スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファン・ペルシ、レーマンが出場へ 

Lehmann and Van Persie set to return for Steaua clash - Arsenal.com

依然セスクとフレブを欠いたままですが、ステアウア戦はファン・ペルシとディアビーが出場OKです。これは大きい。この試合で何もなければ、チェルシー戦で使えるわけですからね。またメンバーを落としてもアルムニアは外さなかったヴェンゲルですが、ついにレーマンを出場させるそうです。

「明日はゴールマウスにイェンス・レーマンが入るのを見られるよ。これは3週間前に決めていたから、他の事は関係ない。彼はスーパープロフェッショナルで、誰にとっても模範になる人物だよ。」

「ファン・ペルシはOKだ。明日はメンバーに入る。まだ先発させるかどうかは決めていないが、どこかで出場はさせるよ。他にはアブ・ディアビー以外は間に合わないね。彼はメンバーに入るし、恐らくどこかで出場させる予定だ。」

リーグ戦でキーパーを替えるのは勘弁な。今チームはアルムニアで保ってるんですから。


Wenger - Steaua selection to be ‘right balance’ - Arsenal.com

明日のステアウア戦、ヴェンゲルはバランス重視のメンバーを組むそうです。アデバヨールとディフェンダー達は休ませた方がいいと思いますけどね。

「負けない程度と、強いチームを保つ事のバランスは取るよ。大きなアドバンテージをみすみす失ってしまったし、確かにそれは私の選手選考のせいだ。だが代表戦の後で多くの選手が追い込まれていたし、3試合を見越したチョイスが必要だった。」

「セヴィージャ戦ではファブレガスをプレーさせた事さえ失敗だった。あれで彼にケガをさせてしまったからね。」

セヴィージャ戦でセスクを出したのは悪い判断ではなかったと思いますね。結果的に負けてしまって、セスクも失いましたけど。逆に言えば負けるつもりなのであれば当然セスクは出すべきではなかったし、そうでなくてもちょっと疲労がやばいなとわかっていたんなら出すべきではなかったわけですが、その辺はどうなのでしょう。


Wenger - We have more than a 50:50 chance to win group – Arsenal.com

セヴィージャがスラヴィア・プラハと引き分け以下に終わった場合、アーセナルはステアウアに勝てば再び首位に返り咲いてグループステージを終了する事ができますが、ヴェンゲルはそのチャンスはあると話しています。今はもう首位がどうとかより自分達の戦いに集中してもらいたいですね。

「我々にはグループ首位で終えるチャンスがまだ50パーセントあると思うんだ。我々の方が順位は下だが、セヴィージャはスラヴィア・プラハでのアウェーゲームという難しい戦いをする事になる。最後は勝って終わりたいね。セヴィージャが勝てなければ我々が首位になるのだから、勝利はとても重要だよ。」


Wenger - I don’t mind if we face a major side – Arsenal.com

一方ヴェンゲルは、トップチームとやる方が引き籠もられずに済むので、2位通過も悪くないと話しています。昨シーズンのPSV戦はそれ以前の問題でしたが・・・。

「我々にとってはビッグクラブと戦う事は、必ずしもディスアドバンテージにはならないと思うんだ。ビッグクラブなら、少なくともちゃんとプレーをしてきてくれるからね。」

「昨シーズンはアイントホーフェンに敗れたが、彼らはファーストレグではプレーをしようとしなかった。そして2試合目では一本のカウンターをただ待っているだけだった。そういう試合ではその前のシーズンのレアル・マドリーと違って苦しめられたんだ。」

「レアル・マドリーやバルセロナと当たるかもしれない、厳しいと言われるだろうが、彼らはちゃんと出てきてプレーしてくれる以上、問題はまた別だよ。我々がグループ2位で終えれば、特別我々と当たりたいと思うところはないだろう。そうは言っても私は首位で終えたいがね。」

グループステージの抽選は12月21日だそうです。


Toure, Eboue named in Ivory Coast squad – Arsenal.com

アフリカネーションズカップのコートジボワール代表メンバーが決定しました。トゥーレとエブエもちゃんと入ってます。何だかエブエはもういいよって風潮になりつつありますが、トゥーレが抜けるのは大打撃ですね。一方ソングのカメルーン代表入りはやはりダメだったようですね。あと下手すりゃ今季絶望かもなんて言われてたドログバですが、手術がうまくいって復帰まで3週間、それが祟って(?)メンバー入りしてます。チェルシーはある意味涙目。


Wolfsburg still chasing Jens - Sky Sports

ヴォルフスブルクからレーマンについての具体的な話は来ていないとヴェンゲルが話していましたが、今回マガト監督ではなく、メインスポンサーのフォルクスワーゲンがレーマンの獲得を熱望している事を明らかにしました。ただレーマンは移籍するとして、それは主に代表でポジションを守るためであって、当然その先にはユーロ2008があるわけですが、VWとしては却ってPRになるとしています。


Arsenal prepare for Steaua - picture special – Arsenal.com

なぜかCLの前だと公開される練習風景です。ファン・ペルシが復活してますよ。



やっぱりアロンソはルノーか。これでルノーもまた復活してくるでしょうかね。しかしルノーと言えば、スパイ疑惑でクロと判断されたにも関わらずお咎めなしって何だそりゃ。それもマクラーレンが罰せられた理由が、最初嘘をついていたからだと。嘘をついたら罰金1億ユーロ(ドルだっけ?)+コンストラクターズランキングから排除で、正直に告白すりゃ無罪放免ですか。この世界が異常なのは前から知ってましたけど、ここまでとは思ってませんでした。本当に失望した。


全然話は変わりますが、Radiohead のボックスセットが届きました。家に帰ったらアルバム(CDじゃなくて写真を入れる方)ぐらいの大きさ、厚さのダンボールが。それも差出人が株式会社ホステスって、聞いた事もないいかがわしいところ。身に覚えがないぞ?と思いつつ開封したらそれでした。3日か4日に発送連絡は来てましたけど、ここまで早いとは思ってませんでしたしね。アナログ盤入りなんで大きくなるのはわかってたけど、こういう仕様だとは思ってもみませんでした。アートワークは・・・芸術的なセンスがない僕には何の事やらさっぱりです(笑)
スポンサーサイト

コメント

自分は、正直アルムニアについては、控えの時期からあまり印象は変わっていません。確かに好いGKなのでしょうが、なんというか、私なりに言わせてもらうと、レーマンをただみたいだけなのですが。チェルシー戦もレーマンでお願いしたいですね。
ぜひとも、グラント監督に顔面ウォッシュを。
レーマンなら何かをやってくれるのです。チームがどんな状況であろうと。
むしろ今のような状況であるからこそ、レーマンの御力が必要なのです。
ジーザスれーまん。

こんにちは。はじめまして。

アルムニアは今シーズンすごい安定してますよね。私の中で作シーズンまでの不安定で凡ミスを犯すイメージは払拭されました。決定的なミスはまだ無いんじゃないでしょうかね。マンU戦で跳び出してロナウドに決められたシーンがありましたが、あれはもう出てなくても決められてたかなと。もともとレスポンスは良い印象でしたが、ポジショニングが非常に良くなりましたね。

正直、今レーマンを正GKに戻すのは危険すぎるかと思いますね。特にリーグ戦では。
ロバーツ戦のキャッチミスが現在の勝ち点1の現状を生んでるわけですし。
確かにダンのシュートは速かったですが、真正面なんだから止めていただかないと。
ただ、アーセナルがリードしてる時に靴紐結び直したり(ほどけてないのに)、ボールを取りに行ってゴール裏のボードに当ててお手玉にしたり(イエロー出されましたが)レーマンがいると見ていて楽しかったし、レーマンの神がかったビッグセーブで窮地を救われたこともあるので、結構寂しいですね。。。

悲観的なコメント申し訳ない。。
Fighterがいないと言うのは、ボロ戦の印象が強すぎましたね。
セスクは?ですが、マチューはまさにFighterですね。アデがガットゥーゾだと言ってましたが、その通り。
セスクと二人揃えば、ピルロ&ジェンナロのコンビに例えても遜色ないと思います。

隣の芝が・・・と言えばそうかもしれませんが、ここ数シーズンを考えるとしょうがないです・・・orz

前回の連勝ストップ時は(またこの話題。。)、その後ズルズルと後退していきましたが、
これから、ロンドン&ノースロンドンダービーと、まさに真価(新化?)が問われる試合が続きます。
僕としては、グーナーである限り、常に「優勝」の二文字は念頭に応援していきたいと思います!


>berさん

当面の問題はレーマンやアルムニアの能力だとか実績がどうとかではなく、ここ数試合はアルムニアによって救われている、彼が安定したいいプレーをしているというのが大事なのであって、レーマンがいかに偉大なキーパーだろうと、わざわざ大事な試合に不確定要素を持ち込む必要はないという事で、僕はチェルシー戦にレーマンを出すのは勘弁としています。アルムニアは充分よくやってますから、現状ではキーパーにこれ以上できる事はないですね。理想を言えばキーパーには何もして欲しくないのですが、最近守備も乱れてるんで難しいかな・・・。フラミニが戻ればだいぶ安定感は増すでしょうけどね。


>NODAさん

初めまして。

アルムニアはやっぱり飛び出しが不安です。ユナイテッド戦のロナウドのゴールでも、飛び出さずに残っていれば、ロナウドはもっと難しいコースを狙わざるを得なかったわけで、ああもあっさり決められていた事はなかったでしょうしね。しかしそういう時期も乗り越えて、最近はそれ以上に安定感が目立ってます。仰る通り元々反応はよかったですが、とにかく今シーズンはキャッチが安定してますね。それにシュートを正面で捉える事ができてるのもいいと思います。そういったポジショニングの妙を覚えてきたなら、飛び出しの判断を何とかしてよとも思いますが・・・。

僕も今レーマンを戻すのは単純に危険だとは思うのですが、それ以前にキーパーというポジションの性質を考えると、うまくいってるアルムニアをわざわざ外す事必要はどこにもないわけで、レーマンに何ができるかはあまり関係ないんですよね。

僕はどうにもレーマンの時間稼ぎとか余計な行動が好きではないんですが、ボールを看板に当ててキャッチしたのは余計だとは思いつつ、あれでイエローはちょっと納得いきませんでした。多くの選手が何気なくよくやる事ですからね。レーマンの場合はあからさまだったのがよくなかったんでしょうが・・・あれで大して時間が稼げてるとも思えないし。もちろんわざとらしくキャッチし損ねるとかは完全にイエローものですけど。

05/06のレーマンはCL決勝進出の原動力になりましたし、昨シーズンはレーマンの活躍がなければ4位も危うかったわけで、そういう意味では僕も寂しくはあるんですが、不調とケガが重なっちゃったのは彼にとってアンラッキーだったかもしれませんね。


>No.15さん

お気持ちはよくわかるんですよ。僕もついそういう思考に陥る事はあります。そういう時に中位同士や下位同士の試合で、一方のチームがあっさりと4点とか取ってるのを見ると、「あのチームですらこんな簡単に点を取ってるのに・・・」と思ったりもするんですが、そもそもそんなチームが自分達より下位にいるのはそれなりに訳があるんですよね。そう考えると、今結果が出ていないのは一時的な事だろうと思えるわけで。

もし僕がユナイテッドのファンだったら、スタートダッシュに失敗して、その後勝てるようにはなったものの、1-0ばかりでどうにも点が取れないって時にアーセナルを見たら、こりゃ勝つのは難しいなぁと思ってたでしょう。ユナイテッドやチェルシーだって不調に陥る時はあるわけで、そういう時にアーセナルが綺麗なフットボールをして結果を出してるのを見ると、「あいつらはあんなに簡単に勝ってるのにうちときたら・・・」と考えるはずです。つまり、隣の田んぼ、芝は青く見えるって事ですね。

もう一つ僕が比較的ポジティブでいられるのは、それこそ過去2シーズンがあったからです。多少のメンバーの入れ替わりこそありますが、今いる多くの選手が苦しい時期を経験してきてるわけで、それが糧になってないわけがないんですよ。今の順位は措いておいて、アーセナルが今シーズンの優勝候補最右翼かっていうと僕も違うとは思うんですが、競う相手も人間ですから、普通に競えるぐらいには成長してきてるなとここまでのシーズンを見て感じますね。

セスクとフラミニは本当にピルロとガットゥーゾって感じですね。そうなると、フレブがカカでロシツキーがセードルフか?プレースタイルで言うなら逆の方が近いんでしょうけど、チーム内の「機能」として見るとこっちの方がしっくりくる感じです。本家の方は最近マンネリ感がひどいですけどね・・・。

お忙しい中、返信ありがとうございました。

ブログの更新だけでも大変な作業なのに、コメントへまで丁寧に返信されている
陸さんにはほんと頭が下がります。

これからもよろしくお願いします。

ジウベルトはさびしくはありますがユヴェントスが本当に獲得を考えてるのなら移籍先としては嬉しいですね。
イタリアでならまだまだやっていけると思いますし。ディアラでも充分リカバーできるんじゃないかと。

ロシツキーについては陸さんと同意見です。
彼の年齢を考えても後2、3年位がトップレベルだと思うので早急にそうなってくれることを祈るばかりです。

フレブについてはもう外せない選手ですね。
ただ彼のプレイはやはり相当足への負担となるんでしょうか、怪我がちですし、
また他のチームが中盤を削ればアーセナルが普通のチームになると思っているのか
特に狙われてるようなので怪我から復帰する度にハラハラしてしまいます。

怪我人もそれほどいないかった開幕からしばらくはすばらしい勝ちっぷりでしたが、
これから残りのシーズン、ヴェンゲルにはプランBをきちんと考えてほしいですね。

中盤を欠いてパス&ムーブがつくれないなら補強も大事ですがユナイテッドのようにサイドからの
正確なクロスやチャレンジを今いるクリシやエブエにもっと求めて欲しいと思います。

アデバの高さにあわせようとしてるのか誰も触れずに超えていくボールをみてクリシとかは
また無駄なあがりしちゃったとか思ってるのかな?

スペインの試合で、ほんとすごい速さでイヤな角度のクロスが入ったりするのをみるので参考にしてほしいですね。
(エブエとサニャを逆にするのはダメかな)

ウォルコットはフィジカルに若干不安はありますがクロスがあげれるようになれば、
いいチャレンジもしますからエブエの替わりでも遜色ないかもしれないですね。

中盤を欠いた状態で得意の崩しができないならばサイドなりトップで相手の脅威となれる選手がいて
ほしいところです。(アデバにまだまだ期待!)

ジュルーは戻ってきてくれるのか、ギャラスもこれ以上怪我がないとも限らないですよね。
グルキュフを獲りにいくのもいいですが、中盤を欠いたとき控えの選手がCBの堅守に多少なりとも
安心感を覚えてプレーしてくれるように、ここにもいい選手を期待したいところです。

アリアディエールはGOAL.comに記事があったんですが、シーズンはじめからアーセナルとの試合に
奮起してたみたいですね。
8年近く?もいた選手でしたし、陸さんのおっしゃるようにアーセナルでは輝かなかったですが、
彼を見るのがちょっと切なかったです。

>ホームでボコボコにしてやったらアウェーでボコボコにし返されたり、

覚えてます!一週間で全てタイトルを失った直後位の試合じゃなかったでしょうか。

もうすぐステアウア戦ですね、
開幕戦はネットで観たんですがCLは観れないようなのでUEFAにお金払って観戦しようと思います。

セスクとフレブには無理してほしくないですが、ペルシがどこまでいい状態にあるのか楽しみです。

それでは失礼します。

メモ帳で丁寧に書いてコピペしたんですが無駄でした。

すみません..。

>タイトル奪取さん

こちらこそコメントありがとうございます。せっかくコメントいただいてるんで、できる限り返していきたいんですよ。ところで、何かミスってましたか?

ジウベルトは僕もユヴェントスならまあいいかなって気はします。そりゃ最後まで残ってくれるのがベストですけど・・・この様子じゃちょっとチームの進化についていけなさそうですしね。しかしディアラも出場機会が得られなければあまり長くいてくれそうにはないので、控え選手はちょっと落ち着かない事になるかもしれません。

ロシツキーはネドヴェドのような、歳とっても円熟味あるプレーができれば長く活躍できるんでしょうけど、天才肌の彼にはちょっと無理な気もします。なるべく早くフィットしてもらいたいですね。

僕はフレブは比較的丈夫なイメージですけどね。あれだけ削られてる割には。今回はハムストリングをやっちゃいましたけど・・・。

ヴェンゲルはプランBというか、控えのメンツでもそれほどクオリティを落とす事なくやっていけると踏んでいたんじゃないでしょうかね。その割にデニウソンの球離れの遅さとか、上がりの少なさは普段の指導でどうにかできんのかとも思うわけですが。ただ逆に言えばこれらの選手がもっと成長してくるであろう、来シーズン以降はさらに面白い事になりそうですけどね。

アーセナルのスタイルは、走る事が無駄だと思ったら成り立ちません。無駄だと思える動きでも怠らず実行するよう普段から指導は受けていると思います。それにしてもクリシーは疲れが目立ってましたが、ステアウア戦はお休みでよかった。サニャは中盤では多分何にもできないと思います。エブエもそうですが、サイドバックの攻撃参加は後ろから追い越していく動きですから、最初から前にいると勝手が違ってしまって、普段通りのプレーができなかったりするんですよね。そして単純な攻撃センスではエブエの方が上だと思います。それにクロスは・・・合わせる人がいないんですよね、やっぱり。一時期よりかなりマシになりましたけど。

ウォルコットは本当にフィニッシュ、ファイナルボールの精度が課題です。今はせめてどちらかに絞って集中トレーニングさせた方がいいんじゃないかと思うんですよね。本人もそういう必要は感じてそうな話しぶりですし、クリシーと一緒にクロス練習でもやらせてもらいたいですね。

ジュルーはバーミンガム側がやきもきしてますが、絶対に戻すべきでしょうね。戻さないとまず間違いなく後悔するでしょう。ジウベルトもソングもCBに入れるのは怖いです。もうセンデロスもいいんで、トゥーレがいない間はギャラスとジュルーで行ってもらいたいですね。

中盤を獲りに行くならグルキュフはアリだと思いますよ。守備的な選手はさすがにこれ以上必要ないですし、プレーメーカー or チャンスメーカー、もしくはウインガーが欲しいところですね。それよりCB獲って欲しいですけど。

アリアディエールは当然アーセナルに愛着はあるでしょうけど、それだけに何とか見返してやりたいって気持ちはあったでしょうね。エミレーツでどういう試合ができるのかちょっと見物ですね。

昨シーズン、リヴァプールにやられたのはカップ戦を全て失ってちょっとした辺りですね。あの時は本当にどん底でした・・・。まあクラウチのあり得ないような確変がありましたし、カップ戦2つでアンフィールドで連勝してるので、それほど悔しくなかったですけどね。

そういえば10ユーロ払ってライブ観戦するって手もありましたね。僕はもう録画だしいいやと思って寝ちゃいました。特に今週は眠かったんで・・・。

またよろしくお願いしますね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/770-640ca108

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。