FC2ブログ

第7戦ヨーロッパGP 

今回もシューミが勝てなかった上、アロンソが勝ちやがったので控えめレポートで。とりあえずライコネン、合掌・・・。

さて、前回がモナコって事で溜まったフラストレーションを吹っ飛ばすオーバーテイク劇!と思いきやそうはいかなかった。終盤はみんなタイヤが苦しく、コースオフするシーンが相次いでましたが、それで順位が入れ替わるには、各車の間隔が開きすぎてたんだよな?。オーバーテイクらしいオーバーテイクといえば、序盤のバトンぐらいかな?バリチェロ、モントーヤ、シューマッハと立て続けに抜かれましたからね。どうしたB.A.R・・・。そういや今回、久しぶりにドライブスルーペナルティが見られましたね。それも複数回。
今回はコンストラクターごとにいきましょうか。

まずはフェラーリ。今回はウェバーのせいで苦戦を強いられました。っつか今シーズン、アクシデントが間接的に影響してくるパターン多すぎ。それでもバリチェロ3位、シューマッハ5位ですから、まあ結果を出した方でしょうか。予選が悪いからと言ってしまえばそれまでなんですが、それで上位進出を果たしたクルサードとかいるわけですからね。今回は今までほどレースペースが上がらなかったのが不安ですが、次戦はシューマッハ大得意のモントリオール。絶対に勝って欲しいものです。

B.A.Rはどうしたんでしょう。予選ではジョーダンの前、レースペースも上がらずいいとこなし。まあ序盤バトンが立て続けに抜かれたのはタンクが非常に重かったからですが、それにしてもちょっとなァ・・・。次戦はフレッシュエンジンを使える事ですし、琢磨のがんばりに期待しましょう。

棚ぼた勝利のルノー。でも前戦での教訓を生かしてハードタイヤをチョイスしたのが当たりましたね。アロンソはいいペースで走ってましたし、スタートできなかったフィジケラも6位まで巻き返しましたからね。まだまだタイトル候補の筆頭には変わりないです。

ドライバー二人で明暗分かれたウィリアムズ。ウェバーのアホのせいでレースが混乱しました。対するニックは初ポールから2位表彰台。実は隠れニックファンの僕には、最近の彼のパフォーマンスは嬉しい限りです。スタートでライコネンに前を行かれたのが残念ですが、非常に力強いレースを見せてくれました。同じジャーマンですし、ミハエルの後継者はこいつしかいない!

マクラーレンは残念でしたねぇ。まあ元はといえばライコネン自身のミスからですが、あれでできたフラットスポットにより、右フロントが強烈に振動。こりゃあタイヤがイカレるより先にサスが逝くぞとか思ってたら、ファイナルラップでその通りになってしまい、いつぞやのハッキネンのように無念のリタイア。ほんとライコネンは優勝かリタイアかって感じですな。対するモントーヤは、1コーナーでウェバーに追突されたのが運の尽き。まあペースもイマイチでしたから、これが今の彼の限界と言えなくもないかな。何にしろマクラーレンは、ややフロントがフラフラしてましたから、ここに改善の余地ありです。両ドライバーともしょっちゅうフロントをロックさせてましたからね。

同じく残念な結果に終わったザウバー。マッサのペースは驚異的で、ミハエルとほぼ同じペースで走ってましたからね。残念ながらタイヤが持たずコースオフ、次第に左フロントのトレッドが剥がれたフロントウイングを破損、5位を失ってしまいました。もうちょっとタイヤに優しい車を作るのが課題ですね。ジャックはもう、何も言うまい・・・。

フェラーリ勢、モントーヤ、ラルフらと対照的に、1コーナーのクラッシュで恩恵を得たのがレッドブル。クルサードがきれいにクラッシュ地帯を抜け、最終的に4位フィニッシュ。しかもピットロードの速度違反でドライブスルーペナルティを受けての結果ですから、立派なもんです。アンクルデイヴィッドもまだまだ現役ですな。リウッツィもそこそこやっていたように思いますが、個人的にはクリエンの方がいいと思います。次戦からはまたクリエンが復活するようですし、結構注目のチームですね、レッドブルは。

せっかくの予選4位をフイにする失態を犯したトヨタ。フォーメーションラップスタート15秒前までにクルーが車から離れなかった為に、トゥルーリがドライブスルーペナルティ。ラルフも1コーナー多重クラッシュの煽りを受け、おまけに自分のミスでスピンアウトと散々な結果に。もっとも、トゥルーリはライコネンとハイドフェルドについていけてませんでしたから、レースペースに改善の余地がある事は疑いようがないです。ウィリアムズが上がってきましたし、フェラーリもこのままではいないでしょうから、うかうかしてられませんよ。

ジョーダンとミナルディは、まあ特に語る事もなく(笑)とりあえず青旗無視ってんじゃねーよカーティケヤン&アルバース、予選でジョーダンの前に行ったフリーザッハーってとこですかね。フリーザッハーはなかなかいいドライバーのようで、このままF1に留まり続ける事ができれば、少し楽しみな存在になるかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/68-33b20143