スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファン・ペルシが一ヶ月の離脱 

まだ完全ではないですが、大まかな移行は終わったので、簡易更新します。リポートは月曜日の深夜の予定。


Van Persie could be sidelined for a month – Arsenal.com

まず最大のニュースからですが、ファン・ペルシが代表戦で膝をケガしてしまい、およそ一ヶ月の離脱に。せっかく調子が上がってきたところだったのに・・・。リヴァプール戦やユナイテッド戦で彼が使えないのは非常に痛いですが、一方でエドゥアルドやベントナーに期待もかかりますね。

それからもう1人、センデロスも代表戦で背中を痛め、2週間の離脱ですが、ギャラス、ロシツキー、レーマンは復帰。代表戦の詳細は後で。


Wenger - This could be Eduardo's time to shine – Arsenal.com

ヴェンゲルは当然ロビンが壊れて戻ってきた事を嘆いていますが、復帰戦となった代表の試合でいきなりゴールを決めたエドゥアルドに期待してもいます。

またボルトン戦なんですが、南米から戻ったジウベルトはベンチ、ロシツキーはベンチか、最悪ベンチ外。リトアニア戦で先発したギャラスは先発復帰、一方でレーマンは今回はベンチにも入れず、アルムニアを使うとの事。レーマンはアルムニアが調子に乗っている事が気に入らないらしく、また代表戦のパフォーマンスがよかったので、ボルトン戦には戻れるんじゃないかと話していましたが、ヴェンゲルは安定優先だそうです。


Board announce revised 'lock-down' agreement – Arsenal.com

ちょっとピッチから離れます。ちょっと前に「企業」としての定例会見が行われたんですが、その場でフロントメンバー間の「株売りません」協定の延長が発表されました。元々来年の4月で切れる事になってたんですが、それが2009年の4月にまで延長。正確には全く売れないわけではなく、近親者などに限って売ってもよいとの事。その後は2012年の10月までは、買収の意図がない事を明確にした者にのみ売ってよいという事になったようです。これ以降は現状ではどうしようが自由、また後者は2010年で終わる可能性もあるとの事。多分2010年10月辺りにまた話し合いをするんでしょうね。

定例会見の模様はこちら。見てもらえばわかりますが、この場でヴェンゲルの胸像がお披露目されました。ヴェンゲルはこういうの嫌がりそうですけど、この会見の時まで内緒にされてたようです・・・(笑)

この胸像についての詳細記事はこちらで、僕もまだ流し読みしかしてませんが、この胸像はまだ未完成のレプリカ品で、完成は年内予定との事。胸像といえばハーバート・チャップマンですが、他にも2体あって、元会長(故人?とは書いてないか・・・)のデニス・ヒル?ウッド、ハイベリーのデザイナー、Claude Waterlow Ferrier(フランス人?)。チャップマンの胸像はアウェーユニフォームの発売日にアーモリーに「派遣」されてたりしましたが、実はこの3体、エミレーツに来てからまだ正式な置き場所が決まってないようです。ヴェンゲルのはどこに置くんだ?


'Underrated' Denilson signs new contract – Arsenal.com

昨シーズン加わったばかりのデニウソンが契約を延長。期間は長期としか明らかにされてません。ヴェンゲルはデニウソンの契約延長を喜び、彼は過小評価されているとした上で、すぐに大きなインパクトをもたらすようになると話しています。


Internationals: Gallas returns for France - Arsenal.com

代表戦。ユーロ予選は残り1?2試合となりましたが、アーセナルの選手がいる国で突破が決まったのはドイツとチェコ、いずれもグループDです。

グループAではポーランド代表にファブヤンスキが復帰。ハンガリーとの親善試合に出場しています。試合は0-1で負けてますが。予選の方はカザフスタンと対戦、3-1で勝っていますが、こちらはベンチでした。ポーランドは首位を堅持しています。

次にグループB。フランスはフェロー諸島、リトアニアと対戦。フェロー諸島戦で出場したのはサニャのみ、リトアニア戦にはギャラスとディアラが出場。フラミニとディアビーはどちらの試合もベンチにも入れませんでした。フェロー諸島戦は6-0、リトアニア戦は2-0で勝利、アンリが2試合で3ゴールを決め、プラティニの記録を抜いて歴代ゴール数トップに立ちました。スコットランドがグルジアにまさかの敗北を喫したため、フランスは首位浮上、一気に楽になってきました。しかし両サイドバックがディアラとアビダルって・・・占い師はイタリア戦を見据え、「イタリア人は守備がうまいし引き分け狙いで来るだろう」なんて挑発してますが、お前も同じだ。

グループD、チェコはドイツとの直接対決のみ。アウェーながら3-0で勝利しています。ロシツキーはベンチにも入ってません。これでチェコは予選突破確定。ドイツとは試合数、勝点共に並んでますが、後はどっちが1位抜けするかですね。

ドイツのレーマンはアイルランドとのアウェー戦に出場。0-0引き分けで突破確定。しかしこの試合でカードをもらってしまい、累積でチェコ戦は出場停止。3失点食らわずに済みました(笑)

グループE、クロアチアはホームでイスラエルと対戦。エドゥアルドが唯一のゴールを決め、首位維持に貢献。ミッドウィークはスロヴァキアと親善試合を行い、3-0で勝利しています。エドゥアルドはこちらの試合にも出場。イングランドがロシアに負け、自力突破が消えてますが、クロアチアが次のマケドニア戦で突破を決めた場合、消化試合となる最後のイングランド戦は負ける可能性がありますね。イングランドもつまんないもんなぁ・・・ドメネクといい勝負。

はいグループF。まずはデンマークとスペインが衝突。セスクは先発で一時間ちょっと、ベントナーは後半から出場。試合は3-1でスペインが勝ち、突破に王手。セスクはフィンランドとのフレンドリーにも少し出場、0-0に終わっています。

スウェーデンが引き分けたものの、後がないデンマークはスペイン戦の後、ラトヴィアと対戦。ベントナーはゴールこそ奪えませんでしたがスタメン出場、チームも3-1で勝っています。

グループGではルーマニアの突破が決定。オランダは直接対決で敗れました。ファン・ペルシはこの試合、サスペンションでした。そしてスロヴェニア戦で負傷、60分に交代しています。試合は2-0でオランダが勝って突破に王手。

ベラルーシはルクセンブルクに1-0で負け、敗退決定。ミッドウィークにはイスラエルと親善試合を行い、こちらも2-1で負け。フレブはフル出場したルクセンブルク戦で、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたそうです。イスラエル戦での出場については不明。

次にアフリカネーションズカップ。トーゴはホームでマリと対戦、勝たなければ敗退が決まるところでしたが、何と2-0で敗北。アデバヨールの出場状況はわかりませんが、とにかくこれで冬に抜ける事はなくなりました。ただこの試合、トーゴファンがかなり暴れたらしく、観客だけでなくマリの選手達にもケガ人が出たようです。カヌーテも腕を切られたとか言ってました。アデバヨールは以前家族が脅迫されるという経験をしているので、また同じ事にならないかが心配です。

コートジボワールはオーストリアとフレンドリーマッチ。エブエとトゥーレは先発してますが、3-2で敗れています。

南米予選。ブラジルはアウェーのコロンビア戦を引き分け発進したものの、続くホームのエクアドル戦は5-0で対象。ジウベルトはコロンビア戦にフル、エクアドル戦にも出場しています。コパ・アメリカでキャプテンと務めた喜びについて、TV Online で語っています。

続いてU-21ユーロ予選。イングランドはホームのモンテネグロ戦で1-0、アウェーのアイルランド戦で3-0と連勝。ウォルコットは両試合にフル出場していますが、ゴールは決めていません。惜しいチャンスはあったそうですけどね。

ユーロホスト国のスイスはオーストリア、アメリカと親善試合。オーストリアには3-1で勝ったものの、アメリカには1-0で負けています。センデロスはオーストリア戦で45分出場、そこで背中を痛めたようで、アメリカとの試合には出ていません。ジュルーはオーストリア戦にフル出場。


Toure and Eboue could miss 10 Arsenal games - Arsenal.com

アフリカネーションズカップですが、トゥーレとエブエが欠場する可能性があるのが以下の10試合。最後まで行ったらこれ全部って事ですね。ソングも可能性がありますが、まだA代表には呼ばれていません。トップ4との対戦がこの中に含まれていないのがせめてもの救いですね。シティ戦の前までには戻ってきてほしいところ。

January 1: Premier League - West Ham United (h)
January 5/6: FA Cup Third Round
January 9: Carling Cup Semi-Final first leg *
January 12: Premier League - Birmingham (h)
January 19: Premier League - Fulham (a)
January 23: Carling Cup Semi-Final second leg *
January 26/27: FA Cup Fourth Round *
January 29: Premier League - Newcastle (h)
February 2: Premier League - Manchester City (a)
February 9: Premier League - Blackburn (h)


Traore - I want to keep on improving here – Arsenal.com

トラオレのインタビュー。ヴェンゲルがトラオレを2番手のレフトバックとみなしている事、ローンには出たくない事、ただしヴェンゲルに行けと言われれば行くつもりである事を話しています。


Gilbert in coach spat - Sky Sports

ローン先のサウスエンドでロクに出場機会をもらえないギルバートが監督とケンカしたそうです。やっぱりチーム変えた方がいいんじゃないか・・・。
スポンサーサイト

コメント

こんばんわ、
ブロードバンド難民ではないんです。ひかりの営業がウザイとか言ってる輩なんで、要するに田舎モンなんです。帰る度に鬱になります。
セスクはやっぱ出て行きますかね。
レアルだったら100億くらい出してくれるかもしれないし、100億あったらエシエン獲れると思うんで悪くないと思います。セスクのバルサ愛には辟易してるんでもういいです。
カカは、、、無理ですよね。

今日から、プレミア再スタートですね。
リバプール戦を皮切りに、夜はサッカー三昧になりそうです(笑)。

ファン・ペルシの怪我は確かに痛いですが、でもアフリカネーションズカップ前でラッキーでしたね。
ダシウバにがんばってほしいところです。
センデロスも同じく、ギャラスがいるので安心、トゥーレがいなくなる前でよかった(自分は、アーセナルで唯一替えが効かないのがトゥーレだと思っているんですが、セスクも存在は大きいですがMF陣は多いので)。

しかし、レーマンは相変らずというか・・・、長いことアルムニアは控えで文句も言わずにがんばってきたのだから、温かい眼で見れないもんですかね。
ま、彼の性格からすると無理かもしれませんが、そもそも自分のミスでスタメン落ちしたんですからねぇ・・・。

最後に、セスクのバルサ移籍の件ですが、まぁ、いずれあるのかもしれませんが、自分は代わりを求めるなら、イニエスタかな、と思っています。
能力的にも、年齢的にも、彼以外には交換は考えられません。
もちろん、一番いいのは、セスク残留ですし、そうなる事を願っていますが、まぁあるとしても、バルサがロナウジーニョかデコ放出したら、の話かもしれませんし、その前にチェルシーから、ランパードが行く可能性も否定できないような気もしますが・・・。
  • [2007/10/20 11:51]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ファン・ペルシーの故障は痛いですね。リヴァプール、ユナイテッドと当たるこの1ヶ月が一つの正念場かもしれませんね。

トゥレとエブエは10試合もいなくなる可能性があるんですか!!
一方でユナイテッドとリヴァプールはほとんど影響ナシ(シソコくらい?)ですから、本当にトップ4との対戦がなかったのはラッキーでしたね…。

ここも正念場ですね。
何だか正念場だらけの気がします(苦笑)

リーグ再開と陸さんの復活心待ちにしておりました。
しかしロビンの怪我は痛い・・・。

今日の先発2トップはアデバとエドゥアルドですかね。
となると期待のベントナーが出れるのは、早い段階で大差をつけアデバ→ベントナーか、終盤負けてる時にエドゥアルド→ベントナーで高さ投入って局面でしょうか。
一点リードくらいで推移したらFW同志の交替はなし、途中から1トップになりそう。
現状アデバと合わないってのは彼にとって厳しいですねぇ。
しかし、(アデバ離脱はなくなったが)カーリングやFAカップが始まれば機会は増す。
それまで耐えるのだ。
そしてそこで結果を出すのだ。

流れに乗ってセスク移籍に関して。
いつかはスペイン復帰するでしょうが、来季は断固阻止。
交換相手がシャビってのも食指が動かないし、今出したらここ二年の辛抱はなんだったのって話になりますしね。
少なくとも後3~4年、出来れば五年、希望としてはそれ以上居てくれないと。
そしてその間にデニウソン、更にはメリダやランドール辺りに成長して貰わないと。

最後にこれだけを。
流石レーマン(笑)

はじめまして、いつも拝見しています。
ペルシーファンとしてはひじょ~に痛い(泣
早く帰ってきてくれることを祈ってます。

いやぁ、中1週ってながいなぁ。ナショナルマッチは要らないよ。しかし中1週間ですらポッカリと穴が空いたような感覚になるのに、オフの2ヶ月間をよく俺は我慢してたなぁ・・・と自分を誉めてあげたくなりました。
今日はウォルコットに光を感じました。やっと段々と調子をあげてきたように思いました。素質はかなりのものがあるはずと自分は思っています。

陸さん復活楽しみにしてました。これからもよろしくお願いします。ボルトン戦は久々に嫌な予感のする前半でしたが後半は選手交代も含めて良かったかな。ウォルコットは前節に続いていい動きしてたんで、そろそろプレミアかCLでゴールを決めて欲しいでんすよね。それで自信がつけば大きく飛躍しそうな感じがするんですよね。その反面ベントナーはベンチ外ですか‥やっぱり現状はカーリング要員なんですかね?後はユナイテッドがかなり危険になってきちゃいましたね‥

内容はともかく、「強いな」と思える試合でした。観ていて負ける気は全くしなかったです。

サミー・リー更迭&主審マイク・ライリーという事で、嫌な予感はしていましたが、前半はその通りイライラする展開に。特にエドゥアルドのふわりとしたクロスをアデバヨールが相変わらずに反応で、野球で言うところの自打球をしたときはがっくりきましたよ。後半のほぼフリーのシュートを外したのもびっくりしましたけど。正直、彼なら左に流してエドゥアルドに打たせたほうがよっぽど確率は高かったでしょうね。コンパクトに足を振りぬけないのは辛いです。

後半開始、ヴェンゲルは珍しく動きましたね。エドゥアルドを左にフレブをトップ下にしてきました。前半の2トップの役割が不明瞭だったことやファン・ペルシーの存在によるボール回しのスムーズさがなかったのでいい采配だったと思います。それに交代で入った2人が点に絡みましたし。ウォルコットは去年いい様にやられたガードナーとの対戦で成長を見せたんじゃないかと。まだパターンがないですが、止まったときのプレーにも進歩が見られます。

アデバヨールを欠くのがチームとして1番痛い気がしていましたが、やっぱファン・ペルシーですね。パスの正確性もそうですが、決定力が違いすぎます。ファンペルシーのように続けてゴールをしてくれる選手が1番です。

>円高待望論さん

実家にネット使う人がいなければ無駄ですもんね。ケータイでネットは高いですし。

セスクはすぐには出て行かないでしょう。今バルサに行くメリットはあまりないですからね。それにセスクを失えばエシアンなんか獲っても無意味、100億あっても獲らないでしょうしあちらさんも出さないでしょう。カカも使いどころがないんでいらないです。


>サッカー小僧!さん

マージーサイドダービー見たいです、試合がというかクラッテンバーグの乱心(平常心?)振りが(笑) とりあえずハイライトを見なくては・・・。

結局アデバヨールはネーションズカップには出ないので、ロビンのケガの時期についてはそんなに関係ない、というかむしろトップ4との試合がないネーションズカップの時期の方がマシでした。ロビンはやはり流れの中から最も点が取れる人なので、リヴァプール戦ではその影響がどう出るかが心配です。もちろんアデバヨールがダービー戦やスパーズ戦のような活躍をしてくれれば一発解決ですが。

とりあえずギャラスが戻って安心しましたが、トゥーレがいなくなるのは本当に辛いです。しかし過去にはセンデロスとジュルーで凌いだ時期とかあったんで、何とかなるだろうとは思ってるんですがね。いくらMFの数が多いとは言っても、セスクの代わりはいないですよ。1試合2試合ならともかく、一ヶ月以上セスクを欠くような事があれば終わりだと思います・・・。

レーマンは下手すると今後ベンチにも入れなさそうな感じですが・・・そうなるとやはり冬に出て行ってしまうんでしょうか。正直「敬意を欠いている」のは彼の方だとは思うんですけど、彼の場合敵を作る事で奮起する、アメリカみたいなタイプでしょうから、果たしてどこまで本心かは何とも言えませんけどね。何にしても結束を乱すような発言は控えてもらいたいところです。

バルサは今シーズン、エトーもガウショも出さずにアンリを獲ったんで、デコがいなくなったらとか、そういうのはあまり期待できないと思うんですが(もう完全に一昔前のレアルですよね・・・)、そもそもセスク自身が今アーセナルを出てバルサに行くという決断はしないと思います。正直メリットが見出せません。僕もセスクの代わりを獲るならイニエスタしかいないと思いますが、メリダやランドールが台頭してくる事の方に期待したいですね。そういやドログバが移籍願望を公にしちゃいましたが、やはりランパードはバルサに行くんでしょうかね。僕はユーヴェの方が可能性があると思うんですが・・・。


>ゆきちさん

今シーズンは中盤で得点できているとはいえ、まだ前線の基盤ができていないこの時期にロビンを失うのは痛手です。アデバヨールがシュート上達するか、エドゥアルドがフィットするか、ベントナーが台頭してくればそこまで大きな問題にはならないんですが・・・大一番でアデバヨールの「当たり」が出る可能性はそれなりにあると思うので、そこまで心配しなくていいとは思いますけどね。

ユナイテッドはアフリカンが1人もいなかったはずです。リヴァプールは仰る通りシッソコぐらいですね。一番痛いのはチェルシーでしょうね。ドログバいないし、それならトゥーレがいなくてもその時期に当たりたかった気もしますが・・・。

今シーズンは本当正念場だらけですよ。あんまり気を抜ける試合はないです。ただこの1月2月は比較的楽かなという気もしますし・・・このままリーグ優勝を狙っていけるのであれば、FAカップを早々に捨てればそれほど苦労せずに済むかもしれませんね。


>gerdさん

お待たせ致しました、何とか更新再開しております。まだ移行終わってないんですけどね、まあ後はボチボチやっていこうかと・・・。

ベントナーはベンチにも入れてませんでした・・・やっぱりヴェンゲルもアデバヨールと並べるのは無理、でも今アデバヨールは外せないと思ってるようです。それで結局4-5-1なんぞ持ち出してきましたが、やっぱフレブはいいです。仰る通りベントナーは当面はカップ戦要員ですね。ジウベルトの例を見ても、ふとしたきっかけでレギュラー掴むチャンスが来たりするので、腐らずに耐えて欲しいです。

このままの流れで行けば、セスクが出て行くとしても27、28、29辺りじゃないかなといった感じがするんですよね。せっかく今のチームで我慢してやってきて、花開き始めてるってところで移籍するようなバカではないでしょう。しかし何かあればメリダやランドールらに取って代わられそうな部分もありますし、将来の事などわからないといえば全くわからないんですが。シャヴィはいらないです、昔は好きでしたが今はよくないんで。

レーマン大ピンチですね、このままだとアルムニアが自滅するまで出番はないんじゃないでしょうか。FAカップ辺りチャンスはありそうですが、その頃にはもう1月ですし。そもそもこのままだと来月の予選にも出れないんじゃないかと。もう突破決まってるって事で余計にね。以前はアルムニアの自滅をきっかけにポジションを取り戻しましたが、今回はどうでしょうか。


>ウッキーさん

初めまして、コメントありがとうございます。

ロビンはもっと重傷の恐れがあったそうです、とりあえず1ヶ月前後という事で助かりましたね。まあこうなった以上、ゆっくり休んで軽い状態で戻ってきてもらいたいですね。


>初心者さん

ユーロ予選も架橋に入って面白いっちゃ面白いんですが、フジでしか見れないし、時間も遅い事が多いんで、なかなか縁がないですね。本当代表戦はシーズンオフの時に、最低限の試合数でやってもらいたいですね。オフの時はちゃんと覚悟ができてたって事で、気の持ちようが違うんでしょう、気持ちわかりますけど(笑)

ウォルコットすごかったですね。一部では大した事ないとか言われ出してましたが、やっと才能が見えてきた感じです。しかしゴールは必要ですね、ストライカーとしてやるのであれば。とりあえず今回は切り札として機能しましたが、今後もっとたくさんの決定機に絡めるか、レギュラーを掴むに至るのか、彼にとってはまだまだ前途多難ではありますね。


>ASHさん

こちらこそよろしくお願いします。

今シーズンは比較的選手交代が機能してますね。動きも早かったですし、チームだけでなくヴェンゲルも好調のようです。ウォルコットは僕もゴールが欲しいですね、アシストはしてる、特にロシツキーとのコンビがいい感じですが、昨シーズンのカーリングカップ決勝以外では、あまりちゃんとしたシュートにお目にかかれてませんからね。ヴェンゲルがストライカーで起用するようになれば、意識も少し変わるかも。

ベントナーはアデバヨールと並び立たないという事で、アデバヨールが使えない状況、もしくは下げざるを得ない状況でないとなかなか出番がなさそうです。とりあえず半年は我慢でしょうね。シーズン後半までちゃんと耐えればチャンスはあるんじゃないでしょうか。

ユナイテッドはついに火が付いてきちゃいましたね。全然気が抜けません。アンフィールドでも勝たないと。


>さとさん

点が取れるかどうかが最大の懸念事項でしたが、逆に失点する気は全くしなかったですね。何かあると1人で何とかしてしまうアネルカがいなかったのはラッキーでした。

前半は確かに少しイライラさせられる展開でしたけど、後半に一気に攻勢に出てからは、今シーズンの勢いからしてどっかで点入るだろうという気がしてました。まさかトゥーレのFKとは思わなかったですけどね。ライリーはよくやってたと思いますよ。あれがハルジーだったら悲惨な事になってたと思います。

僕もアデバヨールの自打球(笑)にはガッカリしました。ああいうのはクラウチもたまにやるのを見るんですが、打点が高すぎるのも却って不便なのかも。ただアデバヨールはシュートを撃たない時は本当に撃たないですし、昨シーズンはすぐ後ろを向いてしまうところがもったいないなぁと思ってたので、今もシュートはうまく撃ててませんけど、積極的に前を向こうとしているのはとてもいい傾向だと思います。

エドゥアルドはまだ自分の役割がわかってないですね。アデバヨールがフリーマンなのもやりにくい原因なのかもしれませんけど。僕はボールの回りが悪かったのはエブエが何もできなかったのと、フラミニが簡単なパスミスを繰り返していたのが大きいと思ったんですが、もしディアビー先発だったら違ったのかなとも。さすがにロシツキーが入ったのと、フレブがトップ下に入った事で変わりましたし、1点を取っていた事もあってウォルコットは活き活きしてましたね。スピードだけで置き去りにしたのもすごかったですが、緩急をうまく使えるようになったのは進歩ですね。

僕はファン・ペルシはまだまだ流れの中での絡みが物足りないと思ってます。ダイレクトプレーの精度はファン・ペルシの方が全然上ですが、囲まれた時に何もできなくなってしまう事が多いですし、ボールを引き出す動きもアデバヨールの方ができてます。ボルトン戦は囲まれた時に持ち堪えられるかどうかが大きな違いを生んでいたと思います。加えてアデバヨールは比較的何でもできてしまうので、相手ディフェンダーにとっては90分通して見るとファン・ペルシよりアデバヨールの方が嫌な選手だと思うんですよね。以前リオが言っていたのは嘘でも何でもないと。まあまだフレブがいるんで今アデバヨールがいなくなっても大きくリズムを崩す事はないと思いますが、フレブが調子を崩した時、前線にアデバヨールがいないと苦しくなるのではないかと。あと守備的にもきつくなりますね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/730-25f1fed1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。