スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンゲル、引き続きローテーションを予定 

Wenger predicts changes for trip to Reading – Arsenal.com

ヴェンゲルはレディング戦で引き続きローテーションをするつもりだと話していますが、それがレギュラーベースなのか、スラヴィア戦ベースなのかはよくわかりません。まあ前者でしょうけど。

「いろいろ変えてみるよ。どれくらいかはわからないがね。スラヴィア戦では8選手を替えたが、彼らは全員がまたプレーするに足る。」

「今ケガをしているのはファン・ペルシだけだ。センデロスはフルトレーニングに戻ったが、ここまでプレーしていない以上月曜日には使わない。ロシツキーとトゥーレは戻っている。彼らは今日いいセッションをこなした。」

「コロはミッドウィークはふくらはぎに少し問題を抱えていたが、あれがチャンピオンズリーグの決勝だったら出していたよ。」


Adebayor happy with form - Sky Sports

アデバヨールは今シーズン、自分もチームも最高のプレーができていると話します。しかしゴールがなぁ・・・3、4試合に1回は決めてもらいたいんですけど。

「今シーズンはベストの僕をお見せできてるね。出場機会も増えて、チャンスが増えたんだ。チームメイトももっと信頼してくれるようになったし、僕達のプレーはワールドクラスのストライカー(アンリ)を起点としたものじゃなくなってるからね。誤解しないでもらいたいけど、ティティほどの才能があれば、彼に頼るのは自然な事だよ。」

「タイトル争いの準備はできてる。僕達がとても若いチームではあるけれど、スタイルと反骨心を持ってそれを勝ち取る事ができると思ってるんだ。」

「リヴァプール戦では試合全体で勝っていた。最高のパスゲームができたんだ。試合に勝つチャンスはたくさん作ったんだけど、アンフィールドでのドローはいい結果だし、ユナイテッドはまだあそこでの試合を残してるからね。」

「マン・ユナイテッド戦は一番辛かったよ。彼らはスピードのあるフォワード達を擁する素晴らしいチームだからね。拮抗した試合だった、勝点を分けた事になるけど、そのポイントで5月の優勝が決まるといいね。」

最後に敗退してしまったネーションズカップ予選について。

「カヌーテやディアラ、ケイタを擁するいいマリ代表チームにやられてしまった。彼らはあの日とてもよかったんだ。僕達の国は試合に負けて悲しかったけど、またすぐに復活するよ。」


Wenger - I’ll let my players take time off but I won’t - Arsenal.com

スラヴィア戦ではセスクとフレブを休ませ、アデバヨールやサニャといったレギュラーの選手をベンチに置いたヴェンゲルですが、自分には休みは必要ないと話しています。ちょっと前にはグリマンディも心配していましたが・・・。

「私に休みは必要ない。私はマラソンランナーなんだ。いつも忙しくしている。試合がある時にできないような事がいつもあるんだ。」

「私にはまるで休みがないと言わざるを得ない。だがオフの間は移籍期間であり、それがフットボールの常だ。別にビーチで電話で話す事もできるし、選手ともそこで会えばいい。夏の間は選手達もビーチに来てるんだからね。」

「誰もプレッシャーを測定する機械は発明できていないから、他と比べて私のダメージがどれくらいのものかはわからないね。多くの人が私が大きなプレッシャーに晒されていて、ひどい経験をしていると言っているが、それが他と比べてひどいかどうかを測る術はないんだ。」

「私はフィットネスを保っているよ。ジムにも行くし、ランニングもする。毎日少しやっているんだ。だが私はスポーツに身を置く者ならば、スポーツに身を置いているという事だと思っている。選手達は私にはない肉体的なストレスを受けているんだ。もちろん精神的なストレスはあるが、私は”そこ”にいたいし、居続けたいんだよ。」


Fabregas’ flying visit to Barca was fine with me - Wenger - Arsenal.com

で、休みをもらったセスクとフレブは何をしたかというと、バルセロナに行ってレンジャーズ戦を観戦してたそうです。その事について、ヴェンゲルは選手の勝手だと話しています。

「(彼らを外したのは)フットボールと距離を置く目的もあった。ベンチではなく完全に外してしまう事で、数日の間メンタルの休養が取れる事もあるのでね。」

「ストーリーなどないよ。ファブレガスは我々と契約している。バルセロナが契約下にある選手を獲得したいと思ったら、私は彼らに電話番号を教えるよ。だがティエリ・アンリを買ったばかりだし、もう知っていると思うがね。」

そして「まだオファーを受けるつもりはあるか」という問いに対しては「ノーチャンス」だそうです。


Randall - It's really good to be back playing - Arsenal.com

2つあったカーリングカップの試合ではいずれもメンバー入りしていなかったランドールなんですが、リザーブの最初の試合でケガをしてしまい、復帰は火曜日に行われたリザーブのウェストハム戦。早速ゴールを決めています。

「ここ数ヶ月は本当に不満が募ったよ。一度復帰を急いでしまって、あれはアンプロフェッショナルな事だったね。でも今回はしっかり時間をかけたと思ってるし、完全にフィットして戻ってきたよ。」

「復帰できて本当によかったし、ゴールを決められたのは素晴らしかった。でも必要な結果を得られなかった(2-2で引き分け)。」

「復帰できたとは言っても、ハードワークを続けていく必要があるね。このリザーブチームでポジションを確保するのは大変な事だし、集中を保って、残りのシーズンに向けてプッシュしていくよ。」

「もちろんファーストチームに上がる事は僕の目標だ。そうじゃなければここにはいない。でもファーストチームのプレー振りを見てると、それがすごく難しい事だってわかるね。」


Sonko set for family first - Sky Sports

月曜日に対戦するレディングのイブラヒマ・ソンコが、どうやらサニャとは生き別れた親戚であるらしいと明かしています。最近わかったようで、本人もあった事はないそうなんですが。

「サニャは僕の親戚みたいなんだ。兄が彼を知ってるんだけど、僕は会った事がなくてね。彼はフランスで育ったわけだけど、両親はセネガル人だ。」

「月曜日に彼と初めて会うんだ。変な話だって事はわかってるけど、僕も本当に驚いたんだよ。サニャっていう親戚がいる事は知ってた、その一人がイングランドでプレーしてる選手だって聞かされたんだ。」

「バカリもその事を知ってるみたいだね。だからとても面白い出会いになるだろうね。」

これはまたすごい偶然ですね・・・。しかしこれを初めて聞いた時、サニャのあの髪型についてどう思ったんだろうか(笑)

ちなみにアーセナルマガジンでは毎月一人の選手に「もし○○できるなら」というお題でいろいろな質問をしていますが、その中に「もし一人チームメイトの髪型を変えるとしたら?」というのがあります。サニャはまだ加入して日が浅いという事もあるでしょうが、トゥーレとトラオレはソング、ファン・ペルシはフレブとフラミニを挙げていました。ファン・ペルシに至っては、フレブは丸坊主にすべきとまで言ってます。今のところソングが特に不評なようですが、最初にサニャを挙げるのは誰になるのか。その前に質問が変わらないといいですが・・・。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

陸さん、同じ失敗で本当にすみません。公開を確認しても、私の携帯ではダメみたいなのでもうやめます。

時差
いやぁ、全部見るのに3回もチャレンジしましたよ、CL。見ると15分で睡魔におかされますね。自分も基本的には、いつも見れない選手をチェックすることが出来るので楽しみにしてたんですが・・・
ありゃぁ自分の中ではフォーメンションが一番良くなかった原因じゃないかと思うのですが。前半は1トップ、後半途中からはトップ下ディアビーを左に出して左MFだったエドゥアルドをあげて、ベントナーと2トップだったはずです。前から思っていましたがディアビートップ下は無いでしょう!それにエドゥアルド左も。これが一番試合をあそこまで眠くさせた要因ではないかと・・
今回の試合で自分の評価点を上げたのは、ほとんど見たことが無かったディアラぐらいですかねぇ。評価を著しく下げたのは俺の期待が高いデニウソンとエドゥアルド、それと前から評価低いソングです。デニウソンは前に見たときに質の高さは分かっているのでいいのですが、エドゥアルドは何回か見て未だに質の高さが自分には伝わってきません。前にいた、自分が嫌いだったジェファーズと同じ臭いがしてきそうで心配です。ソングに限ってはコンバートしてまでアーセナルでの居場所を作ってあげる必要がある選手には思えません。どこがいいんだろう?CBで言うならジュルーの方が全然上に思えるし。
まぁ、何はともあれグループステージ突破!今回はこれにつきますね。万歳!!
で、明日の試合は今回のもやもやを吹き飛ばすような爽快な試合を期待して一日を過ごしますかな。
でも来週はユーロ予選でないのかと思うと消化不良な一週間にもなりそうです。
時代遅れの話題で失礼しました。

クリシーがまた呼ばれませんでした。しかもトレセゲまで…
一体あの占い師は何者なんでしょうか。

>MAYさん

おかしいですね、普通に考えてFC2側の不具合だと思うんですが。すみませんが、現状こちらでは手の打ちようがないので・・・またPCからコメントいただけると嬉しいです。

MAYさんもコムサで作られたんですね。僕はあんなのやってるって最近知りましたよ。メガネは滅多に使わないので、レンズ込み一万ってのはありがたいですね。

池田満寿夫?って誰ですか?しかしそのエピソード、頼み方が悪かったのかイタリア人がバカなのかよくわかりませんね(笑)


>初心者さん

あの試合は立ち見か、冷房と扇風機を入れて濡れた服を着て選手や観客と同じ状況になって見なければしんどいですよね・・・。次はセヴィージャなので、メンバーが同じでもあそこまで抑揚のない試合にはならないと思いますけどね。

ああ、前半が1トップだったのか。前半はあまりシステムを気にしてませんでした。やたらエドゥアルドが低い位置にばかりいるなとは思ったんですが。ディアビーのトップ下は個人的にはそう悪くないと思っています。特に守備的に来るチーム相手には、狭いところをすり抜けられるディアビーの力は大きいんですが、いかんせん波が大きいんで、ダメな時は本当にダメというのがありますね。今回はチームの出来の方が悪かったと思いますけどね。エドゥアルド中盤はダメだと思います。

ディアラは守備面では安定した仕事をしてますね。多分中盤に入るとこうはいかないと思いますが。エドゥアルドに関しては僕は粕谷とは逆にボールを持って仕事をするタイプではないと思うんですよね。だから中盤で使っても意味がない。ソングはまだ本当に限られた回数しか見れてないので僕には何とも言えません。見た事だけから判断すれば、仰る通りどこがいいのかわからないというのが率直な感想です。でも今いるメンバーで、明らかにもうダメだろうっていうのはセンデロスぐらいじゃないかと。他の選手はまだ若かったり、出番をもらえてなかったり、まだ馴染んでなかったりするので、ファンとしては生温かい目で見守ろうかと。

そしてこんな試合を観てしまったせいか、僕はどうにもレディング戦に向けてテンションが上がりません。別にチームに自信がなくなってるわけではないですし、月曜日のナイトゲームっていうわけのわからない日程のせいも多分にあるかと思います。まあ内容はそれなりでいいんで、勝っておいてもらえればそれでいいです。代表戦が終わったらまたギアチェンジして飛ばしていきたいですね。


>てるあきさん

僕も情報を探したんですが、フランス代表のメンバー情報は見つけられませんでした。まああの占い師なら充分あり得ますね。何者って、占い師です(笑) 僕は元々レ・ブルーが好きなんですけど、サンティニ以降大嫌いになってますね。本当にワールドカップ準優勝は悪夢でしたよ。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/746-a2c79a4f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。