スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エブエが欠場、フラミニも微妙 

Eboue to miss Blackburn, Flamini doubtful

明日のローヴァーズ戦ですが、ポンペイ戦で負傷交代していたエブエが欠場。肩を痛めているフラミニも出場が危ぶまれており、ライトバックにはホイトが入る見込みです。

「エブエは前回のポーツマス戦で足首を痛めてしまった。何日かで回復するだろうと思っていたが、土曜日のブラックバーン戦には間違いなく欠場する。ジャスティン・ホイトが出場するだろう。マチュー・フラミニも小さなケガを抱えており、それによってリヴァプールへ行く事ができなかった。それもあり、土曜日に彼をチームに入れられるかどうかはわからないね。」

それから離脱中の3人の29歳についてですが、いずれもすぐには戻って来られそうにありません。

「ヴィリアム・ギャラスの復帰の見込みは立っていない。あと1週間か2週間はかかるだろう。ティエリ・アンリに関しては、復帰時期を決めるのは難しい。フレディ・リュングベリのハムストリングのケガは21日ものだったから、今からあと2週間はかかるね。」

まあブラックバーンは最近調子がよろしくないのが救いですが、エブエもフラミニもダメとなるとちょっと辛いですね。久しぶりに入るホイトはちょっと恐いです。安定するまでに時間がかかるんだよな、彼は・・・。もしかしたら後半に少しだけラウレンを使う事になるかもしれません。まあ勝ち試合になる事が条件でしょうけどね。あとロシツキーが復帰するはずです。


A first-team return is in sight for unlucky Diaby

一方で昨シーズンの最後に足首を負傷、今シーズンここまで離脱しているアブ・ディアビーの復帰が近づいています。彼は最近トレーニングを再開し、年明けにはフルトレーニングにも戻れるとの事。半年以上の離脱でしたから、コンディション調整に時間がかかると思われ、今からトップコンペティションの試合に復帰するまでには一ヶ月ほどかかるでしょうが、セスクの代わりがいない中盤を考えるといいニュースです。

「1月の始めにアブをフルトレーニングに参加させる予定だ。1月の終わりには彼が試合に参加できるといいんだがね。」

とヴェンゲルが話しています。まだチームに入り立ての彼には大きなハンデになってしまいましたが、うまく乗り越えてくれる事を祈ります。


Gallas: We've annoyed Wenger

最近相手監督と口論になったり、審判に文句言って処分されたりと荒れ気味のヴェンゲル。負傷中のギャラスは、俺達が不甲斐ないから監督は怒ってるんだと話しています。

「アーセンはプレミアのタイトルが獲りたいんだ。だからチームが苦しんでるのを見るのは、本当に腹立たしいだろうね。僕達は勝点を愚かな事で落としているし、それは彼にとっては受け入れがたい事だ。ポーツマス戦ではファールなんてなかったのにフリーキックが与えられ、それによって失点してしまった。その結果彼は感情のコントロールを失ったんだ。アーセンも結局人間なわけだし、我を忘れてしまうのも当然だよ。」

自身のケガについてですが、年内の復帰はまず無理だろうと。

「ボクシングデーのワトフォード戦には出場できないと思う。この特別な日にプレーしたいけど、年始までにまたプレーできるようになるとは思えないんだ。」


Hleb loving Gunners life

今シーズンはセンセーショナルとはいかないまでもそこそこのパフォーマンスを披露し、今やアーセナルの中盤にはなくてはならない存在になりつつあるフレブのインタビューです。もうイングランドのスタイルにもだいぶ慣れてきたと話しています。

「イングリッシュフットボールは世界最高だね、そして間違いなく最速だ。このチームでプレーする事で、多くの事を学び、達成する事はできる。今はもうイングランドのゲームにも慣れてきたし、間違いなく成長してると感じるよ。でも一番大事なのはチームであり、僕自身じゃないんだ。毎試合集中していってるし、常に全力は尽くしている。うまくいかなかったり、ミスをする事もある。でもそれがフットボールなんだ。」

個人的にはピレス並のインパクトを望んでるんですがねぇ。彼ほど点を取れとは言いませんが、間違いなくまだ向上の余地はありますね。シーズン後半のパフォーマンスが楽しみです。


Clichy calls for focus

冬休みの過密スケジュールを前に、クリシーが集中を呼びかけています。自分自身集中はしてるんでしょうが、もっと慎重になってもらいたい部分もありますがね。

「監督はいつもクリスマス前後はシーズンの中で一番大事な時期だって言ってるんだ。試合数がとても多いからね。全部のチームが勝点を落とすというチャンスがあるから、今から最大限の勝点を取っていく必要があるね。僕達がやる相手を見れば簡単だろうと言うかもしれないが、フットボールの試合はいつも難しく、また違ったものになるんだ。」

また今シーズンは何かと話題になる事が多いチームの若さですが、んな事は言われなくてもわかってると言っています。

「チームの年齢から目を背ける必要はないよ。僕達は若い、そんな事はわかってるんだ。トッププレーヤーになりたいのなら、トッププレーヤーのようにプレーしなければならない。だから年上の選手達も含め、僕達みんなが前へ進み続け、ハードワークをしないといけないんだ。」


Jewell fires Baines warning

ウィガンのレイトン・ベイネス(ベインズと読んだ方がいいのか?)をアーセナルが冬に狙ってるんじゃないかという噂があるそうです。記事にはヴェンゲルが400万ポンド、8億円ちょっとを用意してると書かれてるんですが、ジュエルはそんなはした金じゃ話にならんと言っています。

「400万ポンドでは絶対にレイトン・ベイネスを獲る事はできない。もし彼を未来のイングランド代表フルバックとして捉えているのなら、それでは彼を獲得する事はできないよ。私は選手がトップ4クラブへ行く事を止めはしない、だが400万ポンドでは無理な相談だ。それではダメだね。今はアーセナルとは何のコンタクトも取っていないが、彼がその額では動かない事は保証するよ。当然我々はどの選手も出したくはない。レイトンはとても聡明な男で、私は今はここにいるのがいいと思っているんだ。」

若手はクリシーとトラオレで充分だよ。獲るならもうちょいベテランを。


New bid for Sevilla starlets

それからしきりに話題になるセヴィージャのプエルタとヘスス・ナヴァスですけど、代理人がヨーロッパのビッグクラブからオファーがあったと話しており、どうもそれがアーセナルじゃないかとか言われてるらしいんですが、ヴェンゲルは再三冬には誰も獲らないと言ってるんですが・・・。ベイネスの件といい、どういう事でしょうね。代理人の話では、スペイン国外のあるクラブが両方を欲しがっており、スペイン国内のクラブは別々に欲しがっているとの事。アーセナルが2枚も同時に獲るのは考え辛いですし、リヴァプールか、代理人のガセじゃないかと。獲るとしたら左サイド、ヘスス・ナヴァスの方がちょっと欲しいかなとも思いますが。


これでちょっと更新を停止して、ブラックバーン戦のリポートは火曜日に上げる予定です。では皆さん、よいクリスマスを。
スポンサーサイト

コメント

ベインズは若いけど、すでにイングランド屈指のレフトバックだと思います。今のクリシとは比べるべくもないですね。必ずとって欲しい。

前半終了後に帰宅したうえに録画をし忘れていたので、このままペース落していい場面が観られず終いかと思っていたら、最後の5分にやってくれました。結構チャンスを外した上での6点でしたね。ハイライト見た感じでは「10分という早い時間に追いつけたのが良かったのなな。」と感じました。

3-2になるまでの展開は十分楽しめました(英語コメントは「ラブリー」と「ワンダフル」のフレーズを頻繁に使っていました)。2点目を取られた後、ペース落とせばいいのに付き合ってミス連発(ジウベルトのお決まりのプレーがまた出ていたし)。キープして丁寧なプレーを心がければ相手は嫌だと思うのですが。。でも、そのおかげか終了間際までテンションが高くて楽しめました。

アデバヨルが常に前を向いて仕掛ける姿勢を出していて逞しかったです。現地実況は彼が左サイドに行くと、アンリの名が出ていました。

6点目も嫌な奴をこばかにした感じでよかったですが、1番すきなのはフレブのゴールです。

>まささん

僕はあまりプレーを見た事がないので何とも言えませんが、やはり彼ぐらいの歳の選手はこれ以上必要ないと思います。獲るなら20代後半から30ぐらいのベテランですね。イングランド人ってのは魅力ですが。


>さとさん

そうですね、すぐに追いつけたのはかなりよかったです。ジウベルトは点決めますねぇ・・・。ただ早く4点目を取らないとと思っていたところで逆に取られてしまって、完全に流れを持っていかれたのはかなりイライラしました。差が付くと必要以上にダラダラしてしまうのは悪いクセですね。

ジウベルトは簡単なパスミスこそ多かったですが、それ以上に展開もがんばってましたよ。あれがソングとかだったらこうはいかなかったでしょう。2点目を取られてからの展開は、やはりさっさと4点目を取らなかったツケでしょうね。まあ非常にスリリングでしたし、面白い試合でしたけど。ブラックバーンは何であのポジションにいるのかちょっと不思議ですね。

アデバヨールが左サイドから大外を抜いていくシーンは、まんまアンリだと思いました。あれで落ち着いていいクロスを入れられれば、完全にアンリなんですけどね。しかしこのところのアデバヨールはノッてますね、頼もしいです。

僕はヴェンゲルと同じく、5点目がよかったですね。あれは完全なチームゴールでしたから。6点目もスッキリしました。フレブは巧かったですね、あのダブルタッチはいつ見ても素晴らしい。ああいうプレーを見ると、ピレス並に点が取れるんじゃないかと思うんですが、やはりシュート意識がちょっと低いのが残念ですね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/504-28977410

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。