FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシツキー、ポルト戦を欠場 

Wenger in dark over Henry blow

昨日見落としてしまっていたんですが、ロシツキーが再び離脱です。やれやれ・・・。どれくらいのケガかはわかりませんが、ポルト戦には出られないそうです。

「彼は間違いなく出場できない。それから先週3試合に出た選手の状態を見て、誰が一番フレッシュなのかを判断する。ロシツキーと、サスペンションのアンリを除いては、みんなが出場できると思うがね。」

っつってもラウレンとディアビーはまだでしょう。それとリーチかかってるフレブはカードをもらわないようにしないといけませんね。累積分はリセットされますが、出場停止を喰らってしまうと、それについてはしっかり適用されます。それ以前に突破を決めないといけませんが。


Wenger - There's no problem with Henry and I

ヴェンゲルがアンリとの衝突について否定しました。まあ話の流れからして、アンリが自分が出れない事に腹を立てているとの事なんですが、そりゃしょうがないですしね。っていうかだったらそもそも代表に行くなよって話なんですけど。

「今朝ティエリと彼のフィットネスについて話し合ったよ。ご存知の通り、彼は疲労から来る厄介なケガを抱えている。彼にとってはとても不満の溜まるものだ。一連のケガで、トットナム戦を含む今シーズンの重要な試合に欠場しなければいけないんだからね。メディカルチームが状況を精査している。正確に判断するのは難しいが、ティエリは数週間の離脱になる見込みだ。彼には完全に回復するまでの時間を与える必要があるからね。もちろん先週の金曜日のミーティングについて、メディアが噂している話は知っている。私とティエリとの間には何の問題もないと繰り返す事が重要だと考えているし、実際に我々はいつでも強い関係で結ばれており、それは変わっていないんだ。これについてははっきりさせて、これ以上の噂が出る事は抑えておきたかった。シーズンの中でとても重要な週を迎えているし、チャンピオンズリーグの次のラウンドに進むためにも結果が必要であり、目の前のポルト戦に集中する必要があるんだ。」


Wenger - We mustn't play for a point at Porto

ヴェンゲルはポルト戦について、昨シーズンのヴィジャレアルとのセカンドレグを例に挙げ、引き分けでいいと思わない事が大事だと話しています。

「あの試合では、チームがプレーしようとしなかったと言わなければならない。同時に彼らは負ける事も拒んだ。だが彼らはゴールのクッション(ファーストレグでは1-0で勝利していた)を保とうとしていた。あまりにディフェンシブに行こうとするのは、とても難しくなる事もある。あの夜は我々は縛られすぎていたと思った。決勝進出を決めたのは初めてだったから、それほど怒りは沸かなかった。だが何が起こっているのかはわからなかったよ。ハーフタイムには"どうしたんだ、もっと前へ出ろ、このままではリスキー過ぎるぞ"と話したとしても、無意識的な束縛が強すぎた。自分から仕掛けようという意欲を無くしてしまったら、それと戦うのはとても難しくなってしまうんだ。だから水曜日の試合は勝ちに行く。引き分けでいいなんて思ってプレーするのは、精神的にとても難しくなるからね。」

相手が力のあるポルト、アウェー、CSKAの勝利の可能性が高いという事で、気の緩みにくい要素は比較的揃ってると思います。ユナイテッドの二の轍は踏まないようにしないといけませんね。


Wenger - Porto wanted me when I was younger

ポルト戦を前に、ヴェンゲルがちょっとした事実を明らかにしました。まあいわゆるトリビア程度のものですが、ヴェンゲルはポルトのホルヘ・ピント・ダ・コスタ氏と親密な関係にあり、モナコ時代にうちの監督にならないかと誘われていたそうです。

「私がまだ若い監督だった頃、彼にポルトに来るように誘われたんだ。」

で何で断ったかというと、

「モナコとの契約があったからね。」

との事。ご存知の通りヴェンゲルはその後日本へ渡り、グランパスを率いた後にアーセナルの監督に就任、今に至るというわけです。もし彼がポルトの監督になっていたら・・・?興味深いところではありますね。
スポンサーサイト

コメント

ポルト戦ロシツキーでないのん?

ショッッック!
またロシツキー出られないなんて・・・。

せっかく復帰してと思ったのに・・・。

ポルト戦見る楽しみが減ってしまった。

中盤はセスク・フレブに任すか。
後半カウンター聞くならウォルコット投入か?

ただ先に失点されるとひじょ~に厳しいな。

CLでのロシツキーの勇姿が見たい。

どうか予選突破しますように・・・。

今季のアウェーでの大切な試合は常にアンリを欠いてきました。ザグレブ、マンチェスターと。だから経験を生かしてくれると期待しています。ポルトはフィジカルなチームではないし、CBもそこまで。

ある週刊雑誌で、「アンリ頼みでアンリを欠くからポルト2-0」とポルトガル在住の日本人ライターが書いていましたが、アーセナルの試合を観ずに書いていると思う。先ほどい書いたようにアンリ無しでも結果を出したし、今季の得点者はばらけている。せめてセスク頼みとしてくれればね。

昨夜はブレーメンに期待を裏切られました。

多少の入れ替わりはあるとして、

1位:バイエルン・バレンシア・リヨン・ミラン

2位:バルサ・インテル・PSV・ローマ
セルティック・マドリー・アテネ

です。

2位通過は確率的には低いでしょうが、1位の方が楽ですね。今季はカップ戦のくじ運を今まで使っていないのでトーナメントでは是非。

>トマスさん

ロシツキー、3週間の離脱だそうです。やれやれ・・・。

個人的にはuefa.comに出ていたスタメン予想が合ってると思います。レーマン、トゥーレ、センデロス、エブエ、クリシー、セスク、ジウベルト、フレブ、リュングベリ、ファン・ペルシ、アデバヨールと。メンバー的に4-5-1も4-4-2も組めますが、後者じゃないかと。とりあえず先制点を奪われない事が大事、もうこれは永遠の課題ですね。CSKAが勝ちさえしなければ話は解決ですが、すっきり勝ってチェルシー戦につなげたいところです。


>さとさん

ポルトはやりやすいチームですね、確かに。スパーズ戦と同じようにやれば、いい戦いができると思います。どうもプロでもアンリがいないと云々言う人が後を絶ちませんが、今のアンリがいたところで何も変わりませんしね。そういやSky Sportsでもアンリがいないから1-0でポルトって言ってました。フィル・トンプソンって人ですね。トンプソン・マシンガンのように著しく精度を欠いてくれていてもらいたいものです。

僕もブレーメンには期待してたんですよ。バルサに直接リベンジはしたいですが、それよりチャンピオンがグループステージ敗退ってのを見たかったという心理が優先されました。

1位通過の方が選択肢は広いですね。ユナイテッドが1位になればなおさらですが、僕はセルティックが行くんじゃないかと・・・。シュンスケはどうでもいいとして。選択肢は確かに広いですが、強豪クラブの質としては変わりません。バルサ、レアル、ローマ、インテルといるわけですからね。そういやくじ運使ってませんね、やはり1位通過で、PSVかAEK辺りを引いてもらえれば。AEKはまだ決まりではありませんが、リールはちょっとスタイル的に嫌ですね。距離が近い(ロンドンからなら陸路でも割と楽)のはいいんですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/490-db48d2c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。