and Vela - Arsenal.com

ローンウォッチです。ジュルーとギルバートが帰ってきて、コノリーが完全移籍してしまったので減りましたが、新たにメリダがレアル・ソシエダ、ファン・デン・ベルクがゴー・アヘッド・イーグルスへ移籍しています。ファン・デン・ベルクについては今回は情報なし。

ポート・ヴェイル 3-1 ミルウォール
シンプソンは先発していましたが、味方の退場で53分に交代させられています。ミルウォールのゴールを決めたのはアレクサンダー。

オサスナ 0-2 ラシン
ヴェラは30分ほどの出場。最後の10分で2点取られて負けたようです。

レアル・ソシエダ 1-0 アラヴェス
来たばかりのメリダは今回は観戦のみ。


Gunners in Depor starlet link - Sky Sports

デポルティーヴォBに所属しているスペインU-20代表GK、ファブリシオをアーセナルが狙っているとか。しかしまだアーセナルのスカウトがチェックしているかもってレベルで、動きは何もないそうです。

これに対し、ファブリシオ本人は、あくまでAチームでプレーする事が目標だとしながらも、チャンスがあるのならば当然考えるとしています。

「そういうニュースを耳にするのは嬉しいね。でもアーセナルからのコンタクトは何もないんだ。デポルティーヴォは僕と話をしたいと言ってきている人はいないと言ってるけど、僕の方の準備はできてるよ。」

「僕の目標はデポルティーヴォでプリメーラを戦う事、でもファンタスティックなチャンスが現れたのであれば、考慮に入れるのが自然ってものだ。今日ではイングランドは若手スペイン人にとって、大きなマーケットになってるしね。」


Wenger reveals Becks bid - Sky Sports

ヴェンゲルがデイリー・エクスプレスに語ったところによると、2004年の夏にベッカムを獲得しようとしていたとの事です。これは意外。

「数年前、レアルでの最初のシーズンがうまくいかなった時、もう少しでデイヴィッドをアーセナルに連れてくる事ができたんだ。彼のキャリアに関係している人々にも会ったんだが、最終的にデイヴィッドはレアルに残る事を選んだんだ。」

ベッカムは今も一緒にトレーニングをしていますが、ヴェンゲルはローンでの獲得すらしないそうです。
スポンサーサイト

コメント

バーミンガム戦は1時間遅れでBSでやってたのを観てたんですが、途中で緊急地震速報が出てかなりテンパりました。僕が住んでる所は東海地震直撃なんでヤバイかもとは思ったんですが、まだ実施されてないと思ってたんでいきなり出てきても半信半疑で、身構えした方がいいのか深夜に家族を起こす様な事なのかと、あたふたしか出来ませんでした…。ちょっとしたら速報が出て、震源地は熊本かどっかで震度3くらいのものだった(と思ってネットで調べてみたら長万部で震度4でした…?)んで結局揺れは感じなかったんですが、そんくらいで緊急とか出してビビらせんなよと思ったのと、後でニュースで知ったんですが僕が見たのは誤報で本来は震度5以上で流すものらしいんでNHKにちょいギレしました。でも誤報のおかげで次からは対処しようと思えたんでぶっちゃけNHKに感謝です。

いざって時に何にも出来ない僕が言うのもなんですが、このコメントを読まれた方は当たり前の事なんですけど緊急地震速報が流れたらテンパらずに落ち着いて対処する事をおススメします。陸さんは愛知にお住まいとの事ですが東海地震って気に掛けてたりしますか?

イングランドの若手を育てていくって記事で、>ランズベリーやギブズは、来シーズンは間違いなくファーストチームに入ってくる、とあったんですがランドールの名前が無いのがちょっと気になってます。

>Conyさん

誤報って、迷惑な話ですね。そんなならニュースにでもなりそうなもんなのに、聞いてないと思いきや・・・日曜日や月曜日はロクにニュース見てませんでした。というか、緊急地震速報ってどこで震度何っていうのは伝えられないんですか?それじゃ無意味に全国にパニックを呼ぶだけのような気が・・・。

ちなみに一つ豆知識?として、こういう災害で犠牲になるのは、主に自分勝手な判断で避難行動を怠った人々だそうです。なので「これぐらいなら大丈夫だろう」って勝手に判断せず、とりあえず逃げるが勝ちのようですね。それで何事もなければ、それはそれでよかったって事で。

で僕も当然東海地震は直撃地区なわけですが、一応地震対策はしてますよ。食料や水の蓄えはしてなくて、それはやっとかなくちゃいけないなぁとは思ってるんですが、家具の固定はしてあります。それ以前に家が崩れたらどうしようもないですけどね。最近ヤモリが家に住み着いているようなので、彼らのお陰で何事もなければいいな、と勝手に思ってるんですが(笑)

僕もランドールの名前が出て来なかったのは気がかりでした。彼が出てきた時、まだギブズやランズベリーは出てきてませんでしたからね。やっぱり花開かなかったのかなぁと諦めムードになった頃にまたカーリングカップのメンバーに入ってたり、ケガもあるのかもしれませんが、よくわからない立場ですね。ラーションを失ってしまって、次に出てくるのはランドールかメリダかっていうのが、セスクのバックアッパーがいない現状では気がかりですので、どうにか台頭してきて欲しいなと思います。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/791-0a90ec21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。