スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファン・ペルシは80パーセント 

最近試合で強風が吹いている事が多いですが、今ヨーロッパでは突風の被害が深刻になっているようですね。2歳の子供が倒壊した壁の下敷きになって死亡したとか、痛々しいニュースも伝わってきています。このまま収まってくれるといいんですが・・・。ヨーロッパって建物弱そうですしね。


Van Persie has '80 per cent' chance for Man Utd game

足首を負傷したファン・ペルシは、ユナイテッド戦出場のチャンスが80パーセントとの事。微妙な数字だ・・・。またジュルーがハムストリング負傷、ソングがU-20のアフリカネーションズカップに招集された事により、欠場が決まっています。CBの控えがいない・・・。いざとなったらホイトにやらせるしかないですね。


Cesc: Scholes is just fab

日曜日のユナイテッド戦を前に、セスクがスコールズへの尊敬を語っています。僕もスコールズはイングランドで好きな数少ない選手ですね。相手にするとこの上なく厄介ですけど。

「ポール・スコールズは素晴らしいシーズンを送っているね。とても完成され、スペクタクルな選手だよ。チームメイトを助けるために常にボールを追い、マーカーを外そうとしている。守備でも、シュートを狙うにしてもね。プレミアシップのどの選手でも、スコールズは見習いたい選手だよ。スコールズと同じだけのメダルを獲得してキャリアを終えられたら幸せだね。6つのリーグタイトル、4つのFAカップ、1つのヨーロッパカップ、そして1つのインターコンチネンタルカップを獲っている。僕は若いし、彼を超えたいと思っている。まあ簡単ではないけどね。」

セスクが持ってるのは今のところFAカップ1つだけです。インターコンチネンタルカップは・・・正直出てほしくない、っつかこんな糞大会やんなって話ですが、リーグ6つぐらいは獲ってもらいたいですね。


Football League set allocations

いったんユナイテッド戦から離れ、カーリングカップの話です。今回はホーム&アウェーで行われるわけですが、両スタジアムのアウェーチケットの割り当てとチケット料を巡り、クラブ同士で話がまとまらなかったそうです。仕方なくフットボールリーグが介入し、解決はしたんですが。

原則として、アウェーシートの割り当てはキャパシティの15パーセントとなっており、エミレーツスタジアムでは9000人という事になります。しかしエミレーツスタジアムは今シーズンが最初のシーズンです。しかもこれまでチャンピオンズリーグを除くカップ戦は全てアウェーマッチで、今回が初めてのホーム開催になるんですね(実際にはカーリングカップのホームマッチの前に、FAカップでホームマッチがあるんですが)。フットボールマッチの開催は地元警察の協力なしにはできず、その地元開催にとっても初めての経験になるわけで、スタジアムそのものを含めたセキュリティ上の都合から、エミレーツスタジアムでのアウェーシート割り当てを、5173枚とする事で合意しました。これに合わせ、ホワイト・ハート・レインでのアウェーシート割り当ても、同じ比率にし、3000枚がアーセナル側への割り当てとする事が決定しました。

そしてチケットの料金。アーセナルはクラブポリシーとして、カーリングカップではカテゴリーBと呼ばれる特別料金を採用しています。これはチケット料金を30から40ポンドに抑えるプランなんですが、子供や身体障害者限定ではなく、アウェーシートを含むスタジアム全体に適用されます。これに強欲スパーズが噛みつき、話がもつれていました。結局フットボールリーグを交えた協議の結果、最低32ポンド、最高66ポンドとする事になりました。さすがスパーズ、今はどうだか知りませんが、ちょっと前までプレミアで最高額のチケット料金を課していただけの事はありますね。もうこいつらとはカップ戦やりたくないな。


A blast from the pass - Le Tiss

ル・ティジエ氏のコラムです。たまに2試合の予想をしてる事もあるんですが、今回はグランドスラムウィークエンドと呼ばれているにも関わらず、予想はアーセナル対ユナイテッドのみ。彼は2-1でアーセナル、注目選手はセスクとしています。アーセナルが真価を発揮するのは来シーズンからとしながらも、現在の好調振りからアーセナルが競り勝つだろうとの予想。

ジウベルトの欠場については、試合毎に成長しているセスクがカバー。ルーニーは運動量は落ちてはいないもの、最近プレーの精度がよくない。アーセナルの懸案事項はバックフォーである。などと書いています。今回はこの人より、粕谷がユナイテッド勝利と予想してくれた事で、ちょっと気が楽になりました(笑)


Pompey seal Lauren capture
Lauren shunned Spain return

ポーツマスへの移籍が決定したラウレンですが、移籍金は未だ不明。しかし契約は2年半、08/09シーズンいっぱいという事がわかっています。移籍金もまあ契約が残り半年でしたので、大した額ではないでしょうね。

ところで、本人はポーツマスに移籍先を決めた理由としてハリーを挙げ、またキャンベルとカヌがいるのも大きかったと言ってるんですが、カヌの去就は不透明なんですよね。ハリーとしては出したくないんだけども、本人がまた別の地でチャレンジしたいという意向を持っているようで。これについては今のところ何とも言えないようです。

そしてラウレンは、具体的な名前は明かさなかったものの、スペインの2つのクラブからオファーがあった事を認めています。ラウレンはカメルーン人ではありますが、スペイン育ちでスペイン国籍も持っており、いくつかのクラブを渡り歩いています。その実質母国と言っていいスペインに戻る機会もあったんですが、イングランドに残る事を選んだと。それだけポーツマスが気に入ったんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

リヴァポ勝っちゃった。
私はアーセナル以外だったらレッズは割と好感を抱いているチームなので、この結果は満足です。

レッズはやはりアンフィールドで強いのか。
カーリングとFAはなんだったんだ?w

まあそれ以上にチェルシーが全くダメでしたね。
あの鉄壁が見る影もないし、攻撃もチグハグ。
やはりセンターのキープレイヤーが欠けるといかなチェルシーといえど厳しいと。
この状態のチェルシーと戦いたかったな~。
ホームでのリターンは・・・当分先か。

しかしカイトはいいFWですねぇ。
動き出しはいいし、万能型で献身的、常に全力なのが素晴しい。
レッズ入る前は一時狙ってたという報道を見た記憶があるのですが・・・。
ちょっと欲しいと思いました。

クラウチは・・・芸人ですね。

金子翁・粕谷コンビはもうコントにしか見えません。
翁の勘違いと粕谷の傍若無人ぷり、ステキです。
「もうしゃべるな、話が噛み合わねぇ」って突っ込みたいw

僕は開始4分を見ませんでした。部屋に戻ってきたらリヴァプールが先制してました。何があったんだと・・・。しかもチェルシーは全然反撃できそうにないし、肩透かしの試合でした。まあチェルシー勝利という最悪のシナリオは避けられたのでよかったです。リヴァプールにまた10連勝とかされるとしんどいですけどね・・・。

アンフィールドで強いのは確かですが、相手のコンディションにもよるでしょうね。チェルシーは今日悪すぎました。アーセナルとユナイテッドはリーグではまだですし、それも相手次第な気がします。あとは、クラウチか・・・。僕もあのチェルシーとやりたいと思いましたよ(笑)まああそこまでとは言わなくても、テリーかランパードのどちらかがいなくなれば、それほど強敵ではないでしょうね。

僕もカイトは欲しいと思ってたんですが、アーセナルはストライカー多いですからねぇ・・・。レッズに取られましたが、まあしょうがないかと。彼はこれで決定力がついてくれば、プレミア屈指のストライカーになれますね。それ以外に欠点らしい欠点が見当たらないです。反対にクラウチは全然評価できませんね。どこがいいんだろう。

粕谷はもう爺に突っ込まない事を覚えてますから(笑)ちょっとスルーしすぎな気もしますけどね。爺と原博実が組んだ時は、目も当てられません・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/524-8402ddd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。