スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エドゥアルドも週明けに復帰目処 

Wenger's squad close to clean bill of health - Arsenal.com

サンダーランド戦で戻ってくるケガ人はいませんが、週明けには全員が復帰しそうです。そのまま代表戦に入りますが、サンダーランド戦と代表戦で何事もなければケガ人ゼロになりますね。

「イェンス・レーマンとヴィリアム・ギャラスはすでにフルトレーニングに戻っているよ。トマシュ・ロシツキーとアレックス・ソングは明日戻ってくるだろう。エドゥアルドの復帰は火曜日だろうね。イェンスは代表チームに呼ばれているが、日曜日には出場しない。」

というわけで、改めてヴェンゲルはレーマンを使わない旨を話しました。しばらく試合から遠ざかっていたレーマンですが、レーヴ監督が前から話しているように、代表正ゴールキーパーの座はしばらく安泰のようです。

代表に呼ばれている選手についてですが、今のところフランスとスペインについて把握しています。オフィシャルの情報はもう少し試合が近くなって、確定したら紹介しますが、とりあえずフランスにはフラミニ、ディアビー、ディアラ、そしてギャラスが招集されています。今回は30数人とかの招集ではなく、フラミニやディアビーはいよいよ代表に定着してきた感がありますね。一方でクリシーはまたも落選。スペインではセスクが呼ばれています。他トーレス、ペペ・レイナのレッズコンビが呼ばれてますが、他はみんな国内の選手ですね。それはそうとなぜラウルを呼ばない・・・。

エドゥアルドとロシツキーも招集されています。しばらく試合から遠ざかってたギャラスや、ここまでほとんど出場していないディアラは代表戦でウォームアップできればいいですが、エドゥアルドとロシツキーはあんまり使って欲しくないですね。まあ前者はエースストライカー、後者はキャプテンですし、無理な話ですけど。


Flying start gives Wenger welcome selection headache - Arsenal.com

完全Bチームでマグパイズを倒した後の会見では、この日出たどの選手でもレギュラーとしてプレーできると話していたヴェンゲルですが、今回はそれだけに一つ一つの選手選考が非常に難しいんだと、嬉しい悲鳴を上げています。

「我々の仕事に競争は付きものなんだ。その選手を選ばなかったからといって、敬意を欠いているというわけではないよ。」

「例えばジウベルトは今プレーしていない。私はジウベルトについて、大きな敬意を持っている。人間として、選手としてね。だがフットボールの試合で最終的に選べるのは11人だけであり、それをどうにかしていくのが我々の仕事の一部なんだ。申し訳なくは思うが、現実的にならなければならないんだよ。」

「私のチームでは全員が出場できるだけに、私は23もの難しい問題を抱えているんだ。ディアラをフラミニ、もしくはジウベルトか、デニウソンか。彼らはみんなトップレベルの選手達で、どの決断も難しい。だが私が考えるのは、チームがどうなるか、そして彼らがどういうプレーをするかだよ。」


Wenger - Blatter quota would protect bad players - Arsenal.com

イングランドやドイツでは外国人選手の比率が随分高くなってますが、それを受けてブラッターが、もっと外国人選手を制限すべきと主張しています。しかしヴェンゲルはそれでは質を落とすだけだという以前からの主張を変えていません。

「あまり嬉しい事ではないね。スポーツはクオリティだというのが私の考えだからだ。我々の目的は、人々にエンターテインメントを与えるために、試合のレベルを高く押し上げる事なんだ。いつか"すまないが君は出場できない。君の方がいい選手なのはわかっているが、君の出身地がいけないのだよ"なんて言う事になったら、私はハッピーではない。」

「偽善者になるのはやめようじゃないか。君達(イングランド)は最高の経済力を持っているわけだし、それはつまり世界中の最高の選手を引きつける事ができるという事だ。世界中の最高の選手達は、何をもたらす?世界最高のプレミアリーグだよ。だがそのツケを払うのは誰か?恐らくイングランド代表だろう。だがそれがルールなんだ。」

「ブラジルを見て欲しい。彼らはイングランドの逆だ。経済力は大きくないから、全ての選手が海外へ出て行く。だが彼らはみんな代表チームに戻るわけだし、それで対価を支払うわけではない。選手達は最高のリーグでプレーしているわけだからね。」

「これ(ブラッターのルール)は悪い選手、もしくは充分なクオリティを持たない選手を保護するものだと思う。だがイングランド人選手が最高のワールドクラスの選手達とプレーできれば、彼らはもっとよくなるし、成長も早い。とても才能ある子供についてのセオリーというものがあるだろう。その子供を下のクラスに入れれば、彼も落ちていく。いいクラスにいれば上がっていく。フットボールでも全く同じだよ。」

それはわかるんですが、そもそも出場機会すら得られないんじゃ意味がないですしね・・・。あんまり外国人が多いようじゃ、何らかの制限は必要では?という意見が出てきても否定し切れません。当然見る側はレベルが高い方がいいに決まってますし、一外国人としてはそんな規制は勘弁してもらいたいですが、これは買収の話と同じで、結局長い目で見ると容易に外国に魂を売り渡すのは危険ではないかと。

ブラッターはヨーロッパの選手ですら規制したいようですが、EUの労働規定だか指針だかがあるので難しいでしょうね。ブラッターはフットボーラーは「労働者というよりアーティスト」だと見なしているようですが、アーティストでも雇用されてれば労働者です。


Hill-Wood wants Kroenke's help - Sky Sports

ロンドンを訪れたクローンキー氏とフロントが面会した事はオフィシャルで発表されてましたが、内容については全く触れられていませんでした。クローンキーが来たのはtnfuk [today's news from uk+]さんによると放映権料の話をしに来たそうですが、何にしても好機!とばかりに、ヒル-ウッド会長はクローンキー氏に、フロントの「今後一年間は株売りません」協定に加わってもらいたいと考えています。

「彼が協定に加わってくれたら嬉しいね。もちろん彼次第ではあるが、我々は歓迎するよ。」

「今や彼は我々との長期的な関係を築く事による利益の事を考えているし、買収を仕掛ける事など全く考えていないさ。彼は我々の協定に何の意図があるのかを完璧に理解しているし、反対はしないと思うね。我々はそれでいいんだ。買収など望まない。」
スポンサーサイト

コメント

いつも詳細な情報ありがとうございます。毎日、見るのが日課になってきちゃいました。本当ありがたいです。怪我人ですが全員揃いそうで本当に今年はチームがいい感じに回ってますね。おまけにマンUとレッズは、x・アロンソとキャリックという中盤のフィルターと球を散らすという外から見ると地味だけどいなくなるとその大きさに気付く選手がいないので。どっちしてもにもアーセナルには大チャンスですから、今のうちに差をつけたいですね!ネーションズが始まると逆にこっちだけが戦力落ちちゃうんで…あ、後、以前のレディオヘッドの新作ですが来年春頃リリース予定ってやつとは違うんですか?やっぱりこれからは配信って形のやり方増えそうですね。アッシュも普通にリリースはしないって言ってたし…話、飛んじゃいましたが今後もよろしくお願いします。

遅い上に長々引っ張って恐縮です。

元々多少なりとも日本史を学んだ端くれな上、最近戦国時代に嵌まってまして、そうすると愛知は垂涎の地なのですよ(笑)

陸さんは三河の方でしたか。
三河は農民気質、尾張は商人気質で、全然違うと言うのは聞いた事があります。
確かに尾張の信長・秀吉と、三河の家康じゃタイプが大きく異なりますね。
因みに友人の車に同乗させて貰い、東から入るのですが、私が現在居住している県もなかなかのものです。
確かUEFAカップ狙えるくらいです。何よりヤンキーが多いです(笑)

東本は嫌いですが、私も何気に彼の括弧書きが多く読みにくい(若しくはユニークな)コラムを楽しみにしていたりします。
大体は話の導入部(というよりは前振り)に過ぎませんが、彼は結構アーセナルについて(しかも割と好意的に)触れますよね。
それらを主に「それはいくらなんでもねぇだろw」と突っ込み(気持ち悪がり)ながら楽しんでます。
・・・と、東本風に書いてみました(笑)

ステアウア戦は軽く。
相手はさほど強くなく、(危なかったのを除けば)点を獲られる気はしませんでしたが、ガン引きな上、かなり守備を頑張っていたので、これは苦労しそうだと途中で思いました。
ミドルの数は以前より増えましたけれども、コース切られてて効果的にならなかったかな。
今後はタイミングを外すなり、何と言うか、最終的な選択として打つのではなく、ミドルを打つ為の崩しも必要かなぁなんて思いました。
後、サイドの使い方か。

ブラッターはスタメンのうち六人以上を自国選手に、でしたかな。
「いや、少なくともニ・三人だろ」と思いましたが、まぁその考えはわからなくないんですよねぇ。
常々うちにも一人くらいイングランド人(勿論実力で)出てこねぇかなぁと思ってます。

フットボールらしいサッカー

サンダーランド戦の序盤のヤンガナはまるでレーザーブレードそのもの!将にゴーモーション!ありとあらゆるテクニックとそのリズム、タイミング、テンポ、迫力、スピード、強さ、ショート&ワンタッンチ・パス、それらの応用性、多種多様な攻撃はどれをとっても美しいカタチへと変化して行くようだった。これぞ、ホンモノのアタッキング・スタイリッシュ・アルセーヌ型・フットボールの集大成だな。いい。すごくいい。ただ、ディアビのオフサイド(アレはオフサイドでない!)を取られて以降、自陣ゴール前で余計なボール回しをしだしてから、リズムが崩れだした。これぞ若気の至り、勝ち続けている時はいいのだが、一度歯車が狂いだすと、同じ様に負け続ける可能性も見え隠れしてきたなや。それにこの試合のサンダーランドもトップギアー全快でいつもよりスピーディーだった。今現在のアーセナルをしっかり予習復習して来ているのがハッキリと見て取れた。ヤンガナにはヘタに動揺したりせず、勝ち方もスタイリッシュにいかんとよ!……。 はい、さて後半開始!

3-0になったはずがミスで取り消されたときは、嫌な予感しました。2-1になったあとは落ち着いて回せばいいのに,フレブが1発を狙っているあたりが実に若いと思った。自分たちでリズムを失ってどうする。

フレブが撃たずクロスあげたときに西岡さん・相馬さんは批判的でしたが、私はあそこまでひきつけてマイナスのクロスを出したフレブは素晴らしいと思いました。あれはウォルコットが決めないと・・・ まあフレブにはもっと狙って欲しいんですけどね。

まあ3-2でよく勝ったと前向きに捉えたいです。

アデバヨールはまず強いシュートを意識しないと。アンリも昔の映像見るとついシュートをよく撃っていました。アンリ得意の巻くシュートもいずれ精度を上げるかもしれませんが、体が流れている上に、回転をかけられていない。前も見たような。

西岡さんはじめ、「アーセナルは選手層が薄い」と試合中に話しをますが、そこまででしょうか?「厚い」とはまでは言いませんが、言うほどではないと思うのですが。チェルシーは確かに人はいますが、ユナイテッドは薄いし、リバボーも偏っている。トゥレ・クリシー・フレブは替えが効かないと思ういますけど。

今日は前半は殆ど見れなかったんですが、メンバーはエブエがディアビーになった以外変わってないじゃないですか。
CL明けで、しかもなかなか得点できずフル稼働だった、そして故障明けの選手も何人もいた中で、エブエがレギュラーなのか分かりませんが彼しか休ませないって・・・。しかも格下のサンダーランド。
結局若手にチャンスが巡ってくるのは、カーリングカップと誰かが怪我して試合には出れない時だけですか。
競争があると言っておきながら、コンディション的にいい方を使わないのはどうなのか。
特にセンターの選手は、レギュラーと決めたら殆ど代えませんね。ジウベルトがいるのに、フラミニをそんなに無理させる必要ありますか。

そんなんで采配に不満が募っていたところ、又もやフレブが削られましたね。今回はまだ続けらましたので安心でしたけど・・。

アデバヨールにはカールで決めてほしかったですけど、出来ないなら出来ないなりに決めてほしかったです。昨シーズンもあんなシュート見た気がしますね。
フレブは、ゴール前で落ち着いて交わしてマイナスってのは素晴らしいですが、確か開幕戦以来取ってないので打って欲しかったです。カールでね。
ウォルコット、あれは決めて欲しかったですね。でも3点目のときの彼のターンはすごかったですね。

サンダーランドの攻めはスピーディでしたが、あそこまでやられるのは、やはり疲れがあるのだと思います。特に右サイドは自由に使われて、2対1の状況を何度も作ってしまいましたし。

追いつかれたあと、トゥーレがよく上がるのを見て、勝ちたいという気持ちがよく伝わってきますね。
あのシュートは入ったかと思いました・・・。

リバプール対スパーズ
ハーフタイムの間に風呂に入っていたら、チャンネル変えられて後半の最後の方しか結局見れませんでした・・。
得点シーンは映像乱れて、気付いたらキーンが喜んでるし・・・。
スパーズの得点は、2点とも同じでつまらないものでした。しかしベルバトフのおとし良いですねぇ。
この試合について書いたのは、判定に疑問が残ったからなんですが、スパーズのロングボールから、レイナが飛び出しヘッドでベイルを抜きにかかったんですが、ベイルが体を入れレイナが倒れたんですが、それをシンボンダが拾い、股を抜いたところで笛が鳴ったシーンなんですが、私にはどうしてもベイルのファールには納得いかないですね。リプレイは1回しか流れなかったんですが・・。
その後に、失点を喫したんで余計に納得いかないですね・・。

久しぶりに長々と書いてしまい、申し訳ありません。

昨夜は夕食をさっさと済ませてTV前に陣取っていたのですが、いやはや、序盤の楽勝ムードとはうってかわった展開で、疲れました……調子づいた相手を同点までに抑えられたのがよかったですね。でないと、レッズみたいに追いつくのがやっとということになってしまいかねなかった。(←このレッズは昨季のガナ見てるみたいでしたね~)
今季は、こういう試合でもきっちり勝ち点3をとれるから首位でいられるんでしょう。

「ビョークの声が怖い」というの、わかりますよ。ビョークって、何かに憑依されているような歌い方だと私も思うんです。それが怖いか好きか、という違いではないかと。
彼女は、敏感な方のようですね。

東本氏のダビンチコードの本は詳しく書かれていましたよ。

はじめまして!!
いつも楽しく見させて貰ってます。
ほんと今シーズンのアーセナルは強いですよね!!

サンダーランド戦は、いっても仕方ないこととはわかっていながらも、3-0になるはずだったゴールを線審に取り消されたのは、やっぱり痛かったですね。
特に、2点損したといえるディアビーは可哀想でした(笑)。

勝って当然の試合を、引き分けられ、そこから突き放したのは、去年までなかったアーセナルの粘りが感じられましたが、勝って当然の展開の試合を当たり前のごとく勝ててないのですから、まだまだですね。
って、欲張りすぎでしょうか(苦笑)、まぁ、若い選手ばっかりですので、これからの発展途上のチーム、いい薬になったのではないでしょうか。
でも、2失点目はかなりイージーでした、DF陣は反省してほしいところです。

一方、サンダーランドはよくがんばっていましたね。
って、ヨーク、こんなところにいたんだ・・・。
キーンは個人的には好きなので、ぜひ残留してほしいですし、今回の戦いを貫けば、可能ではないでしょうか。
  • [2007/10/10 00:16]
  • URL |
  • サッカー小僧!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>ASHさん

ありがとうございます、そしてお返事が遅れて申し訳ございません。

ケガ人についてはそううまくいくかなぁという恐怖が正直あります。今まで全員揃うという目処が立ったと思ったらまた新しいケガ人が出たりしてましたし、果たして代表で全員無事に帰ってくるかどうか・・・微妙です。

リヴァプールは明らかに落ちてきましたね。まだ今から立ち直れば最後まで着いてこられそうですが。それよりユナイテッドがなかなか止まってくれません。ウィガンは守備がダービーみたくなってたので参考にならないとしても、意外に失点しないのが気になります。特に今シーズンはそんな堅守といった印象はないんですが。やっぱりルーニー、ロナウド、テヴェスの個人技で何とかなっちゃうって事でしょうかね。そういやユナイテッドってアフリカ人選手いませんね・・・。

レディオヘッドの新作はリリース時期がいつになるのかずっとわからずに来ていました。一時は去年内と言われ、その後2007年中のリリースはないとかいろいろ言われましたが、突然リリースが決まりました。彼らはこれまでネット配信はしてなかったので、なかなか思い切ったなぁと。まあ大御所はサーバとサポートさえしっかりできれば、この方法が一番いいかもしれませんね。ASHは聴いた事ないですね、どこかで耳にした事は多分あると思うんですが、これっていうのはさっぱりわかりません。


>gerdさん

この話をしているのはgerdさんとだけなんで、ちゃんと覚えてるんで大丈夫です(笑)

愛知は確かに織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を輩出してるんで、戦国時代ではある意味中心みたいな感じでしたが、その前後って何かありましたっけ?

三河地方は名古屋みたくセカセカはしてない、むしろのんびりで僕はイライラするんですが、どういうわけか運転が荒いのは同じなんですよね。まあ荒さの質が多少異なりはしますが・・・。しかし交通死亡事故ランキングはなぜこう強豪が安定して強いんでしょうかね。一時北海道が不調(?)に陥っていたようですが、見事に復活(?)を遂げてますし。そしてなぜ大阪が圧倒的強さで優勝を繰り返さないのかも不思議です(笑) こう言っちゃ何ですが、ヤンキーは田舎に多い気がしますね・・・。微妙に山の中にある会社の周りにも、見るからに痛い格好してるヤンキーがよくいるんで(笑)

東本のコラムは結構当たり外れがある気がしますね。散々思わせぶりな事を書いておきながら何も中身がないやつもあれば、独特の切り口で語ってるものもあり。大抵自分で「穿ちすぎ」とは言ってますが、ツッコミたくなるのは事実ですね(笑) あと括弧書きが多いのは僕も同じなんで、あんまり気にならなかったりします。東本ほど意味もなく括弧は使いませんけど・・・。その東本風は非常によく似てますが、普通に書こうと思えば書けるよなって感じですよね(笑) 僕も全く人の事は言えませんけど。

ステアウアはある意味厄介な相手でしたね。ああいうほとんど対戦経験のない相手だとありがちではあるんですが。しかしああいう最後の最後でしつこい相手というのは、どこであろうと厄介なものです。特に最終ラインでゴール前を固められ、さらにその前に中盤の選手が入られると相当難しいですね。仰る通りミドルを撃つための崩しというのは必要ですし、あとクリシーはいい加減クロスの精度を何とかしないとね・・・。

ブラッターの言う事はいちいち真に受けてられませんが、ある程度自国の選手が必要なのも確かですね。ただスタメンにとなると、ケガやら何やらでメンバーが揃わないケースは続出すると思われます。それだったらもう外国人選手全部禁止にしろよって話になっちゃいますね。少なくともEUの選手を排除するのは無理だと思いますが。


>quaiさん

サンダーランド戦は最初だけでしたね。ようやく03/04までのようなプレーが戻ってきてはいますが、本当にあれは運動量が必要になるんでね。ずっとあれを続けるのはさすがに無理があるという事で、自分達のプレーができなくなった時にどうするのか、1つ課題ではありますね。

ただ手詰まりになるのは昨シーズンまでも同じで、最終的に活路を見出せるかどうか、それが今シーズンここまでと昨シーズンまでの違いですね。若気の至りと言えばそれまでですが、あんまり若いうちから変に落ち着いたプレーをし出すと最終的に小さくまとまってしまうので、今はまだこれでいいと思います。ロビンの言う通り、それで結果的にタイトルは獲れなくても、それは来シーズンでいいというか。

それにしてもサンダーランドのアーセナル対策は見事でしたね。キーンは伊達に下位に沈んでいたチームを監督就任するやいなや昇格まで導いたわけではないという事ですね。


>さとさん

思うに、今のアーセナルはあまりプレーを落ち着かせるのは自分達のリズムではないんでしょう。例えうまくいかなくても、とにかく前へ出て行く事を繰り返すしかないんじゃないかなと。それで壁にぶち当たる事はあると思うんですが、quaiさんへのレスでも書いた通り、今はまだそれでいいんじゃないでしょうかね。それにしてもフレブは無駄に一発を狙いすぎですけど。

僕もフレブのプレーがあれでいいと思いましたし、じゃああんたらウォルコットが決めてたら何て言ってたんだって話ですよね。角度的にフレブは無理にシュートに行っても、入らなかったんじゃないかなぁと。しかしウォルコット・・・。

アデバヨールは現状では強いシュートを撃ってもあさっての方向に飛んでいくだけじゃないでしょうか。彼がちょっと角度のあるところで持っても、あまりゴールの予感はしないですね。それこそスパーズ戦で決めたようなアクロバティックなプレーでも飛び出さない限り。4点目のチャンスを逃したシーンは、正直アンリじゃないと無理だと思います。あれを決められるアンリがすごすぎるのだと。なので、やはりさとさんが仰る強いシュートを磨くのが妥当じゃないですかね。あの場合だと右脚で撃つのはちょっと難しいですが。それにしてもアデバヨールは左に開きたがるんですよねぇ・・・。

僕はアーセナルの選手層は偏ってると思います。ベントナーがまともに使われてない以上、ストライカーは3人しかいませんし、サイドアタッカーも本職は3枚のみ。センターバックもジウベルトにやらせてはいますが、やはり枚数不足です。何よりベストメンバーで先発を組んだ時、ベンチに流れを変えられる選手がいないのが大きいですね。そこもやはり成長でカバーするんでしょう。ウォルコットがまずはスーパーサブになってくれるといいんですが。


>Emiratesさん

競争というのは定期的に出番を与えるという事ではありません。元々不動の地位を築いていたジウベルトがいない間にフラミニが入り、そこでいいプレーをしているので、ジウベルトは戻ってきてもベンチのまま。これが競争です。チーム全体に疲労はありましたが、例えばフラミニにしても明らかに個別のパフォーマンスが落ちているという事はなく、ピッチ上ではちゃんとやってるわけで、即ジウベルト>フラミニのコンディションという事にはならないんじゃないでしょうかね。

今回のメンバー選考については、例え疲労が溜まっていても流れを維持するためには下手に変えない方がいいという判断だと思います。そしてエブエは休まされたのではなく、現状サイドハーフとしてはディアビーの方がいいという事でしょう。つまりヴェンゲルは完全なベストメンバーをぶつけたという事です。ディアビーがステアウア戦でベンチだったのは、ケガの治り具合が完全ではなかったんでしょうね。

もちろんこのままだと大ケガするぞっていうような選手を無理に使う事はしないでしょうが、特に若いチームでは下手にローテーションをかけるとあっさりと流れが壊れてしまう事が間々あります。アーセナルほど若いわけじゃないですが、リヴァプールが毎年優勝争いに絡めないのは、やはりベニテスがチームをいじりすぎるからじゃないでしょうか。もちろんミランのような老練なチームならば、毎回のように選手が替わってもちゃんと対応できるんでしょうけどね。

とにかくこれで代表戦ですし、いい流れも悪い流れもある程度リセットされるので、ヴェンゲルも疲労具合を考えてメンバー選考を行うでしょう。そうなると南米に行くジウベルトはまた不利なままですが・・・。

4点目かってシーンでのアデバヨールのプレーは、さとさんへのレスでも言ってますが、アンリじゃないとできないんじゃないですかね。スピードの乗って体を開きつつ、正確にボールをファーに流し込むとか、正直人間技じゃないです(笑) ってわけで、アデバヨールはアンリの真似をするんじゃなくて、キーパーをよく見てちゃんとシュートを撃つ事を覚えた方がいいんでしょうね。ウォルコットは本当に決めないとダメです・・・ロビンのゴールをアシストした時のターンは確かによかったですけどね。あれは本当に彼らしいプレーでした。

疲れは本当にありましたね。どういうわけかアデバヨールはやたら元気ですけど、カウンターとなると前の選手はどんどん前へ行ってしまって、ちょっと後ろが着いてこれなくなってましたし、そこでシュートで終われないんで、カウンターのカウンターを喰らうと。その上トゥーレのカバーリングには問題ありましたよ。あれはサニャやフラミニが可哀想でした。その点まだセンデロスの方がよかったかなぁと思いますが、センデロスはセンデロスで空中戦で全然勝てなかったんで・・・。

トゥーレはもちろんチームのためにって気持ちもあるでしょうが、個人的にゴールが欲しいんじゃないかなと思います。最近取ってないですしね。あのシュートは入って欲しかったですよ、すごすぎです。あんなの至近距離で直撃食らったら死ねますね(笑)

リヴァプールはフルでは見てなくて、ご指摘のシーンもどこなのかわかりません。キーンの2ゴールは確かにつまらないものでしたが、どちらもキーンらしい抜け目ないものでしたね。何にしてもリヴァプールは足踏み、スパーズも這い上がれずって事で、僕としては素晴らしい結果だと思ってます。しかしクラッキーのプレミア実況って激しく違和感が・・・。


>Keenさん

ディアビーのゴールが取り消されたのは痛かったですね。それにしても2失点はやられすぎだろと思いましたが。どちらも結構あっさり取られましたからね。元々守備は万全とは言い難かったですが、遂に形に出ちゃったなと。それでも勝てたんで、まあいいかなと思います。最近ずっとそんな感じですが、今は踏ん張り時ですからね。リヴァプールについてはハイライトでしか見てないんですが、確かに回しすぎですね。ニューカッスルでもスミスがやらかしてました。結局バットの意外なシュートで決めてましたが。そしてスパーズは負けなくなったなと。

まあ確かにビョークの歌声が恐いというのはわからなくはないんですが、それ以上の良さがわからんものかなと。彼女とは音楽の趣味は一切合いません。


>MAYさん

ダビンチコードってあの映画になったやつですか?元は本でしたっけ?何でそんなものを・・・。確かに色んな事に詳しそうではありますけどね。


>まるでぃ~にさん

初めまして。いつも見てくださってるんですね、ありがとうございます。

今シーズンは好調ですね。でもここ2シーズン失敗しているので、その鬱憤を晴らすというよりも、いつ崩れるか心配という方が大きいかなと。すっかり負けグセがついてますね、悲しい話です・・・。


>サッカー小僧!さん

1プレーの結果が試合の流れを左右する、典型的なパターンでしたね。ディアビー、1点目はしょうがないにしても、2点目まで幻に終わるのはさすがに可哀想でした。まあ1点目はホイッスルが鳴っていなければブロックされていた可能性もありますけどね。

今回の事は本当にいい勉強になったと思います。疲労という部分についてはどうしようもないですが、思うようにプレーできない、でもリードしているという時にどうやったらそのリードを保てるのか、また追い付かれた時にどう流れを取り戻すのか、課題が見えました。2失点目についてはいつも通りといった感じでしたんで、まるで改善の兆しがないなというのが正直なところですが。ちょっとゾーンディフェンスに拘りすぎですね、このチームは。勢いがある時はそんな事ないんですけどねぇ。

アウェーのサンダーランドがここまでやるとは、意外でした。キーンの手腕だと思います。今のサンダーランドはキーンコネクションで元ユナイテッドの選手が集まってますね。今回は出てませんでしたが、アンディ・コールもいます。今やヨークはCMFとして活躍してますが、一度ぐらいは前線でコールと並べて欲しい気もします(笑) 何にしても今から大崩れするような事がなければ、多分残留は大丈夫だと思いますよ。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/723-963742ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。