FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィガン戦 マッチリポート 

ウィガン・アスレティック 0-1 アーセナル

バークレーズプレミアシップ
JJBスタジアム
2006年12月13日(水)
キックオフ:午後7時45分

主審:ロブ・スタイルズ
入場者数:15311人


ウィガン・アスレティック   0

アーセナル   1
   アデバヨール 88分


 ARSENAL
   レーマン
   クリシー
   エブエ
   トゥーレ
   ジュルー
   フラミニ→ファブレガス(74分)
   ジウベルト
   リュングベリ
   ウォルコット
   バティスタ→ファン・ペルシ(74分)
   アデバヨール
 SUBS NOT USED
   アルムニア
   ホイト
   フレブ

 WIGAN ATHLETIC
   カークランド
   ホール
   ベイネス
   デイヴィッド・ライト
   ボイス
   キルバーン
   スココ
   アンリ・カマラ
   ランツァート
   ヘスキー→アンドレアス・ヨハンション(67分)
   マッカロク
 SUBS NOT USED
   ポリット
   ジャクソン
   コタリル
   トドロフ



リポートと言っても試合は見てないので、何とも言えないんですがね。とりあえず勝ってよかった。ゴールが決まったのは最後の最後、しかもオフィシャルのリポートによると結構やられてたみたいなんですが、セスクがいなかったのが大きいんじゃないかと。メンバーを見てわかる通り、今回は中盤でターンオーバーをしてます。セスクとフレブが両方共いないため、中盤で溜めを作れる選手がおらず、苦戦もやむなしってとこじゃないでしょうかね。もっともスタメンのウォルコット、バティスタはいい活躍をしたそうですが。ただし結局アデバヨールへロングボールを送ったのはセスク(スパーズ戦の1点目みたいな感じでしょうかね)。ウィガンの選手達はセスクがボールを奪った時ファールだったんじゃないかと言っていたそうですが、これについてはジュエル監督が否定しており、「いや、あれはいいタックルだったよ。不満はない。ボールに行っていたからね。」とコメントしています。どうやらお互い結構チャンスを外したらしく、例によってカークランドは素晴らしいセービングを披露していたそうですが、一方で「最大の問題は(決定機での)集中力だった」とジュエルが話しており、最後にそれをモノにしたアーセナルが勝ったという形のようですね。

恐らく明日のプレビューショーでハイライトが見られるはずですが、フォーメーションは想像が尽きます。アデバヨールの1トップにバティスタとフラミニがトップ下、両ウイングがウォルコットとリュングベリでしょう。センデロスはベンチ外まで格下げ、よってトゥーレの相方はジュルーになってます。2人共結構際どいところで防いでいたようです。

        レーマン
      トゥーレ ジュルー
エブエ              クリシー
        ジウベルト
      フラミニ バティスタ
ウォルコット          リュングベリ
        アデバヨール

後半にはバティスタとフラミニを下げてファン・ペルシとセスクを投入してますが、4-4-2になったんでしょうかね?それともリュングベリがセスクの横に入って、ファン・ペルシが左ウイングに収まったか。リポートには何も書かれてないので、恐らく現状維持の4-5-1じゃないかって事で、以下それで書いておきます。

        レーマン
      トゥーレ ジュルー
エブエ              クリシー
        ジウベルト
      セスク  リュングベリ
ウォルコット          ファン・ペルシ
        アデバヨール

フレブを結局使わずに休ませる事ができたのは大きいですね。これで勝てなかったら何で使わなかったんだって事になったんでしょうけど。ともかくこれで消化試合数のアドバンテージはなくなったものの、無事3位に再浮上する事ができました。今週末はホームにポーツマスを迎えます。エミレーツにキャンベル、カヌ、そしてアダムズがやって来るわけですね。カヌはベルカンプの引退記念試合に来てゴールまで決めてましたけど、キャンベルとアダムズは初。さて、キャンベルはファンにどういった受け入れられ方をするでしょうか。そして何より今シーズンのポーツマスは好調ですからね、相当な強敵である事は間違いありません。ヴェンゲルがどれほどローテーションをするかはわかりませんが、勝たなければいけない試合ですね。

明日はCLの抽選会ですが、イギリス標準時で午前11時に行われるそうです。日本時間では20時ですね。またBBCのテキストライブで見るとするか。

しかしウィガンは相変わらず客入ってないなぁ・・・。収容人数25000ですから、一万の空席があるという事になりますね。これはウィーランも辛いだろうな・・・。ラグビーくさい事は確かですが、ボルトンなんかよりは面白い試合してると思うんですけどね。


Wenger: 'A year ago we would have lost 1-0'

ヴェンゲルの試合後会見です。

劇的な勝利について
「最後まで不満の溜まる夜だったよ。ウィガンも同じようにフラストレーションが溜まっていたとしたら、それは理解できるね。彼らは間違いなく全てを出し切っていたし、チャンスを作り、常に危険な存在に思えたからね。」

アウェーで勝つコツについて
「1年前だったら1-0で負けていた試合だった。だがそうではなく、1-0で勝つ事ができた。今シーズンでもマンチェスター・シティでは1-0で負けている。今日の3倍以上で勝たなければならなかった試合だ。こちらはそれよりもずっと難しいゲームだった。ウェストハム戦では1本のシュートがゴールになった、そうして1-0で負けたんだ。私が思うに、我々はミスをしない事を学んだのではないかな。」

若いチームの学習曲線について
「全体的に見て、チームは素早く成長しており、毎週強くなっていると思う。彼らは素晴らしいスピリットと立ち直りの早さを見せ、ハードに戦っている。だからこそ結果を得る事ができたんじゃないかな。これまでもこの試合よりいい組織サッカーをしていたが、こうしてチームが勝った時は嬉しいものだ。私は選手達にそれを浸透させようとしてきた。これまで我々に欠けていた事だったんだ。」

勝った割に言葉少ななのは、やはり内容に不満だったって事なんでしょうかね。ところで最初見た時「home」が「homr」とタイプミスされてたんですが、いつの間にか直ってる(笑)こういうのって結構放置されてたりするもんなんですけどね。


Gunners chasing Czech keeper

チェコのキーパー狙ってるっていう報道があるんですが、どんな選手だと思ったら15歳だった・・・。どんなにがんばってもあと5年は使えませんよ。Tomas Holyという選手ですが、15歳なのにすでに身長2メートルを超えてるある意味怪童らしいです。ってか15ってまだ伸びるだろ、ギネスでも目指す気か・・・。まあ単に長身というだけでなく、実際母国で高い評価を受けてるとの事ですが、それにしてもこれ以上若すぎるキーパーはいらんだろ・・・。それよりレーマンの後継者を探せよ。
スポンサーサイト

コメント

Youtubeで観たら、アデバヨールが1対1をGKに止められていました。何度かチャンスを逃がしたようで、決めた後サポーターへのアピールが凄かったです。ウォルコットのクロスも逃がしていたし。彼はいいクロスを上げますね。

セスクは見事なタックルだったと思います。

客が少ないスタジアムはスタイル以上に地域的にフットボールの人気が低いという話を聞いたことがあります。ボロとか。

交代時間が遅いのが気になります。

GKについて

はじめましてヒミズと申します。
01/02からGunners一筋で応援しております。こちらのサイトには、かなり前からお邪魔しているんですが、書き込みは初です。
少し前のFOOT!で「ルマンのYohann PeleというGKは既にArsenal入りが内定している」と、リーグアン通の誰か(名前は失念)が言ってたんですが、どうなんでしょうかね?ルマンはArsenalの提携先でもあるので信憑性は高そうですが…。

>さとさん

YouTube何でもアリですね(笑)アデバヨールが簡単なチャンスを外してたってのはオフィシャルリポートからもわかりました。まあ結局最後には決めたんで、よくやったんじゃないですかね。ちなみに今回はアーセナルTVで見れますよ。

昨日の記事でも書きましたが、ウィガンは元々ラグビーの街である上、ウィガン・アスレティック自体が新興クラブですからね。それでも昨シーズンはあの快進撃でそれなりに客を集めていたんですが、今シーズンは序盤の躓きのツケを未だに取り返せていないようです。

僕も交代が遅いの気になります・・・。残り15分ですからね。普通ならそれで何をしろとって話なんですが、結果的にセスクは仕事をしましたね。


>ヒミズさん

初めまして。毎度ありがとうございます。

ああ、ペレですか。口約束ぐらいはできてるのかもわかりませんが、まだ正式に決定したという話は入っておりません。上の記事でも全く触れられてないですし。確かにル・マンは提携先ですが、個人的にはそのリーグアン通ってのがちょっと信用ならん気も・・・。大体フランス担当のジャーナリストがいつも適当な事ばっか、または極めて主観的な記事ばっか書くからなのかもしれませんけど。まあ来月移籍市場が開けば何かわかるかもしれませんけどね。一応以前見た記事では獲得するとしても夏以降と書いてありましたけど。個人的に24歳という年齢は悪くないと思いますね。

今ちょっと調べてみたら、リーグアン通ってのは中山淳って方みたいです。雑誌編集長、リーグアン解説者って肩書きですね。
結局マーケットが開く前の情報ってのは、どれも話半分で見聞きした方が良さそうですね。チェコの怪童君も気になりますが、レーマンの後釜としては年齢が余りにも若過ぎますね。つくづくヴェンゲルは若手好きだな…。

PSVか・・・。
ヒディンクじゃないし、何とかなるか。。。

コネの突進もトゥーレなら何とかしてくれるでしょう。ロビンは気合い入ってるでしょうね。あとコクーは出てきてくれない方が助かります(笑)

>ヒミズさん

中山淳・・・知らないですね。今日になってフランスからは、シャトールーというところの15歳のストライカー獲得が内定ってニュースは入ってますが、ペレについては何も。そういや以前も15歳ぐらいのスウェーデンのキーパーの噂がありました。どっちにしろそんな若いキーパー獲ってきても飼い殺しになるだけの気がするんですが・・・ペレなら年齢的には即戦力として使えますね。能力のほどは見た事ないのでわかりませんが。


>gerdさん

くーまんもなかなかいい監督だと思うんですけど、ヒディンクのようなガチガチのサッカーやるわけじゃないんで、前よりはやりやすいでしょうね。国内カップ戦で貧乏くじばっか引いてきたんで、こっちで運が出た感じですね。逆にこれで負けたらカッコ悪すぎですが・・・。


>14bozさん

コートジボワール対決が妙に多い気がしますね(笑)リールと当たったらケイタとの対戦になってましたし。そういやロビンにとってPSVはかつてのライバルチームですね。コクーは確かに嫌です。そういや今あそこには腐ったミカンがいるのか・・・2月までに周りも腐らせておいてくれると助かるんですが(笑)

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/497-1cbcbc66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。