スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンゲル、セヴィージャを警戒 

Wenger warns of Sevilla quality - Sky Sports

ヴェンゲルは再度セヴィージャを高く評価し、レベルの高い試合になる事を期待しています。

「セヴィージャの事はとてもよく知っている。彼らはヨーロッパでも最高のチームの1つだと思う。この試合は最初から、2チームのポテンシャルを指し示すものになるね。」

「ホームだし、いいプレーをする事が重要だ。我々はこのレベルで充分戦えるんだという事を証明する事、そしてもっと重要な事だが、突破に向けていいポジションを得るためにもしっかり集中していく事が必要になるね。」

「最初の目標はグループステージ突破だよ。どこまで行けるかは、抽選に頼むものだ。だがまずはグループステージを突破し、いいプレーをする事を期待している。大会のクオリティは年々上がっているからね。」


Wenger - My side are ahead of schedule - Arsenal.com

ヴェンゲルはどんな状況でも攻め続ける姿勢を忘れないチームを賞賛しています。

「このチームには本当に興奮するね。いい言葉が見つからないんだが、強いて言えば"選手らしい"という事になるね。彼らはプレーを楽しんでいる。それが外から見ていてわかる事だね。2-1で勝っていてもコーナーフラッグには行かない、プレーを続けて得点しようとする。」

「彼らはスケジュールを超えていると思うね。彼らには確実な戦術的、技術的な成熟がある。とても早い段階でトップレベルでプレーしているからね。」

「でも私はまだ成長しなければいけないと思っているんだ。昨シーズンはビッグゲームを全て勝った事を思い出してほしい。苦しんだのはもっと小さな試合だ。それはマン・ユナイテッドやリヴァプール、チェルシーにとっても同じ事になるね。」

「ともかくこの段階でトップにいるのは重要な事だし、スパーズとのアウェー戦で3-1で勝つなんていうのは簡単な事じゃない。」


Wenger offers saving grace to Almunia - Arsenal.com

ダービーでは不用意な飛び出しからピンチを招いたアルムニアついて、ヴェンゲルは同じような飛び出しからピンチを救った事もあったのだから、差し引きゼロだとしています。

「彼にとっては簡単なボールではなかったし、1対1でとても早い飛び出しで救った事もある。今はプレーしている彼がナンバーワンだよ。イェンスが戻ったら、その時はその時だね。」


Wenger - Adebayor gives us a real presence - Arsenal.com

簡単なチャンスを外し、難しいゴールを決めたアデバヨール。どうも信用ならない選手ですが、ヴェンゲルは彼はアーセナルに必要な選手だと主張しています。

「彼に疑問を持っている人がいるのは確かだ。だが彼がチームにいない時、多くのものがチームから欠けている事に気付くだろう。彼は簡単なチャンスを外すから、それで不満に思っている時もある。だが土曜日は彼がモノにできるチャンスというのを見せつけた。空中戦ではずっと驚異になっているしね。」


Adebayor plays down title talk after derby victory - Arsenal.com

アデバヨールはダービーでの勝利はチームの成熟の賜だとしながらも、今は目の前の1試合が大事であり、タイトル争いについては口にしたくないと話しています。

「僕達はとてもハッピーだし、今はすごく自信があるんだ。後はそれを続けていくだけだね。僕達は勝点3を取りに来たんだし、それを成し遂げた。」

「僕もすごいゴールを決めたし、それにはとてもハッピーなんだけど、一番大事なのはスパーズから勝点を取る事だよ。毎試合がテストだと言われるね。僕達もそう思ってるけど、一番大事なのはその時の1試合なんだよ。」

「僕達は今や成熟しているって事を見せつけてるし、どの選手も90分通してどうプレーすべきかをわかってる。今日はその成熟度を示したね。でもタイトルについては話したくない、ただ進み続けるだけさ。」

「僕達はまだ発展途上で、いいフットボールをしてる。そうやって続けていければ、シーズンの最後にどこにいられるかってところだね。」


Cesc: We must keep winning - Sky Sports

昨シーズンとはうって変わってゴールを量産している事にセスクは満足しているようですが、チームの今後の見通しについては、アデバヨールと同じ意見。好調を維持しなければ何もならないと話します。

「昨シーズンは同じチャンスがあっても決められなかった。でも今シーズンはもっと少ないチャンスで決めてるんだ。」

「僕達は勝ち続けなくてはならない、これまでの2シーズンではそれが欠けていた。最初から多くの勝点を落としてしまったし、立ち直る必要があった。そしてトップにいるチームが全然勝点を落とさないから、とても難しいものになってしまった。」

「僕達はいい調子で行ってるけど、これはまだ1試合だ、この先も続けていかなくてはならない。まだ始まったばかりなんだ。」

そのセスクについてヴェンゲルの意見。現状ではイングランド最高かと言ったら微妙だが、偉大な選手に必要となるビジョンがあると話します。

「ファブレガスが国で最高のミッドフィールダーかを言うのは難しいね。イングランドには素晴らしい選手が何人もいる。だが今20歳の彼が生み出しているものを見れば、とても印象的ではあるね。」

「彼はとても一生懸命やっているし、最後の1分まで落ち込まない。偉大な選手というものがどれだけやるかは予測がつかないが、全ての偉大な選手に共通しているのはビジョンであり、彼にはそれがある。」

「それが発揮されれば彼はいいパスを繰り出し、緊迫した状況から解き放ってくれるんだ。」


Wenger - Walcott knows this season is vital for him - Arsenal.com

ウォルコットが今すぐブレイクするかという問いに対し、ヴェンゲルは慎重な見方をしています。

「正直言ってまだわからない。イエスともノーとも言えただろう。ノーならば彼は充分学べるだけの試合をこなしているからだし、イエスならば彼はまだ若いからだ。彼にとっては重要な年だとわかっていると、彼は私に言ってきた。」

「私は1998年にワールドカップを優勝したフランス代表チームに倣ってみたんだ。彼らはみな18歳からスタートしていた。18歳、19歳、20歳でチームに入れなければ、疑問が出てくる。彼は今そういう歳であり、ビッグゲームで個性を発揮し、活躍する事が期待されるんだ。当然若さが出るところもあるだろうが、一人前の選手になれるという事を示す時だ。」

「彼ならできると思っているよ。」


Loan Watch: Connolly unfortunate to be sent off - Arsenal.com

5人のローニーの情報です。ようやくヴェラの情報が。

まずはバーミンガムのジュルー。ブルーズはホームにボルトンを迎えましたが、ジュルーはフル出場。また中盤でプレーしたんでしょうかね?試合は1-0でバーミンガムが勝ち、ボルトンに浮上のきっかけを与えませんでした。ジュルーも得点のチャンスがあったそうですが、ライン上でクリアされたそうです。

コルチェスターのコノリーは、ホームでのチャールトン戦で先発出場しましたが、55分に相手の決定機阻止という事で退場してしまいました。原文ではかわいそうな判定だと書かれていますけどね。結果は2-2の引き分けでした。

サウスエンドのギルバートは、アウェーのオールダム戦で出場機会なし。サウスエンドは後半を10人で戦ったそうですが、1-0で勝利、アウェーでの最初の勝利らしいです。

ミルウォールのシンプソンはホームでのウォルソル戦でハーフタイムからの出場。しかしゴールは決められず、チームも1-2で敗れています。

ヴェラのいるオサスナはホームでバルセロナと対戦。ヴェラはベンチから出てくる事はありませんでしたが、0-0の引き分けは上々の結果と言えるのではないでしょうか。レアルが好調なだけに、バルサにとってこのドローは痛いですね。


Five youngsters sign professional forms - Arsenal.com

ジェイムズ・ダン、リーン・スティアー、アブ・オゴゴ、ギャヴィン・ホイト、キーラン・ギブズの5人がプロ契約を結びました。ギャヴィンやギブズはまだだったんだって感じで、少し意外にも思えますね。ここからが本番です、果たしてこの中から何人が台頭してくるのか。楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

まちがいなく好ゲーム!

斜体の文
セビージャは強い!現時点でのアーセナルもまたなかなか強い。しかし、両者とも勝ち方において大きく異なっている様に思う。勿論、両者共技術は並外れているのは確かなのだが、もしもA:セビージャが大人チームだったら、B:アーセナルは子供チーム。A:セビージャがベテラン職人だとしたら、B:アーセナルは期待の大型新進気鋭のアーティスト!そして試合自体が「ジャングルジム」だったとしたら、A:セビージャは体が大きく上手くすり抜けられず、B:アーセナルは針に糸を通すかの様に「スッすッスイ!」とモノの見事にすり抜けてしまう。そうです、まるで両者とも好対照な展開になること請け合いなし!激しい点の奪い合い、粋なパス廻しや、マジックの如く人を「うわおぉ!」と唸らせる連係!や弾丸の如く飛び交うシュートを両GKが好セーブ!水曜の第1節1stleg並びに2ndlegの二試合は間違いなく今シーズンの5本の指に入る好カードとなるだろう。

太字の文
要約をしますと:
「チョコマか動くガナに対し、まるでガリバーのセビ~ジャ!またはその反対も有りきか!?ケルジャコフにゃ要注意!更にトットナム戦のように予想外なセスク&アデバのミドルないしはロングシュートが炸裂するかもしれない…。今の彼等は勝負するという事において、彼等の『何か』が確実に生まれ変わっているのが解るから……。」

なんとかアデバのゴール見れました。
皆さん言うように、完全にドログバでしたね。。
アーセナルの選手全体に言えることですが、どうも簡単なシュートほどミスして、エェ!ってゴールは決めるような・・・。
簡単なシュートはきっちり、それに加えてBeatifulGoalでお願いしたいところですが、昨シーズンを考えれば、決めてるだけイイとしないといけませんね。

ダービー戦でロビン復活!って期待を込めてたんですが、まさかの?勝利、しかもクリーンシート!
新城さんはなにやってるんでしょうか?
オーウェン出なかったんですかね?代表で絶好調だっただけに、あえて休ませたんでしょうか?

スペインに行った彼はそろそろやばいですね。。
このまま行くと戦犯扱いされてもしょうがないですね。

ノースロンドンダービー勝ってよかったですね。自分の中では勝って当然のクラブなんですけど。
1位は久しぶりです。なんか緊張しますね。このまま突っ走って欲しいです。

説明不足でしたが、
CLビデオは、ペイパービューがライブに対応してまして、1試合10ユーロになってます。
VODサブスクリプションは月額3,95ドル年39.95ドルで2008ユーロ予選以外のコンテンツすべて見れますが、ライブではないです。試合後のミッドナイトには見れるようになるらしいです。
UEFAカップも見れるので結構お得だと思います。
VODハイライトは月額1,95ドルでCLのみかと思われます。2008ユーロ予選が入るのかユーロ予選は別で1,95ドルなのかちょっとわかりません。
全部英文だったし説明上手じゃないので、こんな感じですが、
CATVや4thメディアでJSPORTを見てる人にとってはお得だと思います。JSPORTプラスだとビッグクラブは見れないでしょうし。
わからないとこあったら聞いてください。答えられるかわかりませんけど。


ダービーでここまで気持ちよく勝てたのも久しぶりのような気がします。
アデバの決定力アップがこれきりじゃないといいのですが。。
ファンペルシー心配ですね。。

ウスマノフさん、微妙にまた買い増ししてる模様ですね。
誰から買ったのか定かではないですが
これで21%の持株比率で2番目の株主だとか。
実際に買っているのはウスマノフさん個人ではなくデヴィッドデインを
会長においたRed & White Holdingsという会社。
アーセナルは理事でない外部株主が55%くらいいるので
外堀埋めて1%も持っていないヒルウッドを会長職から
追い出そうとしているようにみえます。
スキャンダルになりそうなゴタゴタは避けてほしいですね。

やめようか迷っているヴェンゲルをデインが
自分が戻るまで待っているいるように説得したという話もありますが
デインが会長として戻ってきて
ヴェンゲルと一緒にもっともっと続けてほしいとも
思うのですが事はそう簡単にはいきませんよね。。
好調な滑り出しということで
プレミアとCLでダブルを願ってはいますが
この選手層じゃ厳しそう。。

>quaiさん

面白い予想をありがとうございます(笑)

一つ言わせていただくと、セヴィージャはこれがCL初(古今東西さかのぼってどうなのかは知りませんけど、最近では)なので、そういう意味では彼らも新進気鋭のアーティストと言えるのでは?

仰るように、セスクやアデバヨールの飛び道具、それにロシツキーも加わりますし、結構派手な撃ち合いになる事は充分考えられますね。その分試合が雑にならなければいいと思うんですが、両者の勢いがそれに勝るかも。でも意外に点は入らないんじゃないか・・・と個人的に予想してるんですがね。向こうがエミレーツで萎縮してくれると助かるんですが、さすがにUEFAカップ連覇の経験がそれは許さないでしょうかね。


>No.15さん

最初見た時、どうせまたトラップミスって浮いたんだろうなと思ったら、リプレイ見たらイメージ通りって感じの一連の流れですね、アデバヨールのあれは。個人的には完全に崩してのごっつぁんゴールに勝るものはないと思ってるので、確かに点が取れてるのがいいのですが、若干物足りない感じです、今のチームは。カーラーを撃てる選手もいないですね。ロビンはもう少し力を抜く事を覚えれば、それこそベルカンプのような美しいゴールが決められるようになると思うんですけどね。とはいえ現状では形振り構ってられないです(笑)

ダービー、いつまで未勝利が続くだろうと思ってたんですが、本当新城さん、あっさり沈みましたね・・・。最初スポーツナビで結果を見たんですが、逆じゃないのこれ?と目を疑いました。順位表見たらきっちりダービーに勝点3がプラスされてますし、他も見てやっとわかりました。ダービーごめんなさい(笑) オーウェンは壊れたようです。鼠径部だったかな?軽いケガだって言ってるらしいですけど、いかんせんオーウェンなので微妙です。

バルサはそろそろやばいですが、まだアンリに多くを求められても困るっていうのが率直な意見です。プレシーズンでエトーが壊れて、懸念していた事が現実になりつつありますね。まあバルサもアンリもどうなろうが知ったこっちゃないんですけど(笑)


>円高待望論さん

スパーズには少なくとも負けはしないだろうなとは思ってました。ただ最近勝ってもなかったので、引き分けの可能性が高いだろうなとは思ってて、ずっと1点リードされてても、どっかで追い付く事は信じてたんですけど、あの2発は意外でした。そして首位は本当緊張します。これでCLなのでいったんリーグから離れますが、余計緊張します・・・。

自分で調べればわかるような事をわざわざご教授いただきありがとうございます。さすがにUEFA公式となれば、どっかに解説サイトでもありそうな感じがするんですけどね。VODサブスクリプション、ライブだったら最高だったんですけどね・・・。ライブだったらスカパーをJ SPORTSだけにしてそっちにしますよ。PPVでもいいんですが、他の試合をちょっと観たいとかなった時に不便ですからね。ちなみに今回のセヴィージャ戦はJ SPORTSプラスでの放送ですが、毎回そうとは限りませんし、確かにケーブルとかで見てる方にはよさそうですね。本当、ライブで定額制のプランはないんでしょうかね。確かJ SPORTSが2100円、今のスカパー料金が5000円弱なので、月3000円ぐらいですか。月10ユーロぐらいでやってくれるとかなりお得感があるんですけどね。今が1試合10ユーロだから無理か・・・。


>Kenさん

決定力アップなんですかね、あれ・・・。元々セットプレーはピッタリ合えばちゃんと決めてましたし。ロビンは2週間ぐらい休ませてあげたいです。

ウスマノフ氏はどうも普通に市場で集めた?ような事がBBCかどっかに書いてありました。個人的に気になるのが、レッド・アンド・ホワイトはウスマノフ氏とディーンの共同保有だったはずですが、一連の記事ではウスマノフ氏が株を買い増したかのようにパッと見書かれてるんですよね。これじゃロシアの富豪による買収だと言われて当然ですが、ディーンがそこで黙ってるとも思えない、というか噛んでないわけがないですし。何にしても過半数超え(それが何の意味があるのか僕にはさっぱりわかりませんが)を狙うなら、クローンキー氏の株も買わなきゃいけないわけで、そうそううまくいくか?って感じがするんですがね。

僕は今のディーンの主張には同意しかねるので、それならまだ無能なヒル-ウッドの方がマシのような気も・・・。バブルは所詮バブルでしかないんですけどね。今のイングランドフットボール界はかなり危ういと思います。でもディーンが戻ってきて大ナタでも振るわない限り、フロントの年寄り連中を一掃するのは無理っぽいですね。ポスト・ヴェンゲルの事もあるし、どっかで改革は必要ですね。

僕はCLはベスト8ぐらいまで行けば御の字だと思います。実力的にどうとかじゃなくて、まずはリーグを優先してほしいですし、僕もダブルは厳しいと思うんですよ。明らかにポジションが偏ってますし。アフリカネーションズカップもあるし。やっぱり目指すはリーグ優勝です。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/706-5191373c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。