スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラス、復帰は10月か 

Gallas admits injury fears - Sky Sports

当初3週間の離脱と言われていたギャラスですが、最低で一ヶ月と訂正されました。本人曰く10月まで戻って来られない可能性も高いようです。

「(ユーロ予選の)イタリア戦はもう無理だね。次に僕と会えるのは10月になるよ。ひどい痛手だ。いつも受け入れがたい事だけど、今は休む事が必要になる。」

ドメネクもギャラスの離脱は痛手だと話しています。テュラムと、もう一人誰だったか忘れましたが、ディフェンダーが壊れたようですし。レ・ブルーがどうなろうが知ったこっちゃないですけどね。

「イタリア戦とスコットランド戦での彼の不在は懸念材料だ。とても心配だよ。」


Wenger - Shoulder operation will make Walcott quicker - Arsenal.com

ヴェンゲルは肩のケガが治ったウォルコットは、ようやく本来のスピードを取り戻したと語っています。元々短距離ではアンリより速いって話でしたね。

「フィリップ・センデロスが肩の手術を受けた時も、同じ経験をした。思っていたより長引くものだね。転んで肩を脱臼したとなれば、同じ選手ではいられないさ。」

「仮に4週間か5週間で戻ったとして、通常のトレーニングでテストをしてみると、スピードが戻っていないんだ。つまり連動が取れていないんだね。その時になって、選手にとって腕や肩がフットボールをするに当たって、どれほど大事なものかがわかるんだ。信じられない事だけどね。」

結局代表には入れなかったウォルコットですが、それについてヴェンゲルは驚いたと漏らします。

「先週はイングランドの前線の危機について話されていながら、ウォルコットの名前が挙がらなかった事には驚いたよ。」

まあストライカーとしての実績はクラブでは皆無ですし・・・普通そうだろうと思うんですが。で、ウォルコットのベストポジションについてですが、ヴェンゲルはまだはっきりしないとしながらも、やはり将来的にはセントラルストライカーとして使いたい事も匂わせています。

「まだ完全にはわかっていないんだ。今の段階では多少ワイドな選手かとも思う。だがいい走りを持っているだけに、真ん中でも問題ないだろう。だがそうなると、彼に相応しいパートナーが必要だ。彼はランナーだから、彼の隣でボールをキープできる選手が必要だ。彼には難しい話だから、それでワイドで使っているんだ。」


Clichy - I'm so proud of the change in our spirit - Arsenal.com

何だかいろいろ物足りなかったブラックバーン戦ですが、クリシーはよかったと思うと話しています。それに何より彼はチームのスピリットの変化に喜んでいます。

「僕達にフットボールをするクオリティがあるというのはわかってる事だ。でもフィジカルが弱点だった事もあったっていうのもわかってる。誰もが僕達の成長を目にする事ができたわけだし、その面ではもっと成長していきたいと思ってるよ。」

「それは今一度示したんだ。先週は水曜日にプレーし、日曜日にもプレーした。その間は4日だ。でもよく戦ったし、ストライカー達からよく守った。みんなが完璧だったし、最後に勝点2を失ったのはアンラッキーだった。」

「それについては説明がつかないけど、これは間違いなく新しいチームだし、間違いなく違うスピリットが宿ってる。それは誰もがわかった事だ。僕はチームがこんなふうに成長できた事を本当に誇りに思うよ。日曜日のブラックバーンはいいプレーをしたけど、僕達はソリッドだったし、監督も僕達もハッピーだったよ。」


Theo Walcott set for England Under-21 friendly - Arsenal.com

U-21はシニアよりも1日早い、21日に試合がありますが、イングランドはルーマニアと親善試合。それにA代表には招集されなかったウォルコットが招集されています。今回ホイトは招集されてないんでしょうかね?


England train at Colney - Picture special - Arsenal.com

イングランド代表がアーセナルのトレーニング施設で練習を行った時の写真です。といっても練習風景はなく、ヴェンゲルがキャンベル、ベッカム、マクラーレンと談笑しているところです。キャンベルはせっかく代表に返り咲いたのに壊れてしまいましたけどね・・・。
スポンサーサイト

コメント

アメーリアはリボルノのGKです。マンCも狙ってるみたいで・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エッシェン、カード2枚出ましたね。審判の顔は、ベン・ハイムを見ていたように見えましたが、彼も確かイエロー貰ってましたよね?

あと、バベルやっぱり欲しかったかなと思いますね。リベリにしても、なんか他で活躍するのを見ると惜しいなと思いますね。

キーパーは競わせるといった意味でも、次はアルムニアでいいと思いますね。彼の最近のパフォーマンスはいいですし、逆にここでチャンスを与えなければ、怪我でもしない限り出る機会がなくなると思いますし・・。

>MAYさん

そうそう、そうでしたね。シティが狙ってる(狙ってた?)という話は聞いています。あそこはキーパーがちょっとやばいですし、監督がスヴェンである事を考えると不思議でも何でもないですね。でもアメリアなんか獲って、ケガ人が全部戻ってきたらどうなるんでしょうかね。


>さとさん

情報ありがとうございます。興味深い内容ですね。しかしCMFとしては僕もほとんど見た事がないですし、何とも言えないですね。そもそもこのポジションは競争過多気味なわけで・・・例えヴェンゲルの構想に入っていたとしても、それはCBでしょう。現状ではそうするしかないですし。それだけにこの枚数不足は痛いです。

センデロスは基本控えという事もあってちょくちょく離脱しますが、僕はなぜか入った直後の方がいいと思うんですよね。こなれてきた頃にボロが出る。よくわからん選手です。ただ多少なりとも不安定だったとはいえ、05/06のCL無失点記録に貢献したのは事実ですしね。どうにも現状では長所らしい長所が一向に表れてこないところがまた不安です・・・。

ユナイテッドは今のアーセナルほど若いチームではないですからね。その辺、底力というか、調子の調整はアーセナルより断然うまいでしょう。なので彼らがこのまま不調に喘ぎ続けるとは思えません。無論、これ以上中心選手の離脱が相次がなければの話ですが。それにもう少しすればテヴェスもコンディションが上向いてくるでしょうし。ただ仰る通り、ルーニーとの関係がどうなのかという疑問はありますね。

ギャラスはそれなりにモウリーニョに倣ったところがあるのか、パフォーマンス的な部分では今までのアーセナルにはなかったものは持ってますね。それにキャプテンになった以上、彼を中心にチームを作り上げていく予定だったはずですし、ここでの離脱は痛いです。ジウベルトが戻れば多少はよくなるでしょうが、いきなり正念場を迎えてしまいましたね。逆に言えば、この時期をいい成績で乗り切る事ができれば、優勝の芽も見えてきそうですけど。


>Emiratesさん

エシアンに2枚目が出た時、スタイルズ主審の向いている方向はベン・ハイムとは明らかに違ったので、彼に対してではないでしょうね。僕はエシアンに1枚出ていた事にそもそも気付かなかったので、ベン・ハイムじゃなくて助かったねと思ったんですが、どっちに転んでも退場だったとは・・・。

バベルはどうせ移籍するんなら来てほしかったですね。リベリもそうです。バイエルンは絶好調のようですが・・・。ヴェンゲルがサイドプレーヤーの必要性を認めてないように思えるのは、そもそもそういう選手を必要としないスタイルの構築を目指しているのか、それとも本当に今いる選手で充分と思っているのか・・・判断つきかねます。

今替えるんなら順当にアルムニアでしょうね。プレシーズンから見ても。それにそのプレシーズンでも、また昨シーズンでもアルムニアは悪いプレーはしていないわけで、それをいきなりすっ飛ばされてファブヤンスキとなれば、俺のここでのキャリアは一体何だったんだって話になりますし。まあヴェンゲルはそういう考えはしない人ですけど。レーマンがもう少し踏ん張ってくれれば、逆にもっと考えやすかったかなと思うんですけどね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/673-b4276e51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。