スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トットナム戦 マッチリポート(CC1) 

アーセナル 1-1 トットナム・ホットスパー

カーリングカップ準決勝 1stレグ
エミレーツスタジアム
2008年1月9日(水)
キックオフ:午後8時

主審:マイク・ディーン
入場者数:53136人


アーセナル   1
   ウォルコット 79分
トットナム・ホットスパー   1
   ジーナス 37分


 ARSENAL
   ファブヤンスキ
   トラオレ
   センデロス
   ジャスティン・ホイト
   ジュルー→サニャ(46分)
   ジウベルト
   デニウソン
   ディアビー
   ウォルコット→ランドール(90分)
   ファン・ペルシ→エドゥアルド(46分)
   ベントナー
 SUBS NOT USED
   マノーネ
   ギャヴィン・ホイト

 TOTTENHAM HOTSPUR
   チェルニー
   シンボンダ
   イ・ヨンピョ
   ドーソン
   キング
   オハーラ
   ジーナス
   マルブランク→ケヴィン・ボーテンク(77分)
   レノン
   ベルバトフ
   キーン→デフォー(83分)
 SUBS NOT USED
   ロビンソン
   スタルテリ
   ターラブト



何とか追い付いて引き分けですか。しかもウォルコットのゴールはハンドだし。ホームで勝っておきたかったところですが、別にレインでも負けてるわけじゃないので、充分突破の可能性はあるでしょう。延長は覚悟しておく必要がありますが。

内容ですが、ハイライトで見ても悪かったです。ほとんどずっと押し込まれてました。後ろがやたらバタバタしてるのと、中盤でのボールの納まりが悪く、また運動量でも劣っていたからでしょう。特にディフェンスの混乱振りはやるせないものがありましたね。誰が悪いとかでもなく、連携がバラバラ。やはりいくら同じスイス代表とはいえ、久しぶりにコンビを組んだセンデロスとジュルーでは無理があったか。

でも何かそれ以上に、守備のバタバタはジウベルトに原因がありそうな感じがするんですよね。ポジショニングとかカバーのタイミングが悪くて。その上最終ラインの連携も合ってないですから、かなりやりたい放題やられてました。先制点のシーンは象徴的だったと思います。何でもないスルーパスなのに、あっけなくキーンに裏を取られ、ファブヤンスキは1対2になってどうしようもなし。

これ以外にも、ベルバトフに左サイドを完全に抜かれ、ファブヤンスキが飛び出すもかわされ、大外れマルブランクに感謝っていうのと、同点ゴール後、調子に乗って攻め込んでいたら失点シーンと同じようにファブヤンスキが1対2になるも、途中から入ってきた時は後頭部のラインが眼帯みたいに見えた勘助・デフォーの最悪のミスに助けられました。ファブヤンスキはいくつかいいセーブがありましたが、CKの目測を誤り、バレーでトスを自分の後方に上げるような形のミスがありました。幸い味方が拾ってくれて助かりましたが。

後はやっぱり中盤がねという。リーグでのボロ戦みたく、相手の方がプレスの出足も早ければオフ・ザ・ボールの動き出しも早い。結果ボールホルダーが1対4になってしまうなんて事もなんて事もザラ、守備では中盤の戻りが悪く、ディフェンスラインの連携が悪いのも重なって、2列目どころか1.5列目からの相手の飛び出しにもまともに対応できない有様。やっとボールを奪い返したと思ったら、コントロールに手間取ってる間に1対1でもあっけなく奪われる始末。

その中で同点ゴールを決めたウォルコットは、結果的に手に当たって入りはしたものの、動き出しがよかったです。それでもイ・ヨンピョに捉えられてしまって、本来なら止められていたはずが、イ・ヨンピョのタックルにいった足に当たったボールが走っていたウォルコットの腕に当たって、前へ出ていたチェルニーを越えると、結果はラッキーではありましたが、少なくとも可能性を感じさせるプレーでした。前半はファン・ペルシと共に、いたの?ってぐらい、少なくともハイライトでの存在感は皆無でしたけどね。

ちなみに神の手ゴールなんですが、リプレイで見ても限られたアングルでしかわからないようなもので、あれを副審が見抜くのはさすがに無理があったと思います。スパーズファンは納得いかないでしょうけど。正面で見ていたはずのチェルニーですらわからなかったっぽいですからね。

最後にちょっと押し込みはしたものの、他に決定機らしい決定機は前半の2つぐらいか。ちょっと遅攻すぎだろって感じもありましたが、ベントナー、ファン・ペルシらが絡んで、ホイト?のマイナスのクロスにベントナーがヘディングで合わせましたが、これはキーパー。ヘディングで決めるにはクロススピードが遅すぎた事、コースが非常に限られていた事が厳しかったですね。せめてもうちょっとクロスが低ければボレーも撃てたでしょうが。

もう一つはセットプレー崩れで、センデロスがタッチライン際でベルバトフに突き飛ばされたFK。ニアに入った低めのボールにジウベルトが飛び込み、彼が触らなくてもオウンゴールになる可能性も高そうなボールでしたが、ボールは遙か上空へ。どちらかを決めておけばかなり楽になったと思えるだけに残念。そういやこの試合、1枚もカードが出てませんが、ベルバトフは絶対わざとセンデロスを突き飛ばしてます。何でこれがカードじゃないんだ。

フォーメーション。バーンリー戦からは5人の変更。GKはこれまで通りファブヤンスキ、ジュルーが復帰後初出場、サニャはベンチでジャスティンがライトバック。中盤右サイドはウォルコットで、ファン・ペルシが復帰、エドゥアルドがベンチに。

      ファブヤンスキ
     ジュルー  センデロス
J.ホイト             トラオレ
    デニウソン  ジウベルト
ウォルコット           ディアビー

   ファン・ペルシ ベントナー


ヴェンゲルはハーフタイムにジュルーとファン・ペルシを下げ、サニャとエドゥアルドを投入。どちらもパフォーマンス不良ではなくケガのようです・・・。サニャはライトバックに入り、ジャスティンがCBに。後半ロスタイムにウォルコットとランドールを入れ替えてますが、多分同じポジションでの交代でしょうね。

      ファブヤンスキ
     J.ホイト  センデロス
サニャ              トラオレ
    デニウソン  ジウベルト
ランドール            ディアビー

    ベントナー  エドゥアルド


2ndレグは22日です。準決勝のもう1試合、チェルシー対エヴァートンは2-1でチェルシーが勝利。1-0でチェルシーが勝っていた時にミケルが一発退場(またかよ・・・)、これに乗じたエヴァートンが追い付くんですが、最後にレスコットがオウンゴールを決めてしまい、敗れています。次はグッディソンなので、こちらもまだまだわかりませんね。

週末のリーグ戦はホームにバーミンガムを迎えます。


Wenger: 'We had resilience and didn't give in' - Arsenal.com

ヴェンゲルのポストマッチカンファレンス。ジュルーの交代は一応ケガだそうですが・・・。んな事より、ファン・ペルシまた壊れたし、センデロスも壊れてCBいねぇ・・・。まあホイトもメチャクチャ悪いってわけじゃないですし、サニャは意外に空中戦も強いので、できない事はないんでしょうが、ジウベルトはちょっと勘弁ですね。まだ1月も上旬ですし、補強も可能です。

結果について
「今夜はトットナムの方がチャンスを作っていた事を考えれば、我々にとってはいい結果だろう。いいスタートを切って30分プレーしたが、ハーフタイムに失点して以降、相手に本当にいいチャンスを2つ3つ作られてしまった。彼らは決めきれなかったがね。後半は少し・・・守備的にはよくなったが、チャンスはあまり作れなかった。しかし立ち直る事ができたし、諦めなかった。そして最後には1-1に追い付いたんだ。我々にとってはいい結果だ。」

トットナムについて
「彼らは上り調子にある、それは確かだ。今夜はいいプレーをしていた。だがそれを理解するには結果に安定感が必要なんだ。クオリティというのはまずは安定にかかっていると思う。だから今夜彼らはいいプレーをしたし、それを否定するつもりは全くないが、我々は3日毎、4日毎に同じパフォーマンスを繰り返さなければならないし、それはとても難しい事なんだ。」

リターンレグについて
「2週間の間に完全に変わる事はある、我々はいいポジションにいると思うし、今夜の試合を考えれば実現できる。2-0だったら間違いなく試合は決まっていたし、突破するチャンスは絶たれていただろうが、1-1ならばいいポジションにいるという事だし、チャンスはあるよ。」

FAカップの影響について
「今夜はフィジカル的にベストではなかったと思うし、バーンリー戦から完全には回復していなかったと思う。トットナムの方が我々よりシャープだったが、我々はメンタルの粘りと強さを見せた。このような若いチームで、それはポジティブな姿勢だね。」

新たな故障者について
「ジュルーはケガをしていたし、センデロスがケガをし、ファン・ペルシもケガをしてしまった。つまり試合前はいなかったケガ人が、今夜で3人を失ってしまった事になる。そしてアフリカネーションズカップで3人を失っているし、一夜で・・・実際には2日だが、いきなり6人がいなくなってしまった。とても難しいね。」

ファン・ペルシの問題について
「明日の朝に確認しなければならないね。古傷の問題か?長期離脱から戻った時は、2日の問題なのかもっと長引くのか、明日確認するよ。」

センターバックについて
「ジュルーはバーミンガムにいた時から問題を抱えていて、個人的にはそれが再発したのだと思っている。鼠径部の問題だ。センデロスは前半に中膝の靱帯を少しやってしまった、確認はこれからだ。全て調査する必要があるし、彼らがどれだけ離脱するかを話す事はできない。1日2日で済むかもしれないし、2週間かもしれない。今夜判断を下す事は難しいんだ。ホイト、ジウベルト、サニャがこのポジションでプレーできる、まだ策はあるよ。」


Van Persie struck down with flu but good news on injury - Arsenal.com

ケガ人情報来てました。ファン・ペルシとセンデロスのケガは軽いものだそうです。でもそんなの関係なく、ファン・ペルシはインフルエンザでダウンしたので、ブルーズ戦には出られません。ジュルーは無理みたいで、センデロスは微妙な状況の模様。ヴェンゲルの話。

「実際に(ファン・ペルシについての)ニュースはないに等しいよ。彼は昨日からインフルエンザにかかっているんだ。寝込んでいて、医者に診てもらっている。つまり土曜日の試合は何であれ出られないという事だ。だがケガの再発はないと思っているし、とても小さなものだと思っている。」

「ジュルーはダメだが、センデロスはまだメディカルスタッフの診断をちゃんと受けていない。金曜日にはもっとはっきりとした事がわかるだろう。オプションは昨夜にプレーした者(要するにホイト兄)か、ジウベルトかサニャになる。だから選手はいるよ。他はみんな大丈夫だ。」


Gilberto - We were lucky - Sky Sports

こういう時ぐらいキャプテンマーク巻かせてやれよなジウベルトですが、正直スパーズ戦はラッキーだったと認めています。相手がスパーズではない、他のどこかの同じチームだったら、負けてたかもしれません。

「望んでいた結果ではなかったけど、引き分けに持ち込んだのは重要な事だし、状況を考えればOKだろう。いいチーム相手にリードを奪われたんだから。」

「前半はとてもたくさんのチャンスを作られてしまって、試合を決められていてもおかしくなかったけど、2点目3点目は逃れる事ができたね。後半は彼らにあまりスペースを与えず、ウォルコットのゴールが決まって、大会に生き残ったんだ。」

「僕達の頭にあるのは、彼らと対戦する時はハードなものになるって事だけだ。しばらく負けてないとは言ってもね。それが彼らに影響を与えてるのかもしれない。長い間勝ってないチームを相手にする時は大変なものだよ。」

「だからこういう試合で強いメンタルを持つ事は重要な事なんだ。やりたいようにやらせてしまったら、アドバンテージを握るのは相手の方だからね。」

話変わって、市場が開いたのに最近は移籍の話があまり出てきませんが、出場機会が限られていても自分は自分の仕事をするのみだと話しています。

「僕は自分の仕事をしている。プレーするチャンスを得た時は助けになる事だ。僕の頭にあるのはそれだけだよ。」


Dortmund claim Lehmann deal - Sky Sports
Wenger - We had to dig deep - Sky Sports
Lehmann - No Dortmund deal - Sky Sports

何かドルトムントがレーマンの獲得について本人と合意に達し、後は金銭面の話を詰めるのみとか発表してますが、ヴェンゲルとレーマン本人によって否定されました。どーなってんだ・・・?まずはヴェンゲルのコメント。

「それはない。イェンスがドルトムントと個人的に合意に達したというのは否定するし、我々もドルトムントとは合意していない。」

続いてレーマン。

「BVBへの移籍に合意した覚えはないし、今の段階ではそうなるとも思えないね。プライベートの問題が満足いく形で解決できれば行くかもしれないが、そうでなければ行かない。」

「俺がドルトムントに行くとしても、6ヶ月の話になるだろう。次の夏にどうするかについては、完全な自由が欲しいからね。」

ドルトムントがレーマンを欲しがっているのは、レーマンの退団以降守護神を務めてきたヴァイデンフェラーが肩を痛め、全治3ヶ月となっているからですが、正直レーマンが古巣に戻る可能性は少ないんじゃないかと、個人的には思ってます。古巣に戻る事のイザコザとか、レーマンはそういうのは気にしないでしょうが(そうじゃなきゃ元々シャルケにいたのにドルトムントに行くはずがない)、レーマンにとって一番大事なのは出場機会です。今はそれが保証されるでしょうが、ヴァイデンフェラーが復帰した時にそのまま出続けられる保証はないですし、ヴァイデンフェラーだってレーマンの後釜を今まで務めてきたという自負とか意地とかあるでしょうし。

どうやら2部のクラブでもいいという発言はドイツ国内では冗談と思われてるみたいですが、とにかく出場機会を得たい本人は、意外と真剣に考えてるんじゃないかなぁと思ってます。それ以上にプライベートの問題ってヤツなんでしょうけどね。やっぱり家族の事でしょうか。


Young midfielder joins Spanish club on loan - Arsenal.com

メリダのソシエダへの移籍が決まりました。今シーズンいっぱいのローン移籍。

ちなみに今の会長が当選したらコールマンが解任されるんじゃないかって噂も出てましたが、今のところそれはないそうです。


Henry - Arsenal's in my blood - Sky Sports

今までずっとケガしてたんだか知りませんが、もうすぐ復帰らしいアンリ。だいぶ前に坐骨神経痛とハムストリングだか鼠径部を痛めたっていう話は聞いてましたが、それ以来ですかね。今回はいつかまたアーセナルで仕事がしたいと話してるんですが、引退前に戻ってくるのか、クラブのスタッフとしてなのかはよくわかりません。そもそもアンリは監督には興味ないって言ってた気がしますし、どんな役割であれ、スタッフとして働くアンリってのは想像がつきませんね・・・。

「新しいクラブで何が起こってるかは関係ないんだ、僕がこの先、アーセナルで示したのと同じ影響力を示す事はないよ。それは僕が8年間もまた別のチームでプレーする事はあり得ないと思うっていうのもあるんだ。僕の脚が許してくれないよ。」

「アーセナルで8年間プレーして、ハイベリーで勝った事負けた事、楽しかった事、悲しかった事、全てがただ信じられないんだ。前にいた場所に戻る事はよくある。だからいつか、クラブで働けたらいいなと思ってるんだ。」

「あのクラブは僕の血に流れてるんだ。彼らがプレーする時、僕はいつもアーセナルを追ってるし、彼らが勝てば嬉しいんだ。」

「アーセナルでプレーできた事、ファンでいられる事を誇りに思う。それまでは僕はどのクラブも応援してなかった。でも今はアーセナルファンだし、彼らの試合を追わずにはいられないんだよ。」



ビッグ・サムは何しにノースイーストに行ったんだ・・・?
スポンサーサイト

コメント

スパーズ戦は引き分けですか、レポありがとうございます。
CBはどうなるんでしょうか……補強するったって、明日のバーミンガム戦には間に合いませんしねえ。困ったものです。

ところで全然違う話なのですが、中一の娘が冬休み明けの社会のテストで、ベラルーシとコートジボワールを正解できたのが嬉しかったです。(^0^*
やはり、日々の生活の中で耳にする頻度が高い国名は、無意識のうちにすりこまれているのでしょう。シェフチェンコがもっと活躍してくれていたら、ウクライナも間違わずに書けたかもしれません(笑)。
ちなみに、トーゴやチェコは残念ながら出題されなかったようですが、サッカーのおかげで地理の勉強は助かる、と言っております。

サッカー中継が始まると、子供の世話そっちのけでテレビに釘付けになる親に育てられたせいで、娘はサッカーにはライバル心のようなものを感じ、あまり快く思っていなかったらしいのですが、昨季からプレミアを目にするようになり、まして今季のアーセナルの快進撃にあっては、認識を改めざるを得なくなったようです。
「サッカーは面白い!」と。
いいプレイは、ファンでなくても通じるものですね。

(※単なる親バカ、サッカーバカで失礼しました)

CCは睡魔にまけて見逃してしまいました。
陸さんの書かれていることと、ハイライトのみですがかなり押し込まれてたみたいですね。
中盤でもマークを外す動きが少ないのは疲労なんですかね?
ジウベルトはこれ以上よくなることはないんでしょうね。
若手にチャンスを与える時期がきたってことでしょうか。

ペルシまた怪我ですか(涙)ほんとに軽症でカゼだけならいいですけど。

ジュルがCHでの起用を主張してるとか、いないとか。。間違ってたらすいません
CBだけは金を惜しまず、若手に拘らず、即戦力で補強してもらえないでしょうか。。
コロが戻るまでの試合ではシティ・アウェイ戦が一番やっかいですね。ユナイテッドも負けてますし。
現有戦力だけで大丈夫かなあ。。

ミラン戦まではまだ日がありますが、インザーギ腎臓結石、ヤンクロフスキ半月板で苦しんでるようです。
あちらはリーグも低迷してるようですし、今季はリーグ戦(4位以内)に照準を絞ってくれると助かるんですが(笑)
サンシーロで勝てていないようなのでこのままCLまで引きずってほしいですね。
エミレーツで2-0、2-1勝利、サンシーロ0-0が理想(笑)

最後に一番気がかりなのはフラミニの契約更新ですね。
レーマンの移籍も興味ないとはいいませんが(笑)
彼はイタリア系だしやっぱりイタリアで、ラニエリのとこへ行きたいんでしょうか。
早く更新してくれることを切に切に願ってます。

最早松の内も過ぎてしまいましたが、
五月には素晴しい結果が得られるよう、皆様と共に祈念したく存じます。
本年も宜しくお願いいたします。

頂いたコメントに関しまして。
カードですか・・・。
全く記憶に無いのですが・・・。
個人的に映らないのは電柱が邪魔しているんじゃないかと思っていたのですが、何れにせよCL再開までには何とかしないと・・・。
というか視聴料もったいねぇ・・・。

NHKでは、ハマーズ戦は3日に放送していました。
元日ライヴでやったのはマンUの試合だったかな。
今度のバーミンガム戦は一時間遅れで放送してくれます。
しかしその放送時間前後に、他の四強の試合を中継予定でもないのに、何故一時間遅れ?

NHKは大体、山本昌邦氏や小島伸幸氏が解説を務めるのですが・・・川勝さんや粕谷が懐かしいです。

CCはハイライトで見ましたが、拾った試合でしたね。
CBも良いとは言えませんが、流石にあれ程スカスカ裏取られるのは、中盤に問題があったのだろうと私も思いました。
ただどうであろうと、CBは獲ってくれ。

最後に。
前半戦のMVPは私も多くの方と同様、フラミニを推します(契約更新してくれ)。
加えて次点あたりにアルムニアをちょっと推したい(いややっぱギャラスか・・・アデもいるか)。
私は元々ジェラードやセスクといったセンタープレーヤーが好きなのですが、GKも普段割と気にして見ています。というのも仲間内でフットサル等をやると何故かGKをやらされるからでして(特別身長も高くないのに)。
プロのGKって何であんなに横っ飛びできるんだろう・・・。

で、アルムニアはハマーズ戦の飛び出し見事でした。
ユナイテッド戦から考えると成長してますね。

>Keenさん

遅くなりましてすみません、昨日一昨日はちょっとバタバタしておりまして。

バーミンガム戦はセンデロスが間に合い、しかもいい出来でした。しかしジュルーがいない以上その控えはジウベルトがホイトになってしまいますし、センデロスが入るとラインが下がるのはちょっと救いがたいですね。補強すべきでしょうが、緊急事態にならないとやらないそうですし・・・。

中一の社会のテストでベラルーシだのコートジボワールだのって出てきましたっけ?ああでも受験勉強でやたら国の首都を覚えてる人とかいましたね。僕はそういうのはあまりやった記憶がないですし、別に困らなかったんですが・・・。海外サッカーファンは地理には有利でしょうけど、でもそのライバル心を持ってるのにちゃっかり地理をモノにしてる辺り娘さんは侮れませんね(笑) しかも無意識にすり込まれてると言っても、言葉を覚えてるだけでそれを何かと結びつけるのはまた別の話だと思うんですよね。例えば僕が学生の時、東ティモールの独立騒動が話題になってましたが、東ティモールという単語を目にしてるだけで、それがどこにあるとか全然知りませんでしたし。それをテストで答えれるようにまでなるとは、娘さん賢いですね。

サッカーに限らずスポーツを見て面白くないっていう人は、大体ルールを知らないんですよね。それでもバレーやフィギュアスケートを見る謎な人もいますけど、大抵のスポーツはルールさえわかれば面白いものだと思います。その中でも世界中で格別とされてるのがサッカーですし、プレミアはレベル高いだけでなく、展開が速くて面白いですからね。「君もようやく面白さがわかったね」って感じでしょうか(笑)


>タイトル奪取さん

ハイライトでもあれだけ押し込まれてたって事は、ほとんどいいとこなかったんじゃないかと予想できます。中盤がうまく動けないのが疲労のせいかっていうと、なかなかそうは思えないんですよね。ファーストチームではレギュラーじゃない選手ばっかだし、リザーブゲームに毎試合出てるわけでもないのに。ジウベルトはどうにも上向いてきませんが、今チャンスを与える若手がいません。ディアラはもう干されてしまってますし、ソングはANCでいませんからね。どうなるんだろう・・・。

ファン・ペルシの状況は現在では何とも。次の試合まで一週間あるので、その間に治ってればいいんですが。

ジュルーが中盤での起用を望んでるっていうのは、報道では知りませんが僕も耳にしてます。ただ最近バーミンガムでもディフェンダーとしてプレーしてましたし、中盤には選手はいますからねぇ。そんなに中盤でプレーしたければ、放出して他のCBを獲るしかありませんね。シティのアウェー戦は本当に厄介ですが、守備よりもちゃんと点が取れるかが心配です。

ピッポはすぐに復帰できるそうですよ。ただジラルディーノが最後まで覚醒せず、ロナウドはフラメンゴに行ってもらって、パトが慣れるのに時間がかかればだいぶ楽になりますね。リーグ戦が終わってるからこそCLに照準を絞ってくる(というかすでに絞ってます)のは間違いないですし、CLではサン・シーロでも勝ってるのでそう簡単にはいかないでしょうが、はっきりしてるのは向こうではなく自分達次第だって事でしょう。両者調子が悪い状況なら、抜け目ないミランに分がありますね。

フラミニは移籍するなら夏にしていたでしょうから、心配はないと思います。ユヴェントスも誰を狙ってるのか忘れましたが、ジウベルトの噂すら最近聞かなくなりましたし。僕はやはりディアラの去就が一番気になります。


>gerdさん

昨日今年になって初めて会った友人におめでとうございますと言われたんですが、もうすっかり正月気分も抜けていて変な感じでした(笑) そんな与太話はともかく、今年もよろしくお願いします。

電柱が邪魔してるって事は、前までなかった電柱が新しくできたって事ですよね?迷惑な話ですが、本当お金がもったいないですね。アンテナを動かさないと。ちなみにカードの件ですが、ちょっと調べたところ、こんなのが見つかりました。ほぼ一年前から始まってるようですが、特に何もしなければ見れなくなるって事はないようですね。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070126/skyper.htm

僕はつい最近までNHKでプレミアやってるのを知らなかったんですが、知ってればハマーズ戦見れてましたね。まあ専門チャンネルじゃないので、他の番組との兼ね合いで生は基本的に難しいんでしょう。山本昌邦さんは今解説やってるんですか。しかし解説のレベルを求めるならスカパー入れって事でしょう(笑) スカパーでもあまりいいとは思えませんけどね。

スパーズ戦は完全に負け試合でした。スパーズが勝てなかったのはスパーズだからでしょうね。僕もCBは獲って欲しいと思います。ただよさげなのがいないんですよね。特にアーセナルのスタイルに合う選手となると余計に難しいです。

さすがにチームが好調だと評価したい選手も増えますよね。世間的にはセスクが原動力とされるでしょうが、それはそれで正しいと思いますし、フラミニやアルムニアをMVPに推す意見も正しいと思います。キーパーは僕は全く経験ないんですが、そもそも横っ飛びできる時点で僕はすごいと思います(笑)

アルムニアはここのところほとんどミスなしが続いてますね。なのに失点は減らないという・・・。キーパーは責任が全くなくても失点が多いと評価が下がるので、ちょっと可哀想だなと思います。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/788-0720146d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。