スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンリ、PSV戦出場へ 

Henry fit enough to start against PSV Eindhoven - Arsenal.com

明日のPSV戦の出場が危ぶまれていたアンリですが、出場には問題ないくらいまで回復したそうです。といっても万全ではないでしょうから、過度の期待は禁物ですね。ヴェンゲルは先発させる事も考えているようですが、あまり無理させない方がいい気がします。

「彼はプレーできるよ。今朝トレーニングもしたし、先発させると決めたらそうできる状態にある。健康面、精神面でのリスクはないよ。リスクといえば、試合後にまた悪化して、ゼロからやり直しになるかもしれないという事だね。彼は2週間練習していないが、ジムでランニング以外の事はやっていたから、欠場期間が長すぎたとは思っていない。」

どうせ出てきても密着マークを受けるので、やはりアデバヨール、バティスタ、アリアディエールのうち誰か2人を先発させ、アンリは途中から投入した方がいいんじゃないでしょうか。向いていないのは承知の上ですが、やはりこの状況で先発させるのはちょっと同意できません。

ちなみにセンデロスがハムストリングを痛め、離脱しました。トゥーレが戻るので、それほど関係はないと思われますが。アンリ以外に戻ってくる選手はいません、やはりライトバックがしんどいですね。


Henry frustrated by injuries - Sky Sports

ケガが多くてもうウンザリというアンリのコメント。ドメネクのせいか?

「今は受け入れがたいものだね。これまでケガなんてしていなかったから。まあ起こるべくして起こったのかもしれない。アーセナルに来てから、ほとんどそうはならなかったわけだしね。シーズン序盤にワールドカップを終えて、充分フィットしていない状態でプレーしたのが間違いだったんだと思う。今はそのツケを払わされている感じだ。」

「今シーズンはフィジカル的に難しいシーズンになるだろうとは思ってたけど、これほど多くの厄介なケガを抱える事になるとは、思ってなかったよ。ミドゥルズブラ戦の後は、ベストに戻ったと思った。でも足に受けた打撃が、再発を招いてしまったんだ。」


Wenger - PSV won't pose 'Premiership' threat - Arsenal.com

PSV戦へ向けて、ヴェンゲルのコメント。

「PSVは危険なチームで、最初の試合で仕掛け、最後には我々を倒した。彼らはカウンターで相手を陥れようとするんだ。1-0というのはトリッキーなスコアだと思う。フットボール面というより、心理面で難しいね。だが当然、我々は最適のバランスに合わせないといけないし、できるだけ早く追い付かないといけない。」

「間違いなく得点はできると思うが、重要なのはストライカーにチャンスを与え、サポートをする事だ。まだ発展途上ではあるが、PSV相手にはレディングの時のようなチャンスの数はもらえないだろう。彼らとてただ負けるためにここへ来たわけではないが、PSVはより守備的に来るはずだ。彼らが攻撃に出てくるとは思ってない。」

これでもし相手が攻めに出てきたら、どうするんでしょうか。戸惑ってる間にやられる事も考えますし、あまり最初から決めてかからない方がいいでしょう。もちろんPSVのリードは1点のみ、こちらが先に得点してしまえば、どこかで仕掛けに出ざるを得ないわけで、アウェーで立ち上がりから積極的に来るとは思えませんけどね。相手をよく分析し、いろんなパターンをシミュレーションする事が重要でしょう。


Wenger: We must be ruthless - Sky Sports

ヴェンゲルのコメントの続きです。重複する部分はカットしています。

「最初の試合から、我々にはアイントホーフェンを倒すだけのクオリティがあるという感触は得られた。だから明日の夜に集中させてほしい。我々はボックス周辺で創造的になり、パススピードを上げ、作ったチャンスでは冷酷に決める事で、解決策を見出す必要があるね。」

こちらはCLではなく、クラブについて。

「クラブはいい位置にいる。経済的にも、選手の質という意味でもね。チームは上向きだよ。12月1日から獲得した勝点を見れば、リーグのどのチームとも比較できるものだし、カーリングカップではとても若い選手で素晴らしい結果を残したわけで、全てが約束されていると言えるね。シーズンはまだ終わっていない。何が起ころうとだ。」

それから鼠径部のケガで離脱しているロシツキーですが、来週のヴィラ戦への復帰を視野に入れているとの事。本人の弁です。

「ケガはもう終息に向かっているよ。今日はトレーニングにも参加する事になってるし、痛みもないから、軽くジョギングも行うつもりだ。最初から深刻なケガじゃない事はわかってたんだ。多分身体が状態をよくするために、数日の休息が必要だったんだろう。」

「水曜日のPSVには恐らく間に合わないだろう事は認めないといけないけど、一週間後の次の試合では、個人的にはヴィラ戦には間に合うだろうと思ってる。この水曜日はとにかく緊張するだろうね。始まりから1点のビハインドを背負った状態なわけだし。でも僕は楽観的に見ているよ。」

これでロシツキーが戻れば、中盤は申し分のないほど充実しますね。後はライトバックと、やはり前線ですね。


Gilberto - Success is still in our own hands - Arsenal.com

続いてジウベルト。自信はあると話しています。

「自分達にできる事というのは、よくわかっているつもりだ。まだシーズンは終わっていないし、そういう状況ならば、僕達にはコントロールする力があるだけに、いい状況に思える。全ては自分達次第だよ。とにかく勝利に向けて戦うのみだ。」

「簡単な事ではないだろうが、自分達に仕事をして、レディング戦のようなプレーをする必要がある。90分、必要ならば95分、全てのボールに戦いに行かなければいけないね。」

「最近は結果がついてこなくて、少し落ち込み、不満が溜まっていた。パフォーマンスはよかったんだ。でもレディング戦でのこの勝利によって、PSVとの大一番に向けて、いい流れができたよ。シーズン最大の試合になる。これで負ければ、トロフィーという意味で、シーズンは終わってしまうんだからね。」

「PSVには勝てると思っている、あそこ(フィリップス・シュタディオン)ではいいプレーができていたからね。足りないのは結果だけだったんだ。彼らはホームの時と、戦い方を変える必要があるね。あそこでの彼らのプレーには驚いたよ。僕達は彼らの試合をいくつか見たんだけど、それらとは全く違う戦い方になっていたんだ。」

「彼らは後ろで待ち構え、僕達のミスを誘い、僕達が集中力を失ったところをつけ込んでくる。でもこの試合に勝つのにまだ90分あるし、冷静さを保つ事が重要なんだ。チャンスを作った時は得点しないといけないけど、同時に我慢強くならないといけないだろうね。」

足りなかったのは結果や集中力ではなく、気持ちだったと思うんですが。しかし最近の試合を見ていると、どうも集中力が90分続かないようですし、そういう心配もあるんですけどね。これはチャンピオンズリーグなので、いつもより集中してくるとは思うんですが、1stレグで逆にやる気がなかったのを見ると不安です。


Gilberto speaks of racism - Sky Sports

これもジウベルトなんですが、彼がアーセナルに来てから、唯一受けた人種差別的行為が、最初のアウェーでのPSV戦だったそうです。今シーズンではなく、ジウベルトの最初にシーズンだった02/03シーズン、彼が大会最速ゴールを決めた試合ですね。

「そういった事は特別経験した事がなかったんだけど、最初にアーセナルに来た時にあったんだ。オランダでプレーしていた時、相手はPSVだった。最後に何人かの選手が、モンキーソングを歌っていたんだ。でも僕が気付いたのは、試合の最後の時だった。選手達はその話をしていたね。彼らは怒っていたけど、僕には影響はなかった。そもそも理解できなかったわけだし、試合に完全に集中していたからね。実際にこういう問題に遭ったのは、それが唯一だよ。」

何で今更そういう事を言い出したんでしょうね?マインドゲーム?中には自分達のチームに黒人選手がいるのに、そういう行為を働く輩がいてわけがわかりませんが、それ以降なくなったのもよくわかりませんね。PSVががんばって締め出したんでしょうかねぇ?


Adebayor hearing moved - Sky Sports

また少しカーリングカップ決勝の話に戻ります。意味不明の退場処分を食らい、抗議も却下されたアデバヨール。彼は処分を拒否し、火曜日に面談が行われる事になっていたんですが、金曜日に延期されました。理由は書かれていません。


Wenger - I can prove Adebayor is innocent - Arsenal.com

副審を嘘つき呼ばわりした事で物議を醸しているヴェンゲルですが、必要とあらばアデバヨールの無罪を証明する事もできるんだと、強気です。

「アデバヨールを退場させるべきと言ったのはラインズマンであり、そこから始まったんだ。リポートによれば、彼はランパードを殴ろうとした。私が言えるのは、彼はランパードを殴らなかっただけでなく、ランパードを殴ろうともしていなかった。そして私は、プレスとFAの前で、それを証明する事ができる。このケースでは、クラブは無礼に扱われており、改善が必要だ。私には受け入れられない。」

「言いたい事を言えばいいが、とにかく判定は完全に間違いだ。そして私はそれを証明できる。プロの編集者と共に、彼がランパードを殴ろうとしていなかった事は、写真一枚ずつで証明できるんだ。シンプルであり、明白な方法だよ。実際にアデバヨールはパンチを出そうなどとしていなかったどころか、ランパードの周りの人間を引き離そうとしていたんだ。」

「我々を引っ張っているのものは、我々がしようとしているプレーのビジョンであり、フェアであろうとする姿勢だ。チェルシーには過敏に反応してしまったし、それについては謝罪する。だが私にとっては、その後起こった事は正しくなかった。クラブに責任がある監督として、正しくなかった時にはそう言う権利が私にはあると思っている。」

僕もアデバヨールが殴ろうとしていたようには見えませんでしたね。彼はかなり長い時間画面に映ってましたが。一体何を根拠に副審がああいう事を言い出したのか、彼にはしっかり説明する責任があると思うんですが。


Arsène Wenger - All I want is the truth - Arsenal.com

ヴェンゲルの「嘘つき」発言について、マーク・ヒューズが「時期と言葉を選べ」と話したのは昨日紹介しましたが、それ以外にも元審判が、「常軌を逸している」なんて発言もしていました。これらに対するヴェンゲルの反論です。母国語でない英語で喋っているのが問題なんじゃないかとかいう論点になっているようですが、彼にとっては当然そんな事はどうでもいいわけで。

「OK、恐らく私はそれ(英語)を完璧にマスターするほど賢くないんだろう。だが真実が表に出て来なければ、それをどう表現しようが自由だ。ミス、嘘、何でもいいがね。とにかくあれは真実ではない。」

「私が試合の後辞書を調べて、"何という事だ。あれは少しキツすぎる、FAに処分されないためには、この言葉の類義語は何がいい?"などと考えているのが見たいのかね?我々は人間による試合をしているんだ。正直、実際に何があったのかを見た時に、騒動全体がそういう話にされてしまっているものだね。」

うん、もうそれぐらい言っちゃってくれよ。っつかいちいちFAの処分とかに付き合ってられるか。個人的にこの話に限らず、おかしい事をおかしいと言って何が悪いと思うんですが、青いですかね。ヴェンゲルは僕の2.5倍ぐらいの歳なんですけどね(笑)おかしい事をおかしいと言えない人間が増えるから、社会がダメになっていくんじゃないですか?


Fanzone week 22 views - Sky Sports

Sky Sportsが毎節やっているファンの意見募集ですが、今回アーセナルのお題は、「バティスタはファンの信頼を得られたかどうか?」。これについて、ギャヴィン・スティーヴンソンさんは、辛辣な意見を述べています。

「ジュリオ・バティスタはアーセナルのサポーターの信頼を全く勝ち取っていないよ。ファンとしては、もしヴェンゲルが(レジェスとの)トレードを成立させたらとんでもなくガッカリだ。レアルにとってのレジェスは、我々にとってのバプス(バティスタの事)よりよっぽど価値がある。彼のファーストタッチは荒く、ボールコントロールは荒く、そしてフィニッシュはとにかくガッカリだ。レアルは1300万ポンド(約27億円)の価値があるとか言っているが、お笑いだね。」

現状ではあまり反論できません・・・。一刻も早く見返すんだ、ビーストよ!


Gunners announce deal with Vietnamese club - Arsenal.com

ベトナムのクラブ、Hoang Anh Gia Lai (読めない)との提携が発表されました。最近立て続けにありますが、外から見ている分には何の意味があるのか、ちょっとわかり辛いですね・・・。
スポンサーサイト

コメント

吐き気がしそうです。それにしても、右サイドバックの優先順位上位3人が壊れるなんて・・・

チェルシーの結果が非常に残念です。GKのしょぼいミスから流れが変わってしまいました。しかし大して機能せず、その上ドログバも調子よくなかったのによく勝てるものだ。

勝たないと。イングランドで半分を占めないと。勝ってローマあたりとやりたいです。

あれだけ悲観的な事を言っておいて何ですが、僕は非情にワクワクしております(笑)ライトバックは確かに不安ですが、やはり僕が最も不安なのは決定力。逆にジュルーなんかが決めちゃったりすると、リラックスできるのかもしれませんね。

チェルシーの試合は見てないんですが、エウトンは何かやらかしたんですか?まあチェルシーはブリッジでは無類の強さを誇りますしね、結果を聞いた時は妥当だと思ったんですがね。

そういやこれでアーセナルとユナイテッドが勝つと、ベスト8のうち半分がイングランド勢になるんですね。もうここまで来たらどこと当たろうが関係ないでしょうし、最近は強いとこの方が却ってよかったりしますけどね。昨シーズンもヴィジャレアルが一番手こずりましたし。かといってそれを口実にここで消えたら何にもなりませんけど。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/560-f261ec51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。