スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トットナム戦 マッチリポート 

トットナム・ホットスパー 1-3 アーセナル

バークレーズプレミアシップ
ホワイト・ハート・レイン
2007年9月15日(土)
キックオフ:午後1時30分

主審:マーク・クラッテンバーグ
入場者数:36053人


トットナム・ホットスパー   1
   ベイル 15分
アーセナル   3
   アデバヨール 66、90分
   ファブレガス 81分


 ARSENAL
   アルムニア
   トゥーレ
   クリシー
   サニャ
   ジウベルト
   ディアビー→ロシツキー(56分)
   ファブレガス
   フラミニ
   フレブ→ソング(90分)
   ファン・ペルシ→デニウソン(85分)
   アデバヨール
 SUBS NOT USED
   ファブヤンスキ
   ウォルコット

 TOTTENHAM HOTSPUR
   ロビンソン
   シンボンダ
   イ・ヨンピョ
   カブール
   ベイル→レノン(69分)
   ドーソン
   ハドルストーン
   ジーナス
   マルブランク→ダレン・ベント(82分)
   ベルバトフ
   キーン
 SUBS NOT USED
   チェルニー
   リカルド・ローシャ
   ゾコラ



ヒヤヒヤもんでしたが、無事勝って首位浮上ですね。アデバヨールの頭以外、3点とも全部飛び道具。お互い刀を持っての斬り合いでは、大きな隙を見つけながら空振りを繰り返し、結局相手より多く矢を撃ち込んだアーセナルが勝ったという、客観的に見ると意味のわからない試合ではありました。アーセナルからすると、いきなりベイルのあのフリーキックにやられ、決定機は外しまくるし相手にも同じくらい決定機を作られるしで、心臓に悪いものでしたが。

そんなわけで3-1で勝ったのはセスクの飛び道具とアデバヨールの意味のわからないボレーのお陰ですが、同時にベルバトフ様様、ダレン・ベント様様なわけでもあります。一本のロングパスやロングキックであっさり裏を取られるディフェンス陣もディフェンス陣ですが、今シーズン初めてアルムニアが恐いと思いました。まあベルバトフに抜けられ、トゥーレの山勘タックルで事なきを得たシーンなんかは、レーマンでも同じ事になってたでしょうけどね。それとサニャがベルバトフと1対1で負けそうになりながら何とか凌いだ時、あそこもわざわざキーパーが出て取りに行くシーンじゃないです。この辺の判断の悪さは相変わらずか・・・守備が不安定だからそうさせたのか。ベイルのFKはしょうがないと思いますけどね。あれで止めたらスーパーセーブです。

攻撃面も決定的なチャンスをフイにし続けたディアビー、フレブ、アデバヨールは責任重大ですが、アデバヨールは2ゴールなので結果的には汚名返上でしかもおつりが来るぐらいでしたね。どうにも効果的なキープができず、突破もできず、シュートも決められないディアビーは役立たずでしたが、それにしても全体的につまらないパスミスが多すぎました。横浜クビになって帰ってきたアジアの空砲が「ロシツキーが入って空気が変わった」なんて言ってましたが、僕には感じられなかったです。となるとメンバー的な事ではなく、代表の疲れって事で片づけられそうですかね。

一度強いシュートを撃った以外はほとんど何もしてなかったファン・ペルシ、1試合毎に調子が落ちていってる感じがしますが、それも含め、スタメン選考には大いに疑問が残りました。いくら大事なダービーといっても、もはやどん底にあるファン・ペルシを使うぐらいだったらいっその事ベントナーでも使ってやればよかったんじゃないでしょうか。もしくはエドゥアルドの休みは次回に回すとか。

左サイドはクリシーががんばってましたし、右サイドのフレブもなかなかでしたが、それぞれのパートナーであるディアビー、サニャがいい働きができてなく、相手の中央は厚いので、今ひとつ攻撃に決め手を欠いてしまっていたんですよね。セスクはミドルを決める前にも一度いいオーバーラップがあって、こうなるとやはり彼かフラミニがどんどん前に出て行かないと話は始まらないんだろうなと思ってたんですが、それならばいっその事ディアビーとフレブのポジションを入れ替え、右サイドを捨ててでも左サイドを有効に活用する事を考えてもよかったんじゃないかと思いました。特にサニャなんて先発できるかどうか微妙な状況だったんだから、無理に出さなくてもよかったと思います。

その上ベンチにストライカーがウォルコットしかいない、これもまた大きな不安でした。もはやジウベルトはセンターバックから外せず、ソングもセンターバックの控えと考えたとしても、ピッチ上にセスクとフラミニ、ディアビーがいて、その上ベンチにデニウソンまで置いておく必要はないでしょう。ロシツキーを外した時にディアビーを入れると決めたのなら、いっそウォルコットはベンチからも外してしまって、エドゥアルドかベントナーを入れるべきだったんじゃないでしょうかね。結局飛び道具2発が決まって勝ったからよかったものの、それまでのあの決定力不足には些か心配させられました。しかしベンチ枠7つ欲しいですね・・・。

ところで、先制されながらも逆転という展開に、昨シーズンの事を思い浮かべた方も多かったんじゃないでしょうか。なのでできれば3点目が欲しかったですが、デニウソンが仕留め損なったところで嫌な感じだったんですよねぇ・・・そこへあのアデバヨールのアフリカンゴール、本当助かりました。ピレスがいなくなってダービー男が不在でしたが、アデバヨールには後継者の素質があるかもしれません。

今回は結果と内容が乖離し過ぎている感じがしましたし、かといって相手も同じぐらいひどかった、言ってしまえばちょっとレベルの低い試合だったんであんまり深く突っ込まずこれぐらいにして、フォーメーション。センデロスがサスペンションなので結局ジウベルトがセンターバックへ、サニャが復帰した事でフラミニは中盤に戻っています。ロシツキーはベンチで左サイドはディアビー。

       アルムニア
     トゥーレ  ジウベルト
サニャ               クリシー
     セスク   フラミニ
フレブ              ディアビー

  ファン・ペルシ アデバヨール


後半の早い時間のディアビーを下げてロシツキーを入れましたが、あんな時間にやるぐらいならもうハーフタイムで替えとけよと。1点リードで迎えた85分、ファン・ペルシを下げてデニウソン投入、ちょっと守備固めに。フレブがトップ下でデニウソンが右やってます。最後にフレブと替わったソングはワンプレーもしてません。

       アルムニア
     トゥーレ  ジウベルト
サニャ               クリシー
     セスク   フラミニ
デニウソン            ディアビー
         フレブ
       アデバヨール


リヴァプールがフラットンパークで躓き、エヴァートンが赤い悪魔に屈してチェルシーも誤審に泣かされてローヴァーズに勝てなかったので、リヴァプールほどじゃないにしても久々の単独首位です。ただしリヴァプールとブラックバーンは未だ無敗を維持、月曜日にダービーと対戦するニューカッスルも相手が相手なので、まだ脱落者は出ませんね。気が付けばユナイテッドは3位、サンダーランド戦と同じような勝ち方してますが、今のうちに勝点落としといたもらいたいとこなんですがね。

次回はホームでダービー戦、粕谷じゃありませんが、本当何点取れるかって勝負です。が、その前にチャンピオンズリーグ、ホームにセヴィージャがやってきます。大事な大事な試合ですね。でもロビンはもう休ませてもいいかと・・・センデロスが出場できるのでジウベルトも。


Wenger: 'This team is blossoming and growing' - Arsenal.com

ヨルを死刑台送りにしたかもしれないヴェンゲルの試合後のコメント。

パフォーマンスについて
「試合のクオリティと発揮したメンタルの強さ、そして団結力にはとても満足しているよ。」

自信を持ち続ける事について
「ハーフタイムでチームを非難する事はできなかった。我々はいいプレーをしていたと思ったし、単にチャンスをモノにできなかっただけだ。それまでのように試合のペースを速く保っていけば、試合の勝つチャンスは大きいと思っていたよ。」

首位に浮上した事について
「私はいいスタートを切れるだろうと楽観的に思っていたんだ。それがとても重要な事だと考えていた。ティエリがいなくなって、チームの自信を強くする必要があったんだ。」

ティエリ・アンリなしでうまくやっている事について
「ティエリの事は忘れてはいないよ。だがチームが花開き、成長しているという事を我々は示してきた。それは計画通りではあるのだが、それがどれだけ早く起こるかはわからないものだね。」

スパーズの先制点について
「ああ。壁の周りにいたのは左利きの選手だった。だがスクリーンでリプレイを見た時、ポストを叩いているように見えた。あれではキーパーには少し難しい。だが壁をもう少し右にするべきだったんじゃないかな。」

セスク・ファブレガスがゴールを決め続けている事について
「これまで得点できなかったのに、今では得点し続けている。それが頭の中に湧いてくるものの重要性を示している。」

マルティン・ヨルのプレッシャーについて
「彼のいる状況についてはわからないね。新聞の言っている事しか見えないわけだから。だが悪い時期を過ごしている人々にはいつも同情はするものだ。私にもあったし、誰にでもね。こういう時、クラブは団結し、監督をサポートしなければならないんだよ。」

水曜日のセヴィージャ戦に戻って来られそうな選手について
「センデロスはイエス、ギャラスはノー、エブエはノー、レーマンもノーだ。ラサナ・ディアラはケガをしているわけではない。出場はできるよ。」

エブエ・・・早く戻ってきてくれ。


Wenger: Second goal crucial - Sky Sports

オフィシャルとは別の試合後コメントです。

「どちらも仕掛けていたし、本当の意味でプレーしていた。後半は本当にオープンになり、もう少しで2点目を取られるところだった。だが我々が追い付いた事はトットナムの精神的打撃になったね。全体的に見て、とてもいいフットボールゲームだったよ。」

「ハーフタイムを1-0ダウンで迎えた事には失望していた、大きなチャンスを外し続けてしまった。我々がいかに強いメンタルを持っているかを見せつけ、追い付く事がとても重要だった。」

「トットナムが2点目を取っていたら、間違いなく彼らが勝っていたと思うね。」


Wenger targets Euro charge - Sky Sports

ヴェンゲルは今シーズンもチャンピオンズリーグ優勝を狙いに行く事に変わりはないと話しています。

「チャンピオンズリーグを優勝する事は、アーセナルの歴史に加えたいものなんだ。いい結果を出すポテンシャルは持っている、水曜日には大きなテストがあるね。セヴィージャはヨーロッパでもベスト4か5のチームで、誰であろうと倒す事ができる。」

「チャンピオンズリーグを優勝できるポテンシャルがあると思っていなければ、私は新しい契約にはサインしていなかったね。私がこのチームを作り上げたのだし、とてもいいチームだ。大きな自信と信頼を持っているよ。」

「昨シーズンはとても残念だったし、あんな事は二度とあってほしくないと思っている。いきなり難しい相手と当たってしまったが、とてもいいところまで行けると思っている。」

「私はいつもチャンピオンズリーグを優勝できると思っているし、今シーズンもそれは変わらない。我々は2シーズン前にこのチームとティエリ・アンリで無敗で決勝まで行った。今ではみんなもっと成熟している。」

「ティエリとバルセロナとは準決勝で当たりたいと思っているが、まずはグループステージに集中しているよ。」

何で準決勝?エミレーツに来いと?どうせなら決勝でリベンジしたいんですがね。ミランみたいに。


Wenger: Losing is painful - Sky Sports

以前アーセナルのスカウトをやっており、今はスパーズのスポーティングディレクターをやっているデイミアン・コモリが、ヴェンゲルは試合に負けた後は物も食べられない状態になっていると語ったそうで、ヴェンゲルはそれの何が悪い?と自分の負けず嫌い振りを語っています。

「コモリが私が敗戦を悪いように捉えていると語った記事を読んだよ。だが他のどう捉えろというんだ?負けを本当の痛みとして捉えられないのなら、この仕事に就くべきではない。痛みを感じなければ監督業ではやっていけないだろう。」

「負けた後は私はいい健康状態にないし、感情が健康とつながっていると言える。そういった感情をとてもうまく隠す事ができる時もある。逆の事もね。誰かが、勝利はすり抜けていってしまうものだが、敗北は残ると言っていた。私もそう思うよ。」

「試合に負けた時はいつもひどい気持ちになる。このクラブにあっては、どんな敗北でもクライシスだからだ。過去に何を成し遂げようと、もっとやれるという気持ちはいつもあるものだよ。」


Eduardo over initial nerves - Sky Sports

エドゥアルドはアーセナルに来てから最初の頃に先発する時、ビビッてたと話しています。でも今は克服したとも。

「先発する時は少しナーバスになってた。ファーストイレブンでプレーするなんて、恐ろしい話だよ。でも今は楽になったと思うね。ここでのフットボールはとてもビッグだ、観客も設備も全然いい。そして試合では誰が出てくるかわからないんだ。」

クロアチアでは凄まじいゴール記録を残してましたが、一番印象に残るゴールは、そのクラブに来て最初に決めたものだといいます。

「自分で決めたゴールはどれも素晴らしい気持ちになるけど、新しいクラブでの最初のものはずっと残るものだよ。」
スポンサーサイト

コメント

クリシーにはなまるを!

交代枠

やっぱり7枠欲しいですよね。
どうして5枠なんでしょう。
J2もそうですが、過酷な日程なんだからもうちょっと考えてほしいですよね。

どうせなら交代枠も3名+キーパー1名にするとか…。
日程が過密なままなら、そういう思い切った改革も必要かもしれませんね。

あなたアーセナルのこと好きじゃないでしょ.

いやぁ、久々ですね!この位置!!
03-04以来でしょうか・・・?
今回は試合見れなかったんですが、
ダービーにふさわしいとんでもない試合だったようですね。。

とりあえず勝ってよかったのですが、
やっぱりロビンはノーゴールだったんですね。。
代表でもノーゴールだし、そろそろ休ませた方がいいんでしょうか。。
CLは休ませて、ダービー戦で大復活(笑)ってのが理想ですかね?

ホント去年は早々と4位が目標になっていただけに、今年は楽しいです!

それにしても、YOUTUBEでアーセナルの映像を見ようとすると、全て
「著作権のナンタラで削除」とかになって見れないんですが・・・。

>MAYさん

クリシーは何だかウインガーみたいになってきましたね。一度トップスピードに乗ってから内に切り込んで相手をかわすなんて、ロッベンかって思いましたよ。というか、オーフェルマルスの後継者?ただ最近ちょっとディフェンスがおざなりになってる気がします。裏を取られるのはいつもの事ですが、いつもはすぐにカバーに入れる距離に置いていたのが、最近はちょっと遅れる事が多いですね。中盤にも問題があるんでしょうけど。


>ゆきちさん

どうしてなんでしょうね。興行的にも、選手の事を考えても、悪い事じゃないと思うんですけど。交代はこれまで通り3枠でいいですし。キーパー枠を単独で用意するのはいい案ですね。交代枠使い切ってキーパー替えれないとかいうのは面白くないですし。ベンチ枠もせめて5人+キーパーにしてもらいたいですね。

僕は日程の見直しと同時にやってもらいたいと思います。ベンチ枠や交代枠は日程とはまた別問題ですよ。どっちかっていうと日程の見直しの方が急務ですね。


>名無しさん

好きじゃなければこんな手間ばっかかかるブログはやってられませんよ。


>No.15さん

思いこみじゃなければ、04/05も首位に立った時期はあったと思うんですけどね。確かあのシーズンは出だしはよかったですし。何にしろ、久々に追われる立場になったわけですが、何か慣れないです(笑) 感覚を忘れてしまったんでしょうが、試合が来るのはちょっと恐いですね。まあ次はダービーなんで、よっぽどの事がない限り大丈夫でしょうけど。今はチェルシーが躓いてますし、リヴァプールも長くは保たないだろうなとは思ってるんですが、ユナイテッドにはもう少し下にいてもらいたかったですね。

試合の方はヒヤヒヤもんでした。こちらに決定機があれば外して「何やってんだ!」と叫び、相手に決定機があればそれも外して命拾いするという・・・。そんな状況で、意図のわからないパスでボールロストするもんですからさらにイライラしましたが、アデバヨールの同点ゴールやセスクの逆転ミドルが決まった時は興奮しましたね。

ロビンは代表2試合フル出場でノーゴールって時点で嫌な感じはしてました。本当休ませた方がいいと思います。確かにダービー戦では多少不調でも得点できそうですし、そこでうまく固め取りでもできればまた上昇のきっかけになるかもしれませんね。本当、ダービーには申し訳ないんですけど(笑)

YouTube見れないのはアーセナルだけですか?前にプレミアリーグがそういった違法アップロードされた動画について何か言ってた気がするので、削除要請が行ったんじゃないでしょうか。

お久しぶりです。

セスクはより一層欠かせなくなってきました。
これで今後もコンスタントに得点を重ね、決定力を完備したらワールドクラスになれますね。

アデバは簡単なのふかすのに、あれ決めんのかよ・・・。
お前はクライファートか、と突っ込みたくなりました。

ヨルには何か迷いのようなものを感じました。
(私としては)ベイルがちと厄介だな~と思っていたのにそれを替えるし、1-1とされて向こうは勝たなくちゃいけないはずなのにFW投入が遅い。
しかも出てきた選手が使えないとあっては。
采配の巧拙は結果論で何とでも言えますが、こう上手くいかないと、これは末期ですかな。

ディアッラを獲得し、CBを補強しなかった時から、今シーズンはジウベルトを昨シーズン以上に後ろで使う気なのだろうなと思ってましたが、ヴェンゲルはディアッラを彼の後釜にする気ですかね?
そういやジウベルトって契約切れるんでしたっけ・・・?

ロビンは草刈場と化してるダービー戦で得点するなり、何かきっかけを掴んで欲しいです。
その前にセビージャ戦か・・・。
私はスゴク警戒してます。
が、ホームだしCLの先輩として勝ってくれるでしょう。
そしてアンリの前でビッグイヤーを掲げてもらいたい!

余談になりますが、イングランド代表はバリーとヘスキーが良かったらしいですね。
これでランパードとルーニーが戻ったらどうするのか。
ルーニーはまあともかく、ランパードとジェラードを併用するのか。
マクラーレンって途中で放り出したどっかの総理大臣っぽいから戻しそうだなw

お久しぶりです。

セスクは前々からなくてはならない存在でしたが、それは最低限必要な存在というレベルだったのが、今では勝利に導いてくれる存在にレベルアップしつつありますね。最近ちょっとおイタが過ぎる感じもありますけど。あんまりアーティスト気取りにはならないでもらいたいものです。

アデバヨールは本当オランダ人ですよね・・・。クライフェルトはその典型ですが、オランダ人ストライカーって多かれ少なかれそういうところがありますし。でもあのゴールだけを見るとドログバです。アフリカのクライフェルトとでも呼べばいいんでしょうか。個人的には簡単なのを決めてくれる方がありがたいんですけどね・・・。

僕も下げるならどっちかっていうとマルブランクじゃないかと思ったんですが、よくわかりません。ベントはあれだけの大金使って獲ったんですから、使えないからといって監督のせいにはできないと思いますけどね。そのうちマーカスのがよかったんじゃないかとか言われるかもしれません(笑) でも僕はヨル以上の手腕を発揮できる監督を後釜に迎えられるかというとなかなか難しいと思いますし、辞めさせるべきではないと思いますけどね。ファンデ・ラモスとか無理でしょ。僕がラモスならセヴィージャを捨ててスパーズになんか行かないですもん。

ディアラはジウベルトの後継者候補ですね。彼にセンターバックは無理でしょうし。でもそうなるとソングは?という疑問がありますし、大体ジウベルトをセンターバックで使うなんてもったいないと思うんですよね。っつーかそれならジウベルトがキャプテンでいいだろっていうのもありますし。彼の契約は、今シーズンいっぱいだったか来シーズンいっぱいだったか、ちょっと覚えてないです。

ニューカッスル、ダービーに1点も取れずに負けましたね・・・。

セヴィージャ戦は大一番ですね。これが3戦目4戦目だったらそこまででもなかったかもしれませんけど。結果も大事ですが、世間の評判通り面白い試合になりそうなので、そういう意味でも楽しみです。バルサはダメかもわかりませんね・・・。

僕は最初からバリーでいいと思います。ヘスキーは意外でしたね。でもクラブに戻ってすぐに骨折・・・ひどい話です。ジェラードとランパードどうすんだって話はずっと続いてますが、僕は合わないと思うんですよね。ランパード自体ミドル以外にあんまり評価できるところがないし、もういいでしょ。僕もマクラーレンなら戻すと思いますけどね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/705-09b561fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。