スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲンチュレルビルリギ戦 簡易リポート 

ゲンチュレルビルリギ 0-3 アーセナル

フレンドリー
バッド・ヴァルテルシュドルフ
2007年7月19日(火)
キックオフ:午後7時


ゲンチュレルビルリギ   0

アーセナル   3
   ファン・ペルシ 45、65分
   ウォルコット 51分


 ARSENAL
   アルムニア→ファブヤンスキ(46分)
   トゥーレ→センデロス(69分)
   クリシー→トラオレ(46分)
   サニャ→エブエ(46分)
   デニウソン→ファブレガス(69分)
   ランドール→ロシツキー(46分)→リュングベリ(69分)
   フラミニ→ディアビー(69分)
   ソング→ジュルー(69分)
   ウォルコット→フレブ(69分)
   ファン・ペルシ→エドゥアルド(69分)
   アデバヨール→ベントナー(69分)



オーストリアツアーの2戦目、なぜかトルコのゲンチュレルビルリギと戦ったわけですが、ファン・ペルシとウォルコットが決めて快勝。格下相手のフレンドリーマッチとはいえ、なかなか点の取れなかったウォルコットや、長期離脱明けのロビンが点を取り、素晴らしい結果だったと言えるんじゃないでしょうか。

またこの試合でサニャとエドゥアルドがデビュー。サニャはいきなり先発してます。一方で若手はランドールとトラオレぐらいしか出れませんでした。サニャが来たんで余計にチャンスが減る事が予想されるトラオレですが、今のところ控えでは唯一の純粋なレフトバックなので、しっかり備えておいてもらわないとね。ランドールもプレースタイル的に一番セスクに近いだけに、彼が成長してくれればいろいろ楽になるはずです。

一つ気になるのが、後半から入ったロシツキーが交代している事ですが・・・単にフレディを出させるためだけだったのか、ケガがあったとしても交代のタイミングが他と同じ69分なので、大事をとってぐらいでしょうね。

次回は水曜日、ザルツブルクとの試合です。日本人としては、宮本や三都主が出るのかっていうのが少しだけ気になるところです。合宿にはいるもののまだ出てないギャラスの出場が予想される他、まだ合宿にも参加してないっぽいレーマンやホイトがいつ出てくるのかも気になるところ。ジウベルトの合流はまだ先です。ここまでの2試合、全てストライカーが点を取っているので、次は中盤の選手にも少し取ってもらって、得点感覚を身に付けておいて欲しいところですね。


Wenger - I am NOT chasing Nicolas Anelka - Arsenal.com

ヴェンゲルがアネルカ獲得を考えており、フロントと対立しているとか何とか言われてましたが、そもそもヴェンゲルはアネルカどころか、ストライカーのこれ以上の獲得も否定しています。もちろん若手は別でしょうけどね。

「ノーだ。エドゥアルドを獲得したんだ。ストライカーを集めているわけではない、必要なストライカーを獲得するだけだ。今シーズンはニクラス・ベントナーが成長し、彼の才能の一部を見せてくれる事も期待しているしね。」

ザルツブルク戦はエドゥアルドとベントナーが先発だったりしないんでしょうかね。っつかこの二人、合うんだろうか。


Wenger - Ljungberg's experience is an asset - Arsenal.com

先日90パーセントの確率で残留すると言っていたリュングベリですが、ヴェンゲルは結局出さない事に決めたようなコメントを出しています。

「フレディは勝者だ。我々はとても大きなチームになっているわけだが、数というよりも質の面でね。若手はたくさんいるわけだから、経験豊富な選手には道を示してもらわねばならない。フットボール面だけでなく、メンタルの面でも、成功のシーズンを送るには必要だ。」

「昨シーズン、フレディはハムストリングにとんでもない問題を抱えていた。今シーズンはどうなるか見てみる事になる。彼はチームの一員であり続けるよ。」


Eduardo - I must do more to prove myself at Arsenal - Arsenal.com

ゲンチュレルビルリギで20分ちょっととはいえ、デビューを飾ったエドゥアルドのコメントです。

「この最初の試合にはとても満足してるんだ。でも自分を示すにはもっとたくさんやる事があるって事はわかってるよ。他のみんなはとてもいいね。今夜のロビン・ファン・ペルシには特に感動したよ。でも僕にとっては、彼らと共にここにいて、ケガをしない事がとにかく重要なんだ。」

「ここまでのトレーニングは難しいものだったよ。僕がディナモ・ザグレブにいた時より、ボールを使う事が多いんだ。見たところ、イングランドとクロアチアのフットボールに大きな違いはないと思う。ただイングランドのフットボールは相当ミスが少なく、選手のフィジカルもクロアチアより強い。僕はまだ新しいクラブに適応しているところだけど、いい感じだよ。」

それからエブエ、デニウソン、センデロス、フレブと仲良くなったそうです。エブエやフレブって言葉通じるんだろうか・・・。


Eduardo: I can't replace Henry - Sky Sports

さらにエドゥアルドのコメント。自分にアンリの穴埋めは無理で、自分にできる事をするだけだと話しています。

「アンリの穴埋めができる選手はいないと思う。アンリがアーセナルにもたらしたものと同じ事ができるのは、50年に一人しか出てこないんじゃないかな。僕には彼の成し遂げた事をやるのは不可能だ。僕にできると思うのは、クラブや監督、ファンを喜ばせる事だよ。」

とはいえ、アンリと入れ替わりにやってきただけに、注目が集まるのも必至。自分がどんなタイプの選手なのか語ってくれました。

「僕は運動量豊富で統率され、得点を決める選手だよ。これまでセンターフォワードでやってきたけど、今では左も右もやる。僕はチームプレーヤーであって、常にマークにも戻る事になるよ。」

「僕のスタイルはヨーロッパ寄りなんだ。ロビーニョとか、他のブラジル人選手のように、ドリブルを多用するスタイルじゃない。僕は自分の仕事をこなし、監督にやれと言われた事をやり、スピードと強さを持った選手なんだ。」

「イングリッシュフットボールは速くてよりフィジカルだ。できるだけ早く適応できたらいいね。アーセン・ヴェンゲルはとてもいいよ。世界最高の監督だなんて言われてるよね。」


Arsenal starlet to join Osasuna - Sky Sports

レヴァンテが有力な移籍先と言われていたヴェラですが、どうやらオサスナに行く事に決まったらしいです。代理人が話しました。契約は1年でもう1年延長のオプション付き、ただし完全移籍のオプションはなしだと。ソースはどうやらマルカらしいんで、鵜呑みにしないように(笑)

「事実だ、その選手はオサスナへ行く。交渉は1年のローンで、2年に延長される可能性のあるもので終了した。だが買い取りのオプションは含まれていない。」

「アーセナルは彼がレギュラーでプレーする事を期待しており、オサスナではそうなるだろう。ヴェラはとても満足しているし、彼の成し遂げた事は信じられないものだ。17歳でセカンドディビジョンでプレーし、18歳でオサスナでファーストディビジョンでプレーする事になるんだからね。」

いいプレーをして、満を持してアーセナルに来てくれれば万々歳ですね。1年後のストライカー事情がどうなっているかわかりませんし。


Gretna to sign Arsenal keeper - Sky Sports

昨シーズンはバーンズリーにローンに出ていたマノーネですが、今シーズンはスコットランドの昇格チーム、グレトナに行く事が決まったようです。まだオフィシャルでアナウンスはされてませんが、すでに合意はしたとの事。

「SPLのようなコンペティティブなリーグでのファーストチームのフットボールを経験する素晴らしい機会になるんじゃないかな。グレトナに行くのが楽しみだよ。」

そういえば前はこの時期の親善試合に出てたりしたマノーネですが、今年はアルムニアがケガもしてませんし、ファブヤンスキが来たので、機会を失ってしまいましたね。若いキーパーはなかなか使ってもらえませんし、ファブヤンスキが来たので、このマノーネもどこまで我慢ができるでしょうか。とりあえずバーンズリーではほとんど出られなかったので、今回はちゃんと出れるといいですね。


Lyon consider Reyes - Sky Sports

現在完全移籍に向けて話し合いが進められているレジェスについて、ディーンの後にG14会長になったリヨンのオーラス会長が、獲得を考えている事を明かしました。ただまだ連絡はしていないとも。ウリエの後に監督就任したペランも興味があると話しています。


Kroenke set for Gunners bid - Sky Sports

近々アーセナルのフロントとの話し合いを望んでいるとしていたクローンキー氏ですが、ついにアーセナル買収に動くとの情報です。要するにその話し合いの場で宣戦布告をするのではないかとの話。

買収をするには、保有株式を30パーセントにしなければならないそうで、現在のクラブの値段は4億2300万ポンドとされていますが、買収の際には6億5千万ポンド前後になると考えられています。そして買収が成功した場合、ユナイテッドのマルコム・グレイザー、ヴィラのランディ・ラーナーを抜いて、プレミアで最もリッチなアメリカ人オーナーになるとの事。んな話はどうでもいいので、アメリカ野郎は大人しくしてろ。


F1 supremo open to Gunners bid - Sky Sports

さらにF1のバーニー・エクレストンもアーセナル買収に乗り出すんではないかという話が出てきました。そういやエクレストンの今の役職って何だ?FOM会長?何であれ彼の仕事は競技面ではなく、運営面に特化されているわけですが、それで随分儲けているようです。ここんとこ特に理由もなく、もしくは金銭面で折り合いがつかないからといった理由で消滅しているグランプリがありますが、はっきり言ってこいつのせいです。エグいビジネスで儲けた金で買収だなんて冗談ではないです。というかF1からもモズレー共々消えろ。

以下、バーニーがロイターに語った内容です。

「その事については実際あまり知らないんだ。そういう話が出ているのならいい事だね。恐らくアプローチが来るだろうし、安いだろうから。納得いく安さなら何でも買うよ。私が価値を認めたものについてオファーがあれば、私は行動に出る。」

それからクラブを去ったデイヴィッド・ディーンとも話をしたそうで、あの仲違いは必要のないものだったと話します。

「彼らがデイヴィッドを追い出した時にはっきりと話をしたんだが、あれは少し必要のないものだったと感じたよ。」

バーニー・エクレストンは元々レースバカで、ずっとF1の権力者として君臨してきたわけですが、フットボール界でもたまに名前が出てきます。いろんなところと繋がりを持ってるんでしょうね。ただし今は競技面の方を統括するFIA会長のマックス・モズレーとは思想に随分ズレが生じてきているようで、競技面での影響力はほぼ皆無です。ちょっと前にマクラーレンのウイングに規則違反の疑惑が持ち上がった時、FIAは問題ないとしていたのにバーニーは厳罰の可能性があるとか、全然違う事を言っていたのなんかはその端的な例ですね。

ちなみに彼、数億ポンドの買い物を安いと言ってますが、実際かなりケチです。ポンとクラブを買う事はあっても、その後の面倒を見てくれるかどうかは相当微妙だと言わざるを得ません。今やレースバカじゃなくて守銭奴だよなぁ・・・。


Gouffran future in balance - Sky Sports

WSDだかWSKだか忘れましたが、本人に断られたと書かれていたグフランですが、全然移籍の可能性は消えていないようです。アーセナルに来るかどうかは別にして、ヨーロッパのトップクラブへ行きたいという気持ちはあり、カーンを出る確率は半々だと本人が話したのだとか。まあ今獲ってもねぇって感じはしますね。




アルゼンチン対チリは荒れましたね。多分にスターク主審のせいだと思うんですがね。やっぱいきなりレッドがマズかったですね。僕にはあれは純粋な報復行為には見えませんでした。まあ頭の片隅にはついでに蹴ってやろうって気持ちもあったのかもしれませんが、基本的にはボールを蹴りに行っていたはずです。ただし明らかにラインを割っていた事、相手選手の頭が近くにあった事から、適切な行為とは言えず、警告か注意が妥当だったんじゃないかなと。

あとやたらと抗議に対してカードを出しまくっていたのもいただけません。あれでチリの選手は余計に頭に血が上ってしまってましたし。シニアのワールドカップ同様、FIFAからアンチフェアプレー的な行為は厳しく取り締まるように通達が出ていたんだとは思いますが、スターク主審のコントロールがなっていなかったというのが大きいと思います。そういやウェブのヤツもカードを出すのが早かったなぁ・・・相変わらずだなぁと思いました。

とにかくこれで決勝はアルゼンチン対チェコになりました。チェコが優勝すれば、チャンピオンに負けたんだって事で、日本にはほんの少しの慰めになるかもしれませんね。どうでもいい話ですけど。



ところで、日程表ができています。そのうちアップします。
スポンサーサイト

コメント

shioさん?

エドゥアルドのコメントには少し期待を寄せています。しっかり地に足が着いているような、状況分析が出来ているような・・・とはいえども実際リーグが始まってないからなんとも言えないですけどね。ただバティスタよりは良いことを祈ります(笑)

ヴェラも2度目のトップリーグですね(セルタもそうでしたっけ?)色々と良い経験を積んでもらいたいです。10代のストライカーがぱっと思いついただけでもスヌ、ウォルコット、ヴェラ、ベントナー、ディ・マリア(獲得してれば)、フォンテ・・・となんだか凄い事になってますがこの中から誰が生き抜くのか、はたまた全員どっかに行ってしまうのか・・・アーセナルならありえそうだし(笑)とりあえず楽しみです。

買収話も凄いですね、F1界からですか・・記事を拝見した感じの人物であればホンとにやめてほしいです。ディーンとは何かつながりがあるんですかね?

昨日は少し高原を見直してしまいました。クリアミスしたあのディフェンスは悔やみきれない失態でしたね。まぁでもよく決めたかと(笑)

さらばフレディ?

BBCもSKYもロッベンの件のようなことがあるのではっきりいえませんが、決まりでしょうね。もしかしら「ベンチ入りは難しい」と言われたのかも。怪我が多くて計算できないと言う不満はありますが、タイプとしては欠かせない選手だと思うんですけどね。左サイドハーフで縦をつけるのは彼以外いません。トラオレを前で使えば別ですけど。昨シーズン、衰えをはっきり感じましたが、本当に出していいんでしょうか?

ヴェンゲルはエブエを「ガリンシャのよう」と形容していましたが、本格的にウィングとして使うつもりなんだろうか。

「アンリの移籍がなければ、ビッグネームを獲りにいっていた」と言うのはどうも信用できないです。お金の面で言えば、払い方にもよりますが、アンリ売った分をストライカーに回し、元の予算でそのビッグネームを買えばよかったわけですから。

ロシツキーやフレブに耐久性があれば文句も言いませんが、絶対に困る時期は来ると思います。それに他のチームに「今年のアーセナルになら勝てる」と思わせてしまうのはあまりよろしくない気がするんで巣よね。以前のアーセナルは試合開始前の時点で優位に立っていましたし、今だとチェルシーがそうですね。

プレシーズン観る限りでは期待しちゃうんですけど。

ところでベンチ入りメンバーの改革は誰か主張しないんでしょうか?モウリーニョやヴェンゲルは訴えていた気がするんですけど。ヨーロッパの大会やこの国の試合の多さを考えたら、多くの選手を抱える必要がるわけで、その選手のモチベーションを維持するためにも、ベンチ入りメンバーに入れる人数を増やすのはもはや必然だと思うんですけどね。

>追記

フレディの最後のコメント余計。最後の2年間文句言うほど・・・・ 

フレディ公式きましたね…

今年はどうなるんでしょうね。
あーあ。

お久しぶりです

閲覧だけはさせて頂いております。

ってフレディ移籍!?

うわぁ・・・フレディはないわ~。
しかもハマーズって・・・。

>Henryさん

エドゥアルドの最近のコメントには多少面食らっております。移籍当初の内容と全然違うんですもん。実際にやってみて、そう甘くないって事がわかったんでしょうか。でもオフィシャル以外のところでは今と大差ないような事も言ってましたし、オフィシャルではちょっと自己主張してみただけなのか、はたまた緊張してたんでしょうかね・・・謎です。まあチームプレーヤーってのは間違いなさそうですし、あまり戻ってこないロビンとは相性がいいかもしれません。とりあえずバティスタレベルじゃ話にならんですね(笑)

セルタの時は確か降格前だった気がしますが・・・ちょっと記憶が定かじゃないです。ん?昇格前?昇格最初のシーズン?もうわけがわからなくなってきました(笑) とりあえず今ファーストチームに参加しているウォルコットやベントナーはこのまま定着する可能性も結構あると思いますが、まだシニアデビューすらしてない選手は、全く出番がないまま消えていくかもしれません。とりあえずウォルコット、ベントナーの次点にいるのはシンプソンだと思うんですが、他のシニアストライカーも若いのばっかなんで、待ってても出番来ないですしね。あとスヌって本当に獲ったんでしょうかね。オフィシャルのリストにないですし・・・単にユースにいるだけとかならいいんですけど。

バーニーはディーンに限らず、フットボール界のそれなりの地位にいる人達とは大抵何らかのつながりを持ってると思います。僕は前からF1界から引退してくれないかなと思ってる人物だけに、それがアーセナルのオーナーだなんてシャレになりません。

そういやアジアカップは一切見てないです。一応ベトナム戦は前半だけ成り行きで見ましたけど・・・。代表がどうでもいいというより、地上波でやってると見ない、というかチェックしてないんで全然知らないんですよね。オーストラリア戦は興味があったんですが、まあ一応勝ったらしいんでよかったです。


>さとさん

決まりましたね、フレディ。裏をかかれたという意味ではアンリの時もショックでしたが、単純にいなくなった事のショックについては個人的にはアンリより上です。ある意味、最後の砦のような部分もありましたし、余計にそうなのかもしれませんけどね。実際にシーズンを通しての戦力としては計算できないでしょうが、大事な場面で彼ほど頼りになる選手はいませんよ。その穴を若手で補うというのは、今度こそやめてもらいたいですね。

トラオレは・・・コンスタントにああいうプレーはできないでしょうね。また後ろからたまに出てくるが故の捕まえにくさというのもあるでしょうし、それならサニャかホイトをレフトバックにして、クリシーを前に上げた方が現実的かと。

ガリンシャですか、そういえばそんなような事言ってた気がします。しかし右は基本的にフレブで固定してほしいんで・・・何度も言ってますが、エブエのサイドアタッカー起用は緊急時のみで。

「アンリの移籍がなければ、ビッグネームを獲りにいっていた」というのは少し誤解だと思います。「元々スーパークラスの選手がいたら獲得を考える予定だった」が、「アンリがいなくなったのでとりあえず頭数だけでも揃える事になった」という話であって、ヴェンゲルのコメントは「なぜスーパークラスを獲らないのか」ではなく、「スーパークラスしか獲らないと言ってたのにエドゥアルドとサニャを獲ったのはなぜか」という事についてです。要するにお茶を濁されてるわけで、結局このまま獲らない感じがしますけどね。何にしてもサイドアタッカーはいい加減獲らないとマズイでしょう。本職2枚、それもどちらも中央でプレーするタイプでは・・・。

今年のアーセナルなら勝てるっていうのは、今更感がありますが・・・確かに仰る通りです。その点、ビッグネームが一人いれば少し違う部分も出てくるかもしれませんけどね。ただ安易にそういうのに頼るべきでないというのも確かで、エドゥアルドを獲った時点で、もはやほぼ若手オンリーを貫いていくしかなくなったわけですね。

ベンチ入りメンバーの数はどうにかしてもらいたいですけど、FAが決定的に人の話を聞かないというのがあるんで、多分誰が訴えても無駄だと思います。それこそFIFAのルールでそうならない限りは。

確かにここ2年のフレディはケガでまともにプレーしてませんが、その前から補強の必要性は訴えてきたわけで・・・よく「ちゃんと補強をしないなら俺は出てく」っていう、本当なんだか捏造なんだかよくわからないコメントを目にしましたが、そういう事なんでしょう。今後もこの路線を貫いていく限りは、こういう選手も出てくると思います。ただフレディの場合、口ではああ言ってますが、実際には出番が保証されない事の方が大きかったと思うんですがね。


>aさん

僕は最初Sky Sports の記事を見て、その時にまだオフィシャルで発表されてなかったので、何とか誤報であってくれと祈ったんですが・・・そもそも「West Hamが発表した」と書かれてたんで、内心誤報じゃないんだろうなと諦めてました。やはりですね・・・。

とりあえずこれでヴェンゲルがどう動くか見物です。


>gerdさん

お久しぶりです。アンリの時もよくありましたが、久々に頂いたコメントがフレディ移籍って、虚しいですね・・・。

しかし何でハマーズなんでしょうね。それならフィオレンティーナに行ってくれた方がまだよかったんですが。そうだ、ヴィルヘルムション、彼を獲ろう。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/651-9ca974e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。