スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシツキーが3週間の離脱 

Wenger announces squad for Porto clash

試合開始まであと数時間です、さっさと行きますよ。まずは今日のメンバーから。アンリがサスペンション&ケガ、ロシツキーも再度負傷し、ギャラスは間に合いませんでした。一方でフラミニが復帰しています。

イェンス・レーマン
マヌエル・アルムニア
コロ・トゥーレ
フィリップ・センデロス
ヨハン・ジュルー
エマニュエル・エブエ
ジャスティン・ホイト
ガエル・クリシー
セスク・ファブレガス
ジウベルト
マチュー・フラミニ
ジュリオ・バティスタ
フレディ・リュングベリ
アレクサンダー・フレブ
テオ・ウォルコット
ロビン・ファン・ペルシ
エマニュエル・アデバヨール
ジェレミー・アリアディエール

以上18名。ソングは外れてしまいましたね。フラム戦で評価を落としたか・・・。とりあえずアリアディエールが入っていて安心です。使ってもらえるかどうかはわかりませんが。

もう一度勝ち抜けの条件をおさらいしておきましょう。

1位通過:引き分け以上
2位通過:ポルトに敗れ、且つCSKAモスクワが引き分け以下
敗退:ポルトに敗れ、且つCSKAモスクワが勝った場合

他のグループを見ると、1位通過がすでに決定しているのが、チェルシー、バイエルン、リヴァプール、ヴァレンシア、リヨン、ミラン。2位通過が決定しているのが、バルセロナ、インテル、PSV、ローマ、レアル・マドリーです。残りは今日決まります。バルセロナはすんなり勝たせてもらえないだろうと思ってたんですが、ロナウジーニョの復調が大きいんでしょうかね。これで1位通過した場合、バルサといきなり当たる可能性もあります。アーセナルが入っているグループG以外ではグループFとグループHが決まっておりません。グループFはセルティック、ユナイテッド、ベンフィカに可能性。セルティックは2位以内はすでに確保してます。ユナイテッドが2位になった場合、アーセナルが1位通過しても当たる事はないので、グループFのクラブは除外されますね。またグループHはAEKアテネとリールの争いになっています。まあ今は1位か2位かなんて事ではなく、とにかく通過する事に集中しないといけませんけどね。


Rosicky could be out for 'three weeks'

ロシツキーのケガですが、ハムストリングを痛めて3週間離脱の見込み。ちなみにこれまでとは逆の脚のハムストリングだそうで。

「これで彼のケガは3度目だ、少し残念だね。何が驚きかというと、それまでと全く同じケガなんだ。逆の脚だがね。ハムストリングと鼠径部の間の筋肉を断裂してしまった。もしかするとフラム戦で出場させたのは少し早すぎたかもしれないね。トットナム戦では60分でやめておこうと思ったんだが。」

トットナム戦は現状のフルメンバーで戦いましたが、特にそこから変えるつもりはないとの事です。

「この試合はとても大きなもので、安定が必要だ。特にディフェンス面でね。」

となるとジュルーが先発?個人的にはセンデロスよりいいと思うんですが。相手がテクニカルなチームなだけにね。

しかしロシツキーのケガは困りますね。ただでさえアタッキングミッドフィールダーが3枚しかいなくて、ケガの多い選手もいるとの事でシーズン前から不安だったんですが、それが現実になってしまっています。フレブが意外と壊れないのが救いですけど、彼への負担は大きいですね。やっぱりリベリに拘らず、冬に誰か獲るべきか・・・。


Wenger - Walcott will get a run while Henry is injured

ヴェンゲルがウォルコットの出場の可能性について話しました。必ずしも今日の話ではないでしょうが、前の方でアンリやロシツキーが壊れている事で、出番は増えるだろうとしています。あくまでサイドで使うという話ですけどね。

「彼はまだティエリほどのフィジカルの強さを持っていない。今はサイドでプレーさせる方が彼にはいいだろう。だが試合数は多い、彼の出番はあるよ。前線ではシャープさが必要だ、ある程度ローテーションもする。後ろではより経験が必要だね。しばらくは彼の出場機会があるし、それは彼にとっていい事だね。」

「彼が17歳の頃のティエリより優れているとは言えない。だが間違いなく近いところまでは来ているね。ティエリはずば抜けたタレントだった。彼をファーストチームに上げた時は、まだアンダー17のチームでトレーニングをしていたんだ。あれは彼にとっては大きなショックだったね。彼は毎日少年達とプレーをしていて、それから大人達とプレーするようになったんだ。だがそこでもういかにずば抜けているかを見る事ができた。ウォルコットはこれで1年間、経験ある選手達と練習している事になる。今では6ヶ月前とは別人になっているんだ。トレーニングでの1対1ではかなり強くなっている。より決定的で、いいフィニッシャーになっているよ。」


Henry puts faith in Fabregas

ノースロンドンダービーではサポーターと化しており、これからしばらく欠場する事になるアンリですが、自らに代わってチームを牽引する選手として、セスクを指名しています。もちろんキャプテンの話ではありませんよ。

「ファブレガスには大きな信頼を寄せているんだ。彼は若いとは思う、でもその気になればどんな時でも、チームを鼓舞する事ができると思ってるんだ。彼はまだ自分がいかに優れているかわかってないけど、僕は彼は自分の思うようにやれると思うね。」

出場できない事について、いまだに不満が収まっていない様子のアンリですが、一方でチームの事は信頼していると話しています。

「トレーニングセッションを抜け出した時はもう腹が立っていて、そこから抜け出したかったんだ。僕は競争者であり、ゲームから競争者を締め出そうとしても、彼はそれを拒む。そういうものさ。自分が出てない時は何かが足りない感じがするんだ。僕はそういう人間だからね。いつだって試合には出ていたい、でも体が言う事を聞かない事もあるんだよ。それでも僕には自信がある、明日の夜はやってくれるって確信してるよ。」


Wenger - I won't change the club captain

何の話だか知りませんが、ヴェンゲルはキャプテンを変える事はなく、ジウベルトのキャプテンはあくまで暫定だと話しています。当然ですね、そうコロコロとキャプテン変えてたまるかって話です。

「いやいや、ティエリはキャプテンであり続けるよ。今は言われなき批判をされているがね。彼がクラブで成し遂げてきた事は特筆すべきものであり、これからもそうであるだろう。だがジウベルトは彼の穴を埋めてくれるし、私は彼がチームのためにいい仕事ができると確信している。彼は物静かなタイプだが、力強いリーダーだ。みんなが思うより強い男なんだ。奮い立っているよ。正直に言えば彼はPKキッカーではないが、土曜日(スパーズ戦)での蹴り方を見れば、実際にやれるんだとわかる。それが彼の個性について、多くを物語っているよ。」

正直ジウベルトがキャプテンとか、つい昨シーズンまでは考えた事もなかったんですが、まあよくやってるんじゃないでしょうか。キャラクターという意味では、明らかにフレディの方が向いてるでしょうけどね。


Loan Watch: Connolly bags first goal

ミッドウィークのリーグ1、ボーンマスにローンに出たマシュー・コノリーが、早くも最初の得点を挙げました。ホームにノッティンガム・フォレスト(なぜここにいるとか突っ込まないように)を迎えた試合で、後半開始6分、フリーキックから先制点を記録。トップチームでは初得点という事になりました。まあ彼も高いですからね。その得点もあって、ボーンマスは2-0と快勝しています。それでもまだ20位ですが・・・。そういやフォレストは何位なんでしょうね。後で見てみるとするか。


Stokes wins Young Player of the Month

またフォルカークにローン中のアンソニー・ストークスが、SPLの11月月間若手最優秀選手に選ばれました。2ヶ月連続です。ストークスは現在13ゴールで、得点ランキングトップを走っています。


Stokes happy to stay at Falkirk

そのストークスを、セルティックが狙っているという話がありますが、別にフォルカークに残ってもいいと本人は話しています。まだ焦りはないようですね。

「自分のフットボールをやっていくだけさ。1-0で勝ったレンジャーズ戦はサスペンションで出れなかったから、次の何試合かが楽しみなんだよ。そこで何ゴールか決めたいと思ってるんだ。1月までは何も起こらないしね。まあここで満足してるし、シーズン終了まで残るのも悪くないよ。シーズンの最後までフォルカークに残ったとしても、僕はそれでハッピーなんだけど、できるだけ多くのゴールを決めたいんだ。アーセナルに戻った時は、もっといいチャンスをもらえたらいいと思ってる。でもアーセナルでは若手選手にとってはとても大変なんだ、僕にとってはローンに出て、やりたい前のポジションでプレーするのはいい事だったね。今やっている事を続けていかないといけない。僕はまだ若いんだ。まだ18歳。契約もあと3年残ってるし、ファーストチームで出れないからって完全移籍なんて話をするには、まだまだ早すぎるよ。」

その話、ベントナーにも聞かせてやってくれ(笑)しかしこういう話をするって事は、セルティックには行かないって事なんでしょうかね?あそこのスタイルはストークス向きではないと思いますが。


Sullivan rebukes 'quiet' fans

バーミンガムのファンが静かだとか、そういう話は華麗にスルーして、ミランがベントナーを狙ってるとかいう噂が。あそこもシェフチェンコがいなくなり、点が取れなくて苦しんでいますが、そのためにストライカーを探しているとかいないとか言われています。とりあえず冬に獲るとしたらDFだけだとガッリアーニか誰かが話しているそうで、ベントナーを獲りに行くとしても次の夏になるでしょうが、また意外なところに目を付けられた感じです。あんまり若い選手を使おうとしませんからね、あそこは。ちなみにミラニスタの友人曰く、シェヴァの後継者はすでにいると。ただ全く活躍できてないだけだと。言うまでもなくジラルディーノの事ですね。ウイイレでミラノダービーをやった時、80分過ぎに投入して結果を出し、実際にミラノダービーでも得点していたんですが、その後も引き続き泣かず飛ばずですね。僕には関係ない話ですが(笑)
スポンサーサイト

コメント

優勝するには相当な前進が必要ですね

ひどい試合。
順位はアーセナルが上回りましたが、堂々と突破したのはポルトですね。やはりいい試合が連続して出来ない。自らミスを繰り返し、相手にペースを渡すなんてお若い。

機能しないアデバヨールの1トップ、動きが少ないからパスミスが多くなりこぼれ球は拾えない、引いて守っているのに対応が後手後手。

1番頭がいたいのはベンチの無策ぶりです。ここまでハーフライムで修正できないトップクラスのチームは中々ないでしょう。怪我人云々より、駒を生かせていない感じがします。前線でキープできないことから始まっていたので、4-4-2にしてみたりする勇気はなかったですかね。同じミスを何度も繰り返す姿は・・・

それでも1位突破ですからね。なんだかんだでGLは4シーズンくらい連続で首位通過。でも「7得点3失点」というのはややがっかりです。

しかし、疲労する試合をチェルシー戦前にやってしまいました。向こうは移動無しですし。ただただユナイテッド戦の再現を願ってやみません。

追記
PSVかケイタが累積のリールあたりを希望します。アウェーでダメダメのセルティックが1番かも。バルサやインテルを引きかねない今季のくじ運ですが。


予選突破!

ロシツキーでない&睡魔で、結局見なかったです。

ポルトと仲良く引き分けたようで・・・。(談合だね)

CL予想はリヨン・バイエルン・チェルシー・バレンシアから来るんじゃねーかと。

アーセナルにももちろんガンバッテ欲しい。

劣勢をひっくり返す力がロシツキーに身に付いてくれれば・・・。

本当に腹の立つ試合、完全な負け試合でしたね。裏次第では最悪の結末も覚悟してました。というかSBが軽すぎます。もはや今のこのチームは守ろうとして守る事はかなり厳しいと思います。攻撃は最大の防御でいくべきだと思うんですが。しかし4,5節のユナイテッド、5節のローマ、そして6節の失点前のブレーメンと、どこも引き分けでもいいとセーブして結局散ってしまってるところを見ると、短期決戦のCLで実行するのは難しいのかもしれませんね。

やはり昨季はレアルを倒してからチームが勢いに乗れたので、相手は似たようなネームのビッグさにいまいち力が伴ってないとこがいいですね。で2位通過の中で個人的に希望するのはインテル。ここならArsenal face former captain againだしマテ兄貴もいるのでネタ的にも面白いんじゃないでしょうか(笑)ところで抽選会なんですけど、昨季の記事にBBCでリアルタイムで見たとあったんですが、webの動画か何かでしょうか?抽選会の緊迫した映像を生で見たいなと思ってるんですが、uefa.comだと回線が混んで映像が届かないらしいんです。他に何か手段をご存知ありませんでしょうか?

一難去ってまた一難ですね。チェルシー戦はアンリ不在で~とか、指揮官の差で~とか言われないことを祈るばかりです。

>さとさん

まあ状況の違いから、若干のモチベーションの違いがあったのは事実でしょうけど、両者勝ちに行くと言っておきながらその気迫が感じられない、退屈な試合でした。

もうチェルシーとの試合に意識が飛びまくりですね。いかに楽して90分を過ごすか、それしか考えてなかったんじゃないかと思えるほど。僕もヴェンゲルには本当にイライラしました。4-5-1はオプションとしてはいいかなと思ってましたが、訂正します。もう二度と使うな。根本的にアーセナルのスタイルには向いてないですね、あれは。そして何度も4-4-2に戻せと思いました。後半始まってもそのままだったのには失望しました。

得点はホームのCSKA戦で2倍ぐらいにできてたはずだったんですがねぇ・・・。まあ2位通過だと強豪としか当たりようがないので、首位通過できたのはよかったですよ。セカンドレグがホームなのがアドバンテージかっていうと、僕にはちょっとわかりませんけどね。

僕ら見てる側は疲労しましたが、選手達は別に疲れてないと思いますよ。ダラダラやった結果がこれですし。アデバヨールなんかはそれほど多くの試合には出てないんだから、もっと走れよと思いましたけどね。

ケイタはいいですね。相手にするのは嫌です。っていうか引き籠もりのリールは今のアーセナルにはマッチしない相手なんで、僕は嫌ですね。特にホームでの堅さは尋常じゃないですし。それはセルティックも同じかもしれませんが、あそこ弱いですからね・・・。相性のいいPSVか、そのセルティックがいいかと。インテルは他の強豪と比べるとそんなに恐くない相手だと思うんですけどね。個人的には2年連続レアルなんて事になるんじゃないかと・・・。


>トマスさん

ここにいる3人のコメントを見て、見なくて正解だったと思われると思います(笑)ええ、談合ですよ。もしポルトが点取ってたら、こちらにすんなりと取らせてくれてたのかもとか思ってしまいます。見ずに寝ればよかったかもと思いましたが、録画で観るとそれはそれでどんよりしそうなので、まあいいかなと。

予想って優勝ですか?ヴァレンシアはケガ人の悪しき連鎖がなくならない限り無理でしょう。昨シーズンのアーセナルを超える壊れっぷりですからね。個人的にはやはりリヨンで。

ロシツキーのミドルは一つ武器ではありますね。あんまり活きてませんが。今劣勢を覆す事を一番期待されてるのは、やはりウォルコットでしょうね。


>14bozさん

僕も点取られたら終わりだと思ってました。ハンブルク対CSKAはもうヒヤヒヤでしたね。

今回守れなかったのは、僕はやる気の問題だと思います。守備に不安がある事も確かですが、しっかり守ろうと思ったら、さすがにあそこまで緩くはなりません。それはホームでのポルト戦で証明されてます。今回はとにかく運動量が足りなかったんですよ。このまま何とか90分0-0で終えて、チェルシー戦に疲れを残したくないと。そんなとこじゃないでしょうか。

同じイタリア勢ならインテルよりローマの方が与しやすいと思うんですが、インテルでも最悪ではありませんね。でもformer captainと当たるには、ピレスが必要かと(笑)マテは毎回いいネタを仕入れてくれますが、ちゃんとやってればいいディフェンダーだと思います。実際に当たったら、かなり面白い試合になるでしょうね。アドリアーノがこのままヘタレててくれないと厄介ですが。

抽選会はですね、動画ではなくライブテキストです。緊迫感は自分が持つしかないですね(笑)残念ながら他に手段は知らないです、仮にBBCで動画配信してても、UK国内オンリーでしょうし。スカパーがやってくれないと日本から生で観るのは無理でしょうね。

チェルシー戦はアウェーですからね、そもそも引き分けなら御の字のはずですけど、勝点差を考えると勝ちたいですね。ノースロンドンダービーの気迫を取り戻してくれれば、いい勝負ができると思うんですが。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/491-0aace835

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。