スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンリ、バルセロナ移籍で合意 

Club statement - Transfer of Thierry Henry

今日は理由のわからない通信障害でずっとネットにつなげず、更新作業ができませんでした。今日今からはもう無理です。が、とりあえずこれだけはと思い、急ぎで投稿。題名の通りですが、アンリのバルサ移籍が決まりました。移籍金はバルサ側は1600万ポンド、約40億円と言ってるようです。

原文にもある通り、詳細は今後発表されるので、またその時にいろいろ書きます。

あとコメント返信はすぐにはできそうにありません。明日何とかしますので、申し訳ございませんが、もう少しお待ちいただけると幸いです。
スポンサーサイト

コメント

アンリ移籍は残念ですが、正直ホッとした面もあります。これでやっとアーセナルは、正真正銘の新時代を迎えられることになります。新時代のガナーズにアンリは要りませんから。
とはいえ状況は厳しく、来シーズンの出来次第ではヨーロッパの強豪の地位を完全に失い、プレミアの中堅クラブへと格落ちする可能性もあります。
しかし自分はガナーズの選手達、監督、プレースタイルを信じています!ぜひとも来シーズンは優勝争いを演じて欲しい!あとベントナーがんばれ!

あー、今度こそ本当なんだ……
代わりのFWはどうするんでしょうね?
もはやそっちの方が心配です。アリアディエールといい、現状は出て行くばっかりなのでは。

「金に目がくらんだ役員」と下で書きましたが、今季からのプレミアの賞金やCLの賞金考えるとアンリがいないことによるチーム力の低下が獲得賞金を少なくさせ、結果的に損するかもしれないですね。役員レベルの人間がそんな計算できないとも思えないのですが、40億程度でアンリを出してもいいと判断した人間はどういう人なんでしょう?アンリが嫌いなのか?アーセナルは中堅でいいと考えているのか?

アンリがいなくなる寂しさより、今後の行く末が本当に心配です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>名無しさん

正直一年前に終えておいてもらいたかったんですけどね。今言ってもしょうがないですけど。これでヴェンゲルが続投するにしても、少なからずスタイルは変わるでしょうね。今まではアンリに合わせたような戦い方になってましたし。そうなると、やはりロビンがその中心になるんでしょうか。何だかあまり想像がつきませんが・・・。

ただ今シーズンも結構アンリなしの事が多かったですし、ロビンがケガせず、ヴェンゲルが続投し、ある程度の補強をすれば、少なくとも今シーズンより落ちる事はないでしょう。不可解な試合も多かったですし、全てとはいかなくても、そういうところで結果を出せるようになっていけば、もっと上は狙えると思います。ただ優勝争いは・・・さすがに厳しいですね。ベントナーが台風の目になってくれればすっごく助かるんですけどね。


>Keenさん

今のところストライカーの噂はあんまりありませんね。強いて言えばバベルですが、彼はストライカーとはちょっと違う・・・ってそれはアンリもか。ただアンリが動いた事で、バベルの話が加速する事はあり得ますね。何にしてもこれでアンリ、アリアディエール、バティスタとストライカーが3人いなくなったわけですから、ベントナーが戻ってくるとはいっても、もう一人は補強が必要ですね。ちゃんとそこまで考えて放出を決断したのか、大いに疑問ですが。


>さとさん

そもそも金で考えるのが間違いだと思います。アンリが出て行きたがっている、そしてそれを引き留めるのはもはや不可能、そう判断したから最低限の移籍金で出したんでしょう。契約を解消したキャンベルの時よりいくらかマシって程度ですが、概ね今までやってきた事と変わりありません。実際に一年前、会長が「アンリが出て行きたがるのなら、引き留める事は無理だろう」と話しています。その時は起こらなかった事が今起こったって事でしょう。アンリが出て行きたがらなければ、400億積まれても出さなかったと思いますよ。


>Conyさん

僕の意見は、どっちかっていうとさとさんへの返信の中で書いてます。いや本来記事に書くべきなんでしょうが、なぜかそうなってしまいまして・・・目を通して頂けるとありがたいです。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/626-4a18d449

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。