スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンゲル、ベッカムへの興味を認める 

昨日友人から聞いて初めて知ったんですが、ヴェンゲルがベッカムに興味を示しているようです。以前から噂はありましたが、ヴェンゲルは否定してきました。それがここにきて、どういう事でしょうか?

以下、BBC SPORTより。


アーセナルの監督、アーセン・ヴェンゲルは、レアル・マドリーがベッカムを放出する場合、ベッカムの獲得に興味がないわけではないと話した。

「この夏はお金を使う事になるだろう。もしベッカムとサインするチャンスがあるなら、注目する事になるかもしれない。」と、ヴェンゲルはNews of the Worldに語った。

「状況が許せばそうする可能性はある、違うかい?」

先月、イングランドのキャプテンで29歳であるデイヴィッド・ベッカムは、イギリスへの帰還をほのめかす憶測から距離を置いている。

「何度も言ったように、レアル・マドリーで満足しているんだ。とても幸せな人生を送っているよ。」

「あと2年契約が残っているし、レアルでキャリアを終えたいと考えている。」

ベッカムは、レアル・ソシエダを2-0で下した土曜日の試合に出場している。


ヴェンゲルがなぜベッカムを取ろうと考えたのか、その理由が書いてないのでさっぱりわかりません。まずアーセナルの速いパスサッカーに対応できるのかという疑問。そして一番の問題は、ベッカムのアーリークロスに合わせる選手がいない事。ベッカム獲得に移籍金を使ってる場合じゃなく、センターバックやキーパー獲らないと。ベッカムよりカシージャスです、必要なのは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/54-97409387

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。