スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セスク、フレブ、フラミニが欠場 

Hleb and Flamini join Cesc and Co on the injured list - Arsenal.com

ニューカッスル戦のケガ人情報ですが、セスクもフレブもやはりダメ。それに加えてフラミニも太腿のケガを再発させてしまい、欠場です。\(^o^)/

「アレックス・フレブとマチュー・フラミニを土曜日のヴィラ戦で失った。復帰者はいない、つまりディアビー、ファン・ペルシ、フレブ、フラミニ、ファブレガスがこの試合を欠場する。」

「一時は中盤は過剰かとも思ったが、今では過疎になってしまったようだね。だがここに入ってくるだけのクオリティの選手がまだいる。ジウベルトがいるし、デニウソンもケガから戻っている。彼は連れていくよ。だから依然中盤は強いととても自信を持っているよ。」

デニウソンはケガしてたんですね。しかし最近のパフォーマンスでは足を引っ張るだけだし、ディアラとジウベルト、もしくはロシツキーをトップ下か中央三列目に入れてカバーするか。1トップになりますけどね。過剰だの過疎だの以前に、パサー、プレーメーカータイプがセスクしかいないというバランスの悪さが原因な気がします。

それでセスクとフレブなんですが、日曜日のボロ戦にも出場できなさそうとの事。しかしフラミニは戻って来られそうとの事なので、こっちはまだ何とかなるかという希望が持てますが、ニューカッスル戦はもうアデバヨールの個人技頼みですね・・・。


Clichy - It is too early to talk of the title – Arsenal.com

クリシーは昨シーズンからずっとチームにはクオリティがあると話していましたが、今シーズンは遂にそれが花開いたのだと胸を張ります。一方で、優勝争いについて語るのはまだちょっと早いとも。

「アストン・ヴィラ戦では誰もが、今シーズンはいい結果を残すんだという気持ちを見せたね。監督が言ってきたように、僕達にはクオリティがあり、チームには大きな力がある。これからはそれを続けていかないとね。」

「僕達みんながニューカッスル戦では何かができると思ってるよ。チャンピオンになるって話はちょっと時期尚早だけどね。今週は僕達にとってビッグウィークだ、この先にはチェルシー戦とトットナム戦も控えてる。今シーズンは何かができるとは思うけど、まずはニューカッスルでのこの試合に集中しようじゃないか。」

「リーグトップに居座ってるのは素晴らしい気持ちだけど、シーズンの始めから僕はチームには素晴らしいクオリティとスピリットがあるって言ったよね。12月まで来て、僕達は準備ができてるんだって事を示したんだ。」

「(ニューカッスル戦では)やれると思ってるし、それを現実のものにするために挑みに行くんだよ。意欲とスピリットを持ってやれれば、勝点3を持ち帰れると思ってるよ。」


Gallas wins O2 Player of the Month award - Arsenal.com

オフィシャルの11月の月間最優秀選手が発表されました。遂にセスクの独裁政権が終焉を迎えましたよ。ウィナーはキャプテン、ギャラスです。得票率は57.2パーセントで、他を寄せ付けませんでした。2位はセスクで14.6パーセント、3位はフレブで12パーセントとなっています。今月はフラミニにチャンスがありそうですね。


Afellay pens PSV extension - Sky Sports

文字通り昨日の今日ですが、PSVのアフェライが契約を1年延長し、2011年までPSVと契約下にある事になりました。当初2013年までって言われてたはずですが・・・移籍金をつり上げるためか?と邪推してしまいますね。キャッシュリーみたいな例もあるだけに・・・。
スポンサーサイト

コメント

ニューカッスル戦は、明日早朝ですね、・・・またまた大変厳しい時間ですが、メンバーが厳しくなったからこそ、どんな内容になるか、興味がそそられますね。

このタイミングでフラミニがいないのはきついですね、しかも何気に結果を出していたディアビーまでまだ戻ってこない、本人にとっては運がないというか何と言うか・・・。
ただ、バートンという危険人物と対戦して怪我悪化されるよりはまし、などと勝手にいいようにに解釈しておきましょうか(笑)。
フレブもこうなると、カリューが憎たらしいですね、せめてあそこでピッチから消えてほしかった。
デニウソンは、まぁ今シーズンは大目にに見てあげるべきかな、と自分は思っています、まだ経験が不足してますし(ぬるいでしょうか)。

ただ、救いは相手が絶不調な事でしょうか、この前のプレミアリーグハイライトで、アラダイズは試合のことより自己弁護的なコメントばかり述べていましたし、全然チームを掌握できてない雰囲気が感じられました、気をつけるべきは、2トップの頭と速さでしょうか、でもビドゥカも途中からでしたし、起用方法もよくわかりません。

アーセナルとしては、ベントナーか、ダシウバにチャンスもあげてほしいところですが、やっぱウォルコットでしょうかね。
彼が好調であることと、アデバヨールがこの前の前半のように、ガタイを生かした、いい意味で強引なプレーをすることを望みたいですね。

あと、アフェライの件ですが、いくらセスクの控えとはいえ、まだ中盤いりますかねぇ・・・、優先順位は、CBでしょう、みんなが感じているように。
それなら、まだベン・アルファ取ってくれた方が、サイドもトップもこなせるんでチームにとって有益な感じがしますが。
  • [2007/12/05 06:51]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

何故リバポーはやらないんでしょう?彼らは12月の対戦が比較的楽な上に試合数まで少なくて済むとは。

フラミニまでも・・・・ 12月は怪我人毎年多い気がします。誰がセンターで捌き、前へ出て行くんでしょうか?
ベントナー・アデバヨールの2トップを希望しますが、ヴェンゲルはやらないでしょうな。

>サッカー小僧!さん

身も蓋もないですが、内容についてはあまり期待しない方がいいかもしれません。まあニューカッスルは一度完全Bチームで撃破してるんで、あまり悲観的になる必要はないかもしれませんが。今週猛烈に寝不足なんですが、何だかんだで楽しみです。

フラミニは今や攻守に渡って中盤を牽引できる存在になりつつありますからねぇ、セスクの代わりとまではいかなくても、中盤を制する事ができる重要な存在なんですが、厳しいです。ディアビーがいないのは結構痛いですよ、フレブ、セスク、フラミニを欠いてしまうと、リズムを変えられる選手がいませんからね。本当運のないヤツです・・・でもアリアディエールよりマシかも。バートンはまた最近大人しくなったように思えるんですが、気のせいでしょうかね?サンダーランドとのダービーでは何かやらかしてましたが、後で「わざとじゃなかった、ケガをさせていたら謝る」と話していましたし。

カリューは非常に憎たらしいです。そんな事をするためにフランスから来たのかと。デニウソンは大目に見てあげるべきだと思いますよ。まだまだこれからの選手ですし。まあ昨シーズンより悪くなってる気がする上、セスクが休みがちという珍しくも厳しい状況にあって、まるで使える目処が立たないから厳しく言わざるを得ないんですがね。昨シーズンは「俺がやってやる!」って気迫に満ちていてよかったんですが、そういう気持ちをどこに置いてきてしまったんでしょう。ユナイテッドの優勝を決めたチェルシー戦なんか、重要な働きをしてたと思うんですけどね。

ニューカッスルは結果はともかく、内容では絶不調とは言えないと思うんですがね・・・。確かに守備は崩壊してます。ブラックバーン戦の3失点目なんて戻る気ゼロのひどい内容でしたからね。しかしベントリーの2ゴール目を許すまでは互角の内容だったと思いますし、何だかんだでホームでは強いチームなので、あまり見くびる事はできませんね。そういやブラックバーン戦は3トップでしたが、今回はどうするんでしょうね。やはりヴィドゥカを出してくるかな?

1トップを採用するのならウォルコットが先発かどうかは微妙ですね。中盤をジウベルト、ディアラ、デニウソンで固めて、両サイドがエブエとロシツキーってパターンが一番現実的な気がします。ロシツキーをトップ下に置くのなら左はウォルコットでしょうね。向こうは守備陣がボロボロなので、今回ばかりは2トップにした方がいいと思うんですが。アデバヨールとベントナー、悪くなさそうなんですけど・・・ヴェンゲルはやらないだろうな。ウォルコットの強引さは時と場合によってかなり当たり外れがあるので、その辺もうちょっと賢くなってもらいたいですね。

アフェライを獲るのなら誰か出さなきゃいけないでしょうね。デニウソン、ランドール、メリダと真ん中のプレーメーカー候補はまだ時間がかかりそうなので、僕はアリだと思ってます。4-4-2の時どうなのかわからないって不安はありますけどね。出すのはディアラかジウベルトという事になってしまうでしょう。あとCBとSMFが必要かと。リチャーズとアグボンラホールがいいですね。ベン・アルファは獲るならサイドアタッカーとしてになるでしょうし、セスクというよりフレブの控えといった感じですね。やっぱりジーナス獲っておくべきだったんじゃないかなぁとも思いますが、獲っても今頃いなくなってたかも(笑)


>さとさん

リヴァプールの事は知りませんが、相手の都合とか?リヴァプールって何かいつ見ても楽な相手とやってるような錯覚?を覚えるんですが、いつ厳しい試合をしてるんでしょうか。ところで今日セルティックのCLノックアウトステージ進出決定のニュースを見て混乱したんですが、ミランがクラブワールドカップに出るからという事を忘れてました。CLの日程すら変えるクラブワールドカップ恐るべしです・・・。

やはり過密日程が日常的になってくるとケガ人が増えますね。しかし今シーズンはどうも代表戦が引き金になってる感じです。中盤の鍵を握るのはディアラじゃないかと。僕もアデバヨールとベントナーの組み合わせを期待しますが、ヴェンゲルはやらないでしょうね。4-1-4-1にするか、4-2-3-1にするかの違いでしょう。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/765-4d96d211

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。