スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラスのケガは回復 

いつもよりちょっと時間が早いですが、今日は試合日なのでこれ以上はほとんど情報は出て来ないんじゃないかと。これで2007年最後の更新となります。エヴァートン戦、ウェストハム戦、バーンリー戦のリポートは年明け、次回更新は1月7日の予定です。エヴァートン戦は見てからかなり間が空くので、簡単なリポートになると思います。この間、ネットは一応できるんですが、管理までは手が回らないと思うので、コメントを承認制にさせていただきます。更新再開したら元に戻しますので。


Captain Gallas fit for trip to Goodison Park - Arsenal.com

ポーツマス戦の負傷でエヴァートン戦出場が危ぶまれていたギャラスですが、間に合ったようです。よかった・・・。またファン・ペルシはウェストハム戦も含め出場できず、エブエとウォルコットはお休みだそうです。ヴェンゲルの話。

「多くの試合に出場してきたエブエは休ませるよ。もうすぐアフリカネーションズカップに行く事にもなるしね。テオも休ませるが、ウェストハム戦のメンバーには入ると思う。それ以外は全員大丈夫だ。」

「ファン・ペルシはまだ出られない。エヴァートン戦には間に合うんじゃないかと思ったが、まだ準備ができておらず、少し楽観的過ぎたようだ。短期間の問題ではあるが、ウェストハム戦にも出場できない。」

「筋肉の問題で、我慢が必要だね。小さなケガだが、競馬で勝ちたければ自分の馬が100パーセントの状態でいる必要がある。」

「19試合を終え、彼が出場したのは8試合、トップからは1ポイント差だ。彼が戻ってきれば、もっと強い位置で終える事ができるだろう。それは選手補強にも等しい事であり、だからこそ補強はしないよ。」


Wenger - I will not stand in Lehmann's way - Arsenal.com

そして気になるレーマンの去就なんですが、ヴェンゲルはもし彼が出て行くという決断をしたなら、その時は止める事はしないと語っています。

「イェンス・レーマンはまだ心を決めてない。出て行きたいと決まれば、その時にまた話す。彼が出て行ってしまうと残念に思うだろうが、彼を干し、ユーロでのプレー機会を阻害してしまうような事はしたくないんだ。」

「もちろんキーパーが2人故障するような事があれば(また違う話)だし、状況は日に日に変わるものだが、こういう状況が続くようであれば、そして彼が"聞いて欲しい、移籍する事でしかユーロでプレーするチャンスが得られないんだ"と言う事があれば、彼の助けになりたいと思う。」

「ドルトムントの噂は聞いたが、誰からも連絡は来ていないよ。」


Wenger - I will not add to my squad in January - Arsenal.com

ANCに結局ソングは招集されなかったようです。ヴェンゲルは何の話も聞いていないとの事。

「アレックス・ソングが招集されるという情報は来ていない。バーミンガムからヨハン・ジュルーが戻ってくるし。コロとエブエを失うとはいえ、中盤では多くの選手が出られる状態にある。」

で結局冬に補強をする気があるのかという問いについては、「世紀のバーゲンがあれば」との事で、こりゃ絶望的ですね。本当いつまでセンデロスを引っ張るつもりなんだろうか・・・。


Wenger not looking for changes - Sky Sports

以上の3つをヴェンゲルがまとめてSky Sports に話した内容です。まずはレーマンについて。

「一緒に考えるよ。まず彼は決断をしなければならない。残りたいのか、そうでないのかというね。個人的には彼に残ってもらいたいと思っているし、まずは彼が決め、その後一緒に考えるよ。」

次にANCに絡んだ冬の補強について。

「シーズンが始まる前からわかっていた事だし、アデバヨールがいなくなると思っていたから、彼がいなくならないのはいいニュースだね。だが今の段階では市場は見てないよ。」

そしてケガ人。

「ギャラスは問題ない、ポーツマス戦で失った選手はいない。ファン・ペルシはまだケガをしている。エヴァートン戦にも間に合わないね。」


Wenger - Players must fight for their places - Arsenal.com

何度も何度も出場機会の不足を訴え、冬には出て行くと話していたディアラについて、ヴェンゲルが語りました。大部分は一般論としての話をしていますが、ほぼ全てがディアラに向いているものと思われ、結構怒り心頭なのかもしれません。どう見ても我慢が足りないですからね。

「試合にそう長く出場し続ける事はできないし、出場できない選手の不満を理解する事もできないだろうが、最終的に私が動くのはクラブのためだ。それがまず私の責任なんだ。重要な事は10万のいい事であって、1つのためではないんだ。」

「ディアラは素晴らしい選手だ、毎日のトレーニングでは100パーセントプロフェッショナルだよ。問題はないし、彼は明日もチームにいる。私は全員をハッピーにしたいと思っているが、そんな事は不可能だ。だがそれも仕事のうちだし、不満のある選手に対して常に負い目を感じている事はできない。プロフェッショナルのフットボールプレーヤーなら、競争も仕事のうちなんだよ。」

「私が理解できないのが、ビッグクラブで競争があるという事に驚いている人々の事だ。明日また別のビッグクラブに行けば、そこでもまた競争がある。そこでもまた週末に11人の選手を決める監督がいて、残りの15人はその状況を受け入れなければならないんだ。なぜそういった疑問が出てくる?それも仕事の一部だろう。」

「選手が出たいというのは全くもって当たり前の事だ。我々のレベル、世界最高のクラブの一つにいて、ものすごい額の給料をもらっていて、且つ競争もないなんて事はあり得ない。そういう質問をされるといつも意外に思うよ。ここは幼稚園ではない、大人の仕事をしているんだ。」

「世界でこのサイズのクラブで、我々がやっているように若い選手にチャンスを与えているクラブを一つ、教えてくれないか。一つではない。我々のクラブにあっては、若い選手達はパラダイスにいる。普通なら26や27歳まで待つものだろう。マドリーやミランを見て、どこに若手選手がいる?」

「ディアラのような選手はトップレベルにある。だがキャリアの中では、チームが好調で、自分の上を行く選手がいるという時期もあるし、それも巡り合わせだ。だがそれでも最終的にこの仕事は強い人々に向くものであるし、そういう強さを維持できればチャンスはいつも来る。」

「ビッグクラブでは大きな競争があるものだ。ディアラはビッグクラブに相応しいタレントを持っている。彼が出場できない事に不満を持つのは理解できるが、自分の所属しているところに留まる必要がある。そして彼はビッグクラブにいるんだ。戦いを続ければ、出場機会はあるよ。」


Fabregas going nowhere - Sky Sports

ボクシングデーにスペインでは試合はありませんが、レアルのキチガイ会長がテレビで、「セスクがレアル・マドリーのシャツを着るチャンスはかなり大きい」といった発言をしたそうで、セスクの代理人が早速否定しています。

「セスクからファンにメッセージがある。彼はアーセナルでとても満足しており、アーセン・ヴェンゲルの事が大好きなんだ。彼が移籍する可能性はゼロだ。彼は心からクラブに忠誠を誓っている。」

「彼が考えているのは、彼ら(アーセナル)がプレミアリーグのタイトルと、UEFAチャンピオンズリーグを優勝する事の手助けをする事だけだ。」

あのキチガイ会長、前に「今のチームはとても充実していて、カカが来ても控えだろう」とか言ってたらしいですが、もう言ってる事変わってるじゃないですか。まあキチガイだからしょうがないか・・・。


Merida to follow Wenger wish - Sky Sports

こちらも会長関連。ソシエダの会長候補がメリダをローンで獲得するとか言ってましたが、メリダはまだ何も聞いていないそうです。ただヴェンゲルが行けというのなら喜んで行くとも話しています。

「まだ何も聞いてないよ。アーセナルでハッピーだけど、もしヴェンゲルが移籍が僕にとっては一番いい事だと言えば、喜んでそうするよ。そして残らなければならないのなら、僕はここでハッピーだよ。」


Loan Watch: Simpson's Millwall crush Brighton - Arsenal.com

省略していたボクシングデーのローニー情報を。スペインリーグは冬休みに入ったので、ヴェラの情報はありません。メキシコに帰ったんでしょうかね?それともロンドン?

ミルウォール 3-0 ブライトン
シンプソンはフル出場。3点は全てギャリー・アレクサンダーが決めています。

コルチェスター 1-1 サウサンプトン
コノリーは出場なし。

バーミンガム 3-0 ミドゥルズブラ
ジュルーも出場なし。

ジリンガム 1-1 サウスエンド
ギルバートは・・・いつも通り。


Wenger - Beckham can help our youngsters - Arsenal.com

どうやら1月にベッカムがアーセナルに来る事が決まったようで、ヴェンゲルがまるで獲得してきたかのようなコメントを出しています。いい機会だからクロスやプレースキックの蹴り方を指導してもらいたいですね。

「彼は1月にここへ来て一緒に練習をする。その時々によって、ファーストチームともリザーブともね。彼は常にいいアドバイスをくれるし、我々は彼のフィットネスを保つ事を手助けする。若手達はもちろん彼に注目するだろうね。」

「キャリアを通じてのベッカムのメンタルの強さは買っているよ。辛い時を乗り越えてきている。いつだってフットボールを愛してきたという事、落ち込んでいる時でさえいつも監督に敬意を示してきたという事を尊敬しているんだ。愚かなやり方、どうしようもないやり方はしなかった。」

「同時に彼は求められた時、そのタフネスをいつでも発揮してきた。(2002ワールドカップ予選の)ギリシャ戦の最後の1分で、フリーキックを決めなければいけない時、彼はそれを沈めてみせた。あれはメンタルの強さを表しているよ。」

ベッカムに若手選手にフリーキックを教えて欲しいかという質問については、「ベッカムには厳しい競争になると思うよ。」という意味のよくわからない冗談で終わらされてしまいました。若手っていうか、セスクやロシツキー辺りに教えて欲しいですね。アンリがいなくなって、FKを直接決められるのはファン・ペルシだけになってしまいましたし。


シーズンはまだ折り返しの段階ですが、2007年もArsenal Eat World にアクセスしてくださった皆さん、ありがとうございました。後半戦に向けて、アーセナルのタイトル獲得を祈りつつ応援していきましょう。
スポンサーサイト

コメント

いつも拝見しています。
1年間更新作業お疲れ様でした。
そして、来年もよろしくお願いします(笑)

彼らと我々ファンの為に是非タイトルを獲得してほしいものです。

いつも楽しく拝見しております。
今年一年、どうもありがとう
ございました。

これからも熱く応援したいと思います!!

「策を弄す」、策士、策に溺れるとはこの事でしょうか。自分達で試合を難しくしていますね。
得点直後のフレブの躊躇したシュートシーンが象徴的でした。
少なくともエバートンの方がよりシンプル且つ巧みにゴールを目指してますね。
ここまで前半の印象。。。
2トップはよかったんですが疲労をおしてもディアビーじゃなくロシツキーを使ってほしかったです。
いきなり3人もかえるなんて。。。
試合終了、勝利。
今年最後の試合、世代交代が進む中この成績はほんと満足でした
!!
不調の中、根拠はないですけど今年最後の試合勝てると思ってました(笑)いつものように不思議と緊張しなかったです。
世代交代が進む中、ここまで躍進してくれるとは正直思ってませんでした。嬉しい誤算でしたね。この時期難しい時期を迎えることも想定していたなか内容が悪くとも首位で新年を迎えられたことが感無量ですね。。
セスクについては勇気を持って「キチガイ会長、勝手に言ってろ!」と陸さんの主張に大賛同です!
I will try to win titles with Arsenal and give my all to Arsene Wenger. アーセナルと共にタイトルを獲ってベンゲル監督に全てを捧げる。。。
セスクが大好きだから。。。この言葉を信じてます。。。

今年一年豊富な情報の更新と的確なレポートほんとお疲れ様でした。。
一皮向けた年明けのアーセナルと陸さんの弛まぬ努力期待してます。
来年もアーセナルを愛するみなさまにとってよい年となりますように。

ベッカムですか。
クリシー辺りにクロスの極意を仕込んで欲しいですね。ベッカム並みの制度とまでは言いませんから、少しでも改善されれば^^

来年もまたちょくちょくアクセスさせていただきます。ありがとうございました。

エバートン戦も、前半は眠気との格闘でしたね、川勝さんは前線に対して否定的なコメントばかりでしたが(というか解説自体ずーっとローテンションですが)、中盤もたいがいでボールも回らず、人も動かず、今日の試合は正直、もう駄目かも、と思いました。

が、後半エドゥアルドがいきなりあっけない(難易度は高いですが)プレミア初ゴール、そして逆転、ゴールまでのアプローチといい、正確なシュートといい、すばらしかったですね、2点目の抜き方なんて、何気にベルカンプに似ていたというのは褒め過ぎでしょうか(笑)。
ただ、このプレーだけで断言はできませんが、この選手は、ゴール前でパスをつなぐより、前線にスペースが空いている方が活きるのかな、とも感じました・・・、今後もアーセナルのサッカーに慣れていくことが課題でしょうか(もっとも、フレブもなれるのに1シーズンかかりましたから、長い目で見てあげるべきでしょうが)。

アデバヨールの交代、どうなのよ?と思いましたが、エドゥアルドに触発されたのか、躍動感にあふれていましたね、シュートの正確さではエドゥアルドに及ばないのは明白ですから、他のところでがんばるのは悪くない、と思ったりします、そしてロシツキー、・・・この前の試合で決めてほしかった・・・。

でも、今年を締めくくるにはいい試合でしたね、首位も取り返しましたし、来年は、ベッカムに新たな武器を注入してもらい、さらに強くなってほしいですね。
最後に、Arsenal Eat Worldには今年ずいぶん楽しませていただきありがとうございました、来年もお邪魔させていただくと思います、宜しくお願いします。
  • [2007/12/30 12:22]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

笑っちゃいました。あの内容で4-1ですからね。前半はもう最悪。CCの出来から見て、エドゥアルドが流れに絡めないのは予想通りでしたが、内容的には負け試合をエドゥアルドのおかげで勝てたのは大きいです。

しかし、ヴェンゲルもエヴァートン戦でよくこの2トップにしましたね。アデバヨールがいなければいつも通りできないのなんて誰でも分かることですから、MF陣の調子が上がらない中よく引っ張ったものです。今後も考えてベントナー・エドゥアルドを後半も変えないで欲しいと思ったのですが、「さすがにヴェンゲルも変えるだろう」と思ってました。アデバヨールも「結果には」刺激を受けたことでしょう。


どうもお久しぶりです。
閲覧はさせていただいていたのですが、引越しと諸々の用事に忙殺されて無沙汰をしておりました。
で、ネットの次に大事なスカパーが何故か映らず・・・そうこうしているうちに雪は降ってくるし、当分BSの世話になりそうです。
週一・二試合で、ライヴは少ないがホントNHKグッジョブ。
今まで公共放送って何よ、と思っていた輩ですが、これならば喜んで受信料払ってやるよ(いや、ちゃんと払ってますが笑)
さて、本年はお世話になりました。
良いお年をお迎え下さい。
ではまた来年改めて。

サトシ

あまりスコアと内容が一致しない戦いでしたね。 前半は寒さにやられたのかまったく自分達のサッカーができてなかったですね。 この窮地を救ったのがエドゥアルド。ほんと冷静かつ沈着に決めてくれますね。アデバヨールに分けてほしいですhttp://blog8.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji"> まぁアデバヨールもゴールも決めたし結構活躍してたと思います。ウエストハムは調子いいみたいなので頑張って勝ってほしいところです。

明けましておめでとうございます。
今年はアーセナル、首位!、勝利での幕開けですね。
ビールが旨い(笑)
クリシー守備完璧でした。昨年は攻撃物足りないなどと失言、しつれいしました。
ウエストハムが意外とクリーンであったのがこちらの復調を手助けしてくれてこれもまた
ありがとうございました。
まあユナイテッド戦での負傷でソラノのがいなかったのも助かりました。
3点目は崩しでの得点を期待したんですが次戦へ期待します。
後、ホイトを使ってくれたのも嬉しかったです。
ミスもありましたけど。
リュングベリへの温かい拍手、アデバのリュンへの励まし?にも感動しました。
自分勝手なシーズン前半戦のヒーローはフラミニで決めました(お疲れ様です!)
昨年はとんちんかんなコメントにも丁寧に返事してくれてありがとうございました。
陸さんのご指摘で勉強になりつつ、陸さんのリポートが試合をより詳しく楽しむ糧となりました。
今年も楽しみにしてます。
タイトルとるぞー!!(笑)

アニチェベはナイジェリア代表を選択していたようで、ネーションズカップにも出る見込みのようです。
代わりにヤクブが辞退するかもしれません。理由は分かりませんが。(プレミア通信より)
エバートンにとっては、こちらの方が助かりますね。
誤ったコメントをしてしまって申し訳ないです。

遅ればせながら、

あけましておめでとうございます。



最近はなかなか試合を見れてはいないですが、順調に勝ちを重ねているようで、結果を見る度、どこかすがすがしい気持ちになります。

今年こそ。
多くのアーセナル・ファンにとって、喜ばしい結果が待つシーズンとなることを、微力ながら願っています。


マッチ・リポート楽しみにしています。
では。

私も遅ればせながら

陸さん、明けましておめでとうございます。
こちらのサイトにはいつもお世話になりっぱなしで、何かご恩返しができるといいなと思いつつも、ただ楽しませていただいています。
今年もよろしくお願いします。

新年早々、川勝さんとクラッキーのサッカー漫才で初笑いしました(笑)。
BS1の解説と比べてみようと思っていたのに、見逃しました……でも、もしかして解説も同じ?

アデバヨールとエブエのゴールパフォーマンスは毎回変わりますね~。事前に打ち合わせしてるんでしょうか?(笑)

そういえば、初夢にロシツキーとツェフが出てきました。いい年になりそうです。(^0^*

大変遅くなりまして申し訳ございません。今年もどうぞよろしくお願いします。


>yogiさん

ありがとうございます。ウィンターブレークがないどころか逆に日程が過密になるのはサイト管理者としても辛いところです(笑)

今シーズンはここまで突っ走ってきて、最後に無冠だったら辛さも倍増ですね。このままリーグ優勝まで突っ走ってもらいたいものです。


>お気楽さん

ありがとうございます。2008年もよろしくお願いします。残り半シーズン、タイトル獲得を願って応援していきましょう。


>タイトル奪取さん

策がどうこう以前に、エヴァートン戦は明らかにコンディションが悪かったと思います。ピッチも悪かったですし。僕もロシツキーをベンチに置いたのはちょっと理解できませんでした。疲労は明らかなんですけど、調子はいいですし、ディアビーが難しい状況でばっか使われててちょっと可哀想なんですよね。ロシツキーはエヴァートン戦で頑張ってもらって、ディアビーはホームの方で使ってもらいたかったですね。

しかしエヴァートン、エドゥアルドにやられてからは完全に自滅でしたね。ウェストハムにしてもそうでしたが、こんなチームだっけ?と思っちゃいました。まあ長いシーズンこういう事もありますし、いつも貧乏くじ引いてる感じなので、たまにはこういう事があってもいいじゃないかと思いました。

ベントナーにはちょっとガッカリさせられましたが、エドゥアルドが覚醒してきているのは頼もしいですね。トゥーレも言ってますが、アデバヨールとファン・ペルシという実績のある選手を脅かせるようになってくれれば、ますます層が厚くなって助かります。後は中盤、デニウソンにもう一踏ん張り願いたいところ。ここまでの成績については誰もが予想していなかった事ですし、このメンバーで数年戦えれば、いろんなタイトルが獲れそうですね。セスクは絶対にやれません。

クリシーは実際攻撃物足りないですよ。しかし2試合連続アシストしてますし、ウェストハム戦は1本だけですが正確なクロスもあったので、ようやく必要なものが身についてきたのかもしれません。あれだけ守備ができて、攻撃にも貢献できるようであれば、キャッシュリー超えは近いですね。

ソラーノがいなかったのは僕も大きいと思います。フレディも前半で退いちゃいましたしね。クラッキーはフレディが長年アーセナルにいたのを知らないのか?とも思っちゃいましたが、確かにエミレーツの拍手と、アデバヨールが駆け寄ったシーンは僕も感無量でした。決して綺麗な別れ方をしたわけではないのにね。

シーズンここまででフラミニをMVPに推す人は少なくなさそうです。昨シーズン終盤戦力外だったという意外性もあるでしょうが、やっぱり欠かせない存在ですね。ジウベルトがヘタレてしまっただけに余計に・・・。

こちらこそ何度もコメントしていただいて、感謝しております。今年も我らがガナーズを共に応援していきましょう。


>ゆきちさん

多分ベッカムは関係ないと思いますが、この年末年始の数試合、クリシーのボールが的確になってきている気がします。偶然じゃないといいんですけど(笑) 今のチームには巻いたボールを蹴れる選手が皆無と言っていい状態なので、キッカー候補にはその辺りを学んでもらいたいのですが、ベッカムはあまりトップチームとは練習しないようで・・・ちょっと残念です。

こちらこそ昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。


>サッカー小僧!さん

川勝さんの解説はとても勉強になるんですけど、基本的に物事の見方にかなり偏りがあるので、額面通りに受け取れないんですよね。というか、それは違うだろうっていうのがいくつもあって、試合展開がうまくいってない時はイライラを倍増してくれるのが困ります。副音声に変えてやろうかとも思いますが、そこはエドゥアルドに救われました(笑) 肝心の試合ですが、前半は僕もダメだと思いました。

せっかく首位奪還のチャンスなのに、引き分けられれば御の字か・・・と思ってたんですが、突然エドゥアルド×2。こりゃもうアデバヨール投入すれば勝ったも同然だろうと思ってたら、エヴァートンが自滅してくれてホクホクでした。しかしあれだけ流れに絡めてなかったエドゥアルドの決定力には舌を巻きましたね。2点目は僕はどちらかというとリュングベリを思い浮かべました。トラップとかより、相手を押さえ込んで滑らせた辺りが。

エドゥアルドは典型的なインボックスタイプの選手なんですよね。だから押し込んで相手ゴール前に味方が密集しているような状況だと活きにくいし、ましてやサイドに置いても仕事はできないと。クロアチアではそれでもよかったかもしれませんけど、プレミアではサイドで通用する選手じゃないなという印象ですね。今後どうなるかはわかりませんけど。エヴァートン戦は流れの中ではサッパリでしたけど、プレミア初ゴールに勢いづいたのか、ウェストハム戦では結構ボールにも絡んでましたし、いよいよ本格的にフィットしてきたか?と思わせますね。

1-0ダウンからの逆転というシチュエーションで、アデバヨール投入は定石だと思います。ストライカー4人の中で一番積極的に守備をしてくれますし、キープ力があり、また常にカウンターに備えてますからね。オフサイドにかかる事もしばしばですけど、相手の注意を後ろに引っ張るという意味ではそれでもいいわけです。結果的にベントナーが退場してエドゥアルドとの交代になりましたけど、ベントナーが退場してなくても僕であれば同じようにしていたでしょうね。できれば同じタイミングでディアラを入れて、守備も意識すると。ロシツキーにはポーツマス戦で決めてもらいたかったというのは、多くの人が同じ事を思ったでしょうね・・・。

ウェストハムに助けられた形ではありますが、首位で年を越せるのは非常に気分がよかったですね。今も維持してますし。FAカップは今の段階ではとりあえずどうでもいいとして、後はカーリングカップも頑張ってもらいたいですね。

こちらこそたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。


>さとさん

グッディソンパークで4-1というのは、結果だけ見た人は驚異に感じるでしょうね。フットボールでは結果と内容が乖離している事がしばしばありますが、今回はその典型。エドゥアルドありがとう、エヴァートンありがとうって感じです。突然のリーグ初ゴールには驚きましたが。

エドゥアルドとベントナーはカップ戦で何度か一緒にやっているので、アデバヨールを休ませるなら2人セットにした方がいいと思ったんでしょうね。ハーフタイムに替えたくなったというのはヴェンゲルも認めていますが、一度出した以上点が入るか70分経過するぐらいまでは引っ張って欲しかったですし、ヴェンゲルの判断は素晴らしかったと思います。アデバヨールはこの試合を境にまたコンディションを戻してきている感じもしますし、エドゥアルドの活躍は大いに刺激になってるんでしょうね。これでロビンが戻ってくれば前は完璧。後はトゥーレが抜ける後ろが心配です・・・。


>gerdさん

お久しぶりです、師走に引っ越しされたんですか?(笑)

スカパーなんですが、友人もちょっと前に映らないと言ってました。何やらチューナーに挿入するカードが新しくなったとかで、自宅に送られてきていたのに埋もれていて気付かなかった事が原因だったそうなんですが、心当たりはないですか?割と古いものが対象のようです。雪が降っちゃえばカードとか関係なく見れませんが・・・。

そういやNHKでもやってるそうですね。ウェストハム戦はやってたんだろうか。いつもライブで見れない時も結果は見ないようにしてるんですが、さすがに今回は見ちゃいました。NHKでやってればそっちを見てたでしょうね。スカパーもケーブルも加入していない方にとっては受信料払う価値はあるかもしれませんね(笑)

こちらも昨年はお世話になりました。また今年もよろしくお願いします。


>サトシさん

エヴァートンにとっては納得いかない結果でしょうね。2-1ならまだ内容が悪くても勝ったという程度ですが、4-1になるような内容ではありませんでしたね。元々中盤の状態がよくない上に、あのピッチコンディションでアデバヨールも不在とあっては内容が悪いのもしょうがないかなと思っていましたが、エドゥアルドの2発で逆転というのは全く予想外でした。アデバヨールも何だかんだでここまで12ゴールで得点ランキング2位ですし、エドゥアルドの冷静さはむしろウォルコットに分けて欲しいです。そろそろリーグ初ゴールを・・・。

ヴェンゲルも言ってましたが、ウェストハムはユナイテッド戦で燃え尽きてたかもしれませんね。もちろんいきなりエドゥアルドが先制したのは大きいでしょうし、あれだけケガ人出ててビッグ4に連勝するなんてのはさすがに無理があったでしょう。ユナイテッドの直後というのは、いい時期に当たりました。本当ウェストハムには助けられました(笑)


>Emiratesさん

エヴァートンは今ピーナールの招集時期を巡って揉めてますね。その関連で見たのですが、ヤクブはやはりANCに出場するようです。BBCにはっきり"will"と書いてありましたし、時期的にも間違いないでしょう。今辞退しますなんて言ったら母国で脅迫されそうです。エヴァートンは南アフリカにはナイジェリアの柔軟な対応を見習って欲しいとか言ってました。

基本的に僕はアーセナル以外の事にはあまり詳しくないので、ご存知の事がありましたらその都度ご教授いただけると助かります。


>Revoさん

おめでとうございます。って、僕はダラダラ正月を過ごしてたので、全然めでたい感じはしないんですけどね(笑)

今は結果が出ていますが、まだまだ内容的には復調し切っていない感じがするので、ここから先、またCLに向けてもコンディションを上げていって欲しいですね。あとトゥーレが抜けて守備が崩壊するような事がないようにしないと。

最後にリーグ優勝したのが2004年ですから、もう遠い昔の事のように思えます。ユナイテッドはチェルシーから主役の座を取り戻したので、次は我々が、ですね。

リポートは3連続で上げました。今年もよろしくお願いします。


>Keenさん

明けましておめでとうございます。あと初夢おめでとうございます(笑) そうですね、僕が休んでいる間に代わって更新していただけたらとても助かりました(笑)

ウェストハム戦はさっさと2ゴール決まって楽な展開だったのでクラッキーと川勝さんのコンビもリラックスして聞けましたが、クラッキーの実況はシリアスな試合、川勝さんの解説はうまくいってない時は遠慮したいです。クラッキーはCLとかだったらもっと真剣にやってくれるんでいいんですが、ファンとしてはリーグ戦一つ一つも大事なので、あまりおちゃらけた事言われるとちょっと・・・。ふと見たどうでもいい試合の鉄人も逆の意味で勘弁なんですけどね。BSは井原さんとかじゃないですかね。かなり前ですが、代表の試合見た時は確か井原さんがやってました。それ以来何かのCMでしかお目にかかってませんが(笑)

アデバヨールとエブエのパフォーマンスはアンリとやっていたものの変形ですよね。アンリはあれはアデバヨールとしかやらないと言ってましたが。ベンチでレーマンを笑わせていた事からもわかるように、エブエはチームのムードメーカーなので、多分何かのノリでやる事になったのだと勝手に推測してます。「チームで一番クレイジーなのはエブエか」というファンの質問に対して、ギャラスはお茶を濁していましたが(笑)

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/782-d36f52bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。