スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンゲル、レーマンの移籍の噂を否定 

Wenger quells Jens rumours - Sky Sports

ケガをして以来、ずっとベンチを温めているレーマンが冬に移籍するのではないかとずっと言われていますが、現在まとまった話は来ていないとヴェンゲルが否定しています。

「そういう話はないね。単に新聞が言っているだけだ。私とイェンスの間にも、私とヴォルフスブルクとの間にも、はっきりとした事は何も話し合われていないんだよ。今の時点では移籍についてどんな動きでも話したくない。試合に集中したいし、イェンスもその一部だ。」


Kahn - Jens must quit Gunners - Sky Sports

一方でかつての代表のライバル、オリヴァー・カーンはレーマンは移籍すべきだと主張。正論ですが、自分の仕事に集中した方がいいのでは?

「イェンス・レーマンの代表でのプレーはここまで完璧だった。だが出場していなければユーロは戦えないよ。だから彼にとっては移籍して、ポジションを取れるところでプレーするのがベストだろうね。」

実際、ドイツの正ゴールキーパーがスペイン代表に招集された経験すらない選手にポジションを奪われてるわけで、ドイツ人にとっちゃ面白くないでしょうね。


Almunia keen on England - Sky Sports

そしてそのアルムニアなんですが、どうもロビンソンが不安定、カーソンは大事な試合でやらかしちゃったって事で、後任人事(?)が流動的になっているイングランド代表に入る事も考えているそうです。一応理由として、イングランドのファンがこれまで熱心にサポートしてくれたからだそうです。

「これまで僕に愛情を示してくれた人々へのドアを閉じてしまうような事はしないよ。僕に(イングランド国籍を取得できる)資格が手に入った時、イングランドに力を貸す事ができたら・・・僕をサポートしてくれてる国に感謝したいし、それを断る理由なんてない。可能性は否定しないよ。」

さすがに代表は別、だと思いますけどね。一応ちゃんとイングランド人なのに、生まれや経歴の問題があるとはいう事でハーグリーヴズさえブーイングくらうぐらいですし。もちろんアーセナルでプレーするアルムニアは国中に知られてますけど、アーセナルファン以外にはなかなか支持されないでしょうし、アーセナルファンでも支持しない人は少なからずいると思います。素直にスペイン代表を狙うべきだと思いますね。


Gallas - I have tried to give my best personally – Arsenal.com

11月のオフィシャル月間最優秀選手に選ばれたギャラスのコメントです。

「とても、とてもハッピーだ。ありがとう、ありがとう、ありがとう。とても誇りに思うよ。そういう話を聞くのはいつだって嬉しいね。」

「今シーズンは個人的にベストを尽くしてきたと思うし、それがクラブがタイトルを獲得する事につながればと思う。アーセナルのようなクラブにとって、選手達にとっても、今シーズン何かを勝ち取る事はとても重要な事だと思うよ。」

「ファンがいなければ何もできないんだ。ファンは12人目の選手なんだ。いいプレーができない時や、疲れた時には彼らのサポートが必要だし、スタートからいつも彼らは僕達を応援してくれた。」

「シーズンは長いんだ、これを続けていかないといけないよ。僕達が疲れる時は来るだろう、でも彼らの応援があれば僕達は全てを出し尽くす。最後にはみんながハッピーになれるといいね。」


Wenger - Mputu would be a long-term option - Arsenal.com

先月トライアウトに参加していたDRコンゴ代表ストライカーのMputu ですが、ヴェンゲルはまだ獲得には慎重のようで、獲るとしても当分は使えないだろうと話しています。

「彼はクオリティは持っている、だがヨーロッパでのプレー経験がない。シーズン中盤でコンゴの選手を獲得して、彼が何かをもたらしてくれると考えるのは、少し楽観的だと思う。」

「もちろんそれを求めはする、だがそれは6ヶ月7ヶ月のプランになる。まずは順応する期間を与え、実際に何ができるのかを見るのはその後だ。」


Wenger defends foreign policy - Sky Sports

ヴェンゲルは改めて外国人を起用する自身の方針を擁護する発言をしています。

「選手がどこ出身かという事による違いはないと思うね。全員が一つの国出身では、世界で一番人気の高いリーグは作れない。それではうまくいかないんだ。(うまくいったら)奇跡的だよ。」

「目を閉じて競争のない世界を望むか、目を開いて"世界最高の選手がここには揃ってるんだ"と考え、我々にそのクオリティの選手の輩出させるかだ。今の状況では目を閉じて、身内に回帰させようとする人が多くいるね。」

「だがイングランドはいい若手を輩出する正しい道を進んでいると思うんだ。(自国に)世界最高の選手が揃っていれば、外国人選手が来たって何の問題もないじゃないか。」
スポンサーサイト

コメント

文中の排出は輩出ではないでしょうか?

「画」・・・

そうですね。visionととるほうが自然ですね。うまく汲み取れなくてすみません。


リポートわかりにくいなんてとんでもないです。とってもわかりやすくて、非常に参考になります。
僕は昔っから、今も変わってないんですけど、試合見るときにあんまり考えながら見てないんですよね。というより、それこそ画で楽しんでいるというか。あぁ、あの選手のドリブルかっこいいなとか、この選手のオフザボールの動きは熱いな、みたいな。笑
で、試合が終わってから必死に考えるわけですが。

だから、批評家はもちろん、監督にも、解説にも向いてないですね。1ファンが性に合ってます。あ、それかサッカー番組にたまに出てくるゲストの芸能人。あんな感じかもしれないです。笑
あえていえば、実際にプレーするのはかなり好きな方かと。別にあんまり上手くないんですが。




アルムニアはそうですね。地道にスペイン代表を目指してほしいですね。カシージャスという絶対的存在はいるものの、最近の好調ぶりなら、絶不調のカニサレスはもちろん、レイナの上に割り込むことだって可能だと思います。経験を順調に積めば、いくらでも伸びていけるポジションでもありますし、まだまだスペイン代表を諦めるのは早いはず。プレミアとは対照的に、リーガでは次々と良いキーパーでてくるんで、気持ちはわかりますけどね。
むしろ、イングランド代表のキーパーはなんなんでしょうね。呪われているような気すらします。


アーセンのコメントについては、前にも同じようなこと書いたのでノーコメントで。ただ、やっぱり彼が言ってもどうしても他人に対する説得力がないんですよね。やはり、その国の人間が言うことでないと中々。どうしても自己弁護に聞こえてしまいます。




雑誌numberの締め括りが、アーセナルはこれからも若手の帝国であり続けるだろうみたいな感じだったのですが、僕としては勘弁です。適度なバランスで、円熟味を増したベテランも惹きつけておけるような、そういうブランド力が欲しい。。。ファンとしては。まぁ、次々新しい力が台頭してくるのも面白いっちゃ面白いですけどね。移籍に関して言えば、やはりどうしても寂しい思いをすることの方が多いです。


では、また。

リバプール負けちゃいましたね・・・、同点になった時点で、寝ちゃいましたが、こんなに愉快な試合だったら、がんばって見るべきでした(笑)。
望み薄のマンUとチェルシーの試合が同時間にあり、一番波乱のありそうなリバプールがその後とは、皮肉な試合時間ですね。
そして、今晩のアーセナルの試合も、自分は仕事の時間がかぶって、後半の最後らへんしか見れません・・・、リバプールみたいなことになっていないよう祈っています。

レーマンは、まぁどうでもいいですよ、好きにしてくれ、って感じですよね、もう。
でも、アルムニアのイングランド国籍取得も、自分は完全に否定的ですね。
おっしゃるとおりハーグリーヴスでさえあの扱い、アルムニアじゃあもっとブーイング浴びるでしょうし、さらにミスなんてしてしまった日には・・・。
まぁ、彼の実力からすると、代表は難しいでしょうが・・・、特にスタメンを奪うとなると、カシージャスの壁は高いでしょうからね。
  • [2007/12/09 09:54]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>VSボロ前半。

無様な中盤センターと、トゥーレの精度の悪いロングボール。アデバヨールは勝てないと分かるとすぐフィジカルプレーを避けるけど、競っておくことにも多少の意味はあると思う。しかし,ボロ相手にこれで大丈夫なんだろうか?いくらレギュラーいないとはいえ。

>終了

あーボロに負けますか。ユナイテッドどころかチェルシーすらすぐ後ろですね。いかんせん内容がなさ過ぎです。出番を得た選手の覇気と質が・・・無敗優勝なんて無理だと分かっていますが、ヴィラ戦から余り考えずに望んでいるんではないというのがすごく不安です。

今日のCMFはボールを拾うことはせめてしなければいけないと思うのですが、セカンドボールを拾えない。セスクとフラミニにテクニックで劣る上に、この点でも完敗です。CMFだけでなく、パスやらトラップの精度は多くの選手が欠いていましたけどね。今日の試合だけを観れば、ボロのほうが上手いチームと思うんじゃないでしょうか?CMFが中継地点にすらなっていません。正直、噂どころではモドリッチ欲しいです。個人的にはエバートンのアルテタもいいと思いますが。

エブエは負けていて時間を少しでも消費したくないのに、何であういうプレーをするのでしょうか?私にはワザとに見えました。本職のSHを獲ったら、彼は出してもいいとすら思えてきました。

アデバヨールは過去2戦、結果は残す、というストライカーとして仕事はしましたが、今日はそれもなくなってしまいました。試合に絡めなすぎです。彼なしのチームは考えられませんが、足先だけの軽いプレーを続けていてはだめだと思います。彼を完全に信頼できないのは、ベントナーのクロスをひざに当ててしまうプレーが偶然ではないと思うからです。今季だけを考えれば、前線にもリーダーが欲しいですね。もっと要求できる選手が。

トゥーレのPKは仕方ないです。でも無駄なキック、エリア内でフリーな選手がいるのにシュートを撃つなどしていましたが、もっと状況判断を的確にして欲しいです。

ここ数試合で、ダメな組み合わせ、今のスタイルに合わない選手などが分かったと思うので、補強含めて上手くやって欲しいです。とにかくパスを受けて、次に展開することができるMFがレギュラーだけでは、自らのスタイルを貫き通せません。

しかし、この2試合で主導権をほぼ握れないとは思いませんでした。私は、セスク・フレブがいないなら、せめてプレッシングの強度強めて、ショートカウンターという方法をとってほしいです。ジウベルト・ディアラのコンビで通常通り望むのは自殺行為です。

MFで唯一ナントカしようとしていたロシツキーに得点が入ったことが幸いです。個人的印象ですが、アーセナルは0-2で負けている試合で、最後に1点とって1-2にすることが多い気がします。

さいごに、ウェブ下手すぎ。

厳しい‥アストンビラ戦の後半フレブが消えてからずっと同じ様な展開が続いてますね。正直、今日のスタメン見て嫌な予感はしたんだけどな。せめて、後半頭からベントナーとウォルコットを入れて欲しかったんですけどね。
後、負けた事以上にエブエにはもうウンザリです。彼はプレイヤーの資格がありません‥つーか普通に退場して出場停止で良かったのに。とにかくチェルシー戦までに怪我人が戻って来るのを願うだけです‥

お初です。 とうとうリーグ戦負けましたね。ここ最近の試合のプレーの質は悪かったのでボロ戦は不安でしたが…… 少し代役不在の選手が多いのが気掛かりです。チェルシー戦までにいったんリセットしてホームなんで勝ち点1以上は取ってほしいと思う! 初めてなのに長文失礼m(__)m

幸運にも後半から見れましたけど、まぁ文句なく今年最悪の試合でしたね、リバプールのことを笑っていて、アーセナルまでお付き合いしちゃうとは・・・、しかしサッカーってこういうことあるよね、って改めて感じてしまいました、他人事のようですが。

後半だけの試合内容から感じた事ですが、中盤二人がゲームメイク能力ないのだから(前も書きましたが)、サイドからチャンス作るしかないだろ!って思っていたのに、そのサイドがさっぱりでしたね・・・、まぁこれでは得点のにおいさえしなくても仕方ありません。
それどころか、中盤の二人がフィルター役もこなせていなかったのが、やるせなかったですね・・・、さとさんが書かれているように、自分もこうなったらカウンターでしょ、と思うんですが、そういう意図も見られず、セットプレーを誘うわけでもなく、疲労困憊とはいえ、あまりにも工夫がなさ過ぎた感があります。

でも、そんなことはお構いなしにチェルシー戦はやってくるわけで、ブカレストを舐めるわけではないですが、そこでこの試合の嫌なイメージを払拭して、チェルシー戦を迎えたいところです。
でも、現実的に考えると、今は流れ悪いので、勝ち点1、最低引き分けで終えたいところですね・・・、弱気かもしれませんが。
  • [2007/12/10 01:23]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ボロボロヤンガ~ナ!!

あーッ,初負けだ!リーグ戦、ついに…。

*(ライブな箇条書きでアルセナル)

まさか、同じ布陣で頭から行くとは思わなかった。

試合に勝ちたくないのだろうか?意図がわからない。

前方、中盤、後ろとで、全く別々のチームのようだ。

もっと臨機応変に対応できないんだろうか?

ほんの少し自分達で配置を変えたりって出来ないのかね?

ベンゲル自身の怒りっぷりは、選手へか?システムか?それとも自責の念か?

エブエはよく退場にならなかったもんだ!

序盤のトゥーレのファールでPKを与えたことは仕方ないとは思うが、
まぁ、しなくてもいいファールであったと思う。アリアディエールを褒めるべきだろう。

そのこと自体は、試合全体に影響こそ与えないだろうが、ただ今現在のアーセナルのチーム状態を如実に現していると感じた。遠征に因る疲労度、レギュラー陣の不在、中盤での為の創れなさ、不安定なボールをキープ、エドウァルドのズレ、選手たちが信じていない布陣で臨むベンゲル采配、オマケに時代錯誤で無理のある実況、ゲーム自体のモドカシさ、などなどに見られるように良い印象とは程遠い現実が突き付けられていたのだった。

ほとんど、もうボロのここ最近の不調と試合自体の披露による乱れと翻弄を期待するしかない!

普段なら美しく繋がり展開していくパスサッカーなのだろうが、アデバもロシも足先だけの余りにも安易過ぎるタッチ&ゴーが多過ぎるし気持ち良くも何ともないなぁ!

アルムニア頼みというのも情けない限りだ。

焦りを表に出さず冷静にプレイできないものかねぇ!

ベントナーは後半早々ミスパス2発連続!

ちょっと、見たくない試合内容だった。決して面子が劣っていた訳だからでなく、
旨く行かないなら、いかないなりの策なり、気構えなりがあるだろうと思えるからだ。

スケジュールのせいにする訳にはいかないだろう!それは怪我人だって前もって分て致し、
CLも決Tを決めていた訳だし、ちょっとしたユトリがチーム状況、流れを悪くしたということか。

悔まれるのは、こういう状況への対処の仕方がもっとあったと思えるからだ!
ここを乗り切れば、頂上はもう目前であると言える状況になれるからだ。

どうせ負けるなら、前節のNカッスル戦で負けていた方が、まだスッキリ受け入れられた。

攻め方を忘れた先発メンバーは、負けっぷりも見窄らしいもだった。

解っててするのは愚かなのに、また同じ間違い(采配)で臨んだベンゲルにはショックを受けた。
やはり先発布陣を見て「あっ負けるな!これは!」と思ったら、その通りになった。

下手な信頼を意識してからなのか、AWAY連戦の面子を弄らずそのままでいた。
いっそ若い力を導入していれば!?~と思えるが、それは安易過ぎるのだろうか?

どこか、闘う以前に同情を引くような、意志&意識の弱さで負けたといえるようでもあった。
いつもの面子が戻って来ても、暫くは低迷を続けることだろう…。

ああーッ、残念でならない。

PS: 余談だが、この時期、ここ3~4年は年末年始の成績順位が略そっくりそのままシーズン最終順位となっているのだ。特に上位陣に限っては…。



眠れねー

もう爺はいいよ
引退して欲しい
それにしても酷かったですな
審判もね・・・

ベンゲルはやっぱり前戦と同じ先発できた。
モウリーニョだったら・・・?と思ったけど、変わらないか・・ナ?
予想通りのグダグダな前半。

ボロ戦で怪我人が出てない事祈ります。
今日負けた事でリーグ次戦(チェルシー戦)は絶対勝たなくてはならなくなりましたな。
当初は引き分けでOKやと思ってたけど・・・。

次戦(ステアウア戦)、ベンゲルがどういうメンツ組んでくるかな?

いつも楽しく拝見しておりました。
今回の敗戦については先発メンバーをみて激しく落胆させたれ、不安を覚えるものでした。

ニューカッスル戦で思ったのはディアラ先発、デニウソンで、ディアラに守備の貢献を求めたほうがデニウソンで多少攻撃のリズムが遅くなってもここまでバタバタした試合展開にはなってなかったのかもと感じました。

私見ですがニューカッスル戦でのジウベルトは昨シーズンのパフォーマンスとそれほど変わらないんですが、攻撃へのつなぎが今シーズンチームがみせていたパフォーマンスにワンテンポ?ついていけてなく(遅れて相手チームにファウルを与える)、
またディアラの(守備や、つなぎは巧いのですが)危険な位置でのパスミスや緩慢なプレーの後のフォローでいささかバタつき、
またそれが周りの動揺を誘い終始落ちつかない試合展開となったようにみうけられました。

後、ロシツキーの攻め急ぐプレーも同様に周りを動揺させ、パスをもらった選手がただただ蹴り上げるだけ→相手に拾われる→カウンターをくらう→相手を煽る(相手にモチベーションを与える)アーセナルは凡庸なチームと化していました。

ロシツキーはクリエイティブないい選手だと思いますが、ヴェンゲルのいうようにシュートシーンでもプレーにも落ち着きがありません。

もちろんアデバイヨールのトラップの稚拙さは昨シーズン同様改善されているようには見受けられませんが...。

ロシツキーが離脱→フレブ、もしくはジウベルトではなくフラミニが替わりにいたらまったく試合展開は違っていたかもしれないと思いました。

現状こういう状況なのでそういうことを言っても無駄ですが。

まず、ニューカッスル戦のジウベルトは守備での貢献はいっぱいいっぱい、攻撃でのスピードではあきらかについていけず、今のチーム攻撃のリズムを崩す(悪い言い方をすれば)パフォーマンスのように見受けられました。
今回も同様に感じました。

もちろんロシツキーの状況を考えない攻め急ぐカウンターも明らかに周りの選手の動揺を助長させてましたし、せめて一旦ポゼッションして次の展開の時、周りの選手との呼吸を整える位の緩急があれば(これはアルムニア、コロにもいえますが)それほどアウェーとはいえカウンターの危険は防げたと思います。

今回はボロはアリアディエールの飛び出しなどはありましたが、危険な攻めを感じなかっただけにとても痛い敗戦でした。

今回、ヴェンゲルの言うところのレギュラーと控えの実力は拮抗しているとの発言は個人のテクニカルな能力については異論はありませんが、

やはり若さゆえかメンタルの脆さがプレーに直結したような印象を受けました。

昨日リバプール戦を観戦しながらそういえば昨シーズンはリバプールが敗戦した後はアーセナルはなかよく?敗戦してたよなーっと、昨シーズンの記憶を一生懸命払拭した後の今日の試合は脱力もんでした。

今回の敗戦は中盤が故障が多いとはいえひとえにヴェンゲルの采配ミスだと思いました。(個人的にそうさせてほしいです)

ただでさえ若いメンバーの今シーズンのアーセナルですが、そのまた控えの若さゆえのまとまり(試合展開を読む力)のなさと(ガツガツした若さゆえのハングリーさがないプレー)も心配になります。

これでユナイテッドとの差は1ポイント。
つぎのCLを挟みチェルシー戦にどれだけ中盤の選手が復帰するのかはわかりませんが、次のチェルシー戦が今シーズンの重要なターニングポイントになるのではないかと思う試合になるかと思います。

勝利を願っています。

信じましょう

皆様、初めまして

以前より拝見してましたがたまらず書き込みさせていただきます。

さて、ついに首位陥落の危機が来てしまいましたね。
海外のファンブログなどでも、エブエとジウベルトのパフォーマンスには批判が上がってるようです。

残念ですが、リーグ首位を明け渡しても仕方ない現状かと思います。
問題は故障組が復帰したときに挽回できる位置(首位から勝ち点差3~5以内か)につけて粘れるかだと思います。

あとは他のコンペティションのうちどれかを捨てねばならないでしょうね。

それからリザーブからフレッシュな選手を思い切って使うべきでしょう。いつまでもコンディションの上がらないジウボや結果の出せないダシウバにはスタメンは無理だと思います。

しんどい状況ですが次のチェルシー戦は勝ちに行ってほしいですし、先制されても勝てるチャンスだと思います。
チェルは結果は出てますがドログバ不在・エッシェンも出ない(ですよね?)ので、以前よりチーム力は落ちてるはず。

ここで勝てれば勢い盛り返せるでしょうから、信じて応援しましょう。
失礼いたしました、今後ともよろしく。

記事や他の方への返信と内容が被っている場合、端折るかもしれませんが、申し訳ありません。さすがに完全レスしてるだけの時間は取れないので・・・。


>ikさん

お恥ずかしいミスです。ご指摘ありがとうございます、修正しておきました。排出しちゃマズイですね(笑)


>Revoさん

いえいえ、こちらこそ抽象的な話で申し訳ないです。

僕としてはこんな長文を読んでくださる方が何人もいるという事が驚きだったりします。もうちょっと読みやすい文章にすべきとは思うんですが、書くのでいっぱいいっぱいですね・・・。

多分画で楽しんでるだけなのが一番幸せですよ。スタジアムに行ってる人の多くは、試合よりも雰囲気や騒ぎが目当てでしょうし。実は僕もあれこれは考えてません。リポートに書いてる事はほとんど直感というか、見た感じから受けたものを書き綴ってる、というか書き殴ってます。でも多分普通のファンだと後からあれこれ考える事もなく、見て終了だったりするんでしょうね。だからフットボール談義が一部のオタクだけのものになってしまうという・・・。プレーするのも楽しいですが、体力ない僕には辛いですね(笑) 野球みたくまるでバットに当たらないとか、テニスみたいにまるでコートに入らなくて撃ち合いにすらないらないというスポーツではないですから、別に下手くそでも楽しめるのがこのスポーツのいいところかも。

僕はどうにもレイナの存在が納得いかないんですよね。いいキーパーなのは間違いないですけど、すごいキーパーではないなと。やっぱカシージャスですね。アルムニアとレーマンとでは代表でのスタート位置が全く違うんでさらに難しいでしょうが、ここから正ゴールキーパーにまで上り詰めたらものすごいサクセスストーリーですね。是非頑張ってもらいたいです。

プレミアもいいキーパーはたくさんいると思うんですが、ほとんど外国人か、イングランド人でも若くて経験がない選手ばっかりだったりするんですよね。カーソン、グリーン、カークランドと。カーソンはともかく、グリーンやカークランドはそれなりにプレー年数を重ねてますが、まだ不安は拭えないかなと。イングランドはキーパー面でもやはり育成が遅れてたのが響いたんでしょう。カーソンやグリーンが順調に育っていってくれるといいんですけどね。カークランドも虚弱体質でさえなければ・・・。

Number買ってきたんですけど、まだ読んでないです。駅の売店でアーセナルのユニフォームらしき表紙がチラッと目に入って、よく見たらセスクだ、アーセナルの記事だと衝動買いしてしまいました(笑) 今日ワールドサッカーマガジンとグラフィックも買ってきました、読む時間あるんだろうか・・・。本当はキングが一番読みたかったんですが、売り切れでした。しかしセスクはインタビュー出過ぎでは・・・。


>サッカー小僧!さん

リヴァプールの結果を見てついに唯一無敗のチームになれるかと思いきや、一日限りの天下でした・・・。しかも内容はリヴァプールよりひどかったかと。しかし実際あまり影響はないかと思いますが、首位になると日程を後ろに回されるこのテレビ最優先システムはどうにかなりませんかね。何か不愉快です。

ヴェンゲルは素直にレーマンを放出した方がいいと思うんですがね。これでレーマンはクラブを通さず自由に交渉できますから、ヴェンゲルの元にオファーが来てなくても実は話が進んでるって事はあるかもしれませんし、このタイミングで移籍否定をしても意味がないと思うんですよね。ベッカムの時みたいに。

僕は選手が生まれた国以外で代表をやるのは、移民とかでもう母国に帰る予定がない時のみにすべきだと思います。実際ブラッターはその辺を制限しようとしてますしね。そりゃポジション争いで言ったらスペインよりイングランドの方がずっと楽ですけど、国の代表となるとそれだけではね。スペインではカシージャスを出し抜くのはさすがに無理かと思いますが、第3、がんばれば第2ぐらいにはなれるかもしれませんしね。

サイドは本当どうしようもないです。一番可能性がありそうなのがサニャなんですが、サポートがなさすぎだし、大体最近サイドに展開した時の中の動きが悪いですよね。クリシーは明らかに疲れててオーバーラップの機会すら減ってるし、でもやっぱり一番ダメなのはエブエでしょうね。何もしてないですし。

ディアラをこの試合で悪く評価してしまうのはちょっと可哀想でしょうね。セスクと組めば、フラミニとまではいかないまでも、レギュラーでも通用しそうなパフォーマンスは発揮すると思うんですが。カウンターもいいですが、最終ラインが疲れてるのか、はたまたジウベルトの位置が低いのが悪いのかわかりませんが、最近コンパクトさのカケラもないですし、かといって押し込まれた時に挽回できるチームじゃないんで、なかなか難しそうです。ただ工夫は必要ですね。今やってる事は、ただプレッシャーを凌いで前にボールをつなぐ事だけですから。

ヴェンゲルはステアウア戦の位置づけをどうするでしょうかね。これ、非常に難しい問題だと思います。大体流れを取り戻すために無理してレギュラー組使って勝ちに行くか、とにかく若手を試すかの二択だと思うんですが、後者の方がリスクは少ないですね。久々のホームなんで、それでやる気が出てくれる事を祈ってます。


>さとさん

トゥーレのロングボールにはイライラさせられました。一体何の意図があって蹴ってるんでしょうかね。ああやって自分達から戦う事を放棄するから腹が立つんですよね。

今回は少なくとも形の上では多少変化はつけていて、その点では満足というか、いい評価はできるんですが、肝心の戦い方がなってませんね。一体どういうプレーをしたいのか見えてこないし、がむしゃらにやっていれば勝てるというものでもない。やはり攻撃のリーダーがいないなと感じます。

CMFは確かにひどかったんですが、それ以外の選手でもパスがズレまくり、トラップ浮きまくりでとてもディアラとジウベルトを吊し上げる気にはなれませんでした。それも連携が悪いとかってレベルじゃないんですよね。大体で蹴ってる感が否めない。セスクやフレブがいないだけでチームとしての質もここまで低下してしまうのかと、見ていて呆れました。そりゃ疲れはあるんでしょうが・・・。

エブエは100パーセントわざとでしょうね。元々大袈裟に痛がったりダイブ気味のプレーで悪評高いですが、さすがに僕も愛想が尽きつつあります。RBもサニャとホイトで充分回るし、SMFとしてもケガから復帰後、カーリングカップのニューカッスル戦以外はほとんどいいとこなしなので、僕もそろそろ放出してもいいと思います。

アデバヨールはシーズン序盤に比べるとかなりプレーの質が落ちてきてますね。この前の代表戦明けは明らかに精彩を欠いてましたが、それ以降は運動量も増えて、それほど疲れを感じさせないんですが・・・。最近はかなりロビンの不在が効いてきてますね。

トゥーレは随分空回りしてましたね。ドリブルで攻め上がった時にボールを放すタイミングが悪いのはいつもの事ですが、それにしても今回はやる事なす事裏目に出てばかりでした。FKなんですが、いちいち他の選手使ってボールを動かす意味ってありますかね?前から疑問だったんですが。壁を割らせてもそこに飛んでいく事がまずないし、それなら動かさずに直接蹴った方がまだ何か起こりそうな気がします。もちろん間接FKだったら話は別ですけど。

CMFは補強もいいですが、そうなるとまずデニウソンを諦める事になります。果たしてそれでいいのかというところがちょっと疑問ですね。ただジウベルトはさすがにもういいかなと思えてきました。

今までいくら疲れててもこうも連続で主導権を握られる事ってあまりなかったと思うんですがね・・・それもボロでの勝点3は必須だと考えていたのですが。よもや無敗記録が止まるとは。中盤はそれほど疲れはないはずなので、ショートカウンターというのは充分アリだと思いますが、結局追い越していく選手がいないので、前で手詰まって終わりそうな感じがしますね。特にアデバヨールが今ひどいですし・・・。

僕はもう87分ぐらいで見るのをやめようかと思いました。いつも負けてる時に帰る観客を見て、何か起こるかもしれないから最後まで観ていけばいいのにと思ってたんですが、今回ばかりは途中で帰る人の気持ちがわかりましたね。もちろん見るのをやめてたらロシツキーのゴールは見られなかったわけですが。あまりに遅すぎる反撃ではありましたが、決まらないよりはいいですね。


>ASHさん

お久しぶりです。

不調の原因はいろいろありますが、やはり前線に溜めが作れる選手がいないのは大きいですね。ロシツキーは正反対の事をやってるし。それ以上に一つ一つのプレーの精度が悪いんで、溜めも何も試合としてお話にならないんですけど。スタメンは僕もベントナーとウォルコットを入れるべきだとは思いますが、特にトップは誰がやってもあまり変わりなさそうな感じがしてきました。少なくともエブエはもういいですけどね。僕もどうせ負けるんならあの時点で退場でよかったと思います。

ケガ人の復帰具合は微妙ですね。フラミニが戻れば多少はよくなるでしょうけど、チェルシー相手じゃそれでは足りませんね。


>インさん

初めまして。

ヴィラ戦の後半からずっとこんな流れですが、さすがに予想外でした。ヘタレにも程があるだろうと。フレブが替えが利かないのはちょっとしょうがないなと思うんですけど、CMFのプレーメーカーが不在ってのはさすがに無理がありますね。ストライカーは、まあ4人中2人が新戦力なんでこんなもんかなって気もするんですが・・・。

優勝を狙うのであればチェルシー戦は勝点3が絶対だと思います。リヴァプールは蓋を開けてみなければわかりませんが、仮にユナイテッドが負けたり引き分けたりしたとしても、ここで差を広げ、且つチェルシーを叩いておくのは必要不可欠なんで。ここで勝てないようだと、首位で年を越すのは諦めた方がよさそうですね。


>quai44さん

改行ありがとうございます。

布陣はあまり大幅には変えようがないでしょうからね。エブエはいい加減やめてウォルコットを使ってもよかったと思いますが、それぐらいかと。後はもうジウベルトを外して、メリダやランドールに賭けるというようになっちゃうでしょう。

スケジュールのせいというのは多分にあると思いますよ。過密だけならともかく、こうも遠征ばかり繰り返していては、練習もまともにできませんし。しかも遠いところばっかりで移動するだけで疲れも溜まりますしね。準備面で非があるとすれば、あらかじめこういう状況を予測してセスクの控えを用意しておかなかったというところでしょうが、ケガ人とその代替選手についてはちょっとどうしようもないかと。やっぱり一番マズイのは、気概と工夫の無さなんでしょうね。特にスキルはあるのにそれを全く活かせていないロシツキーにはガッカリでした。

いつものメンツが戻ってきても低迷を続けるっていうのは、僕も何となくそんな予感がします。しかし幸か不幸か、チェルシー戦という大一番があるので、ここで変化がつく事を期待します。逆にここでダメならもう今シーズンの優勝は諦めた方がよさそうですね。最後に盛り返す事はあるかもしれませんけど、手遅れになってる気がします。

そういやプレミアでは年を越す時に最下位のチームが必ず降格するというジンクスが、WBAが破るまではありましたが、上位も最近同じでしたか。まあジンクスはジンクス、統計は統計なんで、いつ覆ってもおかしくないわけですが、やはり首位で年を越したいものですね。


>Maetelさん

爺は30分で見限りました(笑) なので何を言ってたのはあまり知りません。僕は今回の主審は神とまではいかないまでも、並ぐらいに見えたんですが、やはりマイク・ディーンを見た後で目が腐っちゃったんでしょうかね?あ、副審はひどかったです。

今スタメンをいじるとしても、エドゥアルド→ベントナーとエブエ→ウォルコットぐらいしかできませんよね。デニウソンには「実績」があるんで、ちょっと難しい・・・それでもジウベルトよりマシって考えもありますけど。ここまで来るともう先発メンバーでどうにかできそうな感じではなくなってきました。どうすりゃいいんでしょうね・・・。

今のところケガ人はいないようですね。これでギャラス辺りに何かあったら死ねます。仰る通りチェルシー戦は勝たなければいけなくなりましたね。ドログバがいなくても、カルー辺りに何か持ってかれそうな気がするのは僕だけでしょうかね・・・。

ステアウア戦は予想がつきません。すごく判断が難しいところだと思います。僕が監督だったら若手のテストにして、メリダやランドール、ギブズ辺りにチャンスを与えるかもしれません。今頼りたいのは若い力、ではなくて、創造性を持ってる選手なんで。ギブズはそれにペネトレーションを加えられるかもしれませんしね。


すみませんが、今日の返信はここまでにさせていただきます。タイトル奪取さん、シャーロックさん、明日必ずお返事しますので。

>タイトル奪取さん

遅くなって申し訳ありません。

結構先発メンバーでガッカリしたって方が多いですね。僕はもう2トップならそれでいいやぐらいにしか思ってなかったんですが。

最近のデニウソンは球離れが悪いどころか展開力もまともに発揮してませんが、ジウベルトがあれならデニウソンでもよかったかもしれませんね。実際にディアラとジウベルトのコンビは見た目のタイプが悪いだけでなく、ポジショニングが低いので、必要以上に受け身になってしまうのは事実ですし、デニウソンならばそういう事はなかったかもしれません。

僕もジウベルトは昨シーズンまでとそこまでは変わらないと思うんですよ。元々球離れはいい方ではないし、あり得ないようなパスミスもよくあります。しかし今のメンバーはフルメンバーの時のスピードとは雲泥の差があるわけで、それにすらついていけないっていうのはちょっと解せませんね。両サイドが前へ前へと急ぎすぎてるのはあるでしょうけど。

ロシツキーについては前にも彼は緩急の"急"を司る選手だと書いた事があるんですが、こういう状況で"緩"が使いこなせないのはちょっとプレーメーカーとしては致命的ですね。やはりチームの中核を担う存在にはなれない、月のようなものなのかと思ってしまいます。戦術眼の欠如は致命的ですね・・・。フレブとセスクが戻れば結構力を発揮しそうな状態まで戻してきてはいますが。またフレブも元々"緩"のみの選手でしたが、最近"急"が使えるようになってより存在感を増したので、ロシツキーももうちょっとすればっていう希望はありますね。もっとも、"緩"の選手が"急"を覚えるより、"急"の選手が"緩"を覚える方が難しい気はしますけど。

大体ニューカッスルやボロを相手にする時、まず危ないのはセットプレーで、それ以外は特に何ともないと思うんですが、こうまでチームがバタバタしてるといつ失点してもおかしくないと不安にさせられますね。正直言ってアリアディエールはちゃんと応対すれば別段危険な選手ではないはずなんですけど・・・。そこで危険なプレーができる選手であれば、そもそもアーセナルで戦力外にはなりませんからね。

昨シーズンはリヴァプールとそんなにお付き合いしてましたっけ?最近いろいろ仲が良い印象はありますけどね。ホームでボコボコにしてやったらアウェーでボコボコにし返されたり、ユナイテッドとチェルシーがホームの時はアーセナルとリヴァプールがアウェーだったり。今シーズンのCLはユナイテッドと同じ組み分けでしたけど。

チェルシー戦はファン・ペルシが出られそうですが、セスクとフレブ、せめてどちらか一方は帰ってこないと辛そうですね。


>シャーロックさん

初めまして、こちらも遅くなりまして申し訳ありません。

エブエとジウベルトのパフォーマンスは確かに褒められたものではなかったですが、特定の選手に責任をなすりつけるのはちょっと違う気がしますね。チーム全体として停滞ムードなのは明らかですし。過去の経緯や経験値が増えた事からも、このまま負け続けるとはちょっと思わないんですが、何かブレイクスルーが必要なのは事実ですね。とりあえずはファン・ペルシがそれになってくれる事を期待しますが、長期故障明けの選手に多くを求めるのは酷だなとも思います。

今のところリーグとCL以外ではカーリングカップのみ、それも若手主体で行くでしょうから、まだ取捨選択する段階にはないと思いますが、この調子が年内いっぱい続くようだと、FAカップは早々に諦めなければいけなくなるかもしれません。元々このカップは今シーズンは捨てた方がよさそうですしね。それならつまらないプライドに拘るより、とっとと3回戦で負けた方が後々のためのような気もしますが、相手がバーンリーでは・・・。

ジウベルトはともかく、エドゥアルドを使い続けるのはリザーブの選手を使う事と同義だと思うので、彼は我慢して使い続けるべきだと思いますね。CMFはいい加減メリダやランドールにチャンスを与えるのがいいと思いますし、ギブズを使うのも面白いと思います。

エシアンはサスペンションですね。アーセナルキラーがいないのはありがたいですが、それ以外のところは現状ほぼ充実していると思いますので、チェルシーにとっての懸案はドログバがいない中、いかに点を取るかでしょう。逆に言えば、失点を防げればチャンスはありそうです。リヴァプール戦でジェラードにやられたように、ランパードにズドンとやられないといいのですが。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/768-29d5ebbc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。