スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サニャ獲得で合意 - フランスの報道 

Sagna closes on Arsenal switch - Sky Sports

フランスの報道によると、サニャの獲得でオセールと合意したそうです。契約期間は5年、移籍金は約600万ポンドと言われています。15億円ぐらいですね。事実だとして、どう使うつもりなんだ・・・。


Viola face Freddie fight - Sky Sports

一方でフレディについては、移籍するのであれば引き留めはしないのではないかと見られており、前に名前が挙がったものの否定されたフィオレンティーナが獲得に動くのではないかと噂されています。いやサニャとかいらないから、フレディは出すな。こりゃギャラスが怒るのもわかりますよ、このまま行ったらこの夏の移籍市場は0点ですね。


Fabregas going nowhere - Sky Sports

またレアルの新監督に決まったシュスターが改めて興味を示しているセスクですが、本人は繰り返し出て行くつもりはないと話しています。

「みんなが僕にベストを望んでるけど、僕はロンドンでハッピーだし、出て行く事を考えた事はないよ。」

「あらゆる年齢、若い人も年を取った人も、僕の名前が入ったシャツを着てロンドンを歩いてるのを見るのは名誉な事だし、それがモチベーションになるんだ。」

「ほぼ全ての試合に出る事ができたし、ファンも僕の味方だ。それはつまりいい仕事ができてるって事だからね。」
スポンサーサイト

コメント

確かに、補強の方針がよくわかりませんね。。

「経験豊富」な「サイドハーフ」ってことなら、ネドベドがユベントスとの契約交渉で揉めてるみたいですけど・・・。
まぁ、アーセナルが34歳の選手に手を出すとは思えないですし、ネドベドも「ユベントスか引退か」といっているようですので、単なる妄想ですが、ああいう選手が1人いると、チームが変わるような気がするんですよね。

クロアチアの新聞から

7日のスポルツケ・ノヴォスティ紙でのディナモのスポーツディレクター、ゾラン・マミッチ氏(写真)のインタビューが掲載され、アーセナルのヴェンゲル監督がMFルカ・モドリッチ(22)の獲得を考えていることを明らかにしました。マミッチはインタビューにて

「ヴェンゲルはモドリッチをとても欲している。昨日は電話で、"今は彼を買うつもりはない。チームに不和を生じさせたくないからだ。冬が来たら、真剣に話し合おう"と言った。ただ、アーセナルに行くというわけではない。もしバイエルンや他のビッククラブが信じられないようなオファーを出してきたならば、どうなるかは分からないよ。」
と語っています。
http://nogomet.cocolog-nifty.com/hrvgo/2007/07/post_2aa9.html

チームに不和?

「チームに不和を生じさせたくない」ってどういう意味なんでしょうか。
モドリッチと同じポジションの選手との関係?

もうひとりはジウベウトの後釜か。

>それに加えて、アーセナルが守備的MFオグニェン・ヴコイェヴィッチ(24・写真左)にも関心を示しており、既に何ヶ月もチェックしているとのこと。ヴェンゲルは彼の運動量に注目しているそうで、その報道を聞いたヴコイェヴィッチも新たなモチベーションとしているそうです。本当かどうかは怪しいですが、アーセナルが準備している移籍金は500万ポンドとも言われています。
http://nogomet.cocolog-nifty.com/hrvgo/2007/07/2500_4aa4.html

>こりきさん

元々アリアディエールは余剰戦力のような状態になっていたので、出て行くのが彼だけであればストライカーの補強は必要なし、ですがアンリが出て行ったので一人獲得の必要性は出たわけなんですが、さすがに二人はいらないと思うんですよね。なのに出るのはストライカーの噂ばかり。他のポジションでは、エブエとホイトがいて、それが理由でラウレンを出したライトバックだったり、フラミニが戦力外となってしまうほど充実しているセントラルミッドフィールダーだったり、はっきり言ってメチャクチャです。本気でミラン型の4-4-2にするっていうんなら話は別ですけどね。

ネドヴェドは・・・まあやれても一年か二年でしょうが、案外悪くないかもしれませんね。僕も実際獲りに行くとは思えませんけど。ロシツキーとネドヴェドを並べたら、チェコファンは感涙ものでしょうね(笑)


>くろあちさん

ブログ、少し拝見させていただいたんですが、マニアックな情報満載ですね。すごいです。

しかしそのモドリッチ、ポジションはどこなんでしょうか。中盤でもサイドなら人が足りないぐらいですし、不和とかそんなもん気にもしてられないですが、中央は競争が熾烈なので、そこの選手であれば連れてきたら不和も生まれるでしょう。また下にもいい選手がいますからね。

ってわけで、ヴコイェヴィッチとかいりません。ディアビーやソングがいるわけですから、わけのわからない補強はやめてもらいたいと思ってます。最近本当に若手専門のインテルと化してますからね、アーセナルは。

>ロシツキーとネドヴェドを並べたら、チェコファンは感涙ものでしょうね(笑)

号泣します、嬉しさのあまり(笑)。
(※陸さん、レスはしなくていいですよ/笑)

サニャ来ましたね。アデバヨールと気が合いそうな風貌です。まあエブエは怪我がちだし、アフリカネーションズカップもあるので不必要な補強ではないでしょう。これでエブエがコンバートとか言われていますが、彼はSBの方が合っていると思うんですけどね。サイドアタッカーとしてはフレブを上回ると思いますが、中に進入してのプレーはどうでしょうか。それにロビンと噛み合うだろうか?まあボスの判断は最終的に正しいことが多いですけど、やっぱ左利きの本職欲しかったなあ。

サニャはDF面に強みがあるみたいですから、中への絞込み・裏のボールへの対処など期待いたします。

これで実質的な補強は終わりですかね。プレミアのベンチは相も変わらず5人なんで、あまりいてもベンチから外れるので、それは酷でしょう。背番号の固定制をいち早くやめたんだから、ここも改良してもいいんじゃないでしょうか?イギリス系コーチの采配が上手くないのと無関係ではない気がします。この点7人入れる他の国は羨ましい。

>ネドヴェド

あの年齢でわがチームのサイドハーフよりはるかに丈夫ですからね。

ところで、リバポーがバベル獲るみたいですね。あれだけアーセナル好きといっていたのに。彼はアヤックスや代表でシステム上サイドを担当していましたが、本職ではないですよね。リバプールはFWはもう十分いるのに必要か?4-4-2のサイドハーフとしてはちょっと未知数です。

>Keenさん

僕は別にチェコファンでも何でもありませんが、やっぱりクラブレベルでもロシツキーとネドヴェドが並んだら嬉しいですよ。ネドヴェドは好きな選手ですし。もしフレディを出すのであれば、ネドヴェドは是非とも獲ってもらいたい選手ですね。


>さとさん

やっぱり決まりましたね、サニャ。両親がセネガル人だそうですから、日本人的には同じアフリカ人として、アデバヨールと一緒くたに扱ってしまいがちですが、確かに同じ系統ですね。サニャのが金髪な分、派手ですね。

そういやネーションズカップがありましたね。サイドバックは二人揃って壊れる事が結構あるんで、全く出番がないって事はないと思いますが、普通に考えれば余剰戦力だなぁと。仰る通りエブエは基本サイドバック、中盤で使うのは緊急時のみにしてもらいたいというのもありますしね。まあエブエを中盤で使うとなれば、反対のサイドの選手(大抵ロシツキーでしょうけど)のプレーメイク能力が問われる事になります。エブエは中に切れ込んだらシュート撃っとけばいいと思います(笑)

ヴェンゲルのコメントからは、サニャは基本守備的だけど、攻撃力もある感じですね。ヴェンゲルの獲ってきた選手なんで、スピードもあるでしょう。守備の安定に貢献してくれればいいですが・・・。

ともあれこれで獲得した選手はファブヤンスキを除いて2人、今後は誰かを出さない限り獲得はなさそうな感じですね。しかしベンチは確かに厳しいです。キーパー外してまでフィールドプレーヤーを入れる監督もいるぐらいですし。どうもイギリスって保守的なんだか革命的なんだかよくわからんところがありますよね・・・。

34歳でしたっけ、ネドヴェドは。日々のトレーニングの賜なんでしょうか。また強そうな体してますしね。彼みたいな選手が一人いるとだいぶ雰囲気も変わると思うんですがねぇ・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/641-09583a8a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。