スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンゲル:リヴァプール戦でチームを証明する 

Wenger: We've changed - Sky Sports

リヴァプール戦の試合前会見で、ヴェンゲルはトップチームとの対戦がこのチームの最終テストであると語ります。

「重要な事は自信を深める事だよ。シーズンの最初はどれだけチャレンジできるか、自信がない部分もあった。今では自信がついている。」

「このチームにとって、ビッグチームとの対戦は唯一未知な部分なんだ。それが期待されている事でもあるし、とても自信はあるよ。」

「ビッグチームに対して、トップレベルで試合に臨み、パフォーマンスを発揮する事が求められる。自分達がベストの状態にあるという確信が欲しいんだ。」

「今シーズンも昨シーズンのビッグチーム相手の対戦成績を保てれば、我々を倒すのはとても難しいと思う。それが今我々が挑戦している事だ。」

「我々はハングリーであり、いい状態にあるから、リヴァプールに行って我々にどれだけの事ができるかを示せると思うし、そういう自信があるんだ。」

「ハングリーさを忘れない事は簡単な事だよ。なぜなら我々は何も勝ち取っていないのだからね。このチームはまだ始まったばかりだ。チャンピオンズリーグの決勝に行き、昨シーズンは不満の残るシーズンだったし、今彼らは成熟している。」


Fabregas ready for double test - Sky Sports

セスクはリヴァプール戦、そして1週間後のユナイテッド戦はリーグの優勝決定戦みたいなものだと話しています。

「アンフィールドでいい結果を得るために全てを尽くさないといけないけど、僕はチームを信じてるよ。僕達のスタイルはリヴァプールとは全然違うし、彼らは本来素晴らしいチームだ。最近試合ではたくさんゴールを取ってるね。僕達にとっては厳しいテストだよ。」

「アンフィールドでいい結果を得られれば、大きな自信になる。そしてユナイテッドとの試合も控えてる。もう一つの大一番だ。この2試合は、一週間の間をおいたリーグ戦の決勝みたいなものだね。」

「僕達は好調の時のブラジルみたいだね。僕達の一番いいところは、スピードと正確さがある事だよ。」

「でも地に足をつけていかないといけないし、誰よりもハードワークをしないといけない。トップに君臨し続ける事は一番大変な事なんだ。」

「チャンピオンズリーグでは最初の目標、次のラウンド進出に王手をかけてるけど、プレミアリーグはまだまだ長いし、同じエネルギーを注ぎ続けないといけないんだ。」


Flamini: We believe - Sky Sports

フラミニはどんな試合であろうと勝ちに行くと話しています。それはいいんですけど、足下をすくわれないようにしてもらいたいところです。

「僕達の目標は全ての試合で勝つ事だ。そのために練習してるんだ。今はうまくいってるし、だからこそ続けていかないといけないんだ。リーグ戦は長丁場だ、マラソンなんだよ。」

「プレーしている時のプレッシャーはないね。最初は誰も僕達に期待してなかったからね。誰もが僕達はタイトル争いには参加できないと思っていた。」

「だから僕達は毎試合、自由にプレーしてるんだ。どの試合も勝ちに行く。このチームがうまくいってる事に驚きはないよ、とても強いチームだって事はわかってたからね。」

「ピッチに出れば、勝ちに行くよ。プレーする時はいつも大きな自信を持ってるし、勝てる可能性があるってわかってるんだ。正直言って、リヴァプールにだって勝つよ。」

「今はどの試合にも負けられないっていう気持ちがあるんだ。毎試合いいプレーをして勝ってるからね。」


Adebayor eyes perfection - Sky Sports

自身の好調さに手応えを感じているというアデバヨールですが、フィニッシュがよくない事も認めています。アデバヨールが決めた時の不敗神話はまだ続いてますが、今回も再現なりますかね。

「試合ではとてもいい感じなんだ。僕は強いし、速いし、高く飛べるし、パスもいいし、ボールをキープするのは得意だ。でも全然パーフェクトじゃないよ。まだフィニッシュは向上させないといけないね。」

「世界最高の選手になるなんて言うつもりはないけど、その候補にはなってみせるよ。」


Pennant makes Wenger claim - Sky Sports

バーミンガムを経由してリヴァプールへ行ったペナントが、自分がアーセナルで成功できなかったのはヴェンゲルが外国人選手を好むからだとしています。まあイングランド人選手は全体的に技術面が弱く(今の10代の選手はだいぶうまくなってきてますけどね)、ヴェンゲルの志向するスタイルに合わないというのもあるでしょうが、ペナントの場合、それ以上にプレー安定度や素行の悪さが原因でしょう。特に後者について反省している様子が見られないのは救いようがないなと思います。

一方でペナントは、アーセナルは自分が力を発揮できるように全てを尽くしてくれたとも語り、悪い思い出ではなかったと言います。また元々所属していたノッツでもう1年プレーしていれば、アーセナルでより高いレベルでプレーする土壌ができていたんじゃないかという後悔があるそうです。




ユナイテッド対ボロはいきなりボロがとんでもないゴールを決められた後、アリアディエールの得点で追い付いたんですが、ダウニングのミスから再び勝ち越されてからはジリ貧になって、今日もユナイテッドは4ゴール。アリアディエールのゴール、今シーズンのリーグ戦でオールド・トラッフォードでアウェーチームが決めた初めてのゴールじゃないですかね?

ってわけでプレッシャーがかかるわけですが、一方でチェルシーも調子を上げてますね。ってかシティ何やってんの。メッキが剥がれたどころの騒ぎじゃないですよ、このボロ負け振り。センターバック2人が別人みたいに緩くなってましたが、一番ひどかったのは左サイドバック、誰がやってたのかわかりませんけど、もうやる気ゼロでしたね。僕が監督なら二度と使いませんよ。冬に放出します。
スポンサーサイト

コメント

アーセナルが好調なおかげで、皮肉な事にアーセナル戦は最近、J SPORTS Plusでの放送が主流のようですので、有料チャンネルに加入しました。
再放送で見るのも味気ないので・・・(苦笑)。

という事で、リバプール戦、マンU戦、前半の山場ともいえる2連戦ですが、もちろん勝てるに越した事はないですが、最悪でもドローで乗り切りたいところですね。
リバプールは、調子が悪いだけに、逆に嫌なところがありますが、まぁアーセナルがらしいサッカーが出来るかどうか、次第か、と思ったりします。
ペナントは、アーセナルときよりはましですが、相変らず決定力はないですし、今ならウォルコットの方がアシスト能力では断然上だとおもいます。

マンUは、ブラウンのところを突きたい!
自分は、彼がマンUに相応しい選手なのか、正直疑問です。
オシェイも本来SBではないですし、そこを突けるかどうかか、と思ったりします。

チェルシー戦は、最近2でやってくれているので、不本意ながら昨日も見ましたが、完全に復調したという感じです。
ドログバが、優等生になっているので、大変危険ですね・・・、今当たらなくてよかったと思います。
左SBもそうでしたが、ボランチも、全然効いていなかったように見えましたが、エリクソンが全然動かなかったのは、それだけ駒が足りないということなんでしょうかねぇ。
ビアンキとか、トップで使ってほしいところですが・・・。
なんにしろ、シェバもゴールも決めて、大変余計な事をしてくれた、という感じです。
  • [2007/10/29 00:18]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

前半。

ジェラードがくると分かっていて壁を動かしますかね。

肝心な箇所でパスが逆になったり、雑だったり。て感じです。

もっとヒューピアを付いてもいいんじゃないかと。

>試合終了

セスクがミス(と本人は思っているでしょう)を取り返しましたね。素晴らしい。ただ勝てた試合だと思うので、ややがっかりです。ベントナーのシュートには腰が抜けました。あういうのは難しいんですけど、フリーだっただけにストライカーなら決めて欲しいところ。

今まで全体的に頑張っているうえ、MFの飛び出しを引き出しているいるアデバヨールを責めてはいけない気もするんですが、相手のCBがCBだけに少しがっかりしました。ポストプレーの際に機械的に落としのパスを選択しますが、彼があそこでキープしないのを相手もわかっているので引きつける事が余りできない。セスクのパスのトラップを流してしまったシーンも、シュートまでいったとはいえ勿体無かったですね。後、ヘディングの際頭を振っても効果的ではないことを早く指摘しあげて欲しい。

エブエのシュートも惜しかったですが、彼は昨シーズンのチェルシー戦といいポスト・バーに好かれていますね。ただ陸さんが指摘しているように彼のパスの雑さは気になりました。後はアルムニアのキックが・・・

個人的にはベントナーを入れたときにエブエを残して、「エブエのクロスをベントナーがドカン」というのを期待したんですけどね。交代はもう少し早くてもよかった気がしました。

8勝2分。いい成績ですが、ユナイテッドが際どい試合を勝ちながら調子を上げてしまったので、今日は勝っておきたかったところですね。シーズン中、勝てそうな試合を逃すことはあるし、その逆もあります。引きずらずに次週に望んで欲しいです。ユナイテッドはMFの構成力の高いチームは得意ないと思うので、中盤で主導権を握って是非勝ち点3を。昨年のミラン戦を見ても、中盤の守備に連動性がなく、第3の動きがあれば必ず崩せます。ただ、ハーグリーブスの存在は厄介ですが。後はルーニーとてテベスのコンビですかね。

ドローでよかった。「ゴールのバーさんもっとやさしいパス返してください」w

相変わらずセットプレー(守り)のシーンは胃がヒリヒリする。とにかく不用意なファールは多いし、さとさんの言う通り雑なプレーも多すぎてこの試合半分自滅したようなもんだったな。

アデバはシュートの意識も持たないと。せっかくのフィジカルをエリア内で使ってよ。多少強引でもねw

それに両サイドの攻撃はかなり不満でしたね。エブエもクリシーももっとえぐってほしかった。中途半端なところでクロスあげても入るわけないのでw

その点ウォルコットはシンプルで良かった。ただFWとして左に入るより、ウィングとして右に入ったほうが断然いいと思う。まだフィジカル的にFWは早いのかも。とくに強い相手には。

今日はアデバの1トップでした?がやっぱり2トップじゃないとダメだね。
ポストロビンとしてエドゥアルドに期待したいなw
いきなりマンU戦はないか・・

二重投稿になってすいません。最初に書いたほう消去お願いします。
すいませんお手数かけて・・

何ナンだよ!キャラガーの奴ッ!?

ドローでしたね!結果は…。息も吐けない好ゲームでした!

最初の7'にファールを穫られたのは仕方がないと思うが、いざジェラードが弾丸FKを放った際にはやはり判断ミス(セスクの飛び出し方,空きを挟んでフラミニが立ってしまったこと)があったのだと思う。どう考えても、GKとキッカーを結ぶその直線上から近い順に背丈のある者が配列されるべきであったのではと思う。まぁ始まったばかりの序盤であり、最初の危機でもあった点を踏まえ瞬時に判断即実践というハイボルテージな試合の中では致し方ないところのもの。救いとなったのは、失点による影響を引きずらなかったこと、逆に一丸となりワンランク高い次元へアップコンバートされ、本気モードに火が付いたぜ!っと云った具合に相乗効果となって立ち向かい続けて行けたことが良かったのだろう。エブエの糞詰まりも気にならなかったし、反対にこういったハイペースで展開されるゲームではむしろ丁度好い勢いとなり得たのではないだろうか。しかし、キャラガーのエブエル棒、ファブレ掴み、アデバノんノン!などアウェイだったら許すべからずの行き過ぎたファールであった。でも、だからこそヤンガナ達の真の実力があってこその裏返しとも云えるのじゃな。そうした点で今季の強さはホンモノなんだなぁ!と思ってみたりしおる。サッカーを知っていてもいなくても、勝負に於いて決着を必ず着けなければいけないとすれば、どう見たってヤンガナ達が内容的にも相手を翻弄、攻め崩していたのは否定出来ない筈だ。改めてベンゲル監督が苦労して積み重ねてきた年輪の深さに驚きを隠せない次第である。チームとしてお互いをもの凄く理解してしており、どう動いても隙間がないほど臨機応変に対応しているところはホントに脱帽もんですよ!だからますます応援したくなるし、決して卓上の記録など気にしないで邁進し続けて行って欲しい。リバポベンチとアップ中の時に今季新加入のバヴェルが「やっぱ,アーセナルに行っていれば好かったナぁ!!」といった物欲しそうな表情が印象的でした!最後に、まだ結果や成績には現れていないのですが、そのアーセナルの団結力と同じ様な勢いが、大事件後復調してきたチェルシーに芽生えだして来たのが気掛りですねぇ……。

*PS:エブエですが、後半から交代での投入していた方が、つまるところ正解だったのではないでしょうか?


ライブで見れなかったので、徹底的に情報封鎖して先程再放送をみたのですが、もうね、セスク愛してる(笑)

マン・U、チェルシーは調子のいいときに当たりたくない、そしてリヴァポは逆に調子の悪いときに当たりたくないと思っていたので、アウェーでドローという最低限の結果にはまあまあ満足です。
しかしポスト直撃2発に、そのリフレクションをふかすこと2発とは・・・。
勝てたはずなのでちと、いや、かなり悔しい。

セスクはいいとして、ベントナー。
あそこで決めておけば、少なくともスーパーサブとして常時ベンチには入れるかもしれなかったのに。
ヴェンゲルはそう簡単に見捨てはしませんけれども、彼にとって少し残念な結果かな。

相手の攻撃において細かいミスもありましたし、ジェラードやリーセのミドル、そして倉内フィーバーさえ気をつければ恐さを感じなかったのでその点良かったんですが、やはりセットプレー対応がね。
特に失点シーン、ジェラード相手に壁割っちゃイカンのは分かる筈なのに何故。。。
そこら辺が不満でした。

選手交替に関しては、試合展開からほぼウォルコットが出るのは間違いない、では誰と代わるか。
守備では頑張ってたし、いいところで活躍する選手ですけれども、「そこはダメ!」ってところでロストするシーンも目立ったように感じたので、私はエブエと代わるかなぁ~と思ってたんですよね。
途中からでも、そろそろまたサイドバックでの起用があっていいんじゃないかと思いました。

レイナは飛び出しがいいですね
アルムニアも良いセーブはありましたし、あのFKは無理、及第点かと思いますが、アロンソが怪我したシーンで少し飛び出しが遅れた。
そこら辺改善してスペイン代表の座を掴み取ってくれ。

さて、連勝は止まりましたが、連続得点試合は続いてますし、このドローを活かすには次節ユナイテッド戦次第ですね。
ホームなので是非とも勝利を。
しっかしユナイテッドはまた四点取ったのか。
1か4て極端だなぁ。

最後に遅ればせながらスラビア戦について少し。
五点目だったかな、久しぶりにこれぞアーセナルというカウンターを見た気がします。
あれがもっと見れると嬉しいです。

リバプール戦、ライブで見れました(最近、再放送ばっかりでしたので、それだけでもうれしい)。

リバプールから失点するイメージが、どうもミドルとセットプレー、コーナーキックからぐらいしか思い浮かばなかったのですが、そこさえ押さえておけば、と思っていたんですがね・・・。
でも、クラウチはよかったですね、後はやっぱジェラードだけ、という感じで・・・、多分リバプールは負けないサッカーを心かげたんでしょうが、ベニテス、よくもまぁ面白みのないサッカーをやってくれるもんだ、という感じでしたね。
ヴォロニンとカイト、全然活きていなかったです。

アーセナルは、セスク素晴らしかったですね。
以前、セスクが1ヶ月いなくなると、大変な事になる、と書かれていましたが、いやまさにご指摘のとおり、昨日の試合で思い知らされました(笑)。
勝てる試合でしたが、最初の失点で相手が守ってカウンターという固い試合をやってきたので、まぁ引き分けやむなしというところでしょうか。
ロシツキFW登録でしたけど、全然MFでしたので、代わりにフレブおいた方がいいのでは、と思ったりはします。
  • [2007/10/29 21:10]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

正直勝てたな~って気はしますけど、面白かったし燃えたからいいです。倉内は予想した通り嫌な存在でした。トーレスがフル出場してくれたらありがたかったんだけど‥唯一残念だったのは僕も少しウォルコットの出番が遅かったなとキャラガー、ヒーピアには一番効きそうだったんで。後、ロシツキーは調子が上がるまでもう少しなんでしょうか?フレブとセスクが凄すぎるからかな…ユナイテッド戦までに上げて欲しいです。

>サッカー小僧!さん

そういう事もできるんですね。J SPORTS はいろんなところに卸してるみたいですが、僕はスカパー一本なのでさっぱりです。

リヴァプールは全く別のチームになってましたね。何でああいうプレーがマルセイユ戦やベジクタシュ戦でできなかったのか・・・こういう意味のわからないチームは嫌いです。ユナイテッドは普通に好調ですし、今週末は凄まじいゲームが期待できますね。今回引き分けてしまったので、次は勝っておきたいところです。

僕もブラウン、オシェイは何でこうずっと使われてるのかちょっと理解できませんね。もうちょっと後ろを獲ればもっと堅くなりそうなもんですが。しかしアーセナル戦のブラウンは大概よかったりします。鬱陶しい事に。

チェルシーはこれで終わりかと思いきや、本当に復調してますね。それよりシティに何があったって感じですが・・・。マイケル・ジョンソンがここまでよかったですが、メッキが剥がれたのか、ちょっと中だるみしちゃったのか。まあこのままでは終わらないと思いますけど。ビアンキはまるで使われてないですね。ただでさえストライカーいないんだから、使わなきゃフィットしないだろうに・・・。チェルシーは次で案外ポロッと負けてくれたりするとありがたいです。シェヴァはゴール決めたところで今更でしょう。

今回の失点はFK直接でしたが、ジェラードのシュートがあれだけ復活していたのに驚きです。シュートっていうか、全体的によかったですね。セスクに対抗したんだろうか。

結果的にクラウチ投入は正解でしたね。さすがにラファもあそこまで押し込まれるとは思ってなかったでしょうから、そうなるとヴォロニンは絶対に活きませんし、トーレスもカイトも消えざるを得ないと。それにしてもラファが来た頃のリヴァプールはどこ行ったんでしょうね。かくもつまらないチームになってしまって・・・かといって結果が安定しているわけじゃないし、あの教授は何がやりたいんでしょうか。

セスクはあれだけ中央を固められなければ、もっと輝けると思ったんですけどね。あとこちらのサイドが貧弱だったのにもちょっと引きずられたかって感がありますが、しかしゴールを決めてくれて助かりました。

試合前のフォーメーション表記は間違いです、っていうかいい加減フレブがトップ下やるってわかれって話なんですよね。どうしてああいう表記にするんだろう・・・。ロシツキーは普通に左、フレブがトップ下でした。まあフレブは自由に動いてましたし、その辺りの厳密なシステムというのはないんですけどね。ロシツキーはいろいろな意味で物足りなかったです。


>さとさん

セスクのあれは充分ミスです。まあ取り返したんで充分ですけど。本当勝てた試合ですよね。両チームの選手達は引き分けが妥当だなんて言ってますけど、お互い本心じゃないだろうな。リヴァプールにも充分チャンスはありましたし。ベントナーはセスクが全く同じ事をやっただけに、余計にね・・・。

アデバヨールが落とし一辺倒でCBを引きつけられないのも全くその通りなんですが、戻したボールをサイドに展開して、サイドをなかなか崩し切れなかったのが点が取りきれなかった原因の一つだと思いますね。お陰で攻撃のバリエーションが少なくなってしまって、結局中央を固めて凌げばOKとなってしまいましたし。こういう試合でこそもっと伸び伸びやるべきだなと思いますし、この辺りはまだまだですね。

エブエのシュートがポストに当たりやすいのは、撃ち方からしてしょうがない気がします。決まれば最高でしたけど、結果的にポストに当たっていいパスになりましたし、後は中にいる選手が落ち着いて決められるかどうかですね。パスについては雑というか、もう流れの速さについていけないって感じじゃないでしょうかね。元々パス自体うまくないですけど・・・。アルムニアのキックは確かに失望でした。せめてアデバヨールに当てるぐらいはしてもらいたいものです。

エブエは今回クロスがよくなかったんで、僕はとっとと下げろと思ってました。ウォルコットを入れるならあのポジションしかないと思ってましたし、それでエブエも残すとなると下げるのはサニャになりますね。

ユナイテッド戦はどうなるか想像もつきません。向こうはこちらに比べてある程度個人技に頼った攻撃はしてくるだろうなと思いますし、テヴェスはタイプ的にも厄介です。後は初対戦になるサニャがロナウド相手にどこまでやれるか、アデバヨールいい加減ゴール決めろ、その辺ですかね。


>fさん

削除しておきました。そういう事もありますよ(笑) 僕なんかクッキーが消えてるのに気付かず、名無しで投稿しちゃったりしますからね。

ポストの強烈なパスはシュートが強烈だったんでしょうがないかと。むしろセスクもベントナーもプロなら決めろと思いましたよ。

余計なファールが多いのは、リズムが速いチームだけにある意味仕方ない面もあると思うんですが、セットプレーの守備はいい加減何とかなりませんかね。高さが足りないとか、そういうレベルの話じゃないですし。アロンソの神の手が入ってたらどうしようかと思いましたよ・・・。

アデバヨールはいつもの強引さがなかったですね。やっぱりちょっと落ち込み始めたでしょうか。特に1トップならばもっと形振り構わないプレーをしてもらいたいものです。ロビンが隣にいるわけじゃないんだから。

クリシーのクロスにはもはや何も期待できませんが・・・エブエは勢いがある時にもっとクロスを上げていいと思います。ヘディングの下手なアンリとでさえホットラインを築いてたわけですから、アデバヨールやベントナーと合わないわけがないと思うんですけどね。

ウォルコットはやっぱり試合に入るのにちょっと時間がかかるのかなぁという感じがします。なので今回はスタメンで出して欲しかったですね。エブエもロシツキーもよくなかっただけに余計に・・・。

フレブのトップ下はいいと思うんですが、僕も今回は2トップの方がよかったと思います。というかこういう試合でこそエドゥアルドが必要じゃないかと思うんですが。カーリングカップで活躍して自信を取り戻して欲しいですね。


>quai44さん

僕もジェラードに決められた時は判断ミスだと思いましたが、位置がかなり近かったんで背丈はそれほど重要じゃない気がします。セスクは別に低くないですし。フラミニはちょっと低いですけど・・・。それよりセスクが出て行ってしまった事が問題ですね、黙って立っておけば足に当たったはず。上越えて決められたらその時はもうしょうがないです。

その後素晴らしいパスサッカーを展開した事はよかった、というかあれだけ一方的に攻められるとは思ってなかったんですが、僕はエブエはすごく気になりました。両翼がもっとやれていればもっと楽にゴール前まで行けたはず。その点他のフィールドプレーヤー8人に比べて、エブエとロシツキーは見劣りしました。ファールにも腹立ちましたね、だからあのハゲは信用ならんのですよ・・・。

何にしろ勝てる試合だったというのが本当に残念です。この鬱憤はユナイテッドに八つ当たりしてぶつけるしかないですね。引き分けといっても追い付かれての引き分けと追い付いての引き分けでは違いますし、最後のところで負けなかったという事は自信になってるはずです。後はスタミナ切れさえ起こさなければ・・・ユナイテッドとは互角以上に渡り合えるはず。バベルは欲しかったなぁ・・・。

チェルシーはえらい団結してますね。ドログバもまた結果を出してますし。この大勝の反動が来てくれると助かるんですがね。


>gerdさん

ライブで見れないと気になりますよね(笑) 僕も実は次のユナイテッド戦は見れないんです・・・日曜日の夜に見る事になるでしょうが、今から憂鬱ですよ・・・。

リヴァプールは何でああも変わるんでしょうかね?そんなわけのわからない事やってるからリーグ戦で勝負にならないんだよと思うわけで。そういう意味じゃやっぱラファは解任した方がいいのか、それともそもそものクラブのメンタリティがいけないのか・・・。まあ僕も引き分けには満足です。ポスト2発とその後2発、どれかが決まってればというのはありますがね。

ベントナーも結構簡単なシュートを外す傾向がありますね。まああれは簡単ではないですけど、無人のゴールだっただけにもっとうまくやれたはず。この大一番で途中出場して、チームを逆転勝利に導くなんて事になれば、本人にとってもチームにとっても最高だったんですけどね。

クラウチは若干怖かったです。出てないのに調子いいですね。あんなフィーバーはもう二度とないと思いますけど。セットプレーはいい加減ちゃんと練習しろって話です。最近たまにゾーンマークしてるのも見かけますが、もう統一しろよと。

エブエはやっぱり中盤での仕事の違いに苦しんでる感じがしますね。しかしサイドバックに戻したところで、サニャが安定したプレーを見せてるので・・・。攻撃を取るなら間違いなくエブエの方がいいんですけど。今回はロシツキーも同じぐらいよくなかったので、ウォルコットがどちらに替わろうと驚きはなかったですが、もっと早く交代しろよとは思いました。

レイナは今回堅かったですね。ハワード・ウェブほどじゃないですが、結構好不調の波がある選手なので、淡い期待はしましたが、さすがにアーセナル戦ではやらかさないか。ヒーピアも次は豪快なヘッド・・・でオウンゴールを期待したんですけどね。アルムニアは大体よかったと思います。そろそろキックを何とかしろよとは思いますが。

ユナイテッド戦は勝つとしたら2-1か5-4になるんじゃないでしょうか(笑) お互い調子はいいので、凄まじい点の取り合いって可能性はあると思いますが、大体強豪同士ではそうはなりませんね。2-1が現実的なスコアだと思います。アウェーなんで自重しろと。

スラヴィア戦のようなカウンターはリーグではなかなかできないでしょうね。ドイツワールドカップの頃に比べたら落ち着きましたが、やはりカウンターを警戒する戦術というのが一般的になっていて、そういう意味じゃアーセナルの戦い方はちょっと古いんですよね。まあカウンターを許さないチームは総じて退屈なプレーをするので、古かろうと僕はそれでいいと思いますけど。


>ASHさん

クラウチは意外でした。でも昨シーズンのフィーバー時なら2点ぐらい取ってただろうなとも。そしてあんな事は二度と起きないでしょう。トーレスはまた壊れたようですね。ある意味残念です。

ウォルコットはスタメンでよかったと思うんですよね。それでうまくいかなかったら、その時はエブエを入れればいいわけで。最近は明らかにウォルコット>エブエでしたから、なぜエブエをスタメンに選んだのかがちょっと理解不能です。

ロシツキーは正直復調の気配が見えないんですが・・・さすがにちょっとイライラしてきました。エブエは本職ではないという事でまだ許せるんですが、ロシツキーは散々ケガしといてこれなんでねぇ・・・。まあ酷評してたら次の試合で大活躍!ってパターンが意外に多いので、それに期待。特に次はユナイテッドですし。カーリングカップは出るのかな?

theOh' My God!!

セオ・ウォルコットに関してのお願い!

なぜ、思い切ってというか普通に考えても、CLで結果を出しているのに信頼してウォルコットをFWで先発起用しなかったんですかね?あのクイック&ダッシュでもってリバポの親父DF:ギャラガー&ひぃ~ぴぁをヒーフー云わせられたのに!残念無念!? アー言うねぇ、亜土けないハンサム顔の好青年で且つ純粋な英国新士でもある、一見温厚なのか単に無表情なのか今イチピンと来ない健全な男の子は本人の意志を伺う以前に、導くべき人が強引にでも引きずり出し、大舞台へ立たせるべきなんだ!!それに渡りに鴨同様思いっきり摺り込み作戦かなんか主断を用いて旨~く誘導してやりゃぁ、予想以上にぽっぽぽっぽっぽで、スゥーイッスィとタ~ンとお仕事やって退けたりしちゃうんだがんぞなーもし!リバポ戦の引き分けは許せるけれど、ウォルコット先発起用しなかったことだけは許したくない!ノボぉ~っとして何事にも無関心でいそうな、あの瞳の奥にこそ情熱のヒロソフィーがしかっりとあるんだっつうのぉ!そこんとこをつつつうぅっとこちらからシュビデュワ~と引っ張ってやらんといけませんっがな!大海原に思い切って放り込んだってケロッと平気で泳いで帰って来れるんだから!大事に大切に育ててるのはもう十二分に解って折ますから!セスクぐらい出せとも言わないし!あんまり過保護過ぎても今の子供は駄目ですよ!嘗てのペナント君やマンCのアータにアイルランド君などと比べても祖業はGood!!、それとあと、もそっと幼いバルサのジォバニうのどすさんトス君や大人になっても坊やん君たちよりもぜーんぜん遥かに大人なんだからすうぉ~ぁ!頼みマンU戦ではホンマにほんとにホント先発起用しくだせいましだっ!もっとアセって,アーセンさんッ!?

*PS:余談ですが、やはりあれですかねー, No,10のギャラスさんが引退したら、ウォルコットがその背番号(No,32~No,10:THEOへと名前で呼んじゃったり!?)を受け継ぐんでしょうかねーっ!?

>TE-オさん

今まで全く気付きませんでしたが、改めてTHEOって書くと、なぜ動か・・・いや何でもないです。

僕もリポートの中でなぜウォルコットを先発させなかったのかと書いたんですが、個人的には何が何でも出すべきだったとは思っていません。フィジカル的にちょっとリヴァプール相手では辛いだろうと判断したのかもしれませんし、相手が疲れた頃を見計らって切り札的な投入がしたかったのかもしれません。何よりたかだ2、3試合活躍しただけですから、過信は禁物かと。

加えてウォルコットの場合、特にイングランドではルーニーに続くワンダーボーイとして、それこそ国中から大きな期待をされています。まだ何の実績もないのにワールドカップに招集され、使われなかったらからといって批判され、過剰に注目が集まっている状態なわけです。なので外国人の若手と違って、無理に引っ張り出した時に取り返しのつかない事になってしまう可能性があるんですよ。失敗した時に監督やチームメイト、家族や友人といった近しい人は「次、頑張ればいいさ」と言ってくれても、メディアやファンがそれを許さないわけです。だからこそヴェンゲルもアンリもジウベルトも「もっと時間をやってくれ」と口を酸っぱくして言ってきたわけでね。

実際に僕もこのリヴァプール戦、ユナイテッド戦はおろか、来月の代表戦で招集され、救世主になってくれたら嬉しいとは言っていますが、別になれなくてもそれはそれでいいと思っています。彼にとっては今シーズン、自らの立場を固める重要なシーズンになるでしょうが、まだ18歳ですし、ある程度才能の片鱗を見せられればそれで充分じゃないでしょうかね。

要するに何が言いたいかというと、ウォルコットを急かすなって事です。まだ18歳というのはまだ子供だからという意味ではなく、これから成長していく時間がたっぷりあるわけですから、無理に引っ張り出す必要はどこにもないんですよ。とはいえ、エブエとロシツキーがこの出来では、ユナイテッド戦には是が非でも使ってもらいたいと思うんですが・・・。

普通に考えればアンリの後継者と言われてるわけですから、14を背負うんじゃないでしょうかね。ファン・ペルシは11、ロシツキーは7で落ち着いちゃってる感じがしますし、加入当初ピレスが出て行けば7を着けてるはずだったと言っていたフレブも、代表でも13を背負っていて結構気に入ってるようです。となると・・・10はベントナーか、来シーズンから加入(形の上では復帰)するであろうヴェラとか。あ、ネームをTHEOにするのはいい案だと思います。その方がかっこいい感じですね。しかしフルネームはTheodoreかと思ってたら違うんですね・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/736-80cb056d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。